保険の見直しや相談をしよう!おすすめの保険相談窓口ランキング5選!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
保険の無料相談がしたいけど、どこがおすすめかわからない!

必要なのはわかってるけど、難しくて選びきれない・・・
そう思っている人はとても多いです。
一生の事だからしっかりと相談をして、理想通りの安心を手に入れましょう。

→お勧め.1 保険見直しラボ
→お勧め.2 保険マンモス
→お勧め.3 ほけんの窓口
→お勧め.4 保険のビュッフェ

初めて保険に加入したときのことを覚えているでしょうか?はじめはずっと同じ保険に加入し続けると思っていたかもしれません。しかし、加入している期間が長くなると、「この保険は今の自分に合っているのか?」という疑問が浮かんできませんか?

自分が成長すれば、成長するだけライフステージが変わります。独身なら結婚もするでしょうし、子供も生まれるでしょう。また、家を買ったり、突然会社を辞めなければいけなくなるかもしれません。

保険に加入していても、人生の中でステージが変われば、必要となる保障が変わることだってあるのです。その際に保険の見直しをすると良いのですが、保険に詳しくないとその方法すらわかりませんよね?そんな時におすすめなのが「保険の見直し相談」です。

今回は、おすすめの相談窓口や見直しのポイントについてご紹介しますので、この記事を読んで、自分が加入している保険を見直すきっかけにしてみてはいかがですか?

目次

1.保険の見直しってどういうこと?

1.1 保険の見直しとは

1.2 保険の見直し相談は誰でもできるの?

1.3 そもそも保険の見直しが必要ない場合もある?

2.保険の見直しや相談がおすすめのわけとは?

2.1 自分の状況がずっと同じとは限らない

2.2 自分に必要な保障がずっと同じとは限らない

3.保険の見直しが必要な時期っていつ?

3.1 ライフステージが変わったとき

3.2 必要な保険が変わったとき

3.3 保険料を抑えたいとき

4.保険の見直しや相談ってどこで行うの?

4.1 保険相談窓口へ行く

4.2 自宅に来てもらう

4.3 電話相談できるところを探す

4.4 人の意見に左右されたくないときは資料請求

4.5 保険のプロについて

5.保険を見直すときに相談すべきポイントとは?

5.1 保障内容の見直し

5.2 保険料の見直し

5.3 解約返戻金の見直し

5.4 受取人と被保険者の見直し

6. おすすめの保険相談・見直し窓口ランキング5選!

6.1 保険マンモス

6.2 保険のビュッフェ

6.3 保険の窓口

6.4 ほけんの時間

6.5 保険ゲート

7.保険の相談や見直しで注意したいこと

7.1 保険料や保険金の金額は妥当ですか?

7.2 解約返戻金の比較はしていますか?

7.3 乗り換える保険は自分のニーズに合っていますか?

8.まとめ

1. 保険の見直しってどういうこと?

保険を契約している人なら少なからず、「保険の見直しをしませんか?」と保険営業マンに言われた事はありませんか?

その様な事を言われると、「すこし見直した方が良いのかな?」と思ってしまいますよね。

そもそも、保険の見直しとはどういうものなのでしょうか?

保険を見直すといっても、特に必要がないと感じている場合にも見直しをする必要はあるのでしょうか。

保険の見直しを決めるのは、最終的に自分の判断となりますが、無料相談を利用すれば簡単に必要か不必要かの判断もしやすくなります。

どこでも、気軽に相談してくださいと宣伝している相談窓口が多いので、小さいことでも相談することで悩みや疑問を解決することができます。

1.1 保険の見直しとは

保険の見直しとは、言葉通りのことですが、現時点で加入している保険が、今の自分のニーズにきちんと合った保険なのかを見直すことが「保険の見直し」です。

多くの人は保険に加入したら、保険料を支払って「病院や事故にあった時に保険会社へ連絡をする」という流れを繰り返していると思います。

しかし、その繰り返しでは、生活が変わってしまった場合には、十分な保障を受けられないかもしれません。

そのため、自分の生活が変わったときには、保険を見直す必要があるといわれています。

簡単に言ってしまうと、例えば10年前と現在の生活が同じかどうかと言う事です。生活が同じであれば、保険に加入した時の状況と同じなので、保険の見直しは必要ないです。しかし、生活が変わっている場合には、必要な保障も変わっている可能性も高いのです。そうなれば、保障が足らない場合や、無駄な保障があると言う事です。

保険の見直しは、自分にとって保障の無駄を無くすことでもあるため、もう何年も保険の見直しをしたことが無いなら、保険を見直してみてはいかがでしょうか。

1.2 保険の見直し相談は誰でもできるの?

