死亡保険ランキングから判定!おすすめできる生命保険厳選4選!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
保険の無料相談がしたいけど、どこがおすすめかわからない!

必要なのはわかってるけど、難しくて選びきれない・・・
そう思っている人はとても多いです。
一生の事だからしっかりと相談をして、理想通りの安心を手に入れましょう。

→お勧め.1 保険見直しラボ
→お勧め.2 保険マンモス
→お勧め.3 ほけんの窓口
→お勧め.4 保険のビュッフェ

死亡保険に加入をしようと思い死亡保険ランキングを調べてみたけど、色々難しそうでやっぱりどれにしたら良いか分からない!といったことありませんか?

何でもかんでもランキングっていうけど、死亡保険のような複雑な商品を果たしてランキングだけで決めてしまっていいのか。

多くの方が悩むところでもあります。それもそのはず、インターネットで保険に加入している人は全体のわずか8.7パーセント。

死亡保険ランキングだけで保険の加入を決めれない現状を数字が物語っています。

そこで今回は死亡保険ランキングの中から元生命保険販売士から本当にお得な保険を厳選したいと思います!想像がしやすくなるように色々なモデルケースを用いて説明をします。
とはいっても死亡保険のこと全然わからない・・・。
そんな方にも安心。ここでは前半に死亡保険についてしっかりと解説した上で、あなたにおすすめの保険を死亡保険ランキングから厳選します。
この記事を読んでいただくことによって死亡保険の知識はもちろん、どの保険が自分にあっているかがズバリわかってしまいます!

 

目次

1.死亡保険ランキングだけではどうして選びきれないのか?

1-1.保険という商品の特殊性

1-2.世帯によって違うピッタリの保険

1-3.ランキングサイトによって順位がバラバラといった問題

2.本当に必要?死亡保険とは

2-1.死亡保険の必要性

2-2.万が一のケーススタディ

2-3.ケーススタディから見た保険の再確認!

3.掛け捨て派?積立派?死亡保険のタイプ

3-1.掛け捨て派のメリット

3-2.掛け捨て派のデメリット

3-3.積立派のメリット

3-4.積立派のデメリット

4.死亡保険ランキングに乗っている保険会社、内資・外資のどちらがいいか?

4-1.国内保険会社編 メリット

4-2.国内保険会社編 デメリット

4-3.外資系 メリット

4-4.外資系 デメリット

5.あなたの目的に合わせた死亡保険を選ぼう!

5-1.あなたは月々いくらなら死亡保険に支払ってもいいと思っていますか?

5-2.資産形成も見据えた死亡保険もアリ?

5-3.どうしても今家計が苦しいという方へ!

6.死亡保険ランキングからみるおすすめ保険!〜掛け捨て編〜

6-1.掛け捨て派おすすめ保険

6-2.積立派おすすめ保険 

7.ケーススタディ

7-1.独身の場合

7-2.既婚(子供なし)

7-3.既婚(子供あり)

8.死亡保険ランキングまとめ

8-1.今回参照にした死亡保険ランキングのサイトをご紹介!

8-2.死亡保険選びのポイントおさらい

1.死亡保険ランキングだけではどうして選びきれないのか?

s_di_img_5780_tp_v

1-1.保険という商品の特殊性

そもそも保険は全て加入者ごとに一つずつ設計されている商品なので死亡保険だけでなく、保険という名の付く商品全てにおいて加入者ごとに支払い期間や保険料、条件等が異なります。

死亡保険ランキング上位の商品でもある一定の人にとってお得な保険であっても、他の条件の人にとってはお得でないケースが出てきます。

1-2.世帯によって違うピッタリの保険

世帯によって家族構成は異なります。

それによって必要な死亡保障額、支払い期間の長さ、月々の支払い額等大きく異なってきます。そうすると本来であればお得だと思われている保険が条件次第では実は他の保険のほうがお得になるケースもあります。

つまり、「加入者の条件によって商品の優位性が異なる」ということです。

 

