保険口コミ

倒産防止共済は頼りになるの?倒産防止共済の特徴と注意点を詳細解説!

倒産防止共済とは、あなたの会社の取引先が倒産したことによって、連鎖的にあなたの会社が倒産または経営難に陥らないようにする共済制度です。

ある日突然、取引先が倒産して売掛金が回収不能になってしまうこともあります。頼りにしていた売掛金が回収できず、その結果、買掛金を支払えなくなってしまう緊急事態が発生するかもしれません。

そんな不測の事態に備えて、倒産防止共済に加入していれば、売掛金等の回収が困難になった場合、共済金の貸付が受けられることになります。

この共済は公的な団体が運営しており、あなたの会社が前述した事態に陥ったときに非常に役に立つ共済です。

倒産防止共済は、中小企業を対象にしており、加入要件は製造業・卸売業・サービス業・小売業等の各業種によって、資本金・従業員数の範囲が決められています。

そこで今回は、倒産防止共済の加入資格や申込み手続きの方法、共済の特徴や注意点について説明します。

この記事を読めば、倒産防止共済の基本的な知識を得ることができ、事前の備えとして加入するかどうかを検討する際、良い参考資料の一つになるでしょう。

目次

1.倒産防止共済について

  • 1-1.倒産防止共済とは
  • 1-2.怖い「連鎖倒産」
  • 1-3.倒産防止共済を扱う機構について

2.倒産防止共済に加入したい!

  • 2-1.加入資格
  • 2-2.申込手続きについて
  • 2-3.手続きに必要な書類

3.倒産防止共済の特徴その1

  • 3-1.貸付とは
  • 3-2.取引先が倒産した場合
  • 3-3.急な資金が必要になった場合

4.倒産防止共済の特徴その2

  • 4-1.掛金とは
  • 4-2.掛金の損金算入
  • 4-3.解約した場合に掛金はどうなる?

5.倒産防止共済の注意点その1

  • 5-1.倒産防止共済と法人保険
  • 5-2.共済に足りない点
  • 5-3.共済と法人保険に双方に加入する

6.倒産防止共済の注意点その2

  • 6-1.その他の注意点
  • 6-2.解約のタイミングを考える
  • 6-3.取引先の倒産で共済金を借りる前に

7.まとめ

続きを読む

生命保険と医療保険、本当に両方必要?簡単にわかる保険選びのポイント

生命保険や医療保険に加入していますか?

「テレビを観ていると、最近保険のコマーシャルがたくさん流れている」「ショッピングモールに出かけると保険相談窓口の看板がよく目に入る」などの理由で生命保険や医療保険について真剣に考えたいと思う人が増えてきています。

その一方で、書店には「保険はいらない!」と主張する本が並んでいることもあり、あえて「保険に入らない」という選択をしている人もいるようです。

保険に関する情報が溢れかえっている現代。実は、しっかりとその情報を整理していくことで、あなたにとって保険が本当に必要なのかということが見えてきます。この記事では、ライフステージ別の保険の必要性を見極めるポイントや、保険選びのコツを解説していきます。

目次

1.生命保険と医療保険違いとは?

1−1.生命保険とは

1−2.医療保険とは

1−3.生命保険と医療保険の難しい言葉の定義

1−4.保険はセットで入るべき?

2.保険を選ぶ前に知っておきたいことは?

2−1.よくある疑問、「平均的な保険料」って?

2−2.死亡保険金の必要性とは?

2−3.医療費ってどれくらい?知っておきたいあなたを助ける公的制度

3.ライフステージ別保険の選びかた

3−1.独身者の場合

3−2.結婚して家族が増えたら?

3−3.主婦や子どもの保険はどうする?

3−4.退職は保険を見直すべきタイミング?

4.保険が出なくてトラブルになるパターン

5.持病がある場合の保険

5−1.告知の仕組み

5−2.緩和型保険とは?

6.保険相談ってどうやってするの?

