保険口コミ

積立年金保険を利用して老後の心配をなくすのは可能なの?

積立年金保険という言葉は聞いたことがあるけれど、実際にそういった名前の保険は少なく、一体積立年金とはどういったものなのか、また、積立年金保険とはどれに加入するべきなのかと考えている方もいるかと思います。
しかし、実は積立の文字が入っていなくても積立年金の要素を含んでいる保険も存在しています。
この記事では、そんな積立年金とは一体どんなものなのか、また、どうして老後の貯蓄におすすめされているのかをご紹介していきたいと思います。

目次

1.積立年金って一体どういったもののことを言うの?
1.1国が運営している公的年金
1.2加入も解約も自由な個人年金
1.3自分の負担が軽くなる確定拠出年金
2.個人年金と確定拠出年金って一体どういった点が違うの?
2.1積立てていく支払い保険料が決まっているかどうか
2.2 将来受け取れる保険金が決まっているかどうか
3.個人年金と確定拠出年金はどのように使い分ければいいの?
3.1ローリスクローリターンで運用する個人年金
3.2他の年金制度が振るわなくてもカバーできる確定拠出年金
3.31つに集中するのではなく、分散することが大切
4.積立年金って一体どういうメリットを意味しているの?
4.1長期間で積み立てることでインフレリスクを避けることができる
4.2長い期間かけることで、複利の力により投資が成功しやすい
4.3焦ることなく安心して年金を作ることが出来る
5. よく聞く拠出型企業年金保険と企業型確定拠出型年金は同じではないの?
5.1保険料を誰が支払うのかが違う
5.2加入や契約が自由かどうかが違う
5.3税制度がどのようになっているのかが違う
6.年金制度は節税対策になるのは本当なの?
6.1全ての年金保険が対象になっているわけではない
6.2契約者が異なっても控除が可能な場合がある
7.最後に確認しておきたい積み立てて作る個人年金保険が人気の理由とは?
7.1自動的に目標額分のお金を貯めることができるから
7.2貯めたお金を無駄遣いしなくてもすむから
7.3税金控除を受けることができるから
8.まとめ

続きを読む

個人年金保険の比較サイトを活用して、ライフプランニングを始めよう!

インターネット隆盛の現代社会、私たちは様々な恩恵を、そのネットワークから受けています。

スマホ/PCさえあれば、ありとあらゆる情報を、どこにいても手軽に収集できるようになり、その範疇は全世界に及びます。

しかしながらその情報量の多さばかりでなく、整合性の確認できない情報、キャッシュとして残り続ける過去の情報などがあまりにも多く氾濫し、その信ぴょう性は時として懐疑的にならざるを得ないのも、インターネットの持つ側面です。

とりわけ商品数が多く、煩雑な生命保険商品を検索しようとすると、その数のあまりの多さに、閲覧する前に気が萎えてしまいます。

そこで今回は、インターネットの利点をフル活用して、生命保険商品の情報を収集するのにうってつけな、比較サイトのあれこれを見てまいりたいと思います。

特に先行きの見えない経済状況に置かれているわが日本では、将来の備えとしての個人年金保険に熱い視線が注がれています。

まずは自身のライフプランを具体的にイメージしていただくためのノウハウから、選ぶべき個人年金の情報、活用すべき生命保険比較サイトを順に見てまいりましょう。

確かな情報を発信する優良サイトを活用して、今すぐ盤石なライフプランを構築していきましょう。

 

目次

1.ライフプランをシミュレーションしよう
1.1ライフイベントとは
1.2イベントごとに必要な経費

2.将来に向けた貯蓄とは
2.1備えは2種類
2.2銀行金融商品とは
2.3生命保険会社の保険商品とは

3.そもそもセカンドライフとは
3.1公的年金の現状
3.2セカンドライフの現状

4.様々な体系別にみる個人年金
4.1受取種類別個人年金
4.2形態別個人年金
4.3保険料払込別個人年金

5.新しい形の公的年金とは
5.1イデコiDeCo

6.個人年金ランキング
6.1利率/返戻率でみる個人年金

7.インターネットを駆使しよう
7.1個人年金保険比較サイトとは

8.代表的な個人年金保険比較サイト
8.1価格.com
8.2保険市場
8.3 i保険
8.4保険比較ライフィ
8.5保険比較
8.6保険チャンネル
8.7自身にあったサイトを探そう

9.まとめ

  続きを読む

個人年金のデメリットを徹底検証!お得な個人年金とは何か!

皆さん『個人年金』についてどの程度知っていますか?デメリットもきちんと理解しているでしょうか?

第2の人生となる老後をその『個人年金』で、豊かにゆっくりと楽しみたいと思っている方がほとんどだと思います。

公的年金の不安や心配もなく、十分な『個人年金』が用意できれば安心して老後を過ごせる事とでしょう。

しかし現在の日本の経済状況を見ると本当に安心できる物なのか、不安になってきませんか?

今、自分の老後の為の『貯蓄』を『個人年金』で用意しているとていう人は、どんな種類の個人年金で、どのくらいの受取金額にしていますか?はたしてそれらは本当にゆとりをもたらしてくれるのでしょうか?