<保険の契約を検討する際に最低限チェックすべき4項目>

  • 子供の有無
  • 夫婦共働きか片方のみ働いているのか
  • 現在住宅ローンがあるかどうか
  • 月々保険に回せる余剰資金がどれだけあるか

 

これらの項目は死亡保険に加入する上で必要な保障額やそれに向けての支払い期間を決める上で非常に重要です。

子供がいるかいないかで支出は大きく変わりますし、保障額も変わります。

また、トータルで見た収入やローンによる固定的な支出も死亡保険を組む上では考慮しなければいけません。

月々払える保険料がいくらか分かってしまえば、あとは必要な保障額を算出し払える金額に応じて支払い期間を調整するだけです。

1-3.ランキングサイトによって順位がバラバラといった問題

死亡保険ランキング系のサイトを比較すると人気の保険商品、保険会社がサイトごとにまちまちであることに気がつきます。

これは先ほど述べた「加入者の条件によって商品の優位性が異なる」ことが反映されてしまうため一概にこの商品が絶対だ。というのを決めにくいからです。

2.本当に必要?死亡保険とは

gf01a201503292300

2-1.死亡保険の必要性

そもそも死亡保険は本当に必要なのか?

そんな疑問を持つ方も中にはいらっしゃるかもしれません。

死亡保険ランキングサイトを見ると商品に対しての説明は詳しく載っているけど、保険の必要性についてはあまり説明されていないことが多いのでここで説明します。

死亡保険とは自分が何らかの事情により亡くなってしまった場合の保険。つまり残された遺族に対しての保険と言えます。

遺族年金の平均額は子供一人の場合約月額10万円〜14万円。(詳しくは日本年金機構のウェブサイトをご参照ください)

2016年の総務省の統計による母子家庭の月の生活費が191,309円ですから、将来に向けての貯蓄はおろか月々の生活費をまかなうことですら難しいのが現状です。

2-2.万が一のケーススタディ

一般的な家庭の構成を用いた具体例を見てみたいと思います。

モデルケース

世帯主 30歳(会社員) 年収400万円
配偶者 30歳(パートタイム) 年収100万円
子供 5歳

文部科学省/日本学生支援機構統計によると、子供1人につき大学卒業までかかる教育費は

全て公立の場合:767万円(幼稚園から大学まですべて公立)
全て私立の場合:2,229万円(すべて私立)

になります。

さらに全国消費実態調査によると

30代の平均世帯支出は約30万円

単身世帯の場合は約18万円

になります。

当然単身世帯に子供の教育費が含まれていないので、全て公立の教育期間で教育を受けた場合、教育費は単純に月割りしたとしたも約5万円になります。

すると、子育てしながら約月23万円の支出をまかなう必要性がでてきます。

2-3.ケーススタディから見た保険の再確認!

上記のケースでは配偶者がパートタイマーなので支出に対して圧倒的に収入が足りなくなることが目に見えています。

さらにこのご時世、パートタイマーが正社員になることは容易ではなく、仮になれたとしても子育てとの両立はとても厳しいものです。

独身の方であればまだしも、ご結婚されてる世帯であれば死亡保険への加入はよほどの貯蓄がない限り非常に必要性が高いことがうかがえます。

3.掛け捨て派?積立派?死亡保険のタイプ

pasona_25_tp_v

3-1.掛け捨て派のメリット

掛け捨て型の死亡保険のメリットは大きく分けて3つになります。

  • 大きな保障、小さな保険料
  • ライフステージに合わせた設計ができる
  • 途中で保険を切り替えることが楽

掛け捨てのメリットは何と言っても小さな保険料で大きな保障をつけることができます。

子供の養育費で家計が苦しい方や保険に入るのが初めの方など誰でも気軽に始めることができることが大きな魅力です。

月々数百円の支払いで加入できるものも出ており、目先の金銭的なメリットを享受することが可能です。

また、出産や家の購入などライフステージが変わるごとに気軽に保障額を見直すことができるのも魅力の一つです。

状況によっては他の商品の方がよりフィットすることもあるかもしれませんが、掛け捨て型であれば保険の切り替えも簡単にできます。

3-2掛け捨て派のデメリット

掛け捨て型の死亡保険のデメリットは大きく分けて3つになります。

  • 一度支払った保険料は返ってこない
  • 保険とは別に将来に向けての資産形成を考えなければならない
  • 保険料の算定は加入時と更新時の年齢に基づくため、通常更新のたびに保険料が上がる

