生命保険

結婚後の保険の見直しが急増中!?最適な生命保険の選び方を解説

大きな転機となるのが結婚であり、結婚は第2の人生ともいえるでしょう。

なぜなら自分中心の生活から子供や大切なパートナーが中心となった生活をこれから送っていくからです。

その中でも結婚後に保険に加入するという方も沢山います。

それは自分を守ることから家族を守ることに考え方がシフトしていくからです。

今回は結婚後にどのような保険に入るのがお勧めなのか、保険の見直しのポイントを分かりやすく紹介していきます。

目次

1.そもそも生命保険とはどんな保険か理解しよう

1.1 生命保険の定義とは

1.2 生命保険の種類は?

1.3 どのくらいの人が生命保険に加入している?

2.生命保険に加入するメリットは?

2.1 万が一の事態に備えられる

2.2 保険次第では保険金が必ず受け取れる

2.3 保険次第では解約時に返戻金が発生するので貯蓄できる

3.生命保険に加入するデメリット

3.1 終身保険の場合は保険料が高い

3.2 定期保険は保険金が受け取れない可能性がある

3.3 保険次第では解約時に返戻金が発生しない

4.結婚したらなぜ保険の加入・見直しをするのか?

4.1 結婚直後に保険に入りたい人は半分以上

4.2 結婚したら必ずしも保険に入らなければいけないというわけではない

4.3 保険に入る本当の意味は「生きるお金」を考えること

5.結婚後の保険の見直しする流れを説明

5.1 まずはお互いの加入状況を確認する

5.2 将来子供が何人欲しいのか?など結婚後のライフプランを考える

5.3 万が一の時はどのくらいのお金が必要なのか考える

5.4 二人の家計に合った保険料を考える

6.結婚後の生命保険の手続きは?

6.1 名義変更の手続き

6.2 結婚による改姓のための改印の手続き

6.3 結婚によって住所が変わった場合は?

6.4 銀行口座の名義変更も必要

7.結婚後に生命保険へ加入する時の選び方

7.1 夫婦のどちらも共働きのケース

7.2 結婚後に妊娠が分かったケース

7.3 生命保険を選ぶ際は比較を絶対に行う

8.結婚後の生命保険でおすすめの保険は?

8.1 結婚後も共働きのケース

8.2 結婚後に妻が専業主婦のケース

8.3 結婚時に子供がいるケース

9.結婚後に生命保険を解約する時の注意点は?

9.1 生命保険を解約する時の解約返戻金とは?

9.2 生命保険を解約するときの解約返戻金の3つの形は?

9.3 解約返戻金の計算方法は?

10.生命保険を解約するときの手順

10.1 生命保険の解約に必要な書類は?

10.2 生命保険会社のコールセンターに電話をして解約する

10.3 生命保険を解約せずに保険料を抑える方法

11.まとめ

続きを読む

生命保険でお悩みの方必見!生命保険の必要性を見極めるコツを大公開!

死亡時に残された家族に資産を残すことができる生命保険。

家族のためにしっかりと備えをしている方がいる一方で、「どれくらいの保障額が必要なのかわからないから・・・」「そのうち考えればいいかな・・・」「生命保険の必要性がわからない・・・」などと保留にしてしまっている方も多いことでしょう。

生命保険の必要性や保障額というのは実は正解がなく、家族構成や年代などによっても大きく変化してきます。

それゆえに考え始めると、泥沼にはまってしまい、結局「考えるのはまた今度」となってしまうケースが非常に多いんです。

しかし、そうは言っても生命保険の必要性や保障額を考える上での一定の基準やコツは存在します。この記事では、それらを徹底的に解説していきます。

今度は泥沼にはまらずに生命保険の必要性をじっくり考えることができるはず!保険の見直しにも活用できるので、「すでに生命保険に入っているけれど毎月の保険料が苦しいわ!」という方もぜひ参考にしてみてくださいね!

目次

1.生命保険とは

1−1.貯蓄と保険の違い

1−2.死亡率ってどれくらい?

2.一家の大黒柱が亡くなったら家族はどうなる?

2−1.遺族年金とは

2−2.持ち家あり・なしで変わる家族の運命

2−3.教育資金はどれくらいの備えが必要?

3.独身者の生命保険

4.家族ができたら・・・?

4−1.結婚のタイミングでの保険の選び方のコツは?

4−2.子どもが生まれるタイミングでの保険の選び方のコツは?

5.退職後の生命保険

6.生命保険にはこんな使い方も!生命保険の意外な役割とは?

6−1.老後資金の貯蓄

6−2.相続時の節税対策

6−3.相続時の「争族」対策

7.生命保険が必要な人・不要な人

7−1.生命保険が必要な人

7−2.生命保険が不要な人

8.まとめ

続きを読む

いざという時に慌てない!傷病手当金の条件を知って、就業不能に備えよう!

今は元気で想像だにしていなくても、いつどんな疾病に罹患するか、突然の事故に見舞われるか、その可能性は決してゼロではなく、また予測の立てようもありません。

これらの状況に追い込まれた時、多くが療養に時間を費やし、会社を休職したり、退職せざるを得ない局面などを迎えます。

当然、それまで受け取れていた給与は減滅するばかりでなく、更に療養費などがかさみ、心身ともに不安に苛まれることも想像に難くありません。

皆さんは、そんな状況をサポートする為に設けられている「傷病手当金」の存在を、ご存知ですか?

