医療費控除は年末調整で申告できないの?正しい申告方法を解説!

記事監修者紹介
松葉 直隆 大学卒業後、損保ジャパン日本興亜代理店の保険会社にて5年以上勤務し、年間100組以上のコンサルティングを行う。 その後、2016年6月より保険ブリッジの記事監修を務める。

医療費控除とは、ご自分および世帯の方々が医療機関で支払った医療費等を申告すれば、所得税・住民税の負担が軽減される所得税控除の一つです。

平成29年(2018)年から申告の際の必要書類が変更され、それに応じた書類作成および提出の方法で行う必要もあります。

そこで今回は、医療費控除の申告は年末調整で行えるのか?正しい申告方法は何か?について解説します。

この記事を読めば、医療費控除の正しい申告方法と、申告の際の注意点についておわかりになることでしょう。

この記事をざっくり言うと…
  • 医療費控除とは、医療費を申告すると所得税・住民税の負担が軽減される所得控除。
  • 医療費控除では、最大で200万円の還付金を受け取ることができる。
  • セルフメディケーション税制とは、一部の市販薬を購入した際に所得控除が受けられる制度。
  • 保険相談を検討するなら、店舗型では保険見直し本舗、訪問型では保険見直しラボといった無料相談サービスがおすすめ。
  • どこに相談するか迷う人は、平均業界歴11.8年のベテランFP揃いで取扱い保険会社数も30社とトップクラスの保険見直しラボ無料相談をおすすめします生命保険の保険相談、無料の代理店なら保険見直しラボがおすすめ!

 

 

 

\1分で完了/

保険見直しラボ公式HPはこちら

「保険ブリッジ」読者が選んだ いま人気の保険相談サービスはこちら!
gmocoin
日本最大級の全国254店舗!店舗がない場合は訪問サービスで受付も可能! 公式HP
bitpoint
無料相談満足度約90%!今なら無料相談で人気商品プレゼント! 公式HP
bitmex2
いいとこ取りオーダーメイド保険 今なら無料相談で仙台熟成牛タンがもらえる!! 公式HP

医療費控除について

今年は結構、私や妻子が医療機関にかかる機会も多かった。

公的医療保険は3割自己負担とはいえ、医療機関へ向かう場合の交通費等もナカナカの負担になる。

そんな時に役に立つのが「医療費控除」です!

こちらでは、医療費控除とは何か?その特徴について解説します。

医療費控除とは何?

医療費控除とは、1年間にご自分も含めた世帯員の支払った医療費を申告すると所得税・住民税の負担が軽減される所得控除の1つです。

医療費控除を行う際には、ご自分の申告だけではなく家族にかかった医療費を合算して申告することも可能です。

合算できる方々の範囲は、ご自分および生計を一にする6親等内の親族および3親等内の姻族までとなります。

生計を一にしていれば、意外にその対象となる方々が幅広く該当することになります。

なお、最も所得税率の高い人が該当する方々の医療費を合算し、医療費控除の申告をすれば高い節税効果が期待できます。

医療費控除の特徴

医療費控除では公的医療保険の適用外になる医療費も、控除対象になる場合があります。

ご自分や家族が治療を受けるために利用したサービス、例えば医療機関に通院するための移動手段として使用した交通費、主として美容のために利用するレーザー脱毛を、外科手術の治療で手術の妨げになる体毛除去に用いる場合等が費用の控除対象となることもあります。

この医療費控除は、最大で200万円の還付金が受け取れますが、次の条件があります。

医療費控除の還付金を受け取る際の条件
  • 患者の病状等からみて、一般的に支出される水準を著しく超えない部分の金額
  • 基本的に10万円(総所得金額等が200万円未満の人なら総所得金額等の5%の金額)を超えた金額

医療費控除の計算式は次の通りです。

実際に支払った医療費の合計額-補填される金額(※)-10万円(総所得金額200万円未満の人は総所得金額の5%)

補填される金額
  • 生命保険会社からおりた保険金(給付金)
  • 公的な健康保険の保険者から支給される高額療養費
  • 出産育児一時金 等

控除対象になる医療費

次のような医療費が控除の対象になります。

医療機関での治療等

医療費控除の対象となる治療費
  • 医師や歯科医師の診療または治療
  • 患者の治療または療養に必要な医薬品
  • 病院、診療所等へ収容するための人的役務の提供
  • あん摩マッサージ指圧師、はり師、きゅう師等の施術
  • 保健師、看護師、准看護師等の療養上の世話

医師が治療として必要と判断したなら、あん摩マッサージ指圧師、はり師、きゅう師の施術も対象となる他、保険適用外となる自由診療や先進医療も対象となる場合があります。

出産関連

助産師の分べん介助

医師より妊娠と診断されてからの定期検診・検査等の費用、医療機関への通院費用も該当します。

ただし、入院の場合に妊婦側が準備する寝巻き、洗面具など身の回り品の購入費は医療費控除の対象となりません。

介護関連

医療費控除の対象となる治療費
  • 介護福祉士等の一定の喀痰吸引・経管栄養
  • 介護保険制度の下での一定の施設・居宅サービスの自己負担額

介護保険が適用されるものの、介護サービスを受ける側の自己負担分も適用対象です。

通院費(交通費)・治療に必要な道具等

医療費控除の対象となる治療費
  • 医師等による診療等を受けるため利用する通院費や、往診による医師等の送迎費等
  • 医師等による診療・治療のために直接必要な義手、義足、松葉杖、補聴器、義歯等の購入費

