加入している保険で税金が控除されるの?わかりやすく説明します!

現在、民間会社が販売する生命保険や医療保険、がん保険、個人年金保険に加入している方々もたくさんいらっしゃることでしょう。

民間の保険は、公的医療保険制度を補完し、ご自分の生活をより安定的に、豊かにするための備えと言えます。

この保険を継続するため支払う保険料は、確定申告等を行うことで節税効果が期待できます。

節税のために申告する控除枠は、「生命保険料控除」枠と呼ばれています。この生命保険料控除には様々な種類があります。

ただし、生命保険料控除に該当する保険があっても、ご自分で申告する必要があり、申告を忘れてしまうと税制上の優遇措置は利用できません。

申告方法は自営業者・自由業等の方か、それともサラリーマンをはじめとした事業所に勤務する方かによって異なります。

今回は民間会社が販売する保険の支払保険料を活用した、税制上の優遇措置について説明します。

この記事を読めば、生命保険料控除の種類、税金控除の計算方法や手続きについて、基本的な知識を得ることができるはずです。

目次

1.加入している保険で税金優遇措置を受ける方法について

  • 1-1.支払っている保険料で節税は可能
  • 1-2.生命保険料控除について
  • 1-3.生命保険料控除の種類

2.一般の生命保険料控除について

  • 2-1.一般の生命保険料控除とは
  • 2-2.一般の生命保険料控除に該当する保険・該当しない保険
  • 2-3.一般の生命保険料控除の新契約と旧契約について

3.介護医療保険料控除について

  • 3-1.介護医療保険料控除とは
  • 3-2.介護医療保険料控除に該当する保険
  • 3-3.介護医療保険料控除に該当しない保険

4.個人年金保険料控除について

  • 4-1.個人年金保険料控除とは
  • 4-2.個人年金保険料控除に該当する保険・該当しない保険
  • 4-3.個人年金保険料控除の新契約と旧契約について

5.生命保険料控除額の計算方法

  • 5-1.計算方法(所得税の場合)
  • 5-2.計算方法(住民税の場合)
  • 5-3.事例をあげて計算

6.生命保険料控除の申告方法

  • 6-1.確定申告の場合
  • 6-2.年末調整の場合
  • 6-3.年末調整を忘れても大丈夫

7.まとめ

続きを読む

JAの学資保険「こども共済」とは?賢く選んで子供の将来に備えよう

学資保険と言えば子供の将来を考える保険ですが、どの保険が良いか迷いますよね?
そんなときにこそ、JA共済の学資保険がおすすめです!

いくつかプランがありますが、どれも子供の教育資金に役に立ってくれるでしょう。
それらのプランをわかりやすく解説いたします。

特に、充実した医療共済も含めて「こども共済」は万が一の保障もついているので、是非とも検討してみてはいかがでしょうか?

目次

1. 学資保険の性質とは?
1-1 学資保険は学資の準備のため
1-2 学資保険による医療保障

2. JA共済の学資保険とはどういうもの?
2-1 JA共済『すてっぷ』
2-2 JA共済『にじ』
2-3 JA共済『えがお』

3. JA共済のポイント
3-1 JA共済のメリット
3-2 JA共済のデメリット

4. JA共済の学資応援隊について
4-1 学資応援隊の満期年齢とは
4-2 学資応援隊の学資金受け取り割合

5. JA共済学資保険の返戻率
5-1 JAの学資保険「養育年金特則付」
5-2 JA学資保険の返戻率を上げる方法は

6. JA学資保険のおすすめ学資保険
6-1 事前審査もアリ!
6-2 学資保険を選ぶ際の手順

7. 学資保険のタイプをおさえよう
7-1 元本割れは起こさないように努めよう!
7-2 こども共済の口コミと評判

8. まとめ

続きを読む

学資保険の利率を徹底比較!ベストな学資保険の選び方を教えます!

『子供には不自由ない教育を受けさせたい』
子供を持つ親としては、皆さん同じように考えられると思います。
ただ、高校、大学へ進学するとなると、教育費は何百万円とかかることになります。
その費用を準備する方法として皆さん考えられるのが、『学資保険』だと思います。
でも、学資保険って色んな会社からでているし、どれを選んだらいいのかよくわからないですよね。

保険って難しくてよくわからないけど、適当に選んで損はしたくないし、自分で調べても本当にそれで大丈夫なのかと悩むものです。

学資保険は『返戻率』を正しく比較することで、どれを選べばよいか判断することができます。

今回は、子供を持つ多くの皆さんが学資保険を選ぶ基準にしている『返戻率』について、最新の比較表を載せています。
そして、どのようにして学資保険を選べばよいか、その方法をわかりやすくご紹介いたします。