今回は、個人年金の種類によっては、将来デメリットとなるかもしれない、個人年金のデメリットを考えながら、お得な『個人年金』とはどのようなものかを、見て行きたいと思います。

目次

1.個人年金のこと
1-1.個人年金って何?
1-2.私的年金にはこんなものが
1-2-1.〇〇基金
1-2-2.確定拠出年金
1-2-3.生命保険
2.個人年金 デメリットの理由
2-1.デメリットな個人年金
2-1-1.老後資産が減る?
2-2.個人年金・定期預金
2-3.個人年金と公的年金
2-4.個人年金・貯蓄型生命保険
3.個人年金 デメリット・注意
3-1.個人年金 デメリット・インフレ
3-2.個人年金保険・『損』減額
3-3.個人年金 デメリット税金
3-3-1.受け取り方法
4.個人年金 デメリット・対策
4-1.個人年金・入らない
4-1-1.会社員
4-1-2.自営業者
4-2.個人 年金・入るタイミング
4-3.何歳までカバーするか
5.個人年金「イデコ」とは
5-1.個人型確定拠出年金(iDeCo)
5-2.個人型確定拠出年金・増やし方
5-3.個人型確定拠出年金の注意点
6.個人年金のお得なポイントを考える
6-1.お金が貯められない人
6-2.個人年金保険の税制適格特約
6-3.国民年金・加入するメリット
7.まとめ

続きを読む

ソニー生命の個人年金保険って?変額保険との違いも含め解説します!

年金を貯めることを検討し、情報を集めたけれど、個人年金保険が次々に販売停止になり、どうすれば良いのか分からなくなっていませんか?
私も、様々な情報を収集したにもかかわらず、販売停止になった商品は多くあります。
その中でもソニー生命は、元々2種類の個人年金保険を扱っていましたが、今は変額個人年金保険のみに統一されて販売を継続していますが、変額保険と変額個人年金と似たような2種類の保険が販売されている事で、少し解り辛いです。
この記事では、ソニー生命の扱っていた個人年金保険はどのようなものなのか、そして現在扱われている変額保険と変額個人年金保険はどういった商品でどのような違いがあるのかと言う事から、他社の保険と比較してどのようなメリットがあるのかなどを変わりやすく解説していきます。
この記事を読んで、より有利に老後の資金の準備をしませんか?

目次

1.ソニー生命の個人年金保険ってどのような種類があるの?
1.1受け取れる年金の額が決まっている、5年ごと利差配当付個人年金保険
1.2運用実績に応じて年金の総額が変動する、変額個人年金保険
2.ソニー生命の5年ごと利差配当付個人年金保険のメリットってどういう所なの?
2.1支払った保険料が返ってくる返戻率が高い
2.2保険料が支払われない障害になった時に払込免除がついている
3. ソニー生命の5年ごと利差配当付個人年金保険のデメリットってどういう所なの?
3.1基本的に支払いは口座振込のみ
3.2サイトからシュミレーションなどで詳しい情報を得られない
3.3簡単に申し込むことは難しい
4. ソニー生命の変額個人年金保険のメリットってどういう所なの?
4.1物価が上昇するインフレリスクに対応することができる
4.2自分の運用次第で多くの年金を受け取ることができる
5. ソニー生命の変額個人年金保険のデメリットってどういう所なの?
5.1特別勘定をよく理解しないと運用が難しい
5.2最低保証がないため、損したら年金の額が減ってしまう
6.すでに運用をしている人にとって変額個人年金保険が魅力的な理由って?
6.1金利が高く、運用成績があるファンドに投資することができる
6.2制限されることなく運用成績のよいものだけに投資することができる
6.3生命保険料控除を受けることができ、節税対策ができる
7.ソニー生命と他の会社の個人年金保険の違う部分とはどこなの?
7.1契約の上限年齢が明確に決まっており、払込開始年齢の設定は細かい
7.2苦情率はそこまで高いわけではない
7.3運用利回りは悪くない
8.まとめ

続きを読む

個人年金とは!その基礎知識と必要性!老後の余裕はまず知識から

『個人年金とは?』と、問われたら皆さんどう答えますか?

ほとんどの人が「自分自身で公的年金にプラスアルファ―し、余裕ある老後資金を確保するもの」と言う答えだと思います。

ではなぜ個人で年金を用意しなくてはいけないのでしょうか?

公的な年金が、確実に65歳から十分受け取れるのなら何の心配もいりませんが、日本のお財布事情や年齢構成のアンバランスを見ると、現在の30歳代や40歳代は心配になってきますよね。

