小規模共済で“退職金”の準備!?フリーランスや個人事業主は要必見!

主婦(夫)や高齢者などの労働力拡大や、長時間労働の改善など、働き方が見直されている昨今。時間を自由に組むことができ、また人間関係のストレスに悩まされることもない自由な働き方を求めて、フリーランスになる方が増えてきています。

企業に勤めていれば、病気をして働けなくなった時のリスクや、死亡のリスク、そして老後の年金リスクなどは会社が備えてくれています。しかし、自営業者や経営者はもちろん、フリーランスで働く人であれば、そのすべてのリスクに自分で備えなければなりません。

なかでも、心配なのが老後のリスクですよね?もちろん自営業者や経営者、フリーランスには退職金が無いにも関わらず、国の年金政策も期待できないのが現状です。では、その老後の生活費として必要不可欠な退職金は、どのように備えれば良いのでしょうか?

実は、賢い人は「小規模企業共済(小規模共済)」で備えているのです!

ここでは、そんな小規模企業共済(小規模共済)とはどのようなものなのか、メリット・デメリットについても、詳しく紹介します。小規模企業共済は、引退という将来のリスクを回避するために大切なもの!退職金への備えとして、小規模企業共済を知ることによって、今後より一層社会で活躍していくためのヒントとなるはずです。

目次

1.退職金について考える

1.1 フリーランスの増加

1.2.日本の年金制度

1.3.退職金の相場

1.4.退職金には税金がかかる

2.小規模企業共済とは

2.1.制度の概要

2.2.掛金

2.3.共済金(解約手当金)について

2.4.貸付制度

3.小規模企業共済への加入

3.1.現状

3.2.加入の条件

3.3.加入手続き

3.4.加入窓口

4.小規模企業共済4つのメリット

4.1.退職金の準備のメリット

4.2.掛金で節税対策のメリット

4.3.受け取り金の節税対策のメリット

4.4.貸付制度のメリット

5.小規模企業共済3つのデメリット

5.1.元本割れのリスク

5.2.減額のリスク

5.3.事業保障のリスク

6.小規模企業共済シュミレーション

6.1.加入のシュミレーション

6.2.シュミレーション結果

6.3.利回りの計算

7.退職金準備の方法

7.1.逓増定期保険

7.2.長期平準定期保険

7.3.生活障害定期保険

8.まとめ

続きを読む

一体いくら?分娩費用を把握して、経済的不安を解消しよう!

妊娠/出産は、古来より続く生命の絆で、神秘的かつ感動的な出来事です。

赤ちゃんの将来に思いをはせ、悪阻や出産などの苦しみを乗り切った先に、感動的なわが子との対面が待っています。

そんな妊娠/出産ですが、実はその立場になってみないと、諸々の費用を知ることがないのが殆どです。

妊娠期間から出産に至るまで、実は保険適用にはならず、自己負担を強いられることすら、あまり知られていないのが現状です。

「案ずるより産むがやすし」などと言いますが、事前にきちんと情報収集と整理ができているといないとでは、心のゆとりのみならず、経済的不安も違ってきます。

そこで今回は、いざ妊娠し出産を迎えるにあたって、「一体いくらくらい掛かるのか、どのような保障制度があるのか、どのような備え方をすればいいのか」と言った疑問に応えるべく、具体的な情報をご覧いただきたいと思います。

目次

1.妊娠期間の費用
1.1妊婦健診とは
1.2自己負担と保険扱いの違い
1.3妊婦検診に掛かる費用

2.妊婦検診補助券
2.1交付の受け方
2.2利用可能な医療機関
2.3利用方法
2.4補助券が使えない場合

3.自然分娩の費用
3.1都道府県別分娩費用平均
3.2お母さんに掛かる費用
3.3赤ちゃんに掛かる費用
3.4オプションに掛かる費用

4.帝王切開の費用
4.1帝王切開になる確率
4.2分娩費用

5.医療保障制度の活用
5.1保障内容
5.2出産育児一時金
5.3高額療養制度
5.4医療費控除
5.5乳幼児医療費助成制度
5.6児童手当

6.社会保険の活用
6.1保険料免除
6.2出産手当金
6.3育児休業給付金

7.出産育児一時金で利用できる支払制度
7.1直接支払制度
7.2受取代理人制度
7.3海外出産の出産育児一時金
7.4海外療養費

8.生命保険での備え
8.1女性医療保険とは
8.2出産に対応できる保険

9.まとめ

続きを読む

親が高齢になったら備えておきたい相続税の計算方法、ゼロから教えます!!

親もそろそろ高齢だし、いつ何が起こるかわからない・・・そうなると気になるのは、相続税。

相続税は、いくら掛かるかわかりませんし、いきなり現金で支払いを求められても困りますよね。

「我が家は自宅しかないから関係ない」と思っているあなたは、要注意。

だからこそ、困ることもあるのです。

親の元気なうちに相続税を計算して、心構えと相続税対策をしておきましょう。

難しい話は苦手!というあなたもスッキリわかる相続税の計算方法と、今からできる相続税対策のちょっとしたテクを、実例を交えてお伝えします。

目次

1.相続って、そもそもなんなの?

1.1相続と贈与、似ているようで違います!

1.2自分の相続割合はどのくらい?

1.3負の遺産は相続したくありませんけど!?

2.相続税の計算方法を教えて!まずは仕組みと基本から

2.1相続税の課税対象と非課税対象を把握しよう

2.2我が家はどっち!?相続税を控除される人、加算される人

2.3難しい相続税の計算方法も、フローチャートでイメージすればスッキリ

3.自宅の相続税が払えるか心配?今から相続税を計算して備えよう

3.1土地によって価値が違う!?土地評価の基本、路線価方式とは?