保険見直しの相談は比較的誰でも簡単にすることができます。ただ、被保険者や契約者本人が窓口に赴かないと保険の全容を話してくれない場合もありますから注意しましょう。

これは個人情報を守るためでもあり、誰にでも契約内容を教えていては個人情報が、だだ漏れとなり問題が多発してしまいます。たとえ家族であろうと契約の全容を話してくれない場合もあるため、極力契約者本人が赴くようにしましょう。

また、自宅に呼ぶ場合も契約者本人が出迎えるようにしましょう。相談にはお金がかかるところもありますが、無料相談窓口を利用すれば費用がかかることもなく、簡単に保険のプロの意見を聞くことができます。ただし、場所によってはFP(ファイナンシャルプランナー)ではなく販売員が相談を行うところやFPの経験にブレがあるところもありますので、よく調べてから相談するようにしましょう。

1.3 そもそも保険の見直しが必要ない場合もある?

最初から入念に保険のプランを立てた人や、終身保険に加入している人は保険の見直しが必要ない場合があります。ある程度年齢を重ねていて、尚且つFPなどのアドバイスにより保険プランを立てているなら、見直すべき点が少ないか全くない場合もあります。

また終身保険に加入している人は、解約すると解約返戻金が戻ってきますが、支払った保険料よりも少ない場合があるため、解約をすると損をする場合があるので、保険の見直しがしづらいことがあります。

このように保険の見直しが必要ない人も当然いるので、まずは自分の加入している保険についてよく詳しく知ることも、保険の見直しが必要かそうではないか見極めるポイントになります。

2.保険の見直しや相談がおすすめのわけとは?

保険の見直しなんてめんどくさい、そう考えてしまうのも無理はありません。実際自分で相談窓口に赴かないといけないなら電車賃やガソリン代がかかるし、FPに健康状態から今の職業、年収などさまざまな情報を一から教えなければいけないからです。

そのため、そんな手間が掛かるくらいなら見直しや相談なんて要らないと考える人も多いのです。しかし、保険の見直しや相談をするのは自分のためでもあるのです。今よりも保険料が安くなり、保障もグレードアップする保険があるというなら、誰だってそちらに乗り換えたいと思いますよね。

保険の内容も時代が変わるにつれて、どんどん変化しています。そのため5年や10年も前に契約した保険なら、1度見直しをした方がお得になる場合もあるのです。

保険料が割高で生活が苦しい場合や、保険内容をそもそも忘れてしまっているという場合にも、保険の見直し・相談を行った方が良いといえるでしょう。

2.1 自分の状況がずっと同じとは限らない

5年前や10年前と現在を比べると、ほとんどの人が生活に変化があったと思います。「会社務めをしていた人が定年を迎え、年金で暮らすようになった」や「平社員だったが会社の幹部になっている」や「独身だったが結婚し家族出来て大黒柱になた」など5年や10年あれば人生は変わるものです。

そのため、自分の状況がずっと同じということはなかなか無いでしょう。家族が増えればそれだけ、いざというときのためにお金を残してあげたいですし、定年を迎えた場合は以前と同じ保障では、保障の方が勝ってしまい無駄が発生している場合もあります。

もし数年前と比べて今の自分の状況が変わっていると感じるなら、一度保険の見直し・相談をしてみましょう。

前とは違った保障が必要になっているかもしれません。

2.2 自分に必要な保障がずっと同じとは限らない

保険の見直しで一番問題となるのはここです。5年前や10年前に必要だった保障も、今では必要がない場合もあります。

子どもが小さいときは、家族のためにお金を残そうと保険に加入しますが、子どもが成人を迎えたらその必要も下がります。

その反面、今度は自分の老後に備えるための資金が必要になるため、保障の内容が変わります。

このように子どもが成人した、自分が結婚したなど人生の節目で必要となる保障も変ってくるため、加入時から同じ保障を続けていると、保障の無駄が生まれます。

必要のない保障の保険料まで支払っているのは、正に無駄の一言でしかないのです。

その無駄になってしまうお金を他のところで使ったり、必要となる保障に当てたいものですよね?そのため保険の見直しをすることで、保障の無駄を見つけ本当に必要な保障を補う必要があるのです。

3.保険の見直しが必要な時期っていつ?

