生命保険の選び方の解らないを解決!賢く損をしない選び方とは

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

生命保険に加入している方で、その保険が自分に合っているのか解らないと言う方が多くいます。また、これから生命保険に加入しようと考えている方は、どれくらいの金額の保障があれば良いのかわからないと言う方が多いです。生命保険は種類も多く、どの保険が良いのか正直解りづらいですよね。

しかし、生命保険の基本と自分の置かれている状況を理解すれば、自分に合った生命保険を準備する事は難しい事ではありません。

今回は、数多くの保険を見てきた立場から、保険の賢い見直し方や自分に合った保険の加入の仕方を紹介していきます。

保険の基本を理解した上で、自分の現在の生活状況などを整理して、損をしない賢い生命保険を準備し、より良い生活を送れるお手伝いになればと思います。

目次

1.生命保険のわからない

1.1生命保険の加入のしかた

1.2生命保険の保険金額(保障される金額)

1.3保険会社の選び方

2.生命保険の賢い選び方

2.1生命保険の基本

2.2医療保険

2.3死亡保険

3.生命保険の損をする選び方

3.1定期付き終身保険

4.生命保険の選び方の基準

4.1医療保険の日額設定

4.2死亡保険

5.保険会社の選び方

5.1経営状態で選ぶ場合

5.2保険商品で選ぶ場合

6.生命保険会社のランキングとは?

6.1顧客満足度ランキング

6.2保険会社評判ランキング

7.まとめ

1.生命保険の解らないa1640_000181

生命保険の加入や、見直しなどを考えている方で比較的多い悩みが、「生命保険の選び方が解らない」や「自分に必要な保障の金額が解らない」と言ったことが非常に多く見受けられます。

また、これ以外のも生命保険と聞くだけで、難しいモノと言うイメージが有るために、解らないという事が多くありますので、ここでは、どのような悩みがあるのかを具体的に書いていこうと思います。

1.1生命保険の加入のしかた

生命保険の加入の仕方と書きましたが、これは選び方と言ってもいいと思います。

生命保険の基本は「終身保険」「定期保険」「養老保険」の3タイプしかないという事は、様々なサイトで書かれている事なので、ご存知の方も多くいらっしゃると思います。

解らないというのは、どの保障をどのタイプの保険で加入すればいいかと言うことなのです。

実は、簡単な事なのですが、「医療保障には医療保障の」「死亡保障には死亡保障の」「貯蓄には貯蓄の」など、保障によって選ぶものはある程度決まってきます。

また、保険に加入する目的によっても決めることが出来るので、案外簡単に解決できるのです。

1.2生命保険の保険金額(保障される金額)

次に解らない事で多いのが、保険金額の設定です。

保険金額と言うのは、死亡保険金や入院給付金などの保険会社から貰える金額の事です。

保険会社からお金をもらう時は、保険事故と言われる、死亡や病気をした時であり、健康な時にはどのようなリスクがあるのかを想像することが難しいため、多くの方がこの金額の設定に困惑されます。

しかし、この問題はご自身の生活をよく理解していれば、解決できるのです。

病気で入院した時には、治療費以外の心配事は入院中の雑費(食事代・交通費など)や働けなくなることで考えられる収入の減少になってくると思います。

しかし、会社員の方であれば、健保組合などで月の給料7割を補償されているので、残りの部分をカバーすればいいのです。

また死亡保険金の設定は、残された家族への責任がいつまで・いくらあれば良いのかを考えれば良いのです。

1.3保険会社の選び方insurance

保障内容や加入の仕方もそうですが、数ある保険会社のなかで保障内容や保険料もあまり変わらない場合には、保険会社の選び方も迷うという方もいると思います。

保険会社への心配事は「万が一の時に保険金を支払える能力があるか」や「生命保険会社が万が一破綻した時に保険はどうなるのか?」という事だと思います。

これに関しては、ソルベンシー・マージン比率という指標が保険会社には存在します。

このソルベンシー・マージン比率と言うのは、保険会社の保険金支払い能力を表す指標であり、200%を下回ると金融庁から指導が入ります。

逆に200%以上であれば、健全な経営をしているという事になり、保険会社のパンフレットなどには、この指標が必ずと言っていいほど記載されています。

また、生命保険会社が万が一破綻してしまったときには、「生命保険契約者保護機構」という組織が保険契約を引き受け契約の継続をしてくれますが、保険金額の削減などのマイナス面があります。また引き受け保険会社がある場合には、その保険会社が契約を継続しますが、保険金額や予定利率は変更になります。

保険会社が破綻しても、保険契約自体は継続されるという事です。

2生命保険の賢い選び方policy

それでは、先ほど書いたような「生命保険の解らない」を実際に解消していきましょう。

ここでは、保険の種類別の選び方を実際に紹介していく事で、「わからない」の本質を解決していきます。

2.1生命保険の基本

先に生命保険の基本について、少しだけ説明しておきます。

生命保険には先ほども書いた通り「終身保険」「定期保険」「養老保険」の3タイプしか存在しません。また、近年では3つ目の「養老保険」は主力ではないので、頭の片隅に置いておくだけで良いと思います。

終身保険と定期保険にはそれぞれ、メリットとデメリットがあるので、保障の種類によって向き不向きが出てきます。

 

