就業不能保険の必要性とは?違えやすいポイントを2つ解説します

働けなくなった時のリスクに備えて、就業不能保険を検討していると言う人は、意外に少ないのではないでしょうか?

比較的新しい保険である就業不能保険に対して、その内容やメリット・デメリットを知らないと必要性も感じないでしょう。

また、間違いやすい「収入保障保険」や「所得補償保険」と混同している方も少なくないでしょう。

そこで、この記事では、就業不能保険の基本的な保障内容やその他の保険との違いを解説していきます。

ポイントは2つです。

就業不能保険とは、どのような保険なのか。

間違いやすい「収入保障保険」と「所得補償保険」との違い。

この2点を重点的に解説し、就業不能保険とはどんな保険なのか、そして本当に必要なのか?という事を読んでいる方自身が判断できる様になる記事にしていきます。

この記事を読んで、まわりの意見に流されずに、自分にはこの保険が必要なのか?という事を考えていきましょう。

目次

1.就業不能保険の基礎

1.1就業不能保険とは

1.2加入の目的

1.3就業不能保険の考え方

2.間違えられやすい保険

2.1収入保障保険

2.2所得補償保険

2.3その他の保険

3.就業不能保険の内容

3.1加入条件

3.2支払条件

3.3保障内容

3.4メリット・デメリット

4.加入率

4.1就業不能保険の加入率

5.就業不能保険の必要性とは

5.1実際に必要になるかどうか

5.2会社員の場合の必要性

5.3自営業の方の場合

6.商品の紹介

6.1アフラック(給与サポート保険)

6.2ライフネット生命(就業不能保険)

6.3チューリッヒ生命(くらすプラス)

6.4その他の保険商品

7.まとめ

続きを読む

長期平準定期保険の特徴は何?そのメリット・デメリットを詳細解説!

会社経営者の中には、経営者や役員の死亡保障や退職金の準備は、貯蓄からではなく生命保険を活用することに、興味がある方々もいらっしゃることでしょう。

生命保険を活用する場合に、最も頼りになる保険の種類が法人保険です。法人向けの保険は、経営者や役員が万が一、退職前に死亡したり高度障害状態になったりした場合に保険金が受け取れます。

その他、保険会社へ支払う保険料の一部または全部を「損金(=経費)」として、法人税の節税に役立てたり、解約返戻金を利用して経営者や役員の退職金に充てたりすることができます。

この法人保険の中でも、保険期間が非常に長期で、解約返戻金の返戻率のピークが長いタイプの保険があります。それが、「長期平準定期保険」です。

今回は、長期平準定期保険の特徴と、メリット・デメリット、そしておすすめの保険商品をご紹介します。

この記事を読めば、長期平準定期保険の基本的な知識を得ることができ、法人向けの保険商品を選ぶ際の有効な参考資料になるはずです。

目次

1.法人保険とは何か?

  • 1-1.法人保険とは
  • 1-2.長期平準定期保険とは
  • 1-3.その他の人気のある法人保険

2.長期平準定期保険のメリットについて

  • 2-1.長期平準定期保険は保険期間が長い
  • 2-2.長期平準定期保険と解約返戻金
  • 2-3.長期平準定期保険と損金

3.長期平準定期保険のデメリットについて

  • 3-1.全額損金保険との比較
  • 3-2.逓増定期保険との比較
  • 3-3.解約返戻率のピークが長くとも

4.三井住友海上あいおい生命「長期平準定期保険」

  • 4-1.三井住友海上あいおい生命とは
  • 4-2.長期平準定期保険の概要
  • 4-3.長期平準定期保険の注目点

5.東京海上日動あんしん生命「長割り定期」

  • 5-1.東京海上日動あんしん生命とは
  • 5-2.長割り定期の概要
  • 5-3.長割り定期の注目点

6.日本生命「長期定期保険」

  • 6-1.日本生命とは
  • 6-2.長期定期保険の概要
  • 6-3.長期定期保険の注目点

7.まとめ

続きを読む

銀行預金より有利!?貯蓄性の高い保険の活用術を徹底解説!

「景気は回復傾向にある」とした内閣政府の発言がありますが、実際の生活を送っている私たちにとっては、それを肌で実感できることはありません。

月々の収入が増えるどころか、減収してしまうこともある上、生活に必要な様々なものが、リーズナブルになっているわけでもないのです。

これでは「一体どこが景気回復なのか、教えてくれ」と言いたいのが、正直なところではないでしょうか。

このような経済的背景を基に先々のことを考えると、まさに暗澹たる思いですが、そこで講じておくべきが、自己防衛手段である「貯蓄」です。

しかしながらマイナス金利導入による影響で、各金融商品は軒並み0.00%までその利率を下げている為、なかなか効率的な資産増が見込めません。

そこで着目したいのが、貯蓄性の高い生命保険商品です。

「生命保険=万が一の為の備え」と言うイメージが先行していますが、実は貯蓄と言う観点から見た場合、一部の生命保険商品は非常に効率よく資産増を図ることが出来るのをご存知ですか?

