入っていいのは掛け捨て?貯蓄型?生命保険のそのお悩みにズバリお答します!

記事監修者紹介
松葉 直隆
大学卒業後、損保ジャパン日本興亜代理店の保険会社にて5年以上勤務し、年間100組以上のコンサルティングを行う。
その後、2016年6月より保険ブリッジの記事監修を務める。

生命保険に加入を検討している場合、掛け捨てにするか貯蓄型がいいか、それぞれ一長一短があり、それが悩みどころで、頭の痛い問題ですよね・・・

でも、ちょっと待ってください!

そもそもアナタには、なぜ生命保険が必要なのですか?

まずは、なんのためにどのような形で備えるのか、そこから考えていきましょう。

この記事でわかること
  1. 生命保険の種類と詳細
  2. 生命保険の保険料払込期間
  3. 掛け捨てと貯蓄型の生命保険の違い

これらを中心に「生命保険」について徹底調査していきたいと思います。

掛け捨てと貯蓄型、どちらの生命保険に加入しようか悩んでいる

と思っている方は特に必見の内容となっているので、ぜひ加入前に参考にしてみて下さい!

ざっくり言うと…
  • 生命保険を検討する際が、必要保障期間を割り出すことが大切。
  • 保険料払込期間には、有期払いと終身払いの2種類ある。
  • 生命保険の保険料の支払い方は主に、月払い、半年払い、年払い、予納・前納払い・全機前納払い、一時払いの5つの方法がある。
  • あなたの大切な健康お金時間保険の新規加入や見直しは、保険見直し本舗保険見直しラボ保険コネクトといった無料の相談窓口がおすすめ。
  • 保険見直し本舗は全国に250店舗以上、取扱い保険会社数40社以上!店舗型と訪問型を兼ね揃え、契約実績100万件を突破!

保険見直し本舗の公式サイトはこちら!

保険見直し本舗公式HPはこちら

「保険ブリッジ」読者が選んだ いま人気の保険相談サービスはこちら!
gmocoin
日本最大級の全国254店舗!店舗がない場合は訪問サービスで受付も可能! 公式HP
bitpoint
無料相談満足度約90%!今なら無料相談で人気商品プレゼント! 公式HP
bitmex2
保険ショップ掲載店舗数No.1! 日本全国対応!あなたの近所の店舗を探してみましょう! 公式HP

その『保障』はなんのため?まずは、なんのために備えるか考えよう

一般的にいって、たくさん資産をお持ちで預貯金も年収の10倍以上はあるというような方でしたら、生命保険は必要ありません。

なぜなら、今の収入がなくなっても、年収の10倍=10年くらいであれば、当面の生活に困らない、生活の心配をする差し迫った理由がまったくないということになるからです。

そういった富裕層にあたられる方でしたら、生命保険を利用するよりも、もっと投資や相続税対策に適した金融商品を利用する必要性の方が高くなります。

反対に、生命保険がもっとも必要な方としては、「まだ子どもが小さく妻が外で働いて収入を得ることができないので、しばらくは夫の収入だけで生活しなければならない」方や、「住宅を取得したばかりでローンの返済を抱えている」方などが、考えられます。

このように生命保険とは、それぞれのご家庭の資産状況やライフステージによって、必要であったり必要でなかったりする『金融商品』です。

金融商品なのですから、私たち消費者はかけた費用(コスト)に見合った利益(ベネフィット)を得ることが、一番大きな前提となります。

生命保険の場合でしたら、保険料という費用(コスト)をかけて、安心や生活の保障という利益(ベネフィット)を得ることができる『金融商品』と言えるのではないでしょうか?

実際に生命保険にご加入される方のほとんどは、ご契約者の方の万が一に備えるとことを目的とされています。

生命保険の加入目的は?

  %
万が一のときの家族の生活保障のため 53.1
万が一のときのための葬式代のため 13.0
医療費や入院費のため 58.5
災害、交通事故などに備えて  7.7
老後の生活資金のため  7.7

参考:生命保険文化センター平成27年度「生命保険に関する全国実態調査」より

つまり、後に残されたご家族の生活の保障を死亡保険金でまかなうことを『目的』としているということになります。

このように、生命保険を検討する場合には、なんのために誰のために備えるのかという『目的』ありきで、大切なこととなります。

ご自身にとって、一番守りたい人や大切なものはなんでしょうか?

