年金の支払や支給の月額を正しく理解して、セカンドライフの備えを固めよう。

50代以上の生命保険料の平均相場

政府の公示や新聞紙面は、ちらほらと景気回復の到来を告げていますが、実際に生活を送る私たちにとって、とても景気回復がなされているとは、考えにくい状況下にあります。

そんな中、健康寿命の上昇と共に、充実かつ安心なセカンドライフを迎えるべく、多くの方が以前よりも早い時期から、ライフプランニングを模索するようになりました。

私たちはセカンドライフの、いちツールとして、月々納めている年金保険料による相互扶助制度に、ある程度の信頼を置き、年金自体を「いずれ受け取れるもの」と考え、アバウトに捉えていることが多くはないでしょうか。

しかしながら少子化や景気低迷が続く現在、果たして本当に年金の支給を受けることが出来るのか、年金システム自体に不安を感じる方も少なくはないでしょう。

そこで今回は、年金そのものの基礎を振り返りながら、セカンドライフをどうやって盤石にすべきなのか、生命保険をバックアッププランとして、老後のプランを検証してまいりたいと思います。

目次

1.公的年金制度の基礎知識
1.1種類と概要

2.国民年金とは
2.1国民年金保険料計算方法
2.2実際の保険料額
2.3制度改正後の保険料
2.4後納制度

3.厚生年金とは
3.1厚生年金保険料計算方式
3.2標準報酬月額

4.国民年金/厚生年金の共通情報
4.1ねんきん定期便
4.2原則
4.3年金の選択
4.4変動

5.老齢年金とは
5.1種類
5.2支給の条件
5.3支給開始年齢
5.4年金額

6.セカンドライフとは
6.1実情
6.2用意すべき資産

7.生命保険におけるバックアップ
7.1定期保険
7.2終身保険
7.3養老保険
7.4個人年金保険

8.まとめ

続きを読む

あんしん生命 個人年金!売り止め?個人年金に代わる対策はコレ!

『あんしん生命の個人年金』において、東京海上日動フィナンシャル生命との合併以前に加入していた個人年金は、保障内容などそのまま引き継がれています。

しかし、各保険会社の個人年金保険が2016年から次々と、新規加入の保険料の値上げや利率の引き下げ、商品によっては販売停止も出てきていて、2016年『あんしん生命 個人年金』も例外なく販売停止商品となってしまいました。

なぜ『あんしん生命 個人年金』をはじめ、様々な保険会社の個人年金が販売を停止しているのでしょう。

今まさに継続加入している人はどうすればいいのか、そして個人年金に代わる物はあるのか?

今回は『あんしん生命 個人年金』を中心に個人的な年金についてお話ししようと思います。

目次

1.個人年金保険ってどんな保険?
1-1.公的年金の不安から
1-2.老後のため
1-3.資産運用として
1-4.『個人年金保険』メリットだけ?
2.生命保険なのに貯蓄が出来る
2-1.利回りの良い定期預金
2-2.もう一つの選択『変額個人年金保険』
2-3.生命保険料控除の効果
2-3-1.個人年金保険料税制適格特約
2-4.受け取り方
2-4-1.「定期年金」の受取
2-4-2.「終身年金」の受取
3.マイナス金利『あんしん生命 個人年金』老後資金にならず
3-1.『あんしん生命 個人年金』販売停止前
3-2.最も売れた商品だった・返戻率・利率
3-3.マイナス金利導入はいつどのように?
3-4.マイナス金利政策いつまで?
4.『あんしん生命 個人年金』加入済みは?
4-1.生命保険の集客商品だった
4-2.販売停止前の個人年金はどうなる?
5.インフレに加入すべきじゃない個人年金保険!
5-1.相次ぐ生命保険の値上げや販売停止
5-2黒字にする事が出来ない
6.『あんしん 生命 個人年金』に代わる商品
6-1.外貨建ての個人年金
6-2.個人型確定拠出年金(iDeCo)
6-3.積立NISA
7.まとめ

 

続きを読む

これでわかる!個人年金保険-税控除から各貯蓄性商品との比較まで

定年退職して収入がなくなる老後の生活のために、自衛手段として民間の金融商品を検討される方もいるでしょう。
いろいろ検討しているなかで、個人年金保険が気になってちょっと調べてみたけれど、結局なんだかよくわからない、ということはありませんか?
老後の平均年金収入や生活費についてや他の金融商品との比較もしながら、個人年金保険の内容をわかりやすく紹介しています。
公的資料や実績なども交えて説明しているので、個人年金以外にも読者様の将来の参考としていただけば幸いです。
今回の記事をご覧になれば、自分に合う個人年金保険がどんなものか迷わず選べるようになるでしょう。

目次

1 個人年金保険の概要
1-1 みんなが個人年金保険に入る訳
1-2 個人年金保険のメリット
1-3 個人年金保険のデメリット

2 実際に老後に必要な費用を考えてみる
2-1 政府統計からみる毎月の老後の平均支出
2-2 定年後の収入の概算をみてみよう
2-3 定年退職から平均寿命までの生活費をトータルすると?