今回は、傷病手当金の支給条件や支給額などの情報を細かくチェックして、「公的保障+α」で就業不能状態に備える方法を、ご一緒に見てまいりたいと思います。

目次

1.医療保険とは
1.1医療保険の種類
1.2私的医療保険
1.3公的医療保険

2.公的医療保険とは
2.1公的医療保険の種類
2.2公的医療保険で受けられる保障

3.傷病手当金とは
3.1支給条件
3.2支給期間
3.3支給額
3.4継続給付
3.5支給停止(支給調整)

4.傷病手当金申請方法
4.1自身で記入する書類
4.2事業主の証明
4.3療養担当者の意見書
4.4添付書類

5.保険商品での備え
5.1就業不能状態への備え方
5.2特徴

6.ライフネット生命/働く人への保険2
6.1特徴
6.2プラン
6.3保障内容
6.4注意点
6.5保険料シミュレーション

7.チューリッヒ生命/くらすプラス
7.1特徴
7.2保障内容
7.3保険料シミュレーション

8.アフラック/給与サポート保険
8.1特徴
8.2保障内容
8.3保険料シミュレーション

9.T&Dフィナンシャル生命/働くあなたにやさしい保険
9.1特徴
9.2プラン別契約シミュレーション

10.まとめ

続きを読む

収入保障保険とは?加入する必要がある人の特徴はこれ!

「今自分がいなくなったら家族はどうやって生活していけばいいんだろう…」

そんな不安な気持ちに駆られることはありませんか?

万が一のことを考えたら、やはり保険に入っておくべきでしょう。

しかし保険にもいろいろ種類がありすぎて、何に加入すればいいのか分からない人も多いはずです。今回は<世帯を支えているあなたが死亡してしまった場合>の保険について、詳しくご紹介します。

いちばん合理的に保険金を受け取ることができるのは、収入保障保険だと言われています。

収入保障保険を契約することもメリットやデメリットを知って、自分のライフプランに合っているようであれば加入を検討してみましょう!

目次

1.収入保障保険ってどんな保険?

1.1 生命保険の一種

1.2 契約者が死亡したときに下りる

1.3 死亡した時期によって金額が変わる

1.4    一括ではなく毎月給付

2.「収入保障保険」と「所得補償保険」の違い

2.1 「働けなくなったら下りる保険」はどっち?

2.2 収入保障保険は死亡か高度障害のみ

2.3 ライフプランと相性のいい方を

3.収入保障保険に加入するメリットはこれ!

3.1 保険料が安い

3.2 長期的に保険金を受け取れる

3.3 定期保険からの切り替え可能

4.入る前に知っておこう!収入保障保険のデメリット

4.1 掛け捨ての保険

4.2 まとまったお金にはならない

4.3 課税対象になることも…

5.自分は収入保障保険に加入すべき?すべきでない?

5.1 どんな人が収入保障保険に向いているか?

5.2 収入保障保険が不要な人

5.3 特約もしっかり確認

6.定期保険とも比べてみよう

6.1 定期保険と収入保障保険の違い

6.2 柔軟性があるのは定期保険

6.3 総合的には収入保障保険の方がお得

7.まとめ

続きを読む

生命保険料控除を使えば税負担が軽くなる?制度を知って賢く使おう!

生命保険や医療保険、個人年金保険などに加入していると受けることができる生命保険料控除

あなたは「生命保険料控除を完全に使いこなしている!」という自信はありますか?

会社員の方であれば、生命保険会社から届いたハガキを年末調整のときに提出すれば総務担当者が細かな手続きをやってくれるという理由で「よく理解はしていないけれど、とりあえず生命保険料控除は受けている!」という方も多くいらっしゃるのではないでしょうか?

もちろん、それはそれで楽で良いのですが、もしかすると制度内容を知らないでいるために損をしている可能性もゼロではありません。

今契約している保険にちょっとした変更を加えることで、世帯の所得控除額が大幅にアップすることだってあるんですよ!

既に保険に加入している方も、これから保険に加入する予定の方も知っておいて損はない生命保険料控除。

この記事では、生命保険料控除の制度内容や計算方法、生命保険料控除を活用したお得な運用方法、生命保険料控除にまつわる素朴な疑問など、生命保険料控除について一気に詳しくなれる情報を解説していきます。

順を追って見ていけば難しいことなんてありませんので、ぜひ一緒に生命保険料控除について詳しくなっちゃいましょう!

目次

1.生命保険料控除って何?

1−1.生命保険料控除とは?

1−2.対象となる保険

1−3.控除を受けるための手続き

1−4.誰が所得控除を受けられる?

2.旧制度・新制度って何のこと?

2−1.旧制度とは?

2−2.新制度とは?

2−3.新制度・旧制度どちらも入っている場合はどうなるの?

3.控除額の計算方法

3−1.旧制度の控除額

3−2.新制度の控除額

3−3.新旧契約どちらもある場合の控除額

4.還付される税額はどれくらい?シミュレーションしてみよう!