方法は、さまざまにあるかと思います。

生命保険で備えるのも、そのうちの一つです。

その方法について、考えていきましょう。

生命保険の種類を把握しておこう

生命保険で万が一に備える場合、その目的は大きく分けると3つに分かれます。

それぞれについて、みていきましょう。

ご家族の生活に備える~死亡保障

たとえば万が一、一家の稼ぎ手が死亡してしまうなど不測の事態があった場合、後に残されたご家族の生活がたちまち立ちいかなくなることが、目にみえているのでしたら生命保険を利用して死亡保障として備えることが肝心となります。

死亡した場合の保障を備えるため(=目的)の生命保険にも、いくつか種類があります。

おもに、死亡保障を目的とした生命保険は次のような種類に分かれています。

死亡保障を目的とした生命保険
  • 定期保険
  • 終身保険
  • 養老保険
  • 収入保障保険

ケガや病気に備える

死亡保障以外にも、万が一の不測の事態として、ケガや病気で長期わたり入院するようなことも考えられます。

この場合、ケガや病気によってもたらされる家計へのダメージを最小限にとどめるために保障を備えることが、第一の目的となります。

そのための保障を目的とした生命保険にも、いくつか種類があります。

おもにケガや病気になった場合の保障を備えるため(=目的)の生命保険は、次のような種類に分かれています。

ケガや病気になった場合の保障を備えるための生命保険
  • 医療保険
  • がん保険
  • 介護保険

教育資金や老後資金として備える

そのほか、生命保険が果す役割として、ライフイベントへの備えがあげられます。

あらかじめ大きな出費が見込まれるライフイベントとして、お子さまの進学や、退職後の生活資金への準備などがあげられます。

これらを目的として生命保険を活用する場合や、不測の事態とまではいかずとも、なんらかの事情によって今の収入が途絶えてしまうような事態に備えるため、生活の保障を目的として生命保険を利用する場合もあります。

そういった場合に利用する生命保険の種類としては、次のようなものがあります。

生活の保障を目的として加入する生命保険
  • 学資保険
  • 個人年金保険
  • 就業不能保険

このように生命保険とひとくちにいっても、目的に合うように設計されたさまざまなタイプの保険商品があります。

生命保険を選ぶにあたってもっとも大事なポイントとなるのは、『なんのための誰のため』に備えるものであるのかということです。

このポイントを見失わず、ご自身の一番の心配事と照らし合わせて、よく検討することが生命保険を選ぶ際には大切なこととなります。

掛け捨てと貯蓄型の生命保険の違い

「生命保険は基本的に掛け捨てです」と聞くと、驚かれる方が少なからずおられるかもしれません。

掛け捨てである理由は、生命保険の仕組みにあります。

掛け捨型てと貯蓄型保険の保険料の仕組み

掛け捨ての生命保険であっても、貯蓄型の生命保険あっても『保障』にあたる部分は、どちらも同じく掛け捨てとなります。

保障部分が掛け捨てとなるのは、生命保険が相互扶助の理念に基づいているためです。

相互扶助とはざっくりいってしまえば、「自分が困ったことになった時には誰かが助けてくれる、誰かが困った時には自分が助けになる」という、つまり「お互いに助け合って社会生活を円滑に営んでいきましょう」ということです。

201702151909

支払った保険料は、「誰かを助けるために使われる」「使ってもよい」ことが前提となります。

このため『保障』にあたる部分の保険料は、すべて掛け捨てるということになり、同じ保障内容であれば、どの生命保険でも支払う保険料に通常であれば大きな差は生じえません。

ただし貯蓄型の生命保険の場合、支払った保険料と変わらない額の金額が戻ってくることがあるため、お得感があり実際に日本では圧倒的に人気です。

また貯蓄部分を運用することによって、掛け捨て部分をカバーするように設計された生命保険もあります。

空前の低金利が続く昨今、銀行に預けるよりも良い利息がつくということで、死亡保障を確保しつつ、同時に貯蓄機能に注目して利用されることも多くなっています。

掛け捨ての生命保険とは

掛け捨ての生命保険として代表的なものとして、定期保険があげられます。

定期保険の仕組みはいたってシンプルで、たとえば10年間や20年間などの一定期間に、もし万が一、死亡や高度障害状態になった時、保険金を一括で受け取るというものです。

定期保険には、10年間などの年数で区切る「年満了(年数で満期となる)」と、60歳までなどの年齢で区切る「歳満了(年齢で満期となる)」があります。

年満了の場合、更新型となるため、満期になった時に更新すると保険料が上がって契約時の保障が延長されます。

歳満了より年満了のほうが保険料が割安になります。

定期保険の保険料は掛け捨てとなりますので、割安な保険料で大きな保障を備えたい場合に適しています。

たとえば万が一の事態に備えて、まだお子さんが小さく手厚い保障が欲しい場合や、子どもの教育資金を確保するなど「今後、10年間は、どうしても1,000万円の保障が必要!」という場合に、効率的に備えることができる保険です。