通院費(交通費)は控除対象ですが、患者の病状等と比較して利用車両の交通費が不相当に多額の場合は対象外となることもあります。

義手、義足等も控除対象ですが、あくまで医師が治療のために必要と判断することが控除の条件といえます。

負担金

医療費控除の対象となる治療費
  • 骨髄移植推進財団に支払う斡旋に係る患者負担金
  • 日本臓器移植ネットワークに支払う斡旋に係る患者負担金
  • 高齢者の医療の確保に関する法律に規定する特定保健指導の内の自己負担金

斡旋や保健指導という、本来ならば医療行為とは言えない場合でも、治療との関係性が高いと判断されているこれらの負担金も控除対象になります。

保険無料相談の保険見直しラボの公式HPこちら

医療費控除と年末調整

医療費控除は公的医療保険よりも幅広い医療費が対象なので、税金の軽減へ非常に期待が持てる。

私は会社員なので医療費控除を行う場合、年末調整で申告が可能なのだろうか?

こちらでは、年末調整とは何か?医療費控除は年末調整で申告できるかどうかを解説します。

そもそも年末調整とは

年末調整とは、事業所に勤務する給与所得者の所得税額について、年末に1年間の所得・給与所得者個人の生活事情と照らし合わせて再計算し、その過不足額を調整する方法です。

年末調整は事業所を通じて所得を申告する方法なので、給与所得者にとっては簡易な方法で申告可能であることが特徴です。

この年末調整は会計を外部委託していない限り、事業所の総務課や経理課等が担当します。

年末調整を行うのは給与支払者の義務なので、各給与所得者が提出したものの正しさを事業所内でしっかり確認することになります。

年末調整で申告できるもの

年末調整で控除できるものは次の13種類です。

年末調整で控除できるもの
  • 給与所得控除:給与所得者であれば誰でも受けられる控除です。
  • 配偶者控除:配偶者がおり、かつ配偶者の所得額が年38万円未満の場合に受けられる控除です。
  • 扶養控除:給与所得者に所得税法上の扶養者がいるときに受けられる控除です。
  • 基礎控除:38万円の控除が無条件で受けられます。
  • 障害者控除:納税者自身または配偶者、扶養者が障害者のときに受けられる控除です。
  • 寡婦(または寡夫)控除:納税者が寡婦または寡夫の場合に受けられる控除です。
  • 勤労学生控除:納税者が勤労学生のときに受けられる控除です。
  • 配偶者特別控除:配偶者の所得額が年38万円よりも多く76万円未満の場合等に受けられる控除です。
  • 社会保険料控除:社会保険料を支払っているときに受けられる控除です。
  • 小規模企業共済等掛金控除:確定拠出年金法に定められている個人型年金加入者の掛金等を支払ったときに受けられる控除です。
  • 生命保険料控除:生命保険会社の保険に加入し、生命保険料を支払っているときに受けられる控除です。
  • 地震保険料控除:地震保険料を支払っていると受けられる控除です。
  • 住宅借入金等特別控除:住宅用ローンを支払っていると受けられる控除です。

医療費控除は年末調整で申告できない

前述した次の13種類の控除の中に医療費控除は含まれておらず、残念ながら年末調整で申告できる所得控除になっていないことがわかります。

医療費控除を申告する場合は、基本的に確定申告で行うことが必要です。

給与所得者は年末調整の申告に慣れていても、自営業者・自由業者等が行う確定申告は馴染みがなく書類への記載や、提出方法に戸惑うことが予想されます。

第3章以降では、確定申告の特徴や平成29年度からの変更点、申告方法等について解説していきます。

医療費控除と確定申告

医療費控除は確定申告で行う

確定申告とは税務署に申告して所得税額を確定する方法です。

まず個人の場合、その年の1月1日~12月31日を課税期間として、その期間内のご自分の収入・支出、医療費、寄付、扶養家族状況等から所得を計算します。

その後、申告書等を税務署へ提出し、納付しなければならない所得税額が確定します。

申告する期間は、毎年2月16日~3月15日での1ヶ月間となります。

申告の期日が土曜日・日曜日と重なった場合、順次繰り下げて月曜日までとなります。

医療費控除は基本的にこの確定申告で行うこととなります。

そのため、年末調整で済ませてきた給与所得者にとっては、慣れない申告手続きのために困惑してしまうことも考えられます。

平成29年度からの変更点

平成29年度から記載方法・提出する書類、保管する書類について変更があります。

次の3点に注意しましょう。

医療費控除の明細書

医療費控除の明細書は、1年間にご自分やご自分の世帯員にかかった医療費の明細をまとめる書類です。

この書類は国税庁のホームページや各税務署の窓口で取得します。

この書類に記載すれば、医療費関する領収書・レシートを申告の際に提示する必要はありません。

医療費通知が申告手続きに使用可能

健康保険または国民健康保険の保険者から送付された「医療費のおしらせ」のことです。

この通知は医療機関を受診した加入者個人へ、年1回~6回送付されます(保険者によって送付回数は異なります)。

ただし、医療機関を受診した人がいなければ、ご自宅へこの通知が送付されることはありません。

次の項目が記載されていれば、医療費控除の明細書の記入を一部省略することができます。

医療費控除の明細書の記入を一部省略できる場合
  • 被保険者等氏名
  • 治療を受けた年月
  • 治療を受けた人の・診療所・薬局その他の者の名称
  • 被保険者等が支払った医療費の金額
  • 保険者名称

