ひまわり生命の家族のお守りの特徴からメリット・デメリットを徹底解析!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

万が一の事故や病気で働けなくなったときのことを考えていますか?最近では働けなくなったときに、毎月一定の金額が支払われる「収入保障保険」という保険が注目を集めています。

損保ジャパン日本興亜ひまわり生命の家族のお守りは、だんだん減という他の収入保障保険には無い特徴を持っています。今回はこの家族のお守りについてどんな保険なのか、メリットやデメリットは何なのか徹底解析していきます!

人間いつ不慮の事故や病気にかかり働けなくなるとも分かりません。収入保障保険加入を考えているなら、ひまわり生命の家族のお守りを視野に入れて考えてみませんか?

目次

1. 家族のお守りとはどんな保険?

1.1 収入保障保険

1.2 どんな家庭におすすめな保険なの?

1.3 特徴って?他の収入保険と違う点は?

1.4 おすすめの特約は?

2.損保ジャパン日本興亜ひまわり生命について

2.1 会社概要

2.2 保険商品について

2.3 ひまわり生命で人気の保険商品は?

2.4 契約後に利用できる特典などはあるの?

3.収入保障保険について

3.1 どんな保険なの?

3.2 どういう時に保険が適用となるの?

3.3 収入保障保険のメリットは?

3.4 収入保障保険のデメリットは?

4.家族のお守りをお得に活用するためには?

4.1 保険料を割安に抑えるためにできることは?

4.2 非喫煙者健康体とは?

4.3 だんだん減とは?

4.4 通常保険料とだんだん減適用保険料を比べてみた

5.家族のお守りのメリットとデメリットについて

5.1 メリットは?

5.2 デメリットは?

5.3 総合評価

6.家族のお守りを振り返って

6.1 ノンスモーカーや健康な人ほどお得な保険

6.2 特定疾病診断保険料免除特約を付けた方が3大疾病時に安心

6.3 長期継続する予定ならだんだん減プランがお得!

6.4 最終評価は?

7.まとめ

 

1. 家族のお守りとはどんな保険?

自分に合ってるのか不安な人

家族のお守りとは損保ジャパン日本興亜ひまわり生命の収入保障保険の名前です。万が一働けなくなったときに毎月決まったお金が保険会社から給付される保険ですが、数ある収入保障保険の中でもひまわり生命の家族のお守りはとても評価の高い保険です。

他の収入保障保険とは違う点やおすすめポイントをご紹介するので、収入保障保険に加入したいと思っているならひまわり生命の家族のお守りを候補に入れておくと良いでしょう。

特に健康状態に自信がある、ノンスモーカーであるならひまわり生命の保険がおすすめです。これらの場合、プラン次第では保険料が割安になる可能性があります。

1.1 収入保障保険

収入保障保険とは被保険者に万が一のことがあった際(死亡した場合や高度障害状態になったとき)にお給料と同じように毎月一定の金額が給付される保険で、死亡保障の部類に入ります。しかし死亡保障のように一括で保険金を受け取るのではなく、保険金を一定の額で割って保障期間が終わるまで毎月受け取れる保険のことです。

受け取れる保険金総額は契約者が死亡した時の時期によって変動します。契約してから早い時期に万が一のことがあった際は保障終了期間まで毎月決まった額が受け取れ、総額として多くのお金を受け取れますが、この万が一が保障終了期間に近づくにつれてどんどん受け取れる保険金総額は少なくなっていきます。

例)契約10万円を30年契約した場合

契約時から5年目で被保険者が死亡した場合受け取れる保険金総額は1年で120万円×25=3,000万円

契約時から25年目で被保険者が死亡した場合受け取れる保険料総額は1年で120万円×5年=600万円

になります。通常の死亡保険は一括で決まった額を受け取れる保険ですが、それに対して収入保障保険は亡くなった時から契約時に決めた金額を毎月受け取れる保険です。つまりお給料と同じような考え方ですね。

大黒柱や生活を支えるお母さんが万が一亡くなったとしても、毎月一定の金額を受け取れるので今まで通りに近いまま生活できるようになります。将来受け取れる保険金総額が亡くなった・高度障害状態になった時に決まるため、通常の死亡保険に比べると保険料が割安というメリットがあります。

1.2 どんな家庭におすすめな保険なの?

