終身保険の目的とは? 貯蓄向け・おすすめ終身保険ランキング

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
保険の無料相談がしたいけど、どこがおすすめかわからない!

必要なのはわかってるけど、難しくて選びきれない・・・
そう思っている人はとても多いです。
一生の事だからしっかりと相談をして、理想通りの安心を手に入れましょう。

→お勧め.1 保険見直しラボ
→お勧め.2 保険マンモス
→お勧め.3 ほけんの窓口
→お勧め.4 保険のビュッフェ

終身保険とは死亡保険のことですが、保険会社の数だけその保険商品・内容もさまざまとなっています。

これだけ多くの終身保険があると、自分に合った保険を見つけるのはなかなか難しいですよね。

できれば保障が厚い方が良いですし、保険料も気になるところ…。

なにか良い終身保険はないものかと終身保険を探している人に、数ある終身保険の中でも「貯蓄性に優れている終身保険」と「人気のおすすめ終身保険」をランキングでご紹介しますので、ランキングを参考に終身保険加入を考えてみてはどうでしょうか?

目次

1.はじめに

1.1 終身保険とは

2. 終身保険の目的

2.1 老後の資金として

2.2 教育資金の積み立てとして

2.3 葬儀に関連する費用として

2.4 相続税対策

3.終身保険の選び方

3.1 終身保険の選び方で重視すること

3.2 大事なのは保険料? 目的?

3.3 終身保険を貯蓄性で選ぶ

4.終身保険のメリットとデメリット

4.1 終身保険のメリット

4.2 終身保険のデメリット

5.貯蓄に向いている終身保険 ランキング5選

5.1 終身保険RISE

5.2 長割り終身

5.3 E-終身

5.4 アクサダイレクトの終身保険

5.5 アフラック WAYS

6.人気のおすすめの終身保険ランキング5選

6.1 ソニー生命 バリアブルライフ

6.2 アフラック WAYS

6.3 東京海上日動あんしん生命 長生き支援終身

6.4 かんぽ生命「終身保険 新ながいきくん(定額型)」

6.5 アフラックの終身保険

7.自分にあった保険を見つけるためには情報収集を

7.1 資料請求

7.2 比較サイト

7.3 プロに相談

8.まとめ

1.はじめに

IMG_0690

死んだあとのことを考えて保険に入っている人は一体どのくらいいるのでしょうか?保険に入る理由は人によって事情も背景もさまざまだと思います。

ですが、自分が死んだあと、もしくは自分が重度の身体障害となってしまったためにお金を残しておきたい・補いたいと思い加入を考えたと思います。

またこれから加入を考えているという人も、一番の目的は残された家族や老後の資金として保険に入っておこうと考えているはずです。

ここでは、終身保険とは何かをもう一度確認し、どういった特徴があるのか。また終身保険は”貯蓄用”として活用する人もいるので、貯蓄用としても優れている終身保険をご紹介していきます。

1.1 終身保険とは

終身保険とは、保険に加入している・保険の対象となっている人(被保険者)が死亡した時、または高度の障害を負ってしまったときに保険受取人になっている親族・遺族に死亡保険金が支払われるという保険です。

なので、自分が死んだときに家族にまとまったお金を残してあげたいという人が多く利用する保険でもあります。

また終身保険は掛け捨てではありませんので、ある一定の期間が経ってから解約を行うことで支払ってきた保険料以上の解約返戻金が発生します。

こういったことから終身保険をいざという時のための貯蓄として活用する人が増えてきているのです。

短期間で解約を行うことは得策ではありませんが、長期に渡り保険料を払い続けることによって解約返戻金の金額はアップしていくので、ある一定期間を過ぎて解約を行えば教育資金や老後の資金として活用できるのです。

しかし、銀行に預けるのとは訳が違いますから途中でお金の引き出しが出来ないので、貯蓄を目的に終身保険加入を考えている人は経済が安定していないと痛い目をみることになるのでよく考えてから加入をしましょう。