3 他の長期の資産形成に適した金融商品
3-1 元本割れの恐れがない定期預金
3-2 ある程度リスクをとってリターンを目指す投資信託
3-3 掛け金が所得控除でお得な確定拠出年金

4 個人年金保険の種類と特徴
4-1 年金の受取期間が決まっている確定年金保険
4-2 存命中は年金が受け取れる終身年金保険
4-3 利率が有利でも為替リスクのある外貨建て年金保険
4-4 運用実績で受け取り額が変わる変額年金保険

5 個人年金保険の選びかた
5-1 はじめに個人年金保険の種類を選ぶ
5-2 受け取りたい年金額と払える保険料のすり合わせ
5-3 保険会社の選びかた

6 個人年金保険料と所得控除
6-1 税額控除が受けられる特約とは
6-2 個人年金保険料税制適格特約の注意点
6-3 税額控除を受ける方法

7 個人年金保険の注意点
7-1 個人年金保険と告知
7-2 保険会社が破たんしたら
7-3 経済情勢の変化によるリスク

8 まとめ

続きを読む

年金はいくらもらえるの?将来の不安を減らす方法って?

少子高齢化社会になっている日本において、働いている世代がどんどん減少していくと、将来自分が年をとった時に受け取ることができる年金の額はどうなるのか気になる方も多いのではないでしょうか。
特に、今きちんと年金を積立てて支払っている方は将来自分がどの位年金を受け取ることができるのかは気になるところですよね。
また、会社員の方は従来の厚生年金以外にも確定拠出年金などの導入が始まり、どれが自分に向いているのか、自営業の方は厚生年金がないため、本当に家計が老後も支えられるのかと様々な心配があるかと思います。
この記事では、まずは基本的な年金はどのような種類があるのか、また、いくら受け取ることができるのかを自分のライフプランに合わせて想像できようにご紹介していきたいと思います。

目次

1.日本にある年金制度って一体どのようなものがあるの?
1.120歳から60歳までの国民全員が対象の国民年金制度
1.2会社員が加入する厚生年金制度
2.国民年金って一体どのような制度なの?
2.1国民が強制加入することになっている
2.2一定期間の間加入していないといけない
2.3国民年金に加えて自営業者が年金を増やす方法もある
3.厚生年金って一体どのような制度なの?
3.1収入が減少していくリスクに備えるための保険
3.2会社などの法人に所属している人しか加入できない
3.3保険料は加入者だけで負担するわけではない
4.年金はいつから受け取ることができるの?
4.1基本的には65歳から受け取ることができる
4.2支給開始年齢は自分で選ぶことができる
5老後の生活の要でもある年金はいくらもらうことができるの?
5.1給料とボーナスから計算される、厚生年金
5.2加入期間から計算される、国民年金
5.3国民年金より厚生年金の平均受給額の方が多い
6. 確定拠出年金と厚生年金ってどう違うの?
6.1年金の額が決まっているか決まっていないか
6.2保険料をどのように運用するかは自分次第
6.3転職しても支払った保険料分は年金を受けとることはできる
7.年金に所得税はかかるの?
7.1所得金額によっては税金がかかる
7.2年令によって計算方法は変わる
7.3確定申告がいらないときもある
8.まとめ

続きを読む

個人年金で老後に備える時代だからこそ、住友生命の「たのしみワンダフル」!

年率GDPが0.5%上昇と言う内閣府の発表を見ても、景気上昇の兆しも、その恩恵も実感できない現代、もはや老後の備えを公的年金制度に頼る時代は終焉を迎え、私たち自身で備えをするべき時代の到来を迎えているのが、常識となりつつあります。

かと言って、低迷する銀行金利では潤沢な預貯金を構築することは難しいのが実情と言わざるを得ず、私たちの貯蓄手法は、銀行などの金融商品から、生命保険会社の保険商品へと、シフトしてきました。

中でも老後の備えとしてえ着目されているのが、生命保険会社販売の、個人年金保険です。

今回は個人年金の基礎知識を得つつ、中でも注目されている個人年金アイテムの1つである、住友生命の「たのしみワンダフル」を、見てまいりたいと思います。

目次

1.なぜ今個人年金なのか
1.1公的年金制度
1.2老後の実情

2.私的年金での備え
2.1個人年金保険とは
2.2定額個人年金と変額個人年金

3.特徴別にみる定額個人年金の種類
3.1円建て
3.2外貨建て

4.注目されている個人年金
4.1年金かけはし
4.2こだわり個人年金

5.なぜ「たのしみワンダフル」が着目されるのか
5.1販売している住友生命とは
5.2ビジョン
5.3保有契約高なのど会社実績

6.「たのしみワンダフル」とは
6.1特徴
6.2しくみ
6.3保険料
6.4特約

7.もっと知りたい「たのしみワンダフル」
7.1契約者死亡の場合
7.2年金受取開始時期
7.3年金受取回数
7.4年金受取による雑所得税
7.5選べる支払方法

8.まとめ

続きを読む

安さが怖い?ネット保険のメリットとデメリット加入するポイントって?

