自動車保険の基礎知識を徹底解説!今さら聞けない事もこれで解決

自動車を所有している方であれば、大半の方は自動車保険に加入しているでしょう。

しかし、自動車保険をしっかりと理解している方はどれほどいらっしゃるでしょうか。

「車を買ったから自動車保険に入った」と言う方でも、「車屋さんに言われたから」や「車を買ったら自動車保険に入るものでしょ?」と言う方も多く、事故や故障の時はもちろん、その保険の内容から、ロードサービスの事など意外に知らない事も多いのではないでしょうか。

また、「ずっと解らない事が有ったけど、今さら聞けないな・・・」と困った事など無かったですか?

実は知っているつもりでも、知らない事の方が多いのが自動車保険と言われています。

この記事では、元保険屋さんである私が、出来るだけ解りやすく自動車保険の基礎から解説します。

「そんなこと知っているよ!」言う本当の基礎的な所から、意外に知らなかったと言われることまで解説しますので、この記事を読んで自動車保険について確認し、事故が起こった時にも困らないようにし、そして保険料の節約なども出来るようにしてみましょう。

 

目次

1.自動車保険の基礎

1.1対応車種

1.2補償範囲

1.3自動車保険の等級とは

1.4保険料の算出方法

1.5自賠責保険と任意保険の違い

 

2.車両保険

2.1一般条件の車両保険(フルカバータイプ)

2.2車対車・限定危険の車両保険

2.3車両保険なし

2.4特約について

 

3.賠償責任

3.1賠償責任とは

3.2対人賠償責任

3.3対物賠償責任

3.4その他の賠償責任

 

4.傷害(自身のケガの補償)

4.1人身傷害保険

4.2搭乗者傷害保険

4.3無保険車傷害特約

 

5.加入後の諸手続き

5.1車を買い替えたとき

5.2補償範囲の変更

5.3事故を起こした場合

5.4ロードサービス

 

6.自動車保険を安くする方法

6.1車両保険の見直し

6.2補償範囲の確認

6.3裏ワザ

 

7.自動車保険の違い

7.1代理店系商品

7.2ダイレクト系商品

 

8.まとめ

続きを読む

学資保険おすすめランキング5選!学資保険には加入すべき?

子供の将来を考えるなら、しっかりとチェックしたい学資保険。

学資保険は気になるけど、実際のところ加入すべきなのか?加入するならどこがおすすめなのか?など、学資保険についての疑問をお持ちの方は少なくないと思います。

実際、学資保険については税金なども関わってくるので、普通に貯蓄した方が良いかも?という意見も少なくありません。

しかし!この記事では、学資保険の基本的な部分や抑えたいポイント、おすすめの学資保険まで解説しているので、この記事を読めばきっと学資保険について掴めるはずです!

 目次

    1.学資保険って何?学資保険をおさらい!

        1.1 学資保険とは?

        1.2 学資保険って必要なの?

        1.3 こども保険と同じ?

 2.学資保険にも種類がある!

    2.1 学資保険にも種類があった! 

          2.2 貯蓄型

          2.3 保障型

 3. 学資保険を選ぶなら3つのココが重要!

        3.1 一つ目【返戻率】

        3.2 二つ目【保障】

        3.3 三つ目【特約】

 4.おすすめの学資保険5選!

       4.1  終身保険RISE

       4.2  ソニー生命の学資保険

      4.3 明治安田生命つみたて学資

      4.4 JAのこども共済

      4.5 ニッセイの学資保険

 5. 学資保険はおすすめできない?

         5.1 学資保険がおすすめできないのか?

         5.2 必要のない人はこんな人

         5.3 おすすめできるのはこんな人

6.学資保険の落とし穴!?税金と学資保険

       6.1 学資保険には税金がかかります

      6.2 税金の計算方法

      6.3 実際に課税されるケースは少ない

    6.4 生命保険料控除もチェックしたい

 7.まとめ

続きを読む

知らないと大変!公的年金と個人年金の控除とその仕組み

老後の蓄えとして、若いうちから積み立てていく年金。

この年金には公的な物と私的なものとがあります。

誰もがお世話になるのは公的なもの。でも、積み立てた金額 イコール もらえる金額でない事をご存知でしょうか?

実は、積み立てて受け取る際には税金がかかります。

この仕組みを知っておくことは、老後になった際に本当に受け取れる金額、つまり実収入金額を知る事になります。

実は、これがないと私的に蓄えておく必要のある金額が不明。結果として、老後資金が足りないという事態を生じさせてしまします。

これでは、せっかく一生懸命に働いてきた意味がありません。

そこで、今回は公的年金に絞り実際に手元に入る金額がどの程度なのか?どんな仕組みになるのかを見ていきましょう。

ここでご紹介する内容は、年金控除に関する概要でしかありません。まずは、その内容を知る事から始めていきましょう。

目次

1:年金控除とは

2:公的年金にかかる税金とは?その仕組みとは?