保険料の安さが魅力的な掛け捨て型の保険ですが、その安さと引き換えに支払済の保険料は返ってこないです。

人によっては毎月お金を捨てているように感じる方もいらっしゃるかもしれません。

言い換えてしまえば、支払う保険料に貯蓄性はないため、保険とは別に貯蓄に備える必要があります。

後ほど積立型について説明しますが、保険で運用した場合、銀行預金よりも利率が高く設定されているケースが多く最近低金利のあおりを受け保険を一つの資産形成の手段として積立型を選ぶ方もいらっしゃいます。

 

また、更新のたびに保険料が上昇する傾向が高く、加入時は安かったもののあとあと見たら高い保険料になっていた、といったケースもしばしば見られます。

なので加入の際は保険会社に更新時の保険料の概算も確認しておくことをお勧めいたいします。

3-3.積立派のメリット

積立型の死亡保険のメリットは大きく分けて3つになります。

  • 貯蓄性があるので老後のための資金形成として利用できる
  • 保険料が変わらないので支払い計画が立てやすい
  • 解約しない限り保障が一生涯続く

 

終身型生命保険の最も大きなメリットとして考えられるのが、支払った保険料が解約時に戻ってくることです。
しかも運用益も付随してついてくるので一般的には払い込んだ金額よりも増えて返ってきます。
解約時期に関しても自分自身で選択可能で、解約するまでの期間が長くなるほど解約金が増える仕組みになっています。

更新時の保険料の見直しがないため、一度決定した保険料が上がることはありません。なので家計をやりくりする際は計画を立てやすいです。

掛け捨て型と違い、支払いが終わった後でも保障が続くのが終身型生命保険の大きな魅力の一つです。
保障が続いている間、解約金は雪だるま式に増えていくので一石二鳥です。
保険に加入する際、一定の期間でどれだけ増えるか設計書で確認することができるので、目を通しておくと将来の資産設計にも役に立ちます。

3-4.積立派のデメリット

積立型の死亡保険のデメリットは大きく分けて3つになります。

  • 定期保険と比べた場合、死亡保険金に対しての支払い保険料が高くなります。
  • 途中解約した場合の返戻率が悪いケースがあります。
  • 商品によっては金利の上昇リスクを伴う可能性があります。

支払い保険料が積み立てられていくため、掛け捨ての死亡保険と比べた場合保障内容に対しての支払い保険料が高くなります。
支払い期間を延ばすことにより月々の支払いを抑えることは可能ですが、掛け捨て型の保険と比べるとそれでも割高と感じてしまう方もいらっしゃいます。

満期を迎えれば一括受け取りや、分割受け取り、商品によっては終身受け取りといった形で払い込んだ保険料以上の金額が帰ってくるのが終身保険の魅力の一つです。

しかし、途中解約をしてしまった場合は払い込んだ額を割り込んだ金額で返ってくることが一般的です。

特に低解約返戻型保険の場合は、途中解約したら6割くらいしか返ってこないケースが多いので注意が必要です。

積立型の死亡保険には「積立利率固定型」と「積立利率変動型」があります。積立利率固定型を選択した場合、文字通り積み立てた保険料に対して運用利率は固定です。

これは金利が高い場合は高い金利で運用し続けることができるので非常に有利に働きますが、金利が低い場合ですと、運用利率が低いまま固定された状態で保険料を運用してしまうことになります。
現在日本は日本銀行の政策により金利が非常に低く抑えられています。

しかし、今後金利が上昇した場合、積立利率固定型だと預金の利率を下回ってしまうケースが出てくる可能性があります。

4.死亡保険ランキングに乗っている保険会社、内資・外資のどちらがいいか?

gori0i9a2979072100725_tp_v

4-1.国内保険会社編 メリット

内資系の死亡保険を取り扱う保険会社のメリットは大きく分けて3つになります。

  • ライフステージに合わせた商品提案をしてくれる
  • 商品知識が乏しくても保険に加入できる
  • アフターフォローがしっかりしている

外交員が加入者、または加入希望者の家を一軒一軒訪問し丁寧に対応してくれるので加入希望者の細かなニーズを汲み取って、その方のライフステージにあった保険を提案してくれます。

なので初めて保険に加入する方や今入っている保険の内容がよくわからないので見直してほしいといった方には心強い存在です!

