保険口コミ

今人気の学資保険を比較し、その基準を知る事で賢い保険選びをしよう

学資保険は何を基準に選んでいますか?

なんとなく、紹介されたから…DMが届いたから…では危険です。

何を目的とするかを整理し、その基準を満たす学資保険を選択しなければいけません。

そこで、今回は学資保険の選び方から、今人気の学資保険を大公開します。悩むのは誰もが同じです。

そこで、悩んだ人が加入する学資保険の特徴を理解する事で自分たちにあった学資保険を再検討する事も出来ます。一度加入したら長い期間、お付き合いをする学資保険。子供の将来に備えて準備する学資保険。いずれにせよ、途中で何度も変更するのでは元本割れをしてしまう事もあります。

こうした事が起きない様に、加入前にしっかりと検討して後悔しない商品選択をしましょう。

目次

1:学資保険の目的を整理しよう

2:学資保険の選び方3つのポイント

POINT1:保障型よりも貯蓄型の学資保険を選ぶこと

POINT2:育英年金特約はいらない!?

POINT3:子供の医療費は安い!

3:人気商品を大公開

第1位:ソニー生命

第2位:JAかんぽ生命

第3位:日本生命相互会社

4:注意|返戻率の数字に迷わされるな

5:まとめ

続きを読む

知っていますか?学資保険と生命保険。今、選ぶならどっちがいいの?

皆さんが学資保険に加入する理由は、いくつもあります。

実際には「学資保険」と「生命保険」の両方に加入する場合もあれば、どちらか一方に加入するなど。それぞれのご家庭の考え方で選択肢は異なります。

ご家庭の事情もあれば、保険会社の営業さんに進められてなども。

しかし、ちょっと待って下さい。そもそも「学資保険」と「生命保険」の違いをご存知ですか?どちらの商品も数多く紹介されていますが、一度加入すると長期間のお付き合いになる商品です。

そこで、今回は、学資保険を軸に生命保険との違いや学資保険に関してよくある質問を整理してみました。それぞれの内容を理解して、自分にあった商品を選択して頂きたいと思います。長時間というよりも、一生といえる生命保険。そして、子供の進学に合わせた学資保険。どちらを選択しても、未来に向けた準備には変わりません。

ぜひ、この記事を参考にご家庭にあった商品選びの参考にしてくださいね。

目次

1:学資準備の必要性は?

1-1:学資保険のおさらい

1-2:誰のための保険として必要?

1-3:学資保険にかかる税金の種類

2:学資保険と生命保険の違いは?

2-1:学資保険と生命保険の違いについて整理しましょう

2-2:貯蓄性を備えたプランとは?

2-3:学資保険と医療保障の違いは?

2-4:どちらを選べばいい?

3:学資保険の控除あるの?

3-1:生命保険控除の仕組み

3-2:学資保険の控除手続きについて

4:よくある質問に答えましょう

4-1:教育資金の準備に「学資保険」を選ぶ理由は?

4-2:貯蓄あれば学資保険は不要?

4-3:学資保険の加入条件は?

4-4:学資保険の申込時に医師診断は必要ですか?

5:まとめ

続きを読む

自動車保険の賢い選び方とは?間違いを起こさないための6つのポイント

テレビを見ていると、ダイレクト系の自動車保険のコマーシャルを見かけることが多くなっていませんか?

「平均1万円節約できます」など、すごく安くなるイメージを持っている方も多いと思いますが、もし事故が起こった時の対応などを考えると、躊躇する方も多いのではないでしょうか?

自動車保険は、事故を起こした時に助けてくれる保険ですので、顔を知っている代理店から加入するのが安心だ!と言う方も居るでしょう。

考え方は人それぞれであり、「安ければ良い」と言う方や、「任せて安心できるところで加入したいから少し高くても良い」と言う方も居るでしょう。

自動車保険の選び方は人それぞれですが、万が一事故が起こった時に「こんなはずじゃなかった」とならないように、自動車保険の選び方を元保険代理店の立場から一つ一つ説明していきます。

この記事を読んで、自動車保険の選び方の良いヒントになれば良いと思います。

 

目次

1.自動車保険とは

1.1自動車保険の基本

1.2自動車保険の考え方

1.3自動車保険の種類

 

2.自動車保険の選び方

2.1比較サイトの使い方

2.2保険会社の種類

2.3口コミの利用

 

3.自動車保険の乗り換え方

3.1乗り換えのタイミング

3.2乗り換えの際の注意点

 

4.保険商品の紹介

4.1保険商品の見つけ方

4.2保険料の違いやメリット・デメリット

 

5.自動車保険のトラブル

5.1ダイレクト系のトラブル

5.2代理店系のトラブル

5.3生命保険外交員のトラブル

 

6.保険料を安くするには

6.1節約方法

6.2長期契約

 

7.まとめ

続きを読む

低解約返戻金型終身保険は学資保険の代わりになるの?ズバリ解説!