5.生命保険料控除の落とし穴!個人年金控除は条件あり!

5−1.今、「貯蓄より個人年金」のワケ

5−2.個人年金控除を受けるための条件

5−3.個人年金控除にまつわる疑問

6.生命保険料控除に関する素朴な疑問

6−1.年の途中で支払者変更をした場合は誰が所得控除を受けられますか?

6−2.内縁者の保険料を支払っています。所得控除を受けられますか?

6−3.保険料を一括で支払った場合も毎年所得控除を受けられますか?

6−4.共済も対象になりますか?

7.まとめ

続きを読む

所得補償保険の活用法から種類や税務上の取り扱いなど徹底解説

仕事が出来なくなった時に生活に困らないようにしておきたいという人は沢山いるでしょう。

その時に活用する保険の中に所得補償保険というものがあります。

所得補償保険は会社員や自営業の人などが病気やケガで仕事が出来なくなった場合の収入が低くなってしまうのを補うための保険です。

今回は所得補償保険の必要性や活用方法税務上の取り扱いなどについてお伝えしていきます。

ぜひ他の公的保障制度とも比較して参考にしてみてください。

目次

1.所得補償保険とは
1.1 受取ることが出来る保険金はどのくらい?
1.2 保険金を受け取れる期間は?
1.3 所得補償保険の保険期間は?
1.4 所得補償保険と収入保障保険の違い
2.所得補償保険と収入保障保険の違い
2.1 自分自身が働けなくなった時に自身で補償が受けられるのが「所得補償保険」
2.2 自分が死んだときに家族が年金を受取れるのが「収入保障保険」
2.3 「所得補償保険」と「収入保障保険」の使い分けは?
3.所得補償保険のタイプをそれぞれ紹介
3.1 短期補償タイプト長期補償タイプの違い
3.2 短期補償タイプの特徴
3.3 長期補償タイプの特徴
4.所得補償保険の保険金を受け取れないケースもある
4.1 長期間働けなるとはどういったケースの時なのか?
4.2 要件によって補償を受けられないケースもある
4.3 免責期間によって補償を受けられないケースもある
4.4 故意の事故や自然災害の場合も補償を受けれない
5.所得補償保険はどんな人に向いている?
5.1 会社員の人が検討する所得補償保険の必要性は?
5.2 自営業や個人事業主なら休業補償として適用する
5.3 自営業者や個人事業主は所得補償保険の経費計上の方法
6.所得補償保険の経費や控除など税務上の取り扱いを詳しく説明
6.1 所得補償保険は控除対象になるのか?
6.2 保険料を支払っているときの控除や経費、確定申告は?
6.3 給付金を受け取った時の税務上は?
7.目的別で選ぶ所得補償保険をそれぞれ紹介
7.1 今、働けないリスクに対しておすすめ
7.2 定年まで長期間、働けないリスクにおすすめ
7.3 働けなくなった際の住宅ローンが心配な方におすすめ
7.4 従業員の福利厚生制度として所得補償保険を活用したい方はこちら
8.所得言補償保険を検討する前にその他の公的保障制度も知っておこう
8.1 業務外の病気やケガなどで働けなくなった場合公的保障の「傷病手当金」
8.2 業務中の病気やケガなどに対する公的保障は「労災保険」
8.3 障害が残って働けない場合に使える公的保障の「障害年金」
8.4 所得補償保険を検討するときに会社から受けられる保障も合わせて確認しよう
9.まとめ

続きを読む

先進医療とは一体何!?先進医療の基礎知識と備え方、教えます!

あなたの医療保険やがん保険には「先進医療特約」は付いていますか?

医療保険やがん保険にしっかり加入していても、この質問に答えることができる人はほんの一握りです。

しかし、加入している保険の善し悪しを判断する上で、先進医療特約が付いているか否かということは大きなポイントとなってきます。

場合によっては、先進医療特約が付けることができない旧式の医療保険であるがために保険をそっくりそのまま別のものへ見直しをするという例もあるほど。

この記事では、先進医療とは何かという基本的なところから、なぜ先進医療に備える必要があるのかということを解説していきます。

もちろん、先進医療特約の必要性は個々の価値観によるものなので「わたしには必要ない!」という考えも有りです!

ただ、要・不要の判断は一度先進医療の概要を把握してからしてみませんか?もしかすると「備えておけば安心ね!」という考えに変わるかもしれません。

一緒に先進医療の概要を知って、あなたにベストな保障について考えていきましょう!

目次

1.保険が全く使えない?医療費の仕組みってどうなってるの?

1−1.保険診療とは?

1−2.自由診療とは?

1−3.混合診療とは?

1−4.先進医療とは?

2.先進医療はどんな場合に使う?その受け方とは?

3.先進医療に指定されている治療の費用や実施件数は?

3−1.実施件数ナンバー1!「多焦点眼内レンズを用いた水晶体再建術」

3−2.選択肢の一つとして持っておきたい治療

4.医療保険の特約として登場した「先進医療特約」

4−1.先進医療特約の登場

4−2.どれくらいの負担で先進医療特約を付けられるの?

4−2.治療費だけではない?最近の先進医療特約事情

5.がん保険にも「先進医療特約」あり?

