生命保険

生命保険の種類を分析!掛け捨て仕様の生命保険は無駄じゃない理由はこれ

「生命保険」には、色々な種類がありますが、その中でも「掛け捨て仕様」と「積立て仕様」と分かれていることをご存知ですか?

長い人生のなかで、守るべき家族が増えてくると、誰もが安心を備えておきたくなります。

しかし、預貯金や社会保障があると言っても、実際にどのくらい残せてあげれるのか、不安で心もとない方も居ると思います。

そんな中、大事な家族となる、かわいいお子さんや奥様(夫)達には、自分に何か(ケガ・病気・死亡)あった時に、お金などの不自由はさせたくありませんよね。

そこで、備えとして一番に思い起こされるのが「生命保険」だと思います。

一言で「生命保険」の保険金と言っても、「生命保険」の種類や決まり事によって、その内容や金額はさまざまあり、迷われている方もいらっしゃることでしょう。

なので今回は、「生命保険」の「種類」の中でも日々のお金に直結して来る「掛け捨て仕様」と「積立て仕様」について述べて行きたいと思います。

目次

1.生命保険の種類ってどんなの?
1-1最初の種類分け
1-1-1定期保険
1-1-2終身保険
1-2第2の種類分け
1-2-1医療保険
1-2-2学資保険
1-2-3収入保障保険
1-2-4養老保険
1-3第3の種類分け
1-3-1掛け捨て仕様
1-3-2積立て仕様

2.掛け捨てにする?それとも積立て?ポイントはこれ
2-1積立仕様の生命保険なら
2-2掛け捨て仕様の生命保険なら

3.生命保険の種類別加入率でみると
3-1平均寿命を知って計画を
3-2医療保険には注意を
3-3種類でみる一般的な加入率

4.ローリターンな終身保険なら要らない?
4-1今やお金を増やす機能は無い
4-2積立仕様と掛け捨て仕様を合わせてみる

5.掛け捨て生命保険ランキング
5-1オリックス生命
5-2都道府県県民共済
5-3ライフネット生命
5-4三井住友海上あいおい生命
5-5SBI生命

6.保険販売の種類分け
6-1対面販売
6-2ネット販売

7. まとめ
続きを読む

万が一に備える生命保険料で控除を受けて、しっかり節税しませんか

年末調整や確定申告などで「控除」と言う言葉はすっかりお馴染みですが、漠然と納めた税金が少し還付されるというイメージだけで済ませていらっしゃる方も多いのではないでしょうか。

控除のシステムとメリットを把握しておくとおかないとでは、その還付金額に大きな差が出てしまう可能性もあります。

今回は様々な所得控除を踏まえながら、多くの方が加入されている生命保険の所得控除に関して、詳しく解説してまいりたいと思います。

万が一に備えているだけの生命保険では勿体ない。

備えて安心なだけでなく、税金も見越した生命保険の選択で、しっかり節税してみませんか。

目次

1.所得における控除とは
1.1一般的な所得控除の種類
1.2その他の所得控除の種類

2.医療費に関する控除とは
2.1医療費控除

3.配偶者や家族に関する控除とは
3.1配偶者控除
3.2配偶者特別控除
3.3扶養控除
3.4勤労学生控除
3.5寡婦控除
3.6寡夫控除

4.保険料に関する控除とは
4.1社会保険料控除
4.2生命保険料控除
4.3損害保険料控除

5.不慮の事故や災害に関する控除とは
5.1障害者控除
5.2雑損控除

6.無条件に認められている控除とは
6.1基礎控除

7.自営業者や障害者が利用できる所得控除とは
7.1小規模企業共済控除

8.特定寄付金に関する控除とは
8.1寄付金控除

9.その他の控除とは
9.1住宅ローン控除
9.2退職所得控除
9.3公的年金控除
9.4給与所得控除

10.生命保険料控除とは
10.1生命保険料控除の種類

11.一般的な生命保険料控除とは
11.1生命保険料控除額
11.2生命保険料控除の限度額
11.3生命保険料控除の手続き

12.介護医療保険料控除とは
12.1介護医療保険料控除額
12.2介護医療保険料の限度額
12.3介護医療保険料の手続き

13.個人年金保険料控除とは
13.1個人年金保険料控除額
13.2個人年金保険料の限度額
13.3個人年金保険料の手続き

14.まとめ
続きを読む

遺族年金ってどんなもの?受給方法を把握して受給漏れをなくそう!

遺族年金といえば、一家の大黒柱が亡くなってしまった際に遺族に支給される公的年金のことですが、この制度についてしっかりと理解していないといざという時に困ったことに…。

事故に家族が巻き込まれるということは、いつ起こるか分からないことです。いざという時に日々の生活に困らないようにするためにも「遺族年金」についてしっかりと理解し、来るべき日のために備えておくことが大切です。
ではこの遺族年金について詳しく解説しますので、いつ残されてしまう側になるか分からない未来のためにしっかりと勉強しておきましょうね。

目次

1.そもそも遺族年金ってなんだろう?

1.1 遺族年金とは

1.2 遺族年金は複数種類がある

2.遺族年金の種類

2.1 遺族基礎年金について

2.2 遺族厚生年金について

2.3 遺族共済年金について

3.遺族年金の受給方法とは?

3.1 遺族年金は種類によって受給方法や条件が異なる

3.2 遺族年金は種類によって金額も異なる

4.遺族年金とは異なる制度も知っておこう

4.1 寡婦年金と死亡一時金について

4.2 寡婦年金の受給条件や金額は?

