がん診断給付金はあるかないかで雲泥の違いがあります

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
保険の無料相談がしたいけど、どこがおすすめかわからない!

必要なのはわかってるけど、難しくて選びきれない・・・
そう思っている人はとても多いです。
一生の事だからしっかりと相談をして、理想通りの安心を手に入れましょう。

→お勧め.1 保険見直しラボ
→お勧め.2 保険マンモス
→お勧め.3 ほけんの窓口
→お勧め.4 保険のビュッフェ

給付金

がん保険に加入する際に、何を重要視しますか?

b05

さまざまな保険会社から、がん保険が販売され商品によって主契約も違えば、支払い条件も異なります。

入院給付金がメインのがん保険や、診断給付金がメインのがん保険もあります。

最近の新しくなってきているがん保険は、通院に重点を置いているがん保険も出始めてきました。

ではどれを重要視すれば良いのか解らなくなってきますよね。

それに、身近にがんに罹った方がいらっしゃらなければ、がん治療自体にいくらぐらいの金額が掛かるかも解りませんよね。

そんな方の為に、今回はがん診断給付金に焦点を絞って、がん診断給付金はあるかないかでどれほどの違いがあるのか、またその理由なども説明していきたいと思います。

この記事を読んで、少しでもがん保険選びの役に立ててもらえればと思いますので、ぜひ読んで見てください。

がん診断給付金は必要か?

moneitobu
がん保険には、主契約にがん診断給付金がついている商品と、特約と言うオプションになっている保険と別れているのはご存知でしょうか?

オプションであれば、付けなくても良いのですが、オプションでも付ける方が圧倒的に多くなっています。

では、がん診断給付金は必要なのか?と思う方もいらっしゃると思うのでそこを説明していきます。

そもそも、がん診断給付金と言うものが、がん保険にあるのは、がん治療に関する費用が高額になる可能性が高い事と、がんに罹ってしまったら仕事ができなくなる事や、制限が出てくる事で、収入が一時的にでも減少してしまう可能性が高いのでその補てんに使うことも出来る。

がん診断給付金と言う名目ではありますが、まとまったお金が入る事で、治療費に当てる事や手術の費用であったり、収入の補てんに使うなど、さまざまな使い方が出来るので、診断給付金が有ってよかったと言う方が多いのです。

この事を聞くと、診断給付金ってけっこう必要かもと思いませんか?

では、がん治療にいくらぐらいかかるのか説明していきましょう。

がん治療に掛かる費用

catsr4

がんの治療費に、いくらぐらいの金額が掛かるのかわかる方って、どれくらいのいてるでしょうか。

治療費って高いとは聞くけど、実際にどれくらいかかっているかと言うと、入院を伴う治療には50万~60万円ほどかかります。

健康保険が適応されても、3割負担で20万円前後の治療費は掛かってきます。

これは手術をしての金額ですが、がん治療は手術後も転移の可能性もある為、定期的に抗がん剤や放射線治療が続きます。

そうなると、完治出来るまでにいくらかかるのか。

また完治したとしても、再発や転移していたら、また最初からがん治療が始まります。

がんの初期治療の費用

がんの治療費がいくらぐらいかかるのかを、詳しく説明していこうと思います。

初期治療とタイトルにしていますが、手術をした場合を書いていきます。大まかには、先ほど書いた通り、健康保険が適応される金額で20万円前後ぐらいの金額が掛かりますが、がんの種類など別に詳しく書いていきます。

がんの種類 医療費総額 3割自己負担額
 胃がん 60万5,800円  18万1,700円
 肺がん  63万8,800円  19万1,600円
 肝がん  57万3,200円  17万1,900円
 直腸がん  72万2,600円  21万6,700円
 乳がん  54万2,000円  16万2,600円
 その他のがん  60万2,100円  18万600円

