生命保険

知らないと損をする。保険金の受取人を変更するだけで節税効果がある!

保険に加入する際には、保険金の受取人を指定する必要性があります。

でも、この受取人をなんとなく決めていたりしませんか?

実は、この受取人によって税金が違ってくるのです。

「なんとなく子供にしている」、「なんとなく…」ではなく、戦略的に受取人を考えるのも大事な方法です。今ある保険商品についても今一度、受取人を見直してみるのも方法の1つです。

今回は、なんとなくとなっている事が多い保険金の受取人についての基本と、変更手続きについてご紹介していきます。この記事をお読み頂き、今一度、保険の受取人について再考して頂くきっかけとなれば幸いです。

目次

1:保険金の受取人とは

2:保険金の受取人を決める基本ポイント

2-1:基本原則は?

2-2:内縁・婚約者の場合には?

2-3:複数人の指定をしたい時は?

3:死亡保険金の受取人は誰が妥当か

3-1:ポイント①基本は配偶者と子供

3-2:ポイント②受取人は限定される

3-3:ポイント③受取人が居ない場合

4:知らなきゃ損をする。受取人で税金が変わる(死亡保障)

4-1:税金の種類1|贈与税

4-2:税金の種類2|相続税

4-3:税金の種類3|所得税

5:保険金の受取人を変更する場合とは?

5-1:見直しタイミング|結婚

5-2:見直しタイミング|離婚した時

5-3:見直しタイミング|死別した時

6:保険金受取人の変更について

6-1:受取人変更の基本

6-2:受取人変更の基本の流れ

6-3:受取人変更に必要な書類

7:まとめ

続きを読む

全額損金の保険とは何か!?保険の特徴とおすすめの保険商品を解説!

全額損金の保険・・・・?はたしてそんな個人向けの保険があったか?確かに損金と言う概念は個人向けの保険にはありません。

全額損金の保険とは法人向けの保険を言います。ご自分が経営者であれば、法人として保険に加入する場合、「一部損金」「全額損金」として計上できるというメリットがあります。

個人事業主の場合ならば、売上を得るためにかかったお金は「費用」として計上することができます。この計上された費用を「経費」といいます。

一方、法人の場合は、個人事業主の計上する「費用」にあたるのが「損金」です。つまり、全額損金の保険は「節税に役に立つ」保険と言うことです。

そこで今回は全額損金にできる保険について説明します。全額損金にできる保険のメリット、デメリットを解説し、全額損金にできる保険でおすすめの商品を紹介していきます。

この記事を読めば全額損金の保険の基本的な知識と、特徴および注意点を知ることができ、保険選びの良い参考資料になるはずです。

目次

1.損金について

  • 1-1.損金とは
  • 1-2.法人保険の損金がメリットになる場合
  • 1-3.法人保険の損金がデメリットになる場合

2.保険料を損金にできる法人保険

  • 2-1.全額損金
  • 2-2.1/2損金
  • 2-3.1/3損金

3.全額損金の法人保険について

  • 3-1.全額損金の法人保険とはどんなタイプの保険か?
  • 3-2.全額損金のメリット
  • 3-3.全額損金のデメリット

4.ネオファースト生命「ネオdeきぎょう」について

  • 4-1.ネオファースト生命とは
  • 4-2.ネオdeきぎょうの保険内容
  • 4-3.ネオdeきぎょうの注目点

5.FWD富士生命「生活障がい定期保険」について

  • 5-1.FWD富士生命とは
  • 5-2.生活障がい定期保険の保険内容
  • 5-3.生活障がい定期保険の注目点

6.東京海上日動あんしん生命 「災害保障期間付定期保険」について

  • 6-1.東京海上日動あんしん生命とは
  • 6-2.災害保障期間付定期保険の保険内容
  • 6-3.災害保障期間付定期保険の注目点

7.まとめ

続きを読む

貯蓄型保険なら養老保険!ずばり比較してみました!

「老後資金の確保や、子や孫に何がしかを残したい」

そんな気持ちから、養老保険は数ある保険商品の中でも、根強い人気があります。

しかしながら、マイナス金利の導入により、生命保険各社は支払保険金の確保や、高利率な商品のデメリットを受け、その多くを見直し、販売停止や保険料増額の道を、選ばざるを得ない局面を、迎えることとなりました。

中でも貯蓄型に該当する、「学資保険」「養老保険」と言った商品が、その波による影響を大きく受けました。

それは一体なぜなのでしょうか?

