【生命保険】掛け捨て型と貯蓄型の正しい選び方

生命保険への加入を考える際に、掛け捨て型にするのか貯蓄型にするのかは、とても重要なことになります。どちらを選ぶかによって、保険料や保障内容にとても大きな違いが出てくるでしょう。

保険料が掛け捨てではもったいないといった感情や、貯蓄は欲しいけど保険料が高いなど、どちらを選ぶべきかは悩むものです。

そこで重要になってくるのが、自分にあったタイプの保険を選ぶことになります。掛け捨て型にするのか貯蓄型にするのかを正しく選ぶことができれば、保険で損をすることはありません。

自分にあった保険を選ばなければいけない理由は、どちらかが絶対に優れた保険だとは言い切れないからです。現にどちらの保険に加入した人からも一定数の不満の声はあります。

この記事では、掛け捨て型と貯蓄型の基本的な違いから、どんな人にどちらが合っているのかまでご紹介します。それぞれどんな保険なのかを理解することで、自分はどちらの保険があっているのかが分かりますので、ぜひご確認ください。

目次

  1. 掛け捨て型と貯蓄型の違い
    1.1 生命保険の掛け捨て型とは
    1.2 生命保険の貯蓄型とは
  2. 掛け捨てタイプの保険
    2.1 定期保険
  3. 貯蓄タイプの保険
    3.1 終身保険
    3.2 養老保険
  4. 【生命保険】掛け捨て型のメリットデメリットを紹介
    4.1 【生命保険】掛け捨てのメリット
    4.2 【生命保険】掛け捨てのデメリット
  5. 【生命保険】貯蓄型のメリットデメリットを紹介
    5.1 貯蓄型のメリット
    5.2 貯蓄型のデメリット
  6. 【生命保険】掛け捨て型、貯蓄型の保険料を比較
    6.1 【生命保険】掛け捨て型の相場
    6.2 【生命保険】貯蓄型の相場
    6.3 それぞれの保険料を比較
  7. 掛け捨てか、貯蓄か、生命保険を選ぶ基準とは?
    7.1 保障の範囲を明確にする
    7.2 保険料を考える
  8. 掛け捨て型と貯蓄型の併用はアリ?
  9. まとめ

続きを読む

生命保険の加入条件とは?保険会社の審査や告知とはどんなもの?

そろそろ生命保険に加入しようかと考えているけれど、健康面に少し不安があって、加入できるかどうかわからないと思っていませんか?

生命保険の加入条件とはどのようなものなのでしょうか。
加入の際に必要な告知と保険会社の審査についても詳しく説明しますので、今まで健康面で諦めていた方や、審査内容が解らず不安を覚えていた方でも、この記事を読んで安心して保険を申し込めるようになっていただければと思います。

目次

1. 生命保険と加入条件
1.1 生命保険は助け合いで成り立っている
1.2 生命保険に加入できないケースも
1.3 生命保険の引き受け基準って?

2. 病気でないけど生命保険に加入できる?
2.1  肥満
2.2 職業
2.3 無職
2.4 妊娠
2.5 過去5年以内の入院・手術歴

3. 持病がある場合は生命保険に加入できるのか
3.1  高血圧など生活習慣病
3.2 体の一部
3.3 うつ病

4. 持病がある場合に加入できる生命保険
4.1  引受基準緩和型
4.2 限定告知型
4.3 無告知型
4.4 無選択型

5. 生命保険の審査とは
5.1  健康状態の審査
5.2 職業の審査
5.3 倫理上の審査

6.  生命保険の審査に必要な告知とは
6.1 告知書の概要
6.2 告知書の主な質問事項
6.3 審査結果が悪くてもがっかりしないで

7.  告知義務違反
7.1 契約解除
7.2 告知義務違反が発覚するきっかけ
7.3 うっかり告知義務違反をした場合どうするか

8. まとめ

続きを読む

『掛け捨てじゃない保険は損?得?』元保険外交員が損する人と得する人を徹底解説!

掛け捨てじゃない保険(保障+貯蓄)と掛け捨ての保険は何度も話題に出るように、どちらが良いのか悩みますよね。

ネット情報でも『掛け捨てじゃない保険は損』とか、『保険料に安い掛け捨ての保険の方がお得』と書かれていますが、果たしてそれは本当なのか?

また、貯蓄を目的とした場合、銀行で貯金するのと掛け捨てじゃない保険で貯蓄するのとではどちらが得をするのでしょうか?

保険というのは基本的に、年齢や家族構成以外にも考え方によっても変わってくるのです。

掛け捨てが損すると思う人もいれば、掛け捨てじゃない保険が損をすると思う人もいるという事です。

ここでは、自分に合うのが掛け捨てなのか掛け捨てじゃないのか、また自分の考え方はどちらなのか悩んでいる人に、元保険外交員が損する人・得する人を解説していきます。

効率よく掛け捨てじゃない保険と掛け捨ての保険を使い分けるポイントや比較など情報満載!

