終身保険の目的とは? 貯蓄向け・おすすめ終身保険ランキング

終身保険とは死亡保険のことですが、保険会社の数だけその保険商品・内容もさまざまとなっています。

これだけ多くの終身保険があると、自分に合った保険を見つけるのはなかなか難しいですよね。

できれば保障が厚い方が良いですし、保険料も気になるところ…。

なにか良い終身保険はないものかと終身保険を探している人に、数ある終身保険の中でも「貯蓄性に優れている終身保険」と「人気のおすすめ終身保険」をランキングでご紹介しますので、ランキングを参考に終身保険加入を考えてみてはどうでしょうか?

目次

1.はじめに

1.1 終身保険とは

2. 終身保険の目的

2.1 老後の資金として

2.2 教育資金の積み立てとして

2.3 葬儀に関連する費用として

2.4 相続税対策

3.終身保険の選び方

3.1 終身保険の選び方で重視すること

3.2 大事なのは保険料? 目的?

3.3 終身保険を貯蓄性で選ぶ

4.終身保険のメリットとデメリット

4.1 終身保険のメリット

4.2 終身保険のデメリット

5.貯蓄に向いている終身保険 ランキング5選

5.1 終身保険RISE

5.2 長割り終身

5.3 E-終身

5.4 アクサダイレクトの終身保険

5.5 アフラック WAYS

6.人気のおすすめの終身保険ランキング5選

6.1 ソニー生命 バリアブルライフ

6.2 アフラック WAYS

6.3 東京海上日動あんしん生命 長生き支援終身

6.4 かんぽ生命「終身保険 新ながいきくん(定額型)」

6.5 アフラックの終身保険

7.自分にあった保険を見つけるためには情報収集を

7.1 資料請求

7.2 比較サイト

7.3 プロに相談

8.まとめ
続きを読む

保険の種類は意外と少ない!?これだけ知っておけば良い5つのポイント

保険に入りたいけど、種類が多くて、どれに入ったらいいかわからない。

決まりごとが多すぎてうんざりですよね。

それでも、大事な部分を理解しておけば、失敗せずにあなたにあった保険を選ぶことができるのです。

この記事では、失敗しない為の大事な部分を、いくつかポイントにしています。

この記事を読めばもう、保険の種類で悩むことや保険が分からないと悩むことは無くなります。

目次

1.種類が多くてわかりにくい生命保険がスルッとマルわかり

1.1 組み合わせが多いだけで本当はやさしい?

1.2 生命保険で将来に心配なし?

1.3社会保険でできないことが、生命保険でできるって?

1.4先を考えて、生活スタイルにあった生命保険は選ぶべき?

1.5 生命保険もクーリングオフできる?

2.人はいつか死ぬもの!死亡保険があなたの家族をいつまでも守ってくれる?

2.1 死亡保険ってどんなものがあるの?

2.2掛け捨て型と積立型どっちがお得?

2.3定額保険と変額保険、利用しやすいのは?

2.4無理をしないで保険料を払おう

2.5保険の見直しって大事

3.病気にならない人はいない!医療保険を知らないと損!

3.1民間の医療保険ははたして本当に必要なの?

3.2 医療保険は、どこまで保障してくれる?

3.3入院は、いくらぐらいかかるの?

3.4がん保険とどう違う?

3.5医療保険はどんなタイプがいいの?

4.2人に1人ががんになるらしい!がん保険でがんを克服!

4.1がんの現状を知らなければ!

4.2がん保険ができること

4.3がん保険に入る前に

4.4がんって一体どんな病気?

4.5がん保険に入ったらいいのは、どんな人?

5.進学したくたってお金がないとね!学資保険に感謝!

5.1学資保険って何?

5.2学資保険にもいろいろあるみたい

5.3学費って高いの?

5.4どんな学資保険がいい?

5.5学資保険って何でするの?

6.老後の生活って大変らしい!個人年金保険でバラ色の老後を!

6.1個人年金保険とはこういうことだ!

6.2受け取り方でだいぶ違う!

6.3老後にいくらあれば生きていける?

6.4どんな個人年金保険がおすすめ?

6.5年金に税金がかかるの?

7.損害保険はあなたの味方!外に出れば7人の敵がいる!

7.1損害保険は、やさしさだ!

7.2自動車社会で自動車保険の偉大さを知る!

7.3火災の悲劇を火災保険が癒す

7.4災害の多いこの国で活躍!

7.5いろんな損害があるようだ!

8.まとめ
続きを読む

オリックス生命の終身保険RISE(ライズ)~選ばれる保険№1のヒ・ミ・ツ

結婚した、家庭をもった、子どもが生まれた-まわりに笑顔が増えて、喜びいっぱい幸せいっぱい。
そんな人生で一番ハッピーなとき、やっぱり、気になるのが「教・育・費」。

どこのご家庭にとっても、お子さまにかかる教育費は、正直、頭の痛い問題ですよね。

一般的には、幼小中高大学と、オール公立で進学させても500万~700万円は必要とされています。

そんな金額、いったいどうやって準備すればいいかわからず、途方に暮れてしまいませんか・・・

‐でも、大丈夫!