その状況が指し示すのは、ずばり「高金利」であり、私たちユーザーには大きなメリットとなる実情が、保険会社にとってはデメリットとなるからに、他なりません。

そこで今回は、高金利を誇る「養老保険」にスポットを当て、様々な角度からそれぞれを比較検討してまりたいと思います。

目次

1.生命保険の基礎知識
1.1生命保険の役割
1.2主契約で見る生命保険
1.3一般的な特約

2.公的年金の現状
2.1公的年金制度のしくみ
2.2受け取れる年金額
2.3受給条件
2.4受給開始年齢

3.老後に待ち構える実情
3.1必要な生活費
3.2ゆとりある生活費
3.3人生を通してみた場合の費用目安

4.かんぽの養老保険
4.1新フリープラン
4.2新フリープラン(短期払込型)
4.3新フリープラン(2倍保障型)
4.4新フリープラン(5倍保障型)
4.5新フリープラン(10倍保障型)
4.6新一病壮健プラン

5.ソニー生命の養老保険
5.1 5年ごと利差配当付養老保険/無配当養老保険
5.2特殊養老保険(無配当)
5.3米ドル建養老保険(無配当)
5.4米ドル建特殊養老保険(無配当)
5.5変額保険 有期型(無配当)

6.損保ジャパン日本興亜ひまわり生命保険の養老保険
6.1無配当養老保険/5年ごと利差配当付養老保険

7.明治安田生命の養老保険
7.1養老保険

8.ニッセイの養老保険
8.1みらいのカタチ養老保険

9.まとめ

続きを読む

退職金を保険で準備!?企業に頼るだけではなく自分で備えよう!

「退職金」がある会社が多いのに、自分の会社には制度がない。自分は経営者だから退職金は無い。と考えている方はいらっしゃいませんか?

確かに、「退職金」があると将来の定年時や退職時には安心です。しかし、日本で全ての企業に「退職金」がある訳ではありません。

では、そういった会社に入社した際には諦めるしかないのでしょうか。

いいえ、諦める必要はありません。制度が無ければ、自分で準備をしていくだけなのです。

そこで、今回は保険商品を活用した「退職金」の準備について、「経営者視点」「従業員視点」の2方向から今からできる対策について見ていきましょう。しっかりと準備する方法を見つけてください。

目次

1:退職金とは何?

1-1:退職金とは何者?

1-2:退職金の相場

1-3:法律的な側面で

2:経営者の退職金

2-1:なぜ、保険を活用するの?

2-2:保険を活用する際のメリット、デメリット

2-3:短期的準備|逓増定期保険

2-4:長期的準備|長期平準定期保険

2-5:人気の商品

2-6:お得になる税金処理

3:従業員の退職金と保険商品

3-1:なぜ、保険を活用するの?

3-2:「養老保険」活用|メリット、デメリット

3-3:「中小企業退職金共済」活用|メリット、デメリット

4:自分で準備する退職金

4-1:諦める前に自分で備える

4-2:商品選びのポイント

5:まとめ

続きを読む

持病と諦めていた人に朗報。喘息でも加入できる保険を活用する!

「子供が喘息だから」「生まれつきの持病だから」といって保険を諦めていませんか?

実際に、保険に加入しようと思っても「喘息」だからという理由で保険を諦めた方も多いのはでないでしょうか?

確かに、保険商品への加入前には健康状態の告知があり、そこで難しいと言われる事もあります。しかし、だからこそ加入したいのが保険ではないですか?

そこで、今回は大人にも多い「喘息」でも保険に加入できる方法をご紹介していきます。

そして、それ以外にもある「持病」での保険加入についても一緒に整理をしていきますので、今一度、保険への加入を検討していきましょう。

目次

1:喘息とは

1-1:喘息という病気について

1-2:治療方法

1-3:大人喘息のこわさ

2:喘息で保険に加入する前に

2-1:保険に加入できるのか?

2-2:加入ポイント①|申告ノウハウ

2-3:加入ポイント②|条件付き契約

3:保険に入りにくい病気は何?

3-1:保険に加入しずらい病気とは?

3-2:入りにくい理由を理解しておこう

4:持病保険のメリット デメリット

5:持病ありでも加入できる保険の整理

6:お勧めの保険 「アフラック」

7:まとめ

続きを読む

都民共済の評判とは?最強コスパの魅力と内容から正体を暴く!

「都民共済」という言葉を聞いた事がありますか?

実際に加入されている方も多い「都民共済」ですが、内容を知らない方も実は多いのです。

都道府県単位で展開されている「都市共済」は最強コスパとも言われている商品です。保険商品のコスパは最も重要視されるポイントですが、噂は本当でしょうか?

ここでは、「都民共済」の正体を暴き内容を整理しつつも、コスパに関する噂の正体を突き止めていきます。改めて、都民共済について考えていきましょう。

目次

1:都民共済とは

1-1:組織の側面から大解剖

1-1-1:正式名称と団体の目的

1-1-2:どのような団体なの?

