【保険用語】営業マンに騙されない!覚えるべき「最重要保険用語」21選

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

保険って難しい上に、専門用語も沢山あるために、なかなか興味を持ちはじめられないかと思いますが、この記事ではどのようなシチュエーションで用語が発生するかを想像していただきながら理解をしていただきたいと思います。

保険業界の専門用語を紹介します。

■相互扶助の法則

保険会社の営業マンとの商談でこのようなことを言われたことはないでしょうか。

「保険って支払っても無駄に思うのよね。」(契約者)

「保険とはどなたかに万一のことが起きた時に、お互いに助け合う「相互扶助」で成り立ってるんですよ。」(営業マン)

最近はクラウドファンディングという資金調達の新しい仕組みが出てきましたが、それに似ています。どういうことかと言いますと、万一のことが起きた時には多額の保険金が支払われます。その保険金は契約者全員から集めるため、一人では負担しきれない大きな金額を集めることができます。(実際にはただ集めるだけではなく集めたお金を運用して増やす努力を保険会社はしています。)

hokeningo11

「相互」とは、言うまでもなく「お互いに」という意味です。保険に加入した人々は、互いに少しずつお金(保険料)を出し合いって。多くの人がお金を出し合えば、一人ひとりが支払う金額は少なくて済むうえに、「扶助」とは、「助ける」という意味になり、保険料を払ったうちの誰かが事故に遭ったり、地震や火災など補償の契約を結んでいた被害を受けたりしたとき、集まったお金の一部を渡して損害を補うのです。個人レベルのミクロ的な視線で見ると、「自分の家族のための備え」と思われる保険ですが、マクロ的な視点で見ると一人ひとりが互いに支え合っているのです。

保険には大きな区分として生命保険と損害保険がありますが「相互扶助」という基本的な考え方は、どちらの保険も変わりません。

一人の人だけで見れば、事故に遭う可能性はさほど高くないかもしれません。たとえば一生涯、交通事故とは無縁の方もいらっしゃるでしょうし、火災に遭わない方もたくさんいます。しかし何千何万という人が集まれば、その中の誰かが事故に遭う可能性は非常に高くなります。いつ、どこで、誰が出会うかわからない「万一」のために、「一人は万人のために、万人は一人のために」という考えに立って、お互いにお金を出し合って助け合う。それが保険という制度です。

保険とは、さまざまな事故や災害を経験してきた人々が、より小さな負担で安心を手に入れるために助け合いの精神で作り上げた、必要不可欠な社会のシステムなのです。

■掛け捨て

掛け捨て保険とよく聞く言葉ですが、どのような保険なのかを解説します。

今回、私も奥さんもそれぞれこの保険に加入しました。この掛け捨てタイプの生命保険がいいと思った点は、万が一若くして亡くなった場合でも家族に毎月お金が支払われるところがメリットだなと感じました。

もう一つのメリットとしては、保険料が安いことです。貯蓄型の保険だと、掛けた保険が自分に戻ってくるのは確かにいいのですが、その分毎月支払う保険料が高いです。貯蓄は別の方法なり保険で確保するとして、「家族にお金を残す」という目的を明確にした割り切った考えでこちらを申し込みました。文字通り、自分に万が一のことがあった場合の「保険」です。

掛け捨て型の生命保険は、自分が健康で働ける状態がずっと続く場合には戻ってくる額は確かに少ないですが、本当にいざと言うときのためと考えると有効だと思います。

掛け捨てるのが性格的に合わないなーと言う方はいらっしゃると思うのでその場合には貯蓄型か自分でしっかりと貯金しておくという方法になりますね。いずれにしても、子どもが生まれてくるとなって初めて考える人も多いと思います。保険を選んでいると、自分の人生を考え直すいいきっかけにもなるなと思いました。

保障される期間は、終身という言葉が表す通り、一生涯です。被保険者が死亡するまでです。すなわち途中で解約しなければ一生涯保障されます。

「終身保険」は死亡時および所定の高度障害状態になった時に保険金が支払われ、それ以外の保障が必要な場合は特約を追加します。

以前は終身保険が主な契約(=主契約)で、その他、短期間大きな保障を確保するための定期保険特約、入院時に給付金が支払われる入院特約などがつくタイプが販売されていました。しかし、これはあくまで特約であり、終身保険の保障は死亡および高度障害のみです。