少しでも保険料を無駄にしないために、この記事を参考にしていただけると嬉しいです。

目次

1.掛け捨てじゃない保険とは?
1.1.掛け捨ての保険と掛け捨てじゃない保険の違い
1.2.掛け捨てじゃない(保障+貯蓄型)保険の種類

2.掛け捨てじゃない(保障+貯蓄型)保険のメリット
2.1.貯蓄ができる
2.2.銀行で貯蓄するよりも増える
2.3.終身保険の場合、病気になっても保障が続きます

3.掛け捨てじゃない(保障+貯蓄型)保険のデメリット
3.1.保険料が高い
3.2.見直しがしづらい
3.3.途中で解約すると損してしまう

4.掛け捨てじゃない保険(貯蓄型)保険で損する人
4.1.大きな保障が必要な人
4.2.短期間で解約する可能性のある人
4.3.貯蓄する必要がない人

5.掛け捨てじゃない(貯蓄型)保険で得する人
5.1.貯蓄もしたい人
5.2.長い期間解約する予定のない人
5.3.必要な保障額が少ない人

6.掛け捨てじゃない保険は本当に損をするのか?
6.1.生命保険の損得勘定とは?
6.2.目的に合わせて決めましょう
6.3.仕組みについての違いを知ることが大切です

7.組み合わせることで損することなく合理的にできます
7.1.掛け捨ての良さと掛け捨てじゃない保険の良さを組み合わせましょう
7.2.家族構成や年齢によって使い分けましょう
7.3.再度目的に合っているか確認しましょう

8.まとめ

続きを読む

プロが選ぶ生命保険ランキング最新のおすすめ保険はこれだ!

生命保険というものは言わば加入して実際に給付金が手元に届くまで目に見えない、
つまり病気やケガしてみて初めてお金を手にすることが出来るという商品といえます。

確かに、新しく保険に加入する前に、迷う理由として、

「病気やケガをしても本当にお金がいくら貰えるのか分からない保険に高いお金をはらうのはちょっと・・・」

「知らない人から加入しても本当に大丈夫?会社の知名度は?」

「若いうちは病気にならないし、ケガも気を付けていたら大丈夫だから」

「いざとなったら貯金を崩せばいいわ」

「私は高齢だし、持病があるからもう保険には加入できないわ」

という方もいらっしゃいますね。

ですが、現状で安心されている方の中には、

「知り合い(もしくは親戚)のすすめで加入したから新たに加入しなくてもいいわ」

「興味が無いからどの保険も入らなくていい」

などの理由で、断った、もしくは放置しているという方もいらっしゃることでしょう。

今より良い生命保険に出会う為には、まず今現在の収入と支出のバランスを把握して、信頼の置ける保険会社のプロに相談して下さい。きっと良い解決策を見出してくれることでしょう。

実は、保険会社の営業職員は、入社時に厳しいテストを合格した人のみが保険会社に入社することが出来ます。

そして、全員が内閣総理大臣に認定されなければ保険商品の販売を行ってはならない決まりになっています。入社後も各社の商品知識を高める為に厳しいテストが実施され、日々社員は勉強しながら営業を行っているのです。

保険会社各社では、良い商品は他社のものであっても、すぐに話題に上り、どのような点が優れていてどのような特徴のある商品なのかをランキング形式で分析されて社員に情報が開示されています。

そのような理由から、保険関連の法律では、常に相手の立場に立った上で商品を紹介することが義務付けられています。そして、保険は他の金融商品同様、法律でしっかり守られています。

実は、今年の4月に、保険業界の標準利率が下がったことで、新たな保険に加入する前に少し慎重を要する時といえます。現在の状況下では、貯蓄型でかつ利率の良い保険商品を探すことは至難の業とも言えるでしょう。

保険会社には、必ず保険のプロ「FP(ファイナンシャルプランナー)」が存在します。このような社会情勢でも、FPは国家資格取得者ですので、柔軟にニーズに沿った提案をしてくれますので、安心して相談してより良い保険に出会えるようにしてください。

目次

1.プロが選ぶ生命保険の種類・内容別ランキングとは?

1.1 生命保険の仕組みと基礎知識

1.2 生命保険商品の種類について

1.3 生命保険商品の内容について

2.生命保険のプロが選ぶランキングには理由がある?

2.1 国内大手保険会社と外資系保険会社とランキング

2.2 価格は保障内容に比例する?

2.3 終身型と定期保険ではどちらがお得?

3.生命保険のランキングについてプロが解説!

3.1 価格別ランキング

3.2 保障内容別ランキング

3.3 どこに重きを置くかによって選ぶ内容も変わる?

4.生命保険のプロはここをチェックしてから選んでいます!

4.1 あなたの本当に必要な生命保険は?

4.2 あなたの同居されている家族構成は?

4.3 現在、収入と支出のバランスが取れているか

5.生命保険のプロ「FP」はランキングを意識した提案を行っている?

5.1 FPとじっくり話し合ってライフイベント表を作成してみよう

5.2 現在加入中の保険の内容を再確認しよう

5.3 FPがおすすめする生命保険とその理由

6. プロは生命保険各社の商品とそのランキングを毎日リサーチしています!

6.1 まずは各社の最新の商品とその特徴を知る

6.2 自分と家族の必要保障額を計算してみる

6.3 各社の最新人気ランキングデータを参考にしてみよう

7.生命保険各社の商品のメリットとデメリットについて

7.1 保険会社各社の財務体制の健全性を見抜くポイントとは?

7.2 主契約と特約の内容とリスク

7.3 健康上の問題等があっても入れる保険も存在する?

8.まとめ

8.1 プロの意見を参考に、自分でも生命保険を調べてみよう

8.2 自分でランキング表を作成してみよう

8.3 加入前にプロの選んだ生命保険とじっくり見比べて決断しよう

続きを読む

貯蓄型保険・インフレ時に加入してもダメ?銀行貯金との比較

皆さん『貯蓄型保険』に期待することは?

と、問われれば間違いなく「死亡保障金を貰わなくても、お金が積立てられて無駄にならないから」と答えるでしょう。

本当にそうでしょうか?!