2-1:公的年金について

2-1-2:所得税について

2-1-2:住民税について

2-2:個人年金保険の税金(公的年金以外の年金に掛かる税金)

2-3:財形年金の税金

3:課税と非課税

4:年金控除 確定申告

4-1:年金控除 確定申告

4-2:年金受給者の負担を減らす「確定申告不要制度」とは?

5:参考1)公的年金と副収入の関係

 参考2)年金受給の高齢者と扶養家族に関する特例を見ておこう

6:まとめ

続きを読む

介護に掛かる費用と現実。知らないと危険な介護費用の基礎知識

いつか必ず、誰にでも訪れる老後の生活。老後は自由に、気ままなスローライフを…と思っている方も多いのではないでしょうか?

しかし、思った通りの楽しい生活が過ごせる方ばかりではありません。

どうしても、ついてくるのが健康の問題。そう介護の問題は、今まさに社会のテーマ!まだ、考え始めるには少し早いとか、自分とは関係ないと思っていませんか?

でも、数年後、数十年後には必ず訪れる問題です。

今回は、保険の仕組みから公的、そして民間の保険制度についてもご紹介いたします。今からできる準備が何かを見つけてください。

そして、家族も自分の楽しめる生活を手に入れましょう!まずは、その為に介護について知る事からはじめていきましょう。そこから、今後の自分や家族の為に何が出来るかを整理していく事が大事です。

まずは、基本的な事柄から整理していきましょう。そこから、今後の対策を立てるのが大切です!

目次

1:要介護認定基準について知ろう

  1-1:要介護認定基準の目的は?

  1-2:要介護認定基準の「基準」はどんなもの? 

      1-2-1:要介護認定等基準時間

      1-2-2:要介護認定等基準時間の分類

      1-2-3:要介護状態の状態像

  1-3:要介護認定を受けるにはどうすればいい?

2:要介護認定の流れ

  2-1:申請

  2-2:認定調査

  2-3:介護認定審査会での審査・判定(二次判定)

  2-4:自治体(市区町村)による認定

  2-5:認定基準を変更する際には?

3:要介護認定基準と介護保険

  3-1:要介護認定の基準の違いによる保険給付額の違い

  3-2:民間の介護保険はどのような保障がある?

  3-2-1:公的介護保険と民間の介護保険の違い

  3-2-2:民間介護保険のメリット

4:もしも要介護となったら

  4-1:介護の実情と費用

  4-2:介護期間

5:老後の備えに民間の介護保険は必要か

6:今から考えておくべきお金の備えと対処法

7:老後の備えに民間の介護保険は必要か

8:まとめ

続きを読む

40代におすすめするがん保険とは?保障内容を含め解説します

「40代におすすめのがん保険って何だろう?」と思いませんか?

40代になり、様々な病気のリスクが現実的な問題となり、その中でも「がん」は3人に1人が疾患する病気と言われ、その治療には高額な費用が掛かると言われています。

そんな中で、子供の教育費などお金のかかる世代でもある40代では、どのように「がん」に備えれば良いのか悩んでいる方も少なくないのではないでしょうか。

この記事では、そんな40代の方にどのような保険で「がん」に備えれば良いのかを基本的な所から解説していきます。

考え方は人それぞれですが、保険選びのヒントになれば良いと思います。

 

目次

1.がん保険とは

1.1がん保険の種類

1.2保険料の違い

1.3考え方

 

2.がんとは

2.1がんの種類

2.2がんの治療方法

2.3その他

 

3.がん保険の選び方

3.1保障内容で選ぶ

3.2保険料で選ぶ

 

4.保険商品の紹介

4.1アフラック(新生きるためのがん保険Days)

4.2オリックス生命(がん保険Believe)

4.3損保ジャパン日本興亜ひまわり生命(勇気のお守り)

4.4チューリッヒ生命(終身ガン治療保険プレミアム)

4.5マニュライフ生命(こだわりガン保険)

 

5.40代におすすめの商品とは

5.1新たにがん保険に加入する方

5.2すでにがん保険に加入している方

5.3その他の場合

5.4女性におすすめの保険

 

6.その他の保険

 

7.まとめ

続きを読む

がんベスト・ゴールドαはおすすめなのか?抑えたい3つのポイント

気になるけど、加入に踏み切れない「がんベスト・ゴールドα」。

がん保険は入っておきたいし、がんベスト・ゴールドαの何が良いのか、何がだめなのかなど、具体的に気になる点が沢山ありますよね。

がん保険に加入する際は、一時金や入院・通院に対する保障などや保険料などを天秤に掛けて、自分に合ったがん保険なのか?という事を、しっかりと考慮する必要があります。

しかし!この記事を読めば、がんベスト・ゴールドαのメリットやデメリットはもちろん、年齢別・性別別の保険料なども解説しているので、がんベスト・ゴールドαに関する疑問はパパっと解決出来ます!

