生命保険

市場価格調整がわかれば債券と為替リスクをコントロールできる

「市場価格調整」付生命保険を解約するときに契約時より利率が上がったら解約返戻金が減ってしまい、下がったら増えてしまうなんて不思議ではありませんか? 通常利率が上がったら増え、下がったら減るのではないでしょうか? そんな疑問が生じる市場価格調整付生命保険には市場金利の変動による債券価格リスクがあります。その上、これら保険の多くは「外貨建」が多く、保険料を払うときに「円」を「ドル」交換し、解約返戻金、満期金、保険金受け取るときは「ドル」を「円」に交換しなければなりません。それによって満期金、保険金が支払保険料より減ったり、増えたりする為替変動リスクがあります。

これから市場金利と債券と為替リスクを猿でもわかるようにやさしく解説します。読み終えたときには外貨建市場価格調整付生命保険のリスクコントロールをバッチリ学習できていることでしょう。

 目次

1.「市場価格調整」付生命保険の保険料運用と市場金利の関係は?

1-1「ドル建 利率変動型一時払終身保険」の「市場価格調整」とは?

1-2 「市場価格調整」付生命保険は債券運用で市場金利と連動する

1-3 市場金利が上がって債券価格が下がり解約返戻金が減った

1-4 市場金利が下がって債券価格が上がり解約返戻金が増えた

2.保険料の資産構成、運用方法と「市場価格調整付生命保険」の関係は?

2-1 保険料の運用構成比の内訳は?

2-2 市場金利が上がると債券価格が下落し、下がると債券価格が上昇するカラクリは?

2-3 生命保険の予定利率とそのリスクについて

2-4 市場金利変動リスクを抑えるにはどうしたらよいか?

3. 債券のカラクリがわかると返戻金の増減変動の原因がわかる

3-1 市場金利が上がると解約返戻金が減るカラクリは?

3-2 市場金利が低くなると解約返戻金が増えるカラクリは?

3-3「市場価格調整」とは、

4. 「外貨建」生命保険の為替変動リスクとは?

4-1「外貨建」「市場価格調整」付生命保険

4-2 「円」と「ドル」交換には為替相場リスクと為替手数料がかかる?

4-3 円安、円高のカラクリ?

4-4 「円」を「ドル」に交換して一時払保険料を払うとなると

5. 為替変動で得するか、損するかを損益計算で確認すると

5-1 市場価格調整率を算出する

5-2 解約日の積立金額は?

5-3 市場価格調整率で計算した金額を算出する。

5-4 解約控除率で計算した金額を算出する

5-5 解約返戻金を算出する

5-6 受取解約返戻金を「円」に換算して損益計算する

6. 解約返戻金の所得の税務は

6-1 解約返戻金は一時所得

6-2「特別控除額(50万円)」の使い方

6-3 一時所得は損益通算をできない

まとめ

続きを読む

家族収入保険の選ぶポイントを元保険外交員が分かりやすく徹底解説!

保険料を払い過ぎ

最近テレビでもよく見かけることで世間の関心が高まってきた『家族収入保険』ですが、保険となると内容がとても複雑で相談に行ってもあまり頭に入ってこないですよね。

説明をいくら聞いても、分かりづらくどの保険がいいのか決めかねてしまい、結局お任せ状態で加入している人も少なくないと思います。

まず第一に、難しい専門用語が多すぎるのが保険を難しくしている原因だと私は思います。

ここでは、保険をもっと簡単に分かりやすくすることで自分の考えに沿った保険選びができるように元保険外交員が徹底的に解説していきます。

実際には、保険のプロと言われるFPでもその人その人で考え方が違うのでそれぞれ加入している保険は異なり、勧める保険も同じであるとは限りません。

そんな時は保険に対して自分の考え方がハッキリとしていれば、どの担当者が自分に合う保険を案内してくれているのかも分かります。

これから家族収入保険に加入しようとお考えの方、今加入の生命保険の見直しを検討している方、どんな保険が自分に合うのかポイントを押さえたい方など、ぜひこの記事を参考にしてみてください。

目次

1.家族収入保険ってどんな保険?
1.1.家族収入保険の仕組み
1.2.収入保障保険と家族収入保険に違いはあるの?
1.3.逓減定期保険と家族収入保険との違いは?

2.家族収入保険のメリットとは
2.1.合理的に保険金を準備できます
2.2.大きな保険金を準備できるのに保険料が安い
2.3.保険金の受け取り方を選択できます
2.4.年金月額は各家庭に合わせて決める事ができます

3.家族収入保険のデメリットとは
3.1.返戻金がありません
3.2.保険金の受け取り方によっては所得税も課税対象になります
3.3.終身の保険ではありません
3.4.保険金が下がっていきます

4.どんな人が家族収入保険に入っているの?
4.1.お子様がいるご家庭の方
4.2.配偶者のためにお金を残しておきたい方
4.3.シングルで子育てをしている方

5.家族収入保険を選ぶならどこの保険会社がオススメ?
5.1.ソニー生命の家族収入保険の特徴
5.2.プルデンシャル生命の家族収入保険の特徴
5.3.その他の保険会社の家族収入保険は?

6.家族収入保険につけるべき特約
6.1.オススメの特約
6.2.付加しておくといざという時に役に立つ特約
6.3.非喫煙者割引特則とは?