お金を貯めるなら銀行預金の方が、便利で安心と言う理由で「生命保険」と「貯蓄」は切り離して、行動している方も多くいらっしゃいます。

いえいえ、これも本当にそうでしょうか?!

世の中の個人消費は減り、円の相場も落ち着かず、経済情勢が低迷していると言われている昨今、保険にも貯金にもお金を投入するのは、あまり得策ではない気もすると言われる方もいます。

しかし一方では、少しずつ景気回復の兆しもあるとか無いとか。

今回は、インフレでもデフレでも『貯蓄型保険』の得と損を理解した上で、銀行預金と比較し、賢い生命保険のかけ方を探ってみたいと思います。

目次

  1. どんなのがある?貯蓄型保険
    1-1貯蓄が出来る保険概要
    1-2貯蓄型-死亡保障
    1-3貯蓄型-学資保険
    1-4貯蓄型-外貨
    1-5貯蓄型-個人年金
    1-6貯蓄型-養老保険
  2. 貯蓄型保険・お金が貯まるシミレーション
    2-1解約返戻率の解説
    2-2低解約返戻金型の解説
    2-3解約金・モデルケース
  3. 保険料の払い方で得をする
    3-1一時払い・全期前納では
    3-2年払い・半年払い・ボーナス併用払いでは
  4. 『貯蓄型保険』は利率『銀行預金』は利回りその違い
    4-1貯金利回り
    4-2保険利率
    4-3インフレだと
    4-3退職後の備え・貯蓄型保険って?
    4-4自営業貯蓄より貯蓄型保険?
  5. 貯蓄型保険の損/得
    5-1『貯蓄型保険』元本割れ
    5-2『税金』節税・控除
    5-3学資保険・貯蓄型子供保険は損?
  6. 『貯蓄型保険』のこれからは?
    6-1保険の本音?・逆ざや
    6-2貯蓄型保険・なくなる?
  7. 『貯蓄型保険』おすすめ
    7-1『貯蓄型保険』メットライフ生命
    7-2『貯蓄型保険』フコク生命
    7-3『貯蓄型保険』明治安田生命
  8. まとめ

続きを読む

年金受給資格の期間短縮でどんな効果があるの?またそのメリットやデメリットって?

これまで年金受給期間は、25年と定まっていました。しかし、平成29年の9月から、国民全員が加入している国民年金より、老齢基礎年金の受給資格が10年に短縮されました。

一体それはよいことなのか、悪いことなのかよくわからないという方もいらっしゃるかと思います。まだ年金をもらう年齢じゃない方にとっては、将来短縮されたほうが良いのかなんとも言えない部分もありますよね。

しかし、受給資格が短縮されることによって支払期間も短くなるため、その分保険を納付する人が増加するとも考えられています。国民全員がきちんと納付すれば、国民年金が揺らぐことはあまりないといえます。

この記事では、まずは年金とはどういった制度なのか、そして、年金受給期間が短縮されることによってどのようなメリットやデメリットがあるのかをご紹介していきたいと思います。

目次

1.日本にある年金制度って一体どのようなものがあるの?
1.120歳から60歳までの国民全員が対象の国民年金制度
1.2サラリーマンが加入する厚生年金制度
2.国民年金って一体どのような制度なの?
2.1国民が強制加入する保険
2.2年金の加入期間が25年以上ないと受け取れない
2.3国民年金に加えて自営業者が年金を増やす方法もある
3.厚生年金って一体どのような制度なの?
3.1収入が減少していくリスクに備えるための保険
3.2法人に所属している人は基本的に加入する
3.3保険料は事業主と被保険者で半額ずつ支払う
3.43種類の保険給付を受けることができる
4.厚生年金の3種類の保険給付って一体どういった制度なの?
4.1老後の心配に備えてくれる、老齢年金
4.2病気や怪我によって障害が残った場合の、障害年金
4.3死亡した方に対しての、遺族年金
5年金の受給資格が短縮されることで、何が起こるの?
5.1これまで25年もらえた年金の期間が10年になる
5.2遺族は多くお金をもらえる可能性がある
5.3生活保護をもらっている分だけ損する可能性がある
6年金受給資格が10年に短縮されることで起こるメリットやデメリットって一体どういったものなの?
6.1保険料未納を防ぐことができる
6.2生活保護予備軍が増加する恐れがある
7.注意しておきたい年金のポイントって?
7.1保険料未払いは未来の自分に影響を与える
7.2年金制度を理解していないと後で困ることになる
7.3払っていなかったら後納制度、追納制度を利用する
8.まとめ

続きを読む

貯蓄型生命保険ランキング!貯蓄と保障を同時に考える保険とは?

30代の生命保険料の平均相場

生命保険は貯蓄性があるともいわれていますが、その仕組みを本当に理解していますか?この仕組みをしっかりと理解しておかなければ、痛い目をみるかもしれませんよ。

貯蓄型生命保険は返戻率や解約返戻金、保険料などの数字を比較して加入することをおすすめします。

貯蓄型生命保険は注意しなければいけないことも多いので、注意点とおすすめの貯蓄型保険をご紹介します。

目次

1.貯蓄型生命保険とは?

1.1 貯蓄性のある保険について

1.2 貯蓄性=解約返戻金があること?

