生命保険とは?いまさら聞けない生命保険の基礎を解説!!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
保険の無料相談がしたいけど、どこがおすすめかわからない!

必要なのはわかってるけど、難しくて選びきれない・・・
そう思っている人はとても多いです。
一生の事だからしっかりと相談をして、理想通りの安心を手に入れましょう。

→お勧め.1 保険見直しラボ
→お勧め.2 保険マンモス
→お勧め.3 ほけんの窓口
→お勧め.4 保険のビュッフェ

2016-10-30_232835生命保険って解りますか?と聞かれると、大半の方は知っていると答えるでしょう。

しかし、本当に生命保険について知っているかと考えた時に、知らない事も多いと思います。

そして、現在ではインターネットなどで情報を手にしやすい事から、いまさら聞けないことや聞いても解りづらかったために、解らないままにしておいたことなど、いまさら聞けないような事や、生命保険に関わる事を多岐にわたって書いていこうともいます。

生命保険の事なんてもう知っているよ!っという方から、生命保険を検討しているけど解りづらいから選べない!と困っている方や、そもそも生命保険ってなに?と言う方まで様々な方の役に立てるような事を書いていきますので、お役にたてればと思います。

 保険の用語2016-10-30_232635

基本の事を説明する前に、生命保険・損害保険などに使われる用語を説明していきます。

もう知っているという方も多くいると思いますが、確認の意味も込めてよく使われる保険用語を書いていきます。

保険者・・・契約者と保険契約を結ぶ人の事で、基本的には保険会社の事を指します。この保険者は保険事故が起こった時に保険金や給付金を支払う義務がある者を指します。

保険契約者・・・保険契約を保険会社と結ぶ人の事です。保険契約者には保険料を支払う義務があります。また保険契約者と被保険者が異なる場合もあります。

被保険者・・・保険の対象となる人です。この被保険者の生死や病気などで保険金・給付金が支払われます。またこの被保険者が契約者・保険金受取人と異なる場合があります。被保険者には告知義務があります。

保険金受取人・・・被保険者の生死や病気などで保険者から支払われる保険金・給付金を受け取る人の事を言います。保険事故が起きた場合に保険者である保険会社に保険金の請求が出来ます。

保険金・・・被保険者の死亡や高度障害等で保険者から支払われるお金です。基本的に保険金が支払われた時点でその保険契約は終了します。

給付金・・・医療保険などで、被保険者の入院などで保険者から支払われるお金であり、保険金と違い支払いがあったからと保険契約が終了しない給付金です。

保険金との違いは契約上に○○給付金などの表記であれば、この給付金になります。

告知義務・・・保険契約を結ぶ際に保険者(保険会社)からの質問に答える義務。

基本的には被保険者の健康状態の質問であり、保険契約を結ぶうえで重要な役割を持つ。そのためこの告知で虚偽の報告などをすると、告知義務違反となり保険契約の解除などの措置を保険者は取ることが出来る。

免責事由・・・保険者(保険会社)が保険金・給付金の支払いが出来ない事がら。また保険者(保険会社)が定める保険金及び給付金を支払う事由に該当しないこと。契約者・被保険者の故意による事故なども免責事由にあたる。

約款・・・保険契約についての説明書。この中に保険契約の細かな説明がされている。また保険金・給付金の支払事由などはこの約款に沿って行なわれるため、約款は重要になってくる。

上記に挙げたことは保険用語の中でもよく使われる用語なので書き出してみました。

この他にも保険用語は複数あるので、解らない用語は調べるようにしていきましょう。

生命保険の基本okane-fusigi

まず生命保険の基本から書いていきたいと思います。

多くの方が思う事は「生命保険って種類が多くて解りづらい」と思う方が多いかもしれませんが、生命保険って3パターンしかないのです。

そう言われると、簡単な気がしませんか?