そこで『個人年金』を考える訳ですが、大事なお金の事なのでそのメリットや注意しなければいけない事をよく知っておかなくてはいけません。

今回は『個人年金とは?』という素朴な疑問を解決し、しっかりとした『個人年金』の知識を見て行こうと思います。

目次

1.個人年金とは何?
1-1.個人年金とは・貯金のような
・1-1-1.その他の公的年金
1-2.個人年金とは・公的年金に相対(そうたい)
1-3.個人年金とは・公的年金の不安・未払い
2.私的な選択とは
2-1.国民年金基金とは
2-2.確定給付年金(確定給付型企業年金)とは
2-3.iDeCo(個人確定拠出年金)とは
2-4.生命保険会社『個人年金保険』分類とは
3.公的年金に無い生保の増額年金・増加年金とは?
3-1.増額年金
3-2.増加年金
4.個人年金保険とは
4-1.一般の生命保険料と個人年金保険料の違いとは
4-2.個人年金保険・税
4-3.年末調整・書き方・トクする金額
4-4.ちょっと心配インフレと個人年金保険
5.皆はどのような個人 年金保険を使っている?
5-1.個人 年金の受給開始年齢は
5-2.個人 年金保険料は
5-3.個人 年金の年額は
5-4.個人 年金の受給期間は
6.個人年金VS〇〇とは
6-1.定額貯金とは
6-2.確定拠出年金とどちらが有利
7.個人年金保険の元本割れとは
7-1.変額個人年金・外貨建て個人年金保険
7-2.個人年金の必要性とは
8.まとめ

続きを読む

個人年金は必要?セカンドライフをより良くするポイントとは?

長引く景気低迷で、私たちは漠然とした不安を、セカンドライフに対して抱えています。

特に公的年金制度の存在そのものを訝しむ声や、受給資格、受給額に対する具体的不安も、一向に減る気配をみせません。

そこで今回は、私的年金の雄である個人年金の存在や必要性などを、あらゆる角度から知ることによってもたらされる恩恵を、見てまいりたいと思います。

また、現在年金を受給されている方が見落としがちになっている、確定申告を利用した還付金受給の可能性も、併せて検証してまいります。

きちんとした情報をもとに、堅牢なセカンドライフを迎える準備を始めましょう。

目次

1.公的年金制度
1.1概略
1.2公的年金の支給額目安

2.セカンドライフとは
2.1セカンドライフの実情
2.2セカンドライフに用意すべき金額
2.3セカンドライフへの備え

3.私的個人年金とは
3.1個人年金の概略
3.2個人年金の必要性

4.個人年金の種類
4.1受取期間別
4.2年金形態別
4.3保険料払込別

5.個人年金のデータ解析
5.1個人年金加入率
5.2加入している個人年金の種類
5.3個人年金保険料の相場
5.4個人年金の受取開始年齢
5.5個人年金の受取期間

6.個人年金契約での節税
6.1契約者と受取人の関係性
6.2所得税と住民税の控除限度額
6.3個人年金保険料控除の手続き

7.受け取っている個人年金に掛かる税金
7.1契約者と受取人の関係性
7.2贈与税の計算と税率
7.3所得税の速算表

8.受取個人年金を確定申告で還付
8.1個人年金の雑所得計算式
8.2年金受取開始後に被保険者死亡の場合
8.3年金受取開始前に被保険者死亡の場合
8.4申告書の記入方法

9.まとめ

続きを読む

住友生命の個人年金の評判は?加入時に注意するべき点を徹底解説!

住友生命の個人年金は、返戻率が高いとネットなどでも話題になっていますが、実際に加入するとなるとどうなのでしょうか?

返戻率は個人年金の加入を決めるうえでとても重要ですが、他にも『住友生命の評判は?』『個人年金のメリット・デメリットは?』『住友生命の個人年金はどんな特徴があるの?』など様々な視点から選びたいですよね。

住友生命の営業員に個人年金を勧められたけど、いまいち内容も難しくて分からないし、また年金額は自分に合っているかなど知らない事も多くて悩んでいる人も少なくないと思います。

そこで今回は、住友生命の個人年金保険について仕組みや特徴、加入時の注意点など、元保険外交員が分かりやすく徹底解説していきます。

現在加入しようか悩んでいる人や、これから個人年金に加入しようと比較・検討中の人など、ぜひこの記事を参考にしてみてくださいね。

目次

1.住友生命の個人年金の特徴
1.1.まずはじめに個人年金保険とは?
1.2.たのしみワンダフルの特徴
1.3.たのしみキャンバスの特徴
1.4.住友生命独自の『たのしみランク』の特徴

2.付加できる特約
2.1.指定代理請求特約とは?
2.2.個人年金保険料税制適格特約とは?
2.3.保険料払込免除特約とは?

3.気になる住友生命の個人年金保険の評判は?
3.1.貯蓄性が高い
3.2.年金以外でも使える
3.3.年金の受け取り回数を選択できて便利
3.4.保険料払込免除特約を付けると返戻金が下がってしまう

4.税金の節約ができる『個人年金保険料税制適格特約』を付けよう
4.1.個人年金保険料税制適格特約を付加する事をオススメします
4.2.所得控除を受けるには様々な契約条件があります
4.3.平成24年度から個人年金保険料の所得控除額が変わりました

5.個人年金保険のメリット
5.1.老齢年金を受け取るまでの生活資金を準備できる
5.2.据え置く期間を作ることでより返戻率が上がります
5.3.所得控除を使って税制対策ができます

6.個人年金保険のデメリット
6.1.保険料の払込期間が長期間あります
6.2.銀行の預金と違って、引き出し自由ではありません
6.3.死亡保障がありません

7.住友生命の個人年金保険の注意点
7.1.途中で解約してしまうと元本割れを起こします
7.2.契約後10年間は払済保険に変更できません
7.3.保険料は払い続けられる金額にしましょう

8.まとめ

続きを読む

長生きリスクに備えるなら!個人年金と比較すべき6つのコト教えます!