3.2自宅の価値は、今いくら?

3.3自宅以外の建物は?

4.生命保険で死亡保険金を受け取ったら?相続税の計算方法

4.1生命保険は、「みなし相続」

4.2生命保険の落とし穴、契約者と被保険者のカンケイ

4.保険金はいくらまで課税されない?非課税金額を計算しよう

5.我が家に相続税は発生するのか!? これで完璧!気になる相続税の計算方法

5.1STEP1:課税総額を計算する

5.2STEP2:取得額に応じた税率をかけてから、控除額を計算する

5.3STEP3:結果はいかに?個人にかかる相続税を計算する

6.今からできる相続税対策、3つのテク

6.1相続税対策に一番使える!?生命保険活用法

6.2マイホームの頭金援助で、贈与税の非課税枠を徹底利用

6.3孫の教育費を負担したら、相続税が減る?

7.まとめ

続きを読む

出産でもらえる補助ってどれくらい?補助制度の種類や金額を大公開!

妊娠から出産までの十月十日。家族が増える喜びはこの上ないものですよね。

しかし、そんな嬉しさの反面、金銭面での不安を抱えている家庭が多いのも事実。

場合によっては、金銭面の不安が先行してしまい「子どもを授かりたいけどまだ時期が早い」「二人目を授かりたいけど無理かな・・・」などと躊躇してしまっている家庭もあるかもしれませんね。

漠然と不安を抱えるのではなく、まずは妊娠から出産までにどれくらいの費用がかかるのかということと、どんな補助制度があるのかということを見てみましょう!

この記事では、妊娠から出産後までのお金の流れを時系列に沿って解説していきます。出産までに必要な費用をイメージしてみてくださいね!

目次

1.妊娠から出産までのスケジュール

1−1.妊娠がわかったら?

1−2.全14回!妊婦健診はこんな流れ

1−3.マタニティライフで必要なものあれこれ

1−4.出産までに必要なものあれこれ

2.妊婦健診受診券とは?

2−1.妊婦健診受診券、どこでもらえる?どう使う?

2−2.里帰り出産をする場合は?

3.もしも入院となってしまったら・・・?

3−1.妊娠中に入院になるケース

3−2.傷病手当とは?

4.ようやく突入!産休中に受けられる補助

4−1.産前産後休暇とは?

4−2.仕事を辞めるタイミングによってはもらえない!?

5.地域でこんなに違う!?出産時のお金

5−1.入院費用と出産一時金

5−2.もしも帝王切開になったら?

6.育児休暇中のお金

7.抜かりなくやっておきたい手続き2つ

7−1.児童手当は出産後速やかに申請!

7−2.陣痛タクシーも対象!?医療費控除とは?

8.まとめ

続きを読む

中小企業にとって小規模企業共済はメリットがあるの?ズバリ解説!

現在は中小企業の経営者としてバリバリ働き、利益を上げようと日々仕事にまい進している方々も多いことでしょう。

しかし、そんな精力的に頑張る経営者の皆さんもいずれ引退する時はやってきます。そんな時のためにしっかりと今から備えておきたいものです。

中小企業の経営者・役員の方が老後の生活資金を準備する手段として、「小規模企業共済」があります。

この小規模企業共済は、中小企業の経営者・役員の方が個人で加入し、コツコツと積立をする共済です。

ある程度の長期間しっかり掛金をご自分が支払い続けているならば、着実に支払った額以上のお金が受け取れることも可能です。

また、加入せず掛金の額を単に貯蓄にする場合と比べ、手持ちのお金が高率で増やせるケースがあります。

ただし、小規模企業共済はいろいろなケースによって、予想外のデメリットが発生することも考えられます。

そこで今回は、小規模企業共済の特徴、加入手続き、その注意点について説明します。この記事を読めば、小規模企業共済の基本的知識と、実際に共済を活用する際に、有効な参考資料になることでしょう。

目次

1.小規模企業共済について

  • 1-1.そもそも共済とは何?
  • 1-2.小規模企業共済とは
  • 1-3.中小企業基盤整備機構とは

2.小規模企業共済に加入するためには

  • 2-1.加入条件
  • 2-2.必要書類について
  • 2-3.加入申し込みの流れ

3.小規模企業共済の掛金

  • 3-1.小規模企業共済の掛金月額
  • 3-2.掛金の納付方法
  • 3-3.納付が厳しいそんな時

4.小規模企業共済の共済金

  • 4-1.共済金とは
  • 4-2.共済金の受け取り方法
  • 4-3.共済契約者が亡くなった!

5.共済契約者貸付制度について

  • 5-1.共済契約者貸付制度とは
  • 5-2.共済契約者貸付制度の種類
  • 5-3.貸付内容

6.小規模企業共済の注意点について

  • 6-1.小規模企業共済のココに注意!
  • 6-2.小規模企業共済と全額損金定期保険
  • 6-3.小規模企業共済と逓増定期保険

7.まとめ

続きを読む

相続税は現金支払が必須!生命保険の活用で相続税の支払に備えよう!

