終身保険の解約は損ばかり?損をしないために気を付けることは?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
保険の無料相談がしたいけど、どこがおすすめかわからない!

必要なのはわかってるけど、難しくて選びきれない・・・
そう思っている人はとても多いです。
一生の事だからしっかりと相談をして、理想通りの安心を手に入れましょう。

→お勧め.1 保険見直しラボ
→お勧め.2 保険マンモス
→お勧め.3 ほけんの窓口
→お勧め.4 保険のビュッフェ

終身保険の解約には注意しなければいけないことがたくさんあります。

解約のリスクも理解しないままに解約を行えばどうなってしまうでしょうか?もしかしたら期待していた解約返戻金が全く戻ってこない事態に陥るかもしれませんね。

終身保険は万が一の事態に備えられる・高い貯蓄性を持つというメリットがありますが、解約返戻金が発生するために解約がしづらいというデメリットも持っています。終身保険を解約しようと思っているのであれば、しっかりと解約の「リスク」を理解してから行うようにしましょう。
終身保険の解約で損をしないためにもこれを読んでしっかりと事前に確認すべきことは確認し、解約について回るリスクを最小限に抑えましょう。

目次

1.終身保険とは

1.1 終身保険の仕組み

1.2 終身保険は他の保険とどう違うのか

2. 終身保険は損ばかり?

2.1 保険料が高い

2.2 払込期間が長い場合がある

2.3 保険の見直しがしにくい

2.4 早期解約は損ばかり

2.5 商品に気をつけなければ貯蓄もできない

3.終身保険を解約すると支払われる「解約返戻金」とは?

3.1 解約返戻金とは

3.2 解約返戻金の計算方法

3.3 保険加入期間で解約返戻金が左右される

3.4 全く支払われない場合も

3.5 税金がかかる場合があるから注意!

4.損ばかりじゃない終身保険の魅力!

4.1 万が一の事態に備えられる

4.2 貯蓄変わりに利用できる

4.3 払込期間次第では払い込んだ保険料を上回る金額を得ることも可能

5.終身保険解約で損をしないために

5.1 契約前に早期解約に陥らないプランを立てましたか?

5.2 解約リスクを考えてから加入する

5.3 最低この期間は加入していようとする意志を持つ

5.4 解約タイミングを逃さない

5.5 契約中は契約内容や払い込んだ保険料をこまめにチェックしておく

6.保険の解約はよく考えてから行おう

6.1 解約前に解約返戻金を確認しましたか?

6.2 解約前に保険の見直しをしましたか?

6.3 解約のリスクは十分理解していますか?後悔しませんか?

6.4 家族でよく話し合いましたか?

7.まとめ

 

1. 終身保険とは

生命保険や終身保険、定期保険、学資保険など保険にはいくつか種類がありますが、終身保険がどんな保険か知っていますか?

終身保険とは被保険者(保険に加入している人)が保険に加入中に万が一死んでしまった場合や、高度の障害状態になってしまったときに加入している保険会社から受取人に死亡保険金が支払われる保険です。終身保険によっては解約返戻金が発生する保険もあるので、貯蓄変わりとして利用される保険でもあります。

高い保障額(保険金)が万が一の際に支払われること、保障が解約しない限りずっと続くこと(終身)から保険料は医療保険や学資保険に比べて割高に設定されています。

しかし終身保険は保険料が高い、保険の見直しがしにくいなどの理由から保険加入や保険の見直し、解約にあたりネガティブなイメージを持たれがちな保険です。終身保険の解約や見直しはポイントをきちんと押さえておけば損をしにくいので、ネガティブなイメージを打ち消すように終身保険のあれこれや解約について学んでいきましょう。

1.1 終身保険の仕組み

終身保険はなぜ保険料が高いのかというと、終身保険は被保険者に万が一が発生した場合に備えるための保険です。そのため万が一が起こった場合、200万円~数億円単位での保険金が遺族に支払われます。そのため多くのお金を積立てておかなければいけないので、保険の加入者である被保険者に高い保険料を担ってもらうのです。