厚生労働省が調査発表している『日本人の平均寿命』ですが、毎年、ぐんぐん、のび続けていますよね!

平均寿命の上昇にともない、死亡数のピークも上昇していて、現在、なんと「男性は85歳、女性は91歳」と発表されています。

いやいや、ちょっと待ってよ、そんなに長生きしないよ、っていうか、するつもりないよ・・・

そう思っていませんか?(私はそう思っています・・・)

しかし、こればかりは、わかりませんよね。

そもそも寿命に予定はありません。

そして、多くの場合、誰にでも、必ず、老後はやってきます。

「こんなはずではなかった」なんて、後から後悔することだけは、ぜひ、避けたいですよね。

自分の老後を想像するのは、あまり心躍ることではありませんが、長生きをリスクにしないで済むように、今から、少しづつ心づもりだけでも始めてみませんか?

目次

1.ライフプランを確認しよう!
1.2ライフプランの作り方

2.公的年金をおさらいしよう!
2.1公的年金の仕組み
2.2『破綻する』って本当?
2.3いくらもらえる?

3.個人年金ってナニ?
3.1個人年金の仕組み
3.2個人年金の種類!

4.個人年金と比較すべき6つはコレ!
4.1普通貯金
4.2自動積立定期貯金
4.3個人向け国債
4.4一般財形貯蓄
4.5投資信託(積立型)
4.6個人型確定拠出年金

5.運用コストやとりかかりやすさを比較!

6.税金の優遇度で比較!

7.今からできることを考えよう!

8.まとめ

続きを読む

あんしん生命 個人年金!売り止め?個人年金に代わる対策はコレ!

『あんしん生命の個人年金』において、東京海上日動フィナンシャル生命との合併以前に加入していた個人年金は、保障内容などそのまま引き継がれています。

しかし、各保険会社の個人年金保険が2016年から次々と、新規加入の保険料の値上げや利率の引き下げ、商品によっては販売停止も出てきていて、2016年『あんしん生命 個人年金』も例外なく販売停止商品となってしまいました。

なぜ『あんしん生命 個人年金』をはじめ、様々な保険会社の個人年金が販売を停止しているのでしょう。

今まさに継続加入している人はどうすればいいのか、そして個人年金に代わる物はあるのか?

今回は『あんしん生命 個人年金』を中心に個人的な年金についてお話ししようと思います。

目次

1.個人年金保険ってどんな保険?
1-1.公的年金の不安から
1-2.老後のため
1-3.資産運用として
1-4.『個人年金保険』メリットだけ?
2.生命保険なのに貯蓄が出来る
2-1.利回りの良い定期預金
2-2.もう一つの選択『変額個人年金保険』
2-3.生命保険料控除の効果
2-3-1.個人年金保険料税制適格特約
2-4.受け取り方
2-4-1.「定期年金」の受取
2-4-2.「終身年金」の受取
3.マイナス金利『あんしん生命 個人年金』老後資金にならず
3-1.『あんしん生命 個人年金』販売停止前
3-2.最も売れた商品だった・返戻率・利率
3-3.マイナス金利導入はいつどのように?
3-4.マイナス金利政策いつまで?
4.『あんしん生命 個人年金』加入済みは?
4-1.生命保険の集客商品だった
4-2.販売停止前の個人年金はどうなる?
5.インフレに加入すべきじゃない個人年金保険!
5-1.相次ぐ生命保険の値上げや販売停止
5-2黒字にする事が出来ない
6.『あんしん 生命 個人年金』に代わる商品
6-1.外貨建ての個人年金
6-2.個人型確定拠出年金(iDeCo)
6-3.積立NISA
7.まとめ

 

続きを読む

個人年金で老後に備える時代だからこそ、住友生命の「たのしみワンダフル」!

年率GDPが0.5%上昇と言う内閣府の発表を見ても、景気上昇の兆しも、その恩恵も実感できない現代、もはや老後の備えを公的年金制度に頼る時代は終焉を迎え、私たち自身で備えをするべき時代の到来を迎えているのが、常識となりつつあります。

かと言って、低迷する銀行金利では潤沢な預貯金を構築することは難しいのが実情と言わざるを得ず、私たちの貯蓄手法は、銀行などの金融商品から、生命保険会社の保険商品へと、シフトしてきました。

中でも老後の備えとしてえ着目されているのが、生命保険会社販売の、個人年金保険です。

今回は個人年金の基礎知識を得つつ、中でも注目されている個人年金アイテムの1つである、住友生命の「たのしみワンダフル」を、見てまいりたいと思います。

目次

1.なぜ今個人年金なのか
1.1公的年金制度
1.2老後の実情

2.私的年金での備え
2.1個人年金保険とは
2.2定額個人年金と変額個人年金

3.特徴別にみる定額個人年金の種類
3.1円建て
3.2外貨建て

4.注目されている個人年金
4.1年金かけはし
4.2こだわり個人年金

5.なぜ「たのしみワンダフル」が着目されるのか
5.1販売している住友生命とは
5.2ビジョン
5.3保有契約高なのど会社実績

6.「たのしみワンダフル」とは
6.1特徴
6.2しくみ
6.3保険料
6.4特約

7.もっと知りたい「たのしみワンダフル」
7.1契約者死亡の場合
7.2年金受取開始時期
7.3年金受取回数
7.4年金受取による雑所得税
7.5選べる支払方法

8.まとめ

続きを読む

安さが怖い?ネット保険のメリットとデメリット加入するポイントって?