5−1.がん保険の先進医療特約の守備範囲とは?

5−2.先進医療特約の医療保険vs.がん保険

6.先進医療に備えるときに知っておきたいこと

6−1.受けられる治療には大きな地域格差あり!

6−2.先進医療特約が100円ちょっとで付けられるにはワケがある!

6−3.複数の保険で先進医療を付けると・・・?

7.まとめ

続きを読む

転ばぬ先の杖!障碍者年金を正しく理解して、万が一に備えよう!

今は健康でも、予期せぬ事故や疾病により、障碍を負うことになる可能性が0%な方はいらっしゃいません。

つい他人事と捉えてしまいがちですが、脳疾患系の疾病やメンタルヘルス系の疾病に罹患される方は年々若年化し、いつ自身に降りかかって来てもおかしくはありません。

当然罹患による治療を余儀なくされると、仕事を休まざるを得なくなったり、場合によっては退職と言う道を選ばざるを得ない状況も出てまいります。

そんな状態をフォローしてくれるのが、公的年金制度の一環である「障碍者年金」ですが、実はあまり知られていないのが現実です。

人間と言うものは問題に直面していみないと、難解になりがちな法整備部分には手を出す気になれないのが常です。

しかしながらことが起こってからでは遅いので、今回は障碍年金に関する情報をきっちりと入手して、万が一に対抗する方法を見てまいりましょう。

目次

1.公的年金制度とは
1.1公的年金のしくみ
1.2公的年金の種類
1.3受給可能な年金の種類

2.障碍年金とは
2.1障碍年金の種類

3.障碍基礎年金とは
3.1概要
3.2受給に必要な条件
3.3障碍などの等級
3.4障碍認定基準
3.5障碍認定時
3.6年金額
3.7請求
3.8請求の手続き
3.9所得制限
3.10支給期間

4.障碍厚生年金とは
4.1概要
4.2受給に必要な条件
4.3障碍などの等級
4.4障碍認定基準
4.5障碍認定時
4.6年金額
4.7請求
4.8請求の手続き
4.9支給期間

5.精神障碍の場合①
5.1障碍認定基準
5.2障碍認定日
5.3障碍等級

6精神障碍の場合②
6.1傷病別に見る認定
6.2統合失調症
6.3気分障碍
6.4てんかん
6.5知的障碍
6.6発達障害

7.生命保険によるフォロー
7.1メンタル疾患への備え
7.2働けなくなった時への備え

8.まとめ

続きを読む

結婚したら保険の見直しは必須なの!?見直しのコツを解説します!

結婚を機に、これまで未加入だった保険を検討し始めたり、子どもの頃に親がかけてくれていた保険の見直しをするという方が増えています。

結婚とは幸せと同時に、家族への「責任」も背負うことだからです。

特に、一家の大黒柱として、配偶者やこれから生まれる子どもの生活を支えなければならないという場合には、保険は避けて通ることができないものですよね。

しかし、保険の見直しをする家庭が増えている一方で、入籍の手続きや挙式の準備、新生活のスタートなどやるべきことが多くて保険のことはついつい後回しになってしまうケースも少なくありません。

独身時代は何も保険に入っていなかったという方は特に、初めて保険について考え始めるとなると何から考え始めて良いのかわからず、余計に時間と労力がかかってしまいます。

「後回しにしているうちにすっかり頭から保険のことが抜けてしまっていた」というのも無理もない話かもしれません。

この記事では、なぜ結婚のタイミングで保険の見直しが大切になってくるのかということや、家族の状況別にどんな保険にフォーカスを当てるのが良いのかということを解説していきます。

「保険の知識はあまりないよ!」という方でも「医療保険とは?」や「生命保険とは?」といった基本的な部分も合わせて説明していくので、保険初心者の方もぜひ読んでみてくださいね!

目次

1.なぜ、結婚時に保険の見直しが必要なのか?

1−1.どんなリスクがあるのか?

1−2.保険に入る目的を考えよう

1−3.家族の状況によって変化する見直しのポイント

2.片働きの場合の保険の備え

2−1.片働きの場合のリスク

2−2.優先すべきは医療・がん保険

3.子どもができた場合の保険の備え

3−1.子ども一人育てるのに一体いくらかかる?

3−2.重要なのは生命保険

4.マイホームを購入した場合の保険の備え

4−1.団信とは?

4−2.教育費や老後の備えにシフトチェンジ!?

5.保障も貯蓄も一挙両得!こんな方法もオススメ

5−1.低解約返戻金型生命保険とは?

5−2.年末調整で節税効果あり!?

6.老後の備えは保険だけじゃない!?iDeCoという選択肢

7.まとめ

続きを読む

傷病手当金の素朴な疑問を解決します!公的制度との関係性とは?

病気で長期間会社を欠勤することになったときに社会保険に加入していれば「傷病手当金」を受給することができることをご存知ですか?

