保険口コミ

学資保険の様々な「いくら?」の疑問を徹底解説いたします!

学資保険を検討されている方の中には、「いったい、他の人はどれくらい?」と、気になられている方も多いのではないでしょうか?

ご家庭ごとに、教育費としてかけられる金額には、違いがあることは当然のことですが、やっぱり、親としては、「人並み」のことを、子どもにはしてあげたいと思うものですよね。

では、その「人並み」とは、どれほどであるのか?

今回は、その点をクリアにしつつ、お子さんのために準備するべき学資保険を検討していきましょう!

安心して、お子さんの将来を応援してあげられるように、できるうちから、是非、備えていきましょう。

あとで、後悔してもナニも始まりませんから!

目次

1.学資保険ってどんな保険?

2.学資保険の満額は「いくら?」
2.1平均的な金額は「いくら?」
2.2学資保険の満期金の考え方

3.学資保険の月額保険料はいくら?
3.1平均的な金額は「いくら?」
3.2学資保険の月額保険料の考え方

4.学資保険でいくら備えれば、安心できる?
4.1年齢別の教育費って?
4.2備えるべき学資保険の金額って?

5.リアルにシュミレーション!
5.1高校進学時の費用を検証!
5.2進路別の入学費用を検証!

6.学資保険の保険料控除は「いくら?」

7.学資保険を解約したら、「いくら?」

8.まとめ

続きを読む

学資保険を金額から見る!保険料平均月額や満期額など絶対チェック!

貯蓄を目的とした保険なのだから、しっかりとチェックしたい学資保険の金額のこと。

 

満期の保険金は出来るだけ多いほうがいいし、払込期間も短い方がいいけど、やはり月々の保険金の負担とのバランスが重要になりますよね。

 

なので!この記事では、各家庭の平均の保険金の月額や保険金の平均、それに加えて返戻率を高くするコツなどについてもご紹介しているので、学資保険の加入を検討している方は必見!

目次

  1. 学資保険は金額をしっかりチェック!

         1.1 学資保険をおさらい

         1.2 金額が重要な訳 

  1. 学資保険の金額を左右する様々な要因

        2.1 学資保険のタイプ

        2.2 返戻率

        2.3 その他にもこんな所に

  1. 学資保険の平均保険料や保険金は?

         3.1 学資保険はバランスが大事

         3.2 平均の保険料は月額○円!

         3.3 平均の保険金の金額は○円!

  1. 保険金から見たおすすめの学資保険!

         4.1 ソニー生命の学資保険【200万円】

         4.2 終身保険RISE【200万円】

         4.3 スミセイのこどもすくすく保険【120万円】

 5. 学資保険の返戻率をあげるために出来ること

        5.1 出来るだけまとめて支払う

        5.2 出来るだけまとめて、遅く

        5.3 その他にもこんな事が出来る

  1. 子供保険との違いは?

         6.1 子供のためという点では似てるかも

         6.2  学資保険は貯蓄のため

         6.3 こども保険は何か合ったときの保険

  7. 学資保険の月額平均や返戻率についておさらい

        7.1 学資保険の月額平均や保険金

        7.2 あげるために出来ること

     8. まとめ

続きを読む

明治安田生命の「つみたて学資」とはどんな内容?他社との比較も含め解説

子供が生まれると、子供のための教育費の心配が増えますよね。

子供が大学卒業までにかかる費用は、1,000万円とも2,000万円とも言われています。

日々の生活もしながら、子供の将来のためにコツコツと貯蓄をしていくのか、学資保険に加入した方が良いのか悩んでいる方も少なくないでしょう。

学資保険と一言で言っても、その商品の数も多く、特徴や種類も沢山あってどの保険が良いのか判らないという事もあるでしょう。

そんな中で、学資保険の中でもランキングサイトなどでも紹介されている、明治安田生命の「つみたて学資」と言う商品を知っているでしょうか。

返礼率の高さなどが話題になっている商品ですが、その保険内容はどうなっているのか、他社の競合商品と比べてどのような優位性があるのか、また劣っている部分はどのような所なのかを、様々な保険を見てきた目から見て、解りやすく解説します。

学資保険の考え方や、様々な学資保険を見て、自分の考え方に合った保険を学資保険を見つけていきましょう。

 

目次

1.学資保険の基本

1.1学資保険の活用方法

1.2満期時期

1.3保険料払込期間

1.4考え方

2.つみたて学資とは

2.1特徴

2.2メリットとデメリット

2.3活用方法

3.保険内容

3.1加入条件

3.2契約方法と返礼率

3.3注意点

4.競合商品

4.1日本生命(ニッセイ学資保険)

4.2フコク生命(みらいのつばさ)

4.3ソニー生命(学資準備金スクエア)

5.学資保険以外での備え方と注意点

5.1終身保険と養老保険

5.2注意点

6.まとめ

続きを読む

医療保険はいらない?それとも必要?本当はどっちなのか解説します!