1-1-3:出資金は?

1-1-4:安全性は?

1-1-5:引っ越したら保障はどうなる?

1-2:制度について

1-2-1:「共済」って何?

1-2-2:「掛け捨て」は損?

1-2-3:安価に利用できる理由は?

1-2-4:割戻金とは何?

2:数字で見る都民共済

2-1:都民共済の支払い件数と金額

2-2:安くて安心の月掛金

2-3:共済のネットワーク

3:都民共済のメリット、デメリット

3-1:都民共済の魅力|メリット

3-2:都民共済の注意点|デメリット

4:都民共済のあれこれ

4-1:生命共済

4-2:火災共済

5:広がるサービス

5-1:スーツ??

5-2:ブライダル

6:まとめ

続きを読む

保険金受取人は安易に決めないで!税金の落とし穴と活用法まとめ

「この間生命保険に入ったけど、保険金受取人はとりあえず妻にしておいた」「独身時代から入っている保険、確か保険受取人は親にしていたはず」このように、保険金受取人を何となく決めている方や、ライフスタイルが変わっても保険金受取人を以前と同じままにしてしまっている方はいませんか?

生命保険の死亡保険金は様々な税金制度が絡み合っており、保険金受取人が誰なのかによってのちのち予想外の税負担が待っていることも少なくありません。しかし、その使い方によっては大きな節税効果を発揮してくれることも。

この記事では、保険金の受取に関わる税金の仕組みや、生命保険の活用方法を紹介していきます。ご自身の資産状況やライフスタイルに合った保険がどんなものなのか、一緒に考えてみましょう!

目次

1.生命保険の役割って?何のために入るの?

1−1.生命保険の究極の目的とは?

1−2.家族だからってみんな平等?

1−3.金利が低い時代だからこそ

1−4.税金のこと、しっかり考えています

2.保険金受取人によって変わってくる税金3パターン

2−1.相続税の場合

2−2.贈与税の場合

2−3.所得税の場合

3.相続発生!相続税はかかる?かからない?

3−1.生命保険の非課税制度とは?

3−2.相続税はかかるの?生命保険の非課税制度の効果は?

4.贈与税、所得税の場合は?いくらから税金はかかる?

4−1.贈与税の場合

4−2.所得税の場合

5.相続税の知っておきたいリスクと解決方法

5−1.保険金受取人は全額妻で大丈夫?そのリスクは?

5−2.こんな対策いかがですか?

6.「内縁の妻がいます」そんなときは?

6−1.最近の保険会社の傾向は?

6−2.遺言書という方法

7.相続が発生したときにすることは?

7−1.保険金請求

7−2.相続税の申告

8.まとめ

続きを読む

コープ共済の気になる評判は?絶対必見の他の共済との比較なども!

コープ共済は加入するべき?しないほうがいい?

共済には、コープ共済のみではなく、沢山の種類がありますし、共済だけではなく、民間の保険の方がいいかも?など、共済保険には考慮するべき点がいくつもあります。

しかし!この記事では、コープ共済の概要や共済の概要はもちろんのことですが、民間などやその他の共済との比較などについてご紹介しているので、きっとコープ共済に関する疑問はきれいさっぱり解決です!

目次

1.コープ共済ってどんな共済?

1.1 そもそもの共済について

1.2 コープ共済ってこんな共済

1.3 コープ共済以外にも共済はある

2.コープ共済の主な商品

2.1 たすけあい

2.2 アイプラス

2.3 プラチナ85

2.4 ずっとあい

2.5 火災共済

3. コープ共済の評判やコープ共済の特徴

3.1 医療保障が中心的

3.2 火災共済は一見の価値あり

3.3 医療保障に関しては期待できるが、、

3.4 コープ共済の評判

4.他の共済との比較

4.1 都道府県共済

4.2 全労済

5. 共済VS民間の保険

5.1 民間の保険は外せない

5.2 共済保険と民間の保険の違い

5.3 両者のメリット・デメリット

6.コープ共済はおすすめ?

6.1 共済がそもそもおすすめなのか

6.2 コープ共済がおすすめな人

6.3 コープ共済をおすすめできない人

7まとめ

続きを読む

国民共済および県民共済が取り扱う医療保障について解説!