1.3 返戻率と解約返戻金

2.貯蓄型生命保険のメリットとデメリット

2.1 解約時に戻ってくるお金があるというメリット

2.2 返戻率が100%を超えると受け取れるお金が増えるメリット

2.3 保険料が高いというデメリット

2.4 早期解約は無駄・損でしかないというデメリット

3.おすすめの貯蓄型生命保険ランキング

3.1 オリックス生命 終身保険RISE

3.2 マニュライフ生命 こだわり終身保険V2

3.3 ひまわり生命 一生のお守り

3.4 アフラック WAYS

3.5 メットライフ生命 つづけトク終身

4.生命保険について

4.1 本来は死亡・高度障害時に保障を約束する保険のこと

4.2 終身と定期で保険料や保障内容が変わる

4.3 保障と貯蓄、どちらを優先するか

5.生命保険加入前に確認しておきたいこと

5.1 人生設計は綿密に

5.2 将来に渡って支払える保険料設定

5.3 自分の健康状態

6.貯蓄型生命保険に加入するならこれに気をつけろ!

6.1 解約返戻金を頼りにすると痛い目をみる

6.2 早期解約すると損ばかり!

6.3 健康状態が悪いと保険料を上げてしまう可能性も

6.4 商品によっては解約返戻金が発生しないので注意

7.まとめ

続きを読む

終身保険は掛け捨てとは違う!本当の仕組みを知って「安心できる一生涯の保障」を準備しませんか。

「若い世代でも、がんなどの病気に掛かった時の生活が心配」

「健康寿命も延びているからこそ、セカンドライフを充実したものにしたい」

そんな思いから、生命保険の加入を検討される方が多いと思います。

TVCMなどで盛んに見かける「一生涯続く保障」という謳い文句に惹かれ、ネットサーフィンをなさる方も多いでしょう。

でもちょっと待ってください。

「一生涯続く保障」とは終身保険で、その形は掛け捨てではありません。

今回は生命保険の貯蓄型と掛け捨て型をしっかり把握して、「一生涯の保障」を手に入れてみませんか。

目次

1.生命保険とは
1.1生命保険の基礎知識
1.2主契約とは
1.3特約とは

2.生命保険の貯蓄性
2.1掛け捨て型と貯蓄型
2.2生命保険の種類別保険料

3.終身保険とは
3.1終身保険の種類

4.終身保険種類別特徴
4.1定額終身保険
4.2低解約返戻金型終身保険
4.3積立利率変動型終身保険
4.4変額終身保険
4.5外貨建て終身保険

5.注目度UPの終身保険
5.1比較一覧

6.オリックス生命
6.1企業概要
6.2終身保険RISE
6.3終身保険新RISE

7.アクサダイレクト
7.1企業概要
7.2アクサダイレクトの終身保険

8.マニュライフ生命
8.1企業概要
8.2こだわり終身保険v2

9.ネオファースト生命
9.1企業概要
9.2ネオdeトリオ

10.AIG富士生命
10.1企業概要
10.2持病があっても!終身保険(無選択型)

11.アフラック
11.1企業概要
11.2未来の自分が決める保険WAYS
11.3アフラックの終身保険

12.メットライフ生命
12.1企業概要
12.2つづけトク終身

13.まとめ

続きを読む

身近に潜む「もしも」を個人賠償責任保険で備えるためのポイント

「自転車に乗っていて、歩行者と当たりそうになった」や、「旅行中の買い物で店の商品を壊しかけた」、なんて経験をした方は意外に多いのではないでしょうか。

免許も必要なく、気軽な移動手段である自転車や、楽しい旅行中の買い物でも一歩間違えば、ケガをさせたり、弁償をさせられたりと、大変な思いをする事があります。

身近なところにも危険がたくさんあるのですね。

そのような事は、出来れば経験したくないという事は誰でも思う事ですが、起こってしまう前に保険でリスク回避をしておくのも一つの手段です。

その保険が、個人賠償責任保険です。

名前は聞いたことある人も多いと思いますが、その内容を知らない方はたくさんいらっしゃいますので、この記事では、元損害保険の代理店をしていた立場から、様々な賠償責任を実例も交えながら解りやすく解説していきます。

この記事を読んで、身近に潜む「もしも」に備えていきましょう。

目次

1.賠償責任保険とは

1-1賠償責任とは

1-2個人賠償責任保険と日常賠償保険の違い

1-3その他の賠償責任保険とは

2.賠償責任保険の種類

2-1個人向けの賠償責任保険

2-2事業者向けの賠償責任保険

2-3その他の賠償責任保険

3.個人賠償責任保険の支払い事例

3-1支払い事例

3-2免責事例

3-3その他の損害保険の事故例

4.個人賠償責任と日常賠償責任

4-1加入の仕方

4-2自動車保険の場合

4-3火災保険の場合

4-4傷害保険とその他の保険の場合

5.近年の賠償責任における判決例

5-1自転車事故の例

5-2その他の事例

6.まとめ

続きを読む

生命保険は終身型が人気?特徴やメリットなど絶対に知るべき6つの事

将来のことを考えると生命保険に加入しておくべきか悩みますよね?特に結婚した、子供ができた、社会人になった、老後近づいてきたなどライフイベントが発生している方はすでに必要性を感じられてるのではないかと思います。

でも、いざ加入を検討しようにも、生命保険って取っ付き辛くてわからない!終身や定期といった様々な種類を聞くけど自分にあうものはどれ?生保レディーに勧めらたものに加入してもいいのか?と悩んだりするものです。

生命保険を検討する際には、特徴やメリット、デメリットなど基本的なことを抑えておくことで自分にあった適切な商品を選べるようになります。

逆に、基礎知識がないまま契約してしまうと損してしまうことがあります。

しかしながら、多くの人が生命保険に関する十分な知識を持っていません。

実際、独立行政法人の国民生活センターによると、生命保険に関するトラブルの相談が毎年8,000件以上寄せられており、その多くは契約者の理解不足が原因になっています。

そんなトラブルに巻き込まれないためにも、今回は、「生命保険の特徴やメリットなど絶対に知っておくべき6つのポイント」について、詳しくご紹介いたします。

尚、生命保険の中でも人気のある終身型に焦点を当ててご紹介します。
この記事を読めば、契約して失敗した、なんてことは起こりませ!それどころかお得に契約できる方法についてもご紹介しているので是非、覚えていただければと思います。

目次

  1. はじめに:生命保険って必要?その役割とは? 
    1‐1.そもそも生命保険って何?