7.まとめ

続きを読む

あなたの医療保険に通院保障はついていますか?知っておきたい通院あれこれ

万が一に備えて、医療保険を活用している方は年々増加傾向にあります。

なぜならば、インターネットを通じて様々な情報が入手可能な昨今、私たち日本人の主たる死亡要因が明確になり、それに対しての備えが重視されているからに他なりません。

しかしながら、私たちは疾病罹患による入院/手術などの医療費を、具体的にイメージ出来ているとは言い難いのが現状ではないでしょうか。

「医療費=高額」と言う漠然とした畏怖が、医療保険の加入増加へと繋がっているのも、また事実です。

このような背景のもと、様々なニーズに応えるべく、多種多様な医療保険が台頭しており、その内容は微に入り細を穿つ状況です。

端的に申し上げると、「分かりにくい」のです。

「医療保険=手術/入院/通院」と幅広く疾病をフォローしてくれると思いがちですが、実は契約内容によって、その保障範囲は大きく異なります。

中でも医療技術の進歩で、「通院治療」と言う新たな選択肢が生まれた昨今、この部分は決して無視できない、手厚くしておくべき保障と言えるでしょう。

そこで今回は、医療保険全般の基礎知識から、通院保障の必要性など、知っておくべきポイントを、ご一緒に押さえてまいりましょう。

目次

1.医療保険とは
1.1医療保険の種類

2.公的医療保険で受けられる保障
2.1医療費の自己負担割合
2.2自己負担限度額
2.3先進医療

3.私的医療保険とは
3.1入院給付金
3.2手術給付金

4.定期医療保険とは
4.1定期医療保険の種類と特徴
4.2メリット/デメリット

5.終身医療保険とは
5.1終身医療保険の種類と特徴
5.2メリット/デメリット

6.医療保険の特約
6.1治療全般への備え
6.2特定疾病への備え
6.3通院への備え
6.4備えに対する生命保険の考え方

7.通院保障付きプラン
7.1 30歳プラン例
7.2 40歳プラン例
7.3 50歳プラン例

8.まとめ

続きを読む

地震保険が必要な理由を教えます!基本からしっかりと学びましょう!

「地震保険ってよく聞くけど、本当に必要な物?」や「いろいろな所で地震が起こっているから心配」など地震保険が本当に必要なのか、また地震保険ってどのようなモノかはっきりと解っていない方も多いのではないでしょうか?

ここ数年で、大きな地震が多く発生し、地震保険への関心も高まりつつあります。

しかし、地震保険と言うモノをしっかりと把握し、その必要性を理解している方は実は少ないのが現状と言えるのです。

そこで、この記事では、地震保険の基本的なところや火災保険との関係性から加入率や地域別で保険料が違う理由などを解説し、地震保険の必要性に迫っていきます。

この記事を読んだ後に、地震保険とはこんな保険で、こんな時に必要なのだよ!と周りに教えられるぐらいの事を書いていきます。

そして、万が一大きな地震に遭った時にも、困らないようになっておきましょう。

地震はいつ起こるかわからないモノですので、万が一の時の為にしっかりと備えておきましょう。

目次

1.地震保険とは

1.1地震保険の基本

1.2建物と家財

1.3地震保険の考え方

2.火災保険との関係性

2.1火災保険とは

2.2支払事由の違い

2.3加入方法

3.地域別の保険料の差

3.1地震保険料の地域差とは

3.2保険料の差の理由

3.3料率の違いがあるという事は?

4.加入率と付帯率

4.1全体の加入率と付帯率

4.2地域別の加入率と付帯率

5.保険金の支払い例

5.1保険金の支払いについて

5.2建物の保険金支払い例

5.3家財道具の場合

6.保険料控除

7.必要性

8.まとめ

続きを読む

最強の県民共済!?埼玉県民の特権、埼玉県民共済の魅力と実力は?

ほぼ全ての都道府県で加入することができる「県民共済」。内容は全国どこでも同じだと思っている方も多いのではないでしょうか?

実はその保障やサービス内容は全国様々。その中で、最近注目を集めているのが「埼玉県民共済」です。

埼玉県は県民共済の発祥の地。全国の共済の中でも最も長い歴史を持ち、保障内容も全国トップクラス。今や埼玉県民の2.5人に1人が加入している人気の共済です。

病気や死亡の保障の充実だけではなく、若者たちの間では「県民共済で作ったスーツが最高!」「県民共済で結婚式を挙げたけど、安く素晴らしい式になった」「県民共済でお得に快適な家が建った」など共済のイメージとはかけ離れた会話が繰り広げられています。

他県民からも羨望の眼差しが向けられている埼玉県民共済。この記事では、埼玉県民共済の様々なサービス内容と、共済の最も重要な役割である「保障」の真の実力について徹底解説していきます。

目次

1.埼玉県民共済とその多様なサービスとは?

1−1.そもそも「共済」って何?

1−2.こんな時の保障があります

1−3.これが目的で加入する人も!?予想外のオプション内容

1−4.誰がどうすれば加入できる?

2.「医療・生命共済」とは?

2−1.保障内容は?

2−2.魅力的なポイントまとめ

2−3.実力やいかに?

3.2017年9月に新登場「新型・県民共済」とは?

3−1.保障内容は?

3−2.魅力的なポイントまとめ

3−3.実力やいかに?

4.「熟年型共済」とは?