現在の日本は低金利時代、子供の教育資金を保険で積み立てたいけれども、毎月保険料を支払うだけのメリットがあるのだろうか?

子供の教育資金を積み立てるための保険には、学資保険があります。しかし、学資保険は子供を被保険者とするため、資金の運用に制約があります。

その一方、子供の教育資金の積立で頼りになる保険として期待でき、運用の自由度が高い保険があります。

それが、「低解約返戻金型終身保険」と呼ばれる保険です。

この終身保険は生命保険としての役割はもちろんのこと、資金の運用性・貯蓄性を重視した保険であることが魅力です。

ただし、保険払込期間中に解約をしてしまうと、大きく元本割れを起こしてしまうリスクもあります。

今回は低解約返戻金型終身保険の特徴と注意点、教育資金として積み立てる場合、学資保険と比較して有利かどうかを説明します。

この記事を読めば、低解約返戻金型終身保険の基本的な知識を得ることができ、教育資金や、運用性・貯蓄性を重視した保険選びの有効な参考資料になることでしょう。

目次

1.低解約返戻金型終身保険について

  • 1-1.低解約返戻金型保険とは何か?
  • 1-2.低解約返戻金型保険の終身型と定期型
  • 1-3.低解約返戻金型終身保険の概要

2.低解約返戻金型終身保険のメリット・デメリット

  • 2-1.低解約返戻金型終身保険の特徴
  • 2-2.低解約返戻金型終身保険のメリット
  • 2-3.低解約返戻金型終身保険のデメリット

3.学資保険について

  • 3-1.学資保険とは
  • 3-2.学資保険の特徴
  • 3-3.学資保険の注意点

4.低解約返戻金型終身保険と学資保険その1

  • 4-1.低解約返戻金型終身保険と学資保険の共通点
  • 4-2.万が一の時の保障について比較
  • 4-3.子の出生前に加入できるか?

5.低解約返戻金型終身保険と学資保険その2

  • 5-1.子の人生は親の思い通りにはいかない
  • 5-2.貯蓄以外のことに注目することも必要
  • 5-3.どちらを選ぶかは加入者各自の判断で!

6.低解約返戻金型終身保険商品の紹介

  • 6-1.オリックス生命「終身保険RISE[ライズ]
  • 6-2.損保ジャパン日本興亜ひまわり生命「終身保険 一生のお守り
  • 6-3.住友生命「終身保険 バラ色人生」

7.まとめ

続きを読む

要注意!知らないと大変!!学資保険にも税金が…その名も「贈与税」

子供の保険と言えば「学資保険」を思い浮かべる人が多数ではないでしょうか?

任意の保険ではありますが、子供の成長に合わせて、積立をしている方、これからしようと思う人も多いと思います。

でも、少し待って下さい。この学資保険には「税金」が係るのをご存知ですか?

孫の為に…と思って積み立てている学資保険も満期で全額をプレゼントすると税金が係ります。喜んで欲しいからこそ、課税させる仕組み、そもそもの学資保険の活用方法を知って頂きたいのです。

そこで、今回は学資保険そのもののお話から課税の仕組み、そして、代替案までをご紹介しています。

せっかく積み立てる、プレゼントするのなら賢い方法で学資保険を活用していきましょう。喜ぶ顔を見たいから。準備もしっかりとしていきましょうね。可能性は無限大です。

学資保険を活用し、その可能性を限りなく広く、そして、子供の夢を実現できる方法を選択してください。

目次

1.学資保険とは?

  1-1.学資保険の仕組み

  1-2.学資保険の特徴

  1-3.学資保険の必要性

  1-4.一般的な加入率(いつ頃から開始してるの?)

2.学資保険の税金とは?

  2-1.学資保険に係る税金とは?「所得税」と「贈与税」

  2-2.加入者で変わる税金の仕組み。加入者変更を活用する。

3.賢い方法「教育資金贈与」の活用

  3-1.教育資金贈与とは?

  3-2.活用する際の注意点

  3-3.手続き方法とは?

4.(参考)学費とは、どれくらい必要?

  4-1.幼稚園 

  4-2.小学校

  4-3.中学校

  4-4.高校

  4-5.大学

5.提案|学資保険の代替案

6.まとめ

続きを読む

よそはどうしているの?学資保険の必要性と月々の積み立て金額の相場とは?