これまで健康であった方であれば傷病手当金とは無縁だったはずなので、いざ受給申請をしようとしたときに色々と疑問が出てくることでしょう。

そしてその謎は長期化すればするほど深まるばかり。病気が長期化した場合には、出産手当金、障害年金、失業手当など傷病手当金以外の様々な公的給付金を受けるケースも出てくるからなんです。

「ダブル受給はできるの?」「ほかの公的給付を受けた場合には傷病手当金を返さないといけないの?」などなど様々な疑問が飛び交っています。

この記事では、傷病手当金と他の公的給付金の関係を解説していくと同時に、近年増加している「うつ病」にまつわる支援制度や、傷病手当金の対象でない方のための病気の備えについて解説していきます。一緒に傷病手当金の疑問を解決していきましょう!

目次

1.傷病手当金とは?

1−1.傷病手当金の給付条件とは?

1−2.支給金額と期間はどれくらい?

1−3.待機期間の数え方

2.傷病手当金と出産手当金、どちらが優先?

2−1.出産手当金とは?

2−2.調整が必要になるのはこんなケース

3.傷病手当金と障害年金、どちらが優先?

3−1.障害年金とは?

3−2.調整が必要になるのはこんなケース

4.傷病手当金と失業保険、どちらが優先?

4−1.失業保険とは?

4−2.調整が必要になるのはこんなケース

5.うつ病と傷病手当金

5−1.うつ病にまつわる民間保険の実態

5−2.うつ病になったときの社会保障

6.国民健康保険に加入している場合は・・・?

6−1.国民健康保険とは?社保にあって国保にないもの

6−2.就業不能保険で備える?

6−3.所得補償保険で備える?

7.まとめ

続きを読む

小規模企業共済のデメリットを把握して、退職金のベストな準備方法を考えよう!

小規模な企業を経営されている方や個人事業主の方は、企業にお勤めの方と異なり、公的年金制度で得られる保障額が少ないのをご存知でしょうか。

経営に頭を悩ませ、顧客満足度を得るために日夜努力をし、従業員を思いやり、苦労を積み重ねて自身の城、社員、家族を守り抜く。

そんないばらの道を歩んできた先に、退職金のようなまとまったお金が手元に残らない状況は、やるせないばかりでなく、生活そのものへの不安が募ることでしょう。

そんな方々の為に創設されたのが小規模企業共済ですが、中々難解な契約内容であるがゆえ、「結構みんな入っているし」「税理士さんも勧めてたし」「安心の為なら」と、安易に掛金を支払っていたりしませんか?

今回は、本当に小規模企業共済が有益なのか、メリット/デメリットを様々な角度から検証し、備えるべき未来への道をご一緒に検討してまいりたいと思います。

目次

1.小規模企業共済とは
1.1沿革
1.2基本概念
1.3概要
1.4加入実績

2.小規模企業共済のメリット1
2.1掛金の選択肢
2.2納付方法の選択肢
2.3納付例
2.4増減の選択肢
2.5前納の選択肢
2.6節税対策

3.小規模企業共済のメリット2
3.1共済金の種類①
3.2共済金の種類②
3.3共済金の種類③
3.4共済金の受取金額
3.5共済金の受取方法
3.6共済金受取に伴う税区分
3.7契約者死亡時の受取人

4.小規模企業共済のメリット3
4.1貸付金制度の種類
4.2一般貸付
4.3傷病災害時貸付
4.4創業転業時/新規事業展開貸付
4.5廃業準備貸付
4.6緊急経営安定貸付
4.7福祉対応貸付
4.8事業継承貸付

5.加入に関する情報
5.1加入資格
5.2手続き
5.3試算

6.小規模企業共済デメリット
6.1元本割れ
6.2保障
6.3運用
6.4課税

7.貯蓄性の高い生命保険での備え
7.1終身保険の活用
7.2養老保険の活用
7.3個人年金の活用

8.まとめ

続きを読む

生命保険と医療保険って違うもの?!2つの違いについて詳細解説します!

ひとくちに、生命保険といっても、本当にいろんな種類があって、混乱してしまいますよね!

ちゃんと、生命保険にはいっていたのに、いざという時になって、アテにしていた金額が手元に入ってこない・・・なんてことになってしまったら、元も子もないですよね!

そんな事態に陥らないためにも、今回はなにかと混同してしまいがちな、生命保険と医療保険の違いについて、初歩の初歩から詳しく解説していきます。

ご自身にとって、本当に必要な保険に加入できているかどうか、今一度、是非、一緒にチェックしていきましょう!

目次

1.生命保険と医療保険はどう違う?

2.そもそも生命保険って?

3.生命保険の種類って?
3.1定期保険
3.2終身保険
3.3養老保険

4.そもそも医療保険って?

5.医療保険の種類って?
5.1終身医療保険
5.2定期医療保険

6.公的な支援はある?
6.1遺族への公的な保障って?
6.2社会保険の役割って?

7.「生命保険」と「医療保険」の注意点って?

8.まとめ

続きを読む

働いているともらえない?!障害基礎年金の所得制限の疑問を徹底解説!

病気や障害を持ったときや、子育てでお金がかかるときに受けることができる様々な社会保障給付。児童手当や高額療養費制度など、所得が高いと制限を受けるものがたくさんありますよね。

一定の基準を満たす障害となってしまったときに受けとることができる「障害基礎年金」ですが、この制度の所得制限については、多くの方が「自分は給付対象となるのか?」「働いているともらえなくなってしまうのではないのか?」「所得制限の所得ってどの金額を対象としているのか?」などなど様々な疑問を抱えています。

結論から言うと、所得制限はあるのですが、その制限の対象となってくるのは非常に限定的です。

この記事では、年金制度や障害年金の種類などを整理していきながら、障害基礎年金の所得制限の仕組みについて徹底解説していきます。

悩める皆さんから寄せられる質問にもお答えしていきますので、ぜひ参考にしてみてくださいね!