4.3 死亡一時金の受給条件や金額は?

5. 遺族年金と老齢年金について

5.1 遺族年金と老齢年金の違い

5.2 65歳以降は遺族年金と老齢年金を選らべるって本当?

6. 遺族年金っていつまでもらえるの
6.1 遺族年金が受け取れる期間とは?

6.2 遺族年金の失効と一時停止って?

7. 遺族年金の受給について気を付けたいこと

7.1 受給者が再婚した場合

7.2 子どもが高校を卒業したら金額が変わってしまう

7.3 65歳で受給金額が変わる

8.まとめ
続きを読む

生命保険ランキングを活用した役に立つ保険の選び方を解説します

 

生命保険を探しているとランキングサイトを目にすることがあるのではないでしょうか。

ランキングの上位にあがっているということは、その商品には人気があるということが目に見えてわかり、良い商品のように見えますよね。

私もランキングの上位にある商品を良いものと考えてしまう傾向にあるのですが、保険は人気があるから選ぶというものではありません。

一人一人の生活は基本的に異なっているため、必要な保険も人によって全く違います。

本記事では、ランキングを見る前に知っておきたい保険の基本的なことを解説しています。さらに、保険をランキング付けしているサイトの使い勝手や、ランキング上位に挙がっている人気の生命保険が、本当に役に立つ保険なのかどうかも解説します。

この記事を読んで、ランキングに惑わされず、自分に最適な保険を選ぶために役立ててください。

 

目次

1 生命保険ランキングを見る前に知っておきたい保険の基本知識を解説

1-1 生命保険の種類は大きく分けて3種類

1-2 保険は突然の不幸に備えるためのもの

1-3 生命保険はすべての人に必要なわけではない

1-4 貯蓄型保険と掛け捨て型の保険、どっちがお得なの?

1-5 生命保険を選ぶための簡単な手順を解説します!

2 生命保険に加入するメリットはあるのか?

2-1 万が一の備えになる

2-2 日々を安心して過ごせる

3 生命保険に加入するデメリット

3-1 保険料の支払いが必要になる

3-2 必要以上の保険に加入してしまう可能性がある

4 生命保険をランキング形式で紹介しているサイトを解説します

4-1 価格.comの使い勝手は?

4-2 保険市場の使い勝手は?

4-3 保険比較の使い勝手は?

4-4 ランキングを活用する方法とは?

5 生命保険ランキング上位の保険は本当に良い保険なのか?よく見る保険について解説します!定期保険編

5-1 オリックス生命の定期保険『ブリッジ』

5-2 ライフネット生命の『かぞくへの保険』

5-3 アクサダイレクト生命の『定期保険2』

6 生命保険ランキング上位の保険は本当に良い保険なのか?よく見る保険について解説します!終身保険編

6-1 オリックス生命の『ライズ』

6-2 アクサダイレクト生命の『アクサダイレクトの終身保険』

6-3 アフラックの『ウェイズ』

7 まとめ
続きを読む

入れ墨と生命保険についての『ウソ?ホント?』を元保険外交員が徹底分析!

今ではファッションや趣味のひとつとして入れ墨を入れている人も増えてきました。

それに伴い、入れ墨があっても加入できる保険会社も増えていますが、まだまだ日本では厳しい目で判断され、良い印象を持つ方は多くありません。

入れ墨については様々な賛否両論の意見もあり、保険に関しても意見が分かれるのが現状です。

それは、入れ墨だけで人間性を判断することが出来ないからです。

しかし、実際には様々な入れ墨と保険についての情報がたくさん流れています。
インターネット時代の今、ネット上には根拠のない噂も出回っていて本当に正しい知識を得るのが意外に難しいですよね。

保険についての疑問は保険のプロに相談することが解決への一番の近道です。
保険会社によって、考え方が異なり問題なく加入出来たり断られたりと、一概に正解がありません。

入れ墨と生命保険のリアルな疑問『ウソ?ホント?』を実際に現場で働いていた元保険外交員が徹底分析いたします。
ネットの情報を鵜呑みにして自分は保険に加入できないと諦めてしまう前にこのページを読んで正しい知識を身につけましょう。

入れ墨を否定する内容でも肯定する内容でもなく純粋に入れ墨と保険についてまとめた内容ですので参考にして頂ければと思います。

目次

1.入れ墨があると保険に加入できないってホント?
1.1.保険会社によっては加入できます
1.2.ご加入をお断りする保険会社もあります
1.3.ご加入に際して条件や保険金額を減額される場合もあります

2.入れ墨は告知する必要がありますか?
2.1.必ず保険外交員に告知しましょう
2.2.保険外交員は告知内容を本社に伝えなければいけません
2.3.告知しなかった事によりトラブルを招くケースもあります

3.入れ墨を告知しないと給付金が出ないってホント?
3.1.入れ墨が原因で支払い事由が発生した場合は給付されないこともあります
3.2.その他の病気や怪我に対しては給付金・保険金は支払われます
3.3.契約後、給付金・保険金は故意や過失でなければ支払われます

4.保険に加入後なら入れ墨を入れてもいいってホント?
4.1.トラブルを回避するために必ず担当者に確認しましょう
4.2.保険会社によっては保険を解除される可能性もあります
4.3.入れ墨のリスクを考えましょう