子供が生まれた!さぁ、学資保険に加入…の時代は終わりました

以前であれば、お子様の誕生と学資保険の開始はセットで考えられていました。

しかし、今は学資保険以外で資金を積み立てる方法もある為、本当に学資保険が必要かについては、ご両親の考え方次第になります。でも、まだまだ学資保険を活用しているご家庭も多いのは事実。

そこで、世間ではどの程度の金額を積み立てているか。について、ご紹介していきます。積み立てる金額も様々ですので、今回ご紹介する内容を未来を見据えた1つの参考にして頂きたいと思います。

子供の為に準備する進学(教育)資金です。各ご家庭のお財布事情にもよりますが、世間がどうかを知る事も計画をする上で重要な情報ではないでしょうか?

目次

1:学資保険とは何?

1-1:学資保険の目的は?

1-2:いつをターゲットにしている人が多い?

2:子供に係る費用は幾らなの?

3:積み立て金の相場

3-1:月々の積み立て金額の相場

3-2:金額別の積み立て目的

3-2-1:5千円~1万円

3-2-2:1~2万円

3-2-3:3万円以上

4:計画なくして積み立ては難しい

4-1:子供の教育プランの重要性

4-2:進路によって異なる金額

5:郵便局の学資保険について

5-1:特徴

5-2:選べるコース

5-3:コース内容別の返戻率と保険料とは?

5-4:加入の注意点

6:学資保険が必要か4つのポイントで整理

7:まとめ

続きを読む

悪性リンパ腫の治療費はいくらかかる?病気の基本や公的制度もご紹介

悪性リンパ腫という言葉は、ニュースなどで聞いたことがあっても、具体的にその病気については分からないことが多かったりします。

また、病気について分からないだけでなく、治療費や有効な治療法なども分からないことが多く悩ましい病気です。

しかし、そのような理解するのが難しい病気であっても、基本から知っていけば分かりやすくなります。

今回は、リンパが果たす体の役割から、病気についてまでを解説した後に、有効とされる治療法などをご紹介します。

それから、どれくらいの治療費が掛かるのか、また合わせて、治療費の負担を和らげる公的制度についてもご紹介します。

これらのことを知ることで、悪性リンパ腫にどう対処すればよいかが考えやすくなります。

目次

1.そもそもリンパって何?

  • 1.1リンパ球について
  • 1.2リンパ管とリンパ節について

2.悪性リンパ腫って何?

  • 2.1悪性リンパ腫とその分類について
  • 2.2症状について
  • 2.3リンパ節が腫れる病気は他にもある
  • 2.4検査方法について

3.治療方法の種類とその副作用

  • 3.1化学療法について
  • 3.2分子標的治療薬について
  • 3.3放射線治療について
  • 3.4造血幹細胞移植

4.治療に備える公的制度とは?

  • 4.1高額療養費制度について
  • 4.2傷病手当金について
  • 4.3健康保険組合なら付加給付が有ることも

5.治療費っていくらぐらい?

  • 5.1個々の平均的な治療費の調べ方
  • 5.2平均的な治療費の総額と高くなる理由
  • 5.3保険適用外の費用について

6.悪性リンパ腫に備えられる民間の保険とは?

  • 6.1通院や入院によらない保障をしてくれる
  • 6.2抗がん剤治療に対応している
  • 6.3まとまったお金が繰り返しもらえる

7.標準治療とサプリメントなどその他の治療法について

  • 7.1標準治療とは
  • 7.2標準治療以外の治療法に効果はあるの?
  • 7.3治療法などをセカンドオピニオンに相談する

8.まとめ

続きを読む

プチ税金対策で、学資保険の満期金をオトクに受け取ろう!

学資保険の満期金が受け取れる!

誰にとっても、やっぱり、嬉しい瞬間ですよね。

でも、税金がかかることがあるって、ご存知でしたか?

親として、せっかく子供の将来のために貯めたお金が、満額で受け取れないとなると、ちょっとショックですよね・・・。

今回は、満期金についての税金はどうなのか?

かかるのか?かからないのか?

また、かからないように受け取る方法はどうすればいいのか?

その点を、ざっくりと深堀りしていきましょう!

しっかりと対策をすれば、不本意な事態は、必ず避けられます!

大切なお子さんのためにも、是非、満額で受け取れる方法を身につけましょう!

目次

1.学資保険の満期金って?
1.1満期金を受け取った時には、注意!?

2.学資保険の満期金にかかる税金の種類
2.1一時所得って?
2.2雑所得って?
2.3贈与税って?
2.4相続税って?

3.学資保険の満期金は「受け取り人」で変わることがある!?
3.1本人が「受け取り人」の場合
3.2妻が「受け取り人」の場合
3.3子どもが「受け取り人」の場合

4.学資保険の満期金にかかる税金の金額を計算してみよう!
4.1一時所得の場合
4.2雑所得の場合
4.3贈与税の場合
4.4相続税の場合

5.働き方で違う?学資保険の満期金にかかる税金
5.1会社員の方の場合
5.2自営業の方の場合

6.学資保険の満期金、どう受け取る!?

