生命保険を賢く見直す!知っているだけで家計が楽になる方法!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
保険の無料相談がしたいけど、どこがおすすめかわからない!

必要なのはわかってるけど、難しくて選びきれない・・・
そう思っている人はとても多いです。
一生の事だからしっかりと相談をして、理想通りの安心を手に入れましょう。

→お勧め.1 保険見直しラボ
→お勧め.2 保険マンモス
→お勧め.3 ほけんの窓口
→お勧め.4 保険のビュッフェ

生命保険を見直したいけど、どの保険をどのように見直せば良いのか解らないと言う方は多くいるのではないでしょうか。

また、生命保険の見直しを考えているのだが、どのタイミングで見直せば良いのか解らないという方や、生命保険の加入を少し考えているが、必要性を感じることが出来なくて保険の加入が先送りになっている方など、生命保険に関する悩みは多いと思います。

保険の見直しを考えている方には、保険見直しのポイントとタイミングから、どのような保険が多く見直されているのか、どんな保険は見直した方が良いのかなど、見直しの時に役に立つことを優しく解説していきます。

また、生命保険の見直しではなく「身近な人が病気やケガで入院をしたから、医療保険などの加入を検討しているのですが・・・」など、これから生命保険に加入する方でも、今後どのようなタイミングが保険の見直しに向いているのか、このタイミングで保険を見直した方が良いなど、覚えておいて損をしない情報になるので、その方も見ていただければと思います。また生命保険の基本的な事も書いていきますので、これから生命保険の加入を考えている方もどのような保険に加入すれば良いのか、損をしなく自分に合った保険に出会うことが出来るようなヒントになれば良いと思いますので、ぜひ読んでみてください。

 生命保険の基本

SANYO DIGITAL CAMERA

生命保険見直し方法の前に、生命保険の基本を説明していきます。

生命保険には、大きく分けて、「終身保険」「定期保険」「養老保険」の3つしかありません。

そして、この3つの中でも「終身保険」と「定期保険」を覚えていれば大丈夫です。

しかし、生命保険・医療保険・がん保険・学資保険・介護費用保険・個人年金保険など色々あるじゃないか!と言う方もいると思いますが、これらはあくまで保険の種類です。

この数種類の保険も、先ほど説明した「終身保険」か「定期保険」の中にある1種類の保険にすぎません。

これでは、少し解りづらいかもしれないので、もう少し掘り下げて話をしていきます。

生命保険に加入する際には、どのようなリスクがあり、そのリスクに対してどのように準備をするかという事が大切になるのです。

「万が一に死亡した時に残された家族のために」と言うなら死亡保障を準備し、「病気になった時の治療費や生活費が心配」と言うなら医療保険に加入し、「子供の学費が心配」であれば学資保険に加入すると言った様に、どの様なリスクがあるのかで、選択する保険が変わります。そして、その保障はいつまで必要なのか、一生涯必要なのか、ある一定期間だけ必要なのか、によって加入する保険が変わってくるのです。

それが、「終身保険」なのか「定期保険」なのかという所なのです。

それでは、「終身保険」と「定期保険」についてメリット・デメリットも含め簡単に説明していきます。

終身保険

終身保険とは、簡単にいうと保障が一生涯続く保険です。

「医療保険」や「がん保険」に多く用いられ、年齢を重ねてからのリスクに対して準備するものに用いられることが多いです。また死亡保障(生命保険)でも用いられることも多く、死亡保障(生命保険)の場合は、解約返戻金が発生する事もあり、死亡保険金を目的にする場合と、解約返戻金を目的とし解約前提で加入すると言った場合の2つのパターンで用いられます。

定期保険

定期保険とは、簡単にいうと一定期間の保険です。

一定期間の保障であるため、その期間が終われば更新をしなければなりません。

「更新ごとに保険料が高くなるから困っている」などと言うのは、この定期保険であるのです。以前は、日本生命などが「定期付き終身保険」と言う終身保険と定期保険をセットにした保険や、定期保険の医療保険を販売していた事から、この様な話を良く聞くのです。