ネット社会になりましたが、最近では保険もインターネット上で販売されています。その中でも、店頭に行くことなくサイトから加入できる保険商品がネット保険と呼ばれています。
店頭販売よりも安価なこともあり、一時期は非常に話題になりました。しかし、ネット保険に加入するか悩んでいる方の中には何だか怪しいイメージがあるという方も多いのではないでしょうか。
ネット保険が一体どういった商品なのか分かれば、疑うことなく自分にあった保険販売を選択することが出来ます。この記事では、ネット保険のメリットとデメリットや、入るのにおすすめの人とはどんな人なのかをご紹介していきたいと思います。

目次

1.ネット保険って一体どういった商品なの?
1.1保障内容は店頭販売の商品と変わりはない
1.2ネットのみで契約を行うことができる
1.3店頭販売よりも安い
2. 気になるネット保険に加入することでおこるメリットってどんなものなの?
2.1せかされることなく自分のペースで加入できる
2.2保障内容が単純で比較しやすい
3.気になるネット保険に加入することでおこるデメリットってどんなものなの?
3.1保険の種類は店頭に比べると少ない
3.2ネットでの手続きは非常に複雑
3.3ある程度保険の事を理解していないといけない
4.店頭とネットでの加入って一体どこが違うの?
4.1保険加入の際に自分で全ての責任を持つかどうか
4.2保険見直しの際にサポートがついているかどうか
4.3保険金請求の際に自分で全て行うかどうか
5.ネット保険が安いのって一体どうしてなの?
5.1ネットで契約する分人件費が抑えられているから
5.2ネット保険が最安値でないこともある
5.3店頭保険の中には割引サービスなどもある
6.ネット保険に加入するのを止めておいたほうがいい人って一体どんな人なの?
6.1保険商品についてよく理解していない人
6.2分からないことがある時に調べるより聞くほうが理解できる人
7.ネット保険に加入する時に注意しておきたいポイントって?
7.1手続きをする時に間違えていないかどうか
7.2説明をされていない状態で本当に保険内容を理解しているかどうか
7.3保険請求の方法を理解しているかどうか
8.まとめ

続きを読む

初心者でも分かる個人年金保険って?どうやったら老後の準備ができるの?

個人年金保険というのは、決められた年齢から、国からの年金に加えて、保険会社からも年金を受け取ることが出来るという制度の保険です。老後の生活が不安な方や、大きなお金が必要になる住宅や教育などの資金を貯蓄するためにも使われることがあります。

実は、個人年金保険には色々な種類があります。又、個人年金保険を利用しなくても銀行預金よりお金を貯めることができる金融商品もあります。

一人ひとりの状況や、想定しているものに合わせて入るべき保険は変わっていきます。その為、この記事では個人年金保険というのが一体どういった種類があるのか、また入るとどんなメリットやデメリットがあるのかということをご紹介していきたいと思います。

目次

1.個人年金保険って一体どういった種類があるの?
1.1保険金を必ず受け取ることができる確定年金
1.2生きているうちは心配がない終身年金
1.3運用リスクはあるが増えるかもしれない変動年金
2.個人年金保険って一体どういう保険商品なの?
2.1利率は低いけれど手数料などはいらない、円建て個人年金保険
2.2海外での生活を考えていたり、今している人には 外貨建て個人年金保険
3.気になる個人年金保険に入ることによっておこるメリットってどんなものなの?
3.1確実に老後の資金を貯金することができる
3.2持病があっても加入することもできる
3.3個人年金保険料が控除されて、税金が減額される
4.個人年金保険に入ることによっておこるデメリットってどんなものなの?
4.1お金の価値が下がるインフレに対応することができない
4.2中途解約をすると元が取れない場合がある
4.3確実に保険金を受け取れるわけではない
5.保険会社にだまされないために覚えておきたい個人年金保険の選び方って?
5.1まずは自分の状況にあった種類を選ぶ
5.2将来どのくらいのリターンがあるかを計算する
5.3保険料の支払い方法を検討する
6.個人年金保険と所得の控除の関係って一体何なの?
6.1一定の条件を満たしていたら、控除対象になる
6.2会社員の場合は確定申告の必要はない
6.3自営業なら確定申告で税務署に申請する
7.個人年金保険だけでは不安な場合考えておきたい資産運用って?
7.1ローリスク・ローリターンの国債
7.2放置するだけで手軽に運用ができる投資信託
7.3所得税が全額免除される確定拠出年金
8.まとめ

続きを読む

プランニング自在な太陽生命の個人年金で、安心のシニアライフを手に入れよう。

マイナス金利や標準利率の引き下げにより、多くの保険で販売停止や、保険料の値上げ、予定利率の見直しなどが行われたことにより、私たち契約者にとってはありがたくないニュースばかりが耳に入ってきます。