お子様の将来のためにも、この記事を読んで、あなたにベストな学資保険を見つけていただければと思います。

目次

1.そもそも学資保険ってどうして必要なの?
1-1.学資保険ってどういうもの?ほかの保険と何が違うの?
1-2.子どもの学費、どれだけかかるか知っていますか?
1-3.どうして多くの人が学資保険に入るんでしょう?
2.学資保険は利率ではなく返戻率で比較しよう!
2-1.利率ってなに?
2-2.返戻率ってなに?
2-3.学資保険はどうして返戻率で比較するの?
3.これですべて丸わかり!学資保険の返戻率比較表
4.あなたにベストな学資保険を選ぼう!
4-1.学資保険って、返戻率が一番高いものを選べばいいの?
4-2.まずは、学資保険のお金の受け取り方を決めよう!
4-3.次は、学資保険の保険料の払い方を決めよう!
4-4.最後に、学資保険の返戻率が高いものを選ぼう!
5.学資保険を選ぶときに気をつけておくこと
5-1.保険会社が倒産したらどうなるの?
5-2.学資保険を途中でやめてしまったらどうなるの?
6.学資保険の代わりになる保険ってあるの?
6-1.学資保険の特徴を振り返ってみよう
6-2.学資保険の代わりに終身保険をすすめられたんだけど?
6-3.学資保険の代わりに外貨保険をすすめられたんだけど?
7.まとめ

続きを読む

学資保険の受取人次第で税金が変わる?保険金受取人を確認しよう!

学資保険ってご存知でしょうか?子供がいる方なら、将来の教育資金に考えたこともあるはず。これは生命保険の類なので税金がかかってしまうのですね。

実は、学資保険の契約者と受取人の関係で税金の処置が変わってくるんです!
贈与税と所得税の判断も知っておくべきでしょう。

今回は、学資保険の受取人によって税率が変わるという内容をわかりやすく解説いたします。是非ご覧くださいませ。

目次

1. 学資保険は子供の教育資金
1-1 保険契約の基本を知ろう!
1-2 学資保険と他の保険は性質が違う?

2. 学資保険の3者はどういうもの?
2-1 学資保険の保険料払込免除制度がある
2-2 親権者に万が一の事態になったら
2-3 死亡した場合の受取人手続き

3. 学資保険の受取人次第で税金が変わる!
3-1 受取人が子供なら贈与税の対象
3-2 保険契約者と受取人が同じ場合は所得税の対象

4. 離婚したら早めの受取人変更を
4-1 受取人変更は親族のみ?
4-2 学資保険の契約者は両親以外でも?

5. 税金が気になるなら受取人は契約者が無難?
5-1 養老保険は学資保険の代わりになる?
5-2 終身保険はどうなの?

6. 学資保険の受取人を祖父母にするなら
6-1 所得税や贈与税に注意!
6-2 保険料払込免除特約がなくなる?

7. 受取人に所得税がかかるとき
7-1 贈与税がかかるときの税率
7-2 受取人変更に必要な書類と手続き

8. まとめ

続きを読む

学資保険の名義を変更したいなら?離婚してしまったらどうする?

学資保険は子供の教育資金として大切な投資です。子供の将来をしっかりと考えているならば、強い味方になってくれるでしょう。

ですが、もし離婚をしてしまったらどうすればいいのでしょうか?
その際はすぐに名義変更の手続きをとりましょう!本来は、加入する保険契約の契約者を変更することはできませんが、離婚などによる特別な事情がある場合に限り、名義変更を行うことが可能となります。

適切な手続きをとらないと、大きなトラブルになってしまうこともありえます。今回は名義変更に関する内容や手続きを詳しくまとめましたので、是非とも参考にしてみてください。

目次

1. 学資保険とは?
1-1 学資保険の本来の目的
1-2 学資保険のメリット

2. 学資保険の受取人はどうなっている?
2-1 契約者は子供?妻?
2-2 収入が多い方はどっち?

3. 学資保険の名義変更をする
3-1 名義変更のタイミング
3-2 名義変更する際の手続き

4. 離婚した際はどうすればいいの?
4-1 生命保険会社によって手続きが異なる?
4-2 手続きを取らないとトラブルに

5. 学資保険が誰のものになるか
5-1 離婚時に保険を解約したくない
5-2 学資保険は解約しづらい?