また、自分が気がつかない点などもプロならではの視点からアドバイスを受けることができ当初は必要ではないと思った保障でも、よくよく考えてみると実は必要な保障であることに気がつくなどメリットは大きいです。

加入後もアフターフォローに力を入れており、困った時でもすぐに相談することができます。

4-2.国内保険会社編 デメリット

内資系の死亡保険を取り扱う保険会社のデメリットは大きく分けて3つになります。

  • 保険料が割高である
  • いろいろな保険をセットにして販売してくるケースが多いので詳細がわかりづらい
  • 国内で保険外交員のイメージが良くない

外交員が多い分、その人件費は高い保険料になって加入者の負担になります。

なのである種のサービス料として割高な保険料を受け入れられる方ならいいのですが、もともと入りたい保険が明確な方などにとっては負担と感じてしまう可能性があります。

また、外交員は当然ノルマもあるため色々な保険をセットにして販売してくるケースがあります。

それが本当に必要ならばいいのですが不用意に必要性のない保険や特約に一緒に加入してしまうと結果として高い保険料となってしまいます。

また、強引に保険への加入を勧められたりするケースもあるようで国内でのイメージはあまり良くありません。

4-3.外資系 メリット

外資系の死亡保険を取り扱う保険会社のメリットは大きく分けて3つになります。

  • 保険料が割安である
  • オーダーメイドで保険の設計をしてくれる
  • 商品がシンプルでわかりやすい

外資系の保険会社は基本的にインターネットを使ったマーケティング戦略による顧客の獲得や富裕層に的を絞った営業戦略をとっているので、内資系にくらべ外交員の数が少ない傾向にあり人件費も低いです。

なので顧客が支払う保険料を内資系に比べて安く済ませることができます。

外交員に自宅まで来てもらう必要性を感じない方は同じ保障内容でも割安な保険料を提示する傾向にある外資系の保険会社の方がメリットが高くなります。

また、オーダーメイド型である場合が多く、内容もシンプルなので一人一人必要な保険をチョイスすることで無駄のないプランを作ることが可能です。

よく国内の保険会社が行うセット販売の場合は、確かに広範囲をカバーしてくれるので便利ではありますが、自分にとって必要以上の保険になっているケースもあります。

保険の知識がある程度あり、自分自身でプランの設計までできる人にとっては外資系の方がお得になることが多いです。

4-4.外資系 デメリット

外資系の死亡保険を取り扱う保険会社のデメリットは大きく分けて3つになります。

  • フォローへの対応が手厚くない
  • 自分である程度の商品知識を有しておく必要がある
  • 国内からの撤退リスクがある

外交員が少ない分、加入者一人あたりに割ける人員も当然少なくなりその分フォローが手薄になりがちです。

内資系の場合、死亡保険に加入すると年に1回くらいの割合で外交員が加入者の自宅に訪問することが多いですが外資系の場合契約金額が大きくないとそのようなことは滅多にありえません。

また、プランは基本的に加入者自身が調べて設計することが多く、ある程度の商品知識がないと自分に合ったプランを選ぶことは難しいかもしれません。

外資系特有の問題ですが、事業がうまくいかなかった場合、国内からの撤退リスクも考えられます。

その場合、他の会社に部門買収などの手によって引き継がれることが想定されますが全てがそれまで通りとは限りません。

このように外資系を利用する場合、ある程度保険の知識があり自分自身で加入するプランを決めることができることが前提条件になることがあります。

一から死亡保険について詳しく聞きたい方に関しては国内保険会社で申し込みをした方が色々と親切に教えてくれるのでメリットが高くなります。

5.あなたの目的に合わせた死亡保険を選ぼう!