教育費は、いきなり一気に何百万、何千万かかるわけではありません。

その時その時で払えればいいのですから、今から、コツコツ安全確実に教育費を貯める準備を進めていきましょう。

この機会に、銀行で積立貯金するよりも利率の良い生命保険の終身保険を利用する方法を、すこし勉強して、保障と教育資金を、がっちりゲットしてみませんか!?

そして、ぜひ、ご家族の明るい未来を応援してあげましょう!

目次

1.終身保険って?おさらいしてみよう!
2.終身保険を利用する目的は2つ!
2.1保障ニーズ
2.2貯蓄ニーズ
3.終身保険のタイプいろいろ
3.1終身保険の代表格=普通終身
3.2割安な保険料で保障を備えることのできる低解約返戻金型終身
3.3今後の景気次第でメリットある積立利率変動型終身
3.4運用次第で受け取る返戻金が増額!?変額終身
3.5三大疾病に備えるなら特定疾病終身
4.終身保険RISE(ライズ)の特長 3つ
5.一生涯の保障
6.お手頃な保険料
7.解約払戻金はさまざまな資金としてご活用いただけます
8.低解約返戻金型保険をおさらいしてみよう!
8.1低解約返戻金型保険ってなに?
8.2貯蓄性があるって本当?
8.3低解約返戻金型保険のメリットデメリット
9.まとめ
続きを読む

定期保険プレミアムとは?定期保険に加入・見直しする前に知ってほしいこと5選

「定期保険プレミアム」という商品をご存知ですか?チューリッヒ生命という外資系の生命保険会社が販売しています。

でも、外資系の生命保険会社が販売する生命保険って、なんだか理由はないけど敬遠してしまいがちですよね。

食品に例えるなら外国産よりも日本産の方が安心できる。

ほとんどの方はこのような考えを持っていると思います。このサイトでは、「定期保険プレミアム」はもちろんのこと、チューリッヒ生命のことや他の外資系生命保険会社との比較、そして生命保険の見直すときに大事なポイントをまとめました。

近年、生命保険の見直しで「定期保険プレミアム」に加入する人が多くなっています。どのような理由で選ばれているのでしょうか。

失敗しない生命保険の見直しを行うためにも、是非ご覧ください。

目次

1.チューリッヒ生命

1.1チューリッヒ生命とは外資系生命保険会社

1.2販売している保険商品

1.2.1死亡保険

1.2.2ガン保険

1.2.3医療保険

1.2.4就業不能保険

1.2.5 3大疾病保険

2.定期保険プレミアム

2.1商品内容

2.2メリット・デメリット

3.外資系生命保険会社

3.1メットライフ生命との比較

3.1.1メットライフ生命とは

3.1.2スーパー割引定期保険

3.1.3定期保険プレミアムとスーパー割引定期保険の違い

4.日本の生命保険加入率

5.生命保険の見直し

5.1見直しを検討した理由

6.どうして見直しをしなくてはならないのか

7.見直しする際に知っておいてほしいポイント5選

8.まとめ
続きを読む

生命保険の解約!トラブルを避け、損をしない賢い解約方は?

生命保険を契約中の方も多いと思いますが、「もっと条件の良い保険が見つかったので切り替えたい!」、「家計が厳しくなり、保険料支払いの余裕が無くなった!」、「まとまったお金が必要になった!」などの理由で、生命保険の解約を考える事ってありますよね。

インターネットで「生命保険の解約」を調べてみると、保険担当者にしつこく慰留されたり、手続きがスムースに行かなかったり、嫌な思いをさせられたりするケースも多く生命保険の解約って難しそうですね。

でも、生命保険って自由に解約したり変えたりすることができるものなんですよ。

そこで、今回は生命保険の解約にまつわるトラブルを避け、スムースにそして損をしない解約方法についてお話しましょう。

<目次>

1.生命保険の解約って?

1-1 生命保険の解約理由にまつわるランキング

1-2 「家計難で解約したい」って?

1-3 「もっと良い保険に切り替えたい」って?

2.生命保険を解約すると掛け金はどうなるの?

2-1 解約返戻金が戻る保険とは?

2-1-1 積み立て型の生命保険

2-1-2 掛け捨てでない生命保険

2-2 生命保険の解約返戻金のタイプ

2-2-1 従来タイプの保険

2-2-2 低解約返戻金タイプの保険

2-2-3 解約返戻金が無いタイプの保険

3.生命保険の返戻率のランキング

3-1 生命保険の解約返戻金の計算のしかたは?