「医療保険が必要ない!」という話を聞いた事がありませんか?

それは本当でしょうか?

そもそも、どういう理由でそういう話が出てくると思いますか。

よく聞く話は、「貯蓄」。

「貯蓄」があれば、医療保険は必要ないという話です。

でも、本当の所はどうなのでしょうか。実際に、いろいろな話があります。

そもそも医療保険の役割を理解した上で、自分自身やご家族の為に必要かどうかを考える事が大事です。

そこで、今回は、医療保険のおさらいから始め、最終的にどういう人に医療保険が必要なのかまで整理していきます。1つ1つを整理する事で、自分自身やご家族の為に医療保険が必要かどうかを、しっかりと考えてみましょう。

目次

1:医療保険とは

  1-1:そもそも論|医療保険とは?

  1-2:民間医療保険と公的医療保険の違いを整理

  1-3:医療保険の保障内容を整理

  1-4:加入率から分析

2:医療保険が不要の理由を大分析

  2-1:不要理由1|時代背景

  2-2:不要理由2|長期リスクの対応

  2-3:不要理由3|特約の弱点

  2-4:不要理由4|国の制度を活用する

  2-5:不要理由5|収入源のカバー

3:医療保険の必要性は?

  3-1:高額療養費制度

  3-2:自営業者は?  

4:必要と不要 どう判断する?

  4-1:不要の人はこんな人

  4-2:必要な人はこんな人

5:医療保険をやめるには

  5-1:入院に必要なお金は?

  5-2:自己負担額について知っておこう

  5-3:貯金との関係

6:最終結論(まとめ) 

続きを読む

かんぽ生命の学資保険はお得なの?特徴をわかりやすく説明します!

学資保険とは、お子さんの進学のため教育資金を積み立てることが目的の保険です。学資保険へ加入を希望している保護者の方々も数多くおられることでしょう。

お子さんたちが小学校・中学校・高校と進学する過程で充実した教育を受けるために、学資保険に加入し、資金を0歳または出生前から積み立てていきます。

現在では大学入学のための競争が激しくはなく、大学進学を想定した早期の備えを考えている保護者の方も多いことでしょう。

ただし、学資保険には様々な保険商品があり、どのような保険内容の商品を選ぶか迷われることもあるでしょう。

そこで今回は、JPかんぽ生命の学資保険である「はじめのかんぽ」を紹介します。この保険は、学資金準備コースが3つ分けられ、お子さんが病気やケガで入院治療した場合の医療保障を特約として設定できます。

この学資保険はじめのかんぽの特徴とメリット・デメリット、学資金準備コースのモデルケースや注意点等を説明します。

この記事を読めば、学資保険はじめのかんぽの特色を理解することができ、学資保険選びをする際の有効な参考資料になることでしょう。

目次

1.JPかんぽ生命の学資保険について

  • 1-1.学資保険とは
  • 1-2.JPかんぽ生命とは
  • 1-3.JPかんぽ生命の学資保険の概要

2.学資保険「はじめのかんぽ」

  • 2-1.保障型から貯蓄型へ
  • 2-2.学資保険「はじめのかんぽ」の特徴
  • 2-3.学資保険「はじめのかんぽ」の特色

3.学資金準備コースその1

  • 3-1.「小・中・高+大学入学時」の学資金準備コース
  • 3-2.「小・中・高+大学入学時」のモデルケース
  • 3-3.「小・中・高+大学入学時」の学資金準備コースの注意点

4.学資金準備コースその2

  • 4-1.「大学入学時」の学資金準備コース
  • 4-2.「大学入学時」のモデルケース
  • 4-3.「大学入学時」の学資金準備コースの注意点

5.学資金準備コースその3

  • 5-1.「大学入学時+在学中」の学資金準備コース
  • 5-2.「大学入学時+在学中」のモデルケース
  • 5-3.「大学入学時+在学中」の学資金準備コースの注意点