7.まとめ

続きを読む

低解約返戻金型定期保険とは何!?その特徴と注意点をご紹介します!

現在の日本は低金利時代・・・・東京五輪が開催されると言ったって、今後5年や10年程度で劇的に市場が好転するものだろうか?

現状をみると、どんな保険も積み立てたお金の返戻率は低いまま、加入しても得になるのだろうか?

そんな低金利時代に頭を抱える方々へ、うってつけの保険があります。

それが、「低解約返戻金型定期保険」と呼ばれる定期保険です。

この定期保険は資金の運用性・貯蓄性を重視した保険であり、積立率が高いことが魅力です。

また、受け取れる金額は契約時から固定されているので、市場の変動に大きな影響を受けることもありません。

ただし、途中で解約をしてしまうと、解約時期によっては大きく元本割れを起こしてしまうリスクもあります。

今回は低解約返戻金型定期保険の特徴と注意点を説明します。この記事を読めば、低解約返戻金型定期保険の基本的な知識を得ることができ、運用性・貯蓄性を重視した保険選びの有効な参考資料になることでしょう。

目次

1.低解約返戻金型定期保険について

  • 1-1.低解約返戻金型保険とは何か?
  • 1-2.低解約返戻金型保険の定期型と終身型
  • 1-3.低解約返戻金型定期保険の概要

2.低解約返戻金型定期保険のメリット・デメリット

  • 2-1.低解約返戻金型定期保険の特徴
  • 2-2.低解約返戻金型定期保険のメリット
  • 2-3.低解約返戻金型定期保険のデメリット

3.低解約返戻金型定期保険の活用

  • 3-1.定期保険なのになぜ解約返戻金が存在する?
  • 3-2.法人が低解約返戻金型定期保険にする意味
  • 3-3.学資保険代わりに活用することも

4.低解約返戻金型終身保険との比較

  • 4-1.低解約返戻金型終身保険とは?
  • 4-2.低解約返戻金型終身保険の活用例
  • 4-3.終身保険と定期保険の比較

5.長期平準定期保険との比較

  • 5-1.長期平準定期保険とは?
  • 5-2.長期平準定期保険の特徴
  • 5-3.長期平準定期保険と低解約返戻金型定期保険の比較

6.低解約返戻金型定期保険商品の紹介

  • 6-1.オリックス生命「ロングターム7(セブン)」
  • 6-2.フコクしんらい生命「低解約返戻金型長期定期保険」
  • 6-3.損保ジャパン日本興亜ひまわり生命「低解約返戻金型定期保険」

7.まとめ

続きを読む

知らないと大変!公的年金と個人年金の控除とその仕組み

老後の蓄えとして、若いうちから積み立てていく年金。

この年金には公的な物と私的なものとがあります。

誰もがお世話になるのは公的なもの。でも、積み立てた金額 イコール もらえる金額でない事をご存知でしょうか?

実は、積み立てて受け取る際には税金がかかります。

この仕組みを知っておくことは、老後になった際に本当に受け取れる金額、つまり実収入金額を知る事になります。

実は、これがないと私的に蓄えておく必要のある金額が不明。結果として、老後資金が足りないという事態を生じさせてしまします。

これでは、せっかく一生懸命に働いてきた意味がありません。

そこで、今回は公的年金に絞り実際に手元に入る金額がどの程度なのか?どんな仕組みになるのかを見ていきましょう。

ここでご紹介する内容は、年金控除に関する概要でしかありません。まずは、その内容を知る事から始めていきましょう。

目次

1:年金控除とは

2:公的年金にかかる税金とは?その仕組みとは?

2-1:公的年金について

2-1-2:所得税について

2-1-2:住民税について

2-2:個人年金保険の税金(公的年金以外の年金に掛かる税金)

2-3:財形年金の税金

3:課税と非課税

4:年金控除 確定申告

4-1:年金控除 確定申告

4-2:年金受給者の負担を減らす「確定申告不要制度」とは?

5:参考1)公的年金と副収入の関係

 参考2)年金受給の高齢者と扶養家族に関する特例を見ておこう

6:まとめ

続きを読む

介護に掛かる費用と現実。知らないと危険な介護費用の基礎知識

いつか必ず、誰にでも訪れる老後の生活。老後は自由に、気ままなスローライフを…と思っている方も多いのではないでしょうか?

しかし、思った通りの楽しい生活が過ごせる方ばかりではありません。

どうしても、ついてくるのが健康の問題。そう介護の問題は、今まさに社会のテーマ!まだ、考え始めるには少し早いとか、自分とは関係ないと思っていませんか?