7.家族収入保険の注意点
7.1.家族収入保険は所得補償保険とは違います
7.2.加入する前に生活設計を立てておきましょう
7.3.国が定める要介護状態の判定は変わることがあります
7.4.必ずしも医療特約が良いとは限りません

8.まとめ

続きを読む

夫にもしものことがあっても安心? 生活保障保険とは

渡辺直美さんの保険CMで話題の生活保障保険。CMのなかのセリフ「保険で医療費は賄えても生活費や教育費はどうするのよ!」には共感を覚える主婦の方もいらっしゃったのではないでしょうか。

どんなに節約をがんばったところで、夫にもしものことがあったら…と考えると不安ですよね。独身の方だって、自分の他に生活を支えてくれる人がいないわけですから病気や怪我で働けなくなってしまった時の生活費は心配ですよね。
そんなもしもの時に生活費をサポートしてくれるのが生活保障保険です。しかし、似通った名前の保険商品が多く存在し、何を選んだらいいのか分かりにくい保険でもあります。

生活保障保険はいくつかに分類分けすることで、自分のニーズに合った保険がわかりやすくなります。

今回はそんな生活保障保険を小学生の子どもを育てつつ、収入保障保険に8年前から加入している立場から解説します。

一家の大黒柱である夫が病気やケガで働けなくなったり、亡くなってしまったときに公的保険でどこまでサポートしてもらえるのか。民間保険はどんなときにどんなサポートをしてくれるのか理解することで、じぶんに合った生活保障保険がみえてくるはずです。

CMの影響を受けていたずらに不安に駆られるのではなく、じぶんの意思を持って必要な保険を選ぶ参考にしていただけらたらと思います。

目次

1 生活保障保険って何?
1-1 収入保障保険とは
1-2 所得補償保険とは
2 収入保障保険が必要なのはこんな人
もしもの時に年金形式でお金が欲しい
2-1 団信生命保険に入っていれば収入保障保険は不要?
2-2 収入保障保険は控除対象なの?
2-3 収入保障保険の保険金にかかる税金
3 所得補償保険が必要なのはこんな人
3-1 所得補償保険は経費になるの?
3-2 所得補償保険は控除対象?
3-3 法人向けの所得補償保険について
4 障害年金があるから生活保障保険は不要?
4-1 障害年金とは
4-2 障害年金はいくらもらえるの?
4-3 障害年金だけで生活はできる?
5 人気のある生活保障保険は?
5-1 収入保障保険ランキング
5-2 所得補償保険ランキング
6 話題の収入保障保険の特徴まとめ
6-1 アフラック「家族に毎月届く生命保険 GIFT」のポイント
6-2 アクサダイレクト生命の「収入保障2」のポイント
6-3 損保ジャパン日本興亜ひまわり生命の「家族のお守り」のポイント
7 話題の所得補償保険の特徴まとめ
7-1 ライフネット生命 就業不能保険「働く人への保険2」 のポイント
7-2 日立キャピタル損害保険  長期所得補償保険「リビングエール」 のポイント
7-3 CMが話題のアフラック給与サポート保険は?のポイント
8 まとめ
続きを読む

年金方式で保険金が受け取れる収入保障保険で、家族の生活をしっかりガード!

大黒柱の万が一に備え、残された家族が安心して暮らせるよう、多くの方が生命保険に加入されていると思います。

「医療保険」「定期保険」「終身保険」「養老/学資保険」などをまずはじめに思い浮かべ、自身のライフプランに合った保険商品を模索し、選択されていることだと思います。

そんな多様な生命保険ですが、生活費のため毎月のお給料のように保険金を受け取れる年金のような生命保険があるのをご存知ですか?

今回はそんな活用度の高い「収入保障保険」を見てまいりたいと思います。

残された家族が毎月の生活に困らないよう、今からリスクマネージメントを始め、盤石な家計プランを構築しませんか?

目次

1.万が一の保障とは
1.1公的保障制度
1.2私的保障

2.死亡保険金が受け取れる生命保険とは
2.1終身保険
2.2定期保険
2.3養老/学資保険

3.収入保障保険とは
3.1収入保障保険の特徴
3.2所得保障保険(就業不能保険)と収入保障保険との違い

4.収入保障保険の種類~給付金受取タイプ別
4.1定額型と逓増型
4.2保険金受取方法

5.収入保障保険の種類~特約別
5.1がん収入保障保険
5.2三大疾病収入保障保険

6.収入保障保険の選び方
6.1加入すべきタイミング
6.2平均保険料
6.3死亡保険金の設定目安
6.4保険期間の設定

7.保険会社別収入保障保険
7.1人気の収入保障保険

8.チューリッヒ生命
8.1会社概要
8.2収入保障保険プレミアム

9. AIG富士生命
9.1会社概要
9.2さいふにやさしい収入保障

10.T&Dフィナンシャル生命
10.1会社概要
10.2家計にやさしい収入保障

11.損保ジャパン日本興亜ひまわり生命
11.1会社概要
11.2家族のお守り

12.メディケア生命
12.1会社概要
12.2メディフィット収入保障

13.アクサダイレクト
13.1会社概要
13.2アクサダイレクトの収入保障2

14.オリックス生命
14.1会社概要
14.2 keep

15.マニュライフ生命
15.1会社概要
15.2こだわり収入保障

16.三井住友海上あいおい生命
16.1会社概要
16.2&LIFE収入保障保険

17.ソニー生命
17.1会社概要
17.2家族収入保険

18.メットライフ生命
18.1会社概要
18.2マイディアレスト

19.アフラック
19.1会社概要
19.2ギフト

20.東京海上日動あんしん生命
20.1会社概要
20.2家計保障定期保険

21.まとめ
続きを読む

終身保険の返戻率に求める事は?損をしないための返戻率を徹底分析!

皆さん、生命保険の商品で死亡したら絶対、保険金が受取れる『終身保険』と言う物がある事はもちろん知っていますよね?

これから『終身保険』へ加入しようと考えている人や、もうすでに加入している方は「絶対保険金が保障される」と言うだけの理由で決めていないと思います。

それは、その他の特徴として用意されている、積立て金としての『返戻率(金)』にあります。

しかし世の中の銀行金利は無いに等しいのに、本当に預金のような積立て金として認識していいものでしょうか?