領収書の保管

税務署で明細書を提出すれば領収書の提示は必要なくなりましたが、即座に廃棄してよいわけではなく、申告者等が5年間大切に保管する義務があります。

なぜなら5年の間、税務署側が申告内容に疑義を持ち領収書の提出を求める場合もあるからです。

明細書の書き方

医療費控除の明細書には、領収書・レシートの他、前述した医療費通知分も転記することになります。

その場合には、医療費通知と、ご自分の保管していた領収書・レシートの内容と重複して転記することがないように、領収書の内容を確認しながら記載しましょう。

医療費控除の明細書に記載する事項は次の3点となります。

医療費控除の明細書に記載する事項
  1. 医療費通知に関する事項
  2. 医療費(上記1以外)の明細
  3. 控除額の合計

医療費通知に関する事項

こちらの事項は次の欄に医療費通知の内容を記載していきます。

(1)「医療費通知に記載された医療費の額」欄

ご自分が負担した医療費の合計額を記載します。

お知らせが複数送付された場合、その全てを合計し記入しましょう。

(2)「⑴のうち、その年中に実際に支払った医療費の額」欄

⑴の医療費で、その年中に実際支払った医療費の合計額を記載します。

医療費通知に記載された金額は、実際に支払った金額と異なる場合もあるので、その際には領収書の金額を優先します。

(3)「⑵のうち、生命保険や社会保険などで補塡される金額」欄

生命保険契約、損害保険契約等で受け取った保険金・給付金、高額療養費制度を活用し戻ってきたお金、出産育児一時金の金額を記載します。

なお、保険金などで補塡される金額は、その給付の目的となった医療費分の金額からだけ差し引かれるので、その給付の目的と関係のない医療費からは差し引かれません。

医療費(上記1以外)の明細

こちらの事項は次の欄に医療費通知以外の内容を記載していきます。

医療費通知との重複に注意して、領収書から必要事項を転記していきます。

記載項目
  1. 「医療を受けた方の氏名」欄:治療を受けた人の氏名を記入します。
  2. 「病院・薬局などの支払先の名称」欄:診療を受けた医療機関・医薬品を購入した薬局等の支払先の名称を記載します。
  3. 「医療費の区分」欄:医療費の内容として該当する項目を全てチェックしましょう。
  4. 「支払った医療費の額」欄:医療費控除の対象となる金額を記載します。
  5. 「⑷のうち生命保険や社会保険などで補塡される金額」欄:「1 医療費通知に関する事項」の差引金額の場合と同じです。

控除額の合計

控除額の計算を行い最終的に医療費控除額を算出します。

そこで、誤解をまねきがちな計算として上記「1」「2」双方の欄にもある「生命保険や社会保険などで補塡される金額」があげられます。

こちらの差引額を踏まえた事例をあげて、控除額を計算していきます。

[1]まず支払った医療費を確認する

もしも、1年間に申告する医療費が1つの病気またはケガのみであったならば、「生命保険や社会保険などで補塡される金額」で医療費が全額補填される場合、医療費控除額は0となり、還付金を受けることはできません。

ただし、支払った医療費が2つ以上ならば、まず保険金(給付金)等の請求原因となった医療費と、請求した保険金(給付金)等とは関係ない医療費を分けて計算することになります。

[2]実際に計算してみる

事例を挙げて計算してみると次のようになります。

(例)

医療費控除対象者

51歳男性(会社員)

年収630万円

1年間の医療費

A病院:炎症性多発性関節障害により27日間入院治療(医療費87万円)

B医院:医療費控除の対象となる自由診療の白内障手術(医療費56万円)

下りた保険金(給付金)は次の通りです。

A病院の入院治療→90万円分の給付金が支給

B医院の自由治療→給付金なし

①まずA病院の入院治療(医療費)で、生命保険会社から支払われた90万円分の給付金を計算します。

A病院の医療費87万円-給付金90万円=-3万円

-3万円なので0円となります。

②この場合は、B病院の医療費56万円分だけ依然として残っていますが、年収600万円の人なので10万円を更に差し引きます。

(A病院の医療費0円+B病院の医療費56万円)-10万円=46万円

46万円が医療費控除の対象になる金額です。

ただし、46万円全てが還付金として受け取れるわけではありません。

課税される所得金額によって還付金の額は大きく変わることになります。

保険の無料相談なら保険見直しラボ

確定申告の方法

医療費控除の明細書の計算はなかなか複雑だが、1年間に私の世帯で結構な金額の医療費を支払っている以上、税負担軽減のために是非利用したい。

確定申告の手順や必要書類について詳細を知りたい・・・。

こちらでは、確定申告の手順・必要書類、確定申告できなかった場合の対応について解説します。

確定申告の手順

次のような手順で確定申告を行いましょう。

確定申告の手順
  1. 控除の対象となる費用の領収書・レシート、医療費通知を用意します。
  2. 税務署の窓口等から確定申告書・明細書等の取得します。
  3. 各書類に必要事項を記載しましょう。
  4. 確定申告期間(2月16日~3月15日)に、ご自分の納税地を管轄する税務署へ提出します。
  5. 医療費控除で還付金が受け取れるならば、およそ3週間~1ヶ月半程度で指定口座へ振り込まれることになります。