かと言って、銀行金融商品に切り替えようにも、下がり続ける金利や銀行自体の存続を鑑みると、決して安心できる状況にありません。

健康寿命/平均寿命の上昇に伴い、以前に比べ、シニアライフの長さは決して短いものではなくなりました。

そんなバックグラウンドと景気低迷な現状を照らし合わせると、今こそ盤石な将来設計を立てておきたいのが、正直な心情かと思います。

そこで今回はどこよりもカスタマイズ可能な太陽生命などの個人年金を活用して、盤石なライフプランを構築するお手伝いをさせていただけたらと思います。

目次

1.なぜ個人年金に加入するのか
1.2公的年金年金制度
1.3セカンドライフに必要な金額

2.個人年金とは
2.1個人年金の種類

3.個人年金の特性
3.1確定年金とは
3.2終身年金とは
3.3有期年金とは

4.生命保険の現状
4.1マイナス金利による影響
4.2販売停止が相次ぐ貯蓄型生命保険

5.なぜ太陽生命なのか
5.1会社概要
5.2ビジョン

6.太陽生命の個人年金保険とは
6.1保険組曲Best
6.2特徴

7.保険組曲でのライフプランニングの構築
7.1選べる主契約
7.2選べる特約
7.3選べる期間

8.保険組曲の保険料シミュレーション
8.1保障内容
8.2資料請求

9.まとめ

続きを読む

保険業法改正によって私たちにどのようなメリットがあるのか?

保険のトラブルをよく耳することで、騙されないか少し心配する事で、あまりいいイメージがないという方もいるのではないでしょうか。

これまでは法規制の関係上、保険会社が有利な契約もされてきました。

しかし、2016年5月に施行された保険業法の改正により、顧客にとって必要なサービスを受けることができるように法律は改正されました。

そこで、今回は保険業法の改正では、どこがどのように変わったのかという事と、それに伴い、私達の保険選びにどのような関係があるのかを書いていきます。

そして、法改正しても油断できないあなたには、騙されないためにはどうすれば良いのかという事をご紹介していきたいと思います。

目次

1.保険業法が改正されて変わった内容とは??
1.1保険の勧誘などの保険募集の定義が明確にされた
1.2募集プロセスの中で保険募集に入らないものが新しく定義された
1.3より顧客に寄り添う意向把握業務が追加された
1.4情報提供の義務に対応する為の実務が追加された
1.5保険を募集する人の規制が厳しくなった
2.そもそも保険業法って一体何なの?
2.1保険を扱う機関を監督する、保険業法
2.2前保険業法では顧客に不利なトラブルが増加していた
3.新しく加えられた注目したい意向把握業務って一体どんなものなの?
3.1第三者に委託する際は厳正な管理、監督が求められる
3.2店の形態ごとに独自に意向を把握していく
3.3保険代理店などは意向把握に対して新たな整備が必要になる
4.複数の保険会社が入っている場合複雑な情報提供義務って一体どんなものなの?
4.1顧客の意向に沿って行うなら比較対象も紹介しないといけない
4.2代理店の意向に沿って行うなら比較はないが商品の細かい説明が必要
4.3信頼性のある情報のために一定のルールが必要になる
5.保険会社にだまされないために覚えておきたいポイントって?
5.1事前に保険の状態や会社について調べてみる
5.2質のいい保険相談を行うようにする
5.3 プロであるFPと共に保険の見直し相談を行う
6.自力で保険についての知識を得るためにはどうすればいいの?
6.1お金のプロであるFPに相談を行う
6.2保険について書かれている書籍を読む
6.3良質な情報を得ることで騙されない
7.実際の保険契約手続きをする際にはどのような段取りになるの?
7.1書面などで今までに比べて抜けのない情報掲示
7.2面談やチェックシートなどによる意向の把握
7.3商品説明をし、最終確認を行う
8.まとめ

続きを読む

保険の全体像がイチからわかる。超初心者向け保険の教科書

みなさんは保険についてどのくらいの知識をもっていらっしゃいますか?ファイナンシャルプランナーや保険会社勤務など保険に関するお仕事でもしていないかぎり、保険の知識に自信があると答えられる方は少ないのではないでしょうか?

すでに保険に加入している保険でも、何のための保険なのか?どうしてその保険に加入しているのか?などを即答するのは難しいですよね。

ある特定の保険の説明だけを受けても、保険という仕組みの全体像が理解てきていないとほんとうに必要な保険なのかどうか判断するのは容易ではありません。

わたしもFPさんとの打ち合わせを何度も重ねて、ようやくじぶんの保険加入状況に自信を持てるようになったパターンでした。

そこで、今回は保険のプロではない方が、保険の仕組みの全体像を理解できるようになるために必要な知識を一般の人の視点からまとめました。

保険のことばは専門用語が多い上に複雑なので一般の人には理解が難しく、苦手意識を持たれることの多い保険。しかし、保険の仕組みの全体像を知ることで、個別の保険に関する理解度がぐっと高まります。