今回は、生命保険で毎月支払う「保険料」のお金を無駄にしたくないと言う人には是非知っておいて欲しい、損をしない『終身保険の返戻率(金)』についてお話していきます。

目次

1.保険料を無駄にしたくない人は終身保険!
1-1『終身保険加入』へのアドバイス
1-2貯蓄も保障もほしい
1-3葬儀代そして小さい保障だけでいい人
1-4高額保障が不要(子供のいない人や独身の人)
1-5職業や自営業の人
1-6掛け捨て商品が勿体ないと思っている
1-7『相続税』対策!

2.返戻率がある保険は主に2種類
2-1積み立て型と謳っている保険商品
2-2掛け捨て型でない保険商品
2-3返戻金
2-4解約返戻金

3.解約返戻金と満期保険金とは似て非なる
3-1満期保険金
3-2「満期保険金」「解約返戻金」かかる税金
3-3税金対策!契約形態に気を付ける

4.生命保険の返戻率って何処で分かる?
4-1保険証券の確認
4-2返戻率の注意点ポイント

5.終身保険(返戻率)タイプ
5-1『定額』終身保険
5-2『低解約返戻金型』終身保険
5-3『外貨建て』終身保険
5-4『積立利率変動型』終身保険
5-5『変額』終身保険
5-6『一時払い』終身保険

6.終身保険の返戻率(金)についての疑問
6-1貯金みたいな生命保険ってあるの?
6-2,40代夫・死亡保険は30年での契約がいいですか?
6-3生命保険(終身)で支払額以上の解約返戻金を受け取るには?
6-4配当金と返戻率は同じ?違う?
6-5『その他の金融商品』の比較

7.返戻金付の医療保険はあるの?
7-1保険料が戻ってくる(返戻率)タイプの医療保険
7-2東京海上あんしん生命(メディカルKit R )
7-3メットライフ生命(リターンボーナスつき終身医療保険)

8.まとめ

続きを読む

日本生命の契約内容確認活動とは一体何?わかりやすく解説!

日本生命の契約内容確認活動と言うものをご存知ですか?テレビCMなどで宣伝をしていますが、実際にはどのような事をするのか解らない方も多くいらっしゃると思います。

担当のニッセイトータルパートナーが訪問すると聞くと、担当者から保険の勧誘を受けるのではないか、忙しいので断れるものなら断りたいなど、不安や不快感を感じてしまう人も多のではないでしょうか。

そんな契約内容確認活動と言う取り組みの内容を、結婚、出産、夫の転職を機に3度の保険の見直しをした立場から、解りやすく解説し、保険の見直し方法から保険のトラブル対策まで解りやすくまとめてみました。

この記事を読んで、日本生命の契約内容確認活動の活用の仕方やじぶんに合った保険の見直しが上手にできるようになればと思います。

目次

1 そもそも日本生命ってどんな会社?
1-1 日本生命は120年もの歴史が
1-2 日本生命はどんな商品があるの?
1-3 日本生命の評判は?
2 日本生命の契約内容の確認方法
2-1 最新の契約内容の確認がインターネットで簡単にできる!
2-2 お客様番号(お客様ID)の調べ方
2-3 パスワード(暗証番号)を忘れてしまったら
2-4 電話・訪問・来店でも契約内容の確認が可能
3 日本生命の契約内容確認活動とは
3-1 契約内容確認活動って何するの?
3-2 日本生命が契約内容確認活動をする理由
3-3 契約内容の確認を断りたい!
3-4 契約内容確認活動を訪問なしで済ます方法
3-5 内容確認すると200マイル?サンクスマイルとは
4 日本生命の保険は自分に合ってるのか不安な人へ
4-1 「みらいのカタチ」がおススメなのはこんな人
4-2 がん保険は必ず入るべき保険なの?
4-3 子どもが生まれたら学資保険は必須?
4-4 特約は何をつけておくべき?
5 保険料を払い過ぎてませんか?
5-1 保険の見直しが必要なワケ
5-2 保険見直しのタイミングはいつ?
5-3 保険内容の見直し方のコツ
6 日本生命の保険を解約したい
6-1 どんな保険を解約すべき?
6-1 解約手続きの流れ
6-2 担当者から解約を断られてしまったら
7 保険契約のトラブルを避けるために今すぐできる3つのこと
7-1 家計管理をする
7-2 ライフプランを立てる
7-3 契約内容をきちんと理解する
8 まとめ
続きを読む

終身保険の必要性を理解して、現在から未来における不安を低減させませんか?

インターネットなどを介して様々な情報が簡単に手に入れられるようになった昨今。

健康に対する意識も高まり、先端医療の進化に伴う高度な治療が受けられるようになり、長寿国日本とよばれる私達の平均寿命は世界有数の高さだと謳われるまでになりました。

しかしながら景気低迷が続き、核家族化が進むにつれ、治療に掛かる高額医療費や、老後の介護費用、セカンドライフの生活資金などに対する不安は、誰しもが抱える共通の懸念事項となっています。

そんな懸念事項を払拭し、盤石なライフプランニングを行うには、一体何が必要なのでしょうか。

それは私的保障と呼ばれる生命保険に、重要なキーが隠されています。

今回はそんな生命保険の中でも、効率よく様々な不安に対応可能な終身保険について、より詳しく掘り下げていきたいと思います。

目次

1.人生において大切なこと
1.1人生設計とは

2.ライフイベントごとの必要な資金
2.1進学
2.2就職
2.3マイカー購入
2.4結婚
2.5出産
2.6マイホーム購入
2.7子育て
2.8子供の独立/結婚
2.9孫の誕生
2.10セカンドライフ