4−1.保障内容は?

4−2.魅力的なポイントまとめ

4−3.実力やいかに?

5.「こども共済」とは?

5−1.保障内容は?

5−2.魅力的なポイントまとめ

5−3.実力やいかに?

6.「埼玉県民共済」気をつけたいことまとめ

7.まとめ

続きを読む

中小企業の退職金制度への活用に向いている法人保険を詳細解説!

中小企業の経営状態は事業所によって様々です。また、起業して間もない企業もあれば、経営の基盤が固まりつつある企業もあります。

経営者の中には福利厚生、特に経営者ご自身と役員、従業員の退職金制度を整えたい方もいらっしゃることでしょう。

その際に注意すべきなのは、退職金を用意する際に加入する法人保険にも、経営者・役員の退職金に利用しやすい法人保険と、従業員の退職金に利用しやすい法人保険があることです。

それぞれの中小企業の資金状況等を踏まえて、法人保険へ無理のない加入契約をする必要があります。

今回は、退職金制度とはそもそも何か?経営者・役員、従業員の退職金に利用しやすい法人保険の種類を説明し、各保険のおすすめ商品も紹介します。

この記事を読めば、退職金制度について、退職金の用意に向いている法人保険の基本的な知識を得ることができ、保険選びの有効な一資料となるはずです。

目次

1.退職金制度について

  • 1-1.退職金制度とは?
  • 1-2.死亡退職金とは?
  • 1-3.経営者・役員、従業員の退職金として利用しやすい法人保険
  • 1-4.公的な共済制度も活用できる

2.長期平準定期保険について

  • 2-1.長期平準定期保険とは
  • 2-2.長期平準定期保険のメリット・デメリット
  • 2-3.長期平準定期保険のおすすめ商品

3.逓増定期保険について

  • 3-1.逓増定期保険とは
  • 3-2.逓増定期保険のメリット・デメリット
  • 3-3.逓増定期保険のおすすめ商品

4.全額損金定期保険について

  • 4-1.全額損金定期保険とは
  • 4-2.全額損金定期保険のメリット・デメリット
  • 4-3.全額損金定期保険のおすすめ商品

5.養老保険について

  • 5-1.養老保険とは
  • 5-2.養老保険のメリット・デメリット
  • 5-3.養老保険おすすめ商品

6.終身ガン保険について

  • 6-1.終身ガン保険とは
  • 6-2.終身ガン保険のメリット・デメリット
  • 6-3.終身ガン保険おすすめ商品

7.まとめ

続きを読む

マイカー共済はおすすめか?自動車保険との違いを解説します!

「自動車保険を節約したい」・「共済は安いと聞いたけれど補償面などが心配」と言った事をよく聞きます。

自動車保険は自動車を保有している方であれば9割以上の方が加入している事でしょう。

そして、近年ではネット系の自動車保険のCMなどで安さをアピールする保険会社も増えています。

そんな中で、共済にも自動車保険があるのをご存知ですか?

決して共済の保険をすすめる訳ではないですが、選択肢の1つとして情報があった方が良いですよね?

共済と言われると、生命共済や火災共済が有名ですが、自動車に関する補償であるマイカー共済なども有るのです。

しかし、保険会社とは少し違う共済という事で、その内容などを知らない方が多いのが現状と言えるでしょう。

そこで、元損害保険の代理店をしていた立場から、マイカー共済と一般的な自動車保険の違いや、事故の時の対応や評判なども含めて、どのような商品なのかを解説していきます。

情報の1つとして、「共済でも良いな!」と思うのであれば共済を選択し、「やっぱり一般の自動車保険が良いな!」と思うのであれば一般の自動車保険を選択してください。

あくまでも、保険を知っている立場での解説なので、決めるのはこの記事を読んでいるあなたです。

目次

1.共済とは

1.1全労済

1.2CO-OP(コープ)共済

1.3JA共済

1.4各都道府県民共済

2.自動車保険との違い

2.1補償の違い

2.2等級制度の違い

2.3保険料の違い

3.マイカー共済とは

3.1マイカー共済の特長

3.2マイカー共済のメリット・デメリット

3.3事故を起こした時の対応

4.マイカー共済の内容

4.1基本補償の内容

4.2特約について

4.3付帯サービス

4.4掛金

5.マイカー共済の評判

6.マイカー共済はおすすめか?

6.1代理店系の自動車保険との比較

6.2インターネット系の自動車保険との比較

7.まとめ

続きを読む

経営者の退職金は生命保険で積み立てるべき?詳しく解説します!