ネット社会になりましたが、最近では保険もインターネット上で販売されています。その中でも、店頭に行くことなくサイトから加入できる保険商品がネット保険と呼ばれています。
店頭販売よりも安価なこともあり、一時期は非常に話題になりました。しかし、ネット保険に加入するか悩んでいる方の中には何だか怪しいイメージがあるという方も多いのではないでしょうか。
ネット保険が一体どういった商品なのか分かれば、疑うことなく自分にあった保険販売を選択することが出来ます。この記事では、ネット保険のメリットとデメリットや、入るのにおすすめの人とはどんな人なのかをご紹介していきたいと思います。

目次

1.ネット保険って一体どういった商品なの?
1.1保障内容は店頭販売の商品と変わりはない
1.2ネットのみで契約を行うことができる
1.3店頭販売よりも安い
2. 気になるネット保険に加入することでおこるメリットってどんなものなの?
2.1せかされることなく自分のペースで加入できる
2.2保障内容が単純で比較しやすい
3.気になるネット保険に加入することでおこるデメリットってどんなものなの?
3.1保険の種類は店頭に比べると少ない
3.2ネットでの手続きは非常に複雑
3.3ある程度保険の事を理解していないといけない
4.店頭とネットでの加入って一体どこが違うの?
4.1保険加入の際に自分で全ての責任を持つかどうか
4.2保険見直しの際にサポートがついているかどうか
4.3保険金請求の際に自分で全て行うかどうか
5.ネット保険が安いのって一体どうしてなの?
5.1ネットで契約する分人件費が抑えられているから
5.2ネット保険が最安値でないこともある
5.3店頭保険の中には割引サービスなどもある
6.ネット保険に加入するのを止めておいたほうがいい人って一体どんな人なの?
6.1保険商品についてよく理解していない人
6.2分からないことがある時に調べるより聞くほうが理解できる人
7.ネット保険に加入する時に注意しておきたいポイントって?
7.1手続きをする時に間違えていないかどうか
7.2説明をされていない状態で本当に保険内容を理解しているかどうか
7.3保険請求の方法を理解しているかどうか
8.まとめ

続きを読む

『患者申出療養制度』の知っておくべきポイントを徹底解説!

2016年4月から開始された『患者申出療養制度』ですが、TVなどで何度か取り上げられていたので、耳にしたことがある人も少なくないと思います。

しかし、まだあまり浸透していないため、初めて聞いたという人も多いのではないでしょうか?

「そもそも患者申出療養制度ってどんな制度?」
「どういう時に役に立つの?」
「患者申出療養制度があっても保険に加入しておいた方が良い?」
など、まだまだ知らないことが多いですよね。

そこで今回、患者申出療養制度について具体的に分かりやすく元保険外交員が徹底解説いたします。

患者申出療養制度の仕組みや利用方法、注意するべき点やメリット・デメリット、私たちとどのように関わっているのかなど知って得する情報満載!

これから医療保険やガン保険の見直しを検討しようと思っている方、また、いざ患者申出療養制度を活用する時に困らないためにも、この機会にぜひ理解を深めておきましょう。

 

目次

1.患者申出療養制度って何?
1.1患者申出療養制度とは
1.2.患者申出療養制度ができてどう変わるのか?
1.3.先進医療との違いは?

2.患者申出療養制度のメリット
2.1.治療の選択幅が広がります
2.2.自己負担額が軽減できます
2.3.身近な病院で治療が受けられます

3.患者申出療養制度のデメリット
3.1.それでも高額な治療
3.2.健康保険外治療の負担が減るわけではありません
3.3.申し出をしてからすぐに適用されるわけではありません

4.医療保険やガン保険との関係性
4.1.民間の保険と組み合わせて活用しましょう
4.2.ご加入の保険を再確認しておきましょう
4.3.今後、患者申出療養制度に対応した保険が増える

5.患者申出療養制度を利用する時は?
5.1.かかりつけの医師に相談しましょう
5.2.金銭面での負担を考えましょう
5.3.自分の受ける治療法について学びましょう

6.患者申出療養制度について懸念される問題
6.1.私たちが正しい判断ができるのか?
6.2.今後、高額な自由診療が増えたらどのように対応するべきか?
6.3.民間の保険でどこまで補えるのか?