最近では、死亡保険でも用いられ、その中でも子育て期間のように一定期間に大きな保障が必要な時に用いられる保険であり、その保険を「収入保障保険」と言う名前で書く生命保険会社は積極的に販売しています。

 メリット・デメリット

終身保険と定期保険のメリット・デメリットを書いていきます。

終身保険

メリット デメリット
保険料が一生涯上がらない 保険料が高い
一生涯の保障がある 大きな保障が準備しにくい
貯蓄性がある 見直しにくい

定期保険

メリット デメリット
保険料が安い 更新があり更新ごとに保険料は高くなる
高額な保障が準備できる 保険期間が過ぎると保障がなくなる
必要な時だけ保障を準備できる 高齢になると更新できない場合がある

 

上記がメリット・デメリットになりますが、良い部分も悪い部分もありますが、メリット・デメリットは表裏一体ですので、保険の種類のよってはすごくメリットであり、逆にすごいデメリットにもなるのという事です。

ですので、医療保険やがん保険や死亡保障でも、加入する目的をしっかり持ってないと、メリットと思っていることがデメリットになるという事もあるので気を付けてください。

 生命保険の基本的な考え方

【画像】https://jp.fotolia.com/tag/ok

生命保険の基本的な考え方は、先ほども書いたように、万が一の時に困らないための準備という事です。

万が一の事で亡くなってしまった場合に、残された家族が当面の生活に困らないように準備することや、病気やケガで入院をした時の治療費や仕事が出来なくなった場合の生活費の準備をすることなど、加入する目的は多種多様になります。

そして、子供の教育資金の準備や子供の病気・ケガでの入院に対する準備をするなども、学資保険などで準備をすると思います。

これまで書いてきたことが、生命保険の基本的な考え方であり、基本的な加入の目的になります。

そして、ここからは少し違う考え方も書いておきましょう。

生命保険と言われると、上記で書いたような万が一の時に困らないための物なのですが、金融商品としての側面もあるのです。

それが、子供の教育資金のために準備をする学資保険や、貯蓄を目的に加入する生命保険(死亡保険)なのです。

子供の学資保険には、病気・ケガでの入院に対する保障がある保険もありますが、幼稚園・小学校・中学校・高校と教育の節目にお祝い金と言う形で、まとまったお金を貰える保険が有名だと思います。このような学資保険では、支払った保険料に対して保険会社から貰える金額の率を示す「返礼率」と言うものを一番気にすると思います。この返礼率が100%を超えると、支払った保険料よりも貰える金額が上回るという事になります。

それと同じことで、終身の生命保険(死亡保険)でも同じことが出来るのです。

それが、「低解約返礼型終身保険」と言う生命保険なのですが、これは契約を解約した時に発生する「解約返戻金」と言う保険会社が契約者に返すお金が、支払った保険料よりも多くなるという保険なのです。

この様に、生命保険を金融商品として使うことも出来るという考え方も、生命保険の考え方の一つと言えるのです。

 生命保険を見直すタイミング2016-10-30_232357

それでは、生命保険の見直しについてまずは、生命保険を見直すタイミングについて書いていきたいと思います。

生命保険を見直す時には、タイミングと言うものがあります。一概に生命保険を見直すと言っても、そのタイミングを間違えると、何度も保険を見直すことにもなりかねません。

そのタイミングとは、ライフイベントの時が最適だと言えます。

ライフイベントとは、就職・結婚・出産・子育て・定年退職など人生の中で節目と言われる、自分自身に起こるイベントごとの事です。

それでは、なぜそのライフイベントの時が生命保険の見直しに最適かと言うと、生活スタイルが大きく変わるタイミングであり、また必要な保障が変わるタイミングなのです。

例えば、学生から社会人になった場合には、責任も増えて病気などで入院した場合などのリスクには自分で対応しなければならず、保険を少し考えるようになります。

そしてその次には、結婚と言うライフイベントがあり、それまで独身で自分に万が一のことがあっても困る人は少なく済みましたが、結婚をする事によって、自分に万が一のことがあると困る人が増えていく事になり、その時にはまた新たな保険を準備しなければならなくなるのです。そして、子供が生まれ子育て期間に入ると、結婚の時よりも困る人が増えることとその期間が長くなり準備する金額も増えていきます。