貯蓄型の生命保険とは

貯蓄型の生命保険の代表として、終身保険や養老保険があげられます。

終身保険には満期がなく、養老保険には満期があります。

つまり終身保険とは、生きているかぎり『保障』が続く保険ということになります。

そのため、保険料は高めに設定されています。

また保険料を払い込む期間も年齢や年数で区切ったり、終身払いにして、一生涯払い続けることも選べます。

支払う期間が短ければ短いほど保険料の負担が大きく、逆に長ければ長い分だけ小さくなります。

また終身保険を利用して、大きな保障を備えるとなると、必然的に保険料の負担は大きなものとなります。

そのため、葬儀にかかる費用の準備など、死後整理金の確保を目的として利用されることの多い保険です。

また死亡時だけでなく途中解約した場合、解約返戻金が受け取れることから、老後の資金準備を目的で利用される場合もあります。

加入期間が長ければ8~9割の解約返戻金を受け取れる場合もあります。

養老保険は終身保険よりも、より貯蓄性の高い保険となります。

終身保険の注意点

終身保険であれば死亡時か途中解約した場合でなければ、保険金は受け取れません。

しかし、養老保険の場合であれば、満期時に死亡保険金と同額の金額を受け取ることができるということです。

例えば、保険金額が500万円で保険期間が30年間のものに、30歳の方がご加入の場合でしたら、60歳になるまで毎年の死亡保障金が500万円ということになります。

保険期間の30年間の間であれば、払い込み保険料の総額にかかわらず、万一死亡した場合には死亡保険金として500万円をご家族の方に残すことが可能です。

何ごともなく無事に60歳をむかえたときには、満期金として500万円を受け取ることができます。

その分、保険料は定期保険や終身保険と比べてもっとも高めの設定となっています。

掛け捨てVS貯蓄型

掛け捨ての生命保険と貯蓄型の生命保険は、大きく分けると次のような関係になります。

貯蓄性 満期 満期金/解約返戻金 保険料
定期保険 × 満期金無/解約返戻無
終身保険 × 満期金無/解約返戻金有
養老保険 満期金有/解約返戻金有

定期保険VS終身保険

定期保険と終身保険を比べると、定期保険では生命保険での保障が必要になる保障期間を設定して、その期間の保障を確保します。

そのため、必要である保障の期間を考えなければなりませんが、終身保険では保障が一生涯となるため特に考える必要はありません。

また定期保険であっても終身保険であっても、万が一の死亡時などには死亡保障金(保険金)を受け取れることができます。

しかし定期保険の場合、支払う保険料は掛け捨てとなるため、満期を迎えても基本的には返戻金は受け取れません。

返戻金は全くないか、あったとしてもごく僅かです。

終身保険の場合、保障期間が一生涯となるため満期を迎えるということはありませんが、ご契約を途中解約した場合、返戻金として受け取ることができます。

例えば1,000万円の死亡保障金を備えたい場合であれば、30歳男性の方で30年間の払い込みとした場合、月払いの保険料としてはおおよそ次のようになります。

(例)月払いの保険料
  • 定期保険: 3,930円
  • 終身保険:22,990円

この例からも解るように、定期保険は10年間や20年間などのあらかじめこの期間の保障が欲しいとご自身で決めた期間に、手厚い保障を備えることに適しています。

終身保険の場合は、もし万が一の時ご家族へ葬儀費用などで経済的な負担をかけないように備えることに適しています。

定期医療保険VS終身医療保険

医療保険にも、掛け捨てのものと貯蓄性のあるものがあります。

さらに保障期間も有期(期間を決めて保障される)タイプのものと、終身(一生涯=死ぬまで保障される)タイプのものがあります。

医療保険の加入条件

医療保険では、ケガや病気で長期に入院した場合の入院費や手術費用として備えるものですから、万が一死亡や高度障害状態になった時のために保障を備える定期保険や終身保険とは違い、加入条件がぐっと厳しいものになります。

統計的にみても、人が死亡または高度障害状態になるよりケガや病気で入院する確率の方が高いためです。

つまり通常であれば、持病があったり、健康診断で再検査が必要とされる健康状態の方は、加入できないということになります。

また女性の場合、妊娠初期での加入ができなかったり、過去に帝王切開での出産の経験があると、免責期間(5~10年)が設けられることがあります。

つまり第1子を帝王切開で出産後、医療保険に加入して、第2子も帝王切開となった場合、医療保険に加入しても5~10年以上経過後でなければ、手術給付金を受け取れることができないということになります。