    1‐2.生命保険には加入すべき?
  2. 知っておきたい生命保険の3つの基本タイプと特徴
    2-1.これぞスタンダード!保障の定期型

    2-2.一生涯安心!人気の終身型

    2-3.欲張りな人にはこれ!充実の養老型
  3. 生命保険(終身型)のメリットとデメリットとは?
  4. 生命保険(終身型)の目的別活用方法教えます
    4-1.計画的に老後の資金準備   

    4-2.相続税対策

    4-3.葬儀関連費用の準備

    4-4.生命保険料控除で税金メリットを受ける
  5. どこで生命保険を契約する?生命保険会社の選び方
    5-1実はどの会社も大差ない?生命保険の商品特性
    5-2生命保険料のからくり!純保険料と付加保険料
  6. 生保レディーが教えてくれないお得な契約方法!
    6-1付加保険料の差は販売チャネルの違いに現れる
    6-2割安ならネット系生保・比較検討なら代理店
  7. まとめ

続きを読む

いまさら聞けない「掛け捨て」ってナニ?そこから詳しく解説します!

生命保険を検討中の方や、すこし調べたことのある方でしら、すでにご存じかもしれませんが、「生命保険は、基本的に掛け捨てです」と言われると、ほとんどの方は驚かれるかもしれませんね。

それは、解約した時に戻ってくるお金があって「貯蓄代わりなる」とか、満期になった時にそれまでの保険料から積み立てたものが返ってくるといったような話が、一般的に言わているせいかもしれません。

でも、保険とは、基本的には、「掛け捨て」です。

今回は、王道中の王道、「掛け捨て」の保険について、すこし詳しくみていきましょう。

基本さえおさえてしまえば、ご自身のライフプランや予算に合ったナットクの保険商品が選べるようになります!

専門家にアドバイスを受けることも選択肢のひとつですが、その時にも、基本がわかっているのとわからずにいるのでは、全然、違ってくると思いませんか?

保険選びで、必要以上に労力を使わなくてもすむように、今から、すっきりさせてみましょう!

目次

1.「掛け捨て」ってナニ?

2.「掛け捨て」の生命保険の仕組み
2.1「原価」と「コスト」
2.2生命保険の「原価」って?

3.「掛け捨て」の保険~3つ特徴
3.1保険料が割安
3.2保障機能に特化している
3.3解約しても戻ってこない

4.「掛け捨て」の保険、種類はいろいろある!
4.1死亡保障が目的の掛け捨ての保険
4.2医療保険
4.3がん保険
4.4介護保険

5.定期保険をおさらいしてみよう!
5.1定期保険って?
5.2逓減型定期保険
5.3逓増型定期保険

6.こんなときは、掛け捨てがおすすめ!
6.1必要な期間がはっきり決まっている
6.2住宅を購入する予定がある

7.掛け捨ての保険を選ぶとき、注意すべきこと
7.1保険期間に注意!
7.2更新に注意!

8.その保険、ダイジョウブ?
8.1必要保障額と家計のバランスを考えてみよう
8.2「掛け捨て」と貯蓄型の使いわけ

9.まとめ

続きを読む

保険の掛け捨ての意味とは?掛け捨て保険と積み立て保険の選び方

なんとなく「掛け捨て」という単語を目にすると「損をする」というイメージを抱きがちです。しかし、本当に掛け捨て保険は損なのでしょうか?

毎月の保険料は高額でなくとも長期にわたって支払うことで、最終的は支払いは家の次に高い買い物とも言われる保険。損したくない!という感情を抱くのは自然なことです。

しかし、「掛け捨てにした方が支出は少なくて済むから得」だとか「掛け捨ては払うだけで保険金を受け取れなければ損だ」とか1つの保険商品に対して「得だ」「損だ」と真逆の評判があり、どちらが本当なのかわからなくなってしまいますよね。

今回は掛け捨て保険と積み立て保険の両方に加入した我が家の例を取り上げつつ、なぜその保険は掛け捨て保険を選択したのか?あなたの場合はどのように考えるべきか解説していきたいと思います。

この記事を読むことで、掛け捨て保険の意味とじぶんのニーズに合った保険商品の選び方を学んでいただければ幸いです。

目次

1 保険にはどんな種類があるの?
1-1 基本的に「掛捨」な定期保険(平準型)
1-2 両方備える養老保険
1-3 保障がずっと続く終身保険
2 掛け捨てタイプの特徴を知ろう
2-1 掛け捨て保険のメリットは?
2-2 掛け捨て保険のデメリットは?
3 積み立てタイプの特徴を知ろう
3-1  積み立てタイプのメリットは?
3-2 積み立てタイプのデメリットは?
4 人気の掛け捨てタイプの生命保険はどれ?
4-1 Bridge(ブリッジ)オリックス生命
4-2 FineSave(ファインセーブ)オリックス生命
4-3 定期保険プレミアム チューリッヒ生命
5 人気の積み立てタイプの生命保険の内容は?
5-1 RISE(ライズ)オリックス生命
5-2 未来の自分が決める保険WAYS(ウェイズ) アフラック
5-3 長生き支援終身 東京海上日動あんしん生命
6 人気のある医療保険を知ろう!
6-1 新CURE(キュア)オリックス生命
6-2 ちゃんと応える医療保険 EVER(エヴァー)アフラック
6-3 メディカルKitNEO 東京海上日動あんしん生命
7 掛け捨てタイプがお得なのはこのパターンだ
7-1 保障が一生涯必要か?
7-2 解約のタイミングで損得が変わる
7-3 積み立て型保険で資産を築けるのか?
8 まとめ