3-2 生命保険の解約返戻金のランキング

4.生命保険ってどうやって解約するの?

4-1 生命保険の解約のしかた

4-1-1 保険の解約に必要なものは?

4-1-2 解約手続きをスムースに進めるコツ

4-2 解約して良いケース、おすすめしないケース

4-2-1 生命保険を解約しても良いケース

4-2-2 解約はおすすめしないケース

4-3 保険を解約せずに家計を助ける方法

4-3-1 特約を解約して掛け金を節約

4-3-2 払い済み保険を利用して掛け金を節約

4-3-3 契約者貸し付けでお金を借りる

4-4 生命保険解約のトラブルを避けるには?

5.生命保険の解約返戻金って?

5-1 解約返戻金ってすぐもどりますか?

5-2 解約返戻金に税金など掛かりますか?

6.生命保険の賢い解約方は?

6-1 保険の解約はタイミングも良く考えて

6-2 トラブルを避け、損のない生命保険の解約方は?

7.まとめ
続きを読む

ネットでアフラックの学資保険を考えよう

ネット時代の到来で、様々なことがWEB上で可能になりました。
もちろんご多聞に漏れず、大切な保険選びの足掛かりとなる、保険会社や代理店の公式ホームページが、ネット上に多く存在します。

今回は、既に生命保険やがん保険など、多くの方が加入済みの保険商品でなく、学資保険の情報を、数多の保険会社の中から信頼と実績でナンバーワンとうたわれる「アフラック」の、ネットでの契約に至るまでのアクセス方法やプロセスを、ご紹介したいと思います。

目次

1.アフラックの魅力
1.1アフラック企業情報
1.2企業理念
1.3保険契約実績

2.そもそも保険とは
2.1公営保険と民営保険の存在
2.2公営保険とは
2.3民営保険とは

3.貯蓄と保険の違いとは
3.1自分でこつこつ貯める貯蓄
3.2自分で作れる自家保険
3.3補償

4.人生における保険を考える
4.1独身時代の保険
4.2婚姻後の保険
4.3子供が生まれてからの保険

5.子供に対する保険
5.1学資保険とは
5.2学資保険の特徴

6.学資保険商品の種類
6.1補償型学資保険
6.2貯蓄型学資保険

7.学資保険の選び方
7.1一般的な学資保険
7.2お祝い金のシステム
7.3医療費
7.4学資保険の特約

8.ネットでの保険選び
8.1ネットからの申し込み方法
8.2ネットでの保険内容変更方法
8.3ネットでの解約方法

9.まとめ

続きを読む

生命保険の分からない事解決!人生で損をしない生保の7つのポイント

生命保険(生保)には、入社した時に進められて入ったけど、「これで本当に自分や我が家にとっていいのか?」って、不安には思っていませんか?

また生命保険は、取り扱い会社や、保険の種類の多さから「どれがいいかわからない!」という声をよく耳にします。

だけども理解しずらい特約があって難しく、裏書条項も面倒だからって見ないふりしてることありますよね?

普通は、ガンや、その他の大きな病気になった時の治療費や、入院費、残された家族の生活費はもちろん、絶対だれにでも訪れるお葬式に当ててもらう為に、入ろうかと思っている方もいらっしゃるでしょう。

だからと言って、すべての保障を生命保険で何とかしようとしたら、とんでもない保険料になってしましますよね。

それでは、どういうのに入ったらいいのか・・・っと、考えている内に「生命保険は自分に必要?」「いやいや、その前に生命保険っていったい何なんだ?」「お金を捨てているだけなの?」という疑問や不安がよぎります。

「生命保険」とは、人が生きていく間に起こるであろう生命や身体のダメージや、亡くなった際に約束したお金(保険金)が保険会社から支払らわれるものを指します。

また、規約で定められた年齢まで生存した時にも・・・支払いがされます。

それは何となくわかっていても、結局何をどう入ればいいのか疑問ばかりで、生命保険の在り方がわからなくなって行きます。

今回は、そんな分からない事だらけの生命保険の、基礎とも言える疑問を7つのテーマに分けて、見て行きたいと思います。

これを見て頂いた後に、生命保険の見直しや加入の助力になれば嬉しいです。

目次

1. 備えはいらない?実は生命保険ってこんな物

  • 1-1 どんな仕組みなの?生命保険の成り立ち
  • 1-2 生命保険と損害保険の違い
  • 1-3 加入する前に知ってほしい保険の種類

2. 保障の種類から見る悩まない生命保険会社選び

  • 2-1 定期保険なら
  • 2-2 終身保険なら
  • 2-3 養老保険なら
  • 2-4 収入保障保険なら

3. 生保選びを考える!3つの世代から見る大事なポイント

  • 3-1 20歳代、損をする!独り立ちした就職後
  • 3-2 30歳代、結婚・子供リスクは減らない
  • 3-3 退職から老後、しっかり備えておきたい物は?