6. 保険料は女性を契約者に?
6-1 契約者によっては税金の対象に?
6-2 名義変更は契約者本人のみ

7. 離婚協議には保険は疎かになりがち?
7-1 満期額を受け取れなくなる場合も?
7-2 保険会社は自動で名義変更しないので注意
7-3 新規の学資保険に加入できない可能性も出てくる?
7-4 解約返戻金の元割れになる!

8. まとめ

続きを読む

子の教育費はいったいどれ位かかるの!?わかりやすく解説します!

ご夫婦の間にお子さんが生まれたことはめでたいことです。しかし、お子さんが生まれた後に必要になってくるのが教育資金です。

一般的にお子さんは幼稚園から高校まで進学していきますが、公立に進学するか、私立に進学するかでもかかる教育費は大きく異なります。

また、現在では大学の入学もさほど難しくはなくなり、大学進学を想定した早期の備えも必要になってくるでしょう。

一方、長期にわたるお子さんの教育にかかる費用を、貯金だけで賄うのが心配な保護者の方もいらっしゃるはずです。

そこで今回は、幼稚園から、小学校、中学校、高校、そして大学までにかかる教育費について説明します。

そして、多額に上ることになる教育資金の積立にうってつけの保険についても紹介していきます。

この記事を読めば、お子さんの教育費の目安を確認することができ、資金積立のための有効な方法を知ることができるでしょう。

目次

1.子の教育費について

  • 1-1.子の教育費を考える
  • 1-2.進学は公立か私立か?
  • 1-3.大学は入りやすくなっているが・・・

2.幼稚園の教育費(学習費)について

  • 2-1.公立幼稚園の場合
  • 2-2.私立幼稚園の場合
  • 2-3.公立と私立の教育費(学習費)を比較してみる

3.小学校の教育費(学習費)について

  • 3-1.公立小学校の場合
  • 3-2.私立小学校の場合
  • 3-3.公立と私立の教育費(学習費)を比較してみる

4.中学校の教育費(学習費)について

  • 4-1.公立中学校の場合
  • 4-2.私立中学校の場合
  • 4-3.公立と私立の教育費(学習費)を比較してみる

5.高校の教育費(学習費)について

  • 5-1.公立高校の場合
  • 5-2.私立高校の場合
  • 5-3.公立と私立の教育費(学習費)を比較してみる

6.大学の教育費(学習費)について

  • 6-1.国立大学の場合
  • 6-2.公立大学の場合
  • 6-3.私立大学の場合
  • 6-4.大学4年間の生活費も考える

7.学資保険について

  • 7-1.学資保険とは
  • 7-2.貯蓄型学資保険が人気
  • 7-3.進学だけではない子の将来を考える

8.まとめ

続きを読む

子供保険ってどういうもの!?おすすめの子供保険ランキングを参考に、そこからスバリ解説します!

子供保険は、子供のための保険ですが、そう聞くと、まずは、「学資保険」を思い浮かべられる方も多いのではないでしょうか?

実際に、現在、「学資保険を検討中」という方もおられるかもしれませんね!

「学資保険」は、将来のお子さんのための教育資金作りに適している保険商品ですが、中には、医療保障などを特約でつけることができるタイプのものも販売されています。

そういったタイプの学資保険の他にも、子供のための保険には、さまざまな種類のものがあるということを、ご存知でしょうか?

今回は、子供保険の種類をご紹介しつつ、おすすめランキングも紹介していきます!

大切なお子さんの未来を守るために、是非、賢く備える親になりましょう!

目次

1.子供保険って?

2.子供保険を知ろう!
2.1終身医療保険タイプ
2.2学資保険+医療保険の混合タイプ
2.3学資保険+育英年金の混合タイプ
2.4個人賠償責任補償タイプ
2.5第三者による加害行為を補償するタイプ

3.子供に使える公的な医療保障を考えよう!
3.1子供に使える公的な医療保障を考えよう!

4.子供に使える公的な医療保障の違いって?
4.1助成を受けることができる子どもの年齢
4.2通院、入院による違い
4.3保護者である親の所得制限があるか
4.4一部負担金があるかどうか
4.5助成方法は、現物給付か償還払いか

5.子供保険の加入はどうする?
5.1小学校入学前の場合
5.2小学生の場合
5.3中学生の場合

6.子供保険おすすめランキング

7.まとめ

続きを読む

明治安田生命つみたて学資を徹底調査!人気の理由はどこに?!