6.学資保険「はじめのかんぽ」の特約について

  • 6-1.特約の内容
  • 6-2.特約をつけると損をする?
  • 6-3.万が一を考えると・・・

7.まとめ

続きを読む

学資保険 人気商品をご紹介!自分にあったベストな商品の選び方

テレビや雑誌などから「学資保険」の情報は耳にする機会は多いでしょう。

教育資金の確保方法として、「学資保険がベストな方法なのか?」「他の保険とはどこが違うのか?」「どのような学資保険の商品が人気なのか?」「加入者の口コミはどのようなものがあるのか?」など、分からない事ばかりで頭を悩ませる方も多いでしょう。

子供の教育資金は、「住宅資金」「老後資金」と共に人生の三大資金と言われています。

教育費は、進学するにつれて費用が大きくなる事から、子供に掛かる費用の全体像を把握して、事前に準備をしておく必要があるのです。

その事から、学資保険のポイントを押さえて、あふれる情報を整理し、自分にあった情報を集めていく事で、これらの疑問が解決するでしょう。

今回は、学資保険について基本的なことをお伝えした上で、学資保険の選び方のポイントや人気商品の秘密をご紹介いたします。

この記事を読んで、是非ご自分とご家族のライフプランにあったベストな商品を見つけて頂き、将来のお子さんのために賢く準備をしましょう。

目次

1.学資保険とは

1.1 学資保険のしくみ

1.2 学資保険の保険期間

1.3 学資保険の保険料の払い方

1.4 学資保険の返戻率とは?

1.5 学資保険の種類

2.学資保険のメリット・デメリット

2.1 学資保険のメリット

2.2 学資保険のデメリット

3.学資保険と子ども保険の違い

4.学資保険の選び方の5つのポイント

4.1 学資金の設定金額と保険料の払込期間

4.2 何歳で満期学資金を受け取るか

4.3 返戻率

4.4 保障の内容

4.5 保険料

5.学資保険の人気商品 「貯蓄型」

5.1 返戻率の高い商品

5.2 終身保険の活用商品

5.3 その他の商品

6.学資保険の人気商品 「保障型」

7.まとめ

続きを読む

学資保険としての解約返戻金とは?低解約終身保険の使い方を解説!

学資保険として、「低解約返戻金型終身保険」を検討している方も多いのではないでしょうか。「返礼率から見ても、学資保険より有利にお金を貯められると聞いた」などの理由で、低解約終身保険で子供の教育費を準備している方も多いでしょう。

しかし、本当にそうでしょうか?

確かに、一時期は学資保険よりも多くのお金を貯められると謳って、多くの低解約返戻金終身保険が売られていました。

学資保険よりも有利にお金を貯められると言うのも本当の話です。

しかし、学資保険も多くの商品が販売されるようになり、その内容も多岐にわたるようになってきました。

この記事では、学資保険の考え方や受け取り方など基本的な所から説明し、なぜ学資保険の代わりに低解約返戻金型終身保険が使われるようになったのかを解説します。

そして、返礼率に的を絞って、学資保険と低解約返戻金型終身保険の両保険の商品を紹介する事で、その違いを理解して自分に合った方法を見つける役に立つ記事になればと思います。

 

目次

1.学資保険

1.1学資保険とは

1.2低解約返戻金型終身保険とは

1.3返礼率

2.学資保険の考え方と種類

2.1学資保険の考え方

2.2保障型の学資保険

2.3貯蓄型の学資保険

3.低解約返戻金型終身保険

3.1特徴

3.2メリットとデメリット

3.3学資保険の代用方法

4.学資保険の商品紹介

4.1日本生命(ニッセイ学資保険)

4.2フコク生命(みらいのつばさ)

4.3明治安田生命(つみたて学資)

4.4ソニー生命(学資金準備スクエア)

5.学資保険の代わりになる保険商品

5.1オリックス生命(RISE「ライズ」)

5.2ソニー生命(米ドル建養老保険)

6.学資保険の解約・満期の注意点

6.1解約のリスク

6.2満期時の税金

7.まとめ

続きを読む

学資保険の返戻率に着目して、子供の教育資金を構築しよう!