4. 生命保険の落とし穴!見直し・更新タイミング

  • 4-1 貯蓄は生命保険じゃ出来ない?
  • 4-2 実は要らない生命保険や医療保険

5. 生命保険の受け取り人問題

  • 5-1 誰のための生命保険?生前にしておくこと
  • 5-2 受取時税金がかかる!いざという時損をしない方法

6. 気になる?生命保険会社のランキング

  • 6-1 大手保険会社がやっぱり人気?
  • 6-2 生命保険会社が倒産したら・・・

7. こんな人は生命保険に入れない!?その条件とは

  • 7-1 職業って関係あるの?
  • 7-2 進化!今や保険は病気の方でも入れる

8. まとめ
続きを読む

オリックス生命の定期保険『Bridge』とは?加入時に絶対知っておく事を解説

生命保険には数多くの種類があるため、その中から一つの商品を選ぶことはとても困難だと思います。

種類が多すぎるために、どれを選べばいいのか分からない、という声をよく耳にします。

そこで今回は、数ある生命保険の中から私がおすすめするオリックス生命Bridgeという生命保険についてご紹介いたします。

オリックス生命Bridgeとはどのような特徴を持つ生命保険なのか、また、加入するメリット、そしてデメリットには何があるかを詳しく解説します。

加えてオリックス生命Bridgeと酷似したFineSaveという商品についても、その違いを紹介しながら、どちらがより優れているかも説明します。

この記事を通して、オリックス生命Bridgeがどのような商品なのかを理解して、あなたの生命保険選び手助けになれば幸いです。

目次

1 まずこれだけは押さえよう。オリックス生命Bridgeの基本情報

1.1 オリックス生命Bridgeの保険料や保障内容の詳細

1.2  オリックス生命Bridgeはネット専用保険

1.3 オリックス生命Bridgeは定期保険である

2 オリックス生命Bridgeに加入する時に知っておきたいメリット

2.1  お得な保険料

2.2 申し込みはネットでとっても簡単に出来る

2.3  保障期間と保険期間をライフスタイルに合わせて設定可能

2.4 病気や事故でも同額の死亡保障に

2.5 面倒な医師の診査は不要

3 オリックス生命Bridgeに加入するときに知っておきたいデメリット

3.1 非喫煙者割引が存在しない

3.2 保障額がほかの保険と比較して低い

3.3 ネットでしか取り扱われていない

3.4 保障額を上げるためには、健康診断が必須

4 どっちがお得?オリックス生命BridgeとFineSaveの違いとは?

4.1 最高保障金額はFineSaveが圧倒的に高い

4.2 保障期間を長く設定出来る

4.3 対面でいろいろなことを質問できる

4.4 FineSaveは保険料がオリックス生命Bridgeよりも高い

4.5 結局どちらに加入するべきか?

5 オリックス生命Bridgeは割高?ほかにもまだあるネット生命保険おすすめ3つ

5.1 チューリッヒ生命の『定期保険プレミアム』

5.2 メットライフ生命の『スーパー割引定期保険『¥』

5.3 コープ共済の『あいぷらす』

6 ネット生命保険はなぜ安い?加入する前に知っておきたいこと

6.1 ネット生命保険が安い理由とは?

6.2 ネット生命保険のメリット

6.3 ネット生命保険のデメリット

7 まとめ
続きを読む

生命保険は受取人によって税金が変わる!損をしない受取人の設定を解説

生命保険受取人を決める際には、よくよく考えなければなりません。なぜなら、保険金受取人を誰にするかで、税金が変わってくるからです。生命保険及び受取人と税金とは、必ず関わってきます。税金とは相続税・所得税・贈与税の3つのことであり、ゆくゆくは、年末調整・控除にも関係してきます。

しかし、「生命保険金という大金を『誰が受け取るか』」という問題だけでも難しい上、複雑でよく分からない税金となると、頭が痛くなってきますよね。いざ決めても、その後、生命保険受取人は変更できるのかどうか、色々考えていくと、どうしても悩んでしまいがちです。

今回は、「損をしない生命保険受取人の設定」について、簡単すっきり解決します。生命保険受取人と税金との関わり方、誰にしたらメリットがあるのか、丁寧に詳しくお伝えします。

1つ1つメリットを確認する事で、生命保険によってどう税金が変わるのか、どうしたら損をしないように受取人を決められるのか等が分かります。このページを読んで、是非、損をしない受取人と税金を覚えていただけたらと思います。

目次

1.生命保険受取人を誰にするかで税金が変わる!

1-1.絶対に分かる!生命保険受取人と税金のポイント

1-2.メリットが大きいのは、相続税となる生命保険受取人って本当?