そして定年退職を迎えると、今までの収入ではなく、年金や退職金などで生活をすることになると、現役時代に加入していた保険よりも保険料を抑えるようになる。

この様に、ライフイベントごとに、必要な保障が変わっていく事で、このタイミングで保険を見直すと言う人が多いのです。

逆に、このタイミング以外で見直しをすると、この様なライフイベント時に新たに見直して、保険の加入を直しなどになると、思わぬ形で損をする可能性もあるのです。

ライフイベントごとにどのような保障がどれぐらい必要になるのかは、この後に詳しく書いていこうと思います。

 ライフイベントごとの保険の選び方

出産時

【画像】http://fujihana-fp.com/educational-expenses/

先ほどの、生命保険の見直しのタイミングで書いたライフイベントごとの必要な保障について書いていきたいと思います。

生命保険に大きく関わるライフイベントは、出産の時になります。

これは、それまでは就職や結婚と言っても、自分の為や配偶者しか残された家族がいない状態であります。しかし、出産とは子供が生まれることで、1人の子供を育てるのには1,000万円から2,000万円ほどかかると言われています。

この事を考えると、子育ての期間には自分に万が一の事が起こった場合には、子育てに掛かる費用を残さなければいけません。その事から、就職や結婚よりも家族が増えるこのタイミングは保険を考える一番の機会になるという事です。

では、この時にどのような保険を選べばよいのかを書いていきます。

先ほども書いた通り、この時期の保険の目的は残された家族(特に子供の教育費等)に残すものであるので、死亡保険がメインになってきます。

そして、この死亡保障はいつまで必要かと言うと、子供が独立するまでになります。なので、おおよそ大学を卒業するであろう22歳までを目途にしておけばいいのです。そしてこの目途は、子供が何人いるかで変わってきます。1人であれば、その子が22歳になるときで良いのですが、2人以上の子供が欲しく、その予定がある方は、いちばん末の子が22歳になる時を目途に考えればいいと思います。

その期間に大きな死亡保障が必要になる為、定期保険で死亡保障を準備することが最適であると言えます。

そして、以前までの定期保険ではなく、年々保険金額(保障額)が下がっていくタイプの定期保険で備えておけばいいと思います。この保険を「収入保障保険」と言う名前で書く生命保険会社が販売しています。この子育ての時期に一番必要な保険は、この死亡保険であると考えていてください。

この保険以外では、医療保険・学資保険・がん保険の順番に考えていきましょう。

医療保険は、病気やケガで入院などをした場合に、治療費の為という事と、入院が長期化してしまったなど、働けなくなった時を考えて収入減に充てるためなど、病気・ケガでのリスクにも備えなければなりません、そして、学資保険は貯蓄と言う考え方も出来る事から、返礼率が高い損をしない商品を選びましょう。しかし、貯蓄が得意な方は無理に学資保険を準備する必要はないと言えます。また学資保険とは子供のための保険であるため、子供の病気やケガでの入院に対する保障が付いている保険もあるため、目的を貯蓄にするのか保障にするのかを明確にすることで、保障が欲しいのであれば各共済保険等の子ども医療保険を別枠で加入するというのも考え方の1つです。要は、学資保険に入院などの保障が付いていると、必然的に返戻金が少なくなります。それは、積み立て分と保障分とが保険料の内訳になるので、保障が必要であれば、保障部分に掛かる金額を学資保険につけるのが良いか、共済にするかを比較すれば良いと思います。保障内容は大きく変わらないという事と、子供の医療費に関しては各自治体による医療費の助成があるので、病気・ケガに関しての金銭的な負担は少なくて済むという事が言えるためなのです。

