保険の見直しや相談をしよう!おすすめの保険相談窓口ランキング5選!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

初めて保険に加入したときのことを覚えているでしょうか?はじめはずっと同じ保険に加入し続けると思っていたかもしれません。しかし、加入している期間が長くなると、「この保険は今の自分に合っているのか?」という疑問が浮かんできませんか?

自分が成長すれば、成長するだけライフステージが変わります。独身なら結婚もするでしょうし、子供も生まれるでしょう。また、家を買ったり、突然会社を辞めなければいけなくなるかもしれません。

保険に加入していても、人生の中でステージが変われば、必要となる保障が変わることだってあるのです。その際に保険の見直しをすると良いのですが、保険に詳しくないとその方法すらわかりませんよね?そんな時におすすめなのが「保険の見直し相談」です。

今回は、おすすめの相談窓口や見直しのポイントについてご紹介しますので、この記事を読んで、自分が加入している保険を見直すきっかけにしてみてはいかがですか?

目次

1.保険の見直しってどういうこと?

1.1 保険の見直しとは

1.2 保険の見直し相談は誰でもできるの?

1.3 そもそも保険の見直しが必要ない場合もある?

2.保険の見直しや相談がおすすめのわけとは?

2.1 自分の状況がずっと同じとは限らない

2.2 自分に必要な保障がずっと同じとは限らない

3.保険の見直しが必要な時期っていつ?

3.1 ライフステージが変わったとき

3.2 必要な保険が変わったとき

3.3 保険料を抑えたいとき

4.保険の見直しや相談ってどこで行うの?

4.1 保険相談窓口へ行く

4.2 自宅に来てもらう

4.3 電話相談できるところを探す

4.4 人の意見に左右されたくないときは資料請求

4.5 保険のプロについて

5.保険を見直すときに相談すべきポイントとは?

5.1 保障内容の見直し

5.2 保険料の見直し

5.3 解約返戻金の見直し

5.4 受取人と被保険者の見直し

6. おすすめの保険相談・見直し窓口ランキング5選!

6.1 保険マンモス

6.2 保険のビュッフェ

6.3 保険の窓口

6.4 ほけんの時間

6.5 保険ゲート

7.保険の相談や見直しで注意したいこと

7.1 保険料や保険金の金額は妥当ですか?

7.2 解約返戻金の比較はしていますか?

7.3 乗り換える保険は自分のニーズに合っていますか?

8.まとめ

1. 保険の見直しってどういうこと?

保険を契約している人なら少なからず、「保険の見直しをしませんか?」と保険営業マンに言われた事はありませんか?

その様な事を言われると、「すこし見直した方が良いのかな?」と思ってしまいますよね。

そもそも、保険の見直しとはどういうものなのでしょうか?

保険を見直すといっても、特に必要がないと感じている場合にも見直しをする必要はあるのでしょうか。

保険の見直しを決めるのは、最終的に自分の判断となりますが、無料相談を利用すれば簡単に必要か不必要かの判断もしやすくなります。

どこでも、気軽に相談してくださいと宣伝している相談窓口が多いので、小さいことでも相談することで悩みや疑問を解決することができます。

1.1 保険の見直しとは

保険の見直しとは、言葉通りのことですが、現時点で加入している保険が、今の自分のニーズにきちんと合った保険なのかを見直すことが「保険の見直し」です。

多くの人は保険に加入したら、保険料を支払って「病院や事故にあった時に保険会社へ連絡をする」という流れを繰り返していると思います。

しかし、その繰り返しでは、生活が変わってしまった場合には、十分な保障を受けられないかもしれません。

そのため、自分の生活が変わったときには、保険を見直す必要があるといわれています。

簡単に言ってしまうと、例えば10年前と現在の生活が同じかどうかと言う事です。生活が同じであれば、保険に加入した時の状況と同じなので、保険の見直しは必要ないです。しかし、生活が変わっている場合には、必要な保障も変わっている可能性も高いのです。そうなれば、保障が足らない場合や、無駄な保障があると言う事です。

保険の見直しは、自分にとって保障の無駄を無くすことでもあるため、もう何年も保険の見直しをしたことが無いなら、保険を見直してみてはいかがでしょうか。

1.2 保険の見直し相談は誰でもできるの?