でも、数年後、数十年後には必ず訪れる問題です。

今回は、保険の仕組みから公的、そして民間の保険制度についてもご紹介いたします。今からできる準備が何かを見つけてください。

そして、家族も自分の楽しめる生活を手に入れましょう!まずは、その為に介護について知る事からはじめていきましょう。そこから、今後の自分や家族の為に何が出来るかを整理していく事が大事です。

まずは、基本的な事柄から整理していきましょう。そこから、今後の対策を立てるのが大切です!

目次

1:要介護認定基準について知ろう

  1-1:要介護認定基準の目的は?

  1-2:要介護認定基準の「基準」はどんなもの? 

      1-2-1:要介護認定等基準時間

      1-2-2:要介護認定等基準時間の分類

      1-2-3:要介護状態の状態像

  1-3:要介護認定を受けるにはどうすればいい?

2:要介護認定の流れ

  2-1:申請

  2-2:認定調査

  2-3:介護認定審査会での審査・判定(二次判定)

  2-4:自治体(市区町村)による認定

  2-5:認定基準を変更する際には?

3:要介護認定基準と介護保険

  3-1:要介護認定の基準の違いによる保険給付額の違い

  3-2:民間の介護保険はどのような保障がある?

  3-2-1:公的介護保険と民間の介護保険の違い

  3-2-2:民間介護保険のメリット

4:もしも要介護となったら

  4-1:介護の実情と費用

  4-2:介護期間

5:老後の備えに民間の介護保険は必要か

6:今から考えておくべきお金の備えと対処法

7:老後の備えに民間の介護保険は必要か

8:まとめ

続きを読む

40代におすすめするがん保険とは?保障内容を含め解説します

「40代におすすめのがん保険って何だろう?」と思いませんか?

40代になり、様々な病気のリスクが現実的な問題となり、その中でも「がん」は3人に1人が疾患する病気と言われ、その治療には高額な費用が掛かると言われています。

そんな中で、子供の教育費などお金のかかる世代でもある40代では、どのように「がん」に備えれば良いのか悩んでいる方も少なくないのではないでしょうか。

この記事では、そんな40代の方にどのような保険で「がん」に備えれば良いのかを基本的な所から解説していきます。

考え方は人それぞれですが、保険選びのヒントになれば良いと思います。

 

目次

1.がん保険とは

1.1がん保険の種類

1.2保険料の違い

1.3考え方

 

2.がんとは

2.1がんの種類

2.2がんの治療方法

2.3その他

 

3.がん保険の選び方

3.1保障内容で選ぶ

3.2保険料で選ぶ

 

4.保険商品の紹介

4.1アフラック(新生きるためのがん保険Days)

4.2オリックス生命(がん保険Believe)

4.3損保ジャパン日本興亜ひまわり生命(勇気のお守り)

4.4チューリッヒ生命(終身ガン治療保険プレミアム)

4.5マニュライフ生命(こだわりガン保険)

 

5.40代におすすめの商品とは

5.1新たにがん保険に加入する方

5.2すでにがん保険に加入している方

5.3その他の場合

5.4女性におすすめの保険

 

6.その他の保険

 

7.まとめ

続きを読む

がんベスト・ゴールドαはおすすめなのか?抑えたい3つのポイント

気になるけど、加入に踏み切れない「がんベスト・ゴールドα」。

がん保険は入っておきたいし、がんベスト・ゴールドαの何が良いのか、何がだめなのかなど、具体的に気になる点が沢山ありますよね。

がん保険に加入する際は、一時金や入院・通院に対する保障などや保険料などを天秤に掛けて、自分に合ったがん保険なのか?という事を、しっかりと考慮する必要があります。

しかし!この記事を読めば、がんベスト・ゴールドαのメリットやデメリットはもちろん、年齢別・性別別の保険料なども解説しているので、がんベスト・ゴールドαに関する疑問はパパっと解決出来ます!

目次

 1.がんベスト・ゴールドαってどんな保険?

        1.1 そもそもがん保険とは?

        1.2 医療保険との違い

        1.3 がん保険の種類

       1.4  がんベスト・ゴールドαはこの種類 

 2. がんベスト・ゴールドαの保障は?

       2.1  がんベスト・ゴールドαの主契約

      2.2  がんベスト・ゴールドαの特約

      2.3   がんベスト・ゴールドαのタイプ

 3.がんベスト・ゴールドαの抑えたい3つのポイント

       3.1 初めに注目したいのは一時金

       3.2 通院や入院保障 

       3.3 抗がん剤治療や放射線治療も

 4.保険料はどのくらいになりそう?