子供の教育費は成長とともに負担が大きくなり、大学入学時にピークを迎えると言われています。将来のことを考えて、子供が小さい内に、早めから教育資金を準備したいと思われているご家庭もあるでしょう。

教育資金を貯める選択肢の一つとして、保険を活用する方法があります。その中でも一般的なのが「学資保険」です。テレビCMや妊婦・赤ちゃん雑誌などでも多く紹介されているので、一度は名前を聞いたことがあると思います。

学資保険は親に万一のことがあった際の保障を受けながら、貯金が苦手な人も目標の金額を確実に手に入れることができる保険です。学資保険に加入したいと思っても、学資保険商品も様々あり、どれも良い気がしてきて目移りしてしまいます。さて、どの商品が自分にとってベストなのでしょうか?

今回は、学資保険の中でも人気のある明治安田生命つみたて学資について、内容を徹底調査していきたいと思います。学資保険の基本的な仕組みをお伝えした上で、明治安田生命つみたて学資の特徴やプランの詳細、メリット・デメリットについてご紹介いたします。

この記事を読んで、明治安田生命つみたて学資がご自分にとってベストな商品なのかを判断するための参考にしてもらえればと思っています。一度加入すると長いお付き合いになる保険です。後悔しないように選んでいきましょう!

目次

1.学資保険とは

1.1 契約者・被保険者・保険金受取人

1.2 保険料払込期間

1.3 保険満期と学資金の設定金額

1.4 学資金の受け取り方

1.5 保険料と支払い方

1.6 返戻率

1.7 学資保険の種類

2.明治安田生命 つみたて学資の特徴

3.明治安田生命 つみたて学資のプラン

4.明治安田生命 つみたて学資「Ⅰ型」「Ⅱ型」の詳細

4.1 プランのシュミレーション

4.2 加入年齢と契約者年齢

4.3 満期年齢と学資金の受取時期

4.4 保険料払込期間

4.5 保険料と返戻率

4.6 保険料の支払い方

5.明治安田生命 つみたて学資「Ⅰ型」「Ⅱ型」の違い

5.1 保険料払込免除の範囲

6.明治安田生命 つみたて学資のメリット・デメリット

6.1 メリット

6.2 デメリット

7.まとめ

続きを読む

学資保険は税金の控除対象!年末調整でしっかりと節税を!

子供の将来を考えたい・・・。そこで有効なのが学資保険というものです。

この学資保険とは、お子さんの教育費などを補助することを目的として、大学入学など教育資金が必要になると予め設定した時期に給付金としてまとまったお金を受け取ることができる保険のことですが、実は税金控除の対象になっているってご存知でしょうか?

学資保険は生命保険の類なので、申請をすれば対象になることが多いのです!年末調整の時に申告する必要があるので、忘れずに申告してみましょう。

今回は、学資保険の税金控除のために必要な内容をまとめました!
是非ご覧ください。

目次

1. 学資保険ってどういう保険?
1-1 学資保険の特徴を知ろう!
1-2 学資保険と貯蓄の違い

2. 学資保険は控除対象ってご存知?
2-1 学資保険にかかる税金について
2-2 保険料控除額の仕組み

3. 学資保険の控除をするための手続きとは
3-1 学資保険は生命保険
3-2 保険料控除申告書の構成

4. 年末調整でどのような対応を?
4-1 年金受け取りは「雑所得」に分類
4-2 一般生命保険料控除を知ること

5. 学資保険の契約者と受取人の関係が大事
5-1 受取人が違うと贈与税に?
5-2 受取人が同じ場合は所得税の対象に?

6. 控除を受けるために注意するポイント!
6-1 一括受け取りにすると良いって本当なの?
6-2 自営業者が年金受け取りにすると?
6-3 学資保険の控除申請が年末調整に間に合わなかった

7. 保険料控除の詳細
7-1 新制度と旧制度の違い
7-2 学資保険の年末調整について注意すること
7-3 年末調整の控除申請は早めに

8. まとめ

続きを読む

個人年金は確定年金か終身年金か!老後の生活が心配なら備えよう!

個人年金ってどの程度まで理解されていますでしょうか?
年金というと老後の生活を想像しますよね。個人年金は個人で行う貯蓄型の保険なんです!

でも、できるなら保障やお金についてしっかりと知っておきたい。そんな長生きに対するリスクに対応する保険として終身年金の活用をおすすめします。

他の保険と役割を区別して、自分にぴったりの個人年金に加入してみませんか?

目次

1. 個人年金ってどんなもの?
1-1 確定年金とは?
1-2 終身年金をしっかり知ること

2. 個人年金保険の特徴
2-1 確定年金の積み立て
2-2 個人年金保険の終身年金の仕組み
2-3 個人年金保険の種類

3 終身年金の仕組み
3-1 終身年金のメリット
3-2 終身年金のデメリット
3-3 終身年金の保証について

4 確定年金と終身年金の保険料
4-1 老後にどれくらいお金が必要か
4-2 老後の期間を想定しよう
4-3 老後の年金は非常に大事!