今回はそんな貯蓄性を優先とした生命保険のあれこれを、ご一緒に見てまいりましょう。

目次

1.貯蓄とは
1.1貯蓄の種類
1.2銀行金融商品
1.3生命保険商品

2.生命保険に求めるもの
2.1保障ごとのニーズ
2.2活用方法で見る生命保険

3.解約返戻金で見る生命保険
3.1解約返戻金のあるなし
3.2解約返戻率の上げ方

4.終身保険の活用
4.1仕組みと特徴
4.2無配当型終身保険
4.3利率変動型終身保険
4.4変額終身保険
4.5外貨建て終身保険
4.6低解約型終身保険

5.養老保険の活用
5.1仕組みと特徴
5.2契約例

6.学資保険の活用
6.1仕組みと特徴
6.2保障型学資保険
6.3貯蓄型学資保険

7.個人年金の活用
7.1受取別で見る個人年金
7.2形態別でみる個人年金
7.3保険料払込別でみる個人年金

8.まとめ

続きを読む

帝王切開で医療保険がおりる!?妊娠希望女性の知っておきたいことまとめ

人生の一大イベントである妊娠・出産。嬉しいことである一方で、妊娠・出産にかかる費用の多くは自己負担であるため、お金の面での不安はつきないものですよね。

その中でも「帝王切開」は、手術をしたり入院期間が長くなることから自然分娩に比べて医療費が更に高額になりがち。でも実は民間の医療保険を上手に利用している方の中には「帝王切開をしたら出産費用が黒字になった!」という例もあるんです!

出産というイベントは、場合によっては医療保険に加入しているかしていないかで経済的な明暗が大きく分かれてきます。

この記事では、帝王切開の費用について確認したあとにどんな医療保険にどのタイミングで入るべきかということを見ていきます。保険会社による加入条件の違いも分かるので、これから妊娠を希望する方、すでに帝王切開を経験した方どちらにとっても知っておいて損のない情報が手に入れられるはず!さっそくチェックしてみましょう!

目次

1.帝王切開と自然分娩の違いは?

1−1.帝王切開になる確率とケース

1−2.帝王切開と自然分娩、その費用の差は?

2.妊娠中・出産時に使える公的制度にはどんなものがあるの?

2−1.妊娠中の公的制度

2−2.出産時の公的制度

3.帝王切開のときに役立つ民間医療保険とは?

3−1.月額いくらでどれくらいもらえる?

3−2.更なる上乗せも?!女性疾病特約とは?

4.民間医療保険に入るタイミングは?

4−1.これから妊娠を希望する場合は?

4−2.妊娠したら?

4−3.すでに帝王切開を経験した場合は?

5.妊娠中の方必見!保険会社別加入条件のちがいは?

6.帝王切開に関する医療保険|よくある質問まとめ

6−1.本人の希望による帝王切開でも保険はおりる?

6−2.トータルで黒字になってもいいの?

6−3.切迫流産から帝王切開。一入院としてカウントされる?

7.まとめ

続きを読む

通院保障ってなに!?通院保障を5つのポイントで解りやすく解説します!

医療保険やがん保険には必ず付いている保障と言える通院保障ですが、そんな通院保障でも、「通院保障ってどんな保障なの?」「通院保障って本当に必要なの?」「通院保障ってどんな通院でも給付金を受け取れるの?」など、様々な疑問があると思います。

そこで、この記事では、通院保障の基本的なところから、医療保険とがん保険での通院保障の違いなどから、傷害保険など通院と名前の付く保障があるモノすべてを解説していきます。

また、おすすめの商品などもその理由も含めて紹介していきますので、この記事を読んで何となくで、保険を選ぶのではなく、しっかりと通院に関する費用や公的な制度なども覚えて、通院保障が本当に必要なのかを判断できるようになってください。

そして、自分に合った保険を選べるようになりましょう。

目次

1.通院保障とは

1.1どのような保障

1.2給付条件

1.3公的制度

2.医療保険の通院保障とは

2.1医療保険の通院保障とは

2.2商品別の給付条件

2.3がん保険との違い

3.がん保険の通院保障

3.1がん保険の通院保障とは

3.2商品別の給付条件

3.3医療保険との違い

4.保険の選び方

4.1医療保険の場合

4.2がん保険の場合

4.3女性の場合

5.傷害保険の通院補償

5.1傷害保険の通院とは

5.2給付条件

5.3生命保険との違い

6.通院保障の必要性

6.1通院保障の必要性

6.2基本保障と特約

7.おすすめの商品

7.1オリックス生命(新CURE)

7.2損保ジャパン日本興亜ひまわり生命(新・健康のお守り)

7.3アフラック(ちゃんと備える医療保険EVRE)

7.4オリックス生命(Believe)

7.5アフラック(生きるためのがん保険Days1)

8.まとめ

続きを読む

倒産防止共済は頼りになるの?倒産防止共済の特徴と注意点を詳細解説!