逆に妊娠出産前に医療保険に加入していれば、第1子も第2子も帝王切開となった場合であっても、手術給付金を受け取ることができます。

医療保険も、他の生命保険と同様に定期(有期)医療保険の方が終身タイプに比べると、保険料は割安となります。

しかし健康状態が良好でないと加入しずらくなるため、定期医療保険に加入して、期間が切れたのでいざ更新と思ってもうまくいかない可能性が否めません。

医療保険を利用してケガや病気での入院に備えるのであれば、なるべく年齢が若く健康状態が良好なときに、期限のないものを選択することが賢明かもしれません。

がん定期保険VSがん終身保険

がん保険にも医療保険と同様に定期型と終身型があります。

定期型では保障期間を5年、10年といった期間で区切って保障を備えることができ、終身型は終身(一生涯)での保障を確保することができます。

また医療保険と同様に入院給付金や手術給付金を受け取ることができますが、がん保険の場合でしたら、がんと診断が確定された時点診断給付金を受け取ることが可能です。

診断給付金を受け取ることで、通院にかかる費用に充てるほか、抗がん治療の副作用で頭髪が抜けることによりカツラが必要になった場合、その購入費などに充てることができます。

診断給付金は1回限りのものと、数年経過後に再発した場合に受け取れるタイプのものがあります。

がんのタイプにより対象にならない保険もあるので注意
またがんには「悪性」と「上皮内」の2つのタイプがあり、「上皮内がん」を対象にしていないがん保険もありますので注意する必要があります。

がん保険も、医療保険と同様に、定期型の保険料は終身型に比べて、割安となります。

がん保険や医療保険にかぎらず、生命保険の加入には年齢が関係し、年齢を重ねるにつれ保険料は上昇します。

また、年齢が上昇するということは、それだけ健康リスクも上昇していくということです。

このことを意識して、定期(有期払い)タイプがいいのか、終身(一生涯の保障期間)がいいのか、ご自身のライフプランとよく照らし合わせた上で、適したタイプを選択するように心がけましょう。

【訪問型or店舗型別】保険を選ぶ時のおすすめ保険相談窓口6選

もうすでに保険に加入しているけれど、そろそろ見直しを考えたい。

あるいは、まだ保険には入っていないけれど、どこの保険会社のどの商品を選べば良いのか分からない。

そんなあなたに、保険の相談窓口をおすすめします!

Science exploration

現在数え切れないほど多くの保険会社と商品がある中、ご自身やご家族に合ったものを調べて選び、比較検討するのは至難の技

健康や体と同じくらい大切なあなたの「時間」も有効活用しませんか?

訪問型無料相談

保険の無料相談には、訪問型店舗型の2種類があるのをご存知ですか?

訪問型は、主に以下の項目に当てはまる方々にぴったり寄り添ってくれますよ!

訪問型の相談に向く人
  • 仕事が忙しくてなかなか時間がとれない
  • 妊娠中や小さな子どもがいて遠出が難しい
  • とれる時間が不規則で予測がつくのが直近になる
  • 近くに店舗型の相談所が無い、あるいは調べるのが面倒

訪問型の無料相談は、あなたの求める場所と時間にプロが足を運んでくれる優れもの。

近くのカフェや喫茶店、ファミレスなど勝手を知る場所を指定できるのもメリットになりますね!

訪問型おすすめランキング1位 保険コネクト

保険の悩みをプロに相談したいと考えている人は保険コネクトの利用をおすすめします。

保険コネクトの特徴
  • 2500人以上のプロが全国各地で対応
  • 経験5年以上等の評価項目を満たす優秀なFPのみ
  • お得な「優待サービス」1年間プレゼントキャンペーン中

保険相談した人の約90%が「満足した」と回答している保険コネクト。

全国各地にいる厳選した2500人以上のFPと提携しており、しつこい営業行為の禁止相談者からの評判が悪いFPへの紹介禁止などと、FPに関する厳しいルールを設けています。

保険コネクトでの相談はもちろん完全無料

今なら保険相談完了後、アンケートに回答するだけで、30.000種類以上のサービスをお得に受けられる「優待サービス」を1年間無料で利用できるプレゼントキャンペーンを実施中!

保険コネクトの公式HPこちら

訪問型おすすめランキング2位 保険見直しラボ

新しく保険に加入するor保険を見直すなら人気の高い保険見直しラボもおすすめ!

保険見直しラボの特徴
  • 取扱保険会社約30社とトップクラス
  • 競合他社の中ではNO.1のベテランFP揃い
  • 何度でも無料で相談できる

保険見直しラボは、全国に約60拠点展開している国内最大級の訪問型保険代理店

「訪問型」なのでお客様のご希望の場所に、平均業界歴11.8年のベテランFPが来てくれます!