5.なぜ入れ墨があると加入を断られるの?
5.1.生命保険は相互扶助の精神で成り立っています
5.2.入れ墨の有無に関わらず健全に運営をするためにお客様の事を知る必要があります
5.3.ひと昔前までは入れ墨によって病気のリスクが高まる事が考えられていました

6.入れ墨があっても住宅ローンの団体信用保険に加入できますか?
6.1.入れ墨があっても団体信用保険には加入できます
6.2.別途書類が必要になる場合があります

7.入れ墨があっても生命保険に加入する方法
7.1.担当者に聞かれなくても必ず入れ墨があることを伝えましょう
7.2.可能な保険会社を探しましょう
7.3.通信販売の保険会社よりも対面式の保険会社の方が加入しやすい

8.まとめ
続きを読む

入っていいのは掛け捨て?貯蓄型?生命保険のそのお悩みにズバリお答します!

すでに生命保険にご加入されている方も、これからご加入を検討される方も、やはり、一番気になるのは「その保険で、損しない?」ということではないでしょうか!?

生命保険の場合、掛け捨てにするか、貯蓄型がいいか、それぞれ一長一短があり、それが悩みどころで、頭の痛い問題ですよね・・・

でも、ちょっと待ってください!

そもそも、アナタには、なぜ生命保険が必要なのですか?

万が一のとき、その後の家族の生活を守りたい。

もし今の収入が途絶えるような事になった場合の生活の保障が欲しい。

その他、ケガや病気で長期に入院するようなことが起きるかもしれません。

長い人生の中、そのときどきで、なんとか乗り切れるように『保障』が必要なのではないでしょうか?

まずは、なんのためにどのような形で備えるのか、そこから考えていきましょう。

そうすれば、掛け捨てがいいのか、それとも貯蓄型が適しているのか、答えはおのずと見えてきます!

目次

1.その『保障』はなんのため?まずは、なんのために備えるか考えよう

2.生命保険の種類
2.1ご家族の生活に備える~死亡保障
2.2ケガや病気に備える
2.3教育資金や老後資金として備える

3.生命保険が必要な期間はいつまで?

4.保険料を何歳まで払えばいい?~保険料払込期間

5.保険料の支払い方

6.生命保険の必要保障額について
6.1必要保障額はライフプランニング次第

7.保険料の目安は収入の3~10%程度

8.掛け捨てと貯蓄型の生命保険の違い
8.1掛け捨ての生命保険とは
8.2貯蓄型の生命保険とは

9.掛け捨てVS貯蓄型
9.1定期保険VS終身保険
9.2定期医療保険VS終身医療保険
9.3がん定期保険VSがん終身保険

10.まとめ
続きを読む

生命保険の見積もり比較で重要な7ポイントを詳しく教えます!

一人暮らしや結婚など人生の節目をくぐるたびに、頭を悩ます出来事があります。

それは、生命保険の見直しです。

保険の見積もり比較が簡単になった時代でも、ややこしさは健在。
見積もり比較で知って得する方法があればと良いな思いませんか?

お伝えしましょう。

7つのポイントを押さえて、他人任せにせず、一歩踏み出してみましょう。

目次

1 生命保険とは?
1-1 そもそも生命保険とはなんだ?
1-2 特徴は?
1-3 生命保険の目的が知りたい!

2 見積もりを始めるタイミングはいつ?
2-1 社会人になったら?
2-2 転職を考えたら?
2-3 定年を境に?

3 生命保険の見積もり比較で失敗しないためには!
3-1 常識を疑え!
3-2 ためらわずに取捨選択を!
3-3 細部を読め!

4 生命保険も貯金次第?
4-1 収入が底をつくなら考えろ!
4-2 病気で必要なら考えろ!
4-3 子供たちに頼りたくなければ考えろ!

5 見積もり比較で避けるべき生命保険
5-1 葬儀代負担の生命保険?
5-2 固定金利の生命保険は要注意!
5-3 安すぎる生命保険は危険視!

6 生命保険の見積もり比較で思うこと
6-1 共済保険は代替案になりえるか?
6-2 わかりにくい生命保険と簡素な共済保険
6-3 デメリット:掛け捨てがほとんど!

7 見積もり比較で気になること
7-1 国民健康保険との兼ね合い
7-2 負担が増える!
7-3 安心の対価?

8 見積もり比較はこう捉えよ!
8-1 主軸は国民健康保険!
8-2 生命保険は単体で!
8-3 保障される病気の範囲をチェック!

9終わりに
続きを読む

自営業者(個人事業主)が絶対知っておくべき生命保険と保障の知識

様々な生命保険が売られていますが、人それぞれの生活環境で必要となる商品(保険)は違ってきます。

そういう中、生命保険を考える方には会社員だけではなく、自身で商売をされている『自営業』の方もいらっしゃと思います。

いわゆる『個人事業主』や『フリーランス』と言われるお仕事形態の方は、社会保障の仕組みの違いもあり、企業に勤めている方(給与所得者)のような、公的な社会保障が大変心もとない物となっています。

その最たるものでは、病気などでの休業中でも、「傷病手当金」で、最低限のお給料の保障と言えるでしょう。

しかし、『自営業』の方でも独立などして成功すれば、会社員より多くのお金を得られ、土地などの資産も増やし、公的保障が少なくても世帯での金銭的な心配もなく人生が送れるのも事実です。

ここで不安となるのが、自身が動けなくなることによって、絶たれてしまう収入(お金)です。

収入形態が不安定な『自営業』の方は、自分の体が資本となっているいます。その人が病気で倒れたりやケガを負ったり、万一亡くなった時には、誰もそれを保障してくれません。今回はそんな不安を、生命保険でどうやって補えばいいのか考えて行きたいと思います。

目次

1自営業者(個人事業者)と勤め人(会社員)の違い
・1-1公的な社会保険制度
・1-2病気・ケガの保障制度
・1-3亡くなった時の保障制度

2生命保険が必要なのは会社員より自営業者
・2-1自営業を営む人はこんな保険がおすすめ
・2-1-1所得補償保険
・2-1-2収入保障保険(総合収入保障保険)
・2-1-3医療保障保険
・2-1-4終身保険
・2-2リスクが大きい自営業には医療保障?