また定期保険と違い終身保険は積立型保険です(一部を除いて)。つまり、支払った保険料の一部は保険会社の運用費などに充てられてしまいますが、残りは自分の積み立て金として貯蓄されていきます。この終身保険の仕組みが貯蓄性があるとしてさまざまな貯金の代わりに利用されている理由です。

終身保険を解約すると一部の保険を除いて「解約返戻金(カイヤクヘンレイキン)」が発生します。このお金は支払った保険料総額と保障金(保険金)などを用いて計算されます。契約年数が長いほど解約返戻金も多くなりますが、契約年数が短いと解約返戻金は全く貰えないか、貰えてもほんの僅かです。そのため保険解約がしにくい、保険の見直しが難しいといわれてしまうのです。

1.2 終身保険は他の保険とどう違うのか

終身保険が他の保険と違うところは、貯蓄性があることや被保険者に万が一のことがあったら受取人に設定している遺族に多額のお金が支払われるなどの点です。被保険者が死亡した場合に多額のお金が手に入る保険なので、推理小説などでは保険金目当て事件としても終身保険がネタとして使われたりしますね。

ですが被保険者に万が一のことがあっても保険金が支払われない場合もあります。すべてではありませんが、被保険者が自殺した場合や保険金目当てで身内から殺されてしまった場合などは支払対象にはなりません。滅多にないことではありますが、こういった落とし穴があることも覚えておきましょう。

また保険料が他の保険に比べて割高になっていることも他とは違う点ですね。他の保険も特約を付加すれば保険料は割高になりますが、終身保険は元が割高な保障なので特約を付加してもしなくても、ある一定の保険料の高さは覚悟しておく必要があります。しかし終身保険は加入時の保険料が以後変わらないというメリットがあります。

2. 終身保険は損ばかり?

終身保険は保険の見直しがしにくい、保険料が高い、保険料払込期間が長いなどの理由から損をする保険だとネガティブなイメージを持たれている保険です。

ですが保険加入時にきちんと気をつけて加入すれば損をすることなく保険の運用ができます。終身保険は運用さえ間違わなければ問題がない保険ですし、万が一が起こっても家族のために多額のお金を用意することができます。

終身保険を損をして終わらせないためにも以下のことに気をつけて加入や解約、運用をするようにしましょう。間違った使い方では当然結果も付いてきませんから軽い気持ちで加入・解約するような真似はしないようにしましょう。

2.1 保険料が高い

終身保険は保険料が高いため、継続して加入することが難しい保険です。加入当初は問題なく支払えていた保険料でも、ライフステージが変化する毎に保険料の支払いが難しくなる可能性があります。

例えば独身だった人が結婚すれば、自分で自由に使えるお金も減りますし、保険とは別に必要な物が年々増えてきます。

この他にもライフステージの変化は幾度も私たちに訪れます。保険料が上がらないというメリットはありますが、元の保険料が高いため支払続けられなくなり解約するパターンも少なくありません。

加入年数が長ければ解約したときに解約返戻金が発生(一部例外あり)しますが、加入年数が短いとそれもあてになりません。

終身保険を損をしない保険にするためには加入当初から以後のライフステージの変化を考慮した保険料を設定する必要があります。

2.2 払込期間が長い場合がある

終身保険の保障期間はその名の通り「終身」です。つまり被保険者が亡くなるまで続きますが、その分保険料の支払いも亡くなるまで続きます。終身保険によっては払込期間が60歳払済、65歳払済、70歳…と設定されている保険もありますが、自分で設定しない限りは払込が死ぬまで続きます。

また払込期間が終身のみの場合、返戻率が100%にならないので注意が必要です。その分他の払い込み期間に比べて保険料が割安に設定できるというメリットはありますが、解約したときに上乗せされるお金が無いということでもあります。

また払込期間を60歳払済にすれば保険商品によっては120%以上の返戻率にすることも可能です。このように終身保険は払込期間によって返戻率が変化することも理解しておきましょう。

2.3 保険の見直しがしにくい

終身保険は保険の見直しがしにくいといわれています。それは払込期間が長いこと、加入年数によっては解約返戻金が僅かだという点から保険の見直しがしにくいのです。

ですが、このデメリットは保険加入時の際にきちんと計画していればデメリットにはなりません。保険の計画をしっかりと立てていれば保険の見直しをする必要がないからです。ですが最初から保険の見直しが必要ないほど完璧に保険の計画を立てられる人は滅多にいません。そのため保険のプロであるFPなどに相談し、ライフプランを立ててもらった方が損をする確率も低くすることができます。