目次

 1.がんベスト・ゴールドαってどんな保険?

        1.1 そもそもがん保険とは?

        1.2 医療保険との違い

        1.3 がん保険の種類

       1.4  がんベスト・ゴールドαはこの種類 

 2. がんベスト・ゴールドαの保障は?

       2.1  がんベスト・ゴールドαの主契約

      2.2  がんベスト・ゴールドαの特約

      2.3   がんベスト・ゴールドαのタイプ

 3.がんベスト・ゴールドαの抑えたい3つのポイント

       3.1 初めに注目したいのは一時金

       3.2 通院や入院保障 

       3.3 抗がん剤治療や放射線治療も

 4.保険料はどのくらいになりそう?

      4.1 保険料はやっぱり重要!

      4.2 男性の年齢別のシミュレーション

      4.3 女性の年齢別のシミュレーション

 5.他の保険とも比較したい!

          5.1 実は旧商品の方がいい?

          5.2  旧商品と がんベスト・ゴールドαの比較

          5.3  がんベスト・ゴールドαと勇気のお守りの比較

 6.がんベスト・ゴールドαに加入できる?

    6.1  がんベスト・ゴールドαに加入出来るか不安

    6.2 告知書で大体分かる!

        6.3 がん保険は加入しやすい

 7. がんベスト・ゴールドαの総合評価!

        7.1 がんベスト・ゴールドαの早見表

        7.2 がんベスト・ゴールドαは結局おすすめ?

 8.まとめ

続きを読む

学資保険って何!?その特徴とメリット・デメリットを詳細解説!

学資保険は、お子さんの教育資金の確保を目的とした保険です。こちらに加入を検討する保護者の方々もたくさんいらっしゃることでしょう。

お子さんたちの健やかな成長と充実した教育のために、この保険に加入し、お子さんが一定の年齢になるまで資金を積み立てていきます。

現在では大学の入学もさほど難しくはなくなり、大学進学を想定して早期の備えが求められます。

ただし、学資保険もいろいろなタイプがあり商品数も多く、どのような保険を選ぶか迷われるかもしれません。

また家庭の事情によっても加入する保護者を誰にするか、受取人は誰にするかを検討すること、保険料の払込をお子さんが何歳の時までに完了するか、満期金等の受取はいつにするかも、決定した上で加入しなければいけません。

そこで今回は、お子さんが進学するにつれて教育資金は概ねどの位かかるのかを検討した上で、学資保険の特徴、メリット・デメリット、注意点等を説明します。

この記事を読めば、学資保険の基本的な知識を得ることができ、学資保険選びの有効な参考資料になることでしょう。

目次

1.学資保険について

  • 1-1.学資保険とは
  • 1-2.学資保険の特徴
  • 1-3.学資保険のメリット・デメリット

2.学資保険を活用しよう!

  • 2-1.高校卒業までの学習費の現状
  • 2-2.大学・短期大学の学習費の現状
  • 2-3.学資保険選びのポイント

3.学資保険のプラン選択

  • 3-1.学資保険には「貯蓄型」と「保障型」がある
  • 3-2.貯蓄型学資保険とは?
  • 3-3.保障型学資保険とは?

4.学資保険の加入、払込と受取について

  • 4-1.学資保険の加入のタイミングはいつ?
  • 4-2.学資年金の払込は何歳で完了する?
  • 4-3.学資保険の受取のタイミングについて

5.学資保険の注意点

  • 5-1.学資保険は保護者の誰が加入すべき
  • 5-2.受取人の指定は慎重に
  • 5-3.受け取りの方法にもご注意を!

6.学資保険の商品の紹介

  • 6-1.フコク生命「学資保険 みらいのつばさ」
  • 6-2.ソニー生命「ソニー生命の学資プラン」
  • 6-3.かんぽ生命「学資保険 はじめのかんぽ」

7.まとめ

続きを読む

学資保険の満期を迎える場合の、確定申告の仕方教えます!