1-3.相続税になる場合の生命保険受取人とは

1-4.所得税になる場合の生命保険受取人とは

1-5.贈与税になる場合の生命保険受取人とは

2.生命保険 受取人は誰にしたら良い?

2-1.解決!生命保険 受取人は誰にしたら良いか

2-2.生命保険受取人は誰にでもなれる?

2-3・生命保険受取人は1人だけ?

3.生命保険受取人は変更できる

3-1・契約者により、生命保険金受取人は変更できる

3-2・生命保険の受取人と離婚した場合

3-3・生命保険の受取人が亡くなってしまった場合

4.今あなたは絶対に読むべき!年末調整と生命保険

4-1・生命保険と年末調整

4-2・そもそも、年末調整って何?

4-3・これで丸わかり!生命保険とお得な年末調整・控除の仕方

5.生命保険金のキホン

5-1.保険料

5-2.保険金

5-3・受け取る保険金の種類

6.生命保険制度と4つのコトバ

6-1・保険者

6-2.保険契約者夫

6-3.被保険者

6-4.保険金受取人

7.まとめ
続きを読む

医療保険は安い商品が良い?医療保険の賢い選び方!

これから生命保険に加入するという方が気になる事とは何でしょうか?やはり「月額負担料金」という方も多いのではないでしょうか。安価な保険の種類はたくさんありますが、それでは、今度は保障内容が大丈夫か。という点で悩んでしまう事になるのではないでしょうか。実は、その逆なのです。生命保険はしっかりと保障をつけても安価で済む方法があるという事をここではご紹介していきたいと思います。必要な保証を整理する事でしっかりと保障を担保し、かつ、月額負担料金を安価にする秘密を今回は、ご紹介していきましょう。
続きを読む

終身医療保険がなぜ人気なのか?徹底解説

今人気の医療保険を調べると出てくるのが「終身医療保険」というキーワードです。医療保険には、定期と終身のタイプがあるのをご存知でしょうか。今、テレビCMやインターネットでも人気の商品と言えば終身保険のタイプが紹介される事がしばしばです。今回は、この終身保険について、その人気の秘密についてご紹介していきましょう。保険タイプを選ぶ際に、ここでご紹介した内容を参考にして頂ければ幸いです。
続きを読む

ソニー生命を徹底解析!ソニー生命のおすすめの保険

インターネットの活用で格段に集客を伸ばしたソニー生命をご存知でしょうか。今人気の商品をそろえており、若い世代を中心に需要を伸ばしてきています。そこで、今回はソニー生命が人気を伸ばしたおすすめの保険をご紹介していきましょう。ソニー生命は比較的、若い世代に人気の秘密もここできっとご理解頂けるはずです。
続きを読む

医療保険と公的制度の関係とは?今知っておきたい高額療養費制度

公的医療保険制度の中にある「高額療養費制度」というのがあるのをご存じでしょう?この制度を利用する方は、意外と多いのです。それは、ずばり病気や怪我の時の救世主と言えるのです。この制度を知っておく事は、イザという入院の際などに非常に心強い制度であると言えます。しかし、この制度について知らに人も多く活用できていない事もあるのです。そこで、今回は、この便利な制度についてみていきましょう。そして、医療保険との関係性についても後半で整理していきますので、その2つを理解して頂ければと思います。
続きを読む

公的医療保険があれば充分?日本の社会保険制度とは?

誰もが必然的に加入する「公的医療保険制度」について、じっくりと考えた事はありますか?日本の社会保険制度の基本となる公的医療保険制度についてじっくり整理してみたいと思います。実際には、その内容を十分に知らないために活用できない事もあります。知っていないと活用できない事もあるので、今回は公的医療保険制度についてしかっかりと整理していきたいと思います。知っておく事が利用の第一歩になります。ここでご紹介する事を読んでいただく事から始めていきましょう!
続きを読む

三井生命の保険内容と評判とは?日本生命との合併で変化はあるのか?

2015年に三井生命が日本生命と合併(買収された)したことはご存じでしょうか?

一部マスコミでは11年ぶりの保険業界の大型再編として話題になりましたね。この合併劇には会社としての色々な事情があったようです。

この合併によって三井生命の評判や保険内容はどうなったのでしょうか?

また、既に保険を契約している契約者の方々はご自分の契約がどうなるのかも心配ですね、この合併を契機に保険の見直しなどをお考えの方も居られると思います。

そこで、今回の合併の事情、そして、その後の三井生命の様子や保険についても解説していますので、お悩み解消の一助けになればと思います。

目次

1.三井生命とは?

2.ご存じでしたか? 三井生命と日本生命の合併

2-1 合併の背景

2-2 合併で見せた日本生命の執念

3.合併後の状況は?

4.住友生命と合併しなかった訳

5.三井生命の合併劇の評判は?

6.三井生命の保険の評判は?