3.人生におけるリスクマネージメントとは
3.1生命価値とは
3.2生命価値の金額

4.万が一への不安
4.1万が一の発生率
4.2万が一の主な原因
4.3不慮の交通事故/災害での死亡率
4.4労働災害死亡率

5.疾病/ケガへの不安
5.1疾病/ケガによる入院日数
5.2入院に掛かる費用
5.3医療費負担額

6.老後に対する不安
6.1日本人の平均寿命
6.2健康寿命
6.3老後の生活(セカンドライフ)に掛かる費用

7.介護への不安
7.1介護や支援が必要になるケース
7.2介護や支援に掛かる年数
7.3介護や支援に掛かる費用

8.リスクマネージメントの手法
8.1公的保障
8.2私的保障

9.私的保障でのリスクに対する備え
9.1生命保険加入率
9.2生命保険金で賄える生活の備え

10.私的保障における生命保険の種類
10.1定期保険
10.2収入保障保険
10.3養老保険/学資保険
10.4変額保険(有期型)
10.5生存給付金付定期保険
10.6終身保険
10.7変額保険(終身)

11.終身保険での備え
11.1終身保険の仕組
11.2終身保険の活用方法

12.終身保険の種類と商品
12.1定額終身保険
12.2変額終身保険
12.3低解約返戻金型終身保険
12.4積立利率変動柄型終身保険
12.5外貨建て終身保険
12.6人気の終身保険

13.まとめ

続きを読む

『死亡保険の終身』について今さら聞けない些細な疑問も分かりやすく徹底解説!

『死亡保険』や『終身』という単語は保険の中でも何度か聞いたこともあり、知っている人も多いのではないでしょうか?

それでも何となく死亡保険が終身で続くようなイメージでしかない人もいっぱいいると思います。

 

『そもそも終身保険って何のために入るの?』

『保障が少額なら貯金でもいいのでは?』

『外貨建て終身保険って安全なの?』

『終身保険って乗り換えたら損しないの?』

『保障が終身で続くのは知っているけど保険料は?』

など…。

 

根本的に終身保険に関して、知っているようで知らない事ってたくさんありませんか?

保険の相談をする前に知っておきたい些細な疑問について元保険外交員が分かりやすく解説いたします。

 

この記事を読めば今さら聞けない素朴な疑問や、よく比較される外資系ネット販売や国内生保の訪問販売の違いなども理解して、より自分に合った無駄のない保険探しができるようになる事間違いなしです。

 

これから終身保険に加入しようと考えている人や今の死亡保険を見直したいと思っている人、また、死亡保険の終身についての必要性などがいまいち分からず、加入しようか悩んでいる人の参考になれば嬉しいです。

目次

1.死亡保険の終身保険とは?
1.1.死亡保険と定期保険の違いは?
1.2.死亡保険の終身タイプにはどんな保険があるの?

2.終身の死亡保険に加入するメリット
2.1.保険料がずっと変わらない
2.2.保障がずっと続きます
2.3.いざという時の貯蓄になります
2.4.税金の対策にもなります

3.終身の死亡保険に加入するデメリット
3.1.保険料が定期保険に比べて高い
3.2.途中で解約してしまうと損する可能性があります
3.3.大きな保障額は準備できません

4.今さら聞けない終身死亡保険の素朴な疑問を解決!
4.1.【疑問その1】外貨建ての終身死亡保険は安全なの?
4.2.【疑問その2】定期保険特約付終身保険ってどんな保険?
4.3.【疑問その3】葬儀費用が目的なら貯金でもいいのでは?
4.4.【疑問その4】持病があると加入を断られる?
4.5.【疑問その5】途中で保険料を下げると今までの保険料が損してしまう?

5.死亡保険の終身タイプが合う人・合わない人
5.1.死亡保険の終身タイプが合う人
5.2.死亡保険の終身タイプが合わない人

6.終身の死亡保険でネット販売と訪問販売の違いは?
6.1.ネット販売の特徴
6.2.訪問販売の特徴
6.3.それぞれの特徴から自分に合う保険を探しましょう

7.死亡保険の終身タイプの注意点
7.1.保険料の安いネット通販がお得とは限らない
7.2.税金が発生する事がある
7.3.保険料を支払う期間は慎重に選びましょう
7.4.死亡保険の単体で加入しましょう
7.5.リスクの伴った保険商品も存在します

8.まとめ
続きを読む

終身保険の解約は損ばかり?損をしないために気を付けることは?

終身保険の解約には注意しなければいけないことがたくさんあります。

解約のリスクも理解しないままに解約を行えばどうなってしまうでしょうか?もしかしたら期待していた解約返戻金が全く戻ってこない事態に陥るかもしれませんね。

終身保険は万が一の事態に備えられる・高い貯蓄性を持つというメリットがありますが、解約返戻金が発生するために解約がしづらいというデメリットも持っています。終身保険を解約しようと思っているのであれば、しっかりと解約の「リスク」を理解してから行うようにしましょう。
終身保険の解約で損をしないためにもこれを読んでしっかりと事前に確認すべきことは確認し、解約について回るリスクを最小限に抑えましょう。

目次

1.終身保険とは

1.1 終身保険の仕組み

1.2 終身保険は他の保険とどう違うのか

2. 終身保険は損ばかり?

2.1 保険料が高い

2.2 払込期間が長い場合がある

2.3 保険の見直しがしにくい

2.4 早期解約は損ばかり

2.5 商品に気をつけなければ貯蓄もできない

3.終身保険を解約すると支払われる「解約返戻金」とは?

3.1 解約返戻金とは

3.2 解約返戻金の計算方法

3.3 保険加入期間で解約返戻金が左右される

3.4 全く支払われない場合も

3.5 税金がかかる場合があるから注意!

4.損ばかりじゃない終身保険の魅力!

4.1 万が一の事態に備えられる

4.2 貯蓄変わりに利用できる

4.3 払込期間次第では払い込んだ保険料を上回る金額を得ることも可能

5.終身保険解約で損をしないために

5.1 契約前に早期解約に陥らないプランを立てましたか?