会社経営者の方々は、「経営者や役員の退職金の準備は生命保険を活用するべき!」というお話を聞いて、法人保険に興味がある皆さんもいらっしゃることでしょう。

法人向けの保険には、保険会社へ支払う保険料の一部または全部を「損金(=経費)」として、法人税の節税に役立てたり、解約返戻金を退職金に充てたりすることのできる保険商品があります。

ただし、どんな保険でも法人に有利な条件で節税をすること、退職金を積み立てることができるわけではありません。

法人向けの生命保険には、様々なタイプの保険商品があり、その商品ごとにメリット・デメリットが存在します。

経営者等の退職金を目的に積み立てる保険の特徴を十分に理解し、ご自分の会社や経営者・役員の現状に見合ったベストな保険を選ぶことが大切です。

今回は、経営者・役員の退職金の積立に有利な生命保険の種類と特徴、おすすめの保険商品をご紹介します。

この記事を読めば、退職金の積立を目的とした法人向け保険の基本的な知識を得て、保険選びの際の有力な参考資料になることでしょう。

目次

1.法人保険について

  • 1-1.法人保険とは
  • 1-2.法人保険のメリット
  • 1-3.経営者の退職金の積み立てに向いている法人保険

2.長期平準定期保険について

  • 2-1.長期平準定期保険とは
  • 2-2.長期平準定期保険のメリット
  • 2-3.長期平準定期保険のデメリット

3.長期平準定期保険のおすすめ商品

  • 3-1.東京海上日動あんしん生命保険「長割り定期」の概要
  • 3-2.長割り定期の特徴
  • 3-3.長割り定期の注目点

4.逓増定期保険について

  • 4-1.逓増定期保険とは
  • 4-2.逓増定期保険のメリット
  • 4-3.逓増定期保険のデメリット

5.逓増定期保険のおすすめ商品

  • 5-1.マニュライフ生命「プロスペリティ新逓増定期保険」の概要
  • 5-2.プロスペリティ新逓増定期保険の特徴
  • 5-3.プロスペリティ新逓増定期保険の注目点

6.全額損金定期保険について

  • 6-1.全額損金定期保険とは
  • 6-2.全額損金定期保険のメリット
  • 6-3.全額損金定期保険のデメリット

7.全額損金定期保険のおすすめ商品

  • 7-1.ネオファースト生命「ネオdeきぎょう」の概要
  • 7-2.ネオファースト生命「ネオdeきぎょう」の特徴
  • 7-3.ネオファースト生命「ネオdeきぎょう」の注目点

8.まとめ

続きを読む

JAの保険って!?絶対知っておくべき『JA共済保険』を徹底解説します

終身保険や、医療保険などの保険商品を検討する時に、必ず、引き合いに出されるのが、『共済保険』です。

中には、「なにか、ひとつ保険に入るなら」と、実際に、周囲の人から、おすすめされたことがある方も、多くおられるかもしれませんね!

特に、JAの共済保険は、「JAの保険」として、TVやCMなどでも、目や耳にしない日がないほど、盛んに宣伝されていますよね。

でも、「JAの保険」って、いったい、どういうものなのか、そもそも生命保険会社の保険とどう違うのか、実は、「よくわからない」と思われている方も、多くおられるのではないでしょうか?

JAの共済保険に限らず、基本的に、共済保険(共済)とは、月々の掛け金がリーズナブルで、気軽に加入できるタイプの保険となっています。

今回は、そもそも「JAの保険」とは何なのか、どういった点が魅力なのか、じっくり解説していきます。

JAの共済保険と、民間の保険商品との比較もしていきますので、ご自身の納得の保険選びために、是非、参考にして下さいね!

目次

1.生命保険とはナニが違うの?
1.1JAの保険と生命保険は、こう違う!

2.JAの共済保険のメリットって?
2.1割戻金がある!
2.2出資配当金がある!
2.3利便性がある!

3.誰でもJAの保険に加入できる?
3.1.正組合員になる
3.2.準組合員になる

4.JAの保険の種類って?

5.JA共済の「ひと」に関する保険
5.1生命保険会社でお取扱いされているタイプ
5.2損害保険会社でお取扱いされているタイプ
5.3生命保険会社、損害保険会社の両方でお取扱いされているタイプ

6.JA共済の「いえ」に関する保障

7.JA共済の「くるま」に関する保障

8.JA共済と他の生命保険を比較してみよう!
8.1JA共済の終身保険とオリックス生命『ライズ』の違い
8.2JA共済の医療保険とオリックス生命『新CURE』の違い

9.まとめ

続きを読む

がん保険は一時金のみという選択肢もあり!必見のメリット・デメリット

がん保険に加入するなら、一時金のみという選択肢もあり!