主ながんの治療費を挙げて見ました。

また、入院外の費用(通院での治療)でも1万円前後の3割自己負担費用になります。

これは、あくまでも入院治療だけの話です。これに手術の内容によっては100万を超えていくケースもあります。

抗がん治療費

img01

では、外来通院治療の主な治療法である、抗がん剤治療はいくらぐらいかかるのか。

抗がん剤治療は、薬の投与と休止を繰り返すので、長期間にわたり続く治療法になります。また、抗がん剤治療は1回につき数千円のものも少なくありません。

また、がんは完治に早くても5年はかかる病気です。なので、5年生存率〇〇%と言う言葉があるくらいなので、5年間は抗がん治療や定期的な検査などが続きます。

そうなると、抗がん剤治療だけで通算すると、数百万円の金額になるのです。

胃がんの抗がん治療の例を挙げていきましょう。

抗がん剤の種類にもよりますが、S-1と言われる抗がん剤(テガフール・ギメラシル・オテラシルカリウム)を使用した場合は、6週間を1コースとし、4週間投薬し2週間休むと言うサイクルで行います。

この費用が1コース113,400円します。

これは、再発や転移により手術が出来ない場合も同じサイクルで行うので、金額も同じになります。

その他では、シスプラチン・イリノテカン・カペシタビン・トラスツズマブなどの薬剤を併用したりしながら行います。

高額なもので、シスプラチン+カペシタビン+トラスツズマブの組み合わせになります。

これは、3週間を1コースとして投薬する薬剤にで1週目と2週目に投薬し3週目は休止するサイクルになります。〇 ×

 薬剤名 1週目 2週目 3週目
 シスプラチン  〇  ×  ×
 カペシタビン  〇  〇  ×
 トラスツズマブ  〇  ×  ×

上記の様なサイクルになり、費用は1コースで269,220円になります。

この抗がん剤治療は、患者さんの体質や症状によっても変わりますので、どの治療になるかはわかりません。

このことを踏まえると、がん治療には数百万円の費用は必要になってきます。

高額療養費制度

kougakuryouyouhiseido_photo
ここで高額療養費制度の事も少し説明しておきます。

降格療養費制度とは、国民健康保険などに加入している方は受けれる公的医療支援制度です。

なので、よっぽどの方以外は受ける事の出来る制度ですね。

これは、1ヶ月間の治療(手術・入院費)に、かかった金額が高額になった場合に申請すれば、所得に応じて上限を超えた金額は負担しなくていい制度です。

なので、一般的な世帯では、およそ9万円前後の支払いになります。なので、手術を伴う入院をしその費用が120万円とかになっても、実質は10万前後の負担金で済みます。

因みに、入院が事前に決まっている場合は、入院前に申請しておけば、精算時に適応されるので、精算時に多額の金銭を払わなくて済みます。

しかし、がんなどの長期にわたる治療が必要な場合は、1カ月の金額が少なくなっても、積もりに積もれば大きな金額になりますね。

意外に知らない方がいらっしゃるので、少しだけ説明を入れておきました。

がん診断給付金

3a4f695a458cb0ac0aceaa2eb13ac2dd2
では、がん診断給付金について説明してきます。

がん診断給付金は各保険会社の商品にありますが、支払い条件が少し違うことが有ります。

その支払い条件の違いは、大きく分けると「悪性新生物(がん)と診断されたらすぐ支払う」と「悪性新生物(がん)と診断され治療を開始した時」に分かれます。

また、悪性新生物(がん)だけでしか支払われない場合や、「上皮内新生物の場合は支払いの対象外」や「一部の金額しか支払いません」などの保険会社もあります。

それに、支払回数にも差が出てきます。

説明してきましたように、がん治療は長期にわたる可能性もあれば、再発の可能性もあります。

がん診断給付金の給付が1度だけの場合は、再発・転移した時に診断給付金と言うまとまったお金は貰えません。

では、がん保険で入院給付金や通院給付金がしっかりしていれば、少し役立ちますが、それでも再発時に抗がん治療や手術を受けた場合、治療費に数百万円またかかります。

その時に入院日額と通院日額だけでは賄えません。

例えば、がんになった時に手術を伴う入院をしたとしましょう。

入院日数12日間で入院給付金が1万円のがん保険に入っていたとします。

胃がん等開腹手術をした場合、入院費は120万円前後と言われています。高額療養費で10万前後になったとしても、入院給付金で12万円と手術給付金が20万円として、合計32万円の給付がありました。