共済の商品は掛金が手ごろで、保障が優れていると言われています。この共済には主に国民共済(全労済)と県民共済があります。

この二つの共済が取り扱う商品の中には、医療共済をはじめ火災共済、自動車共済等に関する保障があり、新聞の折り込みチラシによく共済関係のものが入っています。

しかし、共済とはそもそも何なのか?いまいちよくわからない・・・・、という方も多いと思います。

また、医療保険に関心があり、ご自分や家族のための保険を検討している保護者の中には、共済の医療保障に興味がある方々もいらっしゃることでしょう。

そこで今回は、共済とは何か?共済が取り扱ういろいろな商品を紹介した上で、ご自分やご家族が病気やケガをした場合の備えとなる医療保障について説明していきます。

この記事を読めば、共済がどんな組織なのか、どんな商品を扱うのかについて基本的な知識を得ることができます。

そして、共済の医療保障について各ご家庭の加入目的にあった商品を選ぶ際に、良い参考資料になることでしょう。

目次

1.共済について

1-1.共済とは?

1-2.国民共済と県民共済

1-3.共済にはどんな商品がある?

2.国民共済(全労済)について

2-1.国民共済(全労済)とは

2-2.国民共済(全労済)の特色

2-3.国民共済(全労済)の商品の種類

3.こくみん共済の医療保障

3-1.こくみん共済の医療保障の概要

3-2.こくみん共済の医療保障保障内容

3-3.こくみん共済の医療保障注目点

4.こくみん共済の医療保障の口コミ

4-1.良い評価について

4-2.不満な点について

4-3.口コミの小括

5.都道府県民共済について

5-1.都道府県民共済とは

5-2.都道府県民共済の特色

5-3.生命共済の商品の種類

6.都道府県民共済(生命共済)の医療保障

6-1.都道府県民共済(生命共済)の医療保障の概要

6-2.都道府県民共済(生命共済)の医療保障保障内容

6-3.都道府県民共済(生命共済)の医療保障注目点

7.都道府県民共済の医療保障の口コミ

7-1.良い評価について

7-2.不満な点について

7-3.口コミの小括

8.まとめ

続きを読む

うつ病の入院費用で家計崩壊?!押さえておくべき公的制度と民間保険

今や15人に1人がかかると言われている「うつ病」。あなたの身近にもうつ病で通院や入院をしている方はいませんか?

職場の係替えや転勤など、ほんの少し環境が変わるだけでも、数ヶ月前まではバリバリ仕事をしてた人がうつ病で欠勤するようになるという事例も多いようです。

うつ病は一度かかってしまうと、長期化しやすい病気だと言われています。

その「長期化」という傾向が、今多くのうつ病患者を悩ませています。通院や入院の費用増加や、休業や退職などで収入源が途絶えてしまい家計崩壊につながることも珍しくないからです。

この記事では、うつ病治療に専念するためのお金にまつわる情報や、家計崩壊を防ぐ備えについて見ていきます。

目次

1.うつ病で入院することに。期間と費用の目安は?

1−1.入院期間はどれくらい?

1−2.入院にかかる費用は?

2.うつ病で通院することに。助けてくれる3つの制度

2−1.会社員なら受け取れる?「傷病手当」

2−2.通院が長期化したら利用したい「自立支援医療制度」

2−3.様々な割引が受けられる?「障害者手帳」

3.入院負担の強い味方「高額療養費制度」って?

3−1.高額療養費制度の仕組み

3−2.いざ請求するとなったら?

3−3.高額療養費制度のデメリットとは?

4.入っていれば安心!「民間医療保険」

4−1.高額療養費制度と併用できる?

4−2.請求方法は?

4−3.民間医療保険を使った場合のデメリットとは?

5.無保険なんです…うつ病の経験があっても入れる保険はありますか?

5−1.緩和型医療保険

5−2.無選択型医療保険

6.うつ病の入院費用による家計崩壊を防ぐためには?

6−1.所得補償保険

6−2.就業不能保険

7.これをやっておけばもう抜かりありません!「医療費控除」

7−1.医療費控除とは?

7−2.医療費控除の注意点

8.まとめ

続きを読む

養老保険の解約返戻金でお困りの方は必見!その疑問にお答えします

「養老保険の解約返戻金って、複雑でわからない!」そんな悩みを抱えている方はいませんか?

今でこそ、日本の金利低下によって養老保険の魅力は減ってしまいましたが、過去には「養老保険はたくさん増やせて魅力的!」そんな時代がありました。

また、郵便局の窓口という多くの方にとって馴染みある場所で加入することができることからも、養老保険に入っている方は現在も少なくありません。

しかし、いざ解約したいとなったときにわからないことがたくさんあって困っている人が多いのも事実。

この記事では、養老保険の解約返戻金の悩みの種になりやすい「税金の扱い」「解約返戻金の再運用」について見ていきます。一緒に養老保険の疑問をスッキリさせましょう!

目次

1.そもそも養老保険って何?

1–1.養老保険はこんな保険

1–2.養老保険のメリット

1–3.養老保険のデメリット

2.【税金の悩み①】長期運用の結果、増やすことができました!