5 終身個人年金の保険料を比べよう
5-1 個人年金保険と死亡保険の違い
5-2 個人年金保険と養老保険の違い

6 個人年金保険比較のポイント
6-1 個人年金保険のメリット
6-2 個人年金保険のデメリット

7 返戻率が高いかどうか
7-1 元割れは避けよう!
7-2 満期の条件を区別しよう

8 まとめ

続きを読む

学資保険は確定申告する必要があるの?申告するメリットは?詳細解説!

現在、お子さんの教育資金の確保を目的とした貯蓄重視の学資保険が人気です。こちらの保険に加入を検討している保護者の方々も数多くいらっしゃることでしょう。

学資保険は、お子さんたちの健やかな成長と充実した教育のために、早いうちから保険に加入し、コツコツと資金を積み立てていきます。

この資金を積み立てる際に支払う保険料は、確定申告等を行うことで節税効果が期待できます。

申告方法は自営業者等の方か、それともサラリーマンをはじめとした事業所に勤務する方かによって異なります。

しかし、学資保険で受け取った満期金は、場合によって税金がかかってしまうことをご存じでしょうか?

一定の条件にあてはまると、所得税の一時所得、雑所得や贈与税の課税対象になる場合があります。満期金が課税対象になってしまったら、やはり税務署へ申告する必要が出てきます。

今回は学資保険において、確定申告等で行う税金控除の計算方法や手続き、そして満期金が課税対象になるケースを説明します。

この記事を読めば、学資保険の申告方法と税金について基本的な知識を得ることができるはずです。

目次

1.学資保険と確定申告について

  • 1-1.学資保険とは?
  • 1-2.学資保険は税金控除の対象?
  • 1-3.自営業者とサラリーマンの申告について

2.学資保険で税金控除!

  • 2-1.学資保険は生命保険料控除の対象
  • 2-2.一般生命保険料控除とは
  • 2-3.新契約と旧契約

3.生命保険料控除額の計算方法について

  • 3-1.所得税の場合
  • 3-2.住民税の場合
  • 3-3.事例をあげて計算してみる

4.異なる申告方法

  • 4-1.自営業等の場合(確定申告)
  • 4-2.サラリーマンの場合(年末調整)
  • 4-3.年末調整を忘れたら?

5.学資保険の満期金について(その1)

  • 5-1.満期金を受け取ったら税金がかかる?
  • 5-2.返戻率が高いのは良いけれど・・・・
  • 5-3.受取人ごとに異なる税金

6.学資保険の満期金について(その2)

  • 6-1.一時所得がかかる場合
  • 6-2.雑所得がかかる場合
  • 6-3.贈与税がかかる場合

7.まとめ

続きを読む

ニッセイ学資保険が選ばれる理由とは?内容を徹底調査!

子供の将来のために教育資金を準備したいと思い、「学資保険」への加入を検討するご家庭も多いでしょう。現在、子供を持つ家庭の6割が学資保険に加入しているという調査データがあり、学資保険への興味の高さがうかがえます。

学資保険といっても、複数の会社に様々な商品やプランがあります。いきなり全部を比較していくのは難しいと思うので、学資保険に入る目的を考えて、それにマッチする候補を絞り込みましょう。そして、候補について詳細に検討していくのが良いでしょう。

詳細に検討する方法として各保険会社のホームページで、保険料などをシュミレーションできますが、保障内容の特徴まではなかなかご自分では分かりにくいものです。

今回は、多くのご家庭が候補にしているニッセイの学資保険について的を絞り、内容を徹底調査していきたいと思います。学資保険の基本的な仕組みをお伝えした上で、ニッセイ学資保険の特徴やプランの詳細、メリット・デメリットについてご紹介いたします。

この記事を読んで、ニッセイ学資保険を候補にされているご家庭はもちろん、候補にされていないご家庭にもぜひ参考にしてもらい、ニッセイ学資保険が選ばれる理由を見つけていきましょう。