申告期間までに余裕をもって必要書類を準備し、申告期間内になったらできるだけ速やかに申告しましょう。

確定申告の必要書類

必要書類は次の通りです。

各ケースによって添付する書類も追加されます。

基本的な提出書類

どなたでも共通して提出しなければならない書類は次の通りです。

確定申告書

国税庁のホームページ・各税務署窓口で取得します。

書類には押印を忘れずに行いましょう。

医療費控除の明細書

ご自分の世帯で1年間にかかった医療費の明細をまとめる書類です。こちらも国税庁のホームページや各税務署で取得します。

ただし、どうしても明細書の記載が難しいならば、平成31年までは明細書ではなく領収書を窓口に提出または提示しても構いません。

本人確認書類

マイナンバー(個人番号カード)がある場合:マイナンバー(個人番号カード)の両面の写しを貼付した添付台紙が必要です。

マイナンバー(個人番号カード)が無い場合:次の両方を準備することが必要です。

マイナンバーがない場合の必要書類
  • 番号確認書類の写し(通知カード、住民票の写し、住民票記載事項証明書のいずれか)
  • 身元確認書類(運転免許証、パスポート、在留カード等のいずれか)

職業や各ケースによって必要な提出書類

源泉徴収票

給与所得者の場合のみ必要です。

ご自分の勤め先から取得しましょう。

医療費等の領収書・レシート

平成31年までなら明細書に代えて領収書・レシートを添付または提示しても構いません。

医療費通知

前述した明細書の「医療費通知に関する事項」に記載したならば、医療費通知(原本)を添付する必要があります

オムツ使用証明書

寝たきりの人のオムツ代を控除対象とする場合、医師の発行したオムツ使用証明書の添付または提示が必要です。

温泉療養証明書

温泉利用型健康増進施設の利用料金を申告したい場合に、添付または提示が必要になる証明書です。

運動療法実施証明書

指定運動療法施設の利用料金を申告したい場合に、添付または提示が必要になる証明書です。

ストマ用装具使用証明書

ストマ用装具の購入費用を申告したい場合に、添付または提示が必要になる証明書です。

医師の診断書

B型肝炎患者の介護に当たり、同居の親族が受ける同ワクチンの接種費用を申告したい場合に、添付または提示が必要になる診断書です。

処方箋

白内障等の治療に必要な眼鏡の購入費用を申告したい場合、添付または提示が必要になる書類です。

医師によって白内障等一定の疾病名と治療を必要とする旨を記載された内容であることが条件です。

在宅介護費用証明書

市町村または認定民間事業者による在宅療養の介護費用を申告したい場合に、添付または提示が必要になる証明書です。

確定申告できなくても還付申告がある

何らかの理由で提出が確定申告期間に間に合わなくても、医療費控除以外に申告するものが無いならば、「還付申告」で申告しても問題ありません。

還付申告の場合は、確定申告期間とは関係なくいつでも医療費控除の申告ができます。

なお、この申告の猶予期限は還付金が発生した翌年から5年以内とされています。

【訪問・店舗型別】おすすめ保険相談窓口ランキング5選!

保険会社と商品の数が多すぎて、自分や家族に合ったものを自分で調べて選び、比較・検討するのは至難の技じゃないですか?

保険相談検討者

松葉 直隆

その通りですね。そこで、健康や体と同じくらい大切なあなたの「時間」も有効活用しませんか?

保険相談窓口を利用するきっかけ 見直し、新規加入

今なら保険の相談をしてアンケートに答えるだけ保険に加入しなくてもOK!)で豪華なプレゼントが貰えるチャンスが沢山!

このお得な機会を是非見逃さないで!

訪問型無料相談

保険の無料相談には、訪問型店舗型の2種類があるのをご存知ですか?

訪問型は、主に以下の項目に当てはまる方々にぴったり寄り添ってくれますよ!

訪問型の保険相談がおすすめな人 仕事が忙しくてなかなか時間がとれない 妊娠中や小さな子どもがいて遠出が難しい とれる時間が不規則で予測がつくのが直近になる 近くに店舗型の相談所が無い、あるいは調べるのが面倒

訪問型の無料相談は、あなたの求める場所と時間にプロが足を運んでくれる優れもの。

近くのカフェや喫茶店、ファミレスなど勝手を知る場所を指定できるのもメリットになりますね!

訪問型おすすめランキング1位 保険見直しラボ

生命保険の保険相談、無料の代理店ランキング1位は保険見直しラボ

新しく保険に加入するor保険を見直すなら人気の高い保険見直しラボがおすすめ!

保険見直しラボの特徴
  • 取扱保険会社約30社とトップクラス
  • 競合他社の中ではNO.1のベテランFP揃い
  • 何度でも無料で相談できる

保険見直しラボは、全国に約60拠点展開している国内最大級の訪問型保険代理店

「訪問型」なのでお客様のご希望の場所に、平均業界歴11.8年のベテランFPが来てくれます!