7.患者申出療養制度の注意点
7.1.健康保険適用外の治療費が軽減されるわけではありません
7.2.自己負担額がとても大きいことに変わりはありません
7.3.最終的には自分で判断しなくてはいけません

8.まとめ

続きを読む

個人年金ランキングを有効活用して、セカンドライフに選択肢を増やしませんか。

インターネットの発達により、私たちは様々な情報をPCの前に居ながらにして、手に入れられるようになりました。

しかしながらあまりにもその情報量は膨大で、信憑性も含め千差万別であり、かえって迷路に迷い込んだかのように、途方に暮れることもしばしばです。

そこで活用したいのが、一括資料請求や比較が簡単にできるサイトの活用です。

今回は、不況のあおりを受けて検索HIT数が多くなっているセカンドライフについて、充実したライフプランを構築すべく、個人年金ランキングから得られる情報に注目してまいりましょう。

目次

1.生命保険ランキングサイトとは
1.1ランキングサイトがもたらす情報
1.2生命保険人気検索キーワード

2.セカンドライフとは
2.1セカンドライフへの不安

3.セカンドライフの実情
3.1日本人の平均寿命
3.2日本人の健康寿命
3.3セカンドライフに必要な金額

4.セカンドライフへの備え
4.1セカンドライフを支えるツール
4.2金融商品
4.3公的年金制度
4.4私的年金制度

5.ライフプランニングのキー
5.1個人年金とは

6.個人年金の活用方法
6.1個人年金選択の際のポイント
6.2個人年金における節税

7.個人年金ランキング
7.1利率/返戻率でみる個人年金

8.生命保険比較サイト
8.1活用度の高いサイト一覧

9.まとめ

続きを読む

初心者でも分かる個人年金保険って?どうやったら老後の準備ができるの?

個人年金保険というのは、決められた年齢から、国からの年金に加えて、保険会社からも年金を受け取ることが出来るという制度の保険です。老後の生活が不安な方や、大きなお金が必要になる住宅や教育などの資金を貯蓄するためにも使われることがあります。

実は、個人年金保険には色々な種類があります。又、個人年金保険を利用しなくても銀行預金よりお金を貯めることができる金融商品もあります。

一人ひとりの状況や、想定しているものに合わせて入るべき保険は変わっていきます。その為、この記事では個人年金保険というのが一体どういった種類があるのか、また入るとどんなメリットやデメリットがあるのかということをご紹介していきたいと思います。

目次

1.個人年金保険って一体どういった種類があるの?
1.1保険金を必ず受け取ることができる確定年金
1.2生きているうちは心配がない終身年金
1.3運用リスクはあるが増えるかもしれない変動年金
2.個人年金保険って一体どういう保険商品なの?
2.1利率は低いけれど手数料などはいらない、円建て個人年金保険
2.2海外での生活を考えていたり、今している人には 外貨建て個人年金保険
3.気になる個人年金保険に入ることによっておこるメリットってどんなものなの?
3.1確実に老後の資金を貯金することができる
3.2持病があっても加入することもできる
3.3個人年金保険料が控除されて、税金が減額される
4.個人年金保険に入ることによっておこるデメリットってどんなものなの?
4.1お金の価値が下がるインフレに対応することができない
4.2中途解約をすると元が取れない場合がある
4.3確実に保険金を受け取れるわけではない
5.保険会社にだまされないために覚えておきたい個人年金保険の選び方って?
5.1まずは自分の状況にあった種類を選ぶ
5.2将来どのくらいのリターンがあるかを計算する
5.3保険料の支払い方法を検討する
6.個人年金保険と所得の控除の関係って一体何なの?
6.1一定の条件を満たしていたら、控除対象になる
6.2会社員の場合は確定申告の必要はない
6.3自営業なら確定申告で税務署に申請する
7.個人年金保険だけでは不安な場合考えておきたい資産運用って?
7.1ローリスク・ローリターンの国債
7.2放置するだけで手軽に運用ができる投資信託
7.3所得税が全額免除される確定拠出年金
8.まとめ

続きを読む

プランニング自在な太陽生命の個人年金で、安心のシニアライフを手に入れよう。

マイナス金利や標準利率の引き下げにより、多くの保険で販売停止や、保険料の値上げ、予定利率の見直しなどが行われたことにより、私たち契約者にとってはありがたくないニュースばかりが耳に入ってきます。