2.4 早期解約は損ばかり

終身保険は損ばかり、といわれてしまうのはやはりこの「早期解約」にあります。やはり終身保険は保険料が高いので支払うことができずに解約してしまうパターンに転がってしまいます。また必要が無くなったと思って解約する人もいますね。

しかし終身保険の早期解約は正に無駄・損としか言いようがありません。終身保険はある払い込んだ保険料から保険会社の運営費などを引いた額を積立金として積立てているイメージですが、この積立て(加入期間)が少ない・短いほど手元に戻ってくるお金はほぼありません。

終身保険を貯蓄用として利用する場合は尚気をつけなければ、貯蓄以前にお金を失うだけということを理解しておきましょう。

2.5 商品に気をつけなければ貯蓄もできない

終身保険によっては貯蓄性のない保険もあるので注意しましょう。例として終身保険に定期保険がくっついている場合で考えてみましょう。商品としては終身保険の部類となっていても、定期保険が付いている場合、貯蓄性はほぼありません。その理由は払い込んだ保険料が定期保険の保障の方に使われてしまうため、積み立て用のお金が残らないからです。

このような保険商品の場合、高い保障性があるというメリットがありますが、貯蓄性が全くないので貯蓄目的で利用していると痛い目をみます。そして加入途中に損だと気づいて解約を行っても、貯蓄性が全くないため解約返戻金も当然ありません。

終身保険と銘打っていても、中にはこういった落とし穴のような商品もあるので、終身保険を貯蓄用として利用しようとしているのなら、加入する前に解約返戻金や返戻率が設定されているかをよく確認するようにしましょう。

3.終身保険を解約すると支払われる「解約返戻金」とは?

終身保険には一部を除いて解約返戻金や返戻率が設定されています。この解約返戻金についてよく理解していないと損をしてしまうので、良く知らない・分からないという場合にはここでよく理解しておきましょう。

解約返戻金は終身保険の魅力の一つです。終身保険は貯蓄性がありますが、これは解約返戻金や返戻率があってこそのものです。解約返戻金や返戻率がない終身保険は貯蓄性がないので加入前にはよく確認しておかないと損をします。

加入した後で保険会社に文句をいっても相手にしてくれません。保険加入は自己責任です。損をしない為にはよく自分で保険について詳しく、強くなる必要があります。

3.1 解約返戻金とは

解約返戻金とは簡単にいってしまえば「保険を解約したときに戻ってくるお金」のことです。このお金は被保険者に万が一の時があったときのために保険会社が保険料から割り引いて積立てていたお金とイメージしても良いでしょう。

解約返戻金は加入年数が長いほど高額になります。払い込んだ保険料と解約した時に戻ってくるお金が同等にはなりませんが、低解約返戻型の保険なら払込期間さえ終了すれば返戻率がグンとあがります。返戻率とは支払った保険料に対して解約したときにどれだけのお金が手元に戻ってくるかの割合を示す数値です。返戻率は戻り率ともいわれることがあります。

返戻率は払込期間によっては100%を超えることも可能です。それにはやはり払込期間中にきちんと保険料を支払う、払込期間を短くするなどの方法を取る必要があります。

3.2 解約返戻金の計算方法

解約返戻金は自分で計算することができます。払い込んだ保険料総額や支払うべき保険料総額が分かる書類さえあれば保険会社やFPに聞かずとも確認することができます。

計算式ですが、

返戻率(戻り率)=満期保険金÷払い込んだ保険料の総額×100 です。

もし手元にこれらの数字が分かる書類がない場合は保険会社に確認する必要があります。保険会社から送られてくる書類は無くさないようにしましょう。これらの書類は保険の見直しをする際にも必要になりますから大事に保管しておきましょう。