続きを読む

生命保険の月額保険料はもっと安くできる?自分にあった選び方とは?

毎月欠かさずに支払っている保険料だけれども、節約のことを考えると安いほうが当然いいですよね。

そうはいっても、もしもの時の為の保険だから、保障内容が悪くなったりしてしまうのも不安だと、なかなか加入している保険を見直すことが出来ないという方もいるかと思います。

しかし、実はそれは誤解で、その人ごとに必要な保障内容が変わってくるため、実はしっかりと考えてみるとよりシンプルでお金のかからないような保険に乗り換えることもできるんです。

この記事では、自分にはどのような保険がおすすめなのか、そしてそれらの特徴をご紹介していきたいと思います。又、保険に加入するタイミングにもなりやすい社会人や、家族を持った方などのおすすめな保険などもご紹介していきます。

目次

1.人によって変わる貯蓄型と掛け捨て型ってどうやって決めればいいの?
1.1 一生涯手厚く保険を受けたいのならば貯蓄型
1.2短期的な保険でもいいのならば掛け捨て型
1.3最低限の保険以外は自分で貯蓄をしたい方は掛け捨て型
2.シンプルで安い掛け捨て定期保険ってどんな特徴があるの?
2.1必要な時期だけ保障を受けることができる
2.2子どもの成長に合わせて保障額を下げることができる
2.3社内の中でグループを作る1年更新の超短期型もある
3.割高でも安心できる終身保険ってどんな特徴があるの?
3.1払い続けた保険料はいずれ自分のもとに返ってくる
3.2払込期間が終了しても死ぬまで保障されている
3.3毎月欠かさず積立ができる
4.今入っている生命保険の見直し方のポイントって一体どこなの?
4.1高額になる死亡保障は必要かどうか
4.2自分の価値に見合った保障額かどうか
4.3他の保険と比較して月額の保険料は妥当か
5.見直しの際に気をつけておきたい3つの保険の違いと特徴って?
5.1シンプルでこまめに見直したい生命保険
5.2状況や給付額を重視したい医療保険
5.3保険料が安くても入るかどうかを検討したいがん保険
6.20代で知っておきたい保険とお金の関係って?
6.1早期加入したほうが保険の月額料金は安くなる
6.220代の月額保険料はかなり安め。
6.3独身と既婚だと入る保険のプランが変わってくる
7.子育て世代の考えておきたい保険の月額プランって?
7.1子どもに心配をかけない保険の2本立てを検討する
7.2子どもの成長を踏まえた保障のある保険に加入する
7.3 保険の月額は家計を圧迫させない
8.まとめ

続きを読む

終身保険の選び方のコツを元保険外交員が分かりやすく徹底解説!

 

終身保険に入ろうと思っても、保険は難しくて何をどのように選べばいいのか分からないから、勧められるまま加入する人は多いのではないでしょうか?

しかし、勧められたから保険に加入したけど本当に自分に合っているのか、損をしていないかと不安になってしまう人も少なくないと思います。

そんな時、自分で保険を選べたら損する事もなく目的に合った自分に最適な保険に入れるのに…と思いませんか?

ここでは、そんな悩みや不安を解決するために【自分で終身保険を選ぶコツ】を元保険外交員が分かりやすく解説します。

終身の死亡保障だけでなく終身の医療保障や終身のガン保障、また貯蓄を目的とした終身保険の選び方や特徴、他にも気を付ける点など情報満載!

実際にたくさんのお客様の声を聞いてきた元保険外交員ならではの終身保険の選び方のコツだからこそ、これから終身保険に入ろうと考えている人や、今入っている終身保険を見直そうと考えている人にとって参考になったと思っていただける記事になっていると思います。

目次

1.終身保険の基礎知識
1.1.終身保険はこんな保険です
1.2.終身保険は死亡保障だけでじゃない

2.終身保険の選び方のコツ【死亡保障編】
2.1.保険料を安く抑えること
2.2.保険料の払込期間は慎重に選びましょう
2.3.特約で医療保障はつけない方が良い理由
2.4.付加しておきたい特約

3.終身保険の選び方のコツ【医療保障編】
3.1.見直すことを考えて加入しましょう
3.2.保険料の払込期間は終身がオススメ
3.3.定期保険よりも終身保険が良い理由
3.4.入院日額を決めるポイント

4.終身保険の選び方のコツ【ガン保障編】
4.1.見直すことを考えて加入しましょう
4.2.診断給付タイプがオススメ
4.3.通院給付金はつけておくと安心

5.終身保険の選び方のコツ【貯蓄編】
5.1.同じ条件で複数社の比較をしましょう
5.2.途中で解約をしない事を前提に加入しましょう
5.3.目的に応じて保険料の払込期間を決めましょう

6.終身保険を決める時に気を付けるべきこと
6.1.目的に合っているかを確認しましょう
6.2.保険料は高すぎていないかを確認しましょう
6.3.勧められた保険が良い保険とは限りません

7.オススメの終身保険
7.1.オススメの終身死亡保険は?
7.2.オススメの終身医療保険は?
7.3.オススメの終身ガン保険は?
7.4.オススメの貯蓄型終身保険は?