7.三井生命の保険は合併でどうなる?

7-1 新商品 「大樹セレクト」のポイント

7-2 保険の見直しは必要?

7-3 三井生命の保険の保障はどうなるの?

7-4 三井生命の保険の賢い見直し方法

8.知ってて損は無い! 保険の基礎知識

8-1 保険のタイプを紹介します

8-1-1 定期(死亡)保険

8-1-2 収入保障保険」

8-1-3 学資保険

8-1-4 特定疾病保険(終身型)

8-1-5 がん保険

8-1-6 医療保険

8-1-7 所得補償(就業不能)保険

8-1-8 終身(死亡)保険

8-2 保険の選び方の心得

9.まとめ
続きを読む

生命保険の税金で損をしない7つのポイントを徹底解説!

生命保険と税金は私たちの身近な生活と深い関りを持っているのに、

難しすぎて頭を悩ませている人は多いのではないでしょうか

家計の見直しはするのに、保険の見直しは後回しにしてしまう。

ただでさえ生命保険だけでも難しいのに税金まで…。

実は、生命保険も税金もザックリ分けると3種類だけなんです!

いざという時の生命保険なのに、その『いざ』という時に保険金を受け取って困ってしまう。

なんてことが無いように、元保険外交員で現在は家計を握る主婦が

生命保険と税金について分かるやすく解説いたします。

すぐに試せる内容が満載!

難しかった生命保険と税金の関りが7つのポイントを理解するだけで簡単に!

目次
1.元保険外交員が生命保険と税金の関係について分かりやすく解説します!
1.1.現在ご加入の保険を知ることから始めましょう
1.2.保険の内容が分かれば税金も見えてきます
2.生命保険と税金の種類
2.1.生命保険の種類はザックリいうと3種類
2.2.保険の内容によってかわる税金も3種類
3.生命保険の契約形態に注意しよう
3.1.保険契約者と保険金受取人によって税金の種類がかわる
3.2.【死亡保険金】相続税の計算方法
3.3.【死亡保険金】所得税の計算方法
3.4.【死亡保険金】贈与税の計算方法
3.5.【満期保険金】所得税の計算方法
3.6.【満期保険金】贈与税の計算方法
4.収入保障保険は税金の種類が途中で変わります
4.1.収入保障保険とは
4.2.収入保障保険の年金受け取り時の税金
5.生命保険の中で税金が非課税になるものもあります
5.1.非課税になる医療保険の種類
5.2.医療費控除とは
5.3.医療費控除を受けている場合の注意点
6.生命保険の解約返戻金でも税金はかかるの?
6.1.解約返戻金とは
6.2.解約返戻金は一時所得として計算されます
6.3.保険の種類によって返戻金も変わります
7.生命保険料控除を使って毎年払う税金を節約する方法
7.1.生命保険料控除とは
7.2.年末調整や確定申告で減税対策
7.3.生命保険料控除の制度がかわりました
7.4.生命保険料控除額の計算方法
8.まとめ
続きを読む

死亡保険ランキングから判定!おすすめできる生命保険厳選4選!

死亡保険に加入をしようと思い死亡保険ランキングを調べてみたけど、色々難しそうでやっぱりどれにしたら良いか分からない!といったことありませんか?

何でもかんでもランキングっていうけど、死亡保険のような複雑な商品を果たしてランキングだけで決めてしまっていいのか。

多くの方が悩むところでもあります。それもそのはず、インターネットで保険に加入している人は全体のわずか8.7パーセント。

死亡保険ランキングだけで保険の加入を決めれない現状を数字が物語っています。

そこで今回は死亡保険ランキングの中から元生命保険販売士から本当にお得な保険を厳選したいと思います!想像がしやすくなるように色々なモデルケースを用いて説明をします。
とはいっても死亡保険のこと全然わからない・・・。
そんな方にも安心。ここでは前半に死亡保険についてしっかりと解説した上で、あなたにおすすめの保険を死亡保険ランキングから厳選します。
この記事を読んでいただくことによって死亡保険の知識はもちろん、どの保険が自分にあっているかがズバリわかってしまいます!

 

目次

1.死亡保険ランキングだけではどうして選びきれないのか?

1-1.保険という商品の特殊性

1-2.世帯によって違うピッタリの保険

1-3.ランキングサイトによって順位がバラバラといった問題

2.本当に必要?死亡保険とは

2-1.死亡保険の必要性

2-2.万が一のケーススタディ

2-3.ケーススタディから見た保険の再確認!

3.掛け捨て派?積立派?死亡保険のタイプ

3-1.掛け捨て派のメリット

3-2.掛け捨て派のデメリット

3-3.積立派のメリット

3-4.積立派のデメリット

4.死亡保険ランキングに乗っている保険会社、内資・外資のどちらがいいか?