相続する財産が課税対象なのは、周知の事実です。

その税額によっては、「3代で散財する」とまで言われており、私たちは漠然とした不安を抱えつつも、情報を精査することを避けてしまいがちです。

「難しそう」

「そもそも受け継ぐ財産の中身が良く分からない」

「今のところ親も健在だから、もう少し後で考えてもいいかな」

このような気持ちが背景にある為、ついつい後回しにしているのです。

しかしながら、いつ何時親御さんや配偶者の身に万が一が発生するかなど、誰にも分りません。

「自分に何かがあったら、何がしかの資産を残してやりたい」

これが、残される方たちへの心情と言うものです。

しかしながら、折角の気持ちを丸々受け取ることが出来ない可能性として考えられるのが、相続税です。

そこで今回は、相続税に関する情報やそれに対する事前対策、やっておくべきことなどを、ご一緒に見てまいりたいと思います。

目次

1.相続税とは
1.1相続税の定義
1.2相続税発生の基準

2.相続税算定に関わる項目
2.1課税対象資産
2.2控除対象資産
2.3法定相続人

3.相続税の算出
3.1相続税基礎控除の算出
3.2支払の有無
3.3申告の流れ

4.節税対策1
4.1生前贈与
4.2算出方法
4.3注意点

5.節税対策2
5.1暦年課税方式
5.2算出方法
5.3注意点

6.節税対策3
6.1相続時精算課税制度
6.2注意点

7.節税対策4
7.1評価額の減額
7.2注意点

8.生命保険による相続税対策
8.1メリット
8.2注意点

9.契約別おすすめ生命保険
9.1定期保険
9.2終身保険
9.3養老保険

10.まとめ

続きを読む

生活保護でも介護保険を利用する方法をご紹介します!

国民保険と同様に、国民全員介護が必要な人を支える介護保険。

介護には費用がかかるので利用したいと言う方も多いのではないでしょうか。

しかし、生活保護を受けている人の中には、医療保険費用を払っていないと言う方もいるかと思います。

介護保険は受けたいけれども、生活保護により申請ができるかどうか分からないと思っている方は実は誤解です。介護保険は、生活保護をうけていても受けることが出来ます。

この記事では、果たして介護保険とはどういったものなのか、そして、生活保護受給者が受けるための方法をご紹介していきたいと思います。

目次

1.介護保険って一体どういった保険の事を言うの?
1.1介護が必要な人の為に国民全員が支えてくれている保険のこと
1.2介護保険の被保険者って一体だれになるの?
2.介護保険を受けることが出来る人っていったいどういった人なの?
2.1要支援・要介護認定を受けなければいけない
2.2認定を受けるまでに調査がいくつも行なわれる
2.3結果に納得することができなければ不服を申し立てられる
3.介護保険でいったいどういったサービスを受けることができるの?
3.1自宅にいてもサービスを受けることができる居宅サービス
3.2サービスを受けるためにプランを立てたりしてもらえる支援サービス
3.3施設入所を希望すると対応される施設サービス
4.介護保険を受けることによって起こるデメリットってどういったものなの?
4.1施設やサービスなどは自分で支払うよりは選択肢が少ない
4.2施設入所は人気が高いので難易度が高い
4.3相部屋が多いので、プライバシーなどはあまり関係がない
5.介護保険は生活保護受給者でも受けることができるの?
5.1 64歳未満なら生活保護費の中の介護扶助費から賄われる
5.2 65歳以上なら介護保険が適用される
6.生活保護を受けている人の心強い味方の介護扶助って一体どういったものなの?
6.1生活保護を受けている人の介護費用になる
6.2生活保護を受けていれば対象になる
6.3自己負担がある場合もある
7.まとめ

続きを読む

子宮頸がん患者は、年間1万人以上!予防できるガンと、ワクチン接種

聞くだけで「死」を連想してしまう、ガン。

知人にガンと診断された方がいる、親族をガンで亡くした方も多いのではないでしょうか?今や、2人に1人はガンにかかるといわれ、日本の死亡原因も1981年以来ずっとガンがトップなのです。

ガンには、肺がんや大腸がん、女性特有のがんなど、部位や進行具合も様々で、備える事なんて出来ないと思っていませんか?

確かに大半のガンはそうなのですが、中にはワクチンで予防できるものもあります。それが「子宮頚がん」です。年間に1万人以上の人がかかり、3,000人近くの人が死にいたってしまう子宮頸がんですが、ここでは、なぜ子宮頚がんだけがワクチンで予防できるのか?なぜ予防できるのに患者数は減らないのか?といった問題を一緒に考えましょう。

そもそも子宮頸がんってなに?メディアで騒がれている、ワクチンの副反応ってホントにあるの?など。曖昧なことをハッキリさせます。

予防接種は、受けるも受けないも自由!私も、予防接種を受けた方がいいのかな・・・娘に予防接種を受けさせるべきなのかしら・・・など。正しい知識をつけてから、判断してください。

目次

1.子宮頸がんとは?

1.1.子宮頸がんってどんな病気

1.2.子宮体がんと子宮頸がんの違い

1.3.子宮頸がんの治療法

1.4.どんな人がなりやすい?

2.子宮頸がんの原因はウィルス感染!

2.1.子宮頸がんの原因ウィルスHPVとは

2.2.感染方法

2.3.よくある間違った知識

2.4.データでみる子宮頸がん

3.まずは検診を受けよう

3.1.検診の流れ

3.2.検診の頻度と費用

3.3.早期発見が大切!

3.4.子宮頸がんの予防法とは

4.子宮頸がんは予防接種で防げる

4.1.なんで予防接種で防げるの?