倒産防止共済とは、あなたの会社の取引先が倒産したことによって、連鎖的にあなたの会社が倒産または経営難に陥らないようにする共済制度です。

ある日突然、取引先が倒産して売掛金が回収不能になってしまうこともあります。頼りにしていた売掛金が回収できず、その結果、買掛金を支払えなくなってしまう緊急事態が発生するかもしれません。

そんな不測の事態に備えて、倒産防止共済に加入していれば、売掛金等の回収が困難になった場合、共済金の貸付が受けられることになります。

この共済は公的な団体が運営しており、あなたの会社が前述した事態に陥ったときに非常に役に立つ共済です。

倒産防止共済は、中小企業を対象にしており、加入要件は製造業・卸売業・サービス業・小売業等の各業種によって、資本金・従業員数の範囲が決められています。

そこで今回は、倒産防止共済の加入資格や申込み手続きの方法、共済の特徴や注意点について説明します。

この記事を読めば、倒産防止共済の基本的な知識を得ることができ、事前の備えとして加入するかどうかを検討する際、良い参考資料の一つになるでしょう。

目次

1.倒産防止共済について

  • 1-1.倒産防止共済とは
  • 1-2.怖い「連鎖倒産」
  • 1-3.倒産防止共済を扱う機構について

2.倒産防止共済に加入したい!

  • 2-1.加入資格
  • 2-2.申込手続きについて
  • 2-3.手続きに必要な書類

3.倒産防止共済の特徴その1

  • 3-1.貸付とは
  • 3-2.取引先が倒産した場合
  • 3-3.急な資金が必要になった場合

4.倒産防止共済の特徴その2

  • 4-1.掛金とは
  • 4-2.掛金の損金算入
  • 4-3.解約した場合に掛金はどうなる?

5.倒産防止共済の注意点その1

  • 5-1.倒産防止共済と法人保険
  • 5-2.共済に足りない点
  • 5-3.共済と法人保険に双方に加入する

6.倒産防止共済の注意点その2

  • 6-1.その他の注意点
  • 6-2.解約のタイミングを考える
  • 6-3.取引先の倒産で共済金を借りる前に

7.まとめ

続きを読む

生命保険と医療保険、本当に両方必要?簡単にわかる保険選びのポイント

生命保険や医療保険に加入していますか?

「テレビを観ていると、最近保険のコマーシャルがたくさん流れている」「ショッピングモールに出かけると保険相談窓口の看板がよく目に入る」などの理由で生命保険や医療保険について真剣に考えたいと思う人が増えてきています。

その一方で、書店には「保険はいらない!」と主張する本が並んでいることもあり、あえて「保険に入らない」という選択をしている人もいるようです。

保険に関する情報が溢れかえっている現代。実は、しっかりとその情報を整理していくことで、あなたにとって保険が本当に必要なのかということが見えてきます。この記事では、ライフステージ別の保険の必要性を見極めるポイントや、保険選びのコツを解説していきます。

目次

1.生命保険と医療保険違いとは?

1−1.生命保険とは

1−2.医療保険とは

1−3.生命保険と医療保険の難しい言葉の定義

1−4.保険はセットで入るべき?

2.保険を選ぶ前に知っておきたいことは?

2−1.よくある疑問、「平均的な保険料」って?

2−2.死亡保険金の必要性とは?

2−3.医療費ってどれくらい?知っておきたいあなたを助ける公的制度

3.ライフステージ別保険の選びかた

3−1.独身者の場合

3−2.結婚して家族が増えたら?

3−3.主婦や子どもの保険はどうする?

3−4.退職は保険を見直すべきタイミング?

4.保険が出なくてトラブルになるパターン

5.持病がある場合の保険

5−1.告知の仕組み

5−2.緩和型保険とは?

6.保険相談ってどうやってするの?