2. 終身保険の目的

PAK69_penwomotunotedesu20140312_TP_V

ここで言う終身保険の目的とは「どういった目的で加入をするか」となります。

何度もいうように、老後の資金として加入を考える人や貯蓄用、教育資金といった目的があると思います。

ここでは、「老後」「教育」「葬儀」「相続税」といった目的に焦点を当てて、それぞれの目的や使い道などをみていきましょう。

もちろん、ここに書かれている目的のみが全てではないので、加入を考えている人の目的・考えで加入をしてください。

ですが、「何も考えずにただ何となく」といった気持ちで加入をするなら加入損になる可能性があるので、きちんと目的を持って加入をすることをお勧めします。  

2.1 老後の資金として

終身保険はすべての目的でも貯蓄性を持っています。

なので、老後の資金の積み立てにと考えて利用する人もいます。

若いときは大きな保障が必要となるでしょうが、子供がいずれ独立し、自分たちの手助けを必要としなくなったときに解約をすれば自分たちの老後の資金として活用することができます。

若いときは家族のため、歳を重ね老いてきたら自分たちのため、と2段階にその方向性が変わります。

これもどの目的でも言えることですが、終身保険はその保障の高さから保険料も高くなっています。

なので老後の資金や教育資金といった目的で使用を考えている人は払込期間の設定を間違えてしまうと解約返戻金で損をしてしまう恐れがあるので、しっかり計画をして契約をしましょう。

2.2 教育資金の積み立てとして

main_ill

教育資金、または学資保険の代わりとして終身保険を契約する人も多いでしょう。

実際我が家庭も学資保険を契約しようと考えていましたが、保険の相談を行ったところ終身保険を進められました。

学資保険では教育資金の準備を目的に保険金が支払われますが、終身保険なら被保険者(親)が死亡した時点での保険金や、解約時の解約返戻金の支払いで、まとまったお金が一度に入ってきます。

また教育資金として使わなかった場合には、そのまま受け取り時期を延ばすことができるので、教育資金で必要にならなかった場合は結婚資金としても活用することが出来ます。

教育資金だけを考えて保険に入るのであれば学資保険で良いと思いますが、子供のためにいつでも使えるお金を残しておきたいなら終身保険を活用しても良いと思います。

2.3 葬儀に関連する費用として

「残された家族のために」と併せて考える人もいるかと思いますが、主に葬儀に関係する費用として考える人は「短期間で安定した額を貯める」といった考えの方が大きいかもしれませんね。

終身保険は短期間で解約を行った場合は損をしてしまう保険ですが、それでも払込期間によっては葬儀のお金ぐらいは補える金額が支払われます。

なので、自分の葬儀代ぐらい自分でと考えている人が利用しやすい保険でもあります。

それなら銀行預金でもいいじゃないかと思いますが、中には「銀行に預けていると引き出せるからといってなかなか貯めることが出来ない」という人もいます。

そういう人にとって保険金支払いがあるまでお金が入らない終身保険はいい貯蓄になるのです。

2.4 相続税対策

生命保険には相続税対策として非課税枠があることを知っていますか?通常お金を持っていると、そのお金に対して相続税が発生しますが、その税を抑える方法として生命保険があるのです。

死亡保険には相続税の非課税枠があるので、

【例:非課税 100万×4人=400万】(法定相続人が4人の場合)

金額は少額で例としてあげましたが、これが500万となれば500×4人で2000万円が非課税となるのです。

また相続人が複数いる場合、争いが起こる場合もありますよね。

そういった対策として生命保険・終身保険を利用することで受取人を指定し、争い事を抑えるといった目的で活用する人もいます。

3.終身保険の選び方

a0002_010581

終身保険について簡単に分かったところで、さっそく保険選びに移りたいと思いますが、みなさんはどうやって保険を選んでいますか?保障内容を重視して契約をするのか、保険料の安さからみて判断するのか・・・。

人によってさまざまだと思いますが、ここでは終身保険を選らぶ際に重視することについてご紹介していきます。

第一に大切となるのは自分たちにとって何が目的であるのかを理解し保険選びを行うことなので、ここに書かれていることは参考程度に捉えて自分たちの保険選びを進めてくださいね。

3.1 終身保険の選び方で重視すること

保険の選び方で重視することといえば、「保障内容」「保険料」「払込期間」が主なところだと思います。

そこに自分たちの目的が組み合わさって、そのニーズにあった保険を選択していくことになりますよね。

終身保険は保険料が高いといったデメリットがありますが、保障内容の高さを考えると必要だと思う人も多いですよね。

保険選びをするときはいくつかの保険を比較して選ぶことをおすすめします。お目当ての保険を選ぶのも、もちろん良いとは思いますが、いくつかの保険を比較することで思わぬ発見があることも。

保険選びはじっくりゆっくり考えることで見落としも少なくなりますし、自分たちにあった保険を見つけることができますよ。

3.2 大事なのは保険料?それとも目的?