お子さんの誕生を機に、将来の教育資金を見据え、学資保険に加入される方は決して少なくありません。

少子化と言われながらも、待機児童などの問題を抱える昨今、子供の教育にかかる資金は、塾や予備校などの学外での教育施設の利用などで、増加傾向にあります。

そこで活躍してくれるのが前述の学資保険なのですが、契約内容や受取金額などにより、課税対象となることをご存知でしょうか。

今回は、学資保険の基礎知識や選び方のみならず、課税対象になった場合の確定申告の方法など、学資保険にまつわる様々な情報を、ご一緒に見てまいりましょう。

目次

1.学資保険とは
1.1学資保険の目的
1.2学資保険の特徴

2.学資保険の種類
2.1保障型学資保険
2.2貯蓄型学資保険

3.教育にかかる経費
3.1一般的教育コースにける経費
3.2教育費算出の目安

4.学資保険の選び方
4.1満期日の設定
4.2返戻率の算出
4.3保険料控除の活用
4.4プロが勧める学資保険

5.満期金の税金とは
5.1課税の条件
5.2所得税の算出
5.3贈与税の算出

6.確定申告前の準備
6.1事前準備(所得関連書類)
6.2事前準備(控除関連書類)

7.確定申告の流れ
7.1申請書の選択
7.2作成方法

8.まとめ

続きを読む

どうみる!?がん保険ランキング!ポイントを徹底解説いたします!

がん保険に加入しようと思った時、まずは、がん保険のランキングをチェック!という方も多いのではないでしょうか?

さくっと検索すれば、おすすめランキングや人気ランキングに、瞬時にアクセス!なんて、本当に便利な時代ですよね。

でも、ランキング上位のものが、本当に、自分の探していたものがどうかは、また別の問題ですよね。

もしかしたら、ランク外でも良いものがあるかも・・・?

考えだすと、本当にきりがなくなってしまいます。

今回は、がん保険での、おさえておくべきポイントと、常時がん保険のランキングにランクインしている、人気のがん保険商品を解説していきます。

すっきりお悩みを解決して、是非、がん保険のランキングを参考にしつつ、自分にぴったりのがん保険をチョイスできるようになりましょう!

目次

1.がん保険って?

2.がん保険の「基本」!
2.1がん診断給付金
2.2がん入院給付金
2.3がん先進医療特約
2.4がん手術給付金
2.5がん通院給付金

3.がん保険のポイントって?

4.朝日生命 スマイルセブンα
4.1保障内容はどうなってる?
4.2払込免除はある?
4.3診断給付金はいくら?
4.4通院保障はある?
4.5上皮内新生物は?
4.6年代別保険料は?

5.チューリッヒ生命 終身保険プレミアム
5.1保障内容はどうなってる?
5.2払込免除はある?
5.3診断給付金はいくら?
5.4通院保障はある?
5.5上皮内新生物は?
5.6年代別保険料は?

6.オリックス生命 がん保険Blieve[ビリーブ]
6.1保障内容はどうなってる?
6.2払込免除はある?
6.3診断給付金はいくら?
6.4通院保障はある?
6.5上皮内新生物は?
6.6年代別保険料は?

7.まとめ

続きを読む

がん保険の「安い」「おすすめ」とは?適正価格でがん保険を選ぼう!

生命保険や医療保険をはじめ、がん保険などに加入を考える場合に、何を基にその保険を選びますか?

「欲しい保障があるから」と明確に理由があり、またその保険料が適正かどうかを判断できる人は、ごく僅かだと思います。

多くの方は、「保険料が安い」「有名な保険会社だから」「友人・知人や親・親戚に勧められるまま」など明確な理由もなく、ただ何となく保険に入っている方も多いのではないでしょうか。

保険と言うモノは、形が無く、死んだときや病気になった時でなければ、その効果を期待できない商品であり、非常に適正な価格が解りづらいがゆえに、保険に加入する際にも「安いのが良い」などの言葉が先行して出てしまうのです。

保険代理店をしていた立場でも、保険の必要性を説くのですが、最初は「安くて良いものが欲しい」と言われることが多かったのが事実です。

しかし、当初は月々2,000円でも高いと言っていたお客さんが、最終的には月々1万円以上の保険に加入する事も珍しくありませんでした。

それでは、なぜこのように意見が変わるのか、感覚が変わるのかを、がん保険の必要性などを交えて説明していきます。

 