2–1.一時所得とは

2–2.具体的に一時所得をシミュレーションしてみましょう

2–3.自分で確定申告するの?しないの?

3.【税金の悩み②】短い間でしたが、解約したいです・・・!

3–1.利益が出ている場合の税金の取扱い

3–2.元本割れ?利益が出ていないなら・・・

4.【税金の悩み③】特殊なパターン2つ。やっぱり税金はややこしい?

4–1.「契約者」≠「保険金受取人」の場合

4–2.死亡保険金を受け取ることになったら?

5.養老保険の解約返戻金を再運用!そのときどうする?

5–1.死亡保険もあれば安心!?そんな方には一時払い生命保険

5–2.楽しみながら増やす?資産運用という選択肢もあります

6.これから養老保険を考えるなら・・・検討したい2つの保険

6–1.「養老保険」vs.「終身保険」

6–2.「養老保険」vs.「定期保険」

7.【おまけ】養老保険の解約お役立ち情報

7–1.解約返戻金額を確認する

7–2.解約すると決めたら、こんな手続きが待っています

7–3.解約返戻金はいつ受け取れる?

8.まとめ

続きを読む

安心の保険料でしっかり保障!今こそ都民共済を考えてみませんか?

万が一に備える為、多くの方が民間生命保険会社の商品を、ライフプランに組み込んでいらっしゃいます。

さかんに展開されるCMや公式ホームページ、保険比較サイトなどで、以前よりも格段にその選択肢が広がったばかりではなく、保障内容や保険料などの情報を、簡単に入手できるようになりました。

一方で、日本共済組合などで展開されている共済に関して、詳しくお分かりの方はそう多くはないでしょう。

「ポスティングされている資料」と言うイメージが強く、中々ブレイクダウンした情報にたどり着けていないのです。

そんな共済ですが、実は保険料、保障内容など、非常に優秀であることを、ご存知でしたか?

今回は生命保険の雄である都民共済について、その内容や有意性について、一緒に考えてまいりましょう。

目次

1.共済とは
1.2意味合い
1.3特徴
1.4共済と保険の違い

2.共済の主な種類
2.1火災共済
2.2生命共済
2.3傷害共済
2.4自動車共済

3.都民共済とは
3.1沿革と理念
3.2人気の秘密
3.3都民共済のラインナップ

4.生命共済こども型(0~17歳)
4.1特徴
4.2保障
4.3加入例
4.4加入条件
4.5請求手続き

5.生命共済(18~64歳)
5.1特徴
5.2保障
5.3加入例
5.4加入条件
5.5請求手続き

6.生命共済(65~69歳)
6.1特徴
6.2保障
6.3加入例
6.4加入条件
6.5請求手続き

7.加入者サービス
7.1ブライダル
7.2オーダースーツ
7.3オーダーシューズ
7.4ギフト
7.5旅行
7.6健康生活応援
7.7宅配便
7.8紳士服販売会

8.まとめ

続きを読む

教育費の貯蓄が難しい!?絶対役立つ計画と実行のコツ、教えます!

子どもの教育費の貯蓄、始めていますか?子どもが生まれると日々の生活の中で何かと出費が増えますよね。

「生活費だけでも大変なのに、教育費のことまで考えられない!」そんな家庭も多いのではないでしょうか。

でも、教育費はとっても膨大。進学直前にすぐに貯められるものではありません。

また、教育費の貯蓄をすでに始めている家庭でも「だいたいこれくらいあれば足りるかな?」と具体的な教育費の目安を調べずに毎月の貯蓄額を決めている例も少なくありません。この場合も直前に足りなかったと気づくことになってしまします。

この記事を読めば、「教育費が足りない!間に合わない!」とならないための目標金額や、それを貯める仕組み作りのコツが分かるはず。教育費の貯蓄のコツを知って、心のゆとりを手に入れましょう!

目次

1.まずは何より目標設定!小学校〜高校までの教育費、いくらかかるの?

1−1.公立・私立で学費にどれくらいの差があるの?

1−2.意外とかかるおけいこ代。塾って本当に必要ですか?

2.最大の出費!大学進学に必要な費用っていくら?

2−1.文系・理系で何百万の差?大学費用はこれだけかかります

2−2.下宿代にアパート代、更には仕送り…もうお手上げ!?

3.教育費、具体的にいくら貯めたら良いの?パターン別目標金額はこれ!

3−1.小学校から大学まで国公立の場合

3−2.大学だけ私立の場合

3−3.中学校から大学まで私立の場合

4.効果的な貯蓄方法は?貯まる仕組みを作ってしまいましょう!