保険に加入する目的によって選ぶことは大事ですが、保障内容だけを見ていると保険料が高すぎる!という落とし穴が待っています。

保険料は払込期間で多少は少なくすることができますが、その分払込期間が延びるだけなので最終的にみると、払う金額はあまり変わらないでしょう。

しかし、家計に負担を掛けることなく保険に加入することも大切です。

月々の保険料が家計を圧迫するくらいなら多少期間が長くなっても無理せずに継続できるだけの金額で保険を継続した方が良いです。

ぎりぎりの金額で保険に加入してしまうと、いざ何かあった時(例えば急にリストラにあってしまったり、大きな出費がかさんだり)に保険料が払えずに結果解約…となったら元も子もありません。

目的や保障内容で選ぶことも確かに重要とはいえるのですが、まずは家計と相談して無理のない保険料を設定することも大切な保険選らびの一つでしょう。

3.3 終身保険を貯蓄性で選ぶ

終身保険を教育資金や老後の資金として考えている人は貯蓄性を重視することが第一になると思います。

貯蓄性とは解約返戻金で戻ってくる割合(返戻率)で比較すると、どの保険が優れているのかがわかります。

返戻率は加入時の年齢と保険料の払込期間で変わるので、どのくらいの期間でどのくらい貯蓄することができるかは計算する必要があるので自分で計算し比較するとなると時間がかかりますね…。

保険の窓口などで貯蓄性が高い終身保険を探していると相談をすると計算ソフトでまとめてくれることがありますので、時間がある人は相談に赴いてはどうでしょうか?また窓口にいる方はプロの方たちなので、どの保険が返戻率が高いかよく分かっていますよ。

4.終身保険のメリットとデメリット

tenbi

終身保険は貯蓄性や家族のことを考えるとメリットの大きいのですが、終身保険は保険料が高いなどのデメリットがあります。ここでは終身保険のメリット・デメリットに焦点をあてて終身保険についてみてみましょう。

死亡保障だけでみるなら収入保障保険の方も活用が出来ますし、やはり貯蓄性重視でいくなら終身保険といったこともメリット・デメリットから判断できるようになります。

保険料が高いというデメリットがありますが、いろんな保険を比較することで保障内容を多少妥協すれば加入できるものもあると思うので、保険料が高いからといって比較もしないで諦めるのはもったいないですよ!

4.1 終身保険のメリット

終身保険のメリットとしては、

  • 高い貯蓄性がある(解約返戻金がある)
  • 税金対策ができる
  • 保険料が加入時からずっと変わらない
  • いつか必ず保険金が支払われる(解約を行わなかった場合)

などが挙げられます。

解約返戻金があるのは大きなメリットとなりますが、逆に短期間で解約を行うとデメリットにしかならないので注意が必要です。

また保険料がずっと変わらないのは嬉しいメリットなのですが、高齢で加入した場合は高い金額になってしまうので必ずしもメリットとは言いにくいかもしれませんね。

終身保険のメリットは裏を返せばすべてデメリットにもなりえる事柄です。

なのでメリットがある!と期待をし過ぎるのは危険な行為といえるので、しっかり長期で続けられるか、目的に合っているかなどを十分考えてから加入するようにしないと、いつの間にかデメリットしかないことにもなりかねませんので注意しましょう。