目次

1.まずは年金制度について確認しておこう!

1−1.国民年金とは?

1−2.厚生年金とは?

2.障害年金は誰がどれくらいもらえるの?

2−1.障害基礎年金の仕組み

2−2.障害厚生年金の仕組み

3.所得制限はあるの?

3−1.障害基礎年金は一部所得制限アリ!

3−2.20歳未満での障害の場合

3−3.特別障害給付金の対象者の場合

4.所得制限の「所得」って何!?

5.「所得」についてもっと踏み込んでみよう!

5−1.こんなとき所得制限はいくら?

5−2.保険の満期で大金をもらえることになったら・・・?

6.よくある質問

6−1.貯蓄は所得制限に影響しますか?

6−2.妻の所得は関係ありますか?

6−3.一度所得制限を受けるとどうなりますか?

6−4.児童手当は所得に入りますか?

7.まとめ

続きを読む

【必見】終身保険の貯蓄性は?終身保険は本当にお得なのか徹底解説

もしもの時のためにも、貯蓄するためにも魅力的に見える終身保険。

その一方で、終身保険にも種類があったり、他の貯蓄方法と比べた時に本当にお得なのかなど、悩ましい事も多いですよね。

しかし!この記事では、終身保険の「貯蓄」という観点に焦点を当て、終身保険の貯蓄性や良し悪しをご紹介しているので、終身保険の貯蓄に関してのお悩みは一発解決するはず!

目次

1. 終身保険で貯蓄は可能なのか?

1.1 終身保険の概要

1.2 終身保険で貯蓄が出来る訳

1.3 こんな人が終身保険に加入する 

2.終身保険には何種類ある?

2.1 低解約返戻金型終身保険

2.2 積立利率変動型終身保険

2.3 変額保険

2.4 外貨建て保険

2.5 どれがおすすめ?

3. 本当に貯蓄に使えるのか?

3.1 ネックになりやすい保険料

3.2 一定のハードルはある

4.ポイントはここ!何のための貯蓄なの?

4.1 老後の貯蓄

4.2 教育資金

4.3 もしもの時のお金

5. 貯蓄性の高い終身保険3選

5.1 終身保険RISE

5.2 アクサダイレクトの終身保険

5.3 アフラックの「WAYS」

6.解約するとどうなるのか?

 6.1 基本的には解約すると損

  6.2 加入期間がミソ

 6.3 1つのデメリットになりえる

7 まとめ

続きを読む

医療保険不要論が続出!?終身医療保険の真の必要性を徹底解析!

「病気で手術や入院が必要になったときに金銭的な心配をしたくない」「家族に経済的な負担をかけたくない」などの理由で医療保険に加入している方は多いのではないでしょうか?数ある保険の中で生命保険と同様に多くの方が「当たり前」のように加入しているのが医療保険だと思います。

しかし、最近巷でよく話題になっているのが「医療保険不要論」。生涯の安心のために「終身医療保険」に入るという一部の人たちの常識と真っ向から対立する声が聞こえてくるようになりました。

医療保険を不要とする声はどのような根拠に基づいているのか気になりますよね。

この記事では、医療保険不要論の根拠を取り上げたあとに、実際に終身医療保険に加入しないリスク・加入するリスクなどを検証し、その必要性について考えてみたいと思います。

今、医療保険に入ろうかどうか迷っている方も、加入してしまったけれど「医療保険不要論」に惑わされてその必要性を疑い始めている方も、ご自身にとって終身医療保険が必要なのかそうでないのか、一緒に考えてみましょう!

目次

1.終身医療保険ってどんな保険?

1−1.医療保険の種類

1−2.医療保険で保障される内容

1−3.医療保険の特約とは?

1−4.医療保険の支払い方法3つ

2.なぜ今、「医療保険不要!」の声が多いのか?

2−1.なかなか優れてる!?日本の公的医療制度

2−2.日々進歩の医療技術

2−3.物価上昇実現も近い?

3.終身医療保険に加入するリスク

3−1.保障は「ずっと」じゃない?

3−2.「保険」vs.「貯蓄」

4.終身医療保険に加入しないリスク

4−1.年齢とともにUPするもの

4−2.一度病気をすると入れなくなる?医療保険の仕組み

5.終身医療保険の必要性とは?どんな人に必要でどんな人に不要?

5−1.必要な人

5−2.不要な人

6.入るならここに注意!

6−1.支払い方法に注意!

6−2.女性特約に注意!

6−3.「がん保険だけ」という選択肢も・・・!

7.まとめ

続きを読む

小規模共済で“退職金”の準備!?フリーランスや個人事業主は要必見!