4−1.ザ・正統派?「学資保険」で貯める

4−2.「積立定期」や「一般財形」。先取り貯金で貯める

4−3.低金利時代のいま、「つみたてNISA」で賢く貯める

5.教育費が足りない!?そんなときは◯◯◯を見直す!

5−1.もう見直した?スマホを変える

5−2.払いすぎてるかも?保険料を見直す

5−3.パパにとっては究極の選択…車を手放す

6.しっかり把握しておいて損はない!自治体の支援制度

6−1.児童手当はどれくらいもらえる?

6−2.あなたの町はどんな制度?子ども医療費助成制度

7.いざというときに助けてくれる?奨学金って一体どんなもの?

7−1.日本学生支援機構の奨学金って?

7−2.知っておきたい奨学金のリスク

8.まとめ

続きを読む

頭の悪い人向けの保険入門!基礎的なところから徹底的に教えます!

頭の悪い人向けの保険入門と言えば、面白いサイトがありとてもキャッチ―な説明をして、話題になりましたが、この記事ではしっかりと保険の基礎的なところからわかりやすく説明していきます。

「保険ってよくわからないな」と思っている方や、「保険ってすごく複雑なのでしょ?」と思っている方にとって、そのイメージを払拭できるように、出来るだけ基礎的なところを解説していきます。

保険は、基礎的なところさえ理解できれば、誰でもわかる物なのです。

もともと、勉強もそこまで得意ではなかった私が、保険と出会ってその重要性や必要性と、不要性も理解できたように、より多くの方にとって、保険が日々の生活の味方になる様に解説していきます。

この記事を読んで、保険を少しでも理解して、日々の生活をより豊かなものに変えていきましょう。

目次

1.保険とは

1.1保険が無いとどうなる?

1.2保険の意味

1.3保険の種類

2.損害保険

2.1自動車保険

2.2火災保険

2.3傷害保険

3.生命保険

3.1死亡保険

3.2医療保険

3.3がん保険

3.4貯蓄のための保険

3.5定期保険と終身保険

4.主な保険会社

4.1東京海上日動火災保険

4.2損害保険ジャパン日本興亜損保

4.3MS&ADホールディングス

4.4日本生命

4.5住友生命

4.6明治安田生命

4.7太陽生命

4.8アフラック

5.言葉の意味

5.1補償

5.2保障

5.3保証

6.基本用語

7.まとめ

続きを読む

学資保険ってメリットあるの?簡単に分かる今どきの学資保険事情

「子どもが生まれたら、まずは学資保険」こんな話、親から聞いたことありませんか?

私たち子育て世代の親の時代は学資保険の利率も高く、子どもが生まれたら学資保険に加入するのは半ば当然のような時代でした。

でも今はマイナス金利の時代。学資保険の利率も低くなりどんどん魅力が落ちてしまっているのが現実。

「魅力が低くなったとはいえ、本当に学資保険に入らないで良いの?」「子どもの教育資金はどうやって貯めたら良いの?」などと悩んでいる人も多いのではないでしょうか。

この記事を読めば、あなたも今どきの学資保険事情をしっかり把握できるはず。是非、将来の教育資金の不安を解消してください!

目次

1.学資保険が敬遠される3つのデメリット

1−1.利率が低い!「増やす」効果が少なくなった

1−2.急な出費が必要?元本割れのリスクも

1−3.あくまでも保険商品。保険会社が破綻したら…?

2.それでもやっぱり大きい!学資保険のメリット

2−1.堅実が一番!確実に教育資金が貯まる!

2−2.考えたくないけど…万が一の時にも教育資金を確保できる

2−3.比較が大事!ちょっとだけ増やすことならできるかも?

3.学資保険を申し込む前に必ず知っておきたいこと

3−1.大学進学にはどれくらいお金がかかる?

3−2.学資保険に入るタイミングはいつ?うちの子まだ入れる?

3−3.12年?それとも18年?何年で払込を終了させたらいいの?

4.学資保険の相談〜いざ保険会社へ!提案されるかもしれない2つのもの

4−1.学資保険の代わりに「終身保険」に加入する?

4−2.学資保険の代わりに「外貨建て保険」に加入する?

5.学資保険の相談〜いざ銀行へ!銀行にはこんな選択肢も!

5−1.学資保険の代わりに「積立定期預金」を始める?

5−2.学資保険の代わりに「個人向け国債」!?

5−3.学資保険の代わりに「積立NISA」を強くおすすめされる?

6.学資保険にまるわる3つの税制

6−1.年末調整や確定申告で嬉しい!「生命保険料控除」

6−2.満期金を受け取るときに税金はかかる?

6−3.万が一のときの受け取り時に税金はかかる?