取扱保険会社数は約30社と、他保険代理店と比べてもダントツの多さ

相談は何度でも無料なので、保険見直しラボなら自分にぴったりの保険をオーダーメイドできますよ!

保険見直しラボの公式HPこちら

訪問型おすすめランキング3位 保険マンモス

保険マンモスは、保険会社に属さないアドバイザーによるお客様の「保険料節約」と「保障の充実」を両立させるための無料面談サービスを全国展開。

保険マンモスの特徴
  • 数十社の保険会社の商品から厳選して保険を提案
  • 押し売りは一切なしで、顧客満足度95%!
  • 日経BPコンサルティング 3部門で1位獲得!

【部門】

FPが信頼できる!

FPの対応が丁寧!

FPの知識が豊富!

日経BPコンサルティングの「FPの質」に関する調査で1位を独占!(調査期間:2015年8月21日~2015年8月30日 回答者数:988件)

実務経験が豊富(平均5年)で、AFP・CFP・MDRTなどの有資格者も多数在籍。

FPの専門知識&スキルを数値化し、サービス品質の向上に努めているところも保険マンモス利用者が安心して満足を得られる秘訣!

さらに今ならキャンペーン実施中!無料相談後のアンケートに回答するだけでご家族全員分の黒毛和牛(A5クラス)が必ずもらえる!

保険マンモス公式HPはこちら

訪問型無料相談の注意事項

あなたの都合に合わせてくれる力強い味方である訪問型の無料相談ですが、カフェやファミレスを利用する際に注意すべきことがいくつかあります。

見落としがちな注意点を以下にまとめましたのでご覧ください。

注意事項
  1. 騒がしくならず、混雑しがちな時間は避ける
  2. 資料を広げたりプライバシーに関わる話が出るためテーブルの大きさやレイアウトを考慮する
  3. 自分が注文した飲食代は自分で払う

特にファミレスを利用する方は、テーブルは広くて良いですが騒がしい時間帯になると声が聞き取りづらくなったりすることも。

逆にカフェや喫茶店だと2人席に通されるとテーブルも狭くなったり、また隣の席との距離感が近くて個人情報が筒抜けの気分になる気がして落ち着けないかもしれません。

こういったことも考慮して、融通がきく場所を選ぶことができたら質の良い相談ができることと思います。

また、飲食代を出されてしまうと気まずさを覚えたりすることもありますから、ここは貸し借りなしで自分で支払うと良いですね!

店舗型の無料相談

テレビのCMなどでお馴染みの店舗型の無料相談は、ご自身でその店舗の所在を調べて出向くかたちになります。

店舗型は、ご自身の自宅近くに所在がある場合は申し込みをする必要もない場合もあり、気軽に来店できるのが魅力的。

小さいお子さんがいる方にはキッズスペースが確保されている店舗も多いのもメリットになる部分でしょう。

店舗型おすすめランキング1位 保険見直し本舗

100万件の相談実績を持つ大手保険ショップの保険見直し本舗は、店舗型でありながら訪問も可能で柔軟性◎。

提携している保険会社数が40社以上なのは代理店トップクラス!取扱会社が多ければ多いほど、必然的に自分にぴったりの保険を見つけやすくなりますよね。

保険見直し本舗の特徴
  • 契約実績100万件を突破!
  • 提案から加入手続きを経てアフターフォローまでしっかりサポート
  • しつこい勧誘は営業方針として禁止している

保険見直し本舗の相談実績は、日本で最初に出来た保険ショップである「保険クリニック」の3倍以上の100万件!

全国に253店舗(2018年11月現在)すべてが直営店。保険相談だけでなくサービスやコンサルティング料も全て何度でも無料

保険見直し本舗がユーザーに選ばれ続ける理由を是非体験して下さい!

保険見直し本舗公式HPこちら

店舗型おすすめランキング2位 保険相談ニアエル (旧ライフル)

保険相談ニアエル(旧ライフル)は、それ自体が特定の保険ショップを運営している訳ではなく、全国の保険ショップを検索・予約ができるポータルサイトです。

全国に1200以上の店舗と提携しているため、どこを選べばいいか悩む方には「おまかせ予約」というサービスも用意されており、最短1時間でピッタリな保険ショップ探してくれます。

  • 全国に1200店舗以上のショップと提携
  • 希望すれば女性スタッフを優先的に選択することが可能
  • しつこい勧誘は担当者変更や他措置も取られるため安心