4-1.国内保険会社編 メリット

4-2.国内保険会社編 デメリット

4-3.外資系 メリット

4-4.外資系 デメリット

5.あなたの目的に合わせた死亡保険を選ぼう!

5-1.あなたは月々いくらなら死亡保険に支払ってもいいと思っていますか?

5-2.資産形成も見据えた死亡保険もアリ?

5-3.どうしても今家計が苦しいという方へ!

6.死亡保険ランキングからみるおすすめ保険!〜掛け捨て編〜

6-1.掛け捨て派おすすめ保険

6-2.積立派おすすめ保険 

7.ケーススタディ

7-1.独身の場合

7-2.既婚(子供なし)

7-3.既婚(子供あり)

8.死亡保険ランキングまとめ

8-1.今回参照にした死亡保険ランキングのサイトをご紹介!

8-2.死亡保険選びのポイントおさらい
続きを読む

ソニー生命の学資保険が絶対にお得な6つのポイントを紹介します!

産まれて来る子供の為に学資保険をと、考えている皆さんは、たくさんある保険会社の中で、どこのどんな保険会社の学資保険に入ろうか、悩んでしまいますよね?

 

そして学資保険で具体的にどれだけの学資資金が保障出来るのかも心配です。

普通、一般的な家庭で進学資金を積立預金で賄おうとしても、急な出費に迫られて手を付けてしまったら再度積み立て直すのは容易ではありません。

そうなると簡単に引き出せない確実に学費や入学金を確保できる学資保険を利用していくのが一番いい手段だと言えるでしょう。

そこで先輩パパ・ママ達の契約実績数135万人を誇るソニー生命の学資保険を見ていくと、貯蓄性に特化しているとても「お得」な保険だというクチコミを多く見かけます。

無事満期を迎えるまで払い込んだ総額より多くのお金が戻って来る高い返戻率が、子供の進学準備金に余裕を持って備えられるからなんです。


今回はそんなソニー生命の学資保険を検討するにあたって知っておいて貰いたい絶対にお得な6つのポイントを分かりやすくご紹介していきます。

このページを読んで各家庭に合った学資保障のプランニングや貯蓄のヒントになったらと思います。

目次

1. 子育て世代が注目!ソニー生命の「学資保険」って?

  • 1-1 ソニー生命を選んだママ達の理由
  • 1-2 金融のプロと話してみよう

2. ソニー生命の学資保険はどのようにお得?2つのポイント

  • 2-1 確実にお金を確保できる貯蓄としてのメリット
  • 2-2 ソニー生命もまじえ人気の3社を見てみよう
  • 2-3 学資保険で得するポイントのひとつ保険の控除?!

3. ソニー生命学資保険のお得な加入年齢は?支払いは? 

  • 3-1 大学までの教育費はこんなにもかかる
  • 3-2 保険料のお得な支払い方法 「半年払い」や「年払い」に
  • 3-3 15年間で200万円!児童手当を支払いに

4. ソニー生命が一番!払込免除特約って何?

  • 4-1 「払込免除特約」離婚した場合はどうなる?
  • 4-2 孫のために祖父母が学資保険を掛けられる?

5. どうしてソニー生命プランナーのプランニングが安心なのか?

  • 5-1 ソニー生命ファイナンシャルプランナーは資産計画のプロフェッショナル!
  • 5-2 ファイナンシャルプランナーと代理店社員の違いって?

6. ソニー生命だけじゃない加入で絶対注意したいポイント

  • 6-1 理由① 保険料の払い込みが困難(負担)になった
  • 6-2 理由② 家庭に不測の事態が起きすぐにでもまとまった現金が必要になった
  • 6-3 途中解約のリスクを減らそう

7. 悩むならこれ! ソニー生命学資保険プランは3つ

  • 7-1 基本は【Ⅰ型・Ⅱ型・Ⅲ型】のプランをカスタマイズ!
  • 7-2 高!返戻率は10歳までに払い込みを終えるプラン
  • 7-3 毎月の家計にやさしい、月々の負担が抑えられるプラン
  • 7-4 高校卒業時に大学の学資金をまとめて受け取るプラン

続きを読む

生命保険会社のランキング発表!おすすめの保険会社5選とは!

 

「今払っている保険料を見直したい」「これから保険に入るにあたって、どこの生命保険会社に入ればいいのかわからない」‐生命保険会社のランキングを知りたい理由は、人それぞれだと思いますが、そもそも「なぜあなたは生命保険に入る」のでしょうか?

必要な保障額とは?保障に見合った保険料はいくらくらい?

保険についての疑問やお困りごと、心配ごとなど、あげれば枚挙にいとまないですよね。
それでも、安心してください!ランキングにして発表していきます!

生命保険は家を買うのと同じくらい大きな、そして、今後の生活を支えてくれる大切な”お買いもの”です。

生命保険会社のランキングの前に、一緒に、一度、じっくり考えてみませんか?