治療費だけ見ると、賄えていますが入院には食事代とその他雑費や検査代等も掛かってきます。しかもその保険に通院がついてなければ、それ以降がん保険からは、何の給付もありません。

しかしがん治療は続きます。抗がん治療に数百万円の費用が掛かったり、再発すればどうでしょうか。仕事に復帰できなかったりすると、収入も減り、貯金をしていても減るばかりです。

そうなると、がん診断給付金が頼りになる場合もありますね。

がん保険の種類と診断給付金

先ほども説明しましたが、がん保険は各生命保険会社から販売されているため、多くの商品が市場にあふれています。

そんな中で、がん診断給付金の支払い条件の違いを説明していきます。

アフラック(生きるためのがん保険Days)

aflacgan
支払い条件:悪性新生物(がん)上皮内新生物(初期のがん)と診断確定された時にそれぞれ1回ずつ貰えます。

注意点:上皮内新生物の場合は10万円になります。

メットライフ生命(ガードエックス)

cx_logo_01

支払い条件:悪性新生物・上皮内新生物と診断確定された時に貰う事が出来ます。

注意点:悪性新生物の場合は1回のみで上皮内新生物の場合は2年に1回支払い事由に該当していれば貰い続ける事が出来ます。

AIG富士生命(がんベスト・ゴールドα)

ba_hoken-f_alpha

支払い条件:初めて悪性新生物と診断された時・前回の支払いより2年経過後に新たに悪性新生物と診断され治療目的に入院または通院した場合

注意点:上皮内新生物の診断給付金は特約である為、主契約では対象外になる。

損保ジャパン日本興亜ひまわり生命(勇気のお守り)

yjimage2

支払い条件:悪性新生物と診断確定された時・前回の支払いから2年経過後に新たに悪性新生物と診断確定された時

注意点:特にないのですが、前回の支払いがあった後2年以内は支払いの対象にならない事、また転移・再発でも支払いの対象になる。また上皮内新生物でも同額の保障である。

東京海上日動あんしん生命(がん治療支援保険NEO)

anshin03

支払い条件:悪性新生物・上皮内新生物と診断確定された時また、悪性新生物が再発・転移した場合。

注意点:悪性新生物に関しては、2年に1回を限度に回数は無制限ですが、上皮内新生物に関しては初回の1回のみである事。

いくつかの保険会社の商品を挙げましたが、ほとんどは診断確定された時に支払い対象になることが言えますね。

しかし悪性新生物(がん)と上皮内新生物(初期のがん)では支払い条件が変わったり、金額が変わったりします。

回数無制限で貰えるのが1番嬉しい貰い方ですね。

再発・転移する事は十分に考えられる事で、そのたびに金銭的な不安が解消される事、それに収入に関しての不安も解消する事が出来ますね。

まだまだ、がん診断給付金が1回のみの支払いの保険会社は多くありますので、そこは慎重に選んでくださいね。

過去のがん保険

image01-300x200
がん保険も、医療の進歩と共に新しい内容になってきていますが、過去のがん保険でも、「お宝保険」と呼ばれる商品があるのをご存知でしょうか?

一概に古いからダメだと決めつけて見直しをして、解約するのはもったいない商品が実際にあります。

そもそも「お宝保険」とは何なのか?と思う方も多いと思います。「お宝保険」とは、平成2年までに販売されていた保険とされています。

これは、経済状況が良く、保険会社も儲かっていた時に販売された保険です。終身の死亡保険とかで良く言われますが、がん保険にも実は存在します。

「日本興亜生命のがん保険」商品名は忘れましたが、これは、損保ジャパンと合併する直前まで販売されていたので、そんなに古い商品ではありません。契約してる方も多いかもしれません。

保障内容はそこまで良くないです。今では、古いタイプのがん保険とされる商品ですが、がん診断給付金が入院日額の200倍まで設定できた商品です。なので、入院日額5,000円であれば、100万円の診断給付金で、入院日額10,000円であれば、200万円まで設定する事が出来たのです。そのうえ、保険料は他のがん保険より安く設定されていた商品です。