5.2 解約リスクを考えてから加入する

5.3 最低この期間は加入していようとする意志を持つ

5.4 解約タイミングを逃さない

5.5 契約中は契約内容や払い込んだ保険料をこまめにチェックしておく

6.保険の解約はよく考えてから行おう

6.1 解約前に解約返戻金を確認しましたか?

6.2 解約前に保険の見直しをしましたか?

6.3 解約のリスクは十分理解していますか?後悔しませんか?

6.4 家族でよく話し合いましたか?

7.まとめ
続きを読む

生命保険の審査とは?健康状態によって変わる加入条件を解説

「生命保険に加入出来なかった」という話を聞いた事がありませんか?実は、生命保険は誰でも自由には入れる訳ではありません。生命保険に加入する際には、「審査」があります。ある一定の基準を超えなければ、実は加入できない仕組みが生命保険にはあります。この審査について、知っている人は意外と少ないのが現状です。今回は、その審査について整理していきます。審査に通りにくい人もいる事も踏まえて、その内容をご紹介していきましょう。

目次

1:最初に整理しましょう!生命保険に審査がある意味!

1-1:生命保険とは?

1-2:保険加入時の審査について!

1-3:生命保険審査について知ろう!

その①:審査の側面は大きく分けて3つに分かる

その②:医療保険の健康状態は告知書で審査する

2:病気があっても、諦めない!医療保険の特別条件付き契約について

その①特定部位不担保

その②割増保険料

その他:審査結果が悪くてもあきらめない為に

3:保険会社によって審査結果は大きく違う

要注意|引受緩和型医療保険を検討するときには

4:審査結果|通常1~2週間程度で出る

5:具体例|こんな場合には保険に入れるか?

まとめ|保険に加入するには
続きを読む

使い途いろいろ!終身保険の解約返戻金をおトクにゲットしよう!

終身保険へ加入しようかな?と思ったとき、「終身保険は、保険金の他にも解約返戻金が受け取れますよ」とか「終身保険には貯蓄性があるので、貯金もできますよ」などの説明を読んだり受けたりして、「あれ?」と思われた方もおられるのではないでしょうか?

そもそも、「終身保険」で「貯金」もできるって、どういうことなのでしょう?

その秘密は、『解約返戻金(かいやくへんれいきん)』にあります。

『解約返戻金(かいやくへんれいきん)』(あるいは、解約払戻金(かいやくはらいもどしきん))は、終身保険などの保険契約を解約した時にもどってくるお金のことです。

たしかに、利率の良い終身保険を選択すれば、銀行に預けるより楽しみが増えますが、いざ、受け取りのときになって、「こんなはずではなかった・・・」ということがないように、今から、終身保険の解約返戻金について、すこし、学んでみましょう!

そして、いざという時の保障と同時に、できれば、貯金も・・・と、ちょっと欲張ってみませんか!?

目次

1.終身保険の解約返戻金って?
1.1解約返戻金が受け取れるタイプ
1.2解約返戻金が受け取れないタイプ

2.終身保険の解約返戻金の種類
2.1従来型(定額型)
2.2低解約返戻型
2.3増減型

3.終身保険の解約返戻金の仕組みって?
3.1責任準備金と解約返戻金の関係って?
3.2解約返戻金はどうやって決められている?
3.3解約控除って?

4.終身保険の解約返戻金の受け取り方
4.1終身保険の解約返戻金は保険料払込期間に注意!
4.2定期付終身保険の解約返戻金
4.3一時払い終身保険の解約返戻金

5.終身保険の解約返戻金、いくら受け取れる?

6.終身保険の解約返戻金と税金の関係

7.終身保険の解約返戻金のメリット

8.終身保険の解約返戻金のデメリット

9.まとめ
続きを読む

貯蓄性の高い終身保険の上手な選び方を知って、盤石なライフプランを設計しませんか?

経済の活性化が見込めず、銀行預金の金利も低迷している昨今、だからこそ万が一に備えての貯蓄の必要性を、強く感じている方が多いのではないでしょうか?

そこで今回は、「貯蓄=株式などの投資」「貯蓄=銀行預金」と言った既成概念を一旦捨て、一生涯の保障を得つつもまとまったお金を手にすることが出来る終身保険に着目したいと思います。

自身に合った終身保険を選択することで、より盤石な家計を築き、未来への不安を払拭してみませんか?

目次

1.生命保険選びとは
1.2抑えるべき5つのポイント
1.3掛捨て型OR貯蓄型
1.4掛捨て型の特徴
1.5貯蓄型の特徴

2.生命保険の種類
2.1定期保険
2.2終身保険
2.3養老/学資保険

3.貯蓄性を保険に求める時
3.1解約返戻金とは
3.2解約返戻金の役割
3.3解約返戻金の種類
3.4従来型解約返戻金
3.5低解約返戻金
3.6解約返戻率を上げるには

4.終身保険とは
4.1生命保険における終身保険の位置づけ
4.2終身保険に加入する目的
4.3終身保険に加入すべき状況
4.4終身保険の特徴

5.終身保険の種類
5.1定額終身保険
5.2低解約返戻金型終身保険
5.3積立利率変動型終身保険
5.4変額終身保険
5.5外貨建て終身保険

6.終身保険人気商品
6.1人気BEST5一覧

7.RISE[ライズ]
7.1特徴
7.2契約内容
7.3契約方法

8.新RISE Support[ライズ・サポート]
8.1特徴
8.2契約内容
8.3契約方法

9.未来の自分が決める保険WAYS(ウェイズ)
9.1特徴
9.2契約内容
9.3契約方法

10.アクサダイレクトの終身保険
10.1特徴
10.2契約内容
10.3契約方法

11.終身保険 ずっとスマイル
11.1特徴
11.2契約内容
11.3契約方法

12.まとめ
続きを読む

終身保険おすすめランキングベスト3!保険料と返戻率で選ぶ優秀保険

保険は形のない商品です。必要性は感じていても、どの保険に入るか決めるのは難しいですよね。

とはいえ、生命保険は人生で2番目に高い買い物と言われ、生涯で生命保険に支払う保険料は数百万円~数千万円にものぼります。特に終身保険は払込期間が長く、払込保険料が大きい保険です。リサーチ不足でイマイチな保険に入ってしまったら悔しいですし、高い買い物だけになるべくおトクなものを選びたいですよね。