生命保険には「終身保険」「定期保険」「養老保険」の3種類のタイプしかないのです。

「じゃあ、死亡保険・医療保険・がん保険・学資保険などは何なの?」と言う方もいるかもしれませんが、これは保障の種類と思ってください。

自動車の保険は自動車保険、家の保険は火災保険と同じように、人の生死に関わるのが死亡保険で、病気やケガまたはがん治療に特化したのが医療保険・がん保険で、子供の学費を準備するものが学資保険です。

物の保険は損害保険で、人の保険は生命保険なのです。

自動車保険などを損害保険と言う方は殆ど居ないのに、死亡保険・医療保険・がん保険はまとめて生命保険と言うのもおかしな話なのですが、ここ数年は商品別に加入する方が増えたこともあり、医療保険・がん保険などもそれだけで認識が出来るようになったので、少しわかりづらくなっているだけなのです。

それでは、基本の形である、「終身保険」「定期保険」「養老保険」について書いていきます。

また、保険を掛ける用途によって同じ死亡保障でも、終身保険が合っている場合と定期保険が合っている場合がありますので、それも説明していきますね。

終身保険policy

終身保険は文字通り一生涯の保障です。

終身医療保険やがん保険で多く使われているタイプであり、死亡保険でも多く使われるタイプで死亡保険では貯蓄などで使われる事もあるタイプです。

特徴は、一生涯の保障であり、保険料は加入した時の保険料から上がることはありません。そして死亡保険では、この終身保険にする事で、確実に保険金または解約返戻金を受け取ることが出来るので、いわゆる「掛け捨て」の保険ではありません。

その事から貯蓄に使うことも出来るのですが、それは後で少し書きたいと思います。

そして、この保険は大きな保障を準備することには向かない保険であるのです。

それは、先ほども書いたように保険会社が確実に保険金の支払いをしないといけない保険商品であるので、保険料が高くなるからなのです。

死なない人はこの世にはいないですよね。この終身死亡保険は人の生死に関わる保険なため、保険をかけている方が亡くなった場合には保険金を支払わないといけない。また保険の保障期間が終身という事で、途中で解約をすれば、解約返戻金をお客さんに返さないといけない。保険会社からすると確実に支払わないといけない為に、保険料は高くなります。

そのため、大きな保障を準備するには保険料が高くなるので向かない保険タイプなのです。

定期保険

定期保険も文字通りで一定の期間保障をするという保険タイプです。

一般的に「掛け捨ての保険」など言われているのは、このタイプの保険であり、あまり良いイメージが無い保険だと思いますが、使い方ひとつですごくいいタイプの保険と言えるのです。

基本的には、死亡保障で使われることが多く、医療保険やがん保険ではありえないと言えるタイプです。また学資保険などもこのタイプの保険になります。

特徴は、一定期間の保障という事で終身保険では準備しにくい大きな保障を準備するのに向いていると言えます。

それは、一定期間の保障という事で、この保障期間の間に被保険者が亡くなれば、保険会社は多くの保険金の支払いをしないといけませんが、この期間に被保険者が亡くならず健康に過ごした場合には、契約者が支払った保険料は全て保険会社のものになるからです。

これだけ聞くと、博打のように聞こえますが、大きな保障が必要な時期と言うのは意外にあり、子育ての期間などはこの時期になります。

もしご自身に万が一のことがあれば、残された家族の当面の生活はどうしますか?また子供の教育費はどうしますか?そのようなリスクに大きな保障を安く手にできるのが定期保険なのです。

この様に大きな保障を安く準備できることが定期保険のメリットであると言えます。

逆にデメリットは、大きな保障でも一定期間を過ぎると保障がなくなり、支払った保険料も戻ってこない完全な掛け捨ての保険という事です。

また、医療保障などがこの定期タイプであると、すごくリスクが高くなります。この事は後で詳しく説明していこうと思います。

終身保険と定期保険のメリット・デメリット

ここで、先ほども書いた終身保険と定期保険のメリットとデメリットを解りやすく書いておきます。

終身保険のメリット・デメリット

メリット デメリット
保険料が一生涯上がらない 保険料が高い
一生涯の保障がある 大きな保障が準備しにくい
貯蓄性がある 見直しにくい

定期保険のメリット・デメリット

メリット デメリット
保険料が安い 更新があり更新ごとに保険料は高くなる
高額な保障が準備できる 保険期間が過ぎると保障がなくなる
必要な時だけ保障を準備できる 高齢になると更新できない場合がある