4.2.2種類のワクチン

4.3.ワクチンによる違い

4.4.予防接種の副反応

5.予防接種を受ける

5.1.日本での接種状況

5.2.対象となる方

5.3.接種期間と接種回数

5.4.おすすめの受け方

6.騒がれる子宮頸がんワクチンの副反応

6.1.予防接種は義務ではない

6.2.定期接種でなくなったのはなぜ?

6.3.WHOの見解、海外のワクチン接種事情

6.4.ワクチン接種に関する様々な意見

7.子宮頸がん啓発団体の活動

7.1.子宮頸がん征圧をめざす専門家会議

7.2.NPO法人子宮頸がんを考える市民の会オレンジクローバー

7.3.ティール&ホワイトリボン

7.4.財団法人日本対がん協会

8まとめ

続きを読む

法人保険は役員死亡退職金の備えとして有効なの?ズバリ解説!

会社経営者とともに重い責任を担ってきた役員、その役員が残念ながら在職中に亡くなってしまう場合もあります。

これまで会社のために頑張ってくれた役員のために、「死亡退職金」と言う形で遺族に受け取ってもらうことも、その功績に報いる一つの方法です。

世間では、彼らの死亡退職金に活用するお金として、貯蓄よりも生命保険等が有利と言われています。特に法人向け保険が人気といえます。

法人向けの保険は、ある病気で役員が亡くなった場合、死亡保険金が割り増しになる商品や、ある病気で入院・治療を受けた場合にも、給付金等が下りる商品もあります。

ただし、法人向けの生命保険には、いろいろなタイプの保険商品があり、その特色を検討しながら保険選びを行う必要があります。

今回は、役員の死亡退職金の積立に有利な、法人向け保険の特徴、おすすめの保険商品をご紹介します。

この記事を読めば、法人保険の基本的な知識を得ることができ、役員の死亡退職金のための保険選びに有効な資料となるはずです。

目次

1.死亡退職金について

  • 1-1.死亡退職金とは
  • 1-2.死亡退職金と税金
  • 1-3.死亡退職金は法人保険を活用する!

2.死亡退職金のための法人保険

  • 2-1.逓増定期保険は有効だが・・・。
  • 2-2.下りる保険金の高さだけで考えない
  • 2-3.死亡退職金にとらわれない保険選び

3.役員の健康を考える・その1

  • 3-1.がんとは
  • 3-2.がんの現状
  • 3-3.がん保険を検討する

4.役員の健康を考える・その2

  • 4-1.がんだけではない深刻な病気
  • 4-2.三大疾病について
  • 4-3.生活障害保険を検討する

5.アクサダイレクト生命「アクサの逓増保障の定期保険 逓増定期保険」

  • 5-1.アクサの逓増保障の定期保険の概要
  • 5-2.アクサの逓増保障の定期保険の内容
  • 5-3.アクサの逓増保障の定期保険の注目点

6.エヌエヌ生命「終身ガン保険」

  • 6-1.エヌエヌ生命「終身ガン保険」の概要
  • 6-2.エヌエヌ生命「終身ガン保険」の内容
  • 6-3.エヌエヌ生命「終身ガン保険」の注目点

7.FWD富士生命「生活障がい定期保険」

  • 7-1.FWD富士生命「生活障がい定期保険」の概要
  • 7-2.FWD富士生命「生活障がい定期保険」の内容
  • 7-3.FWD富士生命「生活障がい定期保険」の注目点

8.まとめ

続きを読む

相続税評価額を完璧に理解し、相続税を節税する方法を解説

周りや身内が亡くなった時には大きく悲しむ方もいるでしょう。

そんな中葬儀手続きや相続の手続きなど様々な事をしなければいけません。

亡くなった人の土地を相続人が引き継ぐときには相続税という税金がかかります。

この相続税とは生まれた環境でお金持ちはお金持ち、貧乏は貧乏と不公平感をなくすために考えられた制度です。

そんな中しっかりと相続税の知識を入れておかなければ、余計に税金がかかってしまい、大きなトラブルにもなりかねません。

今期あは相続税評価額をしっかりと理解して、相続税を節税する方法を紹介していきます。

目次

1.土地の相続税が発生するケース

1.1 相続税を支払うケースと支払わないケースの違い

1.2 基礎控除額を超えるかがポイント

1.3 土地は時価ではなく、相続税評価額が用いられる

2.相続税評価額とは

2.1 土地の相続税評価額の基礎

2.2 宅地を評価する基礎に「路線価方式」を用いる

2.3 評価するもう一つの基礎は「倍率方式」

2.4 相続税評価額の計算ポイント

3.宅地の利用状況に応じて3タイプの評価方法がある

3.1 自用地の評価方法

3.2 貸宅地の評価方法

3.3 貸家建付地の評価方法

3.3 貸家建付地の評価方法

4.建物や株式の相続税評価額を計算する方法

4.1 建物の相続税評価額を計算する方法

4.2 マンションの相続税評価額を計算する方法

4.3 株式(上場株式など)の相続税評価額の計算方法

5.非上場株式を相続した時の相続税評価額を調べる方法

5.1 類似業種比重方式

5.2 純資産価額方式

5.3 配当還元方式

6.土地の評価額を下げる節税テクニック

6.1 相続税評価額を大幅に下げる小規模宅地などの特例

6.2 事業用の適用条件

6.3 貸付用の適用条件

6.4 居住用の適用条件

7.土地の評価額を下げるためには土地建物を活用する

7.1 現金と建物で評価額が大きく変わる

7.2 現金から不動産へ資産変更する

7.3 なぜ現金から不動産で財産の評価額が下がるのか

8.養子や縁組も有効な手段となる

8.1 養子縁組で法定相続人が増えるので節税できる

8.2 養子と実子が同じ扱いにするにはどうすればよいのか?