3個人事業者(中小企業)の守りは事業資金から
・3-1個人経営(法人)のリスクを減らす
・3-2従業員と家族を守る為の資金確保の保険

4自営業者も世代ごとに考え直してみる
・4-1 20代・30代
・4-260代以降
・4-3持ち家あり・なし

5自営業者の必要な補償の基礎的知識
・5-1各業種労災組合の加入
・5-2小規模企業共済
・5-3国民年金の重要性(障害基礎年金)

6個人年金保険は自営業者にとって必要?不要?
・6-1引退前後のお金として
・6-2確定拠出年金

7まとめ  
続きを読む

葬儀費用の準備は保険?預金?どちらがいいのか教えます!

よく自分の葬式代だけは、子どもに残しておきたいという声を耳にします。

自分が死んでしまった後まで子どもに迷惑を掛けたくないと言うことですよね。

しかし、銀行などの金融機関では、預金者が亡くなったと分かるとすぐに口座を凍結して預金を引き出せなくなってしまいます。

そうなってしまうと、相続の手続きをしなくてはならず、葬式に間に合わないということにもなりかねません。

そのような事態を防ぐために、知っておきたい葬式に掛かる費用と、その費用を子どもに残す1番ベストな方法を紹介していきますので、残された家族が困らないように準備をしておきましょう。

目次

1.葬式を行うといくらかかるの?

1.1葬式代の平均費用

1.2いろいろかかるその他の費用

2.相続税について

2.1概要

2.2平成27年の改正内容

2.3改正後に必要な備え

3.金融機関の相続手続き

3.1相続とは

3.2相続時に必要な書類

3.2.1遺言書のある場合

3.2.2遺言書がなく遺産分割協議書がある場合

3.3.3遺言書も遺産分割協議書もない場合

4.相続税を減らすには?

4.1相続税対策

4.2暦年贈与の考え方

5.生命保険の活用

5.1相続時の非課税枠

5.2生命保険を受け取る際の税金

6.葬儀保険とは?

7.葬式代にお金を残しておくのは預金?生命保険?

7.1預金の場合のメリット・デメリット

7.2生命保険を使う場合のメリット・デメリット

8.まとめ
続きを読む

死亡保険金と3つの税とは?家族にしっかり遺したい人の2つの鉄則

生命保険に入るとき、あなたは死亡保険金にかかる税金について考えていますか?

自分に万が一のことがあったときに、遺される家族の負担を軽くするために入るのが生命保険です。

生命保険とは、いわば家族への最後の愛情であり、そんな想いで遺した死亡保険金が税金で目減りしてしまうと考えると、悲しくなりますよね。

受取人を誰にするかによって、死亡保険金にかかる税金を抑えることができます。

今回は、節税意識の高い人が当たり前にやっている〈節税になる死亡保険金の遺し方〉をご紹介します。

賢く保険に入って、家族にしっかり遺しましょう。

目次

1. 死亡保険金にかかる税って?3つの税と保険の関係

1.1. 死亡保険金にかかる税金とは

1.2. 契約の形によって税金の種類が違う

2. 非課税枠アリ!相続税の対象となるケース

2.1. 死亡保険金には非課税枠がある

2.2. 死亡保険金は「みなし相続財産」

2.3. 計算のしかた

2.4. 遺産全体に対する基礎控除

2.5.納税のしかた

3. 給与とまとめて!所得税の対象となるケース

3.1. 死亡保険金は「一時所得」

3.2. 税額は給与等とまとめて計算される

3.3. 計算のしかた

3.4. 納税のしかた

4. 税率が高いので注意!贈与税の対象となるケース

4.1. 死亡保険金は贈与とみなされる

4.2. 計算のしかた

4.3. 納税のしかた

5. 契約名義・受取人はこう決める!節税の2つの鉄則

5.1. 【鉄則1】相続税の対象になるようにする

5.2. 【鉄則2】契約者が保険料を支払う

5.3. 「受取人を孫にすると税金を節約できる」は本当か

6. 知らなきゃ損する!?死亡保険金と相続の関係

6.1. 死亡保険金は相続財産に含まれる?

6.2.「争族」対策としての死亡保険金

6.3. 死亡保険金は遺留分に含まれないってほんと?

6.4. 法定相続人以外が受け取ることも可能

7. 保険金トラブル発生!こんな時どうする?

7.1. 受取人が離婚した妻の場合

7.2. 受取人が未成年の場合

7.3. 受取人が既に死亡している場合

7.4. 相続放棄しても、保険金は受け取れるの?