4.2 終身保険のデメリット

  • 保険料が高い
  • 短期間で解約を行うと損になる
  • 借金(ローン)との相性が悪い
  • 途中で保険の見直しがしにくい

といったことが挙げられます。

保険料が高いと家計が厳しい家庭によっては加入が難しくなりますし、ローンなどを支払っている場合は同時に支払っていくのが困難になりがちに。

また保険料を払うのが難しくなったり、続けていく意味がなくなったなどの理由で短期間に解約を行うと支払った金額より少ない金額しか戻ってこないことに。

そして保険の見直しがしにくいこともデメリットの一つです。

長期・一生涯の保障で保険を組んでいますし、解約返戻金を考えると途中で乗り換えを行うのは得策とは言えません。

また経済の状況によって利率などが左右されやすいこともデメリットになります。

こういったデメリットがあるということをよく理解して保険選びをしましょう。

5.貯蓄に向いている終身保険 ランキング5選

a0002_003653

ここからは貯蓄に向いている終身保険をご紹介していきます。

どれも高い評価をいただいている保険ばかりなので、学資保険の代わりなどに考えている人はこちらの保険を候補として考えてはいかがでしょうか?

ただし、貯蓄に向いているといっても活用の仕方を間違えると貯蓄どころではなくなるので、しっかりと考えて加入するようにしてくださいね。

また貯蓄に向いているからといって早期・短期で解約を行ってしまうと、払い込んだ保険料総額よりも払戻金(解約返戻金)が下回ることになるので注意するようにしましょう。

5.1 終身保険RISE

  • 契約可能年齢 15歳から75歳まで
  • 保障内容 200万~5000万まで100万円単位
  • 主な特約 リビング・ニーズ特約・介護前払特約

オリックス生命の終身保険になります。

他の保険会社から販売されている終身保険よりも解約返戻金の返戻率(払戻率)が高い水準にあるので、短期間で払込を終わらせれば教育資金などに充てることができます。

契約例(公式HPに記載有)