欠点は、通院治療に対応できていないのが大きな欠点になります。その他では、一般的に古いがん保険と言われる内容と同じ無いようになっています。しかし月々の保険料に比べて、診断給付金が大きいので余裕があるのであれば、この保険は残しておいて損はない商品です。

アフラック(スーパーガン保険)

この商品は、予定利率が良い時の商品なので、解約返戻金が設定されピーク時には支払った保険料の8割が解約時に戻って来る商品になっています。そして保険料もそこまで高くない設定です。

診断給付金などの保障内容は、古いタイプのがん保険になっているので、入院・通院・先進医療などの保障面が心配ではあるんですが、むやみやたらに解約するのはもったいない商品であるのは間違いないです。

自由診療と先進医療

がん治療は、健康保険の3割負担の治療だけではなく、全額自己負担になる自由診療となるケースも少なくありません。

では、自由診療とはどのような治療法なのか。

基本的には、抗がん剤治療に多くみられるのが、自由診療になります。健康保険の対象の診療は、厚生労働省の認めた治療行為や、認めた薬の投薬治療が、健康保険の対象になり、3割負担で受ける事の出来る治療方法です。

しかしがん治療になると、厚生労働省の認めていない抗がん剤を投薬する可能性も少なくありません。

もし、厚生労働省が認めていない抗がん剤が、自身のがんに効くとすれば、使いますか?使いませんか?

がんの治療であれば、効くのであれば使用したくなります。っと言うよりその治療を望むでしょう。しかし、抗がん剤は健康保険の対象でも1回の投薬で数千円から数万円する様な薬なのです。これが未承認の自由診療になると、数万円から数十万する可能性もあります。

これがすべて自由診療であれば、自己負担になります。

また、健康保険の診療の対象にならないという事は、高額療養費制度の対象からも外れるという事です。

高額療養費制度が適応になれば、治療の上限は決まってきますが、その制度の対象にならないという事は、上限は無くなります。

そうなれば、その抗がん剤治療を選択すると、自己負担の治療だけで数年間の治療を行うという事です。

そうなれば、数百万と言う金額が、全額自己負担になるという事です。

また付随して、高度先進医療の事も書いておきます。

先進医療と言うのも自由診療の一種で、「陽子線治療」「重粒子線治療」と言うのが有名なところです。

これも、厚生労働省が認可していないので、健康保険の対象から外れます。もちろん高額療養費制度の対象にもならない為、全額自己負担の治療です。この先進医療は重粒子線治療1回の照射に300万円以上の金額がかかると言われています。

しかし、これはがん保険の先進医療特約でカバーする事が出来るので、がん保険の特約を付けていれば、安心して治療する事が出来ます。

しかし、先ほども書いた自由診療による抗がん剤治療に関してはどうでしょうか。先進医療ではないので、がん保険の給付金はありません。また、今のがん保険で自由診療の抗がん剤治療の保障をしてくれる保険も少ないです。しかも給付金があっても、金額的に足らないのが現実だと思われます。

それが、自由診療の抗がん剤治療であるという事。また、可能性は少ないかもしれませんが、がん治療にはこう言った選択を迫られる事もあるということです。

がん診断給付金があるないでの違い

いままで説明してきたことを頭に置きながら、見てみてください。

入院日額1万円、手術給付金20万円、診断給付金100万円のがん保険に加入し、胃がんで15日入院し手術を行ったとしましょう。

・診断給付金がある場合

入院給付金・・・日額1万円×15日=15万円

手術給付金・・・20万円×1回=20万円

がん診断給付金・・・100万円×1回=100万円

15万円+20万円+100万円=135万円

診断給付金がない場合

入院給付金・・・日額1万円×15日=15万円

手術給付金・・・20万円×1回=20万円

15万円+20万円=35万円

これだけの差が出てきます。

これに、先ほどの自由診療の抗がん剤治療が有効な治療方法であるとなったら、どうでしょうか。

がん保険に加入していても、がん診断給付金が無いと、意味がない可能性も出てきます。

これを踏まえると、がん診断給付金が1回なのか、無制限に貰えるのか、上皮内新生物であればどうなるのかは、重要な問題になってくるとお思います。

複数回もらえるのであれば、治療の幅を広げることも出来ますが、初回しか貰えなければ、治療の幅も狭まってきます。また、がん診断給付金がなければそもそも、治療のさえ選ぶ事が出来なくなる事もあり得ます。