      4.1 保険料はやっぱり重要!

      4.2 男性の年齢別のシミュレーション

      4.3 女性の年齢別のシミュレーション

 5.他の保険とも比較したい!

          5.1 実は旧商品の方がいい?

          5.2  旧商品と がんベスト・ゴールドαの比較

          5.3  がんベスト・ゴールドαと勇気のお守りの比較

 6.がんベスト・ゴールドαに加入できる?

    6.1  がんベスト・ゴールドαに加入出来るか不安

    6.2 告知書で大体分かる!

        6.3 がん保険は加入しやすい

 7. がんベスト・ゴールドαの総合評価!

        7.1 がんベスト・ゴールドαの早見表

        7.2 がんベスト・ゴールドαは結局おすすめ?

 8.まとめ

続きを読む

学資保険って何!?その特徴とメリット・デメリットを詳細解説!

学資保険は、お子さんの教育資金の確保を目的とした保険です。こちらに加入を検討する保護者の方々もたくさんいらっしゃることでしょう。

お子さんたちの健やかな成長と充実した教育のために、この保険に加入し、お子さんが一定の年齢になるまで資金を積み立てていきます。

現在では大学の入学もさほど難しくはなくなり、大学進学を想定して早期の備えが求められます。

ただし、学資保険もいろいろなタイプがあり商品数も多く、どのような保険を選ぶか迷われるかもしれません。

また家庭の事情によっても加入する保護者を誰にするか、受取人は誰にするかを検討すること、保険料の払込をお子さんが何歳の時までに完了するか、満期金等の受取はいつにするかも、決定した上で加入しなければいけません。

そこで今回は、お子さんが進学するにつれて教育資金は概ねどの位かかるのかを検討した上で、学資保険の特徴、メリット・デメリット、注意点等を説明します。

この記事を読めば、学資保険の基本的な知識を得ることができ、学資保険選びの有効な参考資料になることでしょう。

目次

1.学資保険について

  • 1-1.学資保険とは
  • 1-2.学資保険の特徴
  • 1-3.学資保険のメリット・デメリット

2.学資保険を活用しよう!

  • 2-1.高校卒業までの学習費の現状
  • 2-2.大学・短期大学の学習費の現状
  • 2-3.学資保険選びのポイント

3.学資保険のプラン選択

  • 3-1.学資保険には「貯蓄型」と「保障型」がある
  • 3-2.貯蓄型学資保険とは?
  • 3-3.保障型学資保険とは?

4.学資保険の加入、払込と受取について

  • 4-1.学資保険の加入のタイミングはいつ?
  • 4-2.学資年金の払込は何歳で完了する?
  • 4-3.学資保険の受取のタイミングについて

5.学資保険の注意点

  • 5-1.学資保険は保護者の誰が加入すべき
  • 5-2.受取人の指定は慎重に
  • 5-3.受け取りの方法にもご注意を!

6.学資保険の商品の紹介

  • 6-1.フコク生命「学資保険 みらいのつばさ」
  • 6-2.ソニー生命「ソニー生命の学資プラン」
  • 6-3.かんぽ生命「学資保険 はじめのかんぽ」

7.まとめ

続きを読む

学資保険の満期を迎える場合の、確定申告の仕方教えます!

お子さんの誕生を機に、将来の教育資金を見据え、学資保険に加入される方は決して少なくありません。

少子化と言われながらも、待機児童などの問題を抱える昨今、子供の教育にかかる資金は、塾や予備校などの学外での教育施設の利用などで、増加傾向にあります。

そこで活躍してくれるのが前述の学資保険なのですが、契約内容や受取金額などにより、課税対象となることをご存知でしょうか。

今回は、学資保険の基礎知識や選び方のみならず、課税対象になった場合の確定申告の方法など、学資保険にまつわる様々な情報を、ご一緒に見てまいりましょう。

目次

1.学資保険とは
1.1学資保険の目的
1.2学資保険の特徴

2.学資保険の種類
2.1保障型学資保険
2.2貯蓄型学資保険

3.教育にかかる経費
3.1一般的教育コースにける経費
3.2教育費算出の目安

4.学資保険の選び方
4.1満期日の設定
4.2返戻率の算出
4.3保険料控除の活用
4.4プロが勧める学資保険

5.満期金の税金とは
5.1課税の条件
5.2所得税の算出
5.3贈与税の算出

6.確定申告前の準備
6.1事前準備(所得関連書類)
6.2事前準備(控除関連書類)

7.確定申告の流れ
7.1申請書の選択
7.2作成方法

8.まとめ

続きを読む

どうみる!?がん保険ランキング!ポイントを徹底解説いたします!

がん保険に加入しようと思った時、まずは、がん保険のランキングをチェック!という方も多いのではないでしょうか?