かと言って、銀行金融商品に切り替えようにも、下がり続ける金利や銀行自体の存続を鑑みると、決して安心できる状況にありません。

健康寿命/平均寿命の上昇に伴い、以前に比べ、シニアライフの長さは決して短いものではなくなりました。

そんなバックグラウンドと景気低迷な現状を照らし合わせると、今こそ盤石な将来設計を立てておきたいのが、正直な心情かと思います。

そこで今回はどこよりもカスタマイズ可能な太陽生命などの個人年金を活用して、盤石なライフプランを構築するお手伝いをさせていただけたらと思います。

目次

1.なぜ個人年金に加入するのか
1.2公的年金年金制度
1.3セカンドライフに必要な金額

2.個人年金とは
2.1個人年金の種類

3.個人年金の特性
3.1確定年金とは
3.2終身年金とは
3.3有期年金とは

4.生命保険の現状
4.1マイナス金利による影響
4.2販売停止が相次ぐ貯蓄型生命保険

5.なぜ太陽生命なのか
5.1会社概要
5.2ビジョン

6.太陽生命の個人年金保険とは
6.1保険組曲Best
6.2特徴

7.保険組曲でのライフプランニングの構築
7.1選べる主契約
7.2選べる特約
7.3選べる期間

8.保険組曲の保険料シミュレーション
8.1保障内容
8.2資料請求

9.まとめ

続きを読む

未来を予測!?変動金利の推移から選ぶべき生命保険を考えてみよう!

変動金利といえば、住宅ローンをご利用中の方には、すでにお馴染みですよね!

お馴染みどころか、「現在、固定金利か変動金利、どちらにすればいいか悩み中・・・」という方もおられるかもしれません。

いずれにしても、とても切実な問題ですよね。

あまり関係ないと思われている方であっても、金利とは、そもそも、私たちの生活に非常に密接な関係をもったものです。

今回は、変動金利の推移をみながら、これから先の未来のことを、ちょっと予測してみませんか!?

実は、生命保険とも、とても深い関係にある固定金利や変動金利。

変動金利の推移をみながら、賢く未来に備えることのできる生命保険の商品を割り出していきましょう!

目次

1.そもそも金利ってナニ?
1.1金利はどうやって決まる?
1.2金利はなぜ動く?

2.金利のカラクリって?
2.1短期金融市場って?
2.2長期金融市場って?

3.金利との関係って?
3.1政策金利との関係
3.2短期金利との関係
3.3長期金利との関係

4.金利の種類は他にもある?
4.1固定金利って?
4.2変動金利て?

5.変動金利の推移
5.1変動金利の推移からわかること
5.2変動金利のリスクと回避方法

6.生命保険と金利の関係

7.今後、選ぶべき保険って?
7.1投資性のある保険に注目してみよう!
7.2投資性のある保険の種類、3タイプ!

8.まとめ

続きを読む

保険業法改正によって私たちにどのようなメリットがあるのか?

保険のトラブルをよく耳することで、騙されないか少し心配する事で、あまりいいイメージがないという方もいるのではないでしょうか。

これまでは法規制の関係上、保険会社が有利な契約もされてきました。

しかし、2016年5月に施行された保険業法の改正により、顧客にとって必要なサービスを受けることができるように法律は改正されました。

そこで、今回は保険業法の改正では、どこがどのように変わったのかという事と、それに伴い、私達の保険選びにどのような関係があるのかを書いていきます。

そして、法改正しても油断できないあなたには、騙されないためにはどうすれば良いのかという事をご紹介していきたいと思います。

目次

1.保険業法が改正されて変わった内容とは??
1.1保険の勧誘などの保険募集の定義が明確にされた
1.2募集プロセスの中で保険募集に入らないものが新しく定義された
1.3より顧客に寄り添う意向把握業務が追加された
1.4情報提供の義務に対応する為の実務が追加された
1.5保険を募集する人の規制が厳しくなった
2.そもそも保険業法って一体何なの?
2.1保険を扱う機関を監督する、保険業法
2.2前保険業法では顧客に不利なトラブルが増加していた
3.新しく加えられた注目したい意向把握業務って一体どんなものなの?
3.1第三者に委託する際は厳正な管理、監督が求められる
3.2店の形態ごとに独自に意向を把握していく
3.3保険代理店などは意向把握に対して新たな整備が必要になる
4.複数の保険会社が入っている場合複雑な情報提供義務って一体どんなものなの?
4.1顧客の意向に沿って行うなら比較対象も紹介しないといけない
4.2代理店の意向に沿って行うなら比較はないが商品の細かい説明が必要
4.3信頼性のある情報のために一定のルールが必要になる
5.保険会社にだまされないために覚えておきたいポイントって?
5.1事前に保険の状態や会社について調べてみる
5.2質のいい保険相談を行うようにする
5.3 プロであるFPと共に保険の見直し相談を行う
6.自力で保険についての知識を得るためにはどうすればいいの?
6.1お金のプロであるFPに相談を行う
6.2保険について書かれている書籍を読む
6.3良質な情報を得ることで騙されない
7.実際の保険契約手続きをする際にはどのような段取りになるの?
7.1書面などで今までに比べて抜けのない情報掲示
7.2面談やチェックシートなどによる意向の把握
7.3商品説明をし、最終確認を行う
8.まとめ

続きを読む

保険の全体像がイチからわかる。超初心者向け保険の教科書

みなさんは保険についてどのくらいの知識をもっていらっしゃいますか?ファイナンシャルプランナーや保険会社勤務など保険に関するお仕事でもしていないかぎり、保険の知識に自信があると答えられる方は少ないのではないでしょうか?