代表的なメリットとデメリットを書きました。この様なメリット・デメリットを覚えていれば、必要な保障をどの保険で準備すれば良いかが解ってくると思います。

養老保険

養老保険は定期保険に近いのですが、大きく違うのは貯蓄性があるという事です。

養老保険と言うのは、満期時に保障額と同額の満期返戻金を積み立てる保険なのです。

要は満期までに保障額と同額の満期返戻金を貯めるという保険で、定期保険に貯蓄分の保険料を足して払うため、定期保険よりも高く終身保険よりも高くなる保険なのです。

金利状態などがよければ、配当金など見込めますが、現状では積極的に販売する保険会社は少ないと言える保険です。

定期保険や終身保険と同様に死亡保障の保険でありますが、大きな保障を準備しようとなると保険料ももちろん高くなり、終身保険ではないので満期を迎えた時点で保障は全て亡くなります。

この保険を使うメリットとしては、貯蓄が苦手な方が10年後・20年後にいくらの貯めておきたいなどの理由などが考えられますが、あまりお勧めできないのも事実です。

現在では、かんぽ生命などが販売していますが、その他の民間の保険会社ではあまり見かけない保険であるのが事実です。

生命保険(保障)の選び方insurance

生命保険の基本を説明したので、次に生命保険の選び方を解説していこうと思います。

生命保険には死亡保険・医療保険・がん保険・学資保険と多くの保障内容がありますが、どの保険をどのように加入するかで大きく変わります。

先ほども説明した、終身保険で準備するものと、定期保険で準備するものとでは用途が変わってきます。同じ死亡保険でも終身保険にする場合と定期保険にする場合とありますので、どのような場合は終身保険に向いているのか、定期保険の方が向いているのかを説明していこうと思います。

死亡保険夫婦 疑問

死亡保険は、終身保険も定期保険も両方よく使います。

これは人の生死に関わる保険であることで、保険期間が長くなる場合が多いのと、加入する目的が1つではないというのが大きなポイントになってくるのです。

終身保険の場合

死亡保険を終身保険で準備するのは、自身の葬儀代など亡くなった後に掛かる費用の準備をする場合と、解約返戻金を目的にする場合の2つの場合に多く使われます。

前者の自身の葬儀代の準備と言うのは、多くの方はなくなった後に葬儀をしお墓に納骨されますよね。その費用は200万円程の金額が最低でもかかると言われています。

その費用を貯蓄で賄えるのであれば、必要はないのですが、決してみなさんその貯蓄があるわけではなく、また年金生活になると貯金を切り崩して生活していかないといけなくなる場合もあります。そのような時には終身保険で死ぬまで保障のある終身保険で死亡保障を準備することが適切であると言えるのです。

また、この終身保険と言うのは、死ぬまで保障が続くことで商品によっては貯蓄性が高くなる商品があるのです。

この商品は、老後のための貯蓄など解約前提で加入する事も出来るという事です。

この使い方が、後者の解約返戻金を目的とする場合と言う事です。

これは「低解約終身保険」と言う商品で、解約すると戻ってくる「解約返戻金」が、保険料を支払った後、この解約返戻金がどんどん増えていくという商品です。

なので、20代・30代で金銭的な余裕があるのであれば、60歳で保険料の支払いが終わるような契約にしておけば、60歳以降であれば、いつ解約しても支払った保険料以上の解約返戻金が戻ってくるという事で、貯蓄に使われることが多いのです。

定期保険の場合

定期保険で死亡保険を準備する場合は、子育て世代など一時期的に大きな保障が必要な場合です。

定期保険のメリットである大きな保障を安く準備できるという事と、一時期的な保障期間が必要な場合と言うのが、先ほども書いた通り、子育て期間中なのです。

子供が生まれて子供が独立するまでは親の責任とよく言いますが、その期間に万が一の事があり収入が亡くなったりするとどうなりますか?