がん保険に関しては、正直に言うと、家計に余裕があれば加入するという事で良いと思います。

結婚時

【画像】http://tsuruoka-iju.jp/life-event/

次のライフイベントは、結婚時に選ぶ保険を書いていきます。

結婚時は、新たな家族が出来るという事で、出産時より保険を見直しすることや検討する事は少なく重要度も低いのですが、それでも大きなライフイベントの一つと言えます。

この時に必要な保険は、終身の死亡保険であり、目的としては自分が亡くなった後の葬儀代やお墓代などのために残しておくという事です。また、医療保険も重要になってきます。

医療保険は、病気やケガで入院をした場合に、治療費の不安以外にも入院が長期に渡った場合には、収入が減容するという事も考えられるため、その減収分の補てんに使えるという事もあるので、医療保険の加入や、もう加入しているのであれば、保険金額(保障額)の見直しなどをするのもいいと思います。

その他の保険に関しては、金銭的な余裕があれば加入するという形で良いと思います。

定年退職682841a3c2bf319a03812d71e107a038

次に定年退職をした時の見直し方を書いていこうと思います。

定年退職をした時にも生命保険を見直す方が多いです。これは、仕事をしている現役世代と言われるときから収入が減ることが理由と言えます。月々の収入が給与から年金になることで、今まで加入していた生命保険の継続が難しくなったり、収入が減ることで今までの家計を見直すという方が多いからです。その中でも、削りやすいのが生命保険という事です。

この時に生命保険を安くしようと考える方が多いのですが、必要以上に保障を削ってしまうという方が多くいています。

この世代から必要なのは、医療保険もそうですが、がん保険が必要になってきます。

まず医療保険ですが、現在加入しているのであれば、その保障がいつまであるのか、終身保険なのか定期保険なのかを確認してください。定期保険であれば、80歳くらいで更新できなくなりますので、それ以降にも必要であれば、終身保険にしなければいけません。終身医療保険で保険料支払いは終身払いにする事で、保険料を抑えることが出来るので、経済的な負担は比較的軽くなると思います。

また「もう終身医療保険に加入しているよ」と言う方は、保険料の支払いがいつまでなのかを確認しておいてください。終身払いなのか、60歳なのか65歳なのかまたは80歳近くまで払うのか、それを確認した後で払い済みと言う方法をとり、そこまで支払った保障のままで持っておくかなど家計に合わせて検討してみてください。

そして、がん保険ですが、この世代になると色々な病気の心配が出てくると思います。その中でも、がん(悪性新生物や上皮内心生物)は、いちばんの心配の種になると思います。そして2人に1人は「がん」になると言われる世の中で、がん治療に掛かる費用は心配になると言えます。そのために、がんに特化した「がん保険」は準備しておいていいと考えられる保険なのです。そして、これも医療保険と同じで終身保障で終身払いにする事で保険料も抑えることが出来る事と、万が一医療保険が健康状態で断られた時には、がん保険はがんになっていなければ比較的加入しやすい保険なので、がん保険位は最低用意しておこうという事です。また、がん保険に加入している方も、加入した時の保障と現在の医療技術などがマッチしているかを確認しておいてください。これは、2004年以前に加入しているのであれば、保障が現在の医療技術とマッチしていない可能性もあると思っておいてください。

そして、「死亡保険は要らないの?」と気になる方のために死亡保険について少し書いておきます。

医療保険やがん保険よりは重要度が低くなりますが、死亡保障の目的はご自身の葬儀代やお墓代など亡くなった後の費用を準備するものなので、充分な貯蓄があるという方は、死亡保障に加入する必要はないですし、死んだ後に残したいのであれば加入すれば良いと思いますが、保険料は高くなるのでお勧めはしません。また加入済みと言う方は、保険料の払い込み期間を確認し払い続けるのか、払い済みにするのかの選択をしてみてください。