保険見直しの相談は比較的誰でも簡単にすることができます。ただ、被保険者や契約者本人が窓口に赴かないと保険の全容を話してくれない場合もありますから注意しましょう。

これは個人情報を守るためでもあり、誰にでも契約内容を教えていては個人情報が、だだ漏れとなり問題が多発してしまいます。たとえ家族であろうと契約の全容を話してくれない場合もあるため、極力契約者本人が赴くようにしましょう。

また、自宅に呼ぶ場合も契約者本人が出迎えるようにしましょう。相談にはお金がかかるところもありますが、無料相談窓口を利用すれば費用がかかることもなく、簡単に保険のプロの意見を聞くことができます。ただし、場所によってはFP(ファイナンシャルプランナー)ではなく販売員が相談を行うところやFPの経験にブレがあるところもありますので、よく調べてから相談するようにしましょう。

1.3 そもそも保険の見直しが必要ない場合もある?

最初から入念に保険のプランを立てた人や、終身保険に加入している人は保険の見直しが必要ない場合があります。ある程度年齢を重ねていて、尚且つFPなどのアドバイスにより保険プランを立てているなら、見直すべき点が少ないか全くない場合もあります。

また終身保険に加入している人は、解約すると解約返戻金が戻ってきますが、支払った保険料よりも少ない場合があるため、解約をすると損をする場合があるので、保険の見直しがしづらいことがあります。

このように保険の見直しが必要ない人も当然いるので、まずは自分の加入している保険についてよく詳しく知ることも、保険の見直しが必要かそうではないか見極めるポイントになります。

2.保険の見直しや相談がおすすめのわけとは?

保険の見直しなんてめんどくさい、そう考えてしまうのも無理はありません。実際自分で相談窓口に赴かないといけないなら電車賃やガソリン代がかかるし、FPに健康状態から今の職業、年収などさまざまな情報を一から教えなければいけないからです。

そのため、そんな手間が掛かるくらいなら見直しや相談なんて要らないと考える人も多いのです。しかし、保険の見直しや相談をするのは自分のためでもあるのです。今よりも保険料が安くなり、保障もグレードアップする保険があるというなら、誰だってそちらに乗り換えたいと思いますよね。

保険の内容も時代が変わるにつれて、どんどん変化しています。そのため5年や10年も前に契約した保険なら、1度見直しをした方がお得になる場合もあるのです。

保険料が割高で生活が苦しい場合や、保険内容をそもそも忘れてしまっているという場合にも、保険の見直し・相談を行った方が良いといえるでしょう。

2.1 自分の状況がずっと同じとは限らない

5年前や10年前と現在を比べると、ほとんどの人が生活に変化があったと思います。「会社務めをしていた人が定年を迎え、年金で暮らすようになった」や「平社員だったが会社の幹部になっている」や「独身だったが結婚し家族出来て大黒柱になた」など5年や10年あれば人生は変わるものです。

そのため、自分の状況がずっと同じということはなかなか無いでしょう。家族が増えればそれだけ、いざというときのためにお金を残してあげたいですし、定年を迎えた場合は以前と同じ保障では、保障の方が勝ってしまい無駄が発生している場合もあります。

もし数年前と比べて今の自分の状況が変わっていると感じるなら、一度保険の見直し・相談をしてみましょう。

前とは違った保障が必要になっているかもしれません。

2.2 自分に必要な保障がずっと同じとは限らない

保険の見直しで一番問題となるのはここです。5年前や10年前に必要だった保障も、今では必要がない場合もあります。

子どもが小さいときは、家族のためにお金を残そうと保険に加入しますが、子どもが成人を迎えたらその必要も下がります。

その反面、今度は自分の老後に備えるための資金が必要になるため、保障の内容が変わります。

このように子どもが成人した、自分が結婚したなど人生の節目で必要となる保障も変ってくるため、加入時から同じ保障を続けていると、保障の無駄が生まれます。

B

人気記事ランキング

1 2

がん保険?これだけ読めば大丈夫!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る