取扱保険会社数は約30社と、他保険代理店と比べてもダントツの多さ

相談は何度でも無料なので、保険見直しラボなら自分にぴったりの保険をオーダーメイドできますよ!

\1分で完了/

保険見直しラボ公式HPはこちら

保険見直しラボキャンペーン

生命保険相談 訪問・店舗型別おすすめ保険相談窓口 お得なキャンペーン

保険見直しラボでは保険の相談後にアンケートを答えるだけで、以下のプレゼントいずれかをもれなくプレゼント!

漏れなく選べるプレゼント!
  1. ゆめぴりか
  2. 宮崎県産熟成牛タン
  3. 高級雪室熟成豚
  4. タイ料理ペースト
  5. アルガンオイル
  6. 日本一醤油セット
  7. DALLOYAUのマカロン

キャンペーン詳細はこちら

訪問型おすすめランキング2位 保険コネクト

生命保険相談 訪問・店舗型別おすすめ保険相談窓口ランキング6

保険の悩みをプロに相談したいと考えている人は保険コネクトの利用をおすすめします。

保険コネクトの特徴
  • 2500人以上のプロが全国各地で対応
  • 経験5年以上等の評価項目を満たす優秀なFPのみ
  • お得な「優待サービス」1年間プレゼントキャンペーン中

保険相談した人の約90%が「満足した」と回答している保険コネクト。

全国各地にいる厳選した2500人以上のFPと提携しており、しつこい営業行為の禁止相談者からの評判が悪いFPへの紹介禁止などと、FPに関する厳しいルールを設けています。

保険コネクトでの相談はもちろん完全無料

保険コネクト公式HPはこちら

保険コネクトキャンペーン

生命保険相談 訪問・店舗型別おすすめ保険相談窓口ランキング6

保険コネクトでは今なら保険相談完了後にアンケートに回答するだけで、30,000種類以上のサービスをお得に受けられる「優待サービス」を1年間無料で利用できるプレゼントキャンペーンを実施中!

どれも日常的に使っているお店ばかりですね!

利用検討者

キャンペーン詳細はこちら

★訪問型無料相談の注意事項

あなたの都合に合わせてくれる力強い味方である訪問型の無料相談ですが、カフェやファミレスを利用する際に注意すべきことがいくつかあります。

見落としがちな注意点を以下にまとめましたのでご覧ください。

訪問型の保険相談で注意すべきこと 騒がしくならず、混雑しがちな時間は避ける 資料を広げたりプライバシーに関わる話が出るためテーブルの大きさやレイアウトを考慮する 自分が注文した飲食代は自分で払う

特にファミレスを利用する方は、テーブルは広くて良いですが騒がしい時間帯になると声が聞き取りづらくなったりすることも。

逆にカフェや喫茶店だと2人席に通されるとテーブルも狭くなったり、また隣の席との距離感が近くて個人情報が筒抜けの気分になる気がして落ち着けないかもしれません。

松葉 直隆

こういったことも考慮して、融通がきく場所を選ぶことができたら質の良い相談ができることと思います。

また、飲食代を出されてしまうと気まずさを覚えたりすることもありますから、ここは貸し借りなしで自分で支払うと良いですね!

訪問で一番人気の保険見直しラボの公式HPこちら

店舗型の無料相談

テレビのCMなどでお馴染みの店舗型の無料相談は、ご自身でその店舗の所在を調べて出向くかたちになります。

店舗型の相談がおすすめな人
  • ご自身の自宅近くに所在がある場合は申し込みをする必要もない場合もある
  • 気軽に来店できる
  • キッズスペースが確保されている店舗も多く小さいお子さんがいてもOK

店舗型おすすめランキング1位 保険見直し本舗

保険相談窓口ランキング厳選の6選

100万件の相談実績を持つ大手保険ショップの保険見直し本舗は、店舗型でありながら訪問も可能で柔軟性◎。

提携している保険会社数が40社以上なのは代理店トップクラス!取扱会社が多ければ多いほど、必然的に自分にぴったりの保険を見つけやすくなりますよね。

保険見直し本舗の特徴
  • 契約実績100万件を突破!
  • 提案から加入手続きを経てアフターフォローまでしっかりサポート
  • しつこい勧誘は営業方針として禁止している

保険見直し本舗の相談実績は、日本で最初に出来た保険ショップである「保険クリニック」の3倍以上の100万件!

全国に253店舗(2018年11月現在)すべてが直営店。保険相談だけでなくサービスやコンサルティング料も全て何度でも無料

保険見直し本舗がユーザーに選ばれ続ける理由を是非体験して下さい!