それでは、保険の見直しが必要となる時期はいつになるのでしょうか、毎年見直す必要はあるでしょうか?

実は、保険の見直しが必要となるのは人によってさまざまです。特に生活に変化が訪れていない人なら保険の見直しをする必要は無いといえますし、結婚や出産や離婚、相続、引っ越し、子どもが親元を離れたなどの変化が見られた場合には必要であるといえます。

しかし、それを判断するのはあくまで契約者本人となるので、その線引きをするのは自分となります。自分の環境が変わったと感じたら、必要となる保障を挙げてみることで、保険の見直しをするか否かの判断材料ができます。 

3.1 ライフステージが変わったとき

ライフステージとは正に自分の環境が変わったときです。結婚した、離婚した、引っ越しをした、子どもが増えた、子どもが成人したなどライフステージと呼べるものはたくさんあります。

またライフステージはターニングポイントとも言われています。自分の一生を線で描いてみると、こうした状況の変化が分かるようになり、節目節目で自分にとって必要となるものも変ってきます。

もし、直近でこのような出来事があったという場合には保険の見直しを行ってみてください。中にはまだ保険の解約や新たに加入をしない方が良い場合もありますが、保険のプロから的確なアドバイスをもらえることがあります。

3.2 必要な保険が変わったとき

自分にとって必要となる保険そのものが変わる場合もあります。それはライフステージが変わったときと同時になることもあるでしょう。

今までは定期保険と呼ばれるものに入っていた人が結婚をすると、家族のためにお金を残したいと終身保険に乗り換えることがあります。これは終身保険を解約した際に払い戻される解約返戻金を他の資金へと充てるためです。ただしすべての終身保険に解約返戻金があるわけではないため注意しましょう。

自分だけの保険となるのか、家族のための保険となるのか、必要な保険が変わるということは家族が増えたり、独立したときになるでしょう。

3.3 保険料を抑えたいとき

今の保険料じゃ家計を圧迫しすぎて困っている、保険料が今の値段のままだと継続が不可などの場合も保険の見直し・相談をする頃合いでしょう。中には解約するしか無いと諦めている人でも、保険の見直しをすることで保障内容のグレードは落ちてしまうものの、保険の乗り換えにより保険継続が可能になる場合もあります。

どれくらいの保険料なら無理なくやっていけるかを明確にすることで、その保険料で最低限の保障を受けられる保険を見つけることができます。保険料が低くなればなるほど、新しい保険を見つけることも難しくなってしまうため、そこのところはよく理解しておきましょうね。

4.保険の見直しや相談ってどこで行うの?

保険の見直しや相談はどういった所で行ってくれるのでしょう?よく思い浮かべるのは相談窓口に行ってFPに話を聞いてもらうことですよね。しかし中には「足が不自由」だったり、「小さい赤ちゃんがいるために長時間の外出は避けたい」という家庭もあります。

そのため保険会社は相談窓口の他に自宅訪問を設けている場合があります。この制度を利用すれば誰だって、いつでも保険の見直しをすることができるので、大変便利です。

保険の見直しをするにもわざわざ出かけなければいけない、というイメージはもう古く、今では保険のプロ自ら赴いてくれるとなれば、保険の見直しも身近なものに感じますね。

4.1 保険相談窓口へ行く

現時点で一番メジャーとなっているのはやはり相談窓口へ自ら赴くことでしょう。要予約のところが多いため、自分で予約をする手間や電車賃・ガソリン代が掛かりますが自宅に呼ぶのは気が引けるという人にとって一番安心できる方法です。

きちんと仕切りがあるので他の人を気にする必要もありませんし、多くの人を相手にしながらではなく1対1できちんと相談を行ってくれるので話もまとまりやすいです。

キッズスペース完備のお店もあるため赤ちゃん連れでも訪れやすくなっています。店舗によっては相談員が1名の場合もあるので、きちんと調べてから訪れることをおすすめします。  

4.2 自宅に来てもらう

次に自宅に来てもらう方法があります。小さいお子さんや身体が不自由という場合には是非利用しましょう。今では自宅や自宅付近のカフェに無料で来てもらえる訪問型もあります。

要予約となるため利用する気でいるなら早めの予約が良いでしょう。ただ対応していない地域もあるため事前の確認が必要となります。また自宅といえど、保険の見直しに必要となる書類などは事前に用意しておくようにしましょう。