主婦(夫)や高齢者などの労働力拡大や、長時間労働の改善など、働き方が見直されている昨今。時間を自由に組むことができ、また人間関係のストレスに悩まされることもない自由な働き方を求めて、フリーランスになる方が増えてきています。

企業に勤めていれば、病気をして働けなくなった時のリスクや、死亡のリスク、そして老後の年金リスクなどは会社が備えてくれています。しかし、自営業者や経営者はもちろん、フリーランスで働く人であれば、そのすべてのリスクに自分で備えなければなりません。

なかでも、心配なのが老後のリスクですよね?もちろん自営業者や経営者、フリーランスには退職金が無いにも関わらず、国の年金政策も期待できないのが現状です。では、その老後の生活費として必要不可欠な退職金は、どのように備えれば良いのでしょうか?

実は、賢い人は「小規模企業共済(小規模共済)」で備えているのです!

ここでは、そんな小規模企業共済(小規模共済)とはどのようなものなのか、メリット・デメリットについても、詳しく紹介します。小規模企業共済は、引退という将来のリスクを回避するために大切なもの!退職金への備えとして、小規模企業共済を知ることによって、今後より一層社会で活躍していくためのヒントとなるはずです。

目次

1.退職金について考える

1.1 フリーランスの増加

1.2.日本の年金制度

1.3.退職金の相場

1.4.退職金には税金がかかる

2.小規模企業共済とは

2.1.制度の概要

2.2.掛金

2.3.共済金(解約手当金)について

2.4.貸付制度

3.小規模企業共済への加入

3.1.現状

3.2.加入の条件

3.3.加入手続き

3.4.加入窓口

4.小規模企業共済4つのメリット

4.1.退職金の準備のメリット

4.2.掛金で節税対策のメリット

4.3.受け取り金の節税対策のメリット

4.4.貸付制度のメリット

5.小規模企業共済3つのデメリット

5.1.元本割れのリスク

5.2.減額のリスク

5.3.事業保障のリスク

6.小規模企業共済シュミレーション

6.1.加入のシュミレーション

6.2.シュミレーション結果

6.3.利回りの計算

7.退職金準備の方法

7.1.逓増定期保険

7.2.長期平準定期保険

7.3.生活障害定期保険

8.まとめ

続きを読む

一体いくら?分娩費用を把握して、経済的不安を解消しよう!

妊娠/出産は、古来より続く生命の絆で、神秘的かつ感動的な出来事です。

赤ちゃんの将来に思いをはせ、悪阻や出産などの苦しみを乗り切った先に、感動的なわが子との対面が待っています。

そんな妊娠/出産ですが、実はその立場になってみないと、諸々の費用を知ることがないのが殆どです。

妊娠期間から出産に至るまで、実は保険適用にはならず、自己負担を強いられることすら、あまり知られていないのが現状です。

「案ずるより産むがやすし」などと言いますが、事前にきちんと情報収集と整理ができているといないとでは、心のゆとりのみならず、経済的不安も違ってきます。

そこで今回は、いざ妊娠し出産を迎えるにあたって、「一体いくらくらい掛かるのか、どのような保障制度があるのか、どのような備え方をすればいいのか」と言った疑問に応えるべく、具体的な情報をご覧いただきたいと思います。

目次

1.妊娠期間の費用
1.1妊婦健診とは
1.2自己負担と保険扱いの違い
1.3妊婦検診に掛かる費用

2.妊婦検診補助券
2.1交付の受け方
2.2利用可能な医療機関
2.3利用方法
2.4補助券が使えない場合

3.自然分娩の費用
3.1都道府県別分娩費用平均
3.2お母さんに掛かる費用
3.3赤ちゃんに掛かる費用
3.4オプションに掛かる費用

4.帝王切開の費用
4.1帝王切開になる確率
4.2分娩費用

5.医療保障制度の活用
5.1保障内容
5.2出産育児一時金
5.3高額療養制度
5.4医療費控除
5.5乳幼児医療費助成制度
5.6児童手当

6.社会保険の活用
6.1保険料免除
6.2出産手当金
6.3育児休業給付金

7.出産育児一時金で利用できる支払制度
7.1直接支払制度
7.2受取代理人制度
7.3海外出産の出産育児一時金
7.4海外療養費

8.生命保険での備え
8.1女性医療保険とは
8.2出産に対応できる保険

9.まとめ

続きを読む

親が高齢になったら備えておきたい相続税の計算方法、ゼロから教えます!!

親もそろそろ高齢だし、いつ何が起こるかわからない・・・そうなると気になるのは、相続税。

相続税は、いくら掛かるかわかりませんし、いきなり現金で支払いを求められても困りますよね。

「我が家は自宅しかないから関係ない」と思っているあなたは、要注意。

だからこそ、困ることもあるのです。

親の元気なうちに相続税を計算して、心構えと相続税対策をしておきましょう。

難しい話は苦手!というあなたもスッキリわかる相続税の計算方法と、今からできる相続税対策のちょっとしたテクを、実例を交えてお伝えします。

目次

1.相続って、そもそもなんなの?

1.1相続と贈与、似ているようで違います!

1.2自分の相続割合はどのくらい?

1.3負の遺産は相続したくありませんけど!?