補足ですが、現時点で定期保険特約や入院特約をはじめ様々な特約がついている保険に加入している場合は、確認が必要です。

現在は、定期保険や入院をカバーする医療保険に関しては、別々に契約するのが一般的です。保障内容も大きく変更され、保険料も安くなる傾向にあります。

以前の保険では、終身保険の保険料払込期間である60歳、65歳で定期保険特約が終了してしまうのが一般的でした。入院の保障は特約の場合、おおむねどの会社の商品も80歳まで継続できますが、「終身保険の保険料払込期間終了時に、それ以降の保険料を一括で支払う必要がある」などの条件がつく場合もありました。

定期保険(収入保障保険等も含む)や入院の保険(医療保険、がん保険等)については再度確認し、自分の希望にあった物を選んで下さい。単体の定期保険なら70歳や80歳でも加入できる商品もあります。「終身」と名前があっても、保険料のほとんどが掛け捨てで短期の、解約返戻金の無い保険に充てられてしまっているケースがあります。

■定期保険

定期保険は生命保険の中でも最もシンプルな保険です。そのため、定期保険の内容について理解を深めればそれだけ生命保険全体の大きなポイントについて理解したことにもつながるでしょう。ここでは、定期保険のしくみから特徴、こまかな商品についてまでそれぞれをわかりやすく解説していきます。

hokeningo07

定期保険は、保険料を支払っている間だけ保険が適用されるという保険商品です。いわゆる掛け捨て型の保険です。そのときのリスクに対する保証を得るという意味で、保険の中で最も基本的な部分のみを持つ保険とされます。掛け捨て型として敬遠する方も多いようですが、定期保険は生命保険における「死亡保険」の部分のみを利用しているためで、終身保険や養老保険などは、これに追加して貯蓄部分を上乗せしているだけなのです。

定期保険は、その他の終身保険や養老保険においても基本となる部分が多い保険ですので、定期保険にあまり興味が無いという方も、ぜひ勉強しましょう。

定期保険はいわゆる掛け捨て型と呼ばれる生命保険です。定期保険では、被保険者が保険期間内に死亡した場合に死亡保険金が支払われます。満期時には本人が生存していた場合であっても満期保険金などの支払は無いという典型的な死亡保険となります。

定期保険は期間を定めてその期間内だけ死亡保障が行われる保険です。そのため終身保険と異なり必ず満期日が到来します。この満期がくると通常は「更新」という形で再度定期保険に加入するのが一般的ですが、ここで陥りやすい注意点がありますので解説していきます。

定期保険というタイプの生命保険はいわゆる「掛け捨て型」の保険となっており、途中で解約した場合の解約返戻金は原則としてゼロになります。その理由は定期保険の場合、貯蓄保険料がそもそも含まれていないからです。ここでは、定期保険の解約返戻金について詳しく説明していきます。

■終身保険

終身保険は保険の対象となる人=被保険者が死亡もしくは高度障害状態になっ た時、保険金受取人として設定された遺族に死亡保険金が支払われる保険です。

hokeningo12

終身保険の保険金は死んだ時に常にかかる費用として、葬式代、お墓代を保障にする方が多いです。

■P(ピー)

「P」のアルファベット一文字を見て何を想像したでしょうか。駐車場ではありません。親の英語の頭文字としてのPと想像したかたもいるかもしれません。

これを説明する前に「保険料」と「保険金」が全く違うことを説明しておきます。たまに「毎月の保険金っていくら払っていたか覚えてないわ。」とおっしゃる方がいますが、これは間違っています。正しくは保険金ではなく保険料です。保険金は被保険者に万一のことが起きた時に保険会社が支払うお金のことをいいます。

Pとは保険業界では保険料のことをいいます。「Premium」の頭文字を取った保険料を指します。

■S(エス)

S一文字だと誤解を与えてしまうかもしれませんが、これも保険業界での用語です。これは死亡保障金額金額(Sum insured)の事。前にも説明しました、万一のことが起きた時に保険会社が受取人に対して支払うお金のことです。保険金とは、一般的に、「被保険者が死亡した場合や、高度障害状態になった場合に支払われるお金」、または「健在のまま満期をむかえたときに、保険会社から受け取るお金」のことを指します。

原則的に1回しか受け取れず、受け取ったあとは契約が消滅します。

S3,000と言うと、死亡保障額が3,000万の保険の事を言います。

■S削(エスサク)

これは健康状態に問題のある方が保険に申し込むと、一定期間死亡保障が削減される場合がある。

例えば、契約後5年間保障額が削減されることを、S削5年と言う。

■P増(ピーマシ)

こちらも健康状態に問題のある方で、契約時の保険料を割り増ししますよ!と言う条件が付いた時に使います。

■部位不担(ブイフタン)