木を見て森を見ずという諺は、保険の仕組みにもぴったりと当てはまります。
全体像を理解して、賢く保険を選べるようになっていただければ幸いです。

目次

1 そもそも保険って何だろう?
1-1 小学生でもわかる保険の仕組み
1-2 保険はいつどこで始まったのか?
1-3 保険が必要なワケ
2 保険を分類分けできるようになろう
2-1 もしもに備える保障は3つあることを理解しよう
2-2 「生命保険」と「損害保険」何が違う?
3 生命保険はどんな保険があるの?
3-1 生命保険の3つの基本形
3-2 生命保険の種類
4 損害保険はどんな保険があるの?
4-1 目的別の4分類
4-2 自動車(バイク)事故の補償を目的とした保険
4-3 住まいの損害補償を目的とした保険
4-4 身体の補償を目的とした保険
4-5 その他の補償を目的とした保険
5 公的保障は何があるの?
5-1 遺族年金があります
5-2 働けなくなったときには障害年金
5-3 公的な医療保険があります
6 法人保険ってなんだ?
6-1 経営者保険メリットとは
6-2 福利厚生保険のメリットとは
7 保険選びの基本ステップ
7-1 まずは現状を把握すべし
7-2 必要保障額を試算してみよう
7-3 保険の賢い選び方とは
8 まとめ

続きを読む

マイナス金利の今だからこそ、「固定金利と変動金利」を正しく理解した上、「保障+α」な生命保険で、確実な資産増を目指しませんか?

明ける見込みが感じられない景気低迷の今、マイナス金利が導入されたことにより銀行預金の金利も軒並み低迷しており、いかにして資産増を図るべきなのか、私たちはその選択を迫られている時だとも、言えるでしょう。

そこで見直していただきたいのが、生命保険による資産増の方法です。

今回は、一生涯の保障を受けつつも貯蓄性の高い終身保険に焦点を当て、いかに資産増を図れるかを見てまいりましょう。

目次

1.固定金利と変動金利とは
1.1固定金利
1.2変動金利

2.生命保険における金利とは
2.1責任準備金とは
2.3積立利率とは

3.生命保険における貯蓄とは
3.1養老保険
3.2終身保険

4.終身保険における貯蓄とは
4.1終身保険の種類

5.無配当終身保険
5.1仕組み
5.2特徴

6.積立利率変動型終身保険
6.1仕組み
6.2特徴

7.変額終身保険
7.1仕組み
7.2特徴

8.外貨建て終身保険
8.1仕組み
8.2特徴

9.低解約返戻金型終身保険
9.1仕組み
9.2特徴

10.資料請求人気ランキング

11.まとめ

続きを読む

もしもの時の強い相棒!就業不能保険を知っておこう!

もしもの時にある生命保険以外に、「就業不能保険」というのがあるのをご存じでしょうか?

これ、今、大注目されている保険なのです。急な病気で働けなくなった場合の「もしも」の相棒がこの保険なのです。

その人気の秘密はたくさん!さっそく、その秘密を見ていきましょう。

目次

1.もしもの時の相棒 就業不能保険とは?

1-1:具体的な内容を知ろう!

1-1-1:基本的な考え方

1-1-2:メリット

1-2:所得補償保険と収入保障保険の違いを知ろう

1-2-1:所得補償保険とは?

1-2-2:収入保障保険とは?

2.就業不能保険に加入した方いいの?

3.就業不能とは?

3-1:就業不能の定義とは?

3-2:対象となる病気(病名とは)?

3-3:受け取れない場合とはどんな時?

4.こんな時は?

4-1:もとの職業に戻れない場合はどうなりますか?

4-2:主婦ですが、就業不能保険に加入できますか?

5.でも、本当に必要なの?

5-1:とくに自営業の方はぜひご検討を

5-2:医療保険などでは対応できないリスクに備える

6.ついに出た!ストレスにも適用した保険

7.比較してみよう就業不能保険

8.まとめ

続きを読む

【生命保険】掛け捨て型と貯蓄型の正しい選び方

生命保険への加入を考える際に、掛け捨て型にするのか貯蓄型にするのかは、とても重要なことになります。どちらを選ぶかによって、保険料や保障内容にとても大きな違いが出てくるでしょう。

保険料が掛け捨てではもったいないといった感情や、貯蓄は欲しいけど保険料が高いなど、どちらを選ぶべきかは悩むものです。

そこで重要になってくるのが、自分にあったタイプの保険を選ぶことになります。掛け捨て型にするのか貯蓄型にするのかを正しく選ぶことができれば、保険で損をすることはありません。

自分にあった保険を選ばなければいけない理由は、どちらかが絶対に優れた保険だとは言い切れないからです。現にどちらの保険に加入した人からも一定数の不満の声はあります。

この記事では、掛け捨て型と貯蓄型の基本的な違いから、どんな人にどちらが合っているのかまでご紹介します。それぞれどんな保険なのかを理解することで、自分はどちらの保険があっているのかが分かりますので、ぜひご確認ください。