2.相続税の計算方法を教えて!まずは仕組みと基本から

2.1相続税の課税対象と非課税対象を把握しよう

2.2我が家はどっち!?相続税を控除される人、加算される人

2.3難しい相続税の計算方法も、フローチャートでイメージすればスッキリ

3.自宅の相続税が払えるか心配?今から相続税を計算して備えよう

3.1土地によって価値が違う!?土地評価の基本、路線価方式とは?

3.2自宅の価値は、今いくら?

3.3自宅以外の建物は?

4.生命保険で死亡保険金を受け取ったら?相続税の計算方法

4.1生命保険は、「みなし相続」

4.2生命保険の落とし穴、契約者と被保険者のカンケイ

4.保険金はいくらまで課税されない?非課税金額を計算しよう

5.我が家に相続税は発生するのか!? これで完璧!気になる相続税の計算方法

5.1STEP1:課税総額を計算する

5.2STEP2:取得額に応じた税率をかけてから、控除額を計算する

5.3STEP3:結果はいかに?個人にかかる相続税を計算する

6.今からできる相続税対策、3つのテク

6.1相続税対策に一番使える!?生命保険活用法

6.2マイホームの頭金援助で、贈与税の非課税枠を徹底利用

6.3孫の教育費を負担したら、相続税が減る?

7.まとめ

続きを読む

出産でもらえる補助ってどれくらい?補助制度の種類や金額を大公開!

妊娠から出産までの十月十日。家族が増える喜びはこの上ないものですよね。

しかし、そんな嬉しさの反面、金銭面での不安を抱えている家庭が多いのも事実。

場合によっては、金銭面の不安が先行してしまい「子どもを授かりたいけどまだ時期が早い」「二人目を授かりたいけど無理かな・・・」などと躊躇してしまっている家庭もあるかもしれませんね。

漠然と不安を抱えるのではなく、まずは妊娠から出産までにどれくらいの費用がかかるのかということと、どんな補助制度があるのかということを見てみましょう!

この記事では、妊娠から出産後までのお金の流れを時系列に沿って解説していきます。出産までに必要な費用をイメージしてみてくださいね!

目次

1.妊娠から出産までのスケジュール

1−1.妊娠がわかったら?

1−2.全14回!妊婦健診はこんな流れ

1−3.マタニティライフで必要なものあれこれ

1−4.出産までに必要なものあれこれ

2.妊婦健診受診券とは?

2−1.妊婦健診受診券、どこでもらえる?どう使う?

2−2.里帰り出産をする場合は?

3.もしも入院となってしまったら・・・?

3−1.妊娠中に入院になるケース

3−2.傷病手当とは?

4.ようやく突入!産休中に受けられる補助

4−1.産前産後休暇とは?

4−2.仕事を辞めるタイミングによってはもらえない!?

5.地域でこんなに違う!?出産時のお金

5−1.入院費用と出産一時金

5−2.もしも帝王切開になったら?

6.育児休暇中のお金

7.抜かりなくやっておきたい手続き2つ

7−1.児童手当は出産後速やかに申請!

7−2.陣痛タクシーも対象!?医療費控除とは?

8.まとめ

続きを読む

中小企業にとって小規模企業共済はメリットがあるの?ズバリ解説!

現在は中小企業の経営者としてバリバリ働き、利益を上げようと日々仕事にまい進している方々も多いことでしょう。

しかし、そんな精力的に頑張る経営者の皆さんもいずれ引退する時はやってきます。そんな時のためにしっかりと今から備えておきたいものです。

中小企業の経営者・役員の方が老後の生活資金を準備する手段として、「小規模企業共済」があります。

この小規模企業共済は、中小企業の経営者・役員の方が個人で加入し、コツコツと積立をする共済です。

ある程度の長期間しっかり掛金をご自分が支払い続けているならば、着実に支払った額以上のお金が受け取れることも可能です。

また、加入せず掛金の額を単に貯蓄にする場合と比べ、手持ちのお金が高率で増やせるケースがあります。

ただし、小規模企業共済はいろいろなケースによって、予想外のデメリットが発生することも考えられます。

そこで今回は、小規模企業共済の特徴、加入手続き、その注意点について説明します。この記事を読めば、小規模企業共済の基本的知識と、実際に共済を活用する際に、有効な参考資料になることでしょう。

目次

1.小規模企業共済について

  • 1-1.そもそも共済とは何?
  • 1-2.小規模企業共済とは
  • 1-3.中小企業基盤整備機構とは

2.小規模企業共済に加入するためには

  • 2-1.加入条件
  • 2-2.必要書類について
  • 2-3.加入申し込みの流れ

3.小規模企業共済の掛金

  • 3-1.小規模企業共済の掛金月額
  • 3-2.掛金の納付方法
  • 3-3.納付が厳しいそんな時

4.小規模企業共済の共済金

  • 4-1.共済金とは
  • 4-2.共済金の受け取り方法
  • 4-3.共済契約者が亡くなった!

5.共済契約者貸付制度について

  • 5-1.共済契約者貸付制度とは
  • 5-2.共済契約者貸付制度の種類
  • 5-3.貸付内容

6.小規模企業共済の注意点について

  • 6-1.小規模企業共済のココに注意!
  • 6-2.小規模企業共済と全額損金定期保険
  • 6-3.小規模企業共済と逓増定期保険

7.まとめ

続きを読む