・男性30歳、保険期間:終身、保険料払込期間:60歳払済、低解約返戻金:60歳の場合

保険金額は500万円、月払保険料9240円(口座振替扱)で低解約返戻期間経過直後の払戻率は115.9%になります。

5.2 長割り終身

000-%e5%a4%a9%e7%a7%a4

  • 契約可能年齢 0歳から80歳
  • 保障内容 200万~
  • 主な特約 リビング・ニーズ・災害割増特約・平準定期保険特約など

この商品は現在販売休止中になっているのですが、高い返戻率が高いことで人気がありました。

2014年に返戻率が少し下がってしまいましたが、それでも多くの終身保険の中でも高い返戻率を誇っていました。

契約例

・男性30歳、保険期間:終身、保険料払込期間:60歳、解約返戻金:60歳の場合

保険金額は1000万、月額保険料18970円で低解約返戻期間経過直後の払戻率は112.9%になります。

5.3 E-終身

  • 契約可能年齢 0歳から75歳
  • 保障内容 200万~1000万円まで100万円単位
  • 主な特約 リビング・ニーズ・保険料払込免除特約

AIG富士生命の終身保険になります。

月々の保険料は少々高めなのですが、返戻率が高いので貯蓄性が高くなっています。

郵送申し込み、インターネット申込、代理店申込でそれぞれ契約できる金額が変わってくるので、高い金額を契約するのであれば代理店契約でしか出来ないので注意が必要です。

契約例

・男性30歳、保険期間:終身、保険料払込期間:60歳、解約返戻金:60歳の場合

保険金額は500万、月額保険料9695円で解約返戻期間経過直後の払戻率は116.5%になります。

5.4 アクサダイレクトの終身保険

  • 契約可能年齢 20歳から69歳
  • 保障内容 200万~4000万円
  • 主な特約 リビング・ニーズ特約

低解約返戻金型なので何歳で加入しても保険料が割安なのがポイントです。

一生涯の保障で死亡・高度障害状態に備えることができます。

低解約返戻金型とは保険料払込期間中の解約返戻金を低く抑えることで保険料を割安にすることです。

契約例

・男性30歳、保険期間:終身、保険料払込期間:終身、解約返戻金:60歳の場合

保険金額は1000万、月額保険料14620円で60歳で解約を行った場合の返戻率は68.9%になります。低解約返戻金型なので返戻率は低くなっています。

5.5 アフラック WAYS

aflac

  • 契約可能年齢 0歳から65歳
  • 保障内容 200万~1500万円
  • 主な特約 リビング・ニーズ特約、災害死亡割増特約、傷害特約、定期特約など

アフラックの終身保険WAYSは将来のニーズに合わせてコースを変更することができます。

なので終身保険で契約したとしても、途中で医療保障コースや介護年金コースに変更することが可能です。

払込期間が60歳、65歳、70歳払済の3つから選択が可能で、それぞれ保障変更可能年齢は同じ年になります。

契約例

・男性30歳、保険期間:終身、保険料払込期間:60歳、解約返戻金:60歳の場合

保険金額は1000万、月額保険料20610円で解約返戻期間経過直後の払戻率は107.8%になります。

※全て保険料などは変動する可能性があるので、上記の金額が現時点で正しいとは限りません。詳しい金額や払戻率は各保険会社に問い合わせをしましょう。

6.人気のおすすめの終身保険ランキング5選

099094ここからは人気のある終身保険をご紹介します。

こちらのデータも改正などで変動する可能性があるので詳細は保険会社や公式HPで確認をするようにしましょう。

特に販売休止になってしまうこともあるので、問い合わせるのであれば早めにした方が良いと思います。

資料だけでも手に入れておくといいかもしれませんね。

また保険は活用方法を間違えると損をしてしまうので、早期に解約をするつもりであれば終身保険に加入すべきではありません。

長期的に加入し続けることを前提に保険加入を考えましょう。

6.1 ソニー生命 バリアブルライフ

  • 契約可能年齢 0歳から69歳
  • 保障内容 200万~
  • 主な特約 リビング・ニーズ特約・がん特約・災害死亡給付特約など

2016年以前は保険料が安かったのでおすすめ度が高かったのですが、今現在はおすすめ度が下がってしまっているのが現状です。

変額保険なので経済情景や特別勘定の資産運用実績により大きな保障が期待できるのですが、一方でデフレになった時に大きな損失を被る可能性がある保険になります。

経済知識や実績があるならとてもおすすめですが、知識無・実績無なら手を出さない方が良いといえます。

一番のメリットは将来成功したとき受け取れる金額が大きいことです。

つまり、将来インフレになれば死亡保険金と解約返戻金の金額がかなり増えるというメリットがあるのですが、デフレになれば下限なく解約返戻金が下がってしまうので注意が必要です。まさにハイリスク・ハイリターンの保険です。