8.まとめ

続きを読む

今だから選びたい!収入保障保険ランキング一挙公開!

今あなたは、どんな保障を保険から受けたいと思っていますか?

いろんな保障が数多くあるだけではなく、新商品もどんどん紹介されるため、簡単に「これだ!」と決めるのは難しいでしょう。そこで、今、人気となっている「収入保障保険」という商品をご紹介します。

この保険は、今、非常に人気の商品です。その人気の秘密と人気の商品のラインキングについて一挙に大公開します。

今、保険商品を選んでいる方や選ぼうとしている方は、ぜひ参考にして下さい。

目次

1:収入保障保険とは

1-1:収入保障保険の仕組みを整理

1-2:収入保障保険の特徴|リスクに備えた上で最適な保険

1-3:収入保障保険のメリット:・デメリット

2:収入保障保険の保険料はどの程度?

3:どんな家計にピッタリなの?

3-1:収入保障保険、いくら入ればいいの?

4:今から考えるならこれ!人気ラインキングTOP5を紹介

5:まとめ

続きを読む

誰もが知りたい生命保険の平均額や相場とは?

生命保険については、殆どの家庭が加入していると言われている時代。実際に、何かしらの保険に加入をしている人が多いと思います。

その中で、気になるのが保険料の相場ではないでしょうか。

他人と比べて何かを変更するというよりも、自分の加入保険の適正を判断する1つの基準となるのが年齢別の相場(平均)だと思います。

今回は、年代別の保険料の相場や平均について整理していきましょう。この機会に、自分の保険と比較してみましょう。

また、参考として保険料に関する税金控除についても、簡単にご紹介していきますので、ぜひ参考にして頂きたいと思います。

目次

1:イザという時の保険の大切さとは?

2:意外と多い生命保険に加入している人はどれくらい?

3:年代別の保険相場を参考にしよう!

3-1:比較例|世帯年収別・月々の払込保険料

3-2:比較例|男女別・月々の払込保険料

3-3:比較例|死亡保障額はいくらにしてる?

4:目安となる保障額の考え方を整理しましょう

4-1:必要となる保障額の計算の仕方をチェック

参考)遺族年金とは何??

参考②)遺族年金の受給例

5:年代別の特徴と考慮点を整理していきましょう。

6:知らないと損!保険控除の仕組みについて

6-1:税金の負担が軽くなる「保険料控除」

6-2:生命保険料の税額控除が変更に!

7:まとめ

続きを読む

生命保険は何歳から加入すべき?損しない保険選びのポイント

子供向けの生命保険商品も発売されている今日この頃ですが、いったい生命保険は何歳から加入するのがベストなのでしょうか?

友人や同僚が生命保険に加入した話を聞いたり、勧誘を受けたり、CMを見たりすると「そろそも自分も生命保険に加入すべきなのかもしれない」と思ってしまいますよね。
しかし、周りの人に直接、生命保険に何歳から加入しているのか質問するだなんてしにくいですよね。

今回は生命保険への平均加入年齢や加入率のデータを元に、保険に加入すべき年齢と、生命保険で損しないためのポイントをご紹介します。

生命保険の基礎知識を抑えて平均のデータを知るだけでも、生命保険に自分は何歳から加入すべきか、適切な商品は何かが自然とみえてくるはずです。生命保険の基本を押さえて上手に保険を選んでくださいね。

目次

1 初めて保険に加入する年齢の平均は?
1-1 生命保険に加入したきっかけランキング
1-2 医療保険に加入したきっかけランキング
2 生命保険の加入率はどのくらい?
2-1 あなたの予想は?男性の年齢別加入率
2-2 意外に高い?女性の年齢別加入率
3 生命保険は4種類あるって知ってる?
3-1 定番商品の定期保険
3-2 三角の保険?収入保障保険
3-3 保障が一生続く終身保険
3-4 死亡でなくとも受け取れる養老保険
4 万が一の時に生命保険以外にもらえるお金
4-1 遺族年金がもらえる人はこんな人
4-2 住宅ローンがあった方がお得?
4-3 死亡保障は生命保険だけじゃない
5 生命保険の必要保障額の計算しよう
5-1 現在の家計の年間支出は?
5-2 ライフプランニングをしてみよう
6 生命保険で損するパターン3つ
6-1 勧誘されたから加入した
6-2 過剰な不安で保険貧乏
6-3 保険の見直し不足で損をする
7 年代別 生命保険の選び方
7-1 子ども向け生命保険は必要か?
7-2 20~30代の加入すべきタイミング
7-3 40~50代の保障額のピーク世代
7-4 60代以降は生命保険に入れない?
8 まとめ

続きを読む

生命保険の仕組みはとてもシンプル!4つの種類について詳しく解説

 

「そろそろ生命保険に加入しよかな?」と考えているあなたへ。

ちょっと待った

生命保険は仕組みなど解らずに加入すると、後で大損する事がある事をご存知ですか?
私も、危ない所でしたが、保険の仕組みを勉強する事でその事に気づきました。

今回の記事では、生命保険の大まかな4種類の仕組みを解りやすく解説していきます。

この記事を読むだけで、

  • どんな保険に入るべきか?
  • そもそも入るべきなの?