7.まとめ

続きを読む

あなたの医療保険に通院保障はついていますか?知っておきたい通院あれこれ

万が一に備えて、医療保険を活用している方は年々増加傾向にあります。

なぜならば、インターネットを通じて様々な情報が入手可能な昨今、私たち日本人の主たる死亡要因が明確になり、それに対しての備えが重視されているからに他なりません。

しかしながら、私たちは疾病罹患による入院/手術などの医療費を、具体的にイメージ出来ているとは言い難いのが現状ではないでしょうか。

「医療費=高額」と言う漠然とした畏怖が、医療保険の加入増加へと繋がっているのも、また事実です。

このような背景のもと、様々なニーズに応えるべく、多種多様な医療保険が台頭しており、その内容は微に入り細を穿つ状況です。

端的に申し上げると、「分かりにくい」のです。

「医療保険=手術/入院/通院」と幅広く疾病をフォローしてくれると思いがちですが、実は契約内容によって、その保障範囲は大きく異なります。

中でも医療技術の進歩で、「通院治療」と言う新たな選択肢が生まれた昨今、この部分は決して無視できない、手厚くしておくべき保障と言えるでしょう。

そこで今回は、医療保険全般の基礎知識から、通院保障の必要性など、知っておくべきポイントを、ご一緒に押さえてまいりましょう。

目次

1.医療保険とは
1.1医療保険の種類

2.公的医療保険で受けられる保障
2.1医療費の自己負担割合
2.2自己負担限度額
2.3先進医療

3.私的医療保険とは
3.1入院給付金
3.2手術給付金

4.定期医療保険とは
4.1定期医療保険の種類と特徴
4.2メリット/デメリット

5.終身医療保険とは
5.1終身医療保険の種類と特徴
5.2メリット/デメリット

6.医療保険の特約
6.1治療全般への備え
6.2特定疾病への備え
6.3通院への備え
6.4備えに対する生命保険の考え方

7.通院保障付きプラン
7.1 30歳プラン例
7.2 40歳プラン例
7.3 50歳プラン例

8.まとめ

続きを読む

地震保険が必要な理由を教えます!基本からしっかりと学びましょう!

「地震保険ってよく聞くけど、本当に必要な物?」や「いろいろな所で地震が起こっているから心配」など地震保険が本当に必要なのか、また地震保険ってどのようなモノかはっきりと解っていない方も多いのではないでしょうか?

ここ数年で、大きな地震が多く発生し、地震保険への関心も高まりつつあります。

しかし、地震保険と言うモノをしっかりと把握し、その必要性を理解している方は実は少ないのが現状と言えるのです。

そこで、この記事では、地震保険の基本的なところや火災保険との関係性から加入率や地域別で保険料が違う理由などを解説し、地震保険の必要性に迫っていきます。

この記事を読んだ後に、地震保険とはこんな保険で、こんな時に必要なのだよ!と周りに教えられるぐらいの事を書いていきます。

そして、万が一大きな地震に遭った時にも、困らないようになっておきましょう。

地震はいつ起こるかわからないモノですので、万が一の時の為にしっかりと備えておきましょう。

目次

1.地震保険とは

1.1地震保険の基本

1.2建物と家財

1.3地震保険の考え方

2.火災保険との関係性

2.1火災保険とは

2.2支払事由の違い

2.3加入方法

3.地域別の保険料の差

3.1地震保険料の地域差とは

3.2保険料の差の理由

3.3料率の違いがあるという事は?

4.加入率と付帯率

4.1全体の加入率と付帯率

4.2地域別の加入率と付帯率

5.保険金の支払い例

5.1保険金の支払いについて

5.2建物の保険金支払い例

5.3家財道具の場合

6.保険料控除

7.必要性

8.まとめ

続きを読む

最強の県民共済!?埼玉県民の特権、埼玉県民共済の魅力と実力は?

ほぼ全ての都道府県で加入することができる「県民共済」。内容は全国どこでも同じだと思っている方も多いのではないでしょうか?

実はその保障やサービス内容は全国様々。その中で、最近注目を集めているのが「埼玉県民共済」です。

埼玉県は県民共済の発祥の地。全国の共済の中でも最も長い歴史を持ち、保障内容も全国トップクラス。今や埼玉県民の2.5人に1人が加入している人気の共済です。

病気や死亡の保障の充実だけではなく、若者たちの間では「県民共済で作ったスーツが最高!」「県民共済で結婚式を挙げたけど、安く素晴らしい式になった」「県民共済でお得に快適な家が建った」など共済のイメージとはかけ離れた会話が繰り広げられています。

他県民からも羨望の眼差しが向けられている埼玉県民共済。この記事では、埼玉県民共済の様々なサービス内容と、共済の最も重要な役割である「保障」の真の実力について徹底解説していきます。

目次

1.埼玉県民共済とその多様なサービスとは?

1−1.そもそも「共済」って何?

1−2.こんな時の保障があります

1−3.これが目的で加入する人も!?予想外のオプション内容

1−4.誰がどうすれば加入できる?

2.「医療・生命共済」とは?

2−1.保障内容は?

2−2.魅力的なポイントまとめ

2−3.実力やいかに?

3.2017年9月に新登場「新型・県民共済」とは?