子供の教育費や生活費など困ることが多くなりますよね。

その時に子供(末子)が大学を卒業するぐらいまでの期間は、大きな保障が必要になってきます。その目的で加入するのは定期保険の死亡保障であり、近年流行の「収入保障保険」なのです。

この「収入保障保険」と言うのは、定期保険なのですが、先ほども書いた子供が独立するまでの期間に必要な金額は子供が大きくなるにつれて、少なくなってきます。これは学費など小学生の時に亡くなったのと高校生の時に亡くなったのでは、残りの必要金額が変わってくるという事で少なくなるという事です。

そして、この「収入保障保険」もそれに合わせて保障金額が年々少なくなるという商品です。

なので、定期保険の大きな保障を安く準備できるという特徴を存分に生かした内容になっているうえ、通常の定期保険よりも安く準備できるのです。

この方法以外での死亡保険の定期保険の使い方は個人の保険ではあまり使わないと思います。

医療保険hoken

医療保険は終身保険で準備するのが一般的です。

なぜなら、医療保険は病気やケガで入院をした時のリスクに備える保険であり、病気やケガで入院する確率が高くなるのは、定年後の世代から高齢者と呼ばれる世代であり、この時期に保障をしっかりしておく必要があります。

仮に、定期保険で医療保険を準備してしまった場合は、将来とんでもないことになる可能性もあります。

よくあるものは、日本生命・住友生命・第一生命など日本社の生命保険会社が以前から販売されている、定期付き終身保険と言うものです。

これは、10万円などの小さい死亡保険が終身保障であり、そこに定期保険で医療保険が付いている保険契約です。この保険契約は定期保険である為、数年ごとに定期部分である医療保障は自動更新されていることが多く、更新のたびに保険料が高くなっていきます。

若いうちは死亡のリスクも病気になるリスクも低い為、保険料は安く設定されていますが、年齢を重ねていくにつれてリスクも高くなることで、保険料は高くなっていきます。

この定期タイプの怖いところは、保険料の値上がり方と言えます。

20代前半の時には月々数千円の保険料なので、そこまで気にならないのですが、同じ保障を続けていく場合には、60代くらいの更新後の保険料は最初に加入した時の保険料の4倍ほどになる場合も少なくありません。

本当に必要になってくる時に、その保障を買うのに月々数万円の保険料を払わないといけなくなります。これは、年金生活など収入が限られる年代になった時には相当な出費になるかの性があります。

また、もう一つの怖い事は更新型の場合には、80歳以降は保険が更新できなくなる可能性があるという事です。更新するという事は新たに健康状態のチェックを受けなくていいのでずっと更新し続けられると思う方もいらっしゃると思いますが、更新とは新たに契約を結びなおすという事であり、80歳以降の年齢で新たに医療保険に加入するのと同じことになるのです。

しかし現在の保険会社で通常の医療保険の加入年齢の条件は一部の保険会社では85歳までなど少し延びては来ていますがそれでも、80代後半になると保険会社は引き受けしません。そういうことで更新型の医療保険に加入している場合、83歳などで更新時期が来た場合には、医療保険が更新できずに本当に必要な医療保険が無保険状態になる可能性が高いのです。

更新してきた分保険料は高い保険料を支払っていた場合もあり、総額を考えると、無駄な掛け捨てになる可能性があるという事を覚えていてくださいね。

この様な事にならない為に、医療保険を準備する場合は、終身医療保険で準備し保険料払込期間は仕事をしている間の60歳または65歳くらいで支払い終わるようにしていることが、年金受給等になった場合に保険料の負担が少なくなるので、保険料の支払い時期も覚えていきましょう。

がん保険

【画像】http://healthil.jp/21753

がん保険も終身保険で準備をする事を一番のおすすめにします。

日本人の志望理由の2人に1人は「がん」であり、がんになる確率は男性では3人に1人であり、女性は2人に1人の確率なのです。

その事を考えると、がんになる確率は高いと言わざる負えない事と、がんの治療は長期に渡ることと治療費も高額になることが考えられることで、生きている間は「がん」への備えは必要になってくることで、終身保険で準備することが必然であると言えるのです。