8.3 被相続人の特別養子である

8.4 被相続人が配偶者の連れ子を養子にする

9.贈与を上手く活用して節税対策する

9.1 暦年課税と相続時精算課税の違いを解説

9.2 生前贈与を使うべき2つの減税制度

9.3 暦年課税と相続時精算課税の仕組みを解説

10.非課税制度を利用して節税する

10.1 非課税制度とは

10.2 3種類の非課税制度とは

10.3 非課税制度の注意点

11.まとめ

続きを読む

終身保険とはどんな保険?メリットから選び方・裏ワザまで、一挙紹介!!

生命保険の種類って、たくさんあって何がなんだかわからないですよね。

だって、学校では教えてくれませんからね。

終身保険は生命保険の中でも一番基本となるもの。

契約前にぜひ読んで欲しい、基本中の基本から裏技的使用方法まで、完全網羅。

終身保険に関する「?」が「!」に変わります。

目次

1.終身保険とはどんな生命保険?金融知識ゼロでもわかるように教えて!!

1.1終身保険と死亡保険、満期はいつ?

1.2終身保険とは、どんな”もしも”に備えるもの?

1.3終身保険は、必ず保険金がもらえるの?

1.4終身保険は、一生保険料を払わないといけないの?

2.終身保険とは、どんなメリットがある保険?

2.1終身保険最大のメリット、「貯蓄は三角、保険は四角」

2.2年末調整で、最大5万円の所得控除が受けられる

2.3終身保険が、子どもの教育費や老後資金になる

2.4キャッシングより-15%!?低金利で融資が受けられる契約者貸付制度

2.5 相続時の非課税枠は、「〇〇〇万×法定相続人の数」

3.終身保険のデメリット、ホントのところ

3.1保険料支払いで、家計の負担が増大

3.2総払込額<解約返戻金となるのは何年先?解約時期によっては元本割れ

3.3お宝保険は現代では超レア!!

3.4保険会社のコストは掛け捨て

3.5支払いも終身!?保険料負担は定年後も続く

4.こんな終身保険に注意!!

4.1「誰でも入れます」の落とし穴!老親の加入は確実な元本割れ

4.2「終身」とは名ばかり、更新のたびに保険料増額

4.3 支給条件の難易度高すぎ!これって絶対、受け取れないよね!?

4.4本当の金利はブラックボックス・・・ナゾの利率変動型保険

5.終身保険に加入すると保険料の負担が苦しい・・・解決策は?

5.1掛け捨てタイプは、本当にお得!?

5.2ドル建て&10年払込で、解約返戻金UP♪

5.3実質負担ゼロで終身保険に加入するテクニック

5.4非常事態は「払い済み」で解約危機を乗り切れ!!

6.子どもの教育費、終身保険で貯められますか?

6.1元本割れ続出!「教育費の備え=学資保険」の時代は終わった

6.1人につき1本!子どもを受取人にした終身保険で、平等に学費を貯める

6.3預貯金vs終身保険、勝敗は?

7.あなたが入るべき終身保険とは?

7.1非常事態の衣食住、生活費用の死亡保険

7.2子どもの大学進学を見据え、教育費用の死亡保険

7.3どんな病気にかかるかは、神のみぞ知る・・・医療費負担用の医療保険

7.4資産のほとんどが「自宅」なら、相続対策用の死亡保険

7.5個人年金や介護保険はまだまだ未知数

8.まとめ

続きを読む

収入保障保険はお得!?デメリットから選び方のコツまでを徹底解説!

結婚や出産など家族が増えるタイミングで生命保険が気になり始める方が多いのではないでしょうか?

生命保険についてご自身で調べ始めたり、保険プランナーの面談を受けると「収入保障保険」という保険に出くわすこともよくあるかと思います。

収入保障保険は、一般的な積立型生命保険や定期保険に比べて、割安な保険料でいきなり大きな保障を準備することができるので、「魅力的!こんな保険あったの!?」とすぐに飛びつきたくなったという方も少なくないことでしょう。

ただ、収入保障保険はメリットだけではなく、残念ながらデメリットもあるんです。よくよく考えずに加入してしまうと将来、「こんなはずじゃなかった!」となってしまうかもしれません。

この記事では、収入保障保険のデメリットを確認した上で、ご自身のライフプランに合った収入保障保険選びをするコツなどを解説していきます。

収入保障保険は、上手に使うことができれば、保険料を安く抑えることができ家計の救世主になってくれるもの。この記事を読んで「安心の保障」「節約」のどちらも手に入れてくださいね!

目次

1.収入保障保険って一体どんなもの?

1−1.収入保障保険の特徴

1−2.収入保障保険の保障の範囲は?

1−3.安さに理由あり!?

2.収入保障保険のデメリット

3.収入保障保険に向いている家庭は?

3−1.あなたの家庭にピッタリなのはどのタイプの保険?

3−2.割り切ることも大事!?貯蓄までのつなぎとしての収入保障保険

4.収入保障保険の選び方のコツは?

4−1.期間選びで重視したいこととは?

4−2.タバコを吸わない人は更にお得!?健康状態による価格設定とは?

5.収入保障保険に加入するなら税金のこともお忘れなく!

5−1.一括受取をする場合の税金

5−2.年金受取をする場合の税金

6.収入保障保険が団信代わりになる?

6−1.団信とは?