6.2 アフラック WAYS

先でもご紹介しましたが、オリックス生命のRISEと並んでおすすめ度の高い終身保険になります。

やはり死亡保険で契約したのちに介護コースや年金コース、医療保険コースに変更が出来るのは大きな魅力の一つです。

保険料も他の保険と比べると安い部類に入りますし、解約返戻金の払戻率も高くなっています。

ソニー生命のバリアブルライフのようにインフレにより大きな収入を得ることは出来ませんが、保障内容もしっかりしているので安心して加入できる保険のひとつです。

6.3 東京海上日動あんしん生命 長生き支援終身

公的

  • 契約可能年齢 15歳から69歳
  • 保障内容 200万~
  • 主な特約 3大疾病保険料払込免除特則、リビング・ニーズ特約など

死亡保険なんですが、介護保障がついているので将来介護が必要になると考えるととても心強い保険です。

また健康祝金があるタイプに契約の場合、健康で長生きをした人は所定の年齢で健康祝金を受けとれるようになります(※所定の条件を満たした場合)。

払込期間終了直後の返戻率が110%以下なのですが、健康祝金や介護保障が魅力的な終身保険です。

健康に長生きした場合に受け取れる健康祝金は3回受け取れるので、健康に気を付けて長生きする気でいればこちらの保険がおすすめです。

6.4 かんぽ生命

  • 契約可能年齢 15歳から85歳
  • 保障内容 100万~1000万円
  • 主な特約 入院特約など

加入した時の年齢により払込終了年齢を選ぶことができます(9種類)。

また契約日から1年6か月を経過した後に不慮の事故や感染症で死亡した場合は、保障をプラスして保険金が支払われる制度があります(倍額保障)。

全国の郵便窓口で相談が可能なので、店舗の限られた保険会社に比べると相談しやすいことがメリットとして挙げられます。

しかし保障内容が1000万円までと限られているので、もっと高い金額を家族に残してあげたいと思う人には向いてないかもしれません。

また入院特約も他の保険に比べると保障が充実してないことがデメリットです。

6.5 アフラックの終身保険

  • 契約可能年齢 3歳から80歳
  • 保障内容 200万~

同会社のWAYSに比べると少々劣る気はしますが、こちらの終身保険も安心して加入できる保険になっています。

保障内容が200万~設定できるのですが、500万円を超える場合にはアフラックの募集人による面談が必要になります。

7.自分にあった保険を見つけるためには情報収集を

green_ya20140125_tp_v

保険に加入するためには情報収集がまず大事になります。

さまざまな保険商品を比較するためにも必要ですが、自分のニーズに合った保険を探すには情報収集が欠かせません。

情報収集をするには公式HPを参考にしたり、資料請求、相談窓口などの方法があります。

また比較サイトを参考にすることも良い方法だと思いますが、公式HPとは違い更新がされない可能性がありますので最新の情報とは限りません。

比較サイトを参考にする場合はどの年月での情報なのかを良く確認し、あくまでも参考程度にして詳しい内容は保険会社に問い合わせるようにしましょう。

7.1 資料請求

資料請求は公式HPや相談窓口、また比較サイトからまとめて請求できる場合があります。

どれも請求方法は難しいことではなく、必要事項を記入・入力して送信するだけなのでとても簡単に手に入れることができます。

しかし、手違いなどが発生する場合があるのでいくら待っても資料が届かないという場合には問い合わせをしましょう。

(そもそも手違いが生じる時点で信用が無くなってしまうのですが…)

資料を見てもよく分からない、教えてほしいことがあるといったときは遠慮なく保険会社や代理店に問い合わせをしてみましょう。

分からないことも詳しく教えてくれるはずですよ。

7.2 比較サイト

3

比較サイトは第三者目線で保険について書かれていることが多いので参考にすることが出来ますし、メリットやデメリットが分かりやすいという点もあります。

しかし、先述した通り比較サイトや考察サイトなどはその内容が挙げられた時点から更新されることがない場合もあるので、その情報が最新の情報とは限りません。

いつの情報か分からない場合は、金額などは公式HPや資料から確かめるとしてメリットやデメリットに目を向けて参考にするようにしましょう。

またメリットやデメリットも保険の改正などにより保険内容が変更になっているとあてにならない場合もあるので、全てを鵜呑みにするのは避けた方が良いと思います。 

7.3 プロに相談

一番情報収集に適しているのはプロに相談することだと思います。

プロなら保険のことを一から何までよくわかっているはずなので、こちらが分からないことまで詳しく教えてくれます。

また保険料のシミュレーションもしてくれるので、この条件だといくらで、こちらの条件なら~と何通りも計算してくれるので自分にあった保険料の算出が簡単になります。

相談できる場所は保険代理店などの相談窓口で行っています。

無料で行ってくれるところもあるので、口コミなどを参考に良い場所で相談してみてはどうでしょうか?また保険会社によっては公式HPから無料相談の申し込みができるところもあるので、そういった保険会社の無料相談を活用するのも有りだと思います。

保険の相談でよく勘違いや心配をされることが「相談窓口に行ったら必ず保険の契約をしないといけない」ということだと思いますが、必ずしもその保険を契約する必要はありません。

あくまで「相談」に行っているだけなので、ゆっくり帰ってからさらに考えても良いのです。

無理に進めてくる場合は、自分はまだ考え中ですと強く断り、安易に契約を行わないようにしましょう。

8.まとめ

保険のランキングはあくまでも目安となっています。

人気が高い、保険の保障内容が高いからといって自分に必ず合っている保険とは限らないので注意しましょう。

自分が死んでしまったあとも家族のために、また将来の貯蓄として終身保険に加入しておくのは良いことだと思いますので、あなたに合った保険が見つかるといいですね。

B

人気記事ランキング

がん保険?これだけ読めば大丈夫!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る