そのため、HPでは保険ショップごとに女性スタッフやキッズスぺ―スの有無など、店舗情報も細かく確認することが可能。

保険相談ニアエル(旧ライフル)では保険相談所の主要な店舗はしっかり提携を結んでおり、この掲載店舗数は業界No.1の数字です。

保険相談ニアエル公式HPこちら

店舗型おすすめランキング3位 保険市場

保険市場は、全国に直営店を12店、協力会社332店の合計344店を展開する大型保険相談窓口。

取り扱う保険会社数は83社にもおよび、相談後のアンケートによる満足度は驚異の96.6%

保険市場の特徴
  • 取扱い保険会社数83社
  • 店舗で相談に加え、訪問での相談も受け付けている
  • HPでは各種保険や保険会社の商品が詳細に説明されている

保険市場は保険の相談窓口を設けるのみでなく、ホームページにて保険の知識をとことん身につけることも可能。

保険料の比較や一括見積といった便利な機能も備えるため、一度サイトを見てみるのもアリですね!

面倒でも、可能な限り複数の無料相談所を利用するべき!

さて、ここまで無料の保険相談所をご紹介して参りましたがいかがでしょうか。

保険会社や保険商品と同じで、保険の代理店もたくさんあって迷ってしまう方も中にはいらっしゃるかもしれません。

しかし、保険の代理店は保険に加入しなければいけないわけではないため、構えず、気軽に考えて◎

そして、可能ならば1つの代理店ではなく複数の代理店で相談を受けてみましょう

複数人に担当してもらうメリット

保険に限らずどの業界でも同じことが言えますが、担当してもらう人の質はやはり運という部分も無きにしもあらずです。

保険に限って言えば、保険の相談を何年もしてきている人もいれば、経験の浅い新人に担当される場合もあるでしょう。

こればかりは仕方がないことでもありますので、時間が許す限り、様々な代理店で相談をしてみることに損はありません。

複数の商品を知れるメリット

さらに、担当して下さる方によってはあなたに勧めてくる保険の商品も異なってくる可能性も十分にあります。

しかし、保険会社や保険商品は今や五万とある時代。

同じ商品を勧めて来られるほうが稀かもしれません。

ここでは色んな商品を知ることができるキッカケでもありチャンスでもあります。

勧めて来られるからには理由があります。

あなたにとってのベストな選択肢が増えることはメリットでしかないでしょう。

長い付き合いになる保険会社と商品とのお付き合い。

損をしないためには、少なくとも2つから3つの代理店に相談をして、比較することができるとなお良いでしょう。

代理店で迷っているならまずはこの店舗へ!

ここまで、保険の見直しや新規加入を検討している方には、無料プロに相談できる保険の相談窓口をおすすめさせて頂きました。

保険商品は何十年も払い続けるもの。当然、契約する保険会社ともそれだけ長い付き合いになるということ。

多数ある保険会社に保険商品を洗い出して比較、検討するには時間も労力も限られてしまいます

相談窓口も今やたくさん存在する時代、もしもどこに相談しようか迷われているならば、保険ブリッジ読者にも一番人気の保険見直し本舗を試してみてはいかがでしょうか。

保険見直し本舗の特徴
  • 契約実績100万件を突破!
  • 提案から加入手続きを経てアフターフォローまでしっかりサポート
  • しつこい勧誘は営業方針として禁止している

保険見直し本舗店舗型だけではなく訪問も可能なため、あなたのご都合に合わせて対応が可能なのでおすすめ!

保険のことが気になっている今こそ試すとき保険見直し本舗へ今すぐアクセス!

保険見直し本舗公式HPはこちら

生命保険が必要な期間はいつまで?

生命保険を利用して不測の事態に備えるのであれば、『目的』と合わせて検討しなければならないのが、保障を必要とする期間はいつまでかということです。

生命保険を検討する際の大事なポイントとして、必要保障期間を割り出すことがあげられます。

たとえば、生命保険へのご加入を検討中の方が、現在40歳でお子さんが10歳だと仮定した場合、お子さんが大学に進学する予定でしたら、あと12年間は、なんらかの保障が必要ということになります。

お子さんに兄弟姉妹がおられる場合でしたら、一番下の末っ子が大学を卒業するまでが生命保険での保障が必要な期間ということになります。

またまだお子さんのおられないご家庭であっても、同様にだいたいの目途をつけて、目安となる期間を考える必要があります。

このように生命保険を利用して死亡保障を備える場合であれば、お子さんの年齢に合わせて、ある程度の必要な保障期間を割り出すことができますが、ご自身の医療保険についてはどうでしょうか?