さくっと検索すれば、おすすめランキングや人気ランキングに、瞬時にアクセス!なんて、本当に便利な時代ですよね。

でも、ランキング上位のものが、本当に、自分の探していたものがどうかは、また別の問題ですよね。

もしかしたら、ランク外でも良いものがあるかも・・・?

考えだすと、本当にきりがなくなってしまいます。

今回は、がん保険での、おさえておくべきポイントと、常時がん保険のランキングにランクインしている、人気のがん保険商品を解説していきます。

すっきりお悩みを解決して、是非、がん保険のランキングを参考にしつつ、自分にぴったりのがん保険をチョイスできるようになりましょう!

目次

1.がん保険って?

2.がん保険の「基本」!
2.1がん診断給付金
2.2がん入院給付金
2.3がん先進医療特約
2.4がん手術給付金
2.5がん通院給付金

3.がん保険のポイントって?

4.朝日生命 スマイルセブンα
4.1保障内容はどうなってる?
4.2払込免除はある?
4.3診断給付金はいくら?
4.4通院保障はある?
4.5上皮内新生物は?
4.6年代別保険料は?

5.チューリッヒ生命 終身保険プレミアム
5.1保障内容はどうなってる?
5.2払込免除はある?
5.3診断給付金はいくら?
5.4通院保障はある?
5.5上皮内新生物は?
5.6年代別保険料は?

6.オリックス生命 がん保険Blieve[ビリーブ]
6.1保障内容はどうなってる?
6.2払込免除はある?
6.3診断給付金はいくら?
6.4通院保障はある?
6.5上皮内新生物は?
6.6年代別保険料は?

7.まとめ

続きを読む

がん保険の「安い」「おすすめ」とは?適正価格でがん保険を選ぼう!

生命保険や医療保険をはじめ、がん保険などに加入を考える場合に、何を基にその保険を選びますか?

「欲しい保障があるから」と明確に理由があり、またその保険料が適正かどうかを判断できる人は、ごく僅かだと思います。

多くの方は、「保険料が安い」「有名な保険会社だから」「友人・知人や親・親戚に勧められるまま」など明確な理由もなく、ただ何となく保険に入っている方も多いのではないでしょうか。

保険と言うモノは、形が無く、死んだときや病気になった時でなければ、その効果を期待できない商品であり、非常に適正な価格が解りづらいがゆえに、保険に加入する際にも「安いのが良い」などの言葉が先行して出てしまうのです。

保険代理店をしていた立場でも、保険の必要性を説くのですが、最初は「安くて良いものが欲しい」と言われることが多かったのが事実です。

しかし、当初は月々2,000円でも高いと言っていたお客さんが、最終的には月々1万円以上の保険に加入する事も珍しくありませんでした。

それでは、なぜこのように意見が変わるのか、感覚が変わるのかを、がん保険の必要性などを交えて説明していきます。

 

目次

1.がんとは

1.1がんの種類

1.2治療方法

1.3治療に掛かる費用

2.がん保険とは

2.1がん保険の種類

2.2がん保険の保障内容

2.3がん保険の必要性

3.がん保険の選び方

3.1保障別の選び方

3.2保険料別の保険の選び方

3.3男女別の保険の選び方

4.商品の紹介

4.1オリックス生命(がん保険Believe)

4.2損保ジャパン日本興亜ひまわり生命(勇気のお守り)

4.3アフラック(生きるためのがん保険Days)

4.4チューリッヒ生命(終身ガン治療保険プレミアム)

4.5メットライフ生命(ガードエックス)

4.6FWD富士生命(新がんベストゴールドα)

4.7マニュライフ生命(こだわりのガン保険)

5.商品の比較

5.1保障内容の比較

5.2保険料の比較

6.がん保険の考え方

7.まとめ

続きを読む

がん治療の分からない絶対チェックしたい3つのポイント!

考える事が山積みのがん治療。

治療方法やがんの治療費の事、がん保険の事など、がんの治療について考え出すと、止まらないですよね。

とは、言ってもがんに掛かる治療費は100万円を超えるとも言うし、考えないわけにもいかないです。

しかし!この記事ではがんの治療法のことや治療費はもちろん、おすすめのがん保険についてもご紹介しているので、がん治療に関する疑問は一発解決です!

目次

  1. がん治療は難しい事だらけ!

   1.1 がん治療は様々な治療法がある

   1.2 部位によっても異なる治療法

   1.3 それでも、絶対チェックしておきたい訳

  1. がんの治療内容は?どんな感じ?

   2.1 がん治療は三大治療が中心

   2.2 手術

   2.3 抗がん剤治療

   2.4 放射線治療

  1.   がん治療はどうやって進む?流れは?