目次

1.がんとは

1.1がんの種類

1.2治療方法

1.3治療に掛かる費用

2.がん保険とは

2.1がん保険の種類

2.2がん保険の保障内容

2.3がん保険の必要性

3.がん保険の選び方

3.1保障別の選び方

3.2保険料別の保険の選び方

3.3男女別の保険の選び方

4.商品の紹介

4.1オリックス生命(がん保険Believe)

4.2損保ジャパン日本興亜ひまわり生命(勇気のお守り)

4.3アフラック(生きるためのがん保険Days)

4.4チューリッヒ生命(終身ガン治療保険プレミアム)

4.5メットライフ生命(ガードエックス)

4.6FWD富士生命(新がんベストゴールドα)

4.7マニュライフ生命(こだわりのガン保険)

5.商品の比較

5.1保障内容の比較

5.2保険料の比較

6.がん保険の考え方

7.まとめ

続きを読む

学資保険って税金がかかるの!?課税されるケースを詳細解説!

お子さんの教育資金の確保を目的とした保険である学資保険、こちらに加入する保護者の方々もいらっしゃることでしょう。

お子さんたちの健やかな成長と充実した教育のために、早いうちから保険に加入し、コツコツと資金を積み立てていきます。

現在では大学が入りやすくなり、大学進学に向けての早期の備えの充実が求められます。

ただし、学資保険で受け取る給付金は、場合によって税金がかかってしまうことをご存じでしょうか?

ある条件に該当してしまうと、所得税では「一時所得」、「雑所得」や贈与税の課税対象になることがあります。

課税対象になってしまった場合には、税務署へ申告しなければなりません。

課税対象と後からわかって大騒ぎをしないように、今回は学資保険について課税される条件、課税されるかどうかを判断する計算方法を説明します。

この記事を読めば、学資保険の特徴と税金について基本的な知識を得ることができるはずです。

目次

1.学資保険について

  • 1-1.学資保険とは
  • 1-2.学資保険の特徴
  • 1-3.学資保険のメリット・デメリット

2.学資保険は税金がかかる?

  • 2-1.「お祝い金」と「満期金」とは?
  • 2-2.返戻率とは何?
  • 2-3.問題は誰がお金を受け取るか

3.学資保険にかかる税金その1

  • 3-1.学資保険の運用でお金が増えたのは良いけれど・・・
  • 3-2.一時所得とは?
  • 3-3.一時所得の計算式と事例

4.学資保険にかかる税金その2

  • 4-1.学資年金で受け取ると課税対象
  • 4-2.雑所得とは?
  • 4-3.雑所得の計算式と事例

5.学資保険にかかる税金その3

  • 5-1.受取人が子でも課税!?
  • 5-2.贈与税とは?
  • 5-3.贈与税の計算式と事例

6.学資保険と申告

  • 6-1.実際に課税されるケースは少ない
  • 6-2.確定申告・年末調整とは?
  • 6-3.確定申告・年末調整のやり方

7.まとめ

続きを読む

がん治療の分からない絶対チェックしたい3つのポイント!

考える事が山積みのがん治療。

治療方法やがんの治療費の事、がん保険の事など、がんの治療について考え出すと、止まらないですよね。

とは、言ってもがんに掛かる治療費は100万円を超えるとも言うし、考えないわけにもいかないです。

しかし!この記事ではがんの治療法のことや治療費はもちろん、おすすめのがん保険についてもご紹介しているので、がん治療に関する疑問は一発解決です!

目次

  1. がん治療は難しい事だらけ!

   1.1 がん治療は様々な治療法がある

   1.2 部位によっても異なる治療法

   1.3 それでも、絶対チェックしておきたい訳

  1. がんの治療内容は?どんな感じ?

   2.1 がん治療は三大治療が中心

   2.2 手術

   2.3 抗がん剤治療

   2.4 放射線治療

  1.   がん治療はどうやって進む?流れは?

   3.1 がん治療は診断から

   3.2 治療はこうやって決まる

   3.3 再発させないための治療

  1. 高額!?がんの治療費はどのくらい?

   4.1 がんの治療費は一筋縄ではいかない

   4.2 がんの部位別の治療費

   4.3 ステージによっても上下する

  5. がんの治療費の自己負担は?公的な保障についても

   5.1 がんの治療費はこうやってカバーする

   5.2 高額療養費制度と公的な保障

   5.3 民間のがん保険も外せない訳

  1. がんを治療しない!という選択肢も?

            6.1 がんを治療しなくて大丈夫?

     6.2 がんを治療しないという選択肢はあり?

    6.3 最新のがん治療についても!