医療保険の需要と加入のしやすさ

一般的に医療保険の必要性は、高齢になればなるほど増していきます。

しかしまた年齢があがればあがるほど、加入しずらくなるのが医療保険です。

なぜなら医療保険には、通常であれば、健康状態が良好な状態でないと加入できない取り決めがあるからです。

また年齢が低いうちであればあるほど、保険料も割安となるように設計されています。

生命保険で保障が必要になる期間は、各ご家庭それぞれで違ってくるのは、当然です。

保険期間の決め方

201702151836

ご自身のライフプランに合った、適切な保障期間を決めるよう、心がけるようにしましょう。

保険料を何歳まで払えばいい?~保険料払込期間

通常、生命保険へ加入する時にはいつまで保険料を払い込むのか、その期間を選択して加入します。

いつまで保険料を払うのか、その期間を考えることも、必要保障期間と合わせて考慮すべき大切なポイントとなります。

保険料払込期間は、大きく次の2つに分かれています。

保険料払込期間
  • 有期払い(期間を決めて払う)
  • 終身払い(一生涯払う)

有期払いはさらに、年齢(60歳や65歳など)で払い込む期間を決めるものと、期間(10年や20年)で決めるものに分かれています。

終身払いは終身=一生涯ということになります。

つまり死亡するまでの期間、保険料の支払いを続けるということです。

生命保険での保障がいつまで必要であるのか、あらかじめはっきりしている場合でしたら、有期払いを選択して年齢や期間での払込みを設定しましょう。

そうでない場合でしたら終身払いにして、小さな金額を長く支払うことが適しているということになります。

たとえば、1,000円の商品を購入するとして、2年後には手元に欲しいので1年で500円払う×2年=1,000円として支払うのか、期間は設けずにコツコツ払うということで、100年かけて10円づつ(10円×100年=1000円)支払うのか、ということになります。

保険料の支払い方

生命保険の保険料の支払い方には、おもに、次の5つの方法があります。

生命保険の保険料の支払い方
  • 月払い
  • 半年払い(半年一括払いと言われることもあります))
  • 年払い(年一括払いと言われることもあります)
  • 予納・前納払い/全期前納払い
  • 一時払い

月払いの場合でしたら月1回、半年払いでしたら半年に1回、年払いは年1回、契約した保険料の金額を払い込みます。

1~3は、一般的にいうところの分割払いにあたります。

また予納は、月単位でまとめて支払う方法、前納払いは年単位でまとめて支払う方法となります。

契約した保険料を8ケ月や10ケ月など月単位で取りまとめて支払う、あるいは5年分や10年分などをまとめて払うなど、前納するといったイメージです。

ほとんどの保険会社では割引の適用となり、分割払いで支払うよりも保険料が割安となることの多い支払い方法です。

一時払いは、契約時の保険料の全額を一括ですべて支払う方法です。

4~5は、一般的にいうところの一括払いにあたります。

また全期前納払いは、月払いや年払いの全期間分の保険料を一度に支払って、保険会社に預けておくような形になります。

支払期日になれば、保険会社が預けた中から月払いや年払いとして支払いますので、解約した場合や万が一、生命保険の保障期間中に被保険者の方が死亡した場合には、納めた保険料は返金されます。

また年末調整や確定申告のときに、生命保険料控除を毎年計上することができます。

一時払いのデメリット
一時払いは、保険料の総額がもっとも割安となる支払い方法ですが、途中解約した場合や、万が一、生命保険の保障期間中に被保険者が死亡した場合であっても、支払い済み保険料は返金されません。

また年末調整や確定申告での生命保険料控除は、保険料を支払ったその年にしか計上できません。

生命保険の必要保障額について

生命保険は『なんのため誰のため』の備えなのか、まずそれありきで、目的を考えることが重要なポイントとなります。

次に、はずせないポイントとして、いつまで保障が必要なのかという、生命保険での保障が必要となる必要保障期間を、ご自身のライフプランとよく照らし合わせた上で計算して割り出すことがあげられます。

また、支払方法をよく考えて選択することも大切なポイントとなります。

必要保障期間と合わせてこの点をおさえおかなければ、後々に、払い込む保険料の総額に大きな違いが顕在化してくるためです。

また必要保障期間を誤ると、生命保険で保障を備えるメリットを十分に生かすことができなくなります。

以上の3点に加えさらに大事なポイントとなるのが、必要保障額の割り出しです。

必要保障額とは「なんのため誰のため」「いつまで」「いくらくらい」備えればいいのかの、「いくらくらい」の部分にあたります。

つまり、何にどれくらいの金額を見込んでおく必要があるのか、その金額を見定めるということになります。

必要保障額はライフプランニング次第

必要保障額を割り出す場合、次のような計算式を用いる方法があります。

【一生分の収入】-【一生分の支出】=【必要保障額】

この場合の一生分とは、一家の大黒柱である夫が死亡した場合、配偶者である妻が亡くなるまで、お子さんがおられる場合でしたら、末子が経済的に独立するまで(たとえば大学卒業まで)です。