3.3 保険加入期間で解約返戻金が左右される

解約返戻金は保険加入期間でその金額が左右されます。保険加入期間が長ければ長いほど解約返戻金は上がりますが、それだけ高い保険料を支払っているという意味でもあります。解約したときに戻ってくるとはいえ、高い保険料を支払ってまで保険に加入すべきか悩みどころですよね。

しかし保険料を高くしなければ万が一の際に高い保険金が受け取れませんし、貯蓄性も無くなってしまいます。終身保険の解約で損をしたくないのであれば、できるだけ早期解約をしない・保険料払込期間に解約をしないなどの点に気をつけましょう。

3.4 全く支払われない場合も

解約返戻金は保険を早期解約すると全く支払われない場合もあります。解約年数が短い、加入して間もない時期に解約すると、それまで保険料を支払っていたとしても解約返戻金が0ということもあります。もし経済状況が不安定なのに終身保険を契約しようとしているなら、身を滅ぼしてしまう可能性があるので止めた方が良いでしょう。

終身保険の保険料は高いです。続けて支払う余裕がないのであれば、手を出さない・割安である低解約返戻型保険に加入する・ライフステージの変化を含んだ人生計画をしっかり立てる必要があるので注意しましょう。せっかく保険料を支払ったのに、戻ってくるお金が少ないとガッカリしますし、保険に加入した意味も無くなってしまいます。

まずは終身保険に何のために加入するのかを明確にして、損をしないように計画を立てましょう。

3.5 税金がかかる場合があるから注意!

終身保険などを解約した時に発生する解約返戻金は、税金がかかる場合があるので注意しましょう。通常は解約返戻金に税金がかかることは滅多にないのですが、解約返戻金の額が多かったりすると税金がかかる場合があることも知っておきましょう。

解約返戻金の税金は所得税の一時所得に分類されます。計算方法は、

一時所得額=解約返戻金-支払った保険料総額-50万×1/2 です。

解約返戻金が50万円を超えない場合や、支払った保険料総額が解約返戻金を上回る場合には税金はかかりません。しかし、返戻率の高い保険を解約した時や、満期を迎えた保険、昔の利率の高い保険を解約した場合などには税金がかかる場合があります。

もし不安なら保険会社に問い合わせてみると良いでしょう。このように、解約返戻金は高いほど私たちにとっては嬉しいものですが、税金がかかる場合もあることを理解しておきましょう。これを知らないと脱税などに当てはまってしまうこともあり、税金が未払いになると後々要らないお金まで支払うハメになります。

4.損ばかりじゃない終身保険の魅力!

損ばかりだといわれている終身保険ですが、その魅力を知らないまま損という言葉一つで片づけてしまうのはいささか勿体ないと思います。

損だと思ってしまうのは、きちんとした保険運用をしない・終身保険についてよく理解していないからです。終身保険についてよく理解していれば損をするような保険運用はしないですし、将来を考えらライフプランも立てやすくなります。

終身保険のデメリットばかりに目がいかないように、メリットとなる部分、終身保険の魅力を確認してみましょう。もしかすると他の保険よりも終身保険を活用した方が良い場合もあります。

保険運用次第では損しかない保険といわれている終身保険をメリットだらけに変えられるように、終身保険についてよく知っておきましょう。 

4.1 万が一の事態に備えられる

終身保険の魅力は何といっても万が一の事態に備えられることです。稼ぎ頭である被保険者が不慮の事故や病で亡くなってしまったとき、遺された家族は生活費などに困ってしまいます。遺族年金などが国から支払われるといっても、これまで通りの生活にはなかなか戻ることはできないでしょう。また子どもが小さいと遺されたお母さんもすぐにでも外へ働きに出るということは困難な場合が多いです。

そんな万が一の事態に備えることができるのが終身保険です。被保険者に万が一のことがあった際に受取人に設定している遺族に保険金が支払われるので、生活がある程度落ち着くまでの資金や生活費として利用することができます。短い間でも生活資金が十分あると、以後の生活も過ごしやすくなります。

まだ小さいお子さんや共働きでない家庭はもちろん、いざという時に使えるお金があまりない場合には終身保険でいくらかの保障を掛けておいた府が良いでしょう。

4.2 貯蓄変わりに利用できる

終身保険は貯蓄としても利用できます。終身保険は掛け捨ての保険ではないので、支払った保険料からいくらかのお金が積立てられていきます。そのためさまざまな理由で保険を解約すると一部を除いて解約返戻金が発生します。