       7まとめ

続きを読む

肺がんの検査費用はいくら掛かる?検査や費用の抑え方をやさしく解説

肺がんは、死亡数が多いガンだとは知っていても、その検査方法などはよく知られていなかったりします。

例えば、要精密検査に引っかかることは何を意味するのかなど、勘違いされていることも多々あります。また、費用の抑え方についてもあまり知られていなかったりします。

そこで、まず初めに知っておくべきがんの知識を解説し、次にがんの検査を段階別に分けて、それぞれの検査の意味を分かりやすくご紹介します。

また、検査を受けるにあたって、その費用を抑えるための工夫や、自分で探して検査を受ける場合についてもご紹介します。

肺がんにしっかりと対策するには、やはりがん検診などを受けることが欠かせません。なので、この記事を読んで、ぜひ肺がんの検査について考えてみるようにしてください。

目次

1.肺がんについての基礎知識

  • 1.1.そもそもがんって何?
  • 1.2.肺がんの分類
  • 1.3.肺がんの要因となりやすい人
  • 1.4.肺がんの初期症状

2.がん検診のメリットとデメリット

  • 2.1.メリットについて
  • 2.2.デメリットについて

3.肺がんの検査の種類と流れ

  • 3.1.異常を発見するための検査
  • 3.2.肺がんと確定するための検査
  • 3.3.治療方針を決めるための検査

4.がん検診の費用を抑える公的制度など

  • 4.1.保険適用はあるの?
  • 4.2.自治体毎に行っている検診に行く
  • 4.3.がん検診無料クーポンを使う
  • 4.4.がん検診補助制度があることも

5.要精密検査となった場合は?

  • 5.1.保険適用はあるの?
  • 5.2.がん検診を受けた病院での費用
  • 5.3.がん検診とは違う病院での費用

6.自分で探して検査をうける場合の費用について

  • 6.1.費用の一例
  • 6.2.PET検査って何?
  • 6.3.病院の探し方について

7.まとめ

続きを読む

抗がん剤費用の平均を正しく知って、将来の不安に備えよう!

3人に1人が罹患する可能性があると言われるほど、私たち日本人の死亡要因の上位に、がんは位置するようになりました。

多くの方が「がん=死」と言うイメージを抱いているかと思いますが、早期発見/早期治療や、先進医療の進歩により、その概念は覆りつつあります。

しかしながら、がんに罹患してしまった場合には、根治を目指し治療に臨むわけですが、ここで多くの方が不安を抱きます。

それが、ずばりがんにかかる治療費です。

中でもがん治療に多用されるイメージの抗がん剤ですが、複数回の投与が必要とされていることは、インターネットやメディアなどの情報で、皆さんご存知ではあります。

しかしながら、実際に抗がん剤に掛かる費用を、正確にご存知の方は少ないでしょう。

そこで今回は、がんに罹患してしまった際の、抗がん剤の費用を事前に知っていただくだけでなく、将来のがん費用に関する経済的不安を払拭するための備えについても、ご一緒に見てまいりましょう

目次

1.がんとは
1.1発生メカニズム
1.2部位別に見るがんの種類

2.状態からみるがんの治療
2.1治療方法の種類
2.2局所療法とは
2.3全身療法とは

3.三大療法とは
3.1手術療法の特徴
3.2科学(薬物)療法の特徴
3.3放射線療法の特徴
3.4その他の療法の特徴

4.胃がんとは
4.1胃がんの抗がん剤治療
4.2抗がん剤の治療費

5.肺がんとは
5.1肺がんの抗がん剤治療
5.2抗がん剤の治療費

6.大腸がんとは
6.1大腸がんの抗がん剤治療
6.2抗がん剤の治療費

7.乳がんとは
7.1乳がんの抗がん剤治療
7.2抗がん剤の治療費

8.がん治療費に対する備え
8.1がん治療にかかる医療費
8.2民間保険会社の活用
8.3おすすめのがん保険

9.まとめ

続きを読む

がん治療のための費用はどれくらいになるの?詳細に説明します!

がんは、日本人の死因の実に3割を占める厄介な病気です。そのため、官民をあげてがん治療に関する研究が進められています。

がんには手術療法、化学(薬物)療法、放射線療法等さまざまな治療法があります。しかし、これらの費用はいくらかかるかご存知でしょうか?

がん治療は、多額の金銭的負担が想定されるため、不安に感じている方も多いと思います。

誰でもがん患者になる可能性を有している以上、がんの治療法と費用について最低限の知識は持っておきたいものです。

そこで今回は、がん治療の特徴とその費用についてわかりやすく解説していきます。

この記事を読めば、がん治療の基本的な知識を得ることができ、その費用を賄うためにどんな方法をとれば良いかを判断する、有効な資料の一つとなることでしょう。

目次

1.がん治療について

  • 1-1.がん治療の種類
  • 1-2.公的医療保険は適用されるか?
  • 1-3.高額療養費制度の活用を!