すでに保険に加入している保険でも、何のための保険なのか?どうしてその保険に加入しているのか?などを即答するのは難しいですよね。

ある特定の保険の説明だけを受けても、保険という仕組みの全体像が理解てきていないとほんとうに必要な保険なのかどうか判断するのは容易ではありません。

わたしもFPさんとの打ち合わせを何度も重ねて、ようやくじぶんの保険加入状況に自信を持てるようになったパターンでした。

そこで、今回は保険のプロではない方が、保険の仕組みの全体像を理解できるようになるために必要な知識を一般の人の視点からまとめました。

保険のことばは専門用語が多い上に複雑なので一般の人には理解が難しく、苦手意識を持たれることの多い保険。しかし、保険の仕組みの全体像を知ることで、個別の保険に関する理解度がぐっと高まります。

木を見て森を見ずという諺は、保険の仕組みにもぴったりと当てはまります。
全体像を理解して、賢く保険を選べるようになっていただければ幸いです。

目次

1 そもそも保険って何だろう?
1-1 小学生でもわかる保険の仕組み
1-2 保険はいつどこで始まったのか?
1-3 保険が必要なワケ
2 保険を分類分けできるようになろう
2-1 もしもに備える保障は3つあることを理解しよう
2-2 「生命保険」と「損害保険」何が違う?
3 生命保険はどんな保険があるの?
3-1 生命保険の3つの基本形
3-2 生命保険の種類
4 損害保険はどんな保険があるの?
4-1 目的別の4分類
4-2 自動車(バイク)事故の補償を目的とした保険
4-3 住まいの損害補償を目的とした保険
4-4 身体の補償を目的とした保険
4-5 その他の補償を目的とした保険
5 公的保障は何があるの?
5-1 遺族年金があります
5-2 働けなくなったときには障害年金
5-3 公的な医療保険があります
6 法人保険ってなんだ?
6-1 経営者保険メリットとは
6-2 福利厚生保険のメリットとは
7 保険選びの基本ステップ
7-1 まずは現状を把握すべし
7-2 必要保障額を試算してみよう
7-3 保険の賢い選び方とは
8 まとめ

続きを読む

『患者申出療養』を理解しよう!高額になっていく治療費への対策は大丈夫?

平成28年4月から導入された新しい仕組みの『患者申出療養』を、皆さん様々なメディアで、聞いたことはあるかと思います。

でも、聞いたことはあっても、どんなものなのか把握していない人の方が多いいようです。

治癒が困難な病気になった時、誰もが、治せるものなら可能な限りの手段を持って、病気に挑みたいと思うはずです。

しかし日本では、海外で使われている薬品が使用できなかったり、医療行為が出来なかったりするものが多く有ります。

そこで『患者申出療養』が施行されましたが、実際の所申し出ただけで気軽に先進医療が受けられる物なのでしょうか?

目次

1.『患者申出療養』って何?
1-1『患者申出療養』とは
・1-1-1例えば海外で効く薬があったら
・1-1-2『患者申出療養』制度なら使える薬も
1-2保険適用のためのデーター集積
・1-2-1保険収載
1-3患者の申し出からの流れ
・1-3-1『患者申出療養』新しい医療の申し出
・1-3-2『患者申出療養』で前例ありの医療
・1-3-3承認されない
1-4「患者申出療養」と「選択療養」
2.保険外併用療養制度を知ってから
2-1保険診療と併用できる療養
・2-1-1今までは全額自己負担だった
2-2保険診療
2-3評価療養
2-4選定療養
・2-4-1「選定療養」は意外と身近!
・2-4-2初診・再診・予約も選定療養?
・2-4-3子供の虫歯も!
2-5「評価療養」と「選定療養」の決まり事
3.先進医療や治験
3-1治験の流れから説明
3-2先進医療とは、その審議の過程
3-3通常は混合診療禁止
4.『患者申出療養』の実績
4-1『患者申出療養』・承認例
4-2『患者申出療養』・対象病院
4-3『患者申出療養』・医療費控除
5.『患者申出療養』の問題点を探る
5-1安全性
5-2人道的見地・治験危惧
5-3準備期間の必要性
6.『患者申出療養』で備える生命保険
6-1高額医療費・生命保険の保障は
6-2『患者申出療養』特約も
7.まとめ

続きを読む

標準利率の引き下げによる保険選びに関する影響とは?

低金利時代と言われる昨今、マイナス金利なども話題になっていますが、生命保険の保険料が高くなっている事をご存知ですか?