これでは、治る病気となってきたにもかかわらず、治療の幅を狭めて、積極的な治療が出来ないと言う事になりかねませんね。

がん診断給付金の使い道

yjimageLIAE5RTA
前にも書いてますが、がん診断給付金の使い道は何でもいいのです。

収入の減少に充てるのでも良いですし、全額自己負担の抗がん治療に充てるのも良い。また入院の雑費に充てるのも良いです。また通院する為の交通費やセカンドオピニオンに掛かる費用に充てるのも良いでしょう。

使い道はいくつもあるはずです。

がん治療には治療費以外にも、治療により生活が変わってしまう為、それまでに無かった支出が増えるのも事実です。

なので、がん診断給付金はあるかないかで、大きな違いが出てくるのです。

まとめ

がん診断給付金があるかないかで大違いになってくるのは、簡単に言うと、がん治療に伴う入院や通院をする事で、仕事への影響などもある為、収入の減少を補うと言う側面もあれば、自由診療の抗がん剤治療を行うための費用に充てるなど、いろいろな使い道があると言う事。

また、がん治療には高額な費用と、長期間にわたる治療が必要な事からも、がん診断給付金は大切な存在であるのです。

この記事を書くのに、いろいろと調べましたが、そもそもがん診断給付金の必要性を問うものなども見つけました。

がん診断給付金が100万円や200万円とまとまった金額が、一時金としてすぐに給付されるのは、がんという特殊な病気にかかり、治療費であったり生活に対する不安が、特に大きい病気であること。

また治療の幅が広く、現在もまだ治療方法が幾多にもわたる為、健康保険の対象にならない治療も存在します。

その治療でしか治らない、またはその治療が一番患者さんに適した治療行為であった場合は、その治療を選択するでしょう。しかし、治療費が家計を圧迫したり、治療するお金が無ければ、治る病気も治りません。また家族の負担も大きくなる事でしょう。

そうならない為にも、しっかりとがん保険に加入しがん診断給付金を貰って、少しでも不安をなくし、また積極的な治療ができる様にしなければならないのです。

そして、そのがん診断給付金にも支払いの条件がある事、多くの保険は診断確定されればすぐに給付されますが、商品によっては治療を開始するや入院をした後などの条件が付く場合もあります。

また、がん診断給付金の支払い回数も保険会社によって変わっても来ます。悪性新生物(がん)と上皮内新生物(初期のがん)で支払い回数も違えば、支払金額の差もあります。

これは、上皮内新生物(初期のがん)は、転移・再発の可能性が少ないと言う理由と、比較的治りやすいがんである事。しかし悪性新生物(がん)は、転移・再発のリスクが高いことや治療が長引くために複数回の支払いにしている商品が多くなっています。

この複数回の支払いがあれば、再発・転移した後もがん診断給付金が支払われることで、金銭的な負担は少なくなり、治療にも専念できるようになします。

いろいろ書いてきましたが、がん診断給付金は金銭的なサポートになるのは間違いのない事であり、逆に言えば貯金があり裕福な人には必要のないものであると言えます。

しかし、保険と言うのは、がん保険に限らず万が一の時の備えであるという事でその時に役に立たなければなりません。

それを少ない金額で大きい保障を買う事が出来るという事が、保険の真の意味であり、医療保険やがん保険と言うのは、生きて行く為に入る保険であるという事です。そのために積極的な治療をする事、出来る事を増やすという事は、病気と闘う上で大きな武器になるという事。