就職した時

保証

それでは最後に、就職をして新社会人になった時に必要な保険を書いていこうともいます。

正直この時期に生命保険に積極的に加入する必要はないと思います。

これは、結婚している訳でもないので、万が一亡くなってしまった場合などは困る人が少ないという事で、死亡保険はそこまで必要になりません。強いて言うなら、医療保険だと思いますが、これも生活に応じて親もとなどで生活していれば生活費が困るわけでもなく、収入が減ったとしても、会社員であれば6割・7割の給与は保障してくれるという事でたちまち困ることはないでしょう。そう考えると、積極的に生命保険を考える必要はないのですが、心配であれば個人年金保険・医療保険・がん保険・死亡保険の順番で検討していけばいいと思います。個人年金保険は将来の貯蓄という事で、定年後から年金受給までの間をつなぐ目的などがあるので、これくらいをしておけばいいと言えます。

 見直すことの多い生命保険の種類policy

ここでは、世代やライフイベントとは関係なく、生命保険を見直す時によく見直しをされる保険の種類を紹介していきます。

いちばん多いのは、旧来の生命保険会社である「日本生命」「住友生命」「第一生命」「太陽生命」などの生命保険です。

決してすべてが悪い内容の保険ではないのですが、契約者の生活や目的に合わなくなっている生命保険契約が一部存在するようになってきているのです。

この旧来の生命保険の商品は「定期付き終身保険」と言われるような商品であり、死亡保障の保障金額が僅かな金額で終身保険になっており、その保障に医療保険などが定期保険でセットになっているというような保険なのです。この保険の場合には、定期部分が医療保険であれば、先ほども少し書いたように定期部分が80歳以降更新できなくなるケースがあることと、保険料が高くなるという事から、見直しをする事が多くなっています。

この様な場合には、定期部分がどんな保障になっているかによって変わるのですが、死亡保障の場合は必要が無ければ、解約などをして保険料を安くするなどの方法があり、もし定期部分が医療保障になっているのであれば、その保障を終身にする方法か、解約をして終身医療保険に加入をし直すと言った方法がよくある見直し方になります。

現状でいちばん多い見直しをする保険の種類と言えば、この様な保険が多いと言えます。またこの様な保険は、見る人が見ると、すごく危険な商品の可能性があるので、見直しを勧める保険であるという事です。

 生命保険の恐怖ff5b63884aeacf7149f0caa7fd678ab3_s

先ほど最後に書いた見る人が見ると怖い商品と言うのが、現状で一番見直しがされている、先ほど書いたような商品です。

この保険の何が怖いかと言うと、更新のたびに保険料が上がることもありますが、現在では少なくはなっていますが、アカウント型の保険と言う可能性があるという事です。

このアカウント型の保険と言うのは、契約者が支払った保険料を保険会社がどこの保障の部分に充当するのかを決めているような商品です。ピンと来ないかもしれませんが、保険料の内訳がはっきりしない商品と言うのが解りやすい説明になります。

この保険の場合には、終身保険には解約返戻金があるので、その部分に多くの保険料が行くと解約返戻金を期待も出来るのですが、定期部分に多くの保険料が行くと、帰っても来ない保障の部分に多くの保険料が行くと、解約返戻金が全くないという事にもなりかねない保険という事です。

この様な保険は、保険会社にとっては良い保険になるのですが、契約者泣かせの保険とも言えます。このような生命保険が一時期売られていたので、もし自分の契約がこの様な契約になっているのかも、と思う方は、一度見直しをした方が良いと思います。