7.【番外編】少しでもお得に学資保険に入れる?おすすめする3つの方法

7−1.月払?年払?払込方法でお得にする!

7−2.口座引き落とし?クレカ払い?ポイントでお得感を出す!

7−3.契約者は誰?夫婦で比較してみよう!

8.まとめ

続きを読む

学資保険の保険料は控除対象!?きちんと知って賢く節約しましょう!

お子さんの未来に向けて、学資保険の検討/加入をなさる方は非常に多く、数ある生命保険の中でも根強い人気があります。

金利低迷で銀行預金などでの学資金貯蓄法はBESTとは言えない昨今、より利率の高い生命保険商品に、その方法がシフトされる傾向にあるのです。

しかしながらその利率の高さ故に、学資保険も含めた貯蓄型生命保険の保険料は、高めの設定がなされています。

有意性が高く高利率である反面、月々の保険料支払いは、少なからず家計の負担とならざるを得ないのも、また事実なのです。

でも、ちょっとお待ちください。

実は学資保険の保険料が、生命保険料控除対象だとご存知ですか?

お子さんの将来の為の大切な準備金だからこそ、少しでも何がしかの控除があるのであれば、受けない手はありません。

そこで今回は、保険料控除の基礎知識から控除の受け方までを、徹底解明してまいりますので、ご一緒にお子さんの将来への礎を築いてまいりましょう。

目次

1.学資保険とは
1.1特徴
1.2仕組み

2.控除とは
2.1一般的な所得控除
2.2その他の所得控除

3.保険料控除とは
3.1社会保険料控除
3.2生命保険料控除
3.3損害保険料控除

4.生命保険料控除とは
4.1生命保険料控除の種類
4.2控除対象外の保険

5.生命保険料控除額の目安
5.1生命保険控除額
5.2生命保険料控除限度額
5.3生命保険料控除の手続き

6.学資保険にかかる税金とは
6.1契約者との関係性
6.2所得税
6.3雑所得
6.4贈与税

7.学資保険における保険料控除の受け方
7.1控除に必要な書類
7.2企業勤務者の控除申請方法(年末調整)
7.3自営業者の控除申請方法(確定申告)
7.4確定申告不要なケース

8.まとめ

続きを読む

明治安田生命の学資保険の『底力』を徹底解説いたします!

『子供の成長』は、親にとって、間違いなく喜びのうちの一つですが、お子さんの成長とともに、気がかりなのが、「教育費の問題」ですよね。

みなさんの中には、お子さんにかかる将来の教育費は、「学資保険を利用して準備する」といった方や、まわりの人から、「学資保険をかけておいたほうがいいよ」などの、アドバイスをされたりして、現在、ご検討中という方も多くおられるのではないでしょうか?

でも、いざ調べ始めると、いろいろ検討するべきことがあって、いったい、どの商品がいいのか、選ぶべきなのか、本当に、悩んでしまいますよね。

そういう時こそ、基本を大切に、シンプルに徹するのも、ひとつの方法ではないでしょうか?

今回は、とてもシンプルな学資保険である、明治安田生命の学資保険について、詳しく解説していきます。

学資保険選びに迷ったら!

今一度、基本にたちもどって、是非、一緒に、検討していきましょう!

目次

1.明治安田生命の学資保険『つみたて学資』ってどんな保険?

2.明治安田生命の学資保険『つみたて学資』の基本スペック!
2.1明治安田生命の学資保険『つみたて学資』の「基準保険金額」って?
2.2明治安田生命の学資保険『つみたて学資』の「高額割引適用」って?

3.明治安田生命の学資保険『つみたて学資』~基本のプラン(I型)
3.1加入できる年齢の範囲
3.2保険期間(保険での契約期間)
3.3保険料払込期間(保険料を払い込む期間)
3.4保険料の払込免除
3.5解約返戻金

4.明治安田生命の学資保険『つみたて学資』~がん診断確定時保険料免除付き(II型)

5.明治安田生命の学資保険『つみたて学資』の返戻率に注目!

6.他の「学資保険」とは、どう違う?
6.1ソニー生命『学資保険(無配当)』とは、どう違う?
6.2日本生命『ニッセイ 学資保険』とは、どう違う?

7.まとめ

続きを読む

東京都の各自治体の子育て支援事業について詳細に解説します!