目次

1.学資保険とは

1.1 契約者・被保険者・保険金受取人

1.2 保険料払込期間

1.3 保険満期と学資金の設定金額

1.4 保険料と支払い方

1.5 返戻率

1.6 学資保険の種類

2.ニッセイ 学資保険の特徴

3.ニッセイ 学資保険のプラン

3.1 ニッセイ 学資保険「こども祝い金あり型」

3.2 ニッセイ 学資保険「こども祝い金なし型」

4.ニッセイ 学資保険「こども祝い金あり型」の詳細

4.1 加入年齢と契約者年齢

4.2 満期年齢と学資金の受取時期

4.3 保険料払込期間

4.4 保険料と返戻率

4.5 保険料の支払い方

5.ニッセイ 学資保険「こども祝い金なし型」の詳細

5.1 加入年齢と契約者年齢

5.2 満期年齢と学資金の受取時期

5.3 保険料払込期間

5.4 保険料と返戻率

5.5 保険料の支払い方

6.ニッセイ 学資保険のメリット・デメリット

6.1 メリット

6.2 デメリット

7.まとめ

続きを読む

学資保険の必要性ってどんなもの?子供のために考えてみよう!

子供の将来を考えた時に大きな不安の一つが教育費ではないでしょうか?

子供が大学を卒業するまでに掛かる費用は数千万円とも言われています。

しかし、急な出費や万が一の事があった場合はどうしよう・・・・
そんな時のために、学資保険があるのです。

大きなお金が必要になる時期まで、コツコツと積み立てて準備をして、親に万が一のことがあっても大丈夫なようにしておく。

そんな学資保険の必要性とメリット・デメリットをしっかり理解して、大きな不安を解消しましょう。

この記事では、学資保険の基本から、子供に掛かる教育費などを説明しますので、自分に合った積み立ての仕方を是非見つけてください。

目次

1. 学資保険ってどんなもの?
1-1 保険の保障内容とは?
1-2 学資保険は何歳から入れる
1-3 学資保険の必要性

2. 子供の学費は高いもの!
2-1 学費はどれくらいかかるの?
2-2 資金準備するうえで大切なこと
2-3 子供の将来を考えよう

3. 学資保険の現状を知ろう
3-1 学資保険のメリット
3-2 学資保険のデメリット
3-3 学資保険の特徴

4. 貯蓄ができない方はオススメ
4-1 子供の学業を第一に考える
4-2 バランスよく資産運用を

5. 学資保険に向いている方
5-1 貯蓄もして保障も欲しい
5-2 いざというときの確実性
5-3 保険料免除などの得な機能

6. 学資保険の強みと他の積立
6-1 学資保険と積立定期
6-2 学資保険と国債

7. 学資保険で注意することとは?
7-1 原本割れは怖い?
7-2 返戻率を確かめること!
7-3 無理のないプランにしよう

8. まとめ

続きを読む

真偽はいかに?ニッセイ学資保険のメリット/デメリットを徹底解剖!

マイナス金利導入により、保険に限らず金融商品は軒並みその金利を下げる中、私たちは蓄財の手段を模索し、迷走せざるを得ないのが、現在の日本経済の実情でしょう。

そんな経済的不況と言う背景によって、少子化に歯止めがかからない昨今ですが、少子化だからこそ子供たち一人ひとりに対して、手厚い教育が受けられるようなイメージを、お持ちかと思います。

しかしながら現実は、子供一人あたりにかかる教育費は減少するどころか、むしろ上昇傾向にあることをご存知でしょうか。

そうした諸々の経済状況から、教育費の蓄財方法として人気を集めている商品が、学資保険です。

とりわけ口コミランキングの中に必ずと言っていいほど登場してくるのが、ニッセイの学資保険です。

そこで今回は、そんなニッセイの学資保険の、メリットとデメリットを両側面から見て、その実力に迫っていきたいと思います。

目次

1.教育にかかる費用とは
1.1学習費
1.2学習費以外の教育費用
1.3教育費総額めやす

2.学資準備金の貯蓄方法
2.1金融機関商品の活用
2.2生命保険商品の活用

3.生命保険商品で備える方法
3.1定期保険
3.2終身保険
3.3養老保険
3.4学資保険
3.5収入保障保険

4.学資保険とは
4.1仕組みと特徴
4.2メリット
4.3デメリット

5.日本生命企業情報
5.1企業概要
5.2経済性情報

6.ニッセイの学資保険
6.1仕組みと特徴
6.2祝い金無しプラン
6.3祝い金ありプラン
6.4プラン比較

7.ニッセイ学資保険評価
7.1メリット
7.2デメリット

8.まとめ

続きを読む

介護保険の必要性と基本を整理して「もしも」に備えよう!

もしも、今、介護が必要な生活になったらどうしますか?

実際に、いきなりその時が訪れる事があります。それは自分を介護する場合も、家族を介護する場合も。そんな時は、突然訪れます。予め、準備に準備が出来ていればよいのですが、もしも…という時に困らない様にするにはどうしたらいいのでしょうか?