この解約返戻金目当てで終身保険を利用する人も少なくありませんし、中にはFP自ら学資保険などの代わりとして進めてくる場合もあります。

保険会社の商品によっては返戻率が高い商品があるので、保険料の支払いが困難でないなら返戻率の高い保険を選ぶようにすると貯蓄性がグンと上がります。また支払期間を短くすることも返戻率を上げて貯蓄性をアップさせることも可能です。

4.3 払込期間次第では払い込んだ保険料を上回る金額を得ることも可能

返戻率は払込期間次第で支払った保険料総額を上回る金額を得ることも実は可能です。低解約返戻型保険では、保険料支払い期間中の解約は損をしますが、支払満期さえ迎えてしまえば返戻率は100%を超える数字になっています(商品によって異なる)。

支払った保険料総額を超える金額と聞けばすごく魅力的ですよね。しかし、これには保険加入前にしっかりとその保険の返戻率や保険料についてよく知っておく必要があります。もしFPや人に任せっきりだという場合には、きちんと話をよく聞いて自分で理解するようにしましょう。

損はメリットに、メリットは損に転がりやすい保険であることは変わらないからです。  

5.終身保険解約で損をしないために

誰だって損をする行為はしたくありませんよね?終身保険を解約するときは他の保険以上に気をつけなければ損をするだけです。

終身保険を解約したくても損をするなら…と悩まなくても済むように、解約時のデメリットや注意点をよく理解しておきましょう。

保険を選ぶときはメリットばかり目が行きますが、もしも解約した時や解約しなければならなくなった時のデメリットも知っておきましょう。デメリットを知ることは強みになります。いざ解約するときに慌てない・損をしない為にも、保険加入の前に解約するときのことも視野に入れて保険プラン・人生プランを立てるようにしましょう。

5.1 契約前に早期解約に陥らないプランを立てましたか?

まず一番終身保険で損をしやすい解約が早期解約です。そのため契約する前に早期解約に陥らないためのプランを立てておく必要があります。高い保険料を設定していたり、払込期間が長すぎたりしていませんか?商品によっては払込期間を選べる保険もあります。払込期間が短いほど返戻率を上げやすいですが、その分保険料は割高になっていきます。

今は問題なく支払えていても、事故で働けなくなったり、仕事をリストラされる可能性も0ではありません。こういったもしもの時に陥った場合でも保険料を問題なく支払っていけるのかもよく考えて保険プランを立てるようにしましょう。また保険加入後に大きな買い物を控えている場合も同様です。保険の支払いが安定するまでは、なるべく大きな買い物はしないようにした方が賢明でしょう。

5.2 解約リスクを考えてから加入する

保険を解約する時のために、解約リスクも考えておきましょう。終身保険を解約するということは万が一の事態に備えられなくなるということです。また中には終身保険の必要が無くなったからといって保険を解約するという人もいるでしょう。

どちらにせよ、今解約を行ったらどんな損をするかという点に目を向けることです。後々後悔しない為にも解約リスクは保険加入前、保険加入中、保険解約前に確認するようにしましょう。特に保険加入中は今どんな状態か確認しない人が殆どです。

保険加入中でも自分の加入状況などは定期的にチェックするようにしましょう。

5.3 最低この期間は加入していようとする意志を持つ

保険に加入するときは最低この期間は加入していようとする意志を強く持ちましょう。保険なんてそうそう解約しないと思っていると痛い目を見ます。最低何年間加入していると、解約返戻金が発生するのか保険会社に確認しておくと良いでしょう。

解約するなら解約返戻金がまったく貰えないよりもある程度貰えた方が良いですよね。損は損でもお金が貰える損の方が良いはずです。解約返戻金が発生する期間までは解約を行わないようにしましょう。

5.4 解約タイミングを逃さない

解約するときは解約のタイミングを逃さないようにすることも大切なことです。損をしたくないからと保険期間を延ばそうとだらだらと保険加入をするよりも、生活が保険料で圧迫されているなら無理に加入し続ける必要はありません。