3−1.保障内容は?

3−2.魅力的なポイントまとめ

3−3.実力やいかに?

4.「熟年型共済」とは?

4−1.保障内容は?

4−2.魅力的なポイントまとめ

4−3.実力やいかに?

5.「こども共済」とは?

5−1.保障内容は?

5−2.魅力的なポイントまとめ

5−3.実力やいかに?

6.「埼玉県民共済」気をつけたいことまとめ

7.まとめ

続きを読む

中小企業の退職金制度への活用に向いている法人保険を詳細解説!

中小企業の経営状態は事業所によって様々です。また、起業して間もない企業もあれば、経営の基盤が固まりつつある企業もあります。

経営者の中には福利厚生、特に経営者ご自身と役員、従業員の退職金制度を整えたい方もいらっしゃることでしょう。

その際に注意すべきなのは、退職金を用意する際に加入する法人保険にも、経営者・役員の退職金に利用しやすい法人保険と、従業員の退職金に利用しやすい法人保険があることです。

それぞれの中小企業の資金状況等を踏まえて、法人保険へ無理のない加入契約をする必要があります。

今回は、退職金制度とはそもそも何か?経営者・役員、従業員の退職金に利用しやすい法人保険の種類を説明し、各保険のおすすめ商品も紹介します。

この記事を読めば、退職金制度について、退職金の用意に向いている法人保険の基本的な知識を得ることができ、保険選びの有効な一資料となるはずです。

目次

1.退職金制度について

  • 1-1.退職金制度とは?
  • 1-2.死亡退職金とは?
  • 1-3.経営者・役員、従業員の退職金として利用しやすい法人保険
  • 1-4.公的な共済制度も活用できる

2.長期平準定期保険について

  • 2-1.長期平準定期保険とは
  • 2-2.長期平準定期保険のメリット・デメリット
  • 2-3.長期平準定期保険のおすすめ商品

3.逓増定期保険について

  • 3-1.逓増定期保険とは
  • 3-2.逓増定期保険のメリット・デメリット
  • 3-3.逓増定期保険のおすすめ商品

4.全額損金定期保険について

  • 4-1.全額損金定期保険とは
  • 4-2.全額損金定期保険のメリット・デメリット
  • 4-3.全額損金定期保険のおすすめ商品

5.養老保険について

  • 5-1.養老保険とは
  • 5-2.養老保険のメリット・デメリット
  • 5-3.養老保険おすすめ商品

6.終身ガン保険について

  • 6-1.終身ガン保険とは
  • 6-2.終身ガン保険のメリット・デメリット
  • 6-3.終身ガン保険おすすめ商品

7.まとめ

続きを読む

マイカー共済はおすすめか?自動車保険との違いを解説します!

「自動車保険を節約したい」・「共済は安いと聞いたけれど補償面などが心配」と言った事をよく聞きます。

自動車保険は自動車を保有している方であれば9割以上の方が加入している事でしょう。

そして、近年ではネット系の自動車保険のCMなどで安さをアピールする保険会社も増えています。

そんな中で、共済にも自動車保険があるのをご存知ですか?

決して共済の保険をすすめる訳ではないですが、選択肢の1つとして情報があった方が良いですよね?

共済と言われると、生命共済や火災共済が有名ですが、自動車に関する補償であるマイカー共済なども有るのです。

しかし、保険会社とは少し違う共済という事で、その内容などを知らない方が多いのが現状と言えるでしょう。

そこで、元損害保険の代理店をしていた立場から、マイカー共済と一般的な自動車保険の違いや、事故の時の対応や評判なども含めて、どのような商品なのかを解説していきます。

情報の1つとして、「共済でも良いな!」と思うのであれば共済を選択し、「やっぱり一般の自動車保険が良いな!」と思うのであれば一般の自動車保険を選択してください。

あくまでも、保険を知っている立場での解説なので、決めるのはこの記事を読んでいるあなたです。

目次

1.共済とは

1.1全労済

1.2CO-OP(コープ)共済

1.3JA共済

1.4各都道府県民共済

2.自動車保険との違い

2.1補償の違い

2.2等級制度の違い

2.3保険料の違い

3.マイカー共済とは

3.1マイカー共済の特長

3.2マイカー共済のメリット・デメリット

3.3事故を起こした時の対応

4.マイカー共済の内容

4.1基本補償の内容

4.2特約について

4.3付帯サービス

4.4掛金

5.マイカー共済の評判

6.マイカー共済はおすすめか?

6.1代理店系の自動車保険との比較

6.2インターネット系の自動車保険との比較

7.まとめ

続きを読む

生命保険の受取人変更はできる?受取人の基礎知識とよくある相談事例

ご自身や家族が加入している生命保険の受取人が誰かということ、すぐに答えられますか?