答えは簡単です。

今から準備をしていくこと。

その準備は、介護保険制度を知る事から始まります。公的、民間とある介護保険制度について、その特徴を解説していきます。いろいろな情報がありますので、ここで1度おさらいしていきましょう。備えをするには、まずは相手を知ることが基本中の基本。

いきなり準備を…と言われるよりも、まずは情報を集め、その内容を知ることからです。知らないでは済まされない時代だからこそ、今一度、その内容について整理していきましょう。

目次

1:介護保険の仕組みを大分析

1-1:公的介護保険制度

1-1-1:公的介護保険制度の仕組み

1-1-2:対象特定疾病

1-1-3:適用条件 要介護状態とは

1-2:民間の介護保険制度

1-2-1:民間の介護保険制度の仕組み

1-2-2:適用条件 要介護状態とは

2:公的介護保険と民間の介護保険の違い

2-1:加入条件

2-2:利用条件

2-3:保障内容

3:介護保険の必要性

3-1:時代背景

3-2:必要とされる理由

4:介護保険の活用例

5:まとめ

続きを読む

日本生命「ニッセイ学資保険」の特徴と注意点について詳細解説!

学資保険は、お子さんの将来の教育資金を積み立てることが目的の一つである保険です。現在、学資保険選びをしている保護者の方々もいらっしゃることでしょう。

貯蓄を目的とする学資保険は、お子さんが成長しいくなかで充実した教育を受けるために、教育資金をコツコツ積み立てていきます。

現在では大学の入学もあまり難しくはなく、大学進学を想定した早期の備えを考えている保護者の方々は多いはずです。

ただし、学資保険は保険商品の種類も多く、どのような保険商品を選ぶか迷われることもあるでしょう。

そこで今回は、日本生命の学資保険である「ニッセイ学資保険を紹介します。この保険は、教育資金の積立に特化した保険で、保険内容のシンプルさと返戻率の高さで人気があります。

このニッセイ学資保険の特徴と、プランのモデルケースや注意点等を説明します。

この記事を読めば、ニッセイ学資保険の特色を理解することができ、学資保険選びをする際の有効な参考資料になることでしょう。

目次

1.​日本生命​の学資保険について

  • 1-1.学資保険とは?
  • 1-2.日本生命とは?
  • 1-3.日本生命の学資保険について

2.ニッセイ学資保険について

  • 2-1.ニッセイ学資保険の特徴
  • 2-2.ニッセイ学資保険のプランとは
  • 2-3.加入のタイミングについて

3.ニッセイ学資保険のこども祝金なし型について

  • 3-1.こども祝金なし型の概要
  • 3-2.こども祝金なし型の保険内容
  • 3-3.こども祝金なし型をシュミレーションしてみる

4.ニッセイ学資保険のこども祝金あり型について

  • 4-1.こども祝金あり型の概要
  • 4-2.こども祝金あり型の保険内容
  • 4-3.こども祝金あり型をシュミレーションしてみる

5.ニッセイ学資保険の注目点と評判

  • 5-1.ニッセイ学資保険の注目点について
  • 5-2.返戻率だけではない心のケア
  • 5-3.ニッセイ学資保険と評判

6.ニッセイ学資保険の注意点

  • 6-1.ニッセイ学資保険のデメリットについて
  • 6-2.教育資金だけが備えではない
  • 6-3.親と子の保障について

7.まとめ

続きを読む

個人年金のメリットを知って老後の生活を安泰にする時代が来た!

老後の生活に心配はありませんか?

心配なんてないよ!と言い切れる人はどの程度いるのでしょうか?

老後なんてまだまだと思っている方も多いと思いますが、今のままで老後が安泰と言えるのでしょうか?

老後の生活について、今は自分で備える必要がある時代となりました。

備えないといけない時代ともいえます。

備えないと危険な時代です。

それでも、簡単に準備、備えるという事を言われてもどうしたら良いか不明ではないでしょうか。

それでは、その前に個人年金の仕組みを知る事や、備えを準備する事で得られるメリットがある事も知っておいてください。老後になる前からメリットがある個人年金を知る事で、老後の備えを万端にしていきましょう。

安心できる老後の生活は、今から準備すれば大丈夫です。きっと、安心した老後を迎える準備を出来ることになります。その為に1つ1つの事を整理して理解していきましょう。

目次

1:年金制度のしくみを理解しよう

2:個人年金の種類を整理しよう

3:個人年金のデメリット 加入前には落とし穴を整理しよう

4:種類別の個人年金メリット・デメリットを整理する

4-1:定額個人年金保険

4-2:-変額個人年金(一時払いの場合)