6−2.団信代わりに使うときのメリット・デメリット

7.まとめ

続きを読む

死ぬ前にしておくこととは?終活で必要な4つの事を解説します

最近では、「終活」と言う言葉が話題になっています。

この終活とはいったいどのような事をするのでしょうか。

人はいずれ誰でも迎える最期の時、その時に「自分が望むように供養をして欲しい」、

残された家族に対して、「自分の死後にトラブルを起こして欲しくない」、「自分が死んだ後に見られたら困る様なモノがある」など、生きている中では自分で何とかできるものでも、「死人に口なし」と言われるように、死んだ後には何もできません。

また、残された家族にとっては、遺産の管理や相続の問題から、各種の手続きなど多くの問題を解決していかないといけません。

親族や身内の死は、精神的なショックが大きいですが、それ以上に様々な事を解決しないといけないのです。

その様な時に、事前に「○○銀行に口座がある」や「○○保険会社に生命保険の契約がある」や「こんな葬儀をして欲しいからここにそれ用のお金を準備しておく」などの、事前準備があれば、残された家族も助かる事でしょう。

人は誰でもいずれ亡くなります。

避けては通れないからこそ、事前に準備をすると言うのも大切なことかもしれません。

そこで、この記事では、終活と言われる最後の準備に必要な事を4つに絞って解説していきます。

自分の事を残された家族が知っているようにするのも、最後の責任かもしれないですよ。

目次

1.終活とは

1.1終活をする理由

1.2誰のためにするの?

1.3自分の意志表示

2.資産の管理

2.1預貯金の把握

2.2株式等の有価証券の把握

2.3生命保険等の把握

2.4不動産資産の把握

3.身辺整理

3.1パソコンやスマートフォンのデータ

3.2SNSのアカウント

3.3部屋の整理など

4.葬儀について

4.1葬儀の仕方

4.2埋葬方法

4.3お墓の準備など

5.相続について

5.1資産の把握

5.2遺言書の作成

5.3相続税の対策

6.死後の手続き

6.1死後から埋葬までの流れ

7.まとめ

続きを読む

自宅の評価額が8割減!?小規模宅地の特例の活用法と厳格化の中身とは?

ある日突然やってくる相続。

「うちにはお金がないから相続税なんて関係ない!」そう思っていたのに、想像以上に持ち家の評価額が高くてどれだけ高額な税金を納めることになるかと思いヒヤヒヤしてしまったなんてこともあるようです。

でも、「小規模宅地の特例」という制度によって、実は自宅の土地の評価額は最大で8割も減らすことができるんです!

そもそもこれからも住んでいきたい自宅に巨額の相続税が発生してしまっては相続で泣く泣く自宅を手放さなければならないという悲劇が起きてしまいます。「小規模宅地の特例」は、そんな悲劇が起こらないようにしてくれるための制度なんです。

この記事では、なかなか聞きなれない「小規模宅地の特例」の概要から平成30年の改正点、しっかり利用するために気をつけておきたいことなどを紹介していきます。

円満な相続に向けて「終活」を始めたばかりという方も、ぜひこの特例の内容をチェックしてみてくださいね!

目次

1.「小規模宅地の特例」って一体何!?

1−1.まずは概要からチェック!

1−2.対象となる土地と建物は?

2.別居家族でも使えるの?小規模宅地の特例を使える条件とは?

2−1.配偶者について

2−2.同居親族について

2−3.別居親族について

3.【平成30年改正ポイント】「家なき子特例」の厳格化とは?

4.早まった相続税対策で使えないケースも?

4−1.3年以内の贈与で後悔

4−2.相続時清算課税制度で後悔

5.小規模宅地の特例、どんな手続きが必要なの?

5−1.相続税の土地評価額の計算方法

5−2.税務署への届出書類

6.これだけは確認してから行動すべき!?

6−1.マイホームを購入してからではもう遅い!

6−2.すぐに売却してはダメ!

6−3.生前贈与の注意点

7.まとめ

続きを読む

保険で貯蓄っ!?できる?できない?スッキリ結論を出します!

みなさんの中には、「保険で貯蓄」ができるものだと思われて、ご契約された方も、意外に多くおられるかもしれませんね!

中には、そういった保険のセールス・ポイントに魅力を感じて、ついつい加入してしまったけれど、「本当のところはどうなんだ・・・」と、もやもやされている方もいらっしゃるのではないでしょうか?

でも、大丈夫です!

今回は、保険で貯蓄ができるかどうかを、詳細に解説していきます。

その「もやもや」を、是非、ご一緒に、すっきりと解決させてしまいましょう!

目次

1.そもそも生命保険って?
1.1生命保険の役割
1.2生命保険の種類

2.保険と貯蓄の違いって?
2.1保険と貯蓄はまったく別もの!
2.2保険と貯蓄の税金って?

3.保険で貯蓄するなら

4.お金の貯まる保険の種類
4.1終身保険
4.2養老保険
4.3学資保険
4.4個人年金保険
4.5介護保険

5.保険で貯蓄する時に注意すべき点

6.保険で貯蓄するデメリットって?

7.保険で貯蓄する効果って?

8.まとめ

続きを読む

子宮頸がんの原因と治療法、そして治療費のサポートを徹底解説!