2.胃がんの治療費について

  • 2-1.胃がんとは
  • 2-2.胃がんの治療法
  • 2-3.胃がんの治療費

3.肺がんの治療費について

  • 3-1.肺がんとは
  • 3-2.肺がんの治療法
  • 3-3.肺がんの治療費

4.大腸がんの治療費について

  • 4-1.大腸がんとは
  • 4-2.大腸がんの治療法
  • 4-3.大腸がんの治療費

5.肝臓がんの治療費について

  • 5-1.肝臓がんとは
  • 5-2.肝臓がんの治療法
  • 5-3.肝臓がんの治療費

6.乳がんの治療費について

  • 6-1.乳がんとは
  • 6-2.乳がんの治療法
  • 6-3.乳がんの治療費

7.その他のがん治療に関係する費用

  • 7-1.公的医療保険が適用されない費用とは?
  • 7-2.がん保険とは
  • 7-3.がん保険の可能性

8.まとめ

続きを読む

家財の保険は必要?火災保険の仕組みを知って賢く備えよう!

火災保険と言うと、建物への保険と思っていませんか?

それは間違いではないのですが、賃貸物件に入居するときにも火災保険に加入しますよね。

部屋を借りる時に加入する火災保険の補償の対象は、家財道具への補償になり、火災保険と一言に言っても、建物への補償も有れば、家財道具への補償も有るのです。

そこで、この記事では、家財道具への火災保険に焦点を当てて、その必要性や補償額の決め方などを、元損害保険代理店の立場から、誤解が多かったか所を重点的に説明していきます。

「知らなかった」と後悔する前に、基本的な事を知っておいて、万が一の時に困らないようにしておきましょう。

目次

1.火災保険の基本

1.1建物の補償

1.2家財道具の補償

1.3その他の補償

1.4地震保険

2.家財の保険について

2.1家財道具とは

2.2補償額の目安

2.3補償内容

3.加入方法と変更の仕方

3.1加入の仕方

3.2代理店の変更

3.3保険の見直し方法

4.地震保険

4.1地震保険とは

4.2地震保険の注意点

5.保険商品

5.1保険と共済の違い

5.2商品の比較

6.事故例

6.1落雷による事故

6.2その他突発的な事故

7.まとめ

続きを読む

「がん検診の費用っていくら?」そんな疑問にズバリお答えします!

食生活や生活習慣の変化に伴い、日本人の死亡要因の上位を占めるようになったがんですが、漠然とした恐怖を感じつつも、その実態を詳しく知る機会に恵まれることは早々ありません。

恐怖を感じるからこそ、きちんとがん検診を受けて、「未病による安心感を得たい」「万が一罹患していたとしても、早期発見で根治したい」という思いを、誰しもが抱いていることでしょう。

しかしながらそこでハードルとなるのが、ずばりがん検診の費用です。

定期的な検診を受ける事を、厚生労働省などが呼びかけを行っていますが、必要な費用が分からなければ、二の足を踏んでしまう方も、少なからずいらっしゃることだと思います。

そこで今回は、がん検診の費用やその必要性、万が一にがんを発症した場合の備え方などを、紐解いてまいりたいと思います。

 

目次

1.日本人の死因
1.1死因別死亡者数
1.2主要死因別死亡率の推移

2.がんの罹患データ
2.1部位別に見る罹患者数
2.2罹患予測
2.3死亡数予測

3.がんの種類
3.1部位別に見るがん
3.2男性特有のがん
3.3女性特有のがん

4.がんの治療に必要なお金
4.1治療費
4.2治療費以外の出費

5.がん検診とは
5.1検診と健診の違い
5.2メリット
5.3デメリット

6.がん検診結果データ
6.1肺がん
6.2胃がん
6.3大腸がん
6.4乳がん

7.がん検診の種類と費用
7.1対策型検診
7.2費用
7.3任意型検診
7.4費用

8.がんへの備え方
8.1民間の保険利用
8.2おすすめのがん保険

9.まとめ

続きを読む

安いがん保険でいいかも!?その理由をズバリ解説します!

「やっぱり、がん保険、必要かも」とか「そろそろ、がん保険に入ったほうがいいかも」と思われている方の中には、すでに、医療保険に、ご加入中という方も、多くおられるのではないでしょうか?

理想を言えば、一般的なケガや病気については、医療保険で備えて、がんについては、より専門的な、がん保険で、備えたいところですよね!