8. まとめ
続きを読む

マニュライフ生命保険とは?気になるあの商品を考察します

 

みなさまはマニュライフ生命保険会社、という保険会社を知っているでしょうか。

日本国内においてはかんぽ生命や日本生命といった昔からある保険会社の知名度が高く、外資系保険会社であるマニュライフ生命保険会社という会社名を聞いたことがない人もいるのではないでしょうか。

私が、この保険会社名前を聞いたのは最近でした。

今回は、そんなマニュライフ生命保険について解説します。

マニュライフ生命保険はどのような特徴を持っている会社なのか、またマニュライフ生命が取り扱っている保険についても解説し、加入を検討するべきかどうかの評価も行います。

マニュライフ生命保険という会社を知らなかった人や、外資系の保険会社に加入しても大丈夫かなどの疑問を持っている人は、この記事を読むことでその疑問を解決することが出来ますよ。

目次

1 聞いたことある?マニュライフ生命保険ってどんな会社?

1-1 マニュライフ生命は日本の会社ではない

1-2 マニュライフ生命の経営状態は大丈夫?

2 マニュライフ生命保険の商品は役に立つのか?気になるあの商品を解説します

2-1 マニュライフ生命の『こだわり収入保障』

2-2 マニュライフ生命の『こだわり終身保険V2』

2-3 マニュライフ生命の『こだわり個人年金』

2-4 マニュライフ生命の『こだわり医療保険 with PRIDE』

3 マニュライフ生命の保険は評価とは?

3-1 マニュライフ生命の『こだわり収入保障』評価は?

3-2 マニュライフ生命の『こだわり終身保険V2』評価は?

3-3 マニュライフ生命の『こだわり個人年金(外貨建て)』評価は?

3-4 マニュライフ生命の『こだわり医療保険 with PRIDE』評価は?

3-5 マニュライフ生命保険は結局加入すべきか?

4 外資系の保険会社に加入するメリットとは?

4-1 そもそも外資系保険会社とは?

4-2 保険料がお得な場合が多い

4-3 シンプルな保険が多い

4-4 オーダーメイドの保険に加入できる

5 外資系の保険会社に加入するデメリットとは?

5-1 日本撤退の可能性がある

5-2 自分で保険について勉強する必要あり

6 国内保険会社のメリットとデメリットとは?

7 加入するならどっち?外資系保険会社と国内保険会社

8 まとめ
続きを読む

低解約返戻金型終身保険を賢く選んで、貯蓄をしながら万が一に備えよう

銀行金利も思わしくない上、なかなか景気低迷から抜け出せずにいる日本経済を鑑みると、貯蓄の重要性は増すばかりです。

そんな中注目されているのが、低解約払戻金型終身保険だということをご存知でしょうか。

限られた資金・資産の中、手軽な保険料で万が一にも備えられる上に、貯蓄性も兼ね備えた商品として、今脚光を浴びています。

今日はそんな低解約払戻金型終身保険を、ご一緒に見てまいりましょう。

目次

1.生命保険における2大商品
1.1終身保険
1.2定期保険

2.終身保険とは
2.1終身保険の特徴
2.2終身保険の種類
2.3積立利率変動型終身保険
3.4変額型終身保険
2.5外貨建て終身保険
2.6低解約払戻金型終身保険

3.定期保険とは
3.1定期保険の特徴
3.2定期保険の種類
3.3更新型定期保険
3.4全期型定期保険

4.低解約払戻金型終身保険とは
4.1低解約払戻金型終身保険の特徴

5.保険会社における低解約払戻型終身保険商品
5.1商品一覧

6.オリックス生命
6.1「終身保険ライズの特徴」

7.アフラック
7.1「未来の自分が決める保険 WAYS」の特徴

8.アクサダイレクト生命
8.1「アクサダイレクト生命の終身保険」の特徴

9.損保ジャパン日本興和ひまわり生命保険
9.1「一生のお守り」

10.マニュライフ生命保険
10.1「こだわり終身保険v2」

11.まとめ
続きを読む

マニュライフ生命の口コミとは?口コミから保険の実態を探る

保険選びをするにあたって必要となるのは情報を集めることだと思いますが、いくら情報を集めたとしても実際はどうなんだろう…?と実際の保険内容や会社の対応などが気になってしまい契約に至るまでにならない…なんてこともありますよね。

そんな時は口コミを活用することで、実際に加入している人の声や加入を考えた人の声が分かるというもの。全て鵜呑みにするのは危険な行為といえますが、参考にするくらいなら問題ないはず。

マニュライフ生命の保険加入を考えてはいるけど今一つ契約に踏み込めない、そんなあなたのためにマニュライフ生命の保険について、マニュライフ生命の口コミについてまとめましたので参考にしてみてはいかがでしょうか。

目次

1. マニュライフ生命について学びましょう

1.1 マニュライフ生命の基本情報

1.2 マニュライフ生命の保険商品一覧

1.3 マニュライフ生命の保険商品について

2. マニュライフ生命の保険概要

2.1 総合保障保険

2.2 終身保険

2.3 医療保険

2.4 ガン保険

2.5 収入保障保険・個人年金保険

2.6 その他の保険

3. マニュライフ生命の良い口コミ

3.1 保険商品についての口コミ

3.2 対応についての口コミ

3.3 働く側から見た口コミ

4. マニュライフ生命の悪い口コミ

4.1 保険商品についての口コミ

4.2 対応についての口コミ

4.3 働く側から見た口コミ

5. マニュライフ生命のおすすめの保険

5.1 総合保障保険 マニュフレックス

5.2 終身保険 こだわり終身保険v2

5.3 医療保険 こだわり医療保険with PRIDE

6. マニュライフ生命について思うこと

6.1 保険内容について

6.2 会社の対応について

7. まとめ 
続きを読む

デメリットから理解しよう!収入保障保険を知らないと損をする

皆さんは、どんな時に生命保険を考えたり、見直したりしますか?