子宮がんは女性特有のがんであり、子宮下部の管状の部分に発症するがんを「子宮頸がん」、子宮上部の袋状の部分に発症するがんを「子宮体がん」と呼びます。

子宮頸がんは子宮がんのうちの約7割を占めているとされ、これから赤ちゃんを授かりたい女性には注意しなければいけない部位のがんといえます。

また、最近では20代や30代の若い女性が発症するケースも増えており、子宮頸がんへの正しい知識がいっそう求められます。

そして、子宮頸がんを発症した場合には焦りは禁物です。日本のがん検査・がん治療は世界で最高レベルといえます。しっかりと医療機関では子宮頸がんを状態を把握し、的確な治療法が行われます。

ただし、問題なのは治療費です。公的医療保険が適用される医療サービスもあれば、適用外のサービスもあります。

治療の際に予想外の金銭的負担が発生するケースもあり、万が一の事前の備えが必要となります。

そこで今回は、子宮頸がんの特徴と発症原因およびその治療法、そして治療費を賄う方法を説明します。

この記事をみれば、子宮頸がんの基本的知識と検査・治療の流れ、効果的な金銭的サポートを得るための方法がおわかりになることでしょう。

目次

1.子宮頸がんという病気

  • 1-1.子宮頸がんとは
  • 1-2.子宮頸がんの検査・治療の流れ
  • 1-3.子宮頸がんのステージ・生存率

2.子宮頸がんの原因

  • 2-1.ヒトパピローマウイルス(HPV)
  • 2-2.どうやって感染?
  • 2-3.子宮頸がんの初期症状

3.子宮頸がんの検査

  • 3-1.検査の流れ
  • 3-2.がん検診~精密検査の方法とは
  • 3-3.がんの広がりを見る検査の方法とは

4.子宮頸がんの治療方法

  • 4-1.手術治療について
  • 4-2.放射線治療について
  • 4-3.抗がん剤治療について

5.子宮頸がんの治療費を考える・その1

  • 5-1.公的医療保険の適用は?
  • 5-2.高額療養費制度とは
  • 5-3.高額療養費制度の上限額について
  • 5-4.高額療養費制度の申請方法

6.子宮頸がんの治療費を考える・その2

  • 6-1.がん保険とは
  • 6-2.子宮頸がんの入院日数と給付金
  • 6-3.がん一時金が必須?
  • 6-4.女性保険は入るべき?

7.まとめ

続きを読む

出産費用の支払いを大きく節約するテクニックを分かりやすく公開

赤ちゃんが出来ていたことを知った時、大きな喜びと、これから親になるという戸惑いが入り混じったような気持ちになると思います。

旦那さんも奥さん、子供など大切な人を支えていかなければ行けませんし、奥さんも親になり育児をしなければいけないという意識が徐々に芽生えてくるでしょう。

ですが実際に赤ちゃんが出来たのはうれしい事だけどその費用にかかる金額って知っていますか?

出産間近に迫って「え!?こんなにお金かかるの!?」と、慌てないようにしっかりと出産費用を節約する方法を学んでいきましょう。

出産するときの費用の流れやお得にする方法を知れば、精神的にも負担が少なくなりますし、出産に集中することが出来ます。

なので出産費用にかかる支払いやどのようにして、安く支払っていくのかしっかりとマスターしていきましょう。

目次

1.出産費用の支払いの平均相場は!?

        1.1 まずは出産費用の内訳を知っておこう

  1.2 入院日数の変動で平均費用は変わる

  1.3 出産費用の支払いは他にもかかる

  1.4 出産費用の支払いは保険が無効

2.どのようにして出産費用を支払っているのか

        2.1 貯金を切り崩しての支払い

        2.2 両親から借りる

        2.3 クレジットカードやカード枠を使う

  2.4   消費者金融で借りる

3.出産でもらえるお金の種類を知って出産費用を節約する

  3.1   出産手当金

  3.2   傷病手当金

  3.3   出産育児一時金

  3.4 医療保険

4.出産手当金を申請する流れ

       4.1 出産手当金を受け取れる条件は

      4.2 出産手当金を受け取れる期間

   4.3 支給額や計算方法をマスターしよう

5.傷病手当金の申請する流れを解説

   5.1   傷病手当金の支給条件や受け取れる金額はどのくらい

   5.2  傷病手当の申請方法をマスター

   5.3   傷病手当金の注意点とは

6.出産一時金で出産費用を抑えるための申請方法とは

      6.1 出産育児一時金は1人42万円もらええる

      6.2 出産育児一時金をもらうための条件

   6.3 出産育児一時金を受取る時期や受け取り方法

7.出産の支払いで医療保険は適用される

    7.1   医療保険が適用される種類

    7.2  医療保険が適用される出産費用

    7.3  医療保険に入るタイミング

8.出産費用を支払うときは医療保険を活用するポイント

    8.1   医療保険が適用される出産費用の範囲を知る

    8.2   医療保険に加入するなら27週目までに申し込む

    8.3   産後に医療費控除も申請しておく

9.医療費控除の申請の流れ

  9.1   出産時に医療費控除の対象になるものとならないものを知る

  9.2   医療費控除のメリット

  9.3   申請してから返付金を受け取るまでの流れ

10.その他助成金や出産祝い金など受け取れるお金

  10.1  妊婦検診の助成金

  10.2  出産手当の助成金

  10.3  出産祝い金

  10.4  育児休業給付金

11.まとめ

続きを読む

相続税?配偶者控除?これさえ知っていれば難しくない、相続のキホン

『相続税』と聞くと、なんとなく難しそう、相続税を払うのは資産の多いお金持ちだけ、と思っていませんか?

しかし突然訪れるのが、自分や家族のもしもの時!