公式HPはこちら

予約フォームはこちら

店舗型おすすめランキング2位 保険相談ニアエル (旧ライフル)

保険相談窓口ランキング厳選の6選

保険相談ニアエル(旧ライフル)は、それ自体が特定の保険ショップを運営している訳ではなく、全国の保険ショップを検索・予約ができるポータルサイトです。

全国に1200以上の店舗と提携しているため、どこを選べばいいか悩む方には「おまかせ予約」というサービスも用意されており、最短1時間でピッタリな保険ショップ探してくれます。

保険相談ニアエルの特徴
  • 全国に1200店舗以上のショップと提携
  • 希望すれば女性スタッフを優先的に選択することが可能
  • しつこい勧誘は担当者変更や他措置も取られるため安心

そのため、HPでは保険ショップごとに女性スタッフやキッズスぺ―スの有無など、店舗情報も細かく確認することが可能。

保険相談ニアエル(旧ライフル)では保険相談所の主要な店舗はしっかり提携を結んでおり、この掲載店舗数は業界No.1の数字です。

保険相談ニアエル公式HPこちら

店舗型おすすめランキング3位 保険クリニック

保険相談窓口ランキング厳選の6選

保険クリニックは、全国に約190店舗展開する保険の代理店で、約20年の歴史がある老舗代理店です。

取り扱っている保険会社数は41店舗(2019年1月現在)、大手保険会社の生命保険はほぼカバーしているので頼もしいですね。

保険クリニックの特徴
  • アフターサービスまであり、一生涯のサポートを受けられる
  • 専門のコンサルタントは5つのマスター資格(家計・住宅ローン・介護・相続・年金)を所持
  • キッズルームが用意されている店舗が多い

保険クリニックは、何といってもアフターサービスがあることが強みだと言えます。

相談して終わりではなく、その後についても一生涯サポートしてくれる体制があるのは心強いですよね。

保険クリニックの公式HPこちら

保険代理店の特徴を表で徹底比較!

たくさんの代理店があって迷ってしまう方もいらっしゃると思いますので、ここで代理店を表にして徹底比較してみましょう!

訪問型代理店を表で徹底比較

▼スマホは比較表を横スライドできます

代理店名 公式 特徴 取扱数

保険見直しラボ

●全国に約60拠点展開

●平均業界歴11.8年のベテランFP

●選べる6つの嬉しいプレゼント!

30社

保険コネクト

●経験5年以上等の評価項目

●2500人以上が全国で対応

●1年間無料可能な優待サービスキャンペーン中!

44社

松葉直隆

約30社の保険の取り扱いがあり、キャンペーンも充実している保険見直しラボがおすすめです!

次に、店舗型の代理店を表にて徹底比較してみましょう。

店舗型代理店を表で比較

▼スマホは比較表を横スライドできます

代理店名 公式 特徴 取扱数

保険見直し本舗

●店舗型でありながら訪問も可能

●全国に253店舗(2018年11月現在)すべてが直営店

●契約実績100万件を突破!

40社

保険相談ニアエル(旧ライフル)

●全国に1200店舗以上のショップと提携

●保険代理店掲載数はダントツNo1

●女性スタッフやキッズルームなど詳細選択可

 

保険クリニック

●全国に約190店舗展開

●アフターサービスありで一生涯のサポート

●キッズルーム保持店舗が多く訪問サービスも充実

41社

松葉直隆

CMでもおなじみの保険見直し本舗は店舗数も多く、最寄りに店舗がない場合は訪問対応もしてくれるのでおすすめです!

面倒でも、可能な限り複数の無料相談所を利用するべき!

さて、ここまで無料の保険相談所をご紹介して参りましたがいかがでしょうか。

保険相談をしようと決心したのですが、どこの代理店を利用するかちょっと悩みましたね。

保険相談検討者

保険会社や保険商品と同じで、保険の代理店もたくさんあって迷ってしまう方も中にはいらっしゃるかもしれません。

松葉 直隆

保険相談書で相談をしたら保険に加入しなければいけないわけではないため、構えず、気軽に考えて大丈夫ですよ

そして、可能ならば1つの代理店ではなく複数の代理店で相談を受けてみましょう

複数人に担当してもらうメリット

なぜ相談を何度かしたほうが良いのですか?一回で済ませてしまいたいところですが…

保険相談検討者

注意

保険に限らずどの業界でも同じことが言えますが、担当してもらう人の質はやはり運という部分も無きにしもあらずです。

保険に限って言えば、保険の相談を何年もしてきている人もいれば、経験の浅い新人に担当される場合もあるでしょう。

こればかりは仕方がないことでもありますので、時間が許す限り、様々な代理店で相談をしてみることに損はありません。

松葉 直隆

面倒に思われるかもしれませんが、何十年と払うこともある生命保険です。この時ばかりは時間を作ってみても良いかもしれませんね。

複数の商品を知れるメリット

さらに、担当して下さる方によってはあなたに勧めてくる保険の商品も異なってくる可能性も十分にあります。

しかし、保険会社や保険商品は今や五万とある時代。

同じ商品を勧めて来られるほうが稀かもしれません。

松葉 直隆

ここでは、色んな商品を知ることができるキッカケでもありチャンスでもあると考えてみるのも良いと思います。
確かに、そうでもしないと色んな会社の生命保険を比較や検討はできないかもしれませんね。

保険相談検討者

勧めて来られるからには理由があります。

あなたにとってのベストな選択肢が増えることはメリットでしかないでしょう。

長い付き合いになる保険会社と商品とのお付き合い。

損をしないためには、少なくとも2つから3つの代理店に相談をして、比較することができるとなお良いでしょう。

一番おすすめな保険見直しラボ公式HPこちら

代理店で迷っているならまずはこの店舗へ!