もっとも大きな理由としては、夫(世帯主)が亡くなった後の、子供の学費や残された家族(妻)などの生活費の保障ですよね。
そして次に多いのが、事故でのケガや病気などの入院(治療費)を支えてくれる保障です。

そうなると、医療保障付きの『終身保険』or『定期保険』が思い起こされますが、『終身保険』は月々の掛け金が高い事や、『定期保険』の、継続(更新)の見直しや解約が待ち受けていて、突き詰めていくと、年代ごとに保険を毎回見直さなければいけなくなったりします。

そういった生命保険の「デメリット」な部分をしっかり押さえて居なければ、結局は、保障内容が無駄だったり、不足したりと、活躍しないままで、安心を買った(用意した)事にはなりません。

そこで、この2種類の保険内容の「デメリット」を補う形にもなっている『収入保障保険』を検証していきます。「長い期間にわたる保障で合理的な保険」と言われていますが、実際はどのような物なのか、良い面ばかりじゃなく、良くない面も含めてしっかりと見て行きたいと思います。

皆さんの家庭の中で起こりうるさまざまな予測を「プラス、マイナス」して、出来るだけ「プラス」になる生命保険を見つけられるお役に立てれば幸いです。

目次

1.『収入保障保険』が他の生命保険と違うものは?

1-1終身保険、定期保険、『収入保障保険』はどう違う

1-2『収入保障保険』と所得補償保険って同じ?
1-3マイナス面はこれ
1-4合理的な面は?

2.子供のライフステージから見る『収入保障保険』
2-1収入保障保険に合っている人
2-2収入保障保険に合っていない人
2-3設定は自由、受け取る年金額はどのくらいにがいい?

3.インフレに弱い『収入保障保険』の対策
3-1インフレの仕組みを知っておく
3-2インフレでも強い生命保険
3-3保険料の見積もりは?
3-4団信生命保険で十分かも?

4.『収入保障保険』人気ランキング
4-1アクサダイレクト生命
4-2ソニー生命
4-3マニュライフ生命

5.『総合収入保障保険』とは『収入保障保険』と同じ?
5-1『総合収入保障保険』の説明
5-2三井住友海上あいおい生命の「&LIFE収入保障保険」
6.所得税も?!『収入保障保険』が課税対象
6-1受取人によって変わる税金
6-2なぜ所得税がかかる?
6-3年金払いの所得税計算
7.まとめ

続きを読む

住宅ローンを借りるときに加入する団体信用生命保険のギモンを徹底解説します!

憧れのマイホーム!手にいれるにあたって、ほとんどの方はなんらかの形で住宅ローンを利用されるかと思います。

もしかしたら、銀行で住宅ローンの借入れを申込んだときに、健康状態をチェックする用紙にも記入をさせられて、面くらったという方もいらっしゃるかもしれませんね!

「ダンシン」「ダンシン」と言われている団体生命保険ですが、「実は、よくわからないままに加入してしまって、なんだかモヤモヤしている」という方もおられるかもしれません。

この機会に、団体生命保険の”ワカラナイ”についてスッキリさせてみませんか?

もしかしたら、ローンの返済がちょっぴりおトクになるかもしれません!?

目次

1.団体信用生命保険ってなに?
1.1団体信用生命保険について

2.住宅ローンと団体信用生命保険の関係は、3パターン
2.1金融機関が保険料を全額負担
2.2住宅ローンを借りる人が保険料の一部を負担する
2.3住宅ローンを借りる人が保険料の全部を負担する

3.団体信用生命保険の特徴
3.1ご家族に住宅ローンを残さない
3.2特約料は年払い
3.3受け取り人は金融機関

4.団体信用生命保険のメリットデメリット
4.1団体信用生命保険のメリット
4.2団体信用生命保険のデメリット

5.団体信用生命保険のかわりに生命保険でカバーできる?
5.1収入保障保険
5.2逓減定期保険
5.3代用するときの注意点

6.団体信用生命保険と相続税の関係

7.団体信用生命保険に入れない場合の対処法

8.団体信用生命保険に加入したら、保険を見直すといいって、ホント?

9.まとめ
続きを読む

ライフネット生命のデメリットとは?加入を検討している方必見です

 

生命保険に加入するのであれば、誰でも絶対に損したくないと思いますよね。しかし、どの生命保険にもメリットがあればデメリットもあります。

今回解説するのは、ライフネット生命についてです。

ライフネット生命に関しては様々な評判があり、本当に加入してもよいのか分かりにくくなっていると思います。

そこで今回は、ライフネット生命にはどのようなデメリットや特徴があるのかを解説します。

また、ライフネット生命が販売している商品に着目しながら、デメリットよりもメリットの方が上回る商品があるのかも考察します。

ライフネット生命に加入しようとしている人や加入を迷っている人は、ぜひこの記事を読んでライフネット生命の特徴を理解して、生命保険選びに役立ててください。

目次

1 ライフネット生命ってどんな保険会社?