配偶者や子どもが受取人になっていることが多いのではないでしょうか。

入ったばかりの頃は特に問題がなくても、年数が経つにつれて「受取人が亡くなった」「離婚してしまった」「受取人が認知症になった」など様々な理由で生命保険の受取人を変更せざるを得なくなることもありますよね。

実は、この「受取人変更」で頭を悩ませることになるケースが多いんです!困ったことが起こるその前に、生命保険や受取人に関する基礎知識と問題となる事例を見てみましょう。

生命保険は長期に渡って加入し続けるもの。この記事を読んで、生命保険をよりスムーズに活用できるようにしておきましょう!

目次

1.生命保険の仕組みとは?

1−1.生命保険ってどんなもの?

1−2.生命保険の登場人物は?

1−3.生命保険契約、どんなパターンが多い?

2.誰が死亡保険金受取人になれる?

2−1.受取人の基本ルール

2−2.内縁関係にあるときは?

3.生命保険の死亡保険金に関わる税制3つ

3−1.相続税

3−2.所得税

3−3.贈与税

4.生命保険の受取人変更で考えられるケース

4−1.受取人が死亡したとき

4−2.結婚・離婚をしたとき

5.生命保険の受取人変更でよくある相談

5−1.受取人の死後、被保険者も亡くなったケース

5−2.受取人が認知症になってしまったケース

5−3.受取人を変更したくても同意を得られないケース

6.生命保険の受取人変更で最も避けたい問題

6−1.贈与税発生!税額はどうなる?

6−2.解決策

7.生命保険の受取人変更の手続き方法

7−1.必要書類

7−2.手続きの流れ

8.まとめ

続きを読む

経営者の退職金は生命保険で積み立てるべき?詳しく解説します!

会社経営者の方々は、「経営者や役員の退職金の準備は生命保険を活用するべき!」というお話を聞いて、法人保険に興味がある皆さんもいらっしゃることでしょう。

法人向けの保険には、保険会社へ支払う保険料の一部または全部を「損金(=経費)」として、法人税の節税に役立てたり、解約返戻金を退職金に充てたりすることのできる保険商品があります。

ただし、どんな保険でも法人に有利な条件で節税をすること、退職金を積み立てることができるわけではありません。

法人向けの生命保険には、様々なタイプの保険商品があり、その商品ごとにメリット・デメリットが存在します。

経営者等の退職金を目的に積み立てる保険の特徴を十分に理解し、ご自分の会社や経営者・役員の現状に見合ったベストな保険を選ぶことが大切です。

今回は、経営者・役員の退職金の積立に有利な生命保険の種類と特徴、おすすめの保険商品をご紹介します。

この記事を読めば、退職金の積立を目的とした法人向け保険の基本的な知識を得て、保険選びの際の有力な参考資料になることでしょう。

目次

1.法人保険について

  • 1-1.法人保険とは
  • 1-2.法人保険のメリット
  • 1-3.経営者の退職金の積み立てに向いている法人保険

2.長期平準定期保険について

  • 2-1.長期平準定期保険とは
  • 2-2.長期平準定期保険のメリット
  • 2-3.長期平準定期保険のデメリット

3.長期平準定期保険のおすすめ商品

  • 3-1.東京海上日動あんしん生命保険「長割り定期」の概要
  • 3-2.長割り定期の特徴
  • 3-3.長割り定期の注目点

4.逓増定期保険について

  • 4-1.逓増定期保険とは
  • 4-2.逓増定期保険のメリット
  • 4-3.逓増定期保険のデメリット

5.逓増定期保険のおすすめ商品

  • 5-1.マニュライフ生命「プロスペリティ新逓増定期保険」の概要
  • 5-2.プロスペリティ新逓増定期保険の特徴
  • 5-3.プロスペリティ新逓増定期保険の注目点

6.全額損金定期保険について

  • 6-1.全額損金定期保険とは
  • 6-2.全額損金定期保険のメリット
  • 6-3.全額損金定期保険のデメリット

7.全額損金定期保険のおすすめ商品

  • 7-1.ネオファースト生命「ネオdeきぎょう」の概要
  • 7-2.ネオファースト生命「ネオdeきぎょう」の特徴
  • 7-3.ネオファースト生命「ネオdeきぎょう」の注目点

8.まとめ

続きを読む

JAの保険って!?絶対知っておくべき『JA共済保険』を徹底解説します

終身保険や、医療保険などの保険商品を検討する時に、必ず、引き合いに出されるのが、『共済保険』です。

中には、「なにか、ひとつ保険に入るなら」と、実際に、周囲の人から、おすすめされたことがある方も、多くおられるかもしれませんね!