医療保険に申込した場合に良く使う言葉だが、これも健康状態に問題があった方が医療保険に申込した場合の条件を言う。

部位とは体の部分で、一定期間この部分で入院しても保障は出来ませんよ!と言う意味で、これも部位負担3年などと言うと、そこの部分は3年間保障できませんという意味です。保険業界では略してブイフと呼んでいます。

■特別条件

前記のS削や部位負担をまとめたのが、特別条件です。

保険業界では略して「特条」トクジョウと呼んでます。

■低解約返戻金

これは終身保険とか定期保険の解約返戻金を、一定期間押さえてある保険のことで、解約返戻金が低く設定してあるので、契約するお客様も保険料が少し安くなります。本来は低解約返戻金型定期保険や、低解約返戻金型終身保険などと言いますが、保険業界では略して低解と言っています。

hokeningo01

ingo02

払込期間中に解約すると保険料の70%程度の払戻金が、払込期間終了後に解約すると100%を超えるたり、はじめの解約返戻金を抑えている分後半で多く貯まっていきます。

貯蓄型死亡保障保険とは何かといいますと、支払った(預けたお金)が解約返戻金(最終的には受取人へ戻ってくるお金)が年数とともに貯まっていきます。ただし、ある時までは支払った額よりも解約返戻金の額が小さいときがあります。その代わりに、万一のことが起きてお葬式代で200万円が必要になったときには、保険料の合計支払額が200万円に至ってなくても保障として200万円が受け取れるのです。(200万円の死亡保障の契約だとして)

低解約返戻金とは、早くに解約すると貯まっていく解約返戻金が少ない分、長く契約を続けていくと後半で大きく解約返戻金が貯まります。

■IS(アイエス)

hokeningo09

これは積立利率変動型という商品を呼ぶ時に使います。終身保険などの貯蓄型の保険に貯まるお金が、市場の利回りに応じて増える可能性がある商品のことである。保険金を受け取る時のお金の単位が契約時の時と物の価値に差がでる(インフレッジ)ことも起こりえます。その時の対応策にもなります。

■告知義務違反

告知義務違反のことです。保険契約時に被保険者の病歴や入院歴などを正直に告知しなければいけません。事実でないことを伝えるのも告知義務違反になり、万一の時に保険金を受け取れなく、且つ今まで支払ってきた保険料も戻ってこない恐れがあります。保険業界では、告知義務違反を略して告反と言っています。

告知義務とは、被保険者の現在に健康状態、過去の傷病歴や職業などを告知書や生命保険会社の指定した医師の質問に対して、事実をありのままに告知することです。

告知は、契約者間の保険料負担を公平に保つためにとても重要なことで、告知義務を怠ると本当に必要な時の保険金が支払われなくなります。

もしも、健康状態や病歴などを隠して事実を告げなかったり、事実と異なる告知をした場合は、契約が解除されて、保険金や給付金が受け取れなくなることがあります。これを「告知義務違反」といいます。

■告知

保険の新規加入時に健康状態の申告をすること。

■非喫(ヒキツ)

タバコを吸っていない方は、割安の保険に加入が出来る商品があります。その保険の事を非喫と言います。

■コチ

これはニコチン検査の事で、前に説明した非喫が使える保険を契約しようとすると、その方の唾液を採取する必要があります。

hokeningo08

。唾液の中に含まれているニコチン濃度を調べることを、保険業界ではコチと言います。またこの検査の事をコチ検とか、コチニン検査と呼びます。タバコに含まれている成分はコチニンですが、一度体内に入ると、コチニンという物質に変わるらしく検査の事をコチニン検査と言うらしいです

■取報(トリホウ)

これは保険会社の営業が、お客様とのやり取りを保険会社に報告をする用紙の事です。保険会社側も契約者が保険に加入して何か悪いことを企んでいないかを探っています。保険金詐欺などを防ぐためです。また加入後に危険な場所に行く予定がにか、そういったスポーツなどをやっていないか確認しないといけません。健康診断の診査だけでは分からないところを、保険会社に報告する義務があり、その時に使うその用紙の事です。

健康面をきく告知に全く問題が無くても、保険会社が取報に申込が出来ないような事を書くと契約は出来ません。

■ANP(Annualized New business Premium)

生命保険会社が代理店に支払う新規契約のマージンが存在しますが、「新契約年換算保険料」がベースとなっており、これを代理店はANPと呼んでいます。従来、新規契約の実績は「新契約高」が用いられてきました。

■AP(Annualized Premium)

年間に支払う保険額。1回あたりの保険料に年間支払い回数をかけた額です。

■AC(Annual commission)

人気記事ランキング

1 2

がん保険?これだけ読めば大丈夫!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る