遺された遺族は、役所への届や、様々な手続き、葬儀のことなど・・・やらなければならない事は沢山あります。

それに加えて、最も時間がかかり、親族間でのトラブに発展することもあるうるのが遺産相続。

いざ亡くなってしまってから、お金を預けていた銀行はどこなのか、加入していた保険は何なのか、所有していた不動産や株のことについてを、一から調べ直すのは大変骨の折れる事です。

自分や家族が亡くなってしまう前に、遺産の相続割合はどうするのかなどを事前に考えておけば、対応できる。この記事では、相続のキホン知識から、事前に考えておくべきことについて紹介します。

相続財産や、家族構成は人それぞれ違うもの。

もしもの時、自分の家族の場合はどうするか、また、今まさに問題に直面している方の、遺産相続について考えるヒントになればと思います。

目次

1.もしもの時、遺産相続のこと

1.1.遺産相続

1.2.相続人について

1.3.法定相続分とは

1.4.遺産相続でのトラブル

2.相続財産とは

2.1.相続財産を調べる

2.2.相続財産の評価とは

2.3.いつまでに、誰に相談する?

3.相続税のキホンを知る

3.1.相続税のキホン

3.2.相続税を減らすためには?

3.3.相続税の申告

4.基礎控除と配偶者控除について

4.1.基礎控除とは

4.2.配偶者控除とは

4.3.配偶者控除の落とし穴!

4.4.配偶者控除を受ける条件

4.5.さまざまな控除制度

5.相続税の計算、節税対策

5.1.相続税の計算

5.2.生前贈与で節税する

5.3.生命保険で節税する

6.二次相続

6.1 .二次相続とは

6.2.二次相続の相続税を計算

6.3.二次相続の対策

7.最近の相続税改正まとめ

7.1.基礎控除の改定

7.2.税率の改正

7.3.税額控除の改正

7.4.小規模宅地特例の改定

8.まとめ

続きを読む

国民健康保険の出産一時金を正しく知って、妊娠/出産の経済的不安を解消しましょう!

待望の赤ちゃんを授かる幸せは、何物にも代えがたく、言葉では言い表せないものなのかもしれません。

しかしながら、そんな幸せな時間を迎えるにあたり、目をつぶって通り過ぎることが出来ないのが、出産費用です。

妊娠/出産も、「医療機関に通院/入院をする=医療費3割自己負担」だと、勝手に思い込んでいませんか?

実は妊娠/出産は疾病とはみなされていないため、全額自己負担を強いられることをご存知でない方は、少なくはありません。

「当事者になってみて初めて知る」と言った類の情報であることも、確かなのです。

しかしながら、ご安心ください。

そんな出産の経済的負担を軽減すべく、「出産育児一時金」と言う公的制度が、実は存在しています。

今回は、国民健康保険加入者が受けられる、出産一時金を含めた、出産に関わる様々な保障制度を、ご一緒に見てまいりましょう。

目次

1.国民健康保険とは
1.1公的医療保険の種類
1.2受けられる保障の種類
1.3医療費支払に活用出来る制度

2.出産育児一時金とは
2.1支給額
2.2申請方法

3.出産育児一時金直接支払制度とは
3.1仕組み
3.2申請方法

4.出産育児一時金受取代理制度とは
4.1仕組み
4.2申請方法

5.海外出産における出産育児一時金とは
5.1支給条件
5.2注意点と申請方法

6.海外療養費とは
6.1支給条件と必要書類
6.2注意点

7.産科医療補償制度とは
7.1目的と仕組み
7.2補償の対象と条件
7.3補償金額
7.4申請方法

8.妊娠/出産で活用すべき手段
8.1その他の公的制度
8.2私的制度

9.まとめ

続きを読む

あなたに合った相続税対策はどれ?資産傾向別の対策法を一挙大公開!

いつどんなタイミングで起こるかわからない「相続」。

「相続税対策なんてまだまだ自分には関係のない話」などと思っている方も多いのではないでしょうか?

または「我が家はそもそも相続税の対象にならないだろう」と思っている方も多いのでは?

平成27年から相続税の基礎控除額が減少した影響で、今や都心に暮らす世帯の約12%が相続税の対象になってくると言われています。

そして、「相続税対策」と一言で言っても、資産の中で「土地の比率が高い」または「現金比率が高い」など資産傾向によって取るべき対策も大きく異なっており、場合によってはしっかりとした相続税対策をするために10年以上もの時間が必要になってくることもあるんです!

この記事では、相続税対策の方法や注意点について説明していきます。「まだまだ先!」と思わず、できるときに始めるのが相続税対策の何よりのコツなので、ぜひ読んでみてくださいね!

目次

1.我が家も相続税の対象?相続税の基礎知識

1−1.基礎控除って何?

1−2.相続税の計算方法

2.不動産で相続税対策

2−1.タワマン節税とは?

2−2.アパート・マンションを経営する?

2−3.都心に引っ越すだけで相続税対策ができる?

3.生命保険で相続税対策

3−1.生命保険の非課税制度とは?

3—2.具体的な節税シミュレーション

3−3.外貨建て?それとも円建て?セールスマンのおすすめはもちろん・・・

4.生前贈与で相続税対策

4−1.贈与税とは?

4−2.教育資金を贈与する

4−3.住宅購入費用を贈与する

5.暦年贈与を使って大幅節税!

5−1.110万円以内の暦年贈与

5−2.110万円を超えてもやる価値有り?その根拠は!?

6.相続税対策で気をつけるべきポイント

6—1.二次相続まで見越した対策が鍵!

6−2.人生100年時代だからこそのリスク

6−3.遺言で家族円満に!?

7.まとめ

続きを読む