終身保険のメリット・デメリット

メリット デメリット
保険料が一生涯上がらない 保険料が高い
一生涯の保障がある 大きな保障が準備しにくい
貯蓄性がある 見直しにくい

 

定期保険のメリット・デメリット

メリット デメリット
保険料が安い 更新があり更新ごとに保険料は高くなる
高額な保障が準備できる 保険期間が過ぎると保障がなくなる
必要な時だけ保障を準備できる 高齢になると更新できない場合がある

 

上記に様な事が大きなメリットとデメリットになります。

これを頭に入れながら、各保障の保険の選び方を説明していきます。

2.2医療保険

医療保険の賢い選び方を解説していきます。

近年、保険会社が力を入れているのは、医療保険とがん保険です。

先ほども少し書いた通り、保険金額(保障額)の設定は、治療費以外の雑費や収入減も補填するのか、治療費の足しだけなのかにより金額が変わってきます。

医療保険の日額の設定方法を説明するに当たり、欠かせないのが日本の公的保険である、健康保険です。この健康保険は、大半の方が加入されている事と思います。また健康保険に加入していれば、風邪などで病院に行っても自己負担は3割で済むという事は皆さん知っている事だと思いますが、健康保険には「高額療養費制度」と言うものがあります。

この「高額療養費制度」と言うのは、同一月の医療費の自己負担額の上限が決まっている制度なのです。解りやすく言うと、同じ月内であれば手術を伴うような入院をして治療費が高額になっても、上限額以上を支払わなくて済むという制度です。

その上限額の計算方法は下記の表になります。

所得区分 ひと月あたりの自己負担限度額(円)
年収約1,160万~ 252,600円+(医療費-842,000円)×1%
年収約770万~1,160万まで 167,400円+(医療費-558,000円)×1%
年収約370万~770万まで 80,100円+(医療費-267,000円)×1%
年収370万まで 57,600円
住民税非課税者 35,400円

所得により、自己負担額が変わりますが、一般的な家庭であれば約9万円で治療費が済むのです。

この金額を入院する日数で割ると、1日いくらの治療費が必要になるかが見えてきます。

例えば、手術を伴い20日間入院した場合の1日の治療費の自己負担額は、4,500円になります。

これだと、治療費の足しにする為だけであれば、入院日額は5,000円あれば足りる計算になります。しかし、病気や手術内容や病院によって入院日数も変わってくるので、一概に5,000円あれば大丈夫とは言い切れません。

その事も踏まえて、保険金を多くするかは選択肢の一つになります。

この様に公的な制度があることなどを知っているだけで、医療保険の入院日額の設定は簡単に出来るようになるのです。

また医療保険を、終身保険にするか、定期保険にするかと言うのも、ごく稀に悩む方がいらっしゃいますが、医療保険と言うのは、病気やケガで入院をするリスクをカバーする商品であることはお分かりだと思います。そのような商品は、病気やケガのリスクが高くなる高齢になるにつれて保険料も高くなります。

先ほどのメリット・デメリットにも書きましたが、終身保険は保険料が一生涯変わることはありませんが、定期保険であれば更新が付きものとなり、更新ごとに保険料が高くなります。そのため、本当に保障が必要な年齢になった時に、高い保険料に悩まされるという事になりません。

その事を踏まえると、終身保険で医療の保障を準備する方が、将来にわたって経済的負担は少なくなると言えるでしょう。

2.3死亡保険ff5b63884aeacf7149f0caa7fd678ab3_s

次は死亡保障の賢い選び方を紹介していきます。

死亡保障への加入は死亡した時の保障ですが、細かく分けると2つの加入目的のパターンがあります。

  1. 子育て期間などの一定期間の死亡保障
  2. 自身の葬儀代や貯蓄などに使う場合

上記の様に分けることが出来ます。

それでは、それぞれ説明し選び方を紹介していきます。

1番目の子育て期間には、子供を育てるという責任が親にはありますよね。そして、万が一生活を支えている、お父さんが無くなってしまった場合には、残された家族はどのように生活をしていけば良いでしょうか?そして、子供の教育費はどうすれば良いでしょうか?

これを考えると、より多くの金額を残さないといけないかな?と思うかもしれませんが、この死亡保険金額も比較的設定しやすいのです。

それは、現在の収入はいくらあるのか、そして生活にいくらかかっているのかをまず把握しましょう。そうすれば、いくらの保障があれば良いのかが解ります。

そして、その保障はいつまであれば良いですか?ご自身が死ぬまで一生涯の保障は必要ですか?先ほども書いた通り、子育ての期間で良いのです。

そうすれば、この子育て期間の大きな保障は、定期保険で良いのです。

そして、2番目の自身の葬儀代や貯蓄に使う場合ですが、これは死亡保険金または解約返戻金を確実に受け取る方法です。

前者の葬儀代などに関しては、死亡保険金になるので一般的な生命保険の使用方法です。

人は生きていくのにもお金が掛かりますが、死んでからもお金が掛かるのです。葬儀代・お墓代など安くても200万円は掛かると言われています。

貯蓄などで葬儀代は問題ないという方は、終身の死亡保険に入る必要はありません。

そして、少しイレギュラーな貯蓄に使う場合です。

B

人気記事ランキング

1 2

がん保険?これだけ読めば大丈夫!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る