一生分の収入に加えるものとして、公的保障である遺族基礎年金や、会社員の方であれば遺族厚生年金、会社から支給される死亡保障退職金などがあります。

さらに妻が働いて得る収入や、ご家庭にある預貯金や資産も含まれます。

一生分の支出とは、あとに残されたご家族の今後の生活費や住居費、教育費などのことです。

つまり、必要保障額の金額は、それぞれのご家庭のライフプランニングによっても、また、人それぞれの働き方や、子どもの有無や人数、また、ひとり親かどうかでも、違ってくるということです。

生命保険を検討する際には、はずしてはならない大事なポイントというものがあります。

また、ご自身のライフプランとも合致した生命保険のプランであるかどうかということも、よく確認すべき重要なポイントです。

つまり「なんのため誰のため」「いつまで」「いくらくらい」備えればいいのか、ご家庭それぞれの教育方針やライフプランによってさまざまに異なってきます。

そのため、過不足のない保障を適切な時期に備えようと思うのであれば、押さえるべきポイントがあるということです。

保険料の目安は収入の3~10%程度

生命保険は基本的に「万が一」に備えるために利用するものですが、どの生命保険を選べばいいかわからなくなってしまったというような場合でしたら、まず「万が一はめったに起こらない」ということを念頭におくようにするといいでしょう。

なぜなら、日本人の平均寿命が延び続けている昨今、確率的にいっても私たちは、なんら大過なく寿命をまっとうすることのほうが多く「生き続ける」ことを前提にすべきだからです。

万が一とは、その言葉からもわかるように、万にひとつ=めったにはおこらない、ということでもあります。

また人生には、万難を排したつもりであっても、すべて良しということはありません。

つまり、心配しだすとキリがなくなるということです。

また潤沢な余剰資金があって無尽蔵に使えればいいのですが、多くの方の場合、資金は有限でその中で保険料として支払える上限(予算)というものが必ず存在しているはずです。

生命保険の場合『保障』を考えだすと、アレも心配コレも必要と際限がなくなりがち。

たちまち予算オーバーになって家計も頭の中もパンクしてしまう羽目になりかねません。

本来なら『保障』を手に入れて安心できるはずの生命保険が、家計や心身の負担になってしまうことは本末転倒です。

そういった事態を避けるためにも「万が一はめったに起こらない」「生き続ける確率のほうが高い」ということを念頭にすべきです。

また家計にムリなく支払いを続けることができる保険料の金額として、手取り収入(所得税や社会保障費を納めた後に実際に手元に残るお金)の3~10%を目安にする方法もあります。

たとえば手取り収入30万円の方でしたら、1万円~3万円の範囲であれば、あまり家計を圧迫することなく支払いを継続することができる常識的かつ適切な保険料であると言えるでしょう。

つまり生命保険を検討する場合、1万円~3万円という限られた予算(保険料)の中で、生き続けることを念頭に、「なんのため誰のため」「いつまで」「いくらくらい」備えればいいのかを考えることが、大切なポイントとなってきます。

まとめ

以上、掛け捨てや貯蓄型の生命保険についてみてきましたが、いかがでしたか?

生命保険を考えることとは、ご自身のライフプランを考えることにほかなりません。

ライフプランがしっかり見定まれば、「これは必要でこれは必要でない」と取捨選択ができるようになります!

そうなれば、どんなにややこしく思える「生命保険」選びであっても、どーんとこいっ!ですね。

またライフプランニングを考える際には、ご家族でよく話合うことも大切です。

そして、ムリ・ムダ・ムラのない保障をゲットするよう、心がけるようにしたいですね!

『保険相談したいけど、結局どこがおすすめ?』

店舗よりも自宅やカフェで相談できる方が移動が楽な上に、保険は一度きりで決められないこともあるはず。
そこで強くおすすめしたいのが、訪問型の無料保険相談サービスである、『保険コネクト 』です。

所属する全てのFP(ファイナンシャルプランナー)が44社全ての保険を扱うことのできる日本最大級の保険代理店です。
保険業界の経験者を採用しており2500人以上と、他社よりも精鋭のベテラン揃いです。

保険相談は結局のところFPが信頼できるかに左右されるため、保険のことは、まず最初に「保険コネクト」で無料相談をしてみるのがよいでしょう。

 「保険コネクト 」を見る