終身保険の良し悪しにはいろいろな観点がありますが、「おトクかどうか?」という視点で選ぶなら、注目すべきポイントは保険料と解約返戻率です。保険料が安く、解約返戻率の高い保険がおトクな保険だと言えるでしょう。

今回は、保険に詳しい人が必ずチェックする保険料と解約返戻率に着目して、おすすめの終身保険をランキング形式でご紹介します。後悔しない保険選びをするために、ぜひこのランキングを活用してください。

目次

1.終身保険おすすめランキングベスト3

2.終身保険、なんのために入る?
2.1.死亡時の葬儀費用
2.2.老後資金等の貯蓄
2.3.遺族の生活を支えるのは、別の保険で

3.終身保険の選び方のポイント2つ
3.1.保険料の安さ
3.2.解約返戻率の大きさ

4.保険料が安い終身保険ランキングベスト10

5.解約返戻率の高い終身保険ランキングベスト5

6.文句なしのイチオシ保険!オリックス生命「ライズ」
6.1.概要
6.2.保険料例
6.3.特色

7.損保ジャパン日本興亜ひまわり生命「一生のお守り」
7.1.概要
7.2.保険料例
7.3.特色

8.注目の外資系!マニュライフ生命「こだわり終身保険v2」
8.1.概要
8.2.保険料例
8.3.特色

9.変額終身保険って保険?投資?
9.1.変額終身保険のメリット
9.2.変額保険はどんな人に向いている?
9.3.ソニー生命「バリアブルライフ」
9.4.プルデンシャル生命「変額保険(終身型)(無配当)」

10.まとめ

続きを読む

終身保険比較ランキングに惑わされない!終身保険選びのポイントはこれ

生命保険には、『終身保険』をはじめ、さまざまな形がありますよね。

皆さんは、生命保険の商品を決める時、まず『終身保険』などの種類から悩み始めると思います。

そして、その商品を売る生命保険会社も多数社あり、ネット販売の保険会社にするか、保険会社の代理店で話を聞いて対面で買うかなどと迷い比較・口コミサイトを見たりします。

それらと並行して『終身保険』がいいのか?『定期保険』がいいのか?など、様々な角度から納得いくまで比較し決断する訳です。

が、結局はいい面も悪い面も各家庭によって違うという結論がほとんどだと思います。

ここで重要なのが、これらすべての生命保険は『人の生き死に』に対して生命保険会社が売る商品だという事です。

なので、今回は比較し悩む前にしっかり保険の種類ごとに内容を知る事が重要という事で、まずは『終身保険』の使いどころを色々比較し考えて行こうと思います。

目次

1.終身保険は生命保険の要!
・1-1生命保険の基本は終身保険
・1-1-1終身保険のベストな加入時期
・1-2基本をカバーする組み合わせる
・1-3医療保険
・1-3-1加入条件
・1-4節税
・1-5老後資金(貯蓄性)
2.死亡保障金が最終ポイント?
・2-1必要金額
・2-2有配当・無配当
・2-3保険料の比較
3.終身保険の加入理由比較
・3-1終身保険の加入率と年齢比
・3-2保険会社が儲からななければ困る
・3-2-1死亡保険は5%~10%値下げ
・3-2-2定期保険付きの終身保険の内容をよく知ろう
・3-3解約返戻金を比較しても意味がない
・3-4結果『終身保険』に行きつく
4.『終身保険』積立利率変動型と変額の違い
・4-1利率変動型終身保険
・4-2変額終身保険
5.学資保険と終身保険の比較
・5-1学資保険の代わりとして終身保険に加入する方法
・5-2学資保険は貯金で賄う方が良い
・5-3子供に終身保険は要るのか?
6.その他の終身保険で積立貯金する方法
・6-1外貨建終身保険
・6-2一時払ドル終身保険
7.まとめ

続きを読む

返戻率って何?返戻率の高い保険はココ!おすすめの終身保険5選

生命保険に加入するとき、「返戻率」というの気にしていますか?返戻率とは、簡単に言えば解約した時に戻ってくるお金の割合を示す数字ですが、人によっては保障よりも、老後の資金や学資保険変わり、いざというときの貯金…と生命保険目的ではない目的で利用する人もいます。

もし貯蓄目的で生命保険に加入するなら「返戻率」が高い保険に加入したいと思いますよね。今回はこの「返戻率」についてご説明するとともに、返戻率の高い保険をいくつかご紹介したいと思います。

ただ、返戻率の高い保険は保険料が高い場合があること、早期解約は無駄でしかないというリスクも覚えておきましょうね。

目次

1.返戻率って?

1.1 返戻率と戻り率

1.2 返戻率と解約返戻金

1.3 返戻率の計算方法

2.返戻率と保険の関係

2.1 返戻率(解約返戻金)が高い保険は?

2.2 返戻率が低い保険って?

2.3 低解約返戻型保険について

3.返戻金が高い保険に加入するには?

3.1 生命保険に加入するまえに解約返戻金があるかチェック!

3.2 生命保険に入る前に返戻率をチェック!

3.3 返戻率の高さを比較!

4.返戻率が高いおすすめの保険5選!