終身保険の解約や見直しは損が多いですが、損したくないばかりに自分の首を絞める行為は得策ではありません。

損をしたくない気持ちも分かりますが、まずは自分の状況をよく判断して解約のタイミングを逃さないようにしましょう。

5.5 契約中は契約内容や払い込んだ保険料をこまめにチェックしておく

保険の契約中は契約内容や払い込んだ保険料をこまめにチェックしておきましょう。もし解約するとなっても、解約返戻金がどのくらいもらえるという目安を知っておけば、それは自分にとって損となるのか判断することができます。

一般的にいわれている損も、自分にとっては得になる場合もあるので、周りの意見に流され過ぎないようにしましょう。また確認できる書類がない時は保険会社に問い合わせて書類を貰うようにしましょう。

6.保険の解約はよく考えてから行おう

終身保険でも定期保険でも、保険を解約するならよく考えてから行うようにしましょう。軽い気持ちで解約する人は滅多にいないと思いますが、保険の解約にはいくらかの損が付いて回ります。

その発生する損を増幅させてしまうか少ない損で留めることができるのかは自分の判断によってしまうので、保険を解約するときはリスクなどをよく理解してから解約を行いましょう。

また保険のプロであるFPや保険相談員が解約を勧めてきても、最終的に判断するのは自分です。人任せにしないようにして、保険は自分で管理するようにしましょう。

6.1 解約前に解約返戻金を確認しましたか?

解約をする前に解約返戻金が発生するのか、また解約返戻金がいくら受け取れるのか保険会社に確認をしましたか?確認していない場合は問い合わせて聞いてみましょう。また必要な書類や送られてくる書類も併せて確認しておきます。

解約返戻金は口座振り込みです。だいたい1週間ほどで指定の口座に振り込まれる流れですが、いくら解約返戻金が支払われるのか知っておきましょう。無用なトラブルや疑問を残さないためにも自分が知りたいことは保険会社に確認しておいた方が後悔も疑問もなく解約できます。

6.2 解約前に保険の見直しをしましたか?

解約前はなるべく保険の見直しをした方が損を減らすことができます。解約した後にもっと良い保険や違う保険に加入しようとしているなら、保険解約前に保険の相談窓口などで保険の見直しを行ってからの方が良いでしょう。

解約後に加入する保険を探すなら、解約前にずらすことをお勧めします。次の保険に加入する前に万が一の事態や事故が起こってしまうとも限りません。他の保険に加入しようと思っているなら、できるだけ保障の無い期間が空かないようにしましょう。

6.3 解約のリスクは十分理解していますか?後悔しませんか?

解約のリスクは十分理解していますか?今解約をして後悔しませんか?

解約する前に自分によく聞いてみましょう。確認漏れがないか、次の保険は決まっているか、解約するタイミングは今で良いのか…など解約前はどんな些細なことでも確認するようにしましょう。少しめんどくさいと思うかもしれませんが、損をしたくないなら慎重に解約を行うことです。

6.4 家族でよく話し合いましたか?

終身保険に入っていることを知っている家族がいる場合は家族に解約することを相談しましたか?勝手に解約を行ってしまうといらないトラブルに発展する可能性があります。金銭的に困っているなどの場合、隠して保険を解約するよりも、正直に話してから解約するようにしましょう。

隠して解約した挙句にバレてしまい夫婦仲の悪化や離婚に陥るケースもあります。円満な家庭生活を送るためにも、保険解約をする前に家族に話しておきましょう。もし同意してくれない場合、どうして解約したいのかをきちんと伝えましょう。家計が厳しい、保険料が支払えない、大きな金額が必要になったなど、解約する理由をきちんと伝えることで家族も理解がしやすくなります。

7.まとめ

保険の解約は自分で決めることですが、家族がいる場合は自分だけの問題ではありません。家族のために加入した保険を、家族に隠して解約するべきではないからです。それを配偶者があてにしている場合もあります。

損をしない以前に、このような無用なトラブルを招かないためにも保険の解約はよく考えてから行うようにしましょう。

B

人気記事ランキング

がん保険?これだけ読めば大丈夫!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る