余裕をもって時間を組んでくれているとは思いますが、書類探しに手間取ってしまうとせっかくの相談時間も無駄になりかねません。事前に準備しておくものは予約確認の際に言われると思うので、きちんとメモを取り忘れないようにしましょう。

4.3 電話相談できるところを探す

もし自分で相談窓口へ行くのも家に来てもらうのも嫌だ、という場合には電話相談できるところを探しましょう。この場合注意しなければいけないことは相談内容を絞っておくことです。通話料は自己負担になるため、通話時間が長ければ長いほど自分にとって負担にしかなりません。

そのため電話相談はあまりおすすめできない方法です。どうしても聞きたいことがある場合や、わざわざ人に会って相談することでも無いような少ない相談量の時だけ利用するようにしましょう。

相談料は無料なのに電話料で数千円も掛かったとなれば、相談窓口へ行ったり自宅に来てもらう方が断然お得でしょう。電話代が幾ら掛かろうが構わない、という場合には別の話になりますがね。

4.4 人の意見に左右されたくないときは資料請求

最後に資料請求をして自分で見直すという方法もあります。この場合の注意点はすごく時間が掛かってしまうという点です。自分で調べて比較やら保険料の算出をしなければいけないため、多くの時間と手間が掛かります。

ですがメリットとしては他人の意見に左右されないので充分自分で選択することができます。プロであろうと他人の意見に左右されたくないと感じるなら、手間を惜しんでも資料請求して自分で保険の見直しを行ってみましょう。

資料を請求するだけならお金も掛からないため経費はほぼ0です。

4.5 保険のプロについて

保険のプロやお金のプロと呼ばれるFP(ファイナンシャルプランナー)とはどういった人を指すのでしょうか?

FPとは、相談者の希望する目標のために、生活スタイルや経済状況などを元に、お金や暮らしについてアドバイスやプランを立ててくれる人のことです。現状のデータを詳しく解析し、相談者がどうすれば夢や目標を達成できるのか、さまざまな視点からアドバイス・サポートをしてくれます。

FPになるためには要資格となり、その中でもFPとしての能力を持っているとされているのは1級から3級のFPとされています。

5.保険を見直すときに相談すべきポイントとは?

保険を見直すときに相談すべきポイントをいくつかご紹介します。これらを抑えておけば見直しの際に無駄を見落とすことも格段に減るでしょう。

保険の見直し相談では、保険のプロ(FP.ファイナンシャルプランナー)がどういった点を見直したいと思っているのか質問してきます。自分で事前に見直したいポイントを把握しておくことで話もスムーズに運びますから時間も無駄に掛かることもありません。

もちろん、話を進めていくうちに質問したいことや相談したいことが増えるのは良いことです。どんどん保険のプロに分からないことや相談したいことを話してみましょう。

5.1 保障内容の見直し

まず、今加入している保険の保障について見直しを行いましょう。欲しいと思う保証がある、要らない保障が今付いているなどの場合には一度プロと必要となる保障を整理することで自分に必要な保障が分かります。そのため、今の保険のままで問題ないかどうかを判断しやすくなります。

もし他の保険に乗り換えた方が良いなら、相談員(FP)がこの保険に乗り換えた方が良いと勧めてくることもあります。それに加入するかどうかはあなた次第になりますが、保障内容を見直してみて、どちらが自分に合っているか判断し決断しましょう。

相談といっても決めるのは自分です。相談員の言いなりにならないように自分の意志を持って乗り換えを行いましょう。 

5.2 保険料の見直

次に保険料の見直しです。今の保険料が高いと感じている場合などに相談を行います。また保障内容を追加した場合や最低限の保障にした場合など、保険料がどう変わるのかという点も質問しておいた方が良いでしょう。

相談員はデータを入力するだけで「この保障プランは幾ら」と数字の出るデータファイルを持っていることが多いため、自分で計算するよりも簡単に保険料を算出してくれます。

自分の要望を伝えれば計算してくれると思うので、この保障を付けた場合や除いた場合とさまざまなパターンを計算してもらっても良いかもしれません。しかしあまり細々と計算してもらうと相談員の負担にもなるため、3~5パターンくらいに絞って計算してもらいましょう。また事前に保険サイトで保険料の算出を行っておくと話がスムーズに進む場合があります。自分で集められるデータを集めておくことで、FPにも良い印象を与え、普段は聞けないようなお金の話も聞けるかもしれませんよ。