ここまで、保険の見直しや新規加入を検討している方には、無料プロに相談できる保険の相談窓口をおすすめさせて頂きました。

保険商品は何十年も払い続けるもの。当然、契約する保険会社ともそれだけ長い付き合いになるということ。

多数ある保険会社に保険商品を洗い出して比較、検討するには時間も労力も限られてしまいます

相談窓口も今やたくさん存在する時代、もしもどこに相談しようか迷われているならば、保険ブリッジ読者にも一番人気の保険見直しラボを試してみてはいかがでしょうか。

生命保険の無料相談なら保険見直しラボがおすすめ!

 

保険見直しラボの特徴
  • 取扱保険会社約30社とトップクラス
  • 競合他社の中ではNO.1のベテランFP揃い
  • 何度でも無料で相談できる

保険のことが気になっている今こそ試すとき

保険見直しラボへ今すぐアクセス!

\1分で完了/

保険見直しラボ公式HPはこちら

【必読】保険の無料相談で得するために

上記でご紹介させて頂いた保険の相談ができるサービスは全て無料となっていますが、無料だからといってどこでも良いというわけではないですよね。

松葉 直隆

保険商品と同じで、少しでもあなたに合った相談窓口を選択できるために必要な情報をお伝え致します。

取扱い保険会社の数が多い窓口を選ぶ

保険会社を1つでも多く取り扱っていれば、それだけ選択肢が増えます

すると、一人ひとり、あるいは各ご家庭に合わせた最適な保険やプランを提案することが可能に。

逆に、取り扱っている保険会社の数が少なければ少ないほど、自社の保険を売るために押し売りに合ったりしかねません

さらに、選択肢も狭まり、保険の相談をする意味が失われてしまいかねません。

保険会社を多く取り扱っていて、その分多数の商品も熟知している保険の相談窓口や代理店、またFPを選択して利用するようにしましょう。

松葉直隆

取り扱い数が一番多いのが44社で保険コネクト、2番目に多いのは41社で保険クリニックです!

キャンペーンを利用する

これまでご紹介させて頂いた相談窓口をご覧のとおり、保険の相談窓口によっては時期によってキャンペーンを実施していることがあります。

保険相談のキャンペーンで商品券やプレゼントを無料で貰って得しよう!

無料で保険の相談をし、そののちに簡単なアンケートに答えるだけで対象となることがほとんど。

ということはつまり、保険を勧められたりしても加入しなくても対象になるんです!

このお得なキャンペーンを使わない手はないですよね!

松葉直隆

熟成牛タンは保険見直しラボで、1年間利用可能な優待サービスは保険コネクトでもらっちゃいましょう!