がんは国民の3人に1人は掛かると言われている疾病で、がんに関する保障は考えておきたいですが、がんと一言でまとめて沢山の治療法があり、一部では保障できない治療も出てくる可能性があります。

そこで、一時金のみで加入するメリットがあり、この記事ではがん保険を一時金のみで加入するメリットやデメリット、おすすめのがん保険などについてご紹介しているので、がん保険を一時金のみで加入することを検討しているなら、絶対チェック!

目次

1.がん保険についておさらい

1.1 がん保険とは?

1.2  医療保険との違い

1.3 がん保険の必要性

2. 一時金だけじゃない!がん保険の保障について

2.1 入院給付金

2.2 手術給付金

2.3 一時金

2.4 その他の保障

3. がん保険を一時金のみで加入するメリット

3.1 がんで必要になる治療

3.2 新しい治療法も出ている

3.3 融通が効きやすい保障

4.がん保険を一時金のみにするデメリットは?

4.1 他の保険でのカバーが必要

4.2 入院になった場合に痛い

4.3 計画的な保険金の活用が必要

5. 一時金のみで加入するならお勧めのがん保険

5.1 がん保険days

5.2 がんベスト・ゴールドa 

5.3 ガードエックス

6.がん保険で必要になるかもしれない費用

6.1 短期的なもの

6.2 長期的なもの

6.3 先進医療

7.まとめ

続きを読む

今からでも遅くない。終身保険のおすすめを活用し資金準備をする方法とは?

「終身保険」の名称は、保険商品を選ぶ際にも聞いた事がある名前だと思います。

でも、実際に終身保険とは何かについて改めて考える機会は少ないと思います。現在は、数多く特徴のある保険商品が販売されていますが、その1つ1つをじっくり考える、研究する機会は少ないと言えます。今は、保険会社の提案任せで保険商品に入る時代は終わっています。如何に自分たちで商品の内容を吟味できるかが大切。

一生の中で、自分や家族を守る商品だからこそ、今一度、保険商品について考えてみる機会を設けてください。

今回は、その中でも継続的に人気のある「終身保険」について整理していきます。

目次

1:終身保険を知ろう

1-1:終身保険とは

1-2:終身保険の基礎知識

1-3:基本の考え|死亡保障は整理費用と考える

2:終身保険の種類を整理

2-1:低解約返戻金型終身保険

2-2:積立利率変動型終身保険

2-3:変額保険

2-4:外貨建て保険

3:終身保険のメリット・デメリット

3-1:終身保険のメリットを知ろう

3-2:終身保険のデメリットに注意

4:終身保険の活用方法

4-1:賢く利用_終身保険を「教育資金」に

4-2:賢く利用_終身保険を「老後資金」に

5:終身保険のおすすめ(人気ランキング上位をご紹介)

5-1:第1位 オリックス生命

5-2:第2位 アフラック

5-3:第3位 メットライフ生命

6:まとめ

続きを読む

今の医療技術には通院保険が必須?その理由を知って金銭的な負担を解消!

医療技術は日進月歩進歩しています。

そうした中で、入院日数が短くなっている事を知っていますでしょうか?現在の医療技術では、通院による治療が増えて来ています。

その事から、医療保険でも通院の保障が注目を浴びつつあります。

今回の記事では、医療保険の通院保障について基本的な所から解説していきます。

改めて医療保険の通院について考えて見ましょう。

目次

1:そもそも通院保険て何?

2:通院保険のメリット、デメリット

2-1:メリットとは?

2-2:デメリットとは?

3:通院保険は必要なの?

3-1:通院治療の現状

3-2:本当に必要かを検証

4:「がん治療」には通院保険!

4-1:がん治療は通院治療がメインの時代に

4-2:入院治療者数と通院治療者数の推移

4-3:がん保険と通院保険

4-3-1:基本的な保障

4-3-2:違いは「給付条件」にあり

4-3-2:もう1つの違い。「保障日数」

5:通院治療の税金処理

6:今人気の通院保険

6-1:オリックス生命 新CURE

6-2:メットライフ生命 終身医療保険フレキシィ

6-3:FWD富士生命(旧AIG富士生命) 医療ベスト・ゴールド

6-4:三井住友海上あいおい生命 &LIFE 新医療保険A(エース)プラス

6-5:東京海上日勤あんしん生命 メディカルkit NEO

7:まとめ

続きを読む

全額損金の保険とは何か!?保険の特徴とおすすめの保険商品を解説!