また、家族のサポートや家族の負担を少なくすると言う事も大切であり、家族を守っていかないといけないという事です。

そして、がん保険に限らず、保険と言うのは実際に事故が起こった時や、病気になってからでないとありがたみは解らないものです。

こうして記事を書いていますが、正直なところを言うと机上の空論でしかありません。これは、他の記事でも同じことが言えます。

しかし、実際に保険を販売し、お客様の生の声を聴いたこともあります。

最後にその事も少し書いておきます。

高齢な女性のお客様でした。がん保険に加入していなく、医療保険等も満足に入っていない方でした。そんな方に出会い、がん保険の説明をし加入していただきました。

その方は、がん保険に加入できるギリギリの年齢の方で、保険料も若い方に比べると割高になられます。

その方が加入して約1年後に、乳がんになられました。

幸いにも発見が早く、がん細胞の摘出手術をし、抗がん剤治療を数年たった今でも続けられています。今まで大きな病気もしたことが無く、今回初めて大きな病気をした為に、金銭的な不安はもちろんたくさんの不安や悩みを抱える事になりました。

加入していただいたがん保険で、がん診断給付金と検査・治療を伴う入院をした後にすぐに、診断給付金と入院給付金の請求をし保険会社から給付金を受ける事が出来ました。

この時にかけて頂いた言葉が、「この保険に入っていて良かった」っと言う事でした。この言葉の意味は、もちろん金銭的な面ですごく助かったという事でした。その後手術を伴う入院をし、手術給付金と入院給付金を貰い、その後抗がん剤治療に通院するために1ヶ月に数回病院に行っていますが、その通院給付金も定期的に請求し貰う事が出来ています。

この方みたいに、年金などで暮らしている方の取ってがん保険の存在とがん診断給付金の存在はどのようなものなのでしょうか。

高齢になり一人暮らしの方も少なくない社会になりつつあります。

年金額も少なくなり、生活するにもやっとの思いで過ごす方にとって、がんになると言うのは、青天の霹靂で今後の生活をどうしようかと考えます。

また、病院に行くにしても、手術を伴う入院をした後や抗がん剤治療をしていると、日によって体調も大きく変わってきます。

そうすると、「子供に迷惑を掛けたくない」や「親類に迷惑を掛けたくない」となるのです。そして治療の為に病院に行くにしても、歩いてすぐの所に病院があるわけではないですよね。

そうなれば、バスに乗り、電車に乗り最後は数分歩いて病院に行く。と言う風になる方が大半であると思います。

しかし、抗がん剤治療を行うと、体調に変化があり、思うようにいかなくなることもあります。また健康な状態であれば何でもない道のりが、辛くなってくるものです。

しかし子供が近くにいてても、独立していると、迷惑を掛けたくなく困ってしまう事もよくあります。

そうなれば、タクシーを使ったりしないといけなくなり出費が増えてきます。

がんに一度かかると、そう言った細かい今までの生活に無かった支出が増えていくものです。そうなった時に、がん診断給付金があって助かったという事を良く言ってくれました。

その時に初めて、がん保険の大切さを感じました。

若いうちから備えるのも良いのですが、実際にがんになって困るのは高齢になってからも困るのです。

がん治療に年齢も無く若くても、副作用で体調が優れなくなったり、髪の毛が抜けたりし、その為に交通手段が変わったり、ウィッグを買ったり、帽子を買ったりすることで、今までになかった支出は多くなります。

その時にがん診断給付金と言う、最初にまとまったお金が入る事で、いろいろなものに対処する事が出来るのです。

これがあるかないかで大きな差があるとすれば、そう言ったところになると思います。

必要か必要でないかでは無く、保険は出口の部分で考える事、そしてがんになってしまったら、どれぐらいの支出があるのか、どういう風に治療をするのかを調べておくことが必要ですね。

また、家族で色々な話をする事、それも重要になってきます。

がんの診断給付金の事を書いてきましたが、治療費やその他にお金が沢山かかる事、それ以外にも大変な事が多いという事を理解しておいてほしいです。

そして、がん保険に入っていてよかった。がん保険のおかげで幸せな生活が送れると言う風になって欲しいですね。

C

人気記事ランキング

がん保険?これだけ読めば大丈夫!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る