お子さんが生まれると、多くの方々がそれまでの夫婦二人生活でのライフプランニングから、家族としてのライフプランニングへと、変更を検討されます。

大黒柱の万が一に備える定期保険や終身保険などを活用されていた方も、少なくはないでしょう。

また、銀行や郵便局などの金融商品を活用されている方も、いらっしゃるかと思います。

そんな中、お子さんの誕生とともに、新たにライフプランへの導入を検討されるのが、教育資金です。

金利が低迷している昨今、貯蓄手法として一般的だった、銀行などの金融商品は軒並み金利0%前後となり、その有意性は失われつつあります。

そこで、お子さんの教育資金構築法として注目すべきが、学資保険なのです。

実際には、学資保険がどのような仕組みで、どれくらいの保障が得られるのか、明確に把握されている方は、そう多くはないでしょう。

そこで今回は、学資保険のベーシックな知識もご覧いただきながら、より有利な構築資産増を図れる、学資保険の返戻率そのものにも、注目してまいりましょう。

目次

1.子供に掛かる教育費とは
1.1教育費の概算方法
1.2学習費以外の教育費

2.教育費の構築方法
2.1金融機関商品
2.2生命保険商品

3.学資保険とは
3.1学資保険の位置づけ
3.2目的
3.3特徴
3.4仕組み

4.学資保険の種類
4.1保障型
4.2貯蓄型

5.学資保険における返戻率とは
5.1返戻率の考え方
5.2返戻率の算出方法
5.3金融商品との金利比較

6.返戻率でみる学資保険ランキング
6.1 0歳加入
6.2 3歳加入
6.3 6歳加入
6.4 12歳加入
6.5 14歳加入

7.学資保険以外での備え
7.1定期保険
7.2終身保険
7.3養老保険
7.4収入保障保険

8.まとめ

続きを読む

学資保険はいつから加入するべき?!絶対押さえたい3つのポイント!

学資保険気になるけど、いつから加入したらいいか分からない。

学資保険に加入するなら、出来るだけ早い方がお得だと言われていますが、あまりにも遅いと損をしてしまうのか?遅くとも入ったほうがいいのか?など、学資保険の加入のタイミングには疑問が多いです。

その他にも、学資保険には返戻率や貯蓄型・保障型など考慮しないといけない点が多く、難しいポイントが多いのも事実です。

しかし!この記事では、学資保険の加入のタイミングや給付タイミングは勿論、学資保険の加入に際して、押さえておきたいポイントを3つにまとめているので、学資保険をしっかりつかめるはず!

この記事を読んで、自分に合った学資保険を見つけましょう。

目次

1.難しそうだけど、しっかりチェックしたい学資保険

  1.1 そもそも学資保険とは?

  1.2 学資保険の必要性

  1.3 学資保険に入らないという選択肢も

2.学資保険を選ぶ際に押さえたいポイントとは?

  2.1 押さえたいポイント1【返戻率】

  2.2 押さえたいポイント2【タイプ】

  2.3 押さえたいポイント3【保障内容】

3. 二歳からだと遅い?学資保険におすすめの加入タイミング

  3.1 学資保険はいつ入るのがおすすめ?

  3.2 二歳からだと遅いのか?

  3.3 妊娠中でも加入できる!

4.学資保険の給付はいつがおすすめ?

  4.1 学資保険で注目したい給付タイミング

  4.2 どんなタイミングがある?

  4.3 おすすめの給付タイミングはこれ!

  4.4 保険料の支払いは逆に

5.おすすめの学資保険は?必見の学資保険!

    5.1 ソニー生命の学資保険

       5.2 終身保険RISE

       5.3 明治安田生命つみたて学資

 6.学資保険はどんな人におすすめ出来るの?

    6.1 学資保険が必ずベターな選択肢とは限らない

   6.2 おすすめな人はこんな人

   6.3こんな人にはおすすめ出来ない!

7.加入タイミングや学資保険のおさらい

        7.1 学資保険で押さえておくポイント

        7.2 学資保険の加入タイミングはここ

8.まとめ

続きを読む

郵便局の学資保険を徹底分析!かんぽの学資保険はおすすめなのか?

子供の教育費のために学資保険に加入を考えている方にとって、「どこの保険が良いのかわからない」「郵便局で学資保険をすすめられたけど、実際どうなの?」と思う方も多いのではないでしょうか。

学資保険と言っても、保障内容や返礼率の違いなど、保険会社によってその内容は様々です。

郵便局も民営化されて、民間の保険会社と変わらないですが、郵便局と言うだけで安心感があるために、郵便局の学資保険に加入していると言う方は居ませんか?