全額損金の保険・・・・?はたしてそんな個人向けの保険があったか?確かに損金と言う概念は個人向けの保険にはありません。

全額損金の保険とは法人向けの保険を言います。ご自分が経営者であれば、法人として保険に加入する場合、「一部損金」「全額損金」として計上できるというメリットがあります。

個人事業主の場合ならば、売上を得るためにかかったお金は「費用」として計上することができます。この計上された費用を「経費」といいます。

一方、法人の場合は、個人事業主の計上する「費用」にあたるのが「損金」です。つまり、全額損金の保険は「節税に役に立つ」保険と言うことです。

そこで今回は全額損金にできる保険について説明します。全額損金にできる保険のメリット、デメリットを解説し、全額損金にできる保険でおすすめの商品を紹介していきます。

この記事を読めば全額損金の保険の基本的な知識と、特徴および注意点を知ることができ、保険選びの良い参考資料になるはずです。

目次

1.損金について

  • 1-1.損金とは
  • 1-2.法人保険の損金がメリットになる場合
  • 1-3.法人保険の損金がデメリットになる場合

2.保険料を損金にできる法人保険

  • 2-1.全額損金
  • 2-2.1/2損金
  • 2-3.1/3損金

3.全額損金の法人保険について

  • 3-1.全額損金の法人保険とはどんなタイプの保険か?
  • 3-2.全額損金のメリット
  • 3-3.全額損金のデメリット

4.ネオファースト生命「ネオdeきぎょう」について

  • 4-1.ネオファースト生命とは
  • 4-2.ネオdeきぎょうの保険内容
  • 4-3.ネオdeきぎょうの注目点

5.FWD富士生命「生活障がい定期保険」について

  • 5-1.FWD富士生命とは
  • 5-2.生活障がい定期保険の保険内容
  • 5-3.生活障がい定期保険の注目点

6.東京海上日動あんしん生命 「災害保障期間付定期保険」について

  • 6-1.東京海上日動あんしん生命とは
  • 6-2.災害保障期間付定期保険の保険内容
  • 6-3.災害保障期間付定期保険の注目点

7.まとめ

続きを読む

貯蓄型保険なら養老保険!ずばり比較してみました!

「老後資金の確保や、子や孫に何がしかを残したい」

そんな気持ちから、養老保険は数ある保険商品の中でも、根強い人気があります。

しかしながら、マイナス金利の導入により、生命保険各社は支払保険金の確保や、高利率な商品のデメリットを受け、その多くを見直し、販売停止や保険料増額の道を、選ばざるを得ない局面を、迎えることとなりました。

中でも貯蓄型に該当する、「学資保険」「養老保険」と言った商品が、その波による影響を大きく受けました。

それは一体なぜなのでしょうか?

その状況が指し示すのは、ずばり「高金利」であり、私たちユーザーには大きなメリットとなる実情が、保険会社にとってはデメリットとなるからに、他なりません。

そこで今回は、高金利を誇る「養老保険」にスポットを当て、様々な角度からそれぞれを比較検討してまりたいと思います。

目次

1.生命保険の基礎知識
1.1生命保険の役割
1.2主契約で見る生命保険
1.3一般的な特約

2.公的年金の現状
2.1公的年金制度のしくみ
2.2受け取れる年金額
2.3受給条件
2.4受給開始年齢

3.老後に待ち構える実情
3.1必要な生活費
3.2ゆとりある生活費
3.3人生を通してみた場合の費用目安

4.かんぽの養老保険
4.1新フリープラン
4.2新フリープラン(短期払込型)
4.3新フリープラン(2倍保障型)
4.4新フリープラン(5倍保障型)
4.5新フリープラン(10倍保障型)
4.6新一病壮健プラン

5.ソニー生命の養老保険
5.1 5年ごと利差配当付養老保険/無配当養老保険
5.2特殊養老保険(無配当)
5.3米ドル建養老保険(無配当)
5.4米ドル建特殊養老保険(無配当)
5.5変額保険 有期型(無配当)

6.損保ジャパン日本興亜ひまわり生命保険の養老保険
6.1無配当養老保険/5年ごと利差配当付養老保険

7.明治安田生命の養老保険
7.1養老保険

8.ニッセイの養老保険
8.1みらいのカタチ養老保険

9.まとめ

続きを読む

退職金を保険で準備!?企業に頼るだけではなく自分で備えよう!

「退職金」がある会社が多いのに、自分の会社には制度がない。自分は経営者だから退職金は無い。と考えている方はいらっしゃいませんか?

確かに、「退職金」があると将来の定年時や退職時には安心です。しかし、日本で全ての企業に「退職金」がある訳ではありません。

では、そういった会社に入社した際には諦めるしかないのでしょうか。

いいえ、諦める必要はありません。制度が無ければ、自分で準備をしていくだけなのです。

そこで、今回は保険商品を活用した「退職金」の準備について、「経営者視点」「従業員視点」の2方向から今からできる対策について見ていきましょう。しっかりと準備する方法を見つけてください。

目次

1:退職金とは何?