について理解できます。場合によっては、保険料が安くなることや、支払った保険料が戻ってくることもあります。

大きな失敗をする前に、この記事で生命保険の基礎知識を付けてください。

目次

1.そもそも生命保険はどんな仕組み?

1-1.生命保険の種類は?

1-2.保険料はどんな仕組みになっている?

1-3.掛け捨てタイプと解約返戻金タイプがある

2.生命保険は本当に必要なの?

2-1.万が一の時に貯蓄だけでは生活するのは難しい!

2-2.独身者の場合は?

2-3.財産を残したい相手の有無で決まる

3.生涯に渡って保障!終身保険とは?

3-1.終身保険について

3-2.積立利率変動型に入るべきでない3つの理由

3-3.実は解約も可能!?気が変わったら絶対読むべき!

3-4.おすすめの世代は?

4.必要な時だけ入れて保険料安い!定期保険とは?

4-1.定期保険について

4-2.ライフステージに合わせたい時に便利な2つの理由

4-3.更新時は要注意!

4-4.万が一の時には生存給付金も支給されるかも!?

4-5.おすすめの世代は?

5.貯蓄にピッタリ!養老保険とは?

5-1.養老保険について

5-2.貯蓄にピッタリけれど子育て世代向きではない理由

5-3.おすすめの世代は?

6.残された家族のために!収入保障保険とは?

6-1.タイプは2種類

6-2.一括で受け取る方がお得!?その理由は?

6-3.おすすめの世代は?

7.最初が肝心!生命保険の選び方は?

7-1.保障期間で選ぶ

7-2.保険料で選ぶ

7-3.解約返戻金の有無で選ぶ

8.まとめ

続きを読む

生命保険加入に適切な年齢と、保険加入上限年齢を知って、適正な保険料で安心設計を行ってみませんか?

収入保障保険とは

先進医療技術の進歩で、日本は健康寿命も含め、世界有数の長寿国家としてその名を馳せています。

しかしながら長寿であるが故、高齢になった際のライフプランの見直しの過程で、どうしても「加入年齢制限」が、ついてまわります。

また、保険加入検討の際、一体いくつの時にどの程度の保険商品に加入するか、頭を悩ませている方も、多いと思います。

そこで今回は生命保険加入に適切な契約開始年齢や、契約における受け入れ年齢の上限を再度確認し、自身のライフプランをより盤石なものとすべく、生命保険のあれこれを見てまいりたいと思います。

 

1.生命保険のあらまし
1.1契約日
1.2保険年齢

2.三大保険とは
2.1生命保険の種類
2.2死亡保険
2.3生存保険
2.4生死混合保険

3.死亡保険とは
3.1定期保険
3.2収入保障保険
3.3終身保険

4.生存保険とは
4.1個人年金保険
4.2学資保険

5.生死混合保険とは
5.1養老保険

6.生命保険選択のキー
6.1保険期間
6.2保険金
6.3保険料
6.4保険料払込期間
6.5解約返戻金/満期金

7.生命保険における契約状況平均
7.1契約開始年代
7.2保険料
7.3保険期間
7.4保険金

8.年齢制限
8.1定期保険
8.2収入保障保険
8.3終身保険
8.4個人年金保険
8.5学資保険
8.6養老保険

9.年齢で見る保険料
9.1定期保険
9.2収入保障保険
9.3終身保険
9.4個人年金保険
9.5学資保険
9.6養老保険

10.まとめ

  続きを読む

生命保険は加入年齢が重要って本当?一体いつ入ればいいの?

生命保険って本当に必要なのか、毎月保険料を払っていても、本当に意味があるのかと思っている方もいると思います。

元々生命保険は、万が一の事があったとしても、愛する家族を困らせないために入るものです。その為、どの生命保険に入ってもよいというのではなく、生命保険に加入するタイミングは非常に重要になってきます。

また、社会人だけではなく、赤ちゃんや高齢であったとしても、生命保険に加入することができまます。

この記事では、そんな生命保険に加入できるのはいつからいつまでなのか、そして、加入するタイミングの決め方をご紹介していきたいと思います。

ぜひこの記事を読んで自分は生命保険が本当に必要なのかどうかを見つめ直してみてくださいね。

目次

1.生命保険加入前に知っておきたいポイントって?
1.1世帯主がいなくなっても支給される、遺族年金制度
1.2若者の死亡率はかなり低い
2.生命保険って赤ちゃんから入ることができるの?
2.1教育費用として積み立てる、学資保険
2.2乳幼児医療費助成制度に不安があるなら、医療保険
2.3プレゼントとして、生命保険
3.生命保険っていつまで加入することができるの?
3.1今は80代以上でも入れる保険もある
3.2若い内に加入したほうが保険額は低額
4.生命保険に入るタイミングの決め方って?
4.1人生の設計図から入るタイミングを見つける
4.2万が一に必要な金額からタイミングを見つける
4.3節目節目に保険を見直して修正する
5.様々な保険に入るおすすめのタイミングって?
5.1収入保障のための、医療保険
5.2あったら安心な、介護保険
5.3貯金と同じ、個人年金
6.結婚直後に保険に入るそのメリットとは?
6.1一人から二人になる生活費を見つめ直すことができる
6.2病気や怪我になるリスクを回避することができる
6.3貯蓄が少なくても保険でカバーできる
7.若い内に入ると、保険は損する?得する?
7.1支払額がどんどん増えていく、定期保険
7.2一定に保障される、終身保険
7.3保険によっておすすめなタイミングは変わってくる
8.まとめ

続きを読む