複数の保険会社で比較・検討する

先にも説明させて頂きましたが、時間が許す限り複数の窓口での相談、もしくは複数のFPに相談をすることをおすすめします。

複数人に担当してもらうメリット

保険だけに限った話ではありませんが、やはり担当する人の質は代理店によっても違いますし、代理店内であっても違うでしょう。

確かに、保険相談の実績のある人もいればそうでない人も当然いるでしょうし、代理店やFPによって提案する保険会社や商品も異なるのは至極当然のことかも…

保険相談検討者

このようなことも鑑みて、様々な代理店で相談が可能ならばしてみるに越したことはありません。

松葉 直隆

10年以上毎月支払い続けるあなたや家族にとって大切なお金です。

複数の商品を知れるメリット

代理店やFPによって、提案される保険の商品も違ってくることも想定されますよね。

様々な保険会社や商品を知るきっかけでもあり、選択肢が増えるチャンスだと思えば苦ではないかもしれませんね。

保険相談検討者

松葉 直隆

そうですね。10年以上も支払い続けるまとまったお金を、たった一度の相談や決断で決断してしまうのは実にもったいない話です。

可能であれば、2社3社、あるいは2名以上のFPに話を聞き、様々な商品に触れてより良い保険を選択できるのがベストだと言えます。

選ばれ続ける理由を実感。保険見直しラボ

医療費控除の注意点・その1

私の場合、医療費控除は何とか確定申告で提出できそうだ。

しかし、書類も多くナカナカ簡単な作業ではない。

申告の際、注意しなければならない点があれば是非詳細を知りたい・・・。

こちらでは、記載や領収書の保管に関しての注意点を解説します。

医療費通知だけを過信しない

医療費通知があると申告の際に大変便利ですが、お知らせの内容に次のような記載があれば注意も必要です。

例えば「平成30年3月以前に発送した医療費のお知らせについて、確定申告時の資料として使用できません。」という内容です。

この内容が記載されていれば、平成30年3月以前の通知書は医療費控除の内容を証明する書類となりません。

また、医療費通知の金額と、医療費支払いの際に受け取った領収書の金額とが異なっていた場合、領収書の金額が優先されます。

そのため、医療費通知があるからといって即座に領収書を破棄することは避けましょう。

領収書はしっかり保管する

医療費控除はご自分や世帯員にかかった医療費を全て合算して申告できます。

ただし、申告した医療費分の領収書は大切に保管しなければなりません。

そのため、ご自分や家族の医療費を、支払った月別にクリアファイルに入れ、1年ごとにそのファイルを収納フォルダーまとめた上で保管しておくことが良いでしょう。

その際に、保管用に使う引き出しを決めていれば、ファイルや収納フォルダーごと紛失するということはなくなります。

日ごろから一家の大黒柱であるご主人が、妻や子にかかった医療費の領収書を集めて保管することがおすすめです。

領収書がなかったら

領収書を紛失した場合、まずご自宅を探すことが先決です。

それでも見つからない場合は、医療機関側に再発行を依頼しましょう。

どの医療機関でも再発行に応じてくれるとは限りませんが、大きな医療機関や、領収書をコンピュータ化して管理している医療機関では対応してくれる場合もあります。

その場合には、「領収額証明書」または「支払証明書」という形で、医療費を証明する書類が発行することになります。

しかし、この証明書の発行は有料となり、医療機関によってそれぞれ料金が異なります。

手数料によっては数千円に上ることがあるので、控除申告で還付されるお金と、どちらが高いかを計算してから再発行を依頼しましょう。

また、医療機関へ向かうことに利用した公共交通費の場合は、そもそも領収書の取得が難しいこともあります。

その場合には、ご自分で明細(一覧表)を作成し大切に保管しましょう。

記載しておくべき項目
  • 医療機関で治療を受けた本人氏名
  • 続柄
  • 治療を受けた年月日
  • 通院・入院した医療機関(診療科も記載)
  • 通院費用
  • 備考欄

セルフメディケーション税制との併用は不可

セルフメディケーション税制は平成29年(2017年)1月1日からはじまった医療費控除の特例です。

セルフメディケーション税制は、一部の市販薬を購入した際に所得控除が受けられる制度です。

この制度の対象となる市販薬を、年間1万2,000円を超えて購入した分から申告対象となります。

一見すると、医療費控除と合わせて申告すれば非常にお得と言えますが、残念ながら医療費控除との併用は認められていません。

そのため、医療費控除またはセルフメディケーション税制のどちらで申告するかを決める必要があります。

医療費控除の注意点・その2

給与所得者であっても、初めての確定申告でスムーズに手続きできるなら問題ないが、やはり記載ミス等のトラブルは付きものだろう。

このトラブルに対処する方法について詳細を知りたい・・・・。

こちらでは、申告の際に困ってしまうケースの対処方法を解説します。

申告で困ってしまうことも

特に給与所得者の方々は慣れない確定申告で、記載ミスや申告の内容に関して、その判断に迷うこともあるでしょう。

次のようなケースが想定されます。

申告で困ってしまった際の対処法
  • 金額等の記載ミスをしてしまった→後述する訂正申告または修正申告を行います。
  • 確定申告をしたいものの保険金額が未確定→確定申告する年の間に、医療費から差し引く保険金等の金額が確定しなかった場合、まず保険金の見込み額で確定申告し、その後保険金額が確定したら修正申告または更正の請求を行います。
  • 保険金の受け取りが年をまたいで翌年になった→この場合は、取得した保険金は支払った医療費を賄うお金と考えられるので、保険金額が当年中に確定していたら、あくまで医療費控除から差し引く保険金等は「当年度の扱い」になります。

訂正申告で対処する

確定申告期限内に誤りを訂正したい場合、申告手続き自体は前に行った確定申告と同様です。

訂正申告の際に用意する書類
  • 訂正した申告書:申告書の上部に赤色のペンで「訂正申告」と記載しましょう。
  • 前に提出した申告書(控え)
  • 申告に必要な添付書類:「4-2.確定申告の必要書類」で記載されている必要書類を参考にしてください。

この段階で訂正したならば、税務署より何らかのペナルティを受けることはありません。

更正請求で対処する

確定申告の後に、税金が軽減されるとわかったなら「更正の請求」を行います。

この請求は「更正の請求書」で行います。

この更正の請求を行う場合は、法定申告期限から5年以内に税務署の窓口へ提出する必要があります。

更正の請求をしなくても税務署からペナルティが課せられるケースはほとんどありません。

ただし、ご自分が還付金を受けられる機会も逸することになるので、還付を受けたい場合は必ず申告しましょう。

修正申告で対処する

税金を少なく申告していた場合が該当します。

こちらの場合は「修正申告書」を提出する必要があります。

誤りに気づいたら速やかに申告することが必要です。

なぜなら放置すればそれだけ延滞税がかかってしまうからです。

申告の際にはこの延滞税を含めて納税を行う必要があります。

更に、税務署の調査を受けた後で申告すると、新たに納めることになった税額の他、過少申告加算税がかかるケースもあります。

保険見直しラボの公式HPこちら

まとめ

医療費控除の行う場合には確定申告が必要です。

申告に慣れていない方々には簡単な作業といえませんが、正確かつ正直な記載が求められます。

『保険相談したいけど、結局どこがおすすめ?』

店舗よりも自宅やカフェで相談できる方が移動が楽な上に、保険は一度きりで決められないこともあるはず。
そこで強くおすすめしたいのが、訪問型の無料保険相談サービスである、『保険コネクト 』です。

所属する全てのFP(ファイナンシャルプランナー)が44社全ての保険を扱うことのできる日本最大級の保険代理店です。
保険業界の経験者を採用しており2500人以上と、他社よりも精鋭のベテラン揃いです。

保険相談は結局のところFPが信頼できるかに左右されるため、保険のことは、まず最初に「保険コネクト」で無料相談をしてみるのがよいでしょう。

 「保険コネクト 」を見る