1-1:退職金とは何者?

1-2:退職金の相場

1-3:法律的な側面で

2:経営者の退職金

2-1:なぜ、保険を活用するの?

2-2:保険を活用する際のメリット、デメリット

2-3:短期的準備|逓増定期保険

2-4:長期的準備|長期平準定期保険

2-5:人気の商品

2-6:お得になる税金処理

3:従業員の退職金と保険商品

3-1:なぜ、保険を活用するの?

3-2:「養老保険」活用|メリット、デメリット

3-3:「中小企業退職金共済」活用|メリット、デメリット

4:自分で準備する退職金

4-1:諦める前に自分で備える

4-2:商品選びのポイント

5:まとめ

続きを読む

持病と諦めていた人に朗報。喘息でも加入できる保険を活用する!

「子供が喘息だから」「生まれつきの持病だから」といって保険を諦めていませんか?

実際に、保険に加入しようと思っても「喘息」だからという理由で保険を諦めた方も多いのはでないでしょうか?

確かに、保険商品への加入前には健康状態の告知があり、そこで難しいと言われる事もあります。しかし、だからこそ加入したいのが保険ではないですか?

そこで、今回は大人にも多い「喘息」でも保険に加入できる方法をご紹介していきます。

そして、それ以外にもある「持病」での保険加入についても一緒に整理をしていきますので、今一度、保険への加入を検討していきましょう。

目次

1:喘息とは

1-1:喘息という病気について

1-2:治療方法

1-3:大人喘息のこわさ

2:喘息で保険に加入する前に

2-1:保険に加入できるのか?

2-2:加入ポイント①|申告ノウハウ

2-3:加入ポイント②|条件付き契約

3:保険に入りにくい病気は何?

3-1:保険に加入しずらい病気とは?

3-2:入りにくい理由を理解しておこう

4:持病保険のメリット デメリット

5:持病ありでも加入できる保険の整理

6:お勧めの保険 「アフラック」

7:まとめ

続きを読む

都民共済の評判とは?最強コスパの魅力と内容から正体を暴く!

「都民共済」という言葉を聞いた事がありますか?

実際に加入されている方も多い「都民共済」ですが、内容を知らない方も実は多いのです。

都道府県単位で展開されている「都市共済」は最強コスパとも言われている商品です。保険商品のコスパは最も重要視されるポイントですが、噂は本当でしょうか?

ここでは、「都民共済」の正体を暴き内容を整理しつつも、コスパに関する噂の正体を突き止めていきます。改めて、都民共済について考えていきましょう。

目次

1:都民共済とは

1-1:組織の側面から大解剖

1-1-1:正式名称と団体の目的

1-1-2:どのような団体なの?

1-1-3:出資金は?

1-1-4:安全性は?

1-1-5:引っ越したら保障はどうなる?

1-2:制度について

1-2-1:「共済」って何?

1-2-2:「掛け捨て」は損?

1-2-3:安価に利用できる理由は?

1-2-4:割戻金とは何?

2:数字で見る都民共済

2-1:都民共済の支払い件数と金額

2-2:安くて安心の月掛金

2-3:共済のネットワーク

3:都民共済のメリット、デメリット

3-1:都民共済の魅力|メリット

3-2:都民共済の注意点|デメリット

4:都民共済のあれこれ

4-1:生命共済

4-2:火災共済

5:広がるサービス

5-1:スーツ??

5-2:ブライダル

6:まとめ

続きを読む

保険金受取人は安易に決めないで!税金の落とし穴と活用法まとめ

「この間生命保険に入ったけど、保険金受取人はとりあえず妻にしておいた」「独身時代から入っている保険、確か保険受取人は親にしていたはず」このように、保険金受取人を何となく決めている方や、ライフスタイルが変わっても保険金受取人を以前と同じままにしてしまっている方はいませんか?

生命保険の死亡保険金は様々な税金制度が絡み合っており、保険金受取人が誰なのかによってのちのち予想外の税負担が待っていることも少なくありません。しかし、その使い方によっては大きな節税効果を発揮してくれることも。

この記事では、保険金の受取に関わる税金の仕組みや、生命保険の活用方法を紹介していきます。ご自身の資産状況やライフスタイルに合った保険がどんなものなのか、一緒に考えてみましょう!

目次

1.生命保険の役割って?何のために入るの?

1−1.生命保険の究極の目的とは?

1−2.家族だからってみんな平等?