特に、JAの共済保険は、「JAの保険」として、TVやCMなどでも、目や耳にしない日がないほど、盛んに宣伝されていますよね。

でも、「JAの保険」って、いったい、どういうものなのか、そもそも生命保険会社の保険とどう違うのか、実は、「よくわからない」と思われている方も、多くおられるのではないでしょうか?

JAの共済保険に限らず、基本的に、共済保険(共済)とは、月々の掛け金がリーズナブルで、気軽に加入できるタイプの保険となっています。

今回は、そもそも「JAの保険」とは何なのか、どういった点が魅力なのか、じっくり解説していきます。

JAの共済保険と、民間の保険商品との比較もしていきますので、ご自身の納得の保険選びために、是非、参考にして下さいね!

目次

1.生命保険とはナニが違うの?
1.1JAの保険と生命保険は、こう違う!

2.JAの共済保険のメリットって?
2.1割戻金がある!
2.2出資配当金がある!
2.3利便性がある!

3.誰でもJAの保険に加入できる?
3.1.正組合員になる
3.2.準組合員になる

4.JAの保険の種類って?

5.JA共済の「ひと」に関する保険
5.1生命保険会社でお取扱いされているタイプ
5.2損害保険会社でお取扱いされているタイプ
5.3生命保険会社、損害保険会社の両方でお取扱いされているタイプ

6.JA共済の「いえ」に関する保障

7.JA共済の「くるま」に関する保障

8.JA共済と他の生命保険を比較してみよう!
8.1JA共済の終身保険とオリックス生命『ライズ』の違い
8.2JA共済の医療保険とオリックス生命『新CURE』の違い

9.まとめ

続きを読む

退職金を生命保険で有効活用して、安心のシニアライフを構築しませんか?

子育ても終え、長年コツコツと勤め上げてきた会社を退職する、それは人生において大きな区切りや節目となります。

それまで家族の為に多くの時間を費やしてきたご主人や奥様が、ようやく手に入れられる、自由を謳歌する時間が到来するのです。

近年では、健康寿命も大きく伸びを見せる中、元気で若々しいシニア世代を、たくさん見かけるようになりました。

しかしながらその分、退職後のシニア期間も同時に長くなっているのです。

折角手に入れた自由な時間、それまでできなかった趣味などを謳歌することももちろんですが、当然日々の生活も送らなければなりません。

そこで重要になってくるのが、老後の資産構築です。

お金なくしては、生活も趣味もあったものではありません。

そこで今回は、退職金で保険を活用し、資産を構築する方法について、退職金の基礎知識や課税情報なども併せて、様々な視点からご一緒に検討してまいりたいと思います。

目次

1.退職金とは
1.1退職金の種類
1.2退職金の落とし穴
1.3老後に必要なお金への対策
1.4老後に見据えておくべき必要額

2.退職金の税金
2.1退職所得
2.2所得の計算方法
2.3退職所得控除の計算方法
2.4税金の計算方法

3.退職金の活用方法
3.1各種債務の整理
3.2金融商品の活用

4.生命保険で見る退職金活用
4.1保険内容の見直し
4.2手厚くすべき保障

5.終身医療保険
5.1仕組みと特徴
5.2契約例

6.定期医療保険
6.1仕組みと特徴
6.2契約例

7.引受基準緩和型保険
7.1仕組みと特徴
7.2契約例

8.養老保険
8.1仕組みと特徴
8.2契約例

9.まとめ

続きを読む

がん保険は一時金のみという選択肢もあり!必見のメリット・デメリット

がん保険に加入するなら、一時金のみという選択肢もあり!

がんは国民の3人に1人は掛かると言われている疾病で、がんに関する保障は考えておきたいですが、がんと一言でまとめて沢山の治療法があり、一部では保障できない治療も出てくる可能性があります。

そこで、一時金のみで加入するメリットがあり、この記事ではがん保険を一時金のみで加入するメリットやデメリット、おすすめのがん保険などについてご紹介しているので、がん保険を一時金のみで加入することを検討しているなら、絶対チェック!

目次

1.がん保険についておさらい

1.1 がん保険とは?

1.2  医療保険との違い

1.3 がん保険の必要性

2. 一時金だけじゃない!がん保険の保障について

2.1 入院給付金

2.2 手術給付金

2.3 一時金

2.4 その他の保障

3. がん保険を一時金のみで加入するメリット

3.1 がんで必要になる治療

3.2 新しい治療法も出ている

3.3 融通が効きやすい保障

4.がん保険を一時金のみにするデメリットは?

4.1 他の保険でのカバーが必要

4.2 入院になった場合に痛い

4.3 計画的な保険金の活用が必要

5. 一時金のみで加入するならお勧めのがん保険

5.1 がん保険days

5.2 がんベスト・ゴールドa 

5.3 ガードエックス

6.がん保険で必要になるかもしれない費用

6.1 短期的なもの

6.2 長期的なもの

6.3 先進医療

7.まとめ

続きを読む

今からでも遅くない。終身保険のおすすめを活用し資金準備をする方法とは?