この記事では、元保険代理店の目から見た、かんぽ生命の学資保険のメリット・デメリットから、その他の保険会社の商品との比較や学資保険の基本的な考え方までをしっかりと解説し、自分に合った準備の仕方のヒントになる記事になればと思います。

保障内容などをしっかりと理解して、お子さんの将来に向けて安心し賢く備えてきましょう。

目次

1.学資保険とは

1.1学資保険の考え方

1.2学資保険の種類

2.かんぽ生命の学資保険

2.1保険の内容

2.2メリットとデメリット

3.準備の仕方

3.1受け取り期間の設定

3.2払い込み期間の設定

3.3保険金の設定

4.競合他社の保険紹介

4.1三井住友海上あいおい生命(&LIFEこども保険)

4.2損保ジャパン日本興亜ひまわり生命(こども保険)

4.3フコク生命(みらいのつばさ)

4.4明治安田生命(つみたて学資)

4.5日本生命(ニッセイ学資保険)

5.かんぽ生命のその他の商品

5.1終身保険(新ながいきくん)

5.2養老保険

5.3医療保険

6.学資保険の注意点

6.1解約時

6.2特約(医療特約など)

6.3外資系生命保険会社の外貨建て学資保険

7.まとめ

続きを読む

子供の将来のために学資保険を有効活用して教育資金に備えよう!

少子化が叫ばれて久しい現代、子供たちを取り巻く環境に対して、不安を煽るようなニュースばかりが、日々私たちの耳に届いてきます。

政府は「景気は上向き」と声高に叫んでいますが、実際に私たちの給与所得が目に見えて上昇しているわけでもなく、景気回復の実感を感じられる方は、そう多くはないでしょう。

そんな厳しい経済状況の中で、子供を養育していくことは、決して容易ではない時代となってしまいました。

歯止めの利かない少子化ですが、かと言って子供の教育環境が好転することはなく、むしろより良い教育を受けさせたいと思う親心を実現しようとすればするほど、多額の教育資金が必要となります。

では、どうしたら子供に恵まれた教育環境を与えられるのでしょうか。

今回はそんなお悩みを解決すべく、子供の教育資金の必要額や資金確保の手法など、様々なデータをもとに学資保険の有用性と活用法を、ご一緒に見てまいりましょう。

目次

1.子供の教育資金とは
1.1用意しておくべき総額
1.2資金確保の方法

2.学資保険とは
2.1特徴
2.2仕組み

3.学資保険契約に関する一般的データ
3.1保険料
3.2払込期間
3.3契約学資金

4.返戻率で見る学資保険
4.1 0歳児契約の場合
4.2 3歳児契約の場合
4.3 6歳児契約の場合

5.保険料で見る学資保険
5.1 0歳児契約の場合
5.2 3歳児契約の場合
5.3 6歳児契約の場合

6.受取総額で見る学資保険
6.1 0歳児契約の場合
6.2 3歳児契約の場合
6.3 6歳児契約の場合

7.プロ目線で見る学資保険
7.1終身保険ライズ(オリックス生命)
7.2学資保険(ソニー生命)
7.3みらいのつばさ(フコク生命)
7.4夢みるこどもの学資保険(アフラック)
7.5こどもの保険 げ・ん・き(日本生命)

8.まとめ

続きを読む

低解約返戻金型終身保険は学資保険になる?本当のところを解説します

子供のために学資保険を検討していると、低解約返戻金型の終身保険をすすめられたと言う経験はありませんか?

しかし、「本当に学資保険の代わりになるの?」と感じた方も多いのではないでしょうか。

近年では、保険ショップや代理店・ファイナンシャルプランナーなど、保険の相談が出来るところが増えましたが、アドバイスをする大半の方が、学資保険の代わりに低解約返戻金型終身保険をすすめるでしょう。

私も、保険の仕事をしている時は、学資保険代わりに低解約返戻金型終身保険をすすめていました。

しかし、商品改定をしたことで、すすめることが出来なくなり他社の商品をすすめていた時期もありました。

なぜ低解約返戻金型終身保険が、学資保険の代わりになるのかと言うのをハッキリと理解して加入している方はどれ程いるでしょうか。

今回の記事では、学資保険の基本的な考え方と、低解約返戻金型終身保険の特徴とメリット・デメリットを解説していきますので、どのような保険なのかを理解してください。

この記事を読んで、賢く・お得に、お子様の教育資金や自分の老後の資金などを準備できるようにしていきましょう。

目次

1.終身保険とは

1.1終身保険

1.2低解約返戻金型終身保険

1.3終身保険と低解約返戻金型終身保険の違い

2.低解約返戻金型終身保険の特徴とメリット・デメリット

2.1低解約終身型保険の特徴とは

2.2低解約終身型終身保険のメリット

2.3低解約返戻金型終身のデメリット

3.二大活用法

3.1老後資金の準備

3.2学資保険の代わり

4.保険商品の紹介

4.1オリックス生命(終身保険RISE(ライズ))