4.1 オリックス生命 終身保険RISE

4.2 AIG富士生命 E-終身

4.3 アクサダイレクト生命 アクサダイレクトの終身保険

4.4 東京海上日動あんしん生命 長割り終身

4.5 アフラック WAYS

5.保険を返戻率で比較するうえで注意したいこと

5.1 保険加入目的を見失わないこと

5.2 返戻率の高さも重要だが、保障内容もきちんと見ること

5.3 返戻率が高いと保険料も高い場合がある

6.安定してお金を積立てたいのなら

6.1 低解約返戻型保険を利用する

6.2 無理のない保険料を設定する

7.解約返戻金がある保険で気をつけたいこと

7.1 早期解約は無駄の一言

7.2 保障目的か貯蓄目的か

7.3 返戻率を上げたいなら

7.4 解約返戻金は受け取ると税金がかかる場合がある

8.まとめ
続きを読む

保険商品を有効活用して、賢く貯蓄しませんか?

景気回復がなかなか見られず、銀行金利は低迷を続け、銀行預金に関するメリットが感じにくい昨今、みなさんどのように資産を増やしたら良いのか、その手法選びに苦慮されていることだと思います。

「限られた資産だからこそ、リスクは負いたくない。でもあまりにもメリットがないのであれば、もっと有効な手段に乗り換えたい。」

そんな方々に、今回は生命保険を活用した資産の増やし方をご紹介してまいりたいと思います。

保障により安心を得られるばかりでなく、大切な資産を未来に向けて少しでも増やしていく。

そのための生命保険活用術をぜひ身に着けて、現在だけでなく未来のご自身やご家族に、ゆとりと安心を届けてみませんか。

目次

1.貯蓄とは
1.1貯蓄の種類

2.銀行預金とは
2.1銀行預金の種類

3.銀行預金の特徴
3.1普通預金
3.2定期預金
3.3総合口座
3.4当座預金
3.5貯蓄預金
3.6大口定期預金
3.7積立定期預金
3.8ネット定期
3.9おまけ付き定期預金
3.10外貨預金
3.11外貨定期預金
3.12仕組み預金

4.その他の金融商品とは
4.1その他の金融商品の種類

5.その他の金融商品の特徴

5.1ゆうちょ
5.2JAバンク(農協)/JFマリンバンク(漁協)
5.3MRF/MMF

5.4国債投資

6.貯蓄型保険とは
6.1貯蓄型保険の種類

7.貯蓄型保険の特徴
7.1終身保険
7.2養老保険
7.3学資保険
7.4個人年金保険
7.5外貨建て保険

8.保険料の支払方法とは
8.1保険料支払方法の種類

9.保険料支払方法別の特徴
9.1月払い/半年払い/年払い
9.2予納/前納
9.3全納
9.4一時払い

10.まとめ
続きを読む

終身保険で『貯蓄』をする時のポイント・損しない方法を元保険外交員が徹底解説!

 

保険に詳しくない人でも『終身保険で貯蓄』という言葉は聞いたことがあると思います。

でも、「本当に貯蓄出来るのか?」「損はしないのか?」「銀行の貯金とどう違うのか?」など、具体的な内容は分からない事が多いと思います。

その中でも一番気になるのは【損しないポイント】【加入のタイミング】ではないでしょうか?

保険屋さんやプロのFPでも、考え方はそれぞれ違うので勧められたとおりに加入するのではなく、自分で決めて加入することが大切です。

ここでは、貯蓄を目的として終身保険に加入する際のポイント・加入するタイミング、メリットやデメリットなど、多くの方の疑問や不安を元保険外交員が分かりやすく解説していきます。

終身保険はそもそも必要なのか、加入するとしたらタイミングはいつなのか、たくさんある保険会社の中でどのように選べばいいのかなど正しく選択するためのお手伝いができるように詳しく、そして分かりやすく書いてありますので参考にして頂ければ嬉しいです。

目次

1.終身保険とは?
1.1.終身保険の仕組み
1.2.終身保険の貯蓄の仕組み
1.3.終身医療保険でも貯蓄はできるの?
1.4.今人気の低解約返戻型とは?

2.終身保険を選ぶ時のポイント
2.1.保障と貯蓄のどっちに重点をおくか考えましょう
2.2.無理のない保険料で選びましょう
2.3.複数の保険会社を比較しましょう
2.4.死亡保険と医療保険は分けて加入しましょう
2.5.終身保険にも特約として付加できる『P免特約』
2.6.リビングニーズ特約はつけるべき

3.終身保険に加入するタイミング
3.1.終身保険に加入するタイミングは保険の必要性や考え方で変わります
3.2.大きな保障が必要な時期は定期保険
3.3.若いうちに加入すると保険料が安い
3.4.貯金が苦手な人は少しでも早めに加入して貯蓄に備えましょう

4.終身保険で貯蓄をするメリット
4.1.保険料が一定で変わらない
4.2.払込満了後は返戻率が高く設定されている
4.3.節税対策にもなります
4.4.銀行に預金しておくなら終身保険に加入した方がお得

5.終身保険で貯蓄をするデメリット
5.1.掛け捨ての保険に比べて割高です
5.2.中途解約をしてしまうと損する可能性があります

6.他の貯蓄タイプの保険商品の代わりに終身保険に加入するメリット・デメリット
6.1.学資保険の代わりに終身保険に加入するメリット・デメリット
6.2.老後の貯蓄のために終身保険に加入するメリット・デメリット

7.貯蓄タイプの終身保険に加入する際の注意点
7.1.払い続けられる保険料にすること
7.2.大きな保障は準備できません
7.3.解約返戻金を受け取ると税金が発生します

8.まとめ
続きを読む

インフレリスクに備えるなら積立利率変動型終身保険がいいって本当!?

日本が史上空前の低金利時代に突入してから、はや数十年・・・

住宅ローン金利が低いのは有難いと思う人がいる反面、もうそろそろいい加減、定期貯金の利子のゼロの数も見飽きた・・・という人もいますよね!