ひまわり生命の収入保障保険は独自の保険料割引制度があるので、健康状態が良好、ノンスモーカーな家庭におすすめの保険です。また一括で大きな保障は要らないけど、毎月最低額の保障は受けたいという家庭にも向いています。

保険料も通常の死亡保険と比べて割安に設定されているので、死亡保障を確保しつつも保険料を抑えたいという場合にも向いています。

ですが収入保障保険は解約した時の解約返戻金が発生しないというデメリットがあるので、死亡保障を利用して貯蓄したい家庭や解約返戻金を充てにする気なら辞めた方が良い保険です。

1.3 特徴って?他の収入保険と違う点は?

ひまわり生命の家族のお守りは他の収入保障保険と比べて独自の割引制度があります。ひまわり生命の保険にはオプションがあり、非喫煙者の場合や健康状態が良好な場合などに保険料が割り引かれる制度があります。

また家族のお守りの保険料の支払い方法を逓減払込方式にすれば契約時から5年毎に5%ずつ減らすことができるので、結果として保険料払込総額を安くすることが可能です。この制度はだんだん減と呼ばれていますが、加入時の年齢によりますが最高で約半分の50%にまで抑えることができます。

さらに健康体であればさらに保険料が割り引かれるので、他の保険会社の収入保障保険と比べてもかなり安い保険料になります。だんだん減方式と保険料が一定である平準払込方式の二つがありますが、だんだん減制度は他の保険会社にない「損保ジャパン日本興亜ひまわり生命」独自の制度といえます。

保険料が割安に抑えられること、非喫煙者や健康体ならさらに割引制度があることから損保ジャパン日本興亜ひまわり生命の保険は高い評価を貰っている保険なのです。

1.4 おすすめの特約は?

家族で話す

もしひまわり生命の家族のお守りに加入するなら「三大疾病保険料免除(特定疾病診断保険料免除特約)」や「三大疾病生活費支援(特定疾病収入保障特約)」の特約を付加しておくことをおすすめします。

三大疾病保険料免除三大疾病になった場合にそれ以降の保険料が全て免除されるというものです。また三大疾病生活費支援は三大疾病による約款所定の状態になった場合に2年間のみ毎月20万円を受け取れるという特約です。

がんの患者が多い家系や三大疾病の疑いが高い・心配であるなら付加しておいた方が良い特約です。ただし特約付加にはお金がかかりますから、無料ではないことを理解しておきましょう。

2.損保ジャパン日本興亜ひまわり生命について

契約内容確認活動

損保ジャパン日本興亜ひまわり生命はそんなに歴史のある保険会社ではありません。設立から百数年経っている保険会社からしてみれば新参者といったところでしょうか。しかし非喫煙者や健康体の保険料割引優遇制度があるので、他の保険会社の保険に比べると保険料を割安に抑えられると評価の高い保険会社であることには間違いありません。

主な社会貢献活動は日本赤十字社の献血への参加や認知症サポーター養成講座の開催などです。保険選びは保険商品の内容をしっかりと見極めることも大切ですが、保険会社自体に目を向ける必要もあります。

万が一、災害などにより被害を被ったときにその保険会社に支払い能力があるか、資産はどのくらいかなど些細なことでもその保険会社を評価するときには大事な材料になります。

2.1 会社概要

保険会社名:損保ジャパン日本興亜ひまわり生命(ソンポジャパン ニホンコウア ヒマワリセイメイ)

本社:東京都新宿区西新宿

設立:1981年(昭和56年)7月7日

資本金:172億5千万円(2017年4月中旬現在)

保険料等収入:3,964億円(2015年度末)

2.2 保険商品について

人気記事ランキング

1 2

がん保険?これだけ読めば大丈夫!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る