また、がん保険の保険料の支払い期間は医療保険と違い、終身払いという保障がある間中払い続ける方法が良いと思います。

この理由は、がん治療は医療技術の進歩が考えられるからです。それは、ここ数年でのがん治療を考えれば解ることですが、入院治療から数年で通院治療が増えてきています。

これは、手術治療・化学療法・放射線治療と、がん治療における3大治療法でも手術技術も向上したことで、入院に数が減り通院での化学療法(抗がん剤治療)や放射線治療が多くなってきています。

この医療技術の進歩に合わせて、がん保険も日々進歩していく事を考えれば、がん保険は医療保険よりも見直ししないといけなく、また見直すという事は新たに保険に入りなおす可能性が高い商品です。そのような商品であれば、ランニングコストは安く抑えていた方が良いですよね。

そのために、終身保険の終身払いと言う方法を使うのです。

終身保険の終身払いは、医療保険などで書いたような有期型の保険料支払いよりも長く保険料を支払ってくれることで、保険会社は保険料を安くすることが出来るためなのです。

この事から、がん保険は終身保障の終身払いにして、がん治療の技術が進歩し保険内容が変われば、見直しをして入りなおすことが出来るのです。

学資保険detail_img

学資保険とは、子供の教育費のために加入する方が大半であると思います。

学資保険には、子供の教育費のほかに子供の入院に対する保障が付いていたりもしますが、少しややこしくなるので、今回は教育費の準備に使う事に特化して説明して行きます。

学資保険を選ぶための第一条件は、返礼率です。

この返礼率は、支払った保険料と受け取れる給付金の差額という事です。

要は、子供の教育費に使うための貯蓄と考えると、支払う保険料よりも多く貰いたいものですよね。支払った保険料よりも貰う給付金の方が少なければ、ただ単に損をしているという事になりますね。

学資保険の良いところは、幼稚園入学・小学校入学・中学校入学・高校入学・大学入学などの節目でお金が掛かる時期に、祝い金としてまとまったお金がもらえるというのが魅力の一つです。

そのため先ほども書いた通り、損をするのであれば自分で貯蓄している方が良いという事になりますよね。

そのため、学資保険で貯蓄を考えるのであれば、この返礼率を重視して検討することがいちばんになります。

現状で言えば、日本生命の学資保険は比較的この返礼率が高い商品であると言えます。

また、この返礼率が低くても、子供の病気やケガでの入院の保障があるのであれば、検討できる要因になります。

就業不能保険a8c35dfcbef57c92dd9418aed902dd20_s

近年話題に上がる、就業不能保険ですが、この就業不能保険も基本的には定期保険になります。これは、死亡保険のところでも説明した子育て期間などの場合、収入の柱である方が働けなくなった場合に生活に困ることから販売された商品であり、死亡保険と違い高度障害状態など就業不能になった場合の保険なのです。

なので、考え方は、先ほどの死亡保険と考え方は同じなので、必要な期間だけ準備する必要がある商品です。

しかしこの就業不能保険の支払い基準は、医者の定める状態と保険会社が定める状態をクリアしなければいけないのですが、保険会社が定める条件と言うのが、ハードルが少し高く一般的に少しヘビーな状態でなければ支払いの対象になりません。

寝たきりの状態や脳死状態にならなければ、支払いの対象にならないと思ってもらっても構わないというくらいの状態です。

ライフネット生命が数年前からこの商品を出していますが、ここ数年でアフラック・東京海上日動あんしん生命など多くの保険会社が商品化して出すようになりましたが、実際に必要かどうかは疑問が残る商品であると思ってください。

保険の恐怖c7ab02dd34797669a2a6a19fd6db8c7e_s

これまで、保険の基本的な事を書いてきました、そしてここでは保険の恐怖を書いていきます。生命保険・医療保険・がん保険など万が一の時のために加入する保険が本当は怖いというのはどういうことなのか。それは内容も解らずに陥入する場合です。