5:個人年金での節税効果

6:老後のための積立方式

6-1:個人年金保険

6-2:確定拠出年金

6-3:財形年金貯蓄

6-4:小規模企業共済

6-5:国民年金基金

6-6:企業年金(厚生年金基金など)

7:まとめ

続きを読む

保険選びの重要ポイント!知らなきゃ損する積立保険の魅力を大公開。

生命保険には、いろいろな商品があります。それぞれの商品には、それぞれの良い所がありますが、加入する際にもっと悩んでしまうのが「積立型」か「掛捨型」かということ。そこで、2つの基本的な違いをまずは整理しましょう。

その為にはそれぞれの特徴とメリット、デメリットを整理する事も大事。

その上で、なぜ「積立保険」がおすすめかの理由までを一気にご紹介していきます。せっかく知ったなら、今加入するとメリット満載のおすすめ商品もご紹介します。自分に合うのが、どのタイプかを知る事はとても大事なことです。

まずは、違いの整理からはじめていく事で、積立保険を勧められる理由が理解できるのではないでしょうか?保険商品を悩むなら、まずはここから始めてみませんか?

目次

1:基本の整理1|保険の仕組み

2:基本の整理2|積立保険とは

2-1:積立保険とはなに?

2-2:積立保険のメリット

2-3:積立保険のデメリット

2-4:積立保険の種類

3:基本の整理3|掛け捨て保険とは

3-1:掛捨て保険とはなに?

3-2:掛捨て保険のメリット

3-3:掛捨て保険のデメリット

3-4:掛捨て保険の種類

4:積立保険を勧める理由

5:お勧め商品|郵貯の積立保険の仕組み

6:まとめ

続きを読む

知らなきゃ損する話!養老保険の基礎とおすすめ理由を大公開

保険商品の1つ「養老保険」。

養老保険のことをちゃんとしっていますか?いまさら…基本的な事を聞けない。そんな事を思っていませんか?

でも、大丈夫です。今回、養老保険の基本中の基本の整理から、養老保険の特徴や混同されやすい学資保険、個人年金の違いまでをご紹介します。これを読めば養老保険の基礎は完璧。せっかく知るなら、今人気の商品への加入も検討したいもの。

そこで、不動の人気を誇るかんぽ生命までもご紹介していきます。【知る→活用する】この流れを今回は、作っていきましょう。しっかりと養老保険の事について、整理していきましょう。

きっと今までの疑問が整理できる様になります。商品を知って、うまく活用していきましょう。

目次

1:今さら…養老保険の基本の基本

1-1:養老保険とは?

1-2:養老保険の特徴は?

1-3:養老保険になる生命保険とは?

2:生命保険の基礎を整理しよう

2-1:生命保険の種類を整理

2-2:保険の違いを再整理

3:学資保険と養老保険の関係

3-1:学資保険のおさらい

3-2:2つの関係をみてみよう

4:養老保険を勧める理由

5:養老保険の選び方

6:養老保険のメリット・デメリット

7:人気商品 かんぽ養老保険をご紹介

8:まとめ

続きを読む

今から入るなら、こちらを検討!変額保険を活用しないと損をする

「変額保険」という言葉を知っていますか?実は、ちまたで大注目の保険商品。

今までの保険商品では満足していないという人は、変額保険にチャレンジをしてみませんか?今までの保険商品とは何が違うのか?どんな種類があるのか。基本の事は、ここで全て解決します。

基本中の基本を整理すると同時に、メリット・デメリット、そして、この商品が適している人のタイプまで変額保険を活用する基本を全て整理していきましょう。

今まで「変額保険」という言葉を知らなった人も、言葉だけを知っていた人も、基本の仕組みや種類を知って、今後の活用をぜひ検討してください。

目次

1:変額保険の基礎のきそ

1-1:変額保険ってなぁに?

1-2:変額保険の種類

1-2-1:終身保険タイプ

1-2-2:有期保険タイプ

1-2-3:個人年金保険タイプ

1-3:信託預金との違い

2:変額保険のメリット・デメリット

2-1:知らなきゃ損!変額保険のメリット

2-2:落とし穴に注意!変額保険のデメリット

3:相続税での活用ポイント

3-1:生命保険の非課税枠

3-2:納税と現金

3-3:受取人

4:変額保険に向いている人とそうでない人

5:ここは注意!変額保険で必要となる経費

6:まとめ

続きを読む