 生命保険を見直す時のポイント夫婦 疑問

最後になりますが、生命保険を見直す時のポイントについて書いておきます。

これは、実に簡単な事ですが、非常に難しい事でもあります。

「保険の窓口」のテレビコマーシャルで言っていることが実は全てなのです。

「自分の事を知ってもらう」という事です。これに「自分の事をよく知る」という事も付け加えておきます。

生命保険は、ここまでもずっと書いてきましたが、加入する目的をしっかりとしておかないと大きな損をする事もある商品です。

必要のない保障まで心配し過ぎて加入する事や、本当に必要な保障がなくいらない保障が逆に有ったりするとすごく無駄になります。

解りやすく言うと、生命保険の見直しと言うのは、体に合わなかった服をぴったりの服に着替えるという事です。しかし、自分の体形が解らなければ、どの服を選んでいいか解りませんよね。その事から、まず自分の体形である、今自分がどのライフイベントにいているのか、収入がどれくらいあって、生活費や教育費やローンなど支出がどれほどあって、もし亡くなった場合にはどのようになるのかを理解しないと、ぴったりの服である自分に合った生命保険を買うことが出来ないのです。

自分の事を知ってもらう前に、自分の置かれた状況をしっかり理解しましょう。これが生命保険を見直すのに一番重要な事になります。

そして、その先に保険の内容になります。

その内容は、保障内容もそうですが、その保険料はいつまでいくらの保険料を支払のか、そしてその総額はいくらになるのかをしっかりと理解し、そこを決めるという事です。これは将来訪れる定年退職などの現役を引退するときに、収入減は確実にやってくるので、今の保険料が安いからと言って、終身払いなどにすると死ぬまで保険料を支払わないといけなくなり、例えば60歳で払い終わるようにして少し保険料が高い契約よりも、最終的に多く支払うということにもなります。そのように総支払がいくらになるのか、また収入がなくなっても支払って行けるのかなどを考えてください。これぐらいが、保険の見直すポイントになります。自分の事が解れば自ずと必要な保障も見えてき、将来の事も考えれば、今保険料が安い保険を選び将来払い続けるか、今は少し保険料が高くても将来の保険料の負担が無い方を選ぶのが良いのかは、現状の家計とも相談し決めて行ってください。

 まとめmoney1

生命保険を見直すというのは最近よく耳にする言葉になっています。それは、加入した保険が自分に合わなくなってきている場合や、保険の内容も解らずに何となく加入していたがために、更新後の保険料が高くて困ってしまった場合など多く考えられますが、保険な内容などを知っているだけで、賢く保険を選ぶことが出来るのです。

最低限の事を知っているだけで、月々の生命保険の保険料が軽くなり、保障もよりよくできる可能性が高いのです。そして、なぜそのような事になるのかと言うと、生命保険を家や自動車に次ぐ高い買い物であるという感覚が無く月々の保険料だけを見て保険に加入し、生命保険に加入しただけで安心している方が多いからなのです。

今回書いたように、自分の事をまず理解して、必要な保障の期間が一生涯必要なのか、または一定期間だけでいいのかをまず考えて、それに合った保険に加入をする事で、無駄な保険料を払わずに済み、またそれまでよりも保障内容がよくなるのです。

「今まで生命保険は保険屋さんの言うとおりに加入し続けたという方」や、「保険は入っているから大丈夫だけどどんな保障なのか解らない」と言う方がもしいらっしゃれば、いま一度保険とはどのようなものなのか、どのような目的で加入するのかを考え直してください。また、これから加入しようとしている方や、身近な方の病気などで自分の保障に不安がある方なども、先ほど言った様にどんな保障が欲しいのか、どのような不安があるのかをしっかり理解したうえで、どのような保険の種類や終身保険なのか定期保険なのかを決めて、保険を選んで行ってください。

生命保険は、選び方を間違えると保障が必要な時に保障がなかったり、無駄な保険料を支払ったり、思っている以上の保険料を支払っていたりと、怖い一面もありますが、本当は人生を送る上で金銭的な面でのサポーターであるのです。使い方ひとつで強い味方にもなりますし、そうでない事にもなります。少しでも賢い保険を選んでより良い生活を送っていただければと思います。

生命保険を見直す時に、この記事が少しでも参考に慣れればうれしく思います。

長くなりましたが、読んでいただきありがとうございました。

B

人気記事ランキング

がん保険?これだけ読めば大丈夫!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る