「終身保険」の名称は、保険商品を選ぶ際にも聞いた事がある名前だと思います。

でも、実際に終身保険とは何かについて改めて考える機会は少ないと思います。現在は、数多く特徴のある保険商品が販売されていますが、その1つ1つをじっくり考える、研究する機会は少ないと言えます。今は、保険会社の提案任せで保険商品に入る時代は終わっています。如何に自分たちで商品の内容を吟味できるかが大切。

一生の中で、自分や家族を守る商品だからこそ、今一度、保険商品について考えてみる機会を設けてください。

今回は、その中でも継続的に人気のある「終身保険」について整理していきます。

目次

1:終身保険を知ろう

1-1:終身保険とは

1-2:終身保険の基礎知識

1-3:基本の考え|死亡保障は整理費用と考える

2:終身保険の種類を整理

2-1:低解約返戻金型終身保険

2-2:積立利率変動型終身保険

2-3:変額保険

2-4:外貨建て保険

3:終身保険のメリット・デメリット

3-1:終身保険のメリットを知ろう

3-2:終身保険のデメリットに注意

4:終身保険の活用方法

4-1:賢く利用_終身保険を「教育資金」に

4-2:賢く利用_終身保険を「老後資金」に

5:終身保険のおすすめ(人気ランキング上位をご紹介)

5-1:第1位 オリックス生命

5-2:第2位 アフラック

5-3:第3位 メットライフ生命

6:まとめ

続きを読む

今の医療技術には通院保険が必須?その理由を知って金銭的な負担を解消!

医療技術は日進月歩進歩しています。

そうした中で、入院日数が短くなっている事を知っていますでしょうか?現在の医療技術では、通院による治療が増えて来ています。

その事から、医療保険でも通院の保障が注目を浴びつつあります。

今回の記事では、医療保険の通院保障について基本的な所から解説していきます。

改めて医療保険の通院について考えて見ましょう。

目次

1:そもそも通院保険て何?

2:通院保険のメリット、デメリット

2-1:メリットとは?

2-2:デメリットとは?

3:通院保険は必要なの?

3-1:通院治療の現状

3-2:本当に必要かを検証

4:「がん治療」には通院保険!

4-1:がん治療は通院治療がメインの時代に

4-2:入院治療者数と通院治療者数の推移

4-3:がん保険と通院保険

4-3-1:基本的な保障

4-3-2:違いは「給付条件」にあり

4-3-2:もう1つの違い。「保障日数」

5:通院治療の税金処理

6:今人気の通院保険

6-1:オリックス生命 新CURE

6-2:メットライフ生命 終身医療保険フレキシィ

6-3:FWD富士生命(旧AIG富士生命) 医療ベスト・ゴールド

6-4:三井住友海上あいおい生命 &LIFE 新医療保険A(エース)プラス

6-5:東京海上日勤あんしん生命 メディカルkit NEO

7:まとめ

続きを読む

知らないと損をする。保険金の受取人を変更するだけで節税効果がある!

保険に加入する際には、保険金の受取人を指定する必要性があります。

でも、この受取人をなんとなく決めていたりしませんか?

実は、この受取人によって税金が違ってくるのです。

「なんとなく子供にしている」、「なんとなく…」ではなく、戦略的に受取人を考えるのも大事な方法です。今ある保険商品についても今一度、受取人を見直してみるのも方法の1つです。

今回は、なんとなくとなっている事が多い保険金の受取人についての基本と、変更手続きについてご紹介していきます。この記事をお読み頂き、今一度、保険の受取人について再考して頂くきっかけとなれば幸いです。

目次

1:保険金の受取人とは

2:保険金の受取人を決める基本ポイント

2-1:基本原則は?

2-2:内縁・婚約者の場合には?

2-3:複数人の指定をしたい時は?

3:死亡保険金の受取人は誰が妥当か

3-1:ポイント①基本は配偶者と子供

3-2:ポイント②受取人は限定される

3-3:ポイント③受取人が居ない場合

4:知らなきゃ損をする。受取人で税金が変わる(死亡保障)

4-1:税金の種類1|贈与税

4-2:税金の種類2|相続税

4-3:税金の種類3|所得税

5:保険金の受取人を変更する場合とは?

5-1:見直しタイミング|結婚

5-2:見直しタイミング|離婚した時

5-3:見直しタイミング|死別した時

6:保険金受取人の変更について

6-1:受取人変更の基本

6-2:受取人変更の基本の流れ

6-3:受取人変更に必要な書類

7:まとめ

続きを読む