ちょっと経済に明るい方なら、「こんな状態いつまでも続くはずはない」と、そろそろインフレ対策を考えているのではないでしょうか?!

そういった動きは生命保険でも見られます。

終身保険に加入しようと相談したところ、『積立利率変動型終身保険』をすすめられたけど、なんだか、よく、わからない・・・

なんだか、損してしまう気がするという不安をお持ちになられた方もおられるのではないでしょうか?

でも、特別な知識なんて必要ありません!

『積立利率変動型終身保険』のことについて、今から少し学んでみましょう!

今のところ、とくに、インフレについて心配する必要性を感じていない方でも、将来的には、わかりませんよね?!

20年後・30年後の未来のために、今から、賢く備えてみませんか?!

目次

1.積立利率変動型終身保険って?
1.2終身保険をおさらいしてみよう!
1.3終身保険の基礎知識

2.積立利率変動型終身保険の仕組みって?
2.1利差益って?
2.2積立利率って?
2.3インフレリスクって?

3.生命保険とインフレの関係って?

4.積立利率変動型終身保険のパターン、2つ
4.1低解約返戻金型の積立利率変動型終身保険
4.2外貨建ての積立利率変動型終身保険

5.積立利率変動型終身保険のメリットって?

6.積立利率変動型終身保険のデメリットって?

7.積立利率変動型終身保険と利率変動型積立終身保険とはココが違う!

8.まとめ
続きを読む

人生安心を買うにはこれ!死亡保険の定期保険と終身保険を比較

「ケガ」や「病気」そして「災害」は、何とか極力避けて生きて行くことは、日頃の心がけ次第で出来ない事もありません。

しかし寿命に伴う「死亡」はだれも避けられませんよね。

なので、遺される者のために「死亡保険」を掛けるのですが、いざ生命保険を思考する時、その仕組みもさまざまで、迷ってしまいます。

家計のお財布と相談しながら、備えようとしてもライフステージごとに必要となる出費を考えると「定期保険」がお得だという話も聞こえてきます。

生命保険を選ぶとき「死亡保険の極意!」なんてものがあれば、どのご家庭でも苦労はしませんが、極意とは言わずとも、たった2種類の保険を比較するだけで、リスクの軽減をすることなら出来るかもしれません。

今回は、そんな死亡保険を「定期保険」と「終身保険」を比較することで、有意義な生命保険とはどんなものなのか考えて行きたいと思います。

目次

1.死亡保険でも全く違う!2種類の保険
1-1定期保険
・1-1-1主契約(死亡)+特約(ケガ・病気入院)
・1-1-2『特定疾病保障』定期保険
1-2終身保険の終身の意味
1-3死亡保険の在り方
・1-3-1死亡保険の安心な点・良い所
・1-3-2死亡保険の留意点

2.終身保険と定期保険の使い分け方
2-1更新タイプ定期保険
2-2全期タイプ定期保険
2-3落とし穴!全てを備える終身保険

3.定期保険のバリエーション
3-1収入保障とは
3-2逓減定期保険とは
3-3定期(死亡)保険のおすすめは?

4.今時の生命保険は
4-1生命保険離れ?
4-2死亡保険の加入率は?
4-3気になる隣人の保険

5.家計に負担!終身保険はダメ?
5-1安心の用意し過ぎに注意
5-2生命保険の保険料の値上がり
5-3予定利率を知っておく

6.定期死亡保険おすすめランキング
6-1メットライフ生命 スーパー割引定期
6-2オリックス生命 ファインセーブ
6-3オリックス生命 ブリッジ
6-4ライフネット生命 かぞくへの保険
6-5三井住友海上あいおい生命 &LIFE逓減定期保険

7.まとめ

 

続きを読む

住友生命の1UP(ワンアップ)を徹底解説!CMよりも解りやすくお伝えします!

最近テレビCMが話題になっている、住友生命の1UP(ワンアップ)ですが、その保険内容ってご存知でか?「あなたを少し強くする」的な事を謳っていますが、その保険の内容はあまり解らないって方が意外に多いのではないでしょうか。

私も今回の記事を書くにあたり1UP(ワンアップ)を調べるまで、よく解っていませんでした。
そんな住友生命の1UP(ワンアップ)ですが、その保険内容に賛否両論がある様ですが、果たしでどのような商品なのかをテレビコマーシャルよりも解りやすく、またメリットやデメリットからこの保険の考え方まで、徹底的に解説していきます。
テレビのコマーシャルのイメージだけでなく、自分に合っている商品なのかを考え、本当の意味での1UP出来るお手伝いになる記事になれれば良いと思います。

目次

1.住友生命の1UPって?

1.1 1UPの特徴

1.2 1UPについてのイメージ

2. 住友生命について

2.1 住友生命の基本情報

2.2 住友生命の評判

2.3 住友生命の保険商品について

3.住友生命の1UPの詳細

3.1 保障内容

3.2 加入条件

3.3 保険料

3.4 解約返戻金はある?無し?

3.5 1UPのおすすめポイント

4.1UPのメリットやデメリット

4.1 1UPの魅力はこんなとこ!メリット

4.2 1UPの悪い評判とは?デメリット

4.3 1UP 最終的評価

5.1UPがおすすめできない理由

5.1 1UPはお得じゃない?

5.2 保障は充実しているけど…

6.住友生命の1UP 加入を考えるならこの点に注意!

6.1 保障のつけすぎは保険料を上げる元

6.2 落とし穴は「定期保険」付終身保険

7.生命保険についてのあれこれ

7.1 定期保険って人気がないの?

7.2 保障内容が充実するほど保険料は高くなりがち

7.3 保険料を抑えたいならどうすれば良いの?

8.まとめ
続きを読む