現在の日本では少子高齢化が進展し高齢者が増加する一方、出生率は低減し回復しない状況となっています。

その背景には、核家族化の進展や日本人のライフスタイルの変化、貧困のため子供を出産し育てることが難しい等、子育てが非常に難しい面があります。

そこで、政府も「子ども・子育て関連3法」を制定し、保護者により子育てしやすい環境を整備し、保護者も子も健やかに成長できる社会の創出のため、色々な施策を提言しています。

一方、地方自治体では条例を制定し、より地域の実情に合わせた数々の支援事業を行っています。

取り組みの中には、子ども・子育て関連3法に則り地域の実情を考慮した制度や、その地域独自の制度を設け子育て支援を行う地方自治体もあります。

今回は東京都の各地方自治体が行う子育て支援事業について説明します。この記事を読めば、東京都が行う子育て支援事業の基礎的な知識を得ることができ、ご夫婦が子育て支援を受ける際の有効な資料となることでしょう。

目次

1.子育て支援制度について

  • 1-1.少子高齢化が進展した日本
  • 1-2.子ども・子育て関連3法とは
  • 1-3.東京都の子育て支援事業について

2.子ども・子育て関連3法について

  • 2-1.子ども・子育て支援法とは
  • 2-2.認定こども園法の一部を改正する法律
  • 2-3.関連法律の整備等に関する法律

3.妊婦健診公費負担について

  • 3-1.妊婦健診公費負担の意味
  • 3-2.妊婦健診公費負担の内容
  • 3-3.妊婦健診公費負担の手続きって?

4.乳幼児医療費助成制度について

  • 4-1.乳幼児医療費助成制度の意味
  • 4-2.乳幼児医療費助成制度の内容
  • 4-3.乳幼児医療費助成制度の手続きって?

5.認可外保育施設の援助について

  • 5-1.認可外保育施設の援助の意味
  • 5-2.認可外保育施設の援助の内容
  • 5-3.認可外保育施設の援助の手続きって?

6.私立幼稚園等保護者補助について

  • 6-1.私立幼稚園等保護者補助の意味
  • 6-2私立幼稚園等保護者補助の内容
  • 6-3.私立幼稚園等保護者補助の手続きって?

7.その他の支援制度

  • 7-1.地域全体で子どもを育む仕組みについて
  • 7-2.ショートステイ・トワイライトステイについて
  • 7-3.東京都特定不妊治療費助成について

8.まとめ

続きを読む

県民共済はデメリットあり?必見!県民共済のメリット・デメリット

掛け金が安い!県民共済が気になる今日この頃・・・

掛け金があそこまで安いと、何か裏があるのでは?と探ってしまいますよね。

その勘は当たっており、県民共済にははっきりとメリット・デメリットが存在します。

しかし!この記事では、県民共済の概要はもちろん、メリット・デメリットや民間との保険の比較もしているので、きっと参考になるはずです!

目次

1.そもそもの共済保険についておさらい

1.1 共済とはどんなもの?

1.2 民間の保険会社との違い

1.3 県民共済とはどんな保険?

1.4 その他の共済保険についても!

2.県民共済とは?どんなもの?

2.1 手続きの方法は?

2.2 どんな都道府県でも中身は同じ

3.県民共済の特徴とは?

3.1 掛け金が圧倒的に安い

3.2 安心感がある

3.3 高齢者の保障が厚い

4.県民共済のメリット・デメリット、比較

4.1 県民共済のメリット

4.2 県民共済のデメリット

4.3 県民共済は年齢が重要

4.4他の共済と比較

5.引っ越しの際はどうなる?

  5.1 中身は同じ

5.2 引き継ぎは可能

5.3 具体的な手順

6. 県民共済のおさらい

6.1 県民共済の概要

6.2 県民共済のメリット・デメリット

6.3 民間との比較

7まとめ

続きを読む

養老保険は本当におすすめ?その内容を比較してみました!

養老保険という保険はご存知でしょうか?
万一のときの保障と満期のときの楽しみを兼ね備える養老保険。

無事に満期を迎えたときには満期保険金をお受け取りいただけるので、将来に向けた計画的な資産づくりの手段としても役立てられます。

今回は養老保険のおすすめについて解説してみました!是非、ごらんください。

目次

1. 養老保険はどういうもの?
1-1 養老保険と個人年金保険の違い

2. 一時払い養老保険とは?
2-1 一時払い養老保険はおすすめなのか?

3. ソニー生命の養老保険
3-1 他の養老保険との比較

4. かんぽ生命の養老保険
4-1 おすすめのプラン
4-2 生命保険料控除の対象!
4-3 指定代理請求制度について

5. 明治安田生命の養老保険

6. 損保ジャパン日本興亜ひまわり生命の養老保険

7. 養老保険の満期保険金
7-1 積立タイプと一括払いタイプ
7-2 養老保険は元本割れする?

8. 養老保険はすぐに解約してはいけない?
8-1 養老保険のメリット
8-2 養老保険のデメリット
8-3 養老保険のリスク

9. まとめ

続きを読む