4.2損保ジャパン日本興亜ひまわり生命(一生のお守り)

4.3三井住友海上あいおい生命(&LIFE積立利率変動型終身保険)

4.4マニュライフ生命(こだわり終身保険v2)

4.5住友生命(バラ色人生)

5.失敗例と販売方法

5.1失敗例

5.2販売方法(販売手法)

5.3販売手数料

6.保険の相談相手

6.1来店型ショップや代理店

6.2ファイナンシャルプランナー

7.まとめ

続きを読む

ゆうちょの学資保険の知られざる秘密を徹底解説!人気の理由はこれ!

子供の誕生と共に検討される学資保険。

数多くの商品が複数の保険会社から発売されています。

その中でも郵便局という安心の基盤により不動の人気を誇るゆうちょの学資保険。

民営化になった今も、その人気は変りません。なぜ、そんなに人気があるのでしょうか?ゆうちょの学資保険「かんぽの学資保険 はじめのかんぽ」には、人気となる秘密があります。

今回は、その秘密にターゲットを絞り商品の魅力をご紹介していきます。そして、これから学資保険を検討される方向けのポイントも整理していきましょう。

未来のお子様の為に加入する学資保険ですから、失敗しない満足のいく商品を選択していきたいですね。

そこで、今回はかんぽの学資保険だけではなく、色々な角度で学資保険についてご紹介していきます。

目次

1:かんぽの学資保険 はじめのかんぽ

1-1:商品の特徴

1-2:商品のメリット・デメリット

1-3:満期の受取り方

1-4:返戻率の状態は?

2:学資保険とは

2-1:学資保険の目的とは?

2-2:学資保険の選び方とは?

2-3:学資保険の仕組み

2-4:加入者の選び方

2-5:元本割れしない商品の選び方

2-6:学資保険の加入先の選び方

4:まとめ

続きを読む

こども保険と学資保険は違う?その魅力を知って賢く保険を選ぼう!

日々のニュースや新聞、日本の政治の中でも飛びだす言葉「こども保険」。

この「こども保険」とは何かをご存知ですか?

従来からあった学資保険との違いは如何でしょうか?

今、学資保険と同様に注目されている「こども保険」。実際には、どこかどう違うのかや、こども保険そのものを知らないという方もいらっしゃるのではないでしょうか?

そこで、今回は「こども保険」に注目してみました。

今、注目されているモノだけにその正体を掴み活用したいものです。

今回は、「こども保険」についての整理から、今、人気の商品までを大公開いたします。ぜひ、この記事を参考に「こども保険」を活用してください。

目次

1:こども保険とは?

1-1:こども保険のおさらい

1-2:こども保険のメリット・デメリット

1-3:政治もにぎわす理由

2:人気商品の紹介

2-1:損保ジャパン日本興亜ひまわり生命

2-2:三井住友あいおい生命

3:こども保険と学資保険の違いとは?

3-1:子供保険の特徴

3-2:学資保険と特徴

3-3:その違い

4:こども保険に加入するタイミングを知ろう

5:まとめ

続きを読む

アフラックのがん保険でがんに備える!3人に1人はがんになる時代!

現代病として上位を占める「がん」。

この「がん」という病気については、既に年齢に関係なく備えなければならない時代が到来したといえます。備えは必要と分かっていても、そもそも、がん保険は何を保障してくれているのか。これをご存知ない方もいらっしゃいます。

そこで、今回は「がん保険」という商品について、そして、不動の人気を誇る「アフラック」のがん保険についてもご紹介していきます。がん保険への加入についても、その必要性を含めてしっかりと整理していきますので、今後の加入の際に参考にしてください。

既に他人事では済まされない病気だけに、今からの備えをしっかりと行い、ご自身だけではなく、ご家族の安心も手に入れましょう。

目次

1:がん保険とは?

1-1:がん保険とは何?

1-2:がん保険の補償内容とは?