%e5%86%99%e7%9c%9f-library

5-1.あなたは月々いくらなら死亡保険に支払ってもいいと思っていますか?

一般的な死亡保険にかける保険料は年間で男性は約24万円、女性は約18万円が平均だと言われています。月間にしてみると男性は約2万円、女性は1万5000円になります。

この金額は決して安いものではありませんが、やはり子供のいる家庭の場合、死亡保険金を3000万以上で設定する場合が多く、支払い期間にもよりますがどうしてもこれくらいの金額がでてしまいます。

積立型であれば将来への蓄えと割り切る事も出切るので、家計の中である程度は保険料を拠出する余裕を作っておく必要があります。

5-2.資産形成も見据えた死亡保険もアリ?

s_ppc_1manensatu4mai_tp_v

最低でも3000万円を老後のために作る必要がある今のご時世に積立型の死亡保険は資産形成の大きな助けとなります。

死亡保険をかける多くの方々が20後半−40代です。それはやはり子供の誕生から成長といったライフステージの変化が死亡保険への加入の必要性を認識させるからです。

この年代の人々に死亡保険と同時に頭に浮かぶことが資産形成です。少子高齢化により年金加入者の数は減る一方です。

受給額も徐々に減らされている現状を見ると資産形成を意識せざる得ません。総務省の統計によると老後の生活費は年間294万円で月間24万5000円になります。

一般的なサラリーマンで老後を迎えた場合平均的な年金受給額は下記の通りで国民年金と厚生年金合わせても約20万円となっており、4万5000円の不足が生じてしまいます。

年間にすると不足金は54万円になり、例えば退職後30年間生きたとすると差額分だけでも約1500万円、さらに退職後5年間は年金受給までに期間が空いてしまうため294万円×5年間=約1500万円を別途自分自身で用意する必要があります。

つまりトータルで最低でも3000万円の資金を形成しておく必要があります。

国民年金 5万4544円

厚生年金 14万5596円

(出典:厚生労働省年金局「平成25年度 厚生年金保険・国民年金事業の概況」)

5-3.どうしても今家計が苦しいという方へ!

s_pak83_tableniokareta108encyouhizei20140304_tp_v

子供が成人するまで掛け捨て保険を利用するようにしましょう。

子持ち世帯の場合家計が苦しい場合ほど、万が一に備えるための保険が必要なのは火を見るよりも明らかです。

ただ、その資金をどのように捻出するかが問題ですがそれであれば掛け捨て型の保険を利用し、大きな保障を安く買うのです。

同じ金額をかけたとしても掛け捨て型と貯蓄型では保険料に10倍もの差がでてきます。これは掛け捨て型は純粋に保険料だけを加入者に請求しているのに対して、積立型の場合だと貯蓄部分の請求も行っているからです。

また、現状家計が苦しい場合、積立型の保険を契約したとしても途中解約になりかねません。その場合、手元に戻ってくる解約金は払い込んだ金額の約6−7割程度となってしまい掛け捨ての方が安くなるのです。

例えば子供が成人するまでは掛け捨て型の死亡保険で大きな保障を安く買い、成人後、もしくは就職後に貯蓄性のある積立型の保険に切り替えるという手段を取る事もできます。

そうすることにより、それまで子供にかけていた養育費を保険料に当てることができ、貯蓄性の高い保険を余裕をもって申し込むことができるようになります。

6.死亡保険ランキングからみるおすすめ保険!

gf01a201503290500

6-1.掛け捨て派おすすめ保険

会社名 商品名 コメント
オリックス生命 保険株式会社 bridge ネット専用申し込みの保険だけあって価格が30歳男性の場合769円からと非常に安価です。それでいて保障は最大3000万円まで設定可能であり、死亡保険ランキングでも上位にランクインしています。
 メットライフ    生命  スーパー割引定期  料金が非常に安いだけでなくコールセンター等の対応の評判が非常に評価が高いです。初めての方でも親身に話を聞いてくれる姿勢が死亡保険ランキングでも高く評価されています。