5.3 解約返戻金の見直し

解約返戻金(かいやくへんれいきん)がある保険の場合はこちらも見直しておきましょう。今加入している保険を解約をして解約返戻金を貰っておいた方が良いのか、もっと良い返戻率がある保険があるのか等を相談します。

掛け捨て保険から返戻金がある保険に乗り換える場合も、良い返戻率の保険に乗り換えることをお勧めします。ですが注意点として、返戻率が高ければ高いほど保険料も高い傾向にあるため、保険料を抑えたいのであれば、返戻率も低いことを理解しておきましょう。

返戻率が低いが保険料が割安に抑えられているの保険を取るか、返戻率が高いがその分保険料も高い保険を取るかはあなた次第です。

5.4 受取人と被保険者の見直し

最後に受取人と被保険者の見直しです。子どもが成人した時や結婚した時などに見直します。家族のためにお金を残したいのであれば、被保険者は自分、受取人は親や兄弟から配偶者や子どもに変える必要があります。

また家族が自立して受取人を変えたい場合も同様です。誰が誰に変わるのか事前に決めてい場合は相談はしなくても良いと思いますが、聞かれる場合もあるため覚えておきましょう。

6.おすすめの保険相談・見直し窓口ランキング5選!

ここからは私がおすすめする保険相談・見直し窓口をご紹介します。どの保険窓口も顧客満足度が高い窓口で、口コミでも人気があります。相談員の知識もしっかりとあるため、はずれを引いてしまうということも少ないでしょう。

訪問相談も行ってくれるところも多いため、小さい赤ちゃんやお子さんがいる家庭でも安心して利用することができます。予約方法も公式HPからフォーマットに必要事項を入力し送信するだけです。折り返しのメールや電話が来るのできちんと確認するのを忘れないようにしましょう。

保険の見直しを考えているのであれば、どうぞこちらの保険窓口を利用してみてください!  

6.1 保険マンモス

保険マンモスでは保険相談の他にも家計全般の相談も行っているため、保険料の抑え方や家計の無駄を教えてくれます。保険マンモスが紹介するFPは知識が豊富なので、お金に関することで不安があるならどんどん質問して解決してしまいましょう。

注意したい点は保険マンモスは店舗というものがないため、自宅に直接訪問か自宅近くのカフェなどで打ち合わせとなります。保険の相談から加入までをサポートしてくれるので安心です。

また基本的な相談は無料となりますが、もう少し込み合った話がしたい場合には有料となりますがワンランク上の相談をすることも可能です。FPとの相談の前に小冊子を送ってくれるので事前に家計や保険について学ぶことができます。

万が一FPがしつこい勧誘をしてきた場合は「イエローカード制」という制度を設けているため現状のFPから新しいFPに代えてもらうことができます。あくまで相談という形なので、無理に勧誘してくる場合は本部へ連絡し対応してもらいましょう。

公式HP http://www.hoken-mammoth.jp/lp/orimo/36incen_after20/?s_mf=Ab_r36T

6.2 保険のビュッフェ

保険のビュッフェも訪問相談型です。自宅か自宅付近のカフェで打ち合わせとなります。こちらも最終的に乗り換えは不要と感じた際にははっきりと断ることが可能とされているため、気軽に相談ができます。

FPの知識も豊富なため相談し満足を覚える人が多いです。将来まで見据えてプランを設計してくれるので、自分では気づけないようなことまで教えてくれます。質の高い相談をしたいなら保険のビュッフェや保険マンモスをおすすめします。

保険ビュッフェのFPは一定年数の経験を積んだ者となっているためお金のプロです。取り扱っている保険会社もたくさんあるためさまざまな視野で現状を把握することができますよ。

公式HP http://www.hoken-buffet.jp/

6.3 保険の窓口

CMでもお馴染みの保険相談窓口です。こちらは店舗で相談になりますが、一部店舗を覗いてキッズスペースや授乳室があるため子連れでも安心して利用することができます。

保険の窓口の良いところは無理な勧誘が無いことです。電話すらかかってこないという噂なので、しつこい電話勧誘が嫌いな人でも安心して保険相談ができます。店舗も2017年3月現在、日本全国に599店舗展開しているため相談に行きやすいと人気があります。

ただ気をつけたいのは、相談員がすべてFPというわけではないことです。店舗や人によってはあまり知識がない場合もあるので注意しましょう。店舗の口コミを参照してから予約をするようにした方が確実だと思います。