1-3:がん保険のメリット・デメリット

1-4:がん保険の選び方

2:アフラック がん保険の概要を整理

2-1:新 生きるためのがん保険Days

2-2:新 生きるためのがん保険レディースDays

2-3:生きるためのがん保険 寄りそうDays

3:がん保険の必要性を検証

3-1:がん患者の動向

3-2:がん患者の家計状況

3-3:がん保険の必要性

4:解約返戻金の仕組み

5:まとめ

続きを読む

比べてナットク!学資保険にも使える終身保険って?詳細解説します!

お子さんが誕生したら、すぐにでもスタートしたいのは、『教育資金』の準備ですよね!

『教育資金』の準備は、始めるのが、早ければ早いほど、「ラク」することができます。

中には、出産前から、すでに、「準備はバッチリ!」という方もおられるのではないでしょうか?

『教育資金』は、コツコツと、長い期間をかけて、少しづつ準備するのが、王道です。

ですから、ほぼ半数の方は、やっぱり、「学資保険」で準備することを選択されています。

ただ、最近では、学資保険のランキングの中に、「終身保険」が上位にランクインしていたり、実際に、保険ショップなどでも、「終身保険」を勧められたりして、びっくりされた方もおられるのではないでしょうか?

今回は、学資保険として終身保険がお勧めされる理由や、メリット・デメリットなどを、解説していきます。

もやもやをすっきりさせて、お子さんのための教育資金を、お得に準備しましょう!

目次

1.いくら必要?子供の教育費
1.1幼稚園にかかる費用
1.2義務教育にかかる費用
1.3高校進学時にかかる費用
1.4大学進学時にかかる費用

2.学資保険って?
2.1学資保険をおさらいしよう!

3.終身保険って?
3.1終身保険をおさらいしよう!

4.返戻率に注目!
4.1学資保険の返戻率って?
4.2終身保険の返戻率って?

5.学資保険の返戻率を比較!
5.1ソニー生命「学資保険」
5.2フコク生命「みらいのつばさ(ジャンプ型)」

6.オリックス生命終身保険RISE(ライズ)
6.1返戻率を高くするための3つのポイント!

7.まとめ

続きを読む

学資保険の保険料の平均額はどのくらい?くわしく解説します!

学資保険は、お子さんの教育資金の確保を目的とした保険です。お子さんの将来を考え、加入を検討する保護者の方々もたくさんいらっしゃることでしょう。

この保険は、加入の際にお子さんが何歳の時に満期金等の受取をするのかを決め、加入契約締結後は資金をコツコツと積み立てていきます。

現在では大学の入学もさほど難しくはなくなり、大学進学を想定して早期の備えが求められます。

そこで気になるのは、学資保険に加入した保護者がどれくらいの保険料を毎月支払い、お子さんが何歳の時に満期金等を受け取れるように契約しているのか、ではないでしょうか?

これから契約をしたい保護者の方は支払保険料や、保険料の払込期間、下りる満期金等のお金を加入契約時に決定しなければなりません。

その決定は保護者、何よりお子さんの将来にかかわるため慎重にならざるを得ない事でしょう。

そこで今回は、学資保険の保険料支払額の平均や、満期金の受取額を検証し、加入した保護者が学資保険をいつ必要としているのかを説明します。

この記事を読めば、学資保険へご加入の際の良い参考資料になることでしょう。

 

目次

1.学資保険について

  • 1-1.学資保険とは
  • 1-2.学資保険の特徴
  • 1-3.学資保険の種類

2.学資保険の平均額について

  • 2-1.学資保険の保険料支払額の平均はどれくらい?
  • 2-2.学資保険の受取額はどのくらい?
  • 2-3.保護者は学資保険をいつ必要としている?

3.大学入学の費用について

  • 3-1.大学に入り易くはなったけど
  • 3-2.大学4年間の学習費はこんなにかかる!
  • 3-3.自宅通学だけとは限らない

4.大学別の初年度学生納付金について

  • 4-1.私立大学について
  • 4-2.公立大学について
  • 4-3.国立大学について

5.学資保険の活用

  • 5-1.保護者は大学の初年度学生納付金を考慮している
  • 5-2.残りの大学の費用はどうする?
  • 5-3.学資保険を貯蓄だけで考えない

6.学資保険の商品の紹介

  • 6-1.フコク生命「学資保険 みらいのつばさ」
  • 6-2.ソニー生命「ソニー生命の学資プラン」
  • 6-3.かんぽ生命「学資保険 はじめのかんぽ」

7.まとめ

続きを読む

子供に掛かる費用を知ることで、保険を有効活用してみよう!