1-1 元々はネット保険から始まった

1-2 ネット生保とは?

2 ネット生保にはどんな特徴があるの?

2-1 基本的に保険料が割安

2-2 いつでも申し込みが可能

3 知らないと怖い!ネット生保のデメリットとは?

3-1 保険の知識を身に着ける必要あり

3-2 保険料が割高なことがある

3-3 商品の種類が少ない

4 ライフネット生命の特徴は?

4-1 保険料の内訳を公開している

4-2 保障内容が分かりやすい保険が多い

4-3 電話やメールで相談可能

5 ライフネット生命のデメリットとは?

5-1 保険料はそこまで安くない

5-2 保障内容がシンプルすぎる

5-3 新規契約数が減少し続けている

6 加入する前に知っておきたい!ライフネット生命の4つの商品を解説!

6-1 ライフネット生命の就業不能保険『働く人への保険2』

6-2 ライフネット生命の定期保険『かぞくへの保険』

6-3 ライフネット生命の終身医療保険『新自分への保険』

6-4 ライフネット生命の終身医療保険『新自分への保険レディース』

7 ライフネット生命はデメリットが大きいの?ライフネット生命が良いか悪いか解説します

7-1 ライフネット生命の就業不能保険『働く人への保険2』の評価は?

7-2 ライフネット生命の定期保険『かぞくへの保険』の評価は?

7-3 ライフネット生命の終身医療保険『新自分への保険』の評価は?

7-4 ライフネット生命の総合的な評価は?

8 まとめ
続きを読む

安心できる健全経営保険会社を選ぶ3つのポイント

生命保険に加入する際に、保険会社が潰れないかと心配になる方はどれほどいるでしょうか。

保険商品は、もちろん保険を選ぶ際に重要な要素ですが、保険会社の経営状態も保険を選ぶ重要な要素の一つですよね。

今回は、40社の保険会社の経営状態を分析し、経営状態を指す指数である、ソルベンシー・マージン比率が信用できるのか、また健全な経営状態はそのようにしてできるのかを検証しました。

この記事を読んで頂き、保険会社の経営状況を見極めて、より安心して保険選びが出来る様になればと思います。

目次

1.生命保険会社の健全経営内容とは?

1-1 あなたの保険会社を選ぶ基準は何ですか?

1-2 保険会社を選ぶ基準は「健全経営」

1-3 「健全経営」は、どんな基準で判定するのか?

1-4 損益計算書の「入り」と「出」を家計言葉になぞらえると・・・

1-5 AIGがAIG富士生命から撤退した理由に健全経営基準が見える

2.健全経営保険会社の販売形態と商品揃えは?

2-1  資産運用と営業職員が豊富な商品を販売する保険会社は健全経営

2-2 インターネット販売系保険会社は健全経営か?

2-3  販売先とユニークな商品開発をした保険会社は健全経営

3.強力な営業力の保険会社は健全経営

3-1 日本社生保で営業力が強い保険会社はどこか?

3-2 外国社生保で営業力が強い保険会社はどこか?

3-3 株式会社と相互会社、経営健全から見て何が違のか?

4.健全経営を損益数字率で判定すると

4-1 健全経営の損益数字率はこれだ

4-2 ソルベンシー・マージン比率は健全経営基準になるか

4-3 生命保険契約者保護機構は契約を守る最後の砦

5.まとめ
続きを読む

ソニー生命の収入保障保険メリット・デメリットを分かりやすく徹底解説します!

生命保険の中で今人気の収入保障保険。

しかし、何処の保険会社のどういう保険が自分に合ってるか調べても情報が多すぎて、結局答えが見つからないままで疲れてしまいますよね。

実は、保険に対する考え方は十人十色。

もちろん年齢や家族構成、収入によっても違いますが、保険のプロであるファイナンシャルプランナーですら考え方が違えば勧める保険も変わります。

ここでは、ソニー生命の収入保障保険について、元保険外交員が分かりやすくメリット・デメリットを徹底解説します。

ご自分に合った保険の形が分かることで、本当に必要な無駄のない保険が見つかります。

収入保障保険の『なんで?』が『なるほど!』に変わる情報満載!

目次

1.ソニー生命の収入保障保険の仕組み
1.1.収入保障保険とは
1.2.ソニー生命の収入保障保険の特徴
1.3.主契約に特約をプラスして自分に合った保険を作る
2.収入保障保険のメリット・デメリット
2.1.【メリットその1】保険料の無駄を軽減できる
2.2.【メリットその2】保障期間が長い
2.3.【デメリットその1】解約返戻金がありません
2.4.【デメリットその2】税金が高くなる可能性があります
3.ソニー生命の収入保障保険に付加できる特約
3.1.傷害特約
3.2.入院総合保障特約
3.3.がん特約
3.4.保険料払込免除特約
3.5.災害死亡給付特約
3.6.成人病総合保障特約
3.7.リビング・ニーズ特約
4.収入保障保険が合う人・合わない人
4.1.お子様が小さく働き盛りの大黒柱
4.2.貯蓄が少なく貯金が苦手な人
4.3.大きな保障にとにかく安く加入したい人
4.4.掛け捨ての保険が嫌いな人
4.5.大きな保障が必要ない人
4.6.かなり高額な貯金がある方人
5.収入保障保険は考え方によって必要か不必要か変わります
5.1.ご家族と保険の必要性や保険に重点を置くものが何か考えましょう
5.2.将来の事も考えて加入しましょう
5.3.保険金をまとめて受け取るべきか、年金月額で受け取るべきか
6.ソニー生命の収入保障保険の注意点
6.1.保険期間満了時には少額になる
6.2.入院総合保障特約は日帰りは対象外
6.3.要介護状態は判定が変わる
6.4.収入保障保険と所得補償保険の違いに注意しましょう
7.特則や割引き制度を上手に使いましょう
7.1.ソニー生命の高額割引制度とは
7.2.非喫煙者割引特則とは
8.まとめ
続きを読む