6-2.積立派おすすめ保険

会社名 商品名 コメント
オリックス生命保険株式会社 終身保険 RISE 業界最高水準の返戻率を誇っている貯蓄性のとても高い終身保険です。場合によっては120パーセント後半で解約時返戻金が戻って来るケースもあり、死亡保険と資産形成を一挙にこなす優秀な保険と言えます。
アクサダイレクト生命  アクサ  ダイレクトの終身保険 死亡保障額が最低100万円から出来る積立型の中ではとてもはじめやすい保険です。(RISEは200万円から)

また、会社も安定性が高く医師や看護師への健康相談も24時間受けつけておりサービスの満足度も非常に高いです。

7.ケーススタディ

c789_enpitutonote_tp_v

7-1.独身の場合

推奨:積立型の死亡保険

独身の場合、それほど死亡保険の必要性は高くないが将来に向けての資産形成の一環として少額の積立型の死亡保険に入ることをお勧めする。自分のことだけを考える場合であれば500万円前後の保障で十分です。

7-2.既婚(子供なし)

s_pok140321334108_tp_v

推奨:積立型の死亡保険

今後子供を産むかどうかによっても大きく左右されるので、産むことが決まっていれば(子供あり)のケースを参照してください。ここでは出産予定のない世帯向けにご紹介します。

子供がいない場合、通常の家計よりゆとりが出やすいので早いうちから資産形成に取り組むことができると思います。大きなライフイベントも子供ありの世帯と比べて少なく大きな出費がそれほどないことから積立型で死亡保障を買いながらコツコツ資産を積み上げてください。

共働きであればそれで十分ですし、どちらか一方が働いていない状態であれば働いている方に対して掛け捨て型の死亡保険を組むことで万が一に備えることができます。

7-3.既婚(子供あり)

141115561576-thumb-autox1600-19461

推奨:掛け捨て型の死亡保険

子供がいる場合、いない世帯と比べて

家計にゆとりのある場合は積立型を組み合わせると大きな保障をかけながら将来への貯蓄もできてなお効果的です。

8.死亡保険ランキングまとめ

gf01a201503300600

8-1.今回参照にした死亡保険ランキングのサイトをご紹介!

i保険:年間利用者数200万人突破の大手保険比較サイト。生命保険・損害保険・短期少額保険・共済組合などを取り扱い

http://www.i-hoken.com/life/?gclid=Cj0KEQiAnIPDBRC7t5zJs4uQu5UBEiQA7u5Ne1e8HO2n9cncLrbXwF071liELk3wRmqsTxhr0_4WHOIaAhyZ8P8HAQ

保険ソクラテス:プロのFP25人が選ぶ死亡保険ランキングをサイト内にて掲載。FPからの意見が記載されており、各種保険について詳細な解説がついている

http://hokensc.jp/

保険市場:東証一部上場の大手生命保険代理店。国内最大級のウェブサイトだけあって多種多様な保険を取り揃えている。

https://www.hokende.com/

生命保険口コミランキング:生命保険だけではなくあらゆるサービスに対して口コミを元にランキングを作成しているサイト。口コミをベースにしているため信用性も高い。

https://kuchiran.jp/money/ins_life.html

8-2.死亡保険選びのポイントおさらい

ここまで記事を読んでいただきありがとうございます。最後にもう一度ポイントのおさらいをここでしておきたいと思います。

死亡保険ランキングから自分にあった保険を選ぶ5ポイント(おさらい)

  1. 配偶者、子供の有無を確認
  2. 自分が拠出できる月々の保険料を確認
  3. 世帯構成と予算に合わせた保険の組み方をする(掛け捨て型か積立型、またはその両方を組み合わせ)
  4. 自分の保険に対する目的から外資系か国内保険会社かを選定
  5. 支払い期間の設定

以上の点を押さえた上で死亡保険をえらぶことによりあなたにぴったりの保険が選べます。もしわからない場合は保険会社や代理店などに相談し、自分が納得するまでしっかりと説明を受けた上でご加入ください。

B

人気記事ランキング

がん保険?これだけ読めば大丈夫!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る