1−3.金利が低い時代だからこそ

1−4.税金のこと、しっかり考えています

2.保険金受取人によって変わってくる税金3パターン

2−1.相続税の場合

2−2.贈与税の場合

2−3.所得税の場合

3.相続発生!相続税はかかる?かからない?

3−1.生命保険の非課税制度とは?

3−2.相続税はかかるの?生命保険の非課税制度の効果は?

4.贈与税、所得税の場合は?いくらから税金はかかる?

4−1.贈与税の場合

4−2.所得税の場合

5.相続税の知っておきたいリスクと解決方法

5−1.保険金受取人は全額妻で大丈夫?そのリスクは?

5−2.こんな対策いかがですか?

6.「内縁の妻がいます」そんなときは?

6−1.最近の保険会社の傾向は?

6−2.遺言書という方法

7.相続が発生したときにすることは?

7−1.保険金請求

7−2.相続税の申告

8.まとめ

続きを読む

コープ共済の気になる評判は?絶対必見の他の共済との比較なども!

コープ共済は加入するべき?しないほうがいい?

共済には、コープ共済のみではなく、沢山の種類がありますし、共済だけではなく、民間の保険の方がいいかも?など、共済保険には考慮するべき点がいくつもあります。

しかし!この記事では、コープ共済の概要や共済の概要はもちろんのことですが、民間などやその他の共済との比較などについてご紹介しているので、きっとコープ共済に関する疑問はきれいさっぱり解決です!

目次

1.コープ共済ってどんな共済?

1.1 そもそもの共済について

1.2 コープ共済ってこんな共済

1.3 コープ共済以外にも共済はある

2.コープ共済の主な商品

2.1 たすけあい

2.2 アイプラス

2.3 プラチナ85

2.4 ずっとあい

2.5 火災共済

3. コープ共済の評判やコープ共済の特徴

3.1 医療保障が中心的

3.2 火災共済は一見の価値あり

3.3 医療保障に関しては期待できるが、、

3.4 コープ共済の評判

4.他の共済との比較

4.1 都道府県共済

4.2 全労済

5. 共済VS民間の保険

5.1 民間の保険は外せない

5.2 共済保険と民間の保険の違い

5.3 両者のメリット・デメリット

6.コープ共済はおすすめ?

6.1 共済がそもそもおすすめなのか

6.2 コープ共済がおすすめな人

6.3 コープ共済をおすすめできない人

7まとめ

続きを読む

国民共済および県民共済が取り扱う医療保障について解説!

共済の商品は掛金が手ごろで、保障が優れていると言われています。この共済には主に国民共済(全労済)と県民共済があります。

この二つの共済が取り扱う商品の中には、医療共済をはじめ火災共済、自動車共済等に関する保障があり、新聞の折り込みチラシによく共済関係のものが入っています。

しかし、共済とはそもそも何なのか?いまいちよくわからない・・・・、という方も多いと思います。

また、医療保険に関心があり、ご自分や家族のための保険を検討している保護者の中には、共済の医療保障に興味がある方々もいらっしゃることでしょう。

そこで今回は、共済とは何か?共済が取り扱ういろいろな商品を紹介した上で、ご自分やご家族が病気やケガをした場合の備えとなる医療保障について説明していきます。

この記事を読めば、共済がどんな組織なのか、どんな商品を扱うのかについて基本的な知識を得ることができます。

そして、共済の医療保障について各ご家庭の加入目的にあった商品を選ぶ際に、良い参考資料になることでしょう。

目次

1.共済について

1-1.共済とは?

1-2.国民共済と県民共済

1-3.共済にはどんな商品がある?

2.国民共済(全労済)について

2-1.国民共済(全労済)とは

2-2.国民共済(全労済)の特色

2-3.国民共済(全労済)の商品の種類

3.こくみん共済の医療保障

3-1.こくみん共済の医療保障の概要

3-2.こくみん共済の医療保障保障内容

3-3.こくみん共済の医療保障注目点

4.こくみん共済の医療保障の口コミ

4-1.良い評価について

4-2.不満な点について

4-3.口コミの小括

5.都道府県民共済について

5-1.都道府県民共済とは

5-2.都道府県民共済の特色

5-3.生命共済の商品の種類

6.都道府県民共済(生命共済)の医療保障

6-1.都道府県民共済(生命共済)の医療保障の概要

6-2.都道府県民共済(生命共済)の医療保障保障内容

6-3.都道府県民共済(生命共済)の医療保障注目点

7.都道府県民共済の医療保障の口コミ

7-1.良い評価について

7-2.不満な点について

7-3.口コミの小括

8.まとめ

続きを読む