でも、万が一に備えるための保険が、家計の負担になってしまう・・・なんてことになると、本末転倒ですよね。

そこで、今回は、安いがん保険について、検討していきましょう。

人生の大きなリスクを回避する術として、最適な組み合わせが導き出きだせるかもしれません!?

この機会に、是非、賢く備える方法を、一緒に探ってみましょう!

目次

1.安いがん保険って?

2.安いがん保険の正体!

3.安いがん保険は「治療費」に注目!?
3.1安いがん保険の保障期間って?

4.安いがん保険が安くなくなる!?

5.安いがん保険でいい理由~その1
5.1がんの治療費に使える公的医療保険!
5.2「高額医療費制度」って?
5.3「限度額適用認定証」って?

6.安いがん保険でいい理由~その2
6.1医療保険でカバーできる?
6.2医療保険ではカバーできない?
6.3医療保険にあって、がん保険にないものって?

7.自分のライフプランを確認してみよう!

8.まとめ

続きを読む

抗がん剤治療の費用は?本当にがんに効果があるの?わかりやすく解説!

主ながん治療の1つに、抗がん剤治療がありますが、その費用はいくらかかるかご存知でしょうか?

がん治療には、多額の費用が掛かると言われているため、不安に感じている方も多いと思います。

私も、不安に感じる一人として、実際に掛かった金額や期間を調べました。

そこで、抗がん剤治療には実際いくらかかるのか、そしてどのような「がん」に対して行うのか、その効果はどれほどあるのかを解説していきます。

この記事を読んで、万が一「がん」になった時に、様々な治療を選べるようにしておきましょう。

目次

1.がん治療について

  • 1-1.がん治療の現状
  • 1-2.がんの三大療法
  • 1-3.がんステージと治療について

2.抗がん剤治療について

  • 2-1.抗がん剤治療とは
  • 2-2.抗がん剤の注意点
  • 2-3.各部位の抗がん剤

3.抗がん剤の費用について

  • 3-1.抗がん剤の費用はどう算出する?
  • 3-2.体表面積とは?
  • 3-3.投薬期間と費用

4.公的医療保険と抗がん剤の費用

  • 4-1.公的医療保険の適用について
  • 4-2.高額療養費の活用
  • 4-3.公的医療保険は万能ではない!

5.抗がん剤治療を受けるためのポイント

  • 5-1.抗がん剤の治療費だけに注目するのは問題!
  • 5-2.抗がん剤治療に関係する費用とは?
  • 5-3.通院のメリット・デメリット

6.がん保険と抗がん剤治療について

  • 6-1.がん保険とは
  • 6-2.抗がん剤治療の強い味方
  • 6-3.抗がん剤治療におすすめがん保険を紹介

7.まとめ

続きを読む

抗がん剤治療の費用は60万円以上!?絶対に知っておきたいその内容!

三大治療の1つである抗がん剤治療。

しっかりと理解した上で、がん保険などで経済的なリスクに備えたいところですが、ややこしく、いまいち概要が掴みにくい治療法ですよね。

「手術」、「放射線治療」のような治療法と比べると、抗がん剤治療は長期に渡る傾向があり、その分お金も掛かるので、がんに備えるならしっかりと理解しておきたいものです。

しかし、この記事を読めば抗がん剤治療の概要はもちろん、抗がん剤治療の費用などについても詳しく解説しているので、そのような疑問を一発解決です!

目次

1.三大治療の1つ「抗がん剤治療」

1.1 がん治療って難しい

1.2 要になるのは三大治療!

1.3 保険を知るなら治療から!

2.抗がん剤治療って何をするの?

2.1 抗がん剤治療の歴史

2.2 抗がん剤治療はこんな時に使う

2.3 抗がん剤治療の種類

2.4 治療期間の目安や副作用

3. がん治療はどうやって進む?がんの治し方

3.1 がんにも種類がある!

3.2 診断から治療まで

3.3 再発させないために

4.がんの治療費を見るにはステージ!

4.1 ステージ 1

4.2 ステージ 2

4.3 ステージ 3

4.4 ステージ 4

4.5 抗がん剤治療は長期に及ぶ

5. 抗がん剤治療やがん治療の保障

5.1 高額療養費制度をチェック!

5.2 後期高齢者と公的な保障

5.3 民間のがん保険の重要性

6.抗がん剤治療をしっかりと保障!おすすめのがん保険

6.1 アクサダイレクトのがん終身

6.2  がん保険ビリーブ

6.3 SBI損保のがん保険(自由診療タイプ)

7.まとめ

続きを読む