核家族化が進む昨今、子供の人数は年を追うごとに減少傾向にあります。

そこには、地域ぐるみで子育てを行っていたかつての日本の姿はなく、国家は子育て環境の充実を懸命に働きかけていますが、実際には待機児童問題などを抱え、働きながら子育てを行う難しさばかりが先行しているからです。

しかも、少子化により子供の存在そのものが優遇され、教育費用などの恩恵が受けられるのかと言うと、現実はそんなに甘くは出来ていません。

そうは言っても、高度な教育を十分に受けさせてあげたいと言うのが、親心です。

そこで今回は、子供の養育に関する費用にスポットを当て、どのくらいの額をどのような方法で準備すべきかという事を、見てまいりたいと思います。

 

目次

1.ライフプランニングの必要性
1.1ライフプランとは
1.2公的保障制度
1.3私的保障制度

2.人生における必要額とは
2.1必要な3つの要素
2.2生活費
2.3教育費
2.4葬儀費

3.子供にかかる学習費とは
3.1学習費のイメージ
3.2学習費以外の費用

4.公立/私立で見る学習費用
4.1幼稚園
4.2小学校
4.3中学校
4.4高等学校
4.5大学

5.子供の費用に関する備え方
5.1銀行金融商品の活用
5.2私的保険の活用

6.子供の将来に備える私的保険
6.1定期保険
6.2収入保障保険
6.3学資保険

7.おすすめの保険
7.1定期保険
7.2収入保障保険
7.3学資保険

8.まとめ

続きを読む

ソニー生命の学資保険ってどうなの?人気の理由をひも解いていきます

学資保険の加入に際して、どれも同じだから「エイ!ヤ!」と決めていませんか?

実際に加入するのは生命保険と同じ様にシュミレーションが大事。

学資保険は生命保険と同様に長い期間をかけて付き合っていくものです。

確かに紹介される商品が多くて判断に悩む事もあるかもしれませんが、一度、人気商品を比較してみる事が大事です。その際には、しっかりとポイントを押さえてシュミレーション。

今回は、会社の選び方、シュミレーションのポイント、そして、人気の「ソニー生命」の学資保険についてもご紹介していきます。

商品が発売されてから高い人気を維持しているソニー生命の学資保険の人気の秘密が何か?紐解きながらご紹介していきましょう。

目次

1:注意すべき5つの法則

1-1:会社選びの基本

1-2:目的の整理

1-3:元本割れの注意

1-4:プラン別のシュミレーションの必要性

1-5:比較するならこの商品(今人気の商品をご紹介)

2:ソニー生命の学資保険について

2-1:商品の特徴

2-2:具体的なシュミレーション例

2-3:人気の秘密(メリットとデメリット)

3:ソニー生命の学資保険は解約できる?

3-1:加入前のチェックポイント

3-2:解約手続き

4:学資保険の注意点

4-1:健康上の問題がある場合

4-2:学資保険の契約名義人について

4-3:海外での加入について

5:まとめ

続きを読む

今人気の学資保険を比較し、その基準を知る事で賢い保険選びをしよう

学資保険は何を基準に選んでいますか?

なんとなく、紹介されたから…DMが届いたから…では危険です。

何を目的とするかを整理し、その基準を満たす学資保険を選択しなければいけません。

そこで、今回は学資保険の選び方から、今人気の学資保険を大公開します。悩むのは誰もが同じです。

そこで、悩んだ人が加入する学資保険の特徴を理解する事で自分たちにあった学資保険を再検討する事も出来ます。一度加入したら長い期間、お付き合いをする学資保険。子供の将来に備えて準備する学資保険。いずれにせよ、途中で何度も変更するのでは元本割れをしてしまう事もあります。

こうした事が起きない様に、加入前にしっかりと検討して後悔しない商品選択をしましょう。

目次

1:学資保険の目的を整理しよう

2:学資保険の選び方3つのポイント

POINT1:保障型よりも貯蓄型の学資保険を選ぶこと

POINT2:育英年金特約はいらない!?

POINT3:子供の医療費は安い!

3:人気商品を大公開

第1位:ソニー生命

第2位:JAかんぽ生命

第3位:日本生命相互会社

4:注意|返戻率の数字に迷わされるな

5:まとめ

続きを読む