公式HP http://www.hokennomadoguchi.com/

6.4 ほけんの時間

ほけんの時間は訪問相談型です。女性に人気のある窓口で、何度相談を行っても無料と優しい保険相談窓口です。提携FPも平均経験年数7年と一流ばかりのため知識が豊富で、さまざまな不安点や質問をしても返答してくれます。

保険の相談から契約・加入までしっかりサポートしてくれるため、面倒な加入手続きもFPが全てやってくれます。保険以外にも貯蓄や税金のことなど、お金に関することなら相談が可能となっているため、家計診断を行ってくれる場合もあります。

全国どこでも指定した日時や場所に来てくれるため、なかなか時間が合わせづらいという人でも利用しやすいです。相談場所は自宅か近くのカフェなどです。FPの交換制度があるので、相性が合わない、しつこい勧誘をしてくる場合には連絡して違うFPに代えてもらうことが可能です。

公式HP https://www.hokennojikan.com/

6.5 保険ゲート

保険ゲートも訪問相談型です。羊のFPであるメルフィーくんが目印で、提携しているFPの質も高いです。無理な勧誘は無く、本当に必要な場合のみ保険を勧めてくれるため安心して保険相談を行うことができます。

対応時間も朝9:00~夜20:00までと長いため、夜しか時間の取れない人でも相談することが可能です。自宅やお店の他にも事務所でも相談を行ってくれるため、仕事の合間に相談することもできます。

提携FPは定期的な診査を受けているため、質が下がることがありません。そのためいつでも質の高いFPが相談に乗ってくれます。万が一FPの提案内容や相性に疑問を感じた場合は無料でFPの交替を行ってくれます。

公式HP http://www.hokengate.jp/

7.保険の相談や見直しで注意したいこと

最後に保険の相談や見直しで注意したいことをまとめてみましょう。せっかく見直しをしたのに、見落としている点や見向きもしていない点があると、見直し損が発生します。そのため、一度の相談や見直しで済むようにチェックリストなどを作っておくと良いかもしれませんね。

また相談を行うときはしっかりと話の内容をメモするなどしておきましょう。相談しているときはしっかりと聞いているつもりでも、いざ話が終わって思い返してみると、意外と覚えていないことも多いからです。

7.1 保険料や保険金の金額は妥当ですか?

まず保険料や保険金を見直したときは、その金額が妥当であるかや自分で納得のいく金額なのか確認しましょう。もし自分で納得できないのであれば、即決するのは止めたほうが良いでしょう。

保険の見直しで乗り換えをするとしても、即決するより良く考えてから加入した方が安全です。金額に納得が出来たなら保険の乗り換えや保障内容変更を行いましょう。

7.2 解約返戻金の比較はしていますか?

解約返戻金の比較や見直しをしていない場合はしておいた方が良いです。FPに相談する場合は問題ないと思いますが、自分で見直しをするとなると、返戻率の低い保険に乗り換えてしまう可能性があります。

保険料を抑えたい場合は返戻率が低くなってしまいますが、保障内容を見直すだけならきちんと比較をしておくことをおすすめします。また保険加入期間が短いと解約返戻金が全く貰えない場合もあるため、保険加入してから時間が経っていない場合の保険の見直しには十分注意しましょう。損をするだけの場合も当然あるのです。

7.3 乗り換える保険は自分のニーズに合っていますか?

もし保険の乗り換えをするに至ったら、その保険は自分のニーズに合っているのか最終確認しましょう。何度も確認することで見落としも少なくなりますし、自分にとって必要であるか無いかきちんと見極めることができます。

FPに相談している場合はきちんと要望を伝えておきましょう。少しでも違うかな?と感じたら申し立てすることも必要になってきます。相手は保険のプロだからと気後れする必要はないので、その保障は自分にとって「いる・要らない」はきちんと伝えましょう。

もしかすると自分にとって要らない保障がついてしまっている場合もあるので注意しましょう。

8.まとめ

保険の見直しをするかしないかは自分の判断となりますが、もしライフステージが幾度も変っているという場合には是非した方が良いといえます。無駄を見つければ見つけるほど、自分にとって使えるお金が増える場合もあります。

どれだけ保険料を抑えられるか、というよりはどれだけ自分にとって必要な保障を揃えられるかに重点を置くことで、必要となる保険も見えやすくなります。

無料相談を利用してお得に保険の見直しをしてみてくださいね。

B

人気記事ランキング

がん保険?これだけ読めば大丈夫!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る