目次

  1. 掛け捨て型と貯蓄型の違い
    1.1 生命保険の掛け捨て型とは
    1.2 生命保険の貯蓄型とは
  2. 掛け捨てタイプの保険
    2.1 定期保険
  3. 貯蓄タイプの保険
    3.1 終身保険
    3.2 養老保険
  4. 【生命保険】掛け捨て型のメリットデメリットを紹介
    4.1 【生命保険】掛け捨てのメリット
    4.2 【生命保険】掛け捨てのデメリット
  5. 【生命保険】貯蓄型のメリットデメリットを紹介
    5.1 貯蓄型のメリット
    5.2 貯蓄型のデメリット
  6. 【生命保険】掛け捨て型、貯蓄型の保険料を比較
    6.1 【生命保険】掛け捨て型の相場
    6.2 【生命保険】貯蓄型の相場
    6.3 それぞれの保険料を比較
  7. 掛け捨てか、貯蓄か、生命保険を選ぶ基準とは?
    7.1 保障の範囲を明確にする
    7.2 保険料を考える
  8. 掛け捨て型と貯蓄型の併用はアリ?
  9. まとめ

続きを読む

生命保険の加入条件とは?保険会社の審査や告知とはどんなもの?

そろそろ生命保険に加入しようかと考えているけれど、健康面に少し不安があって、加入できるかどうかわからないと思っていませんか?

生命保険の加入条件とはどのようなものなのでしょうか。
加入の際に必要な告知と保険会社の審査についても詳しく説明しますので、今まで健康面で諦めていた方や、審査内容が解らず不安を覚えていた方でも、この記事を読んで安心して保険を申し込めるようになっていただければと思います。

目次

1. 生命保険と加入条件
1.1 生命保険は助け合いで成り立っている
1.2 生命保険に加入できないケースも
1.3 生命保険の引き受け基準って?

2. 病気でないけど生命保険に加入できる?
2.1  肥満
2.2 職業
2.3 無職
2.4 妊娠
2.5 過去5年以内の入院・手術歴

3. 持病がある場合は生命保険に加入できるのか
3.1  高血圧など生活習慣病
3.2 体の一部
3.3 うつ病

4. 持病がある場合に加入できる生命保険
4.1  引受基準緩和型
4.2 限定告知型
4.3 無告知型
4.4 無選択型

5. 生命保険の審査とは
5.1  健康状態の審査
5.2 職業の審査
5.3 倫理上の審査

6.  生命保険の審査に必要な告知とは
6.1 告知書の概要
6.2 告知書の主な質問事項
6.3 審査結果が悪くてもがっかりしないで

7.  告知義務違反
7.1 契約解除
7.2 告知義務違反が発覚するきっかけ
7.3 うっかり告知義務違反をした場合どうするか

8. まとめ

続きを読む

『掛け捨てじゃない保険は損?得?』元保険外交員が損する人と得する人を徹底解説!

掛け捨てじゃない保険(保障+貯蓄)と掛け捨ての保険は何度も話題に出るように、どちらが良いのか悩みますよね。

ネット情報でも『掛け捨てじゃない保険は損』とか、『保険料に安い掛け捨ての保険の方がお得』と書かれていますが、果たしてそれは本当なのか?

また、貯蓄を目的とした場合、銀行で貯金するのと掛け捨てじゃない保険で貯蓄するのとではどちらが得をするのでしょうか?

保険というのは基本的に、年齢や家族構成以外にも考え方によっても変わってくるのです。

掛け捨てが損すると思う人もいれば、掛け捨てじゃない保険が損をすると思う人もいるという事です。

ここでは、自分に合うのが掛け捨てなのか掛け捨てじゃないのか、また自分の考え方はどちらなのか悩んでいる人に、元保険外交員が損する人・得する人を解説していきます。

効率よく掛け捨てじゃない保険と掛け捨ての保険を使い分けるポイントや比較など情報満載!

少しでも保険料を無駄にしないために、この記事を参考にしていただけると嬉しいです。

目次

1.掛け捨てじゃない保険とは?
1.1.掛け捨ての保険と掛け捨てじゃない保険の違い
1.2.掛け捨てじゃない(保障+貯蓄型)保険の種類

2.掛け捨てじゃない(保障+貯蓄型)保険のメリット
2.1.貯蓄ができる
2.2.銀行で貯蓄するよりも増える
2.3.終身保険の場合、病気になっても保障が続きます

3.掛け捨てじゃない(保障+貯蓄型)保険のデメリット
3.1.保険料が高い
3.2.見直しがしづらい
3.3.途中で解約すると損してしまう

4.掛け捨てじゃない保険(貯蓄型)保険で損する人
4.1.大きな保障が必要な人
4.2.短期間で解約する可能性のある人
4.3.貯蓄する必要がない人

5.掛け捨てじゃない(貯蓄型)保険で得する人
5.1.貯蓄もしたい人
5.2.長い期間解約する予定のない人
5.3.必要な保障額が少ない人

6.掛け捨てじゃない保険は本当に損をするのか?
6.1.生命保険の損得勘定とは?
6.2.目的に合わせて決めましょう
6.3.仕組みについての違いを知ることが大切です

7.組み合わせることで損することなく合理的にできます
7.1.掛け捨ての良さと掛け捨てじゃない保険の良さを組み合わせましょう
7.2.家族構成や年齢によって使い分けましょう
7.3.再度目的に合っているか確認しましょう

8.まとめ

続きを読む