そして、ぜひ、良いお買いものにしましょう!

目次
1.まずは、なぜ保険に入るか考えてみよう
1.1ご存知?保険は大きく分けると4種類
1.2知ってた?必要になる保障は年代や状況によって変化します
2.死亡保障~万が一に備える!
2.1 知ってますか?公的保証制度のこと
2.2死亡保障のための保険は3タイプ!
2.3終身保険
2.4生命保険会社のランキング~終身保険
2.5終身保険を選ぶときのポイント
2.6収入保障保険
2.7生命保険会社のランキング~収入保障保険
2.8収入保障保険を選ぶときのポイント
2.9定期保険
2.10生命保険会社のランキング~死亡保障が割安な保険料で確保できる定期保険
2.11定期保険を選ぶときのポイント
3.医療保険~健康なときこそ加入を!
3.1まずは、公的医療制度をチェック!
3.2療養費の給付
3.3高額療養費制度
3.4出産手当金
3.5出産育児一時金
3.6傷病手当金
3.7埋葬料
3.8公的医療保険でカバーできるもの、カバーできないもの
3.9生命保険会社のランキング~医療保険
3.10医療保険を選ぶときのポイント
4.個人年金保険・学資保険~貯蓄性のある保険でがっちり備える!
4.1個人年金保険
4.2生命保険会社のランキング~個人年金保険
4.3個人年金保険を選ぶときのポイント
4.4学資保険のおトク度は返戻金でチェック!
4.5生命保険会社のランキング~学資保険
4.6学資保険を選ぶときのポイント
5.個人年金保険・終身保険で老後に備える!
6.生命保険会社のランキング~まとめ
続きを読む

生命保険料控除はやらないと損!あなたの税金はいくら安くなる?

あなたは生命保険料控除をしていますか?

 

「毎年している」という方もいれば、「したほうがいいとは思うが、結局していない」という方や「そもそも生命保険料控除って何?」という方もいらっしゃるでしょう。

 

保険料控除は”しなければならない”ものではないため、誰かに教えてもらう機会がありません。

しかし、毎年やっている年末調整にひと手間かけるだけで、生命保険契約をしている人ならだれでも節税できます。

 

今回は、賢い人なら当然やっている生命保険料控除の基礎知識から計算方法、手続きのしかたまでご紹介します。

 

生命保険料控除をうまく活用すれば、税負担を軽くすることができます。手続き自体は簡単なので、一度覚えてしまえば翌年以降もずっと税金を減らせますよ。

このページを読んで、制度の仕組みと手続きの仕方をしっかり理解しましょう。

 

目次一覧

1.誰でもできる節税術!生命保険料控除とは?

1.1.生命保険料控除ってなんのこと?

1.2.どうやって控除を受けるの?

1.3.そもそも所得控除って何?

2.要注意!生命保険料控除を受けるための必須事項2つ

2.1.どんな保険でも大丈夫?保険の種類とは

2.2.保険金の受取人にも要件があった!

2.3.配偶者名義の保険でも控除できるの?

3.最高12万円!生命保険料控除の限度額

3.1.契約日によって限度額が違うって本当?

3.2.新契約の限度額は4×3=12万円!

3.3.旧契約の限度額は5×2=10万円!

3.4.あなたの保険、種類は何?これを見れば解決!

4.意外と複雑?控除額の計算はこれでスッキリ!

4.1.新契約の控除額の求め方

4.2.旧契約の控除額の求め方

4.3.新旧両方の保険に入っているときは

5.誰でも簡単!実際に控除額を計算してみよう

5.1.モデルケースでわかる!計算方法

5.2.一円未満の端数が出たらどうする?

5.3.自力で計算したくないあなたへ

6.あなたの税金、いくら減る?ケース別に検証してみた

6.1.控除しない場合の税額を計算してみよう

6.2.控除した場合の税額

6.3.高所得の人こそ効果絶大!

6.4.所得が低い人はしなくていいの?

7.これが無いと始まらない!保険料控除証明書って何?

7.1.保険料控除証明書とは?

7.2.いつごろ届く?年末調整に間に合うの?

7.3.保険料控除証明書を紛失!対処法は?

8.生命保険料控除の手続き!会社勤めなら年末調整でラクラク

8.1.用意するものはコレだけ!

8.2.そうだったのか!実は書き方は超簡単!

8.3.控除申告書の記載欄が足りないときは

8.4.申告し忘れた!もう控除は受けられないの?

9.初めてでも怖くない!確定申告で生命保険料控除

9.1.用意するものは、コレ!

9.2.確定申告書の書き方は?全部自分で書くのは難しい

9.2.確定申告にはいつ行けばいい?

9.3.古い証明書が出てきた!過去に遡って控除できる?

10.まとめ
続きを読む