金融庁が標準利率と言うものを見直したことによって、生命保険各社が保険料率の改定を行い、保険料が高くなっているのです。

その事を聞くと、今加入中の保険料も値上げするの?と思う方もいらっしゃるのではないでしょうか。

私も気になり標準利率や保険料の事から、今加入するならどんな保険が良いのかを調べました。

保険料の値上がりばかりがニュースになりますが、保険料が上がらない保険も、ちゃんと存在していました。

そこで、この記事では標準料率とは何なのか、生命保険選びにどのような影響があるのか、そして今どの様な保険が狙い目なのかを、解りやすく解説していきたいと思います。

この記事を読んで、少し生命保険に詳しくなり、生命保険を自分自身の人生のより良いツールに出来る様になりましょう。

目次

1.生命保険における標準利率の現状
1.2責任準備金とは
1.3標準利率とは
1.4標準利率の算出方法

2.予定利率とは
2.1予定利率の算出方法

3.予定利率と標準利率
3.1その関係性とは

4.標準利率変更による生命保険への影響
4.1保険種類別影響
4.2販売停止/保険料変更予定商品

5.そもそも生命保険とは
5.1種類とその目的
5.2選択の際のポイント

6.標準利率変更に打ち勝つには
6.1掛捨て型と貯蓄型
6.2契約済みの生命保険

7.今選ぶべき生命保険とは
7.1定期保険とは
7.2定期保険の仕組み

8.定期保険の選択肢
8.1保険料で選ぶ
8.2保険期間の長さで選ぶ
8.3保険料払込期間の短さで選ぶ
8.4死亡保険金額で選ぶ

9.まとめ

続きを読む

年金の受給資格が10年に短縮?誰しも得をするとは限らない年金の話

年金の受給資格が25年から10年に短縮されることが平成29年夏に決まっていますが、これがどんなことか知っているでしょうか?一見メリットばかりに見える事柄ですが、実はさまざまな問題点が潜んでいます。

年金の受給資格が10年に短縮されることで得をする人が多く現れますが、誰しも得をするとは限らないのが年金です。

今回はこの年金の受給資格短縮について、どういうことか、またメリットやデメリットについて学んでいきましょう。

目次

1.年金の受給資格が25年から10年へ変更される

1.1 そもそも年金ってなんだ?

1.2 年金の歴史

1.3 今までは受給資格が25年だった

2.年金の受給資格が10年になるのはいつから?

2.1 変更は平成29年8月1日予定

2.2 変更になることで何が変わるの?

2.3 今まで受け取れなかった人でも受け取り可能なの?

2.4 どうやって申請すれば良いの?

3.年金の受給資格が10年になることで得をする人・しない人

3.1 得をする人はどんな人?

3.2 損してしまう人はどんな人?

3.3 生活保護ってなに?

3.4 そもそも年金を納付していない場合には?

4.年金を10年間納付した場合に受け取れる年金額はいくら?

4.1 年金の計算方法は?

4.2 年金を10年間納付した場合に受け取れる額~シミュレーション~

4.3 年金を多く受け取るためにはどうしたら良い?

4.4 10年だけ払って後は払わない!ってことはできるの?

5.年金の受給資格が10年になることのメリットやデメリット

5.1 どんなことがメリットなの?

5.2 どんなことがデメリットなの?

5.3 全体的に見た結果

6.年金の基本について

6.1 年金の納付は義務付けられている

6.2 公的年金制度の種類について

6.3 第〇号って?何が違うの?

6.4 年金の受け取りはいつから?

6.5 年金の納付をしないとどうなるの?

7.まとめ

続きを読む

マイナス金利の今だからこそ、「固定金利と変動金利」を正しく理解した上、「保障+α」な生命保険で、確実な資産増を目指しませんか?

明ける見込みが感じられない景気低迷の今、マイナス金利が導入されたことにより銀行預金の金利も軒並み低迷しており、いかにして資産増を図るべきなのか、私たちはその選択を迫られている時だとも、言えるでしょう。

そこで見直していただきたいのが、生命保険による資産増の方法です。

今回は、一生涯の保障を受けつつも貯蓄性の高い終身保険に焦点を当て、いかに資産増を図れるかを見てまいりましょう。

目次

1.固定金利と変動金利とは
1.1固定金利
1.2変動金利

2.生命保険における金利とは
2.1責任準備金とは
2.3積立利率とは

3.生命保険における貯蓄とは
3.1養老保険
3.2終身保険

4.終身保険における貯蓄とは
4.1終身保険の種類

5.無配当終身保険
5.1仕組み
5.2特徴

6.積立利率変動型終身保険
6.1仕組み
6.2特徴

7.変額終身保険
7.1仕組み
7.2特徴

8.外貨建て終身保険
8.1仕組み
8.2特徴

9.低解約返戻金型終身保険
9.1仕組み
9.2特徴

10.資料請求人気ランキング

11.まとめ

続きを読む

もしもの時の強い相棒!就業不能保険を知っておこう!