   3.1 がん治療は診断から

   3.2 治療はこうやって決まる

   3.3 再発させないための治療

  1. 高額!?がんの治療費はどのくらい?

   4.1 がんの治療費は一筋縄ではいかない

   4.2 がんの部位別の治療費

   4.3 ステージによっても上下する

  5. がんの治療費の自己負担は?公的な保障についても

   5.1 がんの治療費はこうやってカバーする

   5.2 高額療養費制度と公的な保障

   5.3 民間のがん保険も外せない訳

  1. がんを治療しない!という選択肢も?

            6.1 がんを治療しなくて大丈夫?

     6.2 がんを治療しないという選択肢はあり?

    6.3 最新のがん治療についても!

       7まとめ

続きを読む

抗がん剤費用の平均を正しく知って、将来の不安に備えよう!

3人に1人が罹患する可能性があると言われるほど、私たち日本人の死亡要因の上位に、がんは位置するようになりました。

多くの方が「がん=死」と言うイメージを抱いているかと思いますが、早期発見/早期治療や、先進医療の進歩により、その概念は覆りつつあります。

しかしながら、がんに罹患してしまった場合には、根治を目指し治療に臨むわけですが、ここで多くの方が不安を抱きます。

それが、ずばりがんにかかる治療費です。

中でもがん治療に多用されるイメージの抗がん剤ですが、複数回の投与が必要とされていることは、インターネットやメディアなどの情報で、皆さんご存知ではあります。

しかしながら、実際に抗がん剤に掛かる費用を、正確にご存知の方は少ないでしょう。

そこで今回は、がんに罹患してしまった際の、抗がん剤の費用を事前に知っていただくだけでなく、将来のがん費用に関する経済的不安を払拭するための備えについても、ご一緒に見てまいりましょう

目次

1.がんとは
1.1発生メカニズム
1.2部位別に見るがんの種類

2.状態からみるがんの治療
2.1治療方法の種類
2.2局所療法とは
2.3全身療法とは

3.三大療法とは
3.1手術療法の特徴
3.2科学(薬物)療法の特徴
3.3放射線療法の特徴
3.4その他の療法の特徴

4.胃がんとは
4.1胃がんの抗がん剤治療
4.2抗がん剤の治療費

5.肺がんとは
5.1肺がんの抗がん剤治療
5.2抗がん剤の治療費

6.大腸がんとは
6.1大腸がんの抗がん剤治療
6.2抗がん剤の治療費

7.乳がんとは
7.1乳がんの抗がん剤治療
7.2抗がん剤の治療費

8.がん治療費に対する備え
8.1がん治療にかかる医療費
8.2民間保険会社の活用
8.3おすすめのがん保険

9.まとめ

続きを読む

がん治療のための費用はどれくらいになるの?詳細に説明します!

がんは、日本人の死因の実に3割を占める厄介な病気です。そのため、官民をあげてがん治療に関する研究が進められています。

がんには手術療法、化学(薬物)療法、放射線療法等さまざまな治療法があります。しかし、これらの費用はいくらかかるかご存知でしょうか?

がん治療は、多額の金銭的負担が想定されるため、不安に感じている方も多いと思います。

誰でもがん患者になる可能性を有している以上、がんの治療法と費用について最低限の知識は持っておきたいものです。

そこで今回は、がん治療の特徴とその費用についてわかりやすく解説していきます。

この記事を読めば、がん治療の基本的な知識を得ることができ、その費用を賄うためにどんな方法をとれば良いかを判断する、有効な資料の一つとなることでしょう。

目次

1.がん治療について

  • 1-1.がん治療の種類
  • 1-2.公的医療保険は適用されるか?
  • 1-3.高額療養費制度の活用を!

2.胃がんの治療費について

  • 2-1.胃がんとは
  • 2-2.胃がんの治療法
  • 2-3.胃がんの治療費

3.肺がんの治療費について

  • 3-1.肺がんとは
  • 3-2.肺がんの治療法
  • 3-3.肺がんの治療費

4.大腸がんの治療費について

  • 4-1.大腸がんとは
  • 4-2.大腸がんの治療法
  • 4-3.大腸がんの治療費

5.肝臓がんの治療費について

  • 5-1.肝臓がんとは
  • 5-2.肝臓がんの治療法
  • 5-3.肝臓がんの治療費

6.乳がんの治療費について

  • 6-1.乳がんとは
  • 6-2.乳がんの治療法
  • 6-3.乳がんの治療費

7.その他のがん治療に関係する費用

  • 7-1.公的医療保険が適用されない費用とは?
  • 7-2.がん保険とは
  • 7-3.がん保険の可能性

8.まとめ

続きを読む