必要な保障を必要な金額だけ加入しそして、その保険はいつまでの保障でいつまで保険料を支払うのか、そしてその保険に対して総額いくらの保険料を支払うのか。

これをちゃんと理解しておかなければ、せっかく多くの保険料を支払っていたのにも拘らず、保障期間が切れていたや、死亡保障が思っていたよりも少なかったという事や、更新型であれば、更新の時に驚くほどの保険料になっていたため、更新することが出来なくなったなど、多くの困ったことが起こりえるのです。

また、更新型で更新後の保険料が高い為に、違う保険に加入しようとしたが、健康状態で加入する事が出来なかったなども起こりることがあります。

この様に、保険の事が解らないという事が万が一のために加入する保険が、万が一の時に役に立たないという事があるという事も覚えていてください。

 まとめtop5

今回は生命保険の基本を書いてきました。

基本的な保険の用語や生命保険の基本から生命保険の選び方・種類など基本的な部分を多く書いてきました。もう知っていると思う方も多くいる様な内容ではあるかと思いますが、いま一度、見直して新たな発見や、再確認できるという内容になっていればいいと思います。

そして、生命保険が解りづらいから、保険屋さんの言うとおりに入っているという方や、何もわからずに保険に入っているから大丈夫と言う方でも少し興味を持ってもらい、そして自分の保険は大丈夫なのかと疑問を持ってもらえれば良いと思います。

保険に関わっていると、意外に保険の内容が解らずに生命保険に加入している方も多く、保険に入っているという安心感だけで月々数千円~数万円の保険料を支払っている方を多く見かけます。先ほども書いた通りですが、生命保険を内容も何もわからず加入していると、一生涯で数百万円損する事もあり得ます。

そして、生命保険とは万が一の保障であるのと、使い方ひとつでは貯蓄の代わりになりえる商品もあります。

保険屋さんや郵便局のかんぽ生命などでも、「貯金代わりの保険があります」など謳っている場合もありますが、保険の内容をしっかり見て保険の加入をしてください。

確かに貯蓄性が高くても、先ほども説明した終身保険の「低解約終身保険」も「養老保険」も同じ貯蓄性のある商品ですが、性質が少し違います。

自分の思っている商品なのか、そうでないのかの判断はしっかりしてください。

またパンフレットなどを見ても解りづらい事や、パンフレットに出てくる用語が解らないという事も、ここで用語の説明もしたので、少しは役に立つかもしれません。

また、保険と言うのは似たような商品が多く、どれを選べばよいか解らない事も多くありますが、ここでも保険選びのポイントも少し説明もしました。そして、言えることは保険は人それぞれ生活状況も掛けれる金額も違うので、人それぞれ加入する保険は異なるという事です。なので、保険を選ぶ際には自分にはどんなリスクがあって、万が一の時はどのように対処するのか、それに保険を使うのか、貯蓄をするのかも拘ってきます。

保険に入ることが全て良い答えとは言い切れないこと、保険に入らなくても万が一の時にまとまったお金が貯蓄で賄えるのであれば、保険は必要ないと言えるのです。

その事も考えて、家族で一度話し合ってみてください。

そこで、保険が必要であれば、必要な金額の保障を買うようにしてください。

よく言われる保険は、家・自動車に次ぐ大きな買い物と言われるのは、一生涯に支払う保険料の金額が思っている以上に多いという事から来ている言葉です。

月々数千円でも、30年・40年も支払っていくと数百万円、下手すると数千万円になす方もいるかもしれません。

この様に、目先の月々の保険料ではなく、一生涯でいくら払って、それが本当に必要かを考えて保険には加入してくださいね。

ただでさえ、目に見えない商品であるうえ、病気になるかならないかは誰にもわかりません。

いろんなリスクはありますが、この記事をみて少しでも、保険に興味が出てくれれば幸いだと思います。

B

人気記事ランキング

がん保険?これだけ読めば大丈夫!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る