もしもの時にある生命保険以外に、「就業不能保険」というのがあるのをご存じでしょうか?

これ、今、大注目されている保険なのです。急な病気で働けなくなった場合の「もしも」の相棒がこの保険なのです。

その人気の秘密はたくさん!さっそく、その秘密を見ていきましょう。

目次

1.もしもの時の相棒 就業不能保険とは?

1-1:具体的な内容を知ろう!

1-1-1:基本的な考え方

1-1-2:メリット

1-2:所得補償保険と収入保障保険の違いを知ろう

1-2-1:所得補償保険とは?

1-2-2:収入保障保険とは?

2.就業不能保険に加入した方いいの?

3.就業不能とは?

3-1:就業不能の定義とは?

3-2:対象となる病気(病名とは)?

3-3:受け取れない場合とはどんな時?

4.こんな時は?

4-1:もとの職業に戻れない場合はどうなりますか?

4-2:主婦ですが、就業不能保険に加入できますか?

5.でも、本当に必要なの?

5-1:とくに自営業の方はぜひご検討を

5-2:医療保険などでは対応できないリスクに備える

6.ついに出た!ストレスにも適用した保険

7.比較してみよう就業不能保険

8.まとめ

続きを読む

ここまで変わった確定拠出年金の改正!今だからこそ加入を!

確定拠出年金とはどんなものか知っていますか?

実は、2017年に大きな法改正が実施されまた。

これによって、大きく内容は見直されましたので、対象者もメリットデメリットも大きく異なってきています。

今まで、知らなかった人、対象とならなかった人もここで、この仕組みを知って恩恵にあずかりましょう。

目次

1.確定拠出年金とは?

1-1:確定拠出年金の給付の種類とは?

2.確定拠出年金改正が実施されました

2-1:大改革の内容とは?(個人)

2-2:大改革の内容とは?(企業)

2-3:大改革の内容とは?(金融)

2-4:どんな風に変わったの?

3:大注目のメリット

4. 対象者の拡大について

4-1:どうかわった?対象の考え方

4-2:ここまで範囲が広がった!

4-3:上限の整理

5.税制上の優遇措置

6.受給(給付の種類)

6-1:受取の書類について

6-2:受給条件について

6-3:受給方法について

7.企業型と個人型の違い

8:まとめ

続きを読む

不妊治療保険に入るべきなの?不妊治療にかかる費用って?

不妊治療を行うことを決意した時に気になるのは、どうしてもどのくらいの金額がかかるのかということですよね。

いつ治療が終わるのか明確に分からないのに加え、無事に子どもが出来たら更に費用がかかるから、できるだけ抑えておきたいと思っている方も多いのではないでしょうか。

これまで、不妊治療には民間の保険がなかったため、実費や、自治体からの助成制度のみで費用をまかなってきました。しかし、2016年から民間でも不妊治療保険を扱うことができるようになり、今非常に話題になっています。

この記事では、まずはこれまでも使えた助成制度とはどのようなものなのか、そして、この度作られた国内初の不妊治療保険である、シュシュとは一体どういった保険なのかということをご紹介していきたいと思います。

目次

1.不妊治療って一体どのような治療法の事をいうの?
1.1タイミングの指導を受け自力で受精するタイミング法
1.2薬によって排卵を促す排卵誘発
1.3射精をお手伝いする人工授精
1.4子宮の外で行う体外受精
2.不妊治療には一体どのくらいの金額がかかるの?
2.1健康保険適用外のものが多く高額になりやすい
2.2医療機関によって金額は変動する
2.3治療法によって金額は変わってくる
3.健康保険では不妊治療費は適用されるの?
3.1不妊の検査はたいてい適用される場合が多い
3.2不妊治療費でも場合によっては適用される
3.3受精費用などは適用されない
4.不妊治療費を浮かせる助成制度って一体どんなものがあるの?
4.1国からの支援による不妊に悩む方への特定治療支援事業制度
4.2自治体ごとに独自の不妊助成制度
4.3払いすぎた医療費は医療費控除によって戻ってくる場合もある
5.2016年から開始された民間の不妊治療保険って一体どういったものがあるの?
5.1国内初の不妊治療保険である日本生命保険「シュシュ」
5.2個人では加入できない東京海上日動火災保険不妊治療費用等補償保険
6.日本生命保険のシュシュって一体どんな不妊治療保険なの?
6.1シュシュの保障内容は不妊治療に特化している
6.2今までになかった保険からのサポートを受けることができる
6.3すぐに保障を受けられるわけでもない
7.不妊治療保険に入る時に注意しておきたいポイントって?
7.1不妊治療保険だけに加入することは難しい
7.2契約してすぐに保障を受けられるわけではない
7.3様々な部分に制限がある
8.まとめ

続きを読む