オリックス生命の収入保障死亡保険「キープ」に加入して、安心な人生を

ファミリー

インターネット隆盛の昨今、多数の保険会社から多岐にわたる保険商品が販売されています。

とりわけ死亡保険の重要性は高く、社会における認知度も当然上がってきています。

そんな数ある死亡保険の中で、オリックス生命から販売されているKeep/キープという死亡保険商品が、注目を浴びているのをご存知ですか?

今回は、万が一に備えて収入保障がなされるオリックス生命の死亡保険Keep/キープを考察したいと思います。

目次

1.オリックスグループとは
1.1グループ概要
1.2グループ実績

2.オリックス生命とは
2.1オリックスグループにおけるオリックス生命の位置づけ
2.2会社概要
2.3沿革
2.4実績
2.5外部評価と顧客評価
2.6顧客満足への取り組み

3.オリックス生命の販売チャンネル
3.1保険代理店による販売
3.2金融機関による販売
3.3コンサーブアドバイザーによる対面販売
3.4通信販売

4.オリックス生命の死亡保険商品
4.1定期保険ファインセーブ
4.2定期保険ブリッジ
4.3収入保障保険キープ
4.4終身保険ライズ
4.5終身保険ライズ・サポート

5.収入保障保険の必要性
5.1所得補償保険
5.2収入保障保険

6.オリックス生命の収入保障保険とは
6.1収入保障保険キープの加入者の傾向
6.2収入保障保険キープ特徴
6.3収入保障保険キープ保証内容
6.4収入保障保険キープ特約
6.5収入保障保険キープ解約払戻金
6.6契約可能年齢と保険期間
6.7保険料
6.8保険引受の条件
6.9加入例

7.オリックス生命のインターネット申込
7.1申込の流れ
7.2注意事項
7.3申込から保障開始までのスケジュール
7.4保険料支払方法

8.オリックス生命の郵送申込
8.1申込の流れ
8.2注意事項
8.3申込から保障開始までのスケジュール
8.4保険料支払方法

9.保険相談サービス
9.1対応可能なリクエスト
9.2相談サービス利用の流れ
9.3紹介先

10.まとめ
続きを読む

ソニー生命はクレジットカード払いが出来ない!?知らないと損する保険料をお得にする方法とは?

 

みなさまは保険料を支払う時どのような方法を使っているでしょうか。

銀行振り込みやコンビニ振り込みなどなど、たくさんの支払い方法があります。

支払方法の数が多いため、どの支払方法が良いのか迷ってしまうのではないでしょうか。

その中で最もお得な支払方法だと思われるのは、クレジットカードを利用して保険料を支払うことです。

しかし、すべての生命保険会社がクレジットカード払いに対応しているわけではありません。

ソニー生命も、そんなクレジットカード払いに対応していない生命保険会社の一つなのです。money-256314_640

では、クレジットカードで保険料支払えないからと言ってソニー生命が検討に値しないかといえば、そんなことはありません。

確かに支払い方法に柔軟性はありませんが、その保険商品はとても魅力的です。

本記事では、そんなソニー生命の魅力ある商品をいくつか紹介します。

また、どうすれば保険料の支払いを抑えることが出来るのかについても解説します。

この記事を読んで、あなたが支払う保険料をお得にしてしまいましょう。

目次

1 ソニー生命はクレジットカードで保険料を支払えないのか?

1-1 ソニー生命は初回だけクレジットカード払いが出来る

1-2 ソニー生命の保険料の支払い方

1-3 他にもある?クレジットカード払いが出来ない生命保険会社

1-4 なぜクレジットカードで支払うことが出来ないのか?その理由を考察します

2 ソニー生命に加入するのは損なのか?

2-1 財務基盤が盤石で倒産の危険は低い

2-2 オーダーメイドの保険を選べる

3 ソニー生命で絶対におすすめできる保険を2つ紹介

3-1 ソニー生命の学資保険『学資保険スクエア』

3-2 ソニー生命の変額保険『バリアブルライフ』

4 クレジットカードで保険料を支払える保険会社を紹介します

4-1 オリックス生命

4-2 日本生命

4-3 ソニー損保

5 クレジットカードを使って保険料を支払うメリットとは?

5-1 ポイントがもえらえる

5-2 お金の管理が楽になる

5-3 保険料の未払いを防げる

6 クレジットカードを使って保険料を支払うデメリットは?

6-1 保険契約者名義のカードしか使えない

6-2 カードが止められている場合は支払いが出来ない

6-3 支払い時期を調整できない

7 支払う保険料を劇的に抑える6つの方法

7-1 一度に払う保険料を多くする

7-2 たくさんの保険商品を見比べる

7-3 自分の加入している保険が適切か調べてみよう

7-4 生命保険の保険料控除を利用する

7-5 健康体割引を使って生命保険に加入しよう

7-6